5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エリック一家について

1 :クリスアダムス :2000/09/24(日) 15:09
皆さんの知る限りの情報から一家を検証しましょう。
呪われた一家の通称を返上しましょう!
もちろん試合の話しもありです。

2 :E.H.エリック :2000/09/24(日) 15:21
最後のエリックと言われましたが、先日死にました。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/24(日) 15:34
呪縛とか霊証とかの側面から意見がある人いますか?

4 :名無しさん :2000/09/24(日) 18:04
林檎のたたりじゃ

5 :地獄の墓堀人 :2000/09/24(日) 18:06
ブロディの話じゃないけれど、フィリッツの人格が原因であると思われます。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/24(日) 18:09
馬場、ハワイ特訓でエリックのアイアンクロー封じを編み出し
(顔前で両手をクロスする、ただそれだけ)、
試合ではアイアンクローは封じたものの
今度はストマッククローを食らい、やっぱりいつも通り悶絶!




7 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/25(月) 23:13
>>5
兄弟が不慮の事故に遭遇してしまう事がですか?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/25(月) 23:29
兄弟のそれぞれの死因は?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/25(月) 23:30
>6
漫画ではもっとすごいことも
ジャイアント台風では、地面に頭を埋めて
その上を車に轢かせるという、
信じられない特訓をやっていたみたいだぞ!

10 :今でもケリーの大ファン :2000/09/25(月) 23:35
俺はどんなに辛いことがあっても、どんなに苦しくても
「ケリーは義足をしてまで必死にファイトしてたじゃないか!」
と自分にハッパをかけて頑張ってきた。
こう書くと「クサイこと言いやがって」と思われるかもしれないけど
今でも俺にとっては、ケリーが心の支えになってる。

部屋にも彼がNWA王者になった時の写真を飾っているけど
それだけはこれからもずっと剥がすつもりは無いな。。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/25(月) 23:37
ゲーセンでジャイアント・グラム2000?とか言う
ゲームをやった。自キャラはエリック。
アイアンクローがうまく出せなかった。
誰か出し方教えて。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/25(月) 23:39
最後の新日来日の時は義足だったんだよね、今見るとどんな動きをしても
足首が曲がらないのがわかる。でも当時分からなかったレスラーの回復力は
すごいと疑ってもなかった。

13 :る・まん :2000/09/25(月) 23:40
>9
>地面に頭を埋めて その上を車に轢かせるという、

それじゃ特訓する前に死ぬだろ。
頭から下を地面に埋めて・・・だ。


14 :アジアん :2000/09/26(火) 00:48
「エリック一家」と書いて「気の毒一家」と読みます。

15 :無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/26(火) 01:43
沖縄のピザハウスのCMで兄弟そろって出演してました。

16 :ランス :2000/09/26(火) 03:09
To begin with@` there are no "real" Von Erichs. The Adkisson family has used the last name "Von Erich" for their wrestling personas for years.

The patriarch of the Adkisson/Von Erich clan is Jack Adkisson. He took the ring name Fritz Von Erich and wrestled in the 50's and 60's with a Nazi German gimmick@` complete with goose step and iron claw. Jack had six sons@` five of whom were involved with wrestling.

Waldo Von Erich was Bill Sheppard@` no relation to the Adkissons. He formed a successful tag team in the 60's with Fritz.

Kevin Von Erich began wrestling in the mid-70s. He rarely competed outside of his home state. His few trips out of Texas saw him compete in Japan@` and in St. Louis. Kevin is currently wrestling for Jim Crockett's NWA promotion in Dallas. Kevin is the only of Fritz's sons still alive.

David Von Erich (nicknamed "the Yellow Rose of Texas") began wrestling on June 28@` 1977. David was the most successful of the Von Erich boys in the late 70s and early 80s@` competing in St. Louis@` Japan and Florida@` as well as his home state of Texas. David was found dead in his hotel room in Japan on February 10@` 1984. His dreams of winning the NWA World title were never realized.

