5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

先天的障害児を出産直後に始末依頼する親

1 :まるはソーセージ:2001/02/01(木) 18:47
結構いるそうですね。
まあ、気持ちはわからないでもないけど

2 :窓際リーマン:2001/02/01(木) 18:50
これから育てる苦労を思うと、俺もそーするかもね。

3 :鬼が・・:2001/02/01(木) 20:59
人間の業の深さを思い知らされるな・・

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 21:52
どうして当然のことをするのに非難されなきゃいけないの?


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 21:59
現実的な選択ですね

6 :名無しさんは見た!:2001/02/01(木) 22:03
依頼はいいとして、実際に始末できるものなの?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 22:04
後天的ドキュソ息子・娘を始末したい親は沢山いるんだろうな。


8 :ヒロヒト:2001/02/01(木) 22:40
PROXY規制中!

おらよっと
   

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 23:18
マジな質問。

>>1のようなことって、殺人罪にとわれないの?



10 :乙武:2001/02/01(木) 23:26
俺は障害者が嫌いだ。スポーツ選手が好きだ。

11 :げる:2001/02/01(木) 23:26
誰が訴えるんだ?

親が希望して始末してもらうんだから。
赤ん坊は「やめてください」っていえないしね。

政治家の子供とかはやっぱそうするんじゃないのかな

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 23:27
>>9
おおっぴらにやっちゃいけないけど、そう言う子は弱いし
まあ産湯に入れたときにちょっとお湯飲んじゃったりね。
まあそうゆうことも、ね、次に新しい子に生まれ代わって
くれればいいわけだよ。


13 :げる:2001/02/01(木) 23:29
そう考えるとオトタケはそっこう始末するべきだったのかも

14 :垢ペン:2001/02/01(木) 23:29
 タイでは双子の畸形が生まれたらミンチにするのです。そして
なんとそれを食べてしまうのです。これは、無駄な殺生をしない
という、仏教に基づく考えと、愛しい者の魂を吸収することで
次に五体満足に生まれるようにというアニミズムなんだそうです。

 これをシャムソーセージと言います。

15 :乙武:2001/02/01(木) 23:31
俺はエリートだ。俺を障害者扱いするインタビューアーは
いってよし。俺の言うこと聞いたから、スーパーテレビには
出てやったんだ。おまえら見たか?ナンバーの記事も読めよ。
おれは障害者でも『五体不満足』のオトちゃんでもない、
スポーツライター乙武さまだ!

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 23:56
殺人罪だよ、わかっているのか?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 00:01
オトタケくんに質問です?
オトタケくんには、ちんぽこは付いているのですか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 00:02
>>14 グロ系サイトで降ろした子供を焼いて食ってるカラー写真見た

19 :名無しさんは見た!:2001/02/02(金) 00:04
www.ototake.net

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 00:08
昔から、オギャーって言う前に、濡れ手拭いを顔に掛けて...
産婆さんが始末してくれてたんだよ。
こういうのを、死産って言うの。

21 :名無しさんは見た!:2001/02/02(金) 00:11
畸形ならすぐわかるけど、精薄児は?

22 :垢ペン:2001/02/02(金) 00:11
伊邪那岐と伊邪那美だって、畸形児が生まれたら海に流してるしな。

23 :名無し:2001/02/02(金) 00:22
先天性障害のガキを一生面倒みる苦しみ、あるいは
先天性障害のガキに手をかけた、という苦しみ
どっちを選択するか。
俺はどちらも選択しないように妻とガキを作らない方針で
いっている。だいたい現在のこの糞日本で希望を持って
ガキを作っている新婚夫婦に哀れさを感じて止まない。
ま、がんばってこの日本でガキを育てて幸せにしてやれ。無能親ども。

24 :名無しさん:2001/02/02(金) 00:22
問題なし、次の子に期待しよう。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 00:24
ゆっぴーもあやしいぞ?
実は…


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 01:21
ゆっぴーって誰?