Kerry Von Erich achieved the most national fame of the Von Erich boys. His pinnacle came on May 6th@` 1984@` when he defeated Ric Flair for the NWA World title in Texas Stadium@` at a memorial card for David. This event made Fritz and Kerry the only father and son duo to hold World singles titles (Fritz had held the AWA title in 1963) Kerry lost the title back to Flair in Japan on May 24@` 1984.

Kerry's entire career was haunted by troubles stemming from drug use. On June 4@` 1986@` Kerry was involved in an automobile accident in which his right leg was severely damaged. It wasn't until after Kerry's death in 1993 that his family would confirm that he had lost his foot in the accident. He wrestled for the rest of his career with a prosthesis on his leg. He did not return to the ring full time until late 1987. On February 18@` 1993@` Kerry shot himself in the heart at his home in Sandy Shore@` TX. He was 33.

Mike Von Erich debuted in November@` 1983. Months later he was thrust in the role of being David's successor@` a role he never quite looked comfortable in. In 1985@` on a tour of Israel@` Mike suffered a shoulder separation on an exceptionally hard ring. During recovery@` Mike contracted toxic-shock syndrome. He recovered@` but he had lost much weight and strength during his layoff. He returned to the ring in July 1986. Mike died on April 13@` 1987@` at the age of 23@` of an intentional overdose of Placidyl (depressant/muscle relaxant).

Chris Von Erich@` the youngest of Fritz's sons@` began appearing at ringside for his brothers matches in the mid-80s. He was involved in a few angles. He finally made his wrestling debut in the late 80's. Chris died of a self-inflicted gunshot wound to the head on September 12@` 1991. Chris was 21.

In 1985@` Fritz brought in Kevin William Vaughn@` using the ring name Lance Von Erich@` and billed as a cousin of the Von Erich boys@` a son of Waldo. In reality@` he was no relation to either Fritz's family or Waldo. Fritz's plan of creating a new Von Erich eventually backfired@` after Lance left Fritz's promotion and Fritz admitted publicly that he actually wasn't related.



17 :ランス :2000/09/26(火) 03:10

After his career ended@` Kevin spent much of his time with his family and his father@` watching the legend fade into shadow. Doris and Jack were divorced in July 1992@` a year before Kerry's death@` and Kevin could never figure out how Jack had withstood losing his family. Although Jack had lost so much@` he had still held onto his home in Denton County and a net worth estimated at more than $600@`000.

On July 25 of this year@` Jack suffered a stroke and was diagnosed with brain cancer. He knew he didn't have long to live@` and he welcomed death@` said he was anxious for the chance to see his sons again.

As always@` Kevin was there for his father@` even though Jack@` though never in much pain@` was "hard to be around@`" fluctuating between being moody and happy. Jack and Kevin rarely spoke about the many tragedies they had both experienced -they didn't have to.

On September 8@` Kevin and Jack were at Jack's house watching Monday Night RAW when@` during the fourth quarter@` Jack began suffering enough for him to call the nurse to administer morphine. Jack slept throughout the rest of the day@` then died quietly and quickly on Wednesday.

"He got out with no pain at all@` and you have to think that's a good thing@`" Kevin says. "I've visited people that were suffering so bad it would take me days to get over it. But see@` like@` I'm telling you all this sad stuff. I am sure you've got sad stuff too."

Now Kevin begins the task of collecting that sad stuff and showing it to the world. He and Mike's ex-wife are now assembling the family history and putting it on the Website@` which is located@` appropriately enough@` at.www.vonerich.com. There@` Kevin will provide pictures and bios of his brothers and father@` celebrating their place in pro-wrestling history--not the tragedies@` he hopes@` but as heroes. He will sell old videotapes of the brothers and Fritz; Jack had left behind hundreds of black-and-white reels and old wrestling films@` which Kevin one day hopes to market on the Website.

"Someone asked me if I wanted to do the Website as a way to keep my brothers@`" Kevin says. "I said@` `No@` not necessarily.' I just think it was a hell of a wrestling show@` and I'd like people to see it."

Kevin often says that when people first meet him these days@` they treat him as though he is "a ghost." There are those who wonder why he is not dead or how he kept from becoming another dead Von Erich. That is why he is willing@` though not necessarily happy@` to rehash the past one more time. If nothing else@` he@` maybe someone can learn something from his tragic story. Meanwhile@` he is still trying to figure it out for himself.