27 :名無しさん:2001/02/02(金) 02:05
私は一児の母だけど、自分だったら育てる自信ない。自分の子が正常でよかった。
高齢出産でも障害児の子が産まれる確率が高いんじゃないのかな。
看護婦さんにきいた話では、頭の脳味噌だけないことかいるらしい。
頭部はあるわけだから、生まれるまでは奇形かどうかわからないんだよ。
そういう子供は赤ん坊のうちに死亡してしまうから、親もほんの少ししか
一緒に過ごせない。そっちのほうが辛いよ。


28 :ブラックジャック:2001/02/02(金) 02:20
無頭児は生後すぐに死亡するはずだが。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 03:19
前に誰も訴えないから殺人にならないとかいうレスがあったが、
そいつはアホだな。
誰も訴えなくても殺人罪は殺人罪だ。
誰も訴えなくても人を殺せば罪に問われる。
この場合は特殊だから、殺人になるかどうかは知らん。

30 :地獄タモさん:2001/02/02(金) 03:32
堕胎するときは胎児は痛がります
生命を殺すときは痛みを与えてはいけません
それはあなたが痛みを感じる生命だからです
遺伝子の目的は同じ種類の遺伝子を残すことです
だから同じ種類の遺伝子を殺そうとする人はまわりから
排除されて当然です
なんで人を殺しちゃいけないの?なんていっている少年は
みんなで排除しましょう
ぼそぼそぼやいてすまん

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 03:38
なんの罪もない子供に、一生障害を負わせて生きさせることが
ほんとに正しいことか?
親や周囲の自己満足のために、生き続けさせられてる方が
酷いと思うよ。


32 :ぱんつ:2001/02/02(金) 04:38
本当にちゃんと安楽死させてるのかなぁ・・
じつはイギリスのように臓器売買や
研究材料につかわれているとか。

ひょっとしたら特殊な趣味の人のなぐさみものとして飼育されていたりして・・



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 04:54
俺の妹、7つ違いだけど聴覚障害やった。
もう子供のころから読み書きしゃべりを、両親と殴り合いしながら
なきながら勉強してた&させられてたよ。
それ見たら、
俺の子供が身障者やったらはっきり言って育てられん。
と思ってる。



34 :名無しさん:2001/02/02(金) 07:37
障害を持った赤ん坊は、子供の頃は「天使だ〜」なんて言えるかもしれないが、
駅のホームで暴れている、成人した障害者の子供を年老いた親がみている図や、
将来を悲観して心中する親子の事件をみるたび、「障害児は天使だ」なんて思えないのだった。
やっぱり、現実を考えると育てられない。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 07:43
死産として処理すれば最初から生まれなかったことになるね。
生まれる前に障害が判明してれば流産として処理できるのにね。
わたしなら明らかに障害を持ってうまれる事がわかっていたら
流産させるね。一生障害児の面倒をみる自信なんかないからね。

これから環境汚染でこういう事例が増えてくるんじゃないの?
昔本当は2割以上の子供が奇警で生まれて死産として処理されて
いると」いう噂きいたことあるけど、現実になってきてるよね。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 09:09
辛い選択だね…。優生保護法とかでは、どうなってるの?<法律に詳しい方

37 :通りすがり:2001/02/02(金) 09:47
障害または奇形を持って生まれてくることを確定するには、
堕胎可能時期(妊娠22週未満)ではかなり難しい。
妊娠22週以降となると、堕胎はできないし、優生保護法でもない。
生まれてきて、おやまあってことがよく有るが、
ほとんどは産科医のエコー技術の手腕によるところが多い。
しかし1年前くらいに病院板で、同じような議論あったが、
産科医の意見はおおむね、出世前診断は意味なしというものでした。

必然的に生まれるまで医者にも両親にもどわからないこととなる。
その状況で新生児に奇形があるからといって、
勝手に医師や看護婦が適切な処置をせずに死亡させた場合は??
殆どが感謝したとしても、万が一訴えられでもしたら…。
そんなリスク被う医者はいませんよ。
両親が100%同意して書面を残したとしても、
またはその場で殺して下さいと親から頼まれても、嘱託殺人となります。
親が訴えなければ殺人罪にならないというのは、全くのでたらめ。
それなら一家で息子を殺しても罪にならないと言っているようなもの。
妊娠22週を過ぎた場合は、明らかな子宮内死産以外は一個人として扱われます。
従って、一時的ですが戸籍にも記載されます。
まあ闇で何もないとは否定しませんが…。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 10:47
悪劣遺伝子排除法適用!

39 :ラインハルト・フォン・ローエングラム:2001/02/02(金) 11:49
38,お前ルドルフか!!

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 11:57
病気(心臓奇形など)の子供の臓器移植に使ってほしいよね。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 13:31
障害者の老後って誰が面倒見るの?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 13:33
まあどうなんだろうね
何いっても実際に自分の子供として生まれちゃったらねぇ
始末するっていっても,生きてるわけだからねぇ
石原が,障害児をみて「彼らに人格はあるのか?」って言って
物議をかもしたけど,実際のところ障害があっても顔に表情が
あるとか,何らかの「親の愛への反応」があればまだ良いけど
単に生きているだけって感じだったら余程経済的にも余裕がないと
投げ出すと思うよ.良いか悪いかは別にして
また,社会がそれらの障害児を受け入れる体制になっているとは
言えないし,まあ変な言いかただが,昔だったら「見世物」か
「絞め殺し」でしょ.場合によっては単に捨てちゃうみたいな
今は,人道主義とかある程度社会がコスト負担するから生きていく
上の最低の保証はあるんだろうけどね
本来は,方法はさておき「いるべきではない存在」なんだろうね

43 :sawa753:2001/02/02(金) 13:34
何処から人になるかですが@`一部露出説が有力です。女の性器から頭が出た時が人の人権が発生します。頭が出た時殺せば殺人罪になります。


44 :sa:2001/02/02(金) 14:40
じゃあさ、どのくらいの障害だったら始末する?
逆にどのくらいだったらがんばって育てていこうと思う?

45 :れきしか:2001/02/02(金) 14:42
昔は殺したらしいよ>先天異常。(江戸時代ぐらいの話)
死んでしまいました、と説明して実状を教えなかったりしたらしい。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 14:52
害児に人権無し!奴らがいれば社会の迷惑!

47 :名無しさんi486:2001/02/02(金) 14:55
>>43
逆子の時はどーなるんだ?


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 14:58
>>37
説明ありがとう。
生まれて来るまでは分からないのか、ううう恐いなー。
生涯つきっきりでないといけないような障害だったら、両親は辛いよね。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 16:40
障害児を持った親が自分の子を天使なんていって美化することあるけど、
どうしても負け惜しみみたいにしか聞こえないのは何故?

50 :ひよこ名無しさん:2001/02/02(金) 16:47
>>49
宗教も入ってる

51 :どりとる名無しさん:2001/02/02(金) 16:55
民法では全部露出説、刑法では一部露出説だったと記憶してます。

52 :まるさん:2001/02/02(金) 17:23
目が見えないがきだったらどうする?
俺だったら殺しちゃいそう

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 18:20
健康な子供でも育てるのが大変な時代で、育児ノイローゼになったり、
育てられなくなる人もいる。
無理に障害児を育てさせても、子供と親のどちらにとっても
不幸だろうと思う

マスコミはこういう話題を避けるが、普段「人権」だの「差別」
だと偉そうに説教するくせに、そういう慈善団体には殆ど
金を寄付していない。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 18:59
ただ子供を勝手に殺すのは勝手だよね
でも他に手はないな

55 :/~\:2001/02/02(金) 19:01
辛さから逃げていると人のこころがどんどん廃れていき、
かえって世の中の悪化につながるとおもいます。
すごく辛くても、前向きにいく事によってよい結果,経験になるのでは....
ひとは試練を乗り超えないと強くなりません。

56 :ナース:2001/02/02(金) 19:53
障害者は少なければ少ないほど
奴らのための福祉施設が少なくて住むから
国の財源も節約できるのではないだろうか?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 20:31
>>56
障害児を堕胎させる団体だったか医者(日本ではない。イギリスだと思う)が
そんなことを言っていたような・・・