"I'm from the country@` and last winter@` there were persimmons growing on the trees@`" Kevin recalls. "Well@` persimmons drop off during the winter. They fall to the ground and rot. The wind was blowing hard on this one persimmon@` and it hadn't fallen off--and it was the dead of winter. I was thinking@``I'm like that persimmon. I'm not going to let go of the vine. The wind's@` it's killing me@` but I'm not going to let go.'

"I didn't have a choice. What was I supposed to do? Lay down and die? I'm a married man. I have kids. There were times when I thought@` `I can't stand any more of this.' But I think God strengthened me@` and I can take it. It's different now. I have everything a man could want. I have children@` I have a wife who takes care of my kids so I'm free to do the dad-like play catch and things like that. I think things couldn't be better for me."

Minutes later@` as if on cue@` the cellular phone next to him rings. It's his son. He has been sick in bed all day with a cold. He wants his dad to come.


18 :ランス :2000/09/26(火) 03:13
http://www.wrestlingthewayitoughtabe.atfreeweb.com/vneric.jpg

19 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/26(火) 12:25
ケビンの今後の生活を応援してます。

20 :age :2000/09/26(火) 16:06
age

21 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/26(火) 17:16
エリックたん...ハアハア

22 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/26(火) 17:49
NWA Foul Play with David Von Erich 09-26-2000 04:11 AM
http://www.wrestlingclassics.com/.ubb/Forum1/HTML/004964.html

海外の昭和モノがエリックネタ中。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/27(水) 04:34
 

24 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/27(水) 21:54
デビットフォンエリックは日本で急死。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 04:22
誰かやくしてくださいな

26 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 05:49
生きてるのはケビンだけ

27 :地獄の墓堀人 :2000/09/28(木) 06:19
>7
 たしかにケリーは交通事故にあいました。しかし、ケリーが引退できなかった原因はフィリッツのプロモーターとしての判断(スターがいなくなると困る)もあったと思われます。
 マイクに強制的にステロイドを打ちつづけノイローゼに追い込んだのもフィリッツです。

28 ::2000/09/28(木) 10:46
>24
デビッドは死因はなんだったっけ?
当時プロレス誌でデビッドの棺の前で
号泣してたブロディが印象に残ってるんですが・・・

29 :>28 :2000/09/28(木) 11:05
確か薬物中毒による心臓マヒ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 12:31
列伝のブロディが顔、腹部、膝?だったか兄弟にクローさせる場面が好き。

31 ::2000/09/28(木) 22:53
フリッツの素姓を知りたいあげ。

32 :>31 :2000/09/28(木) 23:03
ユダヤ人なのにナチスギミックを演じた。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:06
>27 ケリーは今現在、生存していないのですか。

34 :>27 :2000/09/28(木) 23:10
テメー何様だよ。
知ったかすんな、馬鹿が!

35 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:11
>33

1993年に自殺。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:14
>34 お前こそ、そういう事言うのやめろ。マジで

37 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:15
On February 18@` 1993@` Kerry shot himself in the heart at his home in Sandy Shore@` TX. He was 33.
引退したのは薬物のいざこざらしいですが義足でよくやってました。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:16
>>27
物証にこだわる墓堀人さんですから
決定的な証拠があるはずですではどうぞ

39 :軟芝 :2000/09/28(木) 23:25
ドン・デヌーチさん、カール・フォン・スタイガーさんらの昭和の達人の意見を聞いてみたいところですね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:27
墓堀人といい、元メフィスト&マリオといい、知ったかタイプの人間って
何かと重宝はされるけど、妙なウンチクを垂れ始めるとこんなにウザい人種
はいないね(笑)。

確固たるネタ元を提示できないようなネタなら書かないほうがいいよ。
特にその類の書き込みをコテハンでやられるとマジ鬱陶しいから。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:32
>40
スレッドに基づいて書き込んでいるんだからいいんじゃないの。
いちいち中傷して書き込むなって。
知りたい人だっているんだよ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:33
>41
反対に腹立つ人(自分含め)だっているはず。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:36
>42
じゃ見なければいい。
腹立てることの程でもないとおもう。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:38
 