58 :未来ナース:2001/02/02(金) 20:58
富国強兵なんていってたころの日本にとっては
あたりまえの行為だったんだろよ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 20:59
先天性障害児を積極的に死亡させる理由として、
「社会の迷惑」という意見はひどいなと思う。五体満足だって社会の迷惑な
やつらはいくらでもいるからな。
また「親の負担が大きいから」ってのはお話にならない。だったら23のように
最初から生むな。生んだからには絶対逃れられない責任が生じるはずだ。結局
親になった馬鹿のエゴのためかい?
俺が先天性障害児を死亡させたほうがいいと思う理由はただひとつ、その子本人
が絶対に一生不幸を、不利益を強制されることになるのは確実だからだ。
ちなみに55さん、「試練を乗り越えないと」ったって、別に頼んだわけでもない
のに障害児としてこの世に存在させられてしまった子供からすりゃ冗談じゃない
ふざけた話だぜ。勝手に障害を与えられて、それでもってただ「前向きに」とか
「つらさから逃げちゃだめだ」とか言われたってさあ・・・。親に対しての言葉
なら、それはそれでいいのだが。

60 :マジレスさん:2001/02/02(金) 21:05
>55
頑張って試練に立ち向かってね。
自分の番になって「こんな筈じゃなかった」はナシね。

61 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/02(金) 21:07
>60
場合によっては苦労が「一生」続くからな。
それでよければどーぞって感じ。

62 :名無しさんおならいっぱい:2001/02/02(金) 21:09
障害者が差別を受けるのは避けられない。
どんなによい意見を言って諭しても、
人間なんてどんな形でも差別するもの。
そして今後において一生被差別者として
悲惨な人生を送る事が出生時わかっている子供は
せめて生みの親の手で・・・というのも一つの考え。

今の世の中臭いものに蓋の理論で
障害者のことを考えてる。
銭くれて終わり。
こういうのは人間の深層心理からの発言も取り入れなくては。
かあちゃんにしても人間だ。
まだまだ人生を謳歌したい。
そこに障害児の息子がいたりしたらまともな人生は送れまい。
そういう心は誰にでもある。
それを、それはあなたの愛すべき子供だからとか、
非人間的だとか、おまえが障害者になって殺されて見ろとか
言ってたら話は前に進むまいて。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 21:19
だいぶ前のNHKスペシャルで、アメリカでは受精卵を十個ぐらいつくり
それを遺伝子診断して正常なものを母親の子宮に戻すということが
おこなわれていると放送してましたね。

ちなみにその放送では体外でつくった受精卵のうち半分以上は
遺伝子的になんらかの問題があると言っていたのが衝撃的でした。

64 :未来ナース:2001/02/02(金) 21:25
>俺が先天性障害児を死亡させたほうがいいと思う理由はただひとつ、その子本人
>が絶対に一生不幸を、不利益を強制されることになるのは確実だからだ。

それもひどいな。一生不幸になるのが確実だからとはいえないし。

だって、みんなやるんでしょ。生まれた子供の指を数えて
「よかった。20本ちゃんとあるよ」って

65 :誤痴鋭:2001/02/02(金) 21:29
     >>64
 右手が12本、左手が2本、右足が1本で左足が5本だったりしてな。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 21:30

 こんな冷たい人たちばっかじゃ、なるほど手をかけたくなるわな。


67 :名無しさんMK4:2001/02/02(金) 21:36
63>
申し訳無いけど
チラッと見たときスペルマ・・・受精卵・・・子宮
ってみえた。すみません。

68 :−−:2001/02/02(金) 22:01
悲観的なレスはさびしいね...

69 :優生学:2001/02/03(土) 01:31
イギリスでは、全ての妊婦は出生前診断を受けダウン症等の出産は実質的にゼロ
日本でも、兵庫県等で出生前診断に補助金を出す計画が何年も前にあったけど
障害者団体が、強烈な圧力をかけ全ての計画を崩壊させた。
今、日本で出生する障害者の何割かは、産まれたのではなく。
産ませられたのだ。

70 :未来ナース:2001/02/03(土) 01:37
障害者どもは自分たちの数がすくないと
虐げられると思って数を増やしたいんだろうね。
お前ら、必要とされてないってことにいいかげん気付いてほしいよ

71 :優生学:2001/02/03(土) 01:42
>70
福祉に使える予算は限られている。
障害者の出生が少なければ、一人あたりに手厚く出来る。
そこんとこを障害者団体は理解して欲しい。
ちなみに、一部団体は、事もあろうに受精卵診断技術を
槍玉に上げている。
残念な現実だ。