45 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:39
地獄の墓堀人は少し中途半端なところがある。
あのスレにしても同じ昭和ファンは少し驚いたよ。
もちろん>>5>>27の発言も根拠なんて人から聞いたぐらいだろう。

46 :プロペラヘッド :2000/09/28(木) 23:40
個人的な体験だけど、バイト仲間の女の子に「ねえ、なんかプロレスラーの
人が自殺したらしいよ」と言われ。変な予感がして、「それって、エリック
って、名前じゃなかった?」と聞くと、「うん、そう、そんな名前だった」
あわてて、大スポを買うと、ケリーの記事。愕然としたのを覚えてる。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/28(木) 23:46
あのスレってどのスレ??(笑)>45さん
なんか興味あるので読みたいッス。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 00:01
これだろ
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=wres&key=969880389

49 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 00:04
なんだ、墓堀人てタダのドキュンだったんだぁ(ワラ
墓を掘る前に、場末のオカマのASS穴でも掘ってろっつーの!

50 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 00:05
あ、48さん、スレ教えて下さってどうもありがとうございました。

51 :チャッピ :2000/09/29(金) 00:06
どうでもいいが地獄の〜は出てきて証明してくださいよね。
スレッドまで立てて批判してた本人が証明できないなんてなし。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 00:13
上の文誰か訳をしてくれ〜

53 :御人 :2000/09/29(金) 00:15
マイクって来日経験あったっけ?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 00:17
>53
一度新日に来る予定があったんだけど、体調不良(しょうこう熱だったけ?)
でキャンセルになったよね。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 00:21
ランス・フォン・エリックはワルドー・フォン・エリックの息子で、
血縁関係はないようです。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 00:23
>54感謝

57 :地獄の墓堀人 :2000/09/29(金) 06:19
 物証ではありませんが関係者の証言で明らかになっています。
 なかでもかなり信憑性の高いのはエリック家のメイドさんの証言で、
 ステロイドの打ち過ぎで痩せ細ってしまったマイクにフィリッツが激怒して
 「この次の興行に間に合わせるんだ!」と発破をかけてさらにステロイドを打つよう強要したそうです。

 中途半端との指摘には、申し訳ないですとしかいえません。
 自分の都合だけれど、睡眠時間を削って書き込みをしています。
 一応仕事抱えてるもので。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 07:01
ケビンは控え室廊下を裸足でペタペタ気持ちよさそうだった。


59 :意訳君@ :2000/09/29(金) 12:14
>16
まずはじめに、本当のフォン・エリックという人間は存在しない。アドキソン家ではリングネームの
名字にフォン・エリックという名を使っているのだ。アドキソン/エリック一家の家長はジャック・
アドキソン。彼はフリッツ・フォン・エリックのリングネームで50年代、60年代にナチスドイツの
ギミックを用い、独特の歩き方(膝を伸ばしたまま歩く)とアイアンクローを得意にしていた。

ジャックには6人の息子がいた。そのうち5人はレスラーになった。

ワルド・フォン・エリックは本名ビル・シェパードといい、アドキソン家とは繋がりはないが、
60年代にエリックとのタッグで活躍した。

ケビン・フォン・エリック70年代半ばにレスラーになった。彼がホームタウンであるテキサス州の
外で試合することは滅多になく、日本とセントルイスに何度かいったくらいだ。ケビンは現在、
ダラスのジム・クロケット派NWAで試合をしている。ケビンは唯一生きているフリッツ家の息子である。

デビッド・フォン・エリック(ニックネームはテキサスの黄色いバラ)は1977年6月28日にデビューした。
デビッドは70年後半から80年代にかけて最も活躍したエリック兄弟であり、セントルイス、日本、
フロリダ、テキサスで試合をした。1984年2月10日、デビッドは日本のホテルの部屋で死亡した。
彼の夢はNWA王座を獲得することであったが、実現しなかった。 (つづく)


60 :意訳君A :2000/09/29(金) 12:21
>16つづき
ケりー・フォン・エリックはエリック兄弟で最も有名になった。その頂点は1984年5月6日、
テキサススタジアムでデビッド追悼として行われたNWA世界戦でリック・フレアーを
破った時である。この事によってフリッツとケリーは唯一、父・息子とも世界シングル
タイトルを獲得したことのある親子となった。(フリッツは1963年にAWA王座を獲得)
その後ケリーは1984年5月24日に日本でフレアーに破れ、タイトルを失っている。

ケリーのキャリアは、1986年6月4日のドラッグ使用に始まる数々のトラブルに
つきまとわれていた。ケリーは自動車事故によって右足に大きな怪我を負ったが、
1993年の彼の死後になって、この事故で左足首を切断していたことが家族により
明らかにされた。彼は事故以降、義足をつけて試合を行っていた。彼は1987年
後半からリングに本格復帰した。1993年2月18日、ケリーはテキサス州サンディショア
の自宅で拳銃自殺した。33歳であった。(つづく)

マイク・フォン・エリックは1983年11月にデビューした。数ヶ月後、彼はデビッドの後継者
としての役割を任せられたが、決して楽な役ではなかったようだ。1985年のイスラエル
遠征では、リングがあまりの硬くマイクは肩を脱臼した。回復の最中に、彼はショック
中毒症にかかった。完治はしたものの、休業中に体重と体力をが大幅に減らしてしまった。
彼は1986年7月に復帰した。マイクは1987年4月13日、抑うつ剤の過剰摂取で死亡した。
23歳であった。



61 :意訳君B :2000/09/29(金) 12:24
>16つづき
クリス・フォン・エリックはフリッツの末っ子であり、80年代中頃から兄達の試合の時に
リングサイドに姿を見せはじめていた。いくつかのアングルにもからんでいた。80年代
後半にはレスラーデビューした。クリスは拳銃自殺による怪我が元で1991年9月12日
に死亡した。21歳であった。

1985年、フリッツはケビン・ウイリアム・バーンを連れてきた。リングネームをランス・
フォン・エリックとし、エリック兄弟のいとこ、ワルドの息子だと称した。実際は彼は
フリッツ家ともワルドとも血の繋がりはなかった。新たなエリックを生み出すという
フリッツの試みは失敗した。ランスがフリッツのプロモーションを離脱したあと、
フリッツはランスがエリック家と関係がないことを公式に認めた。

17の訳はまた後ほど。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 12:28
プロレスを引退すると、ケヴィンは自分の家族や父と過ごすことが多くなり、フォン・エリックの栄
光が色褪せていく日々を目にすることになる。ケリーがなくなる前年、1992年にドリスとジャック
は離婚している。ジャックがいかにして家族を失うことに堪えられたのか、ケヴィンには想像もつ
かなかった。あまりに多くを失ったが、ジャックはそれでもデントン・カウンティに家があったし、60
万ドル以上の財産があった。

この年の7月25日、ジャックは心臓麻痺を起こし、また脳腫瘍が見つかった。ジャックは自分の
命が残り少ないことを知り、失った息子達に再会できると、死を望んでいた。

ジャックは痛みに悩まされることもなかったが、機嫌が良いかと思えば急に悪くなったりして、扱
いづらくなっていた。それでもケヴィンは、いつもそうしていたように父の元にいた。ジャックとケヴ
ィンは数々の悲劇について話すこともほとんどなかった。話す必要もなかったのだ。

9月8日、ケヴィンとジャックはジャックの家でマンデーナイトロウを見ていた。放送が残り四分の一
になった時にジャックは苦しみ始め、モルヒネを打つために看護婦を呼んだ。その後、ジャックは
その日一日眠りつづけ、あっという間に水曜日には静かに死を迎えた。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 13:25
>62
ウザイからやめろ


64 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 22:39
47=48=49=50
夜中に一人芝居して愉しいの〜〜〜?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 22:56
FVエリックの引退試合を、世界のプロレススペシャルで見た。
当時裏で、ひょうきん族見ないでこっちみた。
エリックの入場テーマはなぜか、スターウォーズのテーマ。
相手は、キングコング・バンディ。
ワールド・クラスの全盛期。


66 :デスサーフ2000 :2000/09/29(金) 23:07
>63
おめえがうぜえよ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/01(日) 18:34
age

68 :48 :2000/10/01(日) 21:09
訳おつかれ様でした。そしてありがとう。
自演の視されてますが別人です。

69 :ショッパー :2000/10/01(日) 21:37
ケリーの奥さんだったサンディとかいう女性はひじょうにカワイイ人だった。
笑顔がすてきだったと思う。
当時、ボクはまだ学生だったが、嫁さんにはああいう笑顔ができる女性人が
いいなぁと感じていました。

ケリーが自殺したニュースを聞いたとき、
彼女はどういう表情をしているのだろうと、それが強く気になった。
今の彼女のことを知りたい。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/01(日) 21:51
>68
とゆうか人を電波呼ばわりするのは良くないと思います。
まして墓堀人さんの主張を論破することもせず別のスレッドで笑い者にするのは負け惜しみにしか見えません。
あのスレッドは墓堀人さんクラスの常連が立てたからこそ意味があったんだとおもうけど。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/01(日) 22:08
>70
それは全員判ってる事だから。
現に墓堀人自身が何も反論してないしな。
ヤオ論者を黙らせたのは痛快だった。

72 :70 :2000/10/01(日) 22:19
>71
墓堀人さんはヤオ論を否定したいわけではないとゆってませんか。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/01(日) 22:23
>72
墓堀人の真意はともかくヤオ論者たちが又聞きていどの情報を
偉そうに語っていた事を証明してくれたのは事実。
オレ的にはそこがおもしろかった。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/01(日) 23:13
>70
墓掘人にしろマリオミラノにしろメフィストにしろ、
彼らに太刀打ちできない頭の悪い連中のジェラシーのために
バッシングされていただけ。まさしく負け惜しみ。

75 :テユーカ、 :2000/10/01(日) 23:17
オマエガハカホリニンダロ?(ワラ >74

76 :テユーカ、 :2000/10/01(日) 23:17
オマエガハカホリニンダロ?(ワラ >74

77 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/01(日) 23:24
>75
違うよバーカ。2重カキコすんなよアホが。

78 :テユーカ、 :2000/10/01(日) 23:28
アホニアホトイワレタナイワ。
コノチョンコ!>77

79 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/01(日) 23:40
要するに、74さんや墓堀り人さんみたいな単細胞な方が来るから
スレが荒れるんだと思うんですよ。
もっと普通にエリック一家のことを語ればいいじゃないですか。
実際、墓堀人さんが来るまでは、極々普通の会話がなされてたんだから。。。

80 :79 :2000/10/01(日) 23:42
>実際、墓堀人さんが来るまでは、極々普通の会話がなされてたんだから。。。

あ・・でもそうでもなかったかも・・(苦笑)

81 :74 :2000/10/01(日) 23:44
>79
なるほど。厨房にしてはいい意見ではある。

82 :79 :2000/10/01(日) 23:46
あ、74さん、お褒め頂いて嬉しいです。。。(笑)

83 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/02(月) 00:11
結局どんなスレ立てても読む人間側の受け取り方次第。
いくら考えても自分内でしかモノは見えない。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/02(月) 00:22
エリックを語れ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/02(月) 00:30
ケリーのWWF時代のニックネームは“テキサス・トルネード”。
一応インターコンチネンタル・チャンピオンになったけど、
アルティメット・ウォリアー(ダラス時代からの親友だったらしい)
の影に隠れて目立たなかった。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/02(月) 00:36
シューズに物凄いフレンジが付いてましたね、あれ今考えるとカモフラージュだったのでしょうか。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/03(火) 19:00
定期あげ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/03(火) 19:11
ディスカスパンチは好きだったな。
エリック一家はどうも陰気臭い印象があるが、
ケリーは陽気な感じがした。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/03(火) 20:51
はあ。
E・H・エリックも亡くなったよ。
これで一家もどうなることか?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/04(水) 02:12
ケビンーバラを絶やさないでおくれよー

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>2084Ia:>>9844#>>6279>>3906>>8278>>2118M>>9644xIz>>7536
>>5574e★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)