72 :名無しさんMK4 :2001/02/03(土) 01:49
>71
どんな言いがかりをつけてるのか教えてくださらんか。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 02:46
子供の数は減っているのに、障害児の出生率は増えている。


74 :優生学:2001/02/03(土) 02:50
>72
参考文献として、「優生学と人間社会」講談社現代新書
をお奨めします。
一例としては1984年に厚生省が出した先天異常モニタリング・システム
の強化などを骨子とする母子保険法改正を葬った事を上げるべきでしょう。
あえて、直リンは張りませんが。
出生前診断等のキーワードで検索する事をお奨めします。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 02:52
>73
あれかねぇ、環境ホルモンってやつ。


76 :名無し:2001/02/03(土) 02:55
>75
もし、そうだったら訴訟の嵐だな。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 03:26
>>60@`70@`71
昨日の新聞に、精神障害者の凶悪(?)犯罪について、今まで人権派を気にして
タブーとされてきた部分に検討を加えていくという政府関係者の方針が
記事で載っていたよ。
当然の方向転換でしょう。蜜月も終わりかな。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 03:34
ダウン賞の出生率は千人に一人。
指が片手に六本生えてるとかの、小さな障害は百人に1人
位はいるが、すぐに手術で取り除いてしまうので、本人も
気ずかない。
統計調査ぐらいはやってもいいと思うのだが。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 03:43
>77
どの新聞なの?
今日、図書館で調べてみるよ。

80 :乙武母:2001/02/03(土) 04:16
しゃーねーべ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 07:05
>ダウン賞の出生率は千人に一人。
>指が片手に六本生えてるとかの、小さな障害は百人に1人
おいおい、そんなにいるのかよ
指六本が小さな障害なのかよ
4本ならどうするんだよ

82 : :2001/02/03(土) 07:15
ダウン症は母体の年齢が上がるほど
発生率が上がる。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 07:31
高齢出産だと 100人に1人くらいになるんでしたっけ?


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 09:16
他の国ではどうなんざんしょ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 10:59
パフォーマンスの悪い人間は逝ってよし

86 :***:2001/02/03(土) 13:08
>>39に突っ込みがないのが不思議である。

87 :誤痴鋭:2001/02/03(土) 13:25
 クラインフェルター症候群やその逆(名前忘れた)も1000人に1人
ぐらいの割合だって理科の資料集に書いてあったが。

 アンドロギュノースな感じの子ってのは、生まれるときに医者とかが
「男とも女とも取れる名前にした方がいいです」と言うとか言わないとか。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 13:40
あのさ、ひどい障害もった人も一万人にひとりとかうまれるよね。
目がひとつしかないとかシャムでもひどいの。無頭児とか
昔は産婆さんがそういうのをうまくやってくれたようだが...。
今は法律も医学も人のためになっていないような気がする。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 13:55
無頭児ってブラックジャックに出てきたけど気持ち悪いね。
「その子を殺すな」とかいう話だったっけ。

90 :名無しさん@LV2001:2001/02/03(土) 14:02
>81
指一本多いくらいならいいんじゃ?
俺もあと2本ずつ欲しいぜ。

ピアノ弾きやすいし、レスする時便利そう。
パソコン初心者は大変だ〜。(@@)

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 14:13
>>81
指六本は最近多いらしい。
アフリカ等で多発していたザリガニなんとか症候群とは違うようだが。
しかし、タイでは六本指の子供は六本指の如来の生まれ変わりとして
大事に育てられるらしい。
先天にしろ後天にしろ、キケイに文化的差異が認められると思う。
アンデスのミイラには頭骨をわざと変形させたのあるしな。



92 :名無しさん@LV2001:2001/02/03(土) 14:16
>91
あんた、物知りだな。
如来っつうのは、つまり、神様みたいなもんかい?

93 : :2001/02/03(土) 14:36
エジプトでは、ダウン症は幸福の証しだったぞ。
つまり、ヨイヨイも養って行ける財力があるってことで(藁

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 14:39
>89
ブラックジャックは、
「こんなカエルみたいな子がどんな一生を送るというんだ!
今すぐ殺せ!!」って叫んでたよ。確か。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 15:28
>>91
>先天にしろ後天にしろ、キケイに文化的差異が認められると思う。
キケイの子供の扱いに文化的差異でよろしいか?


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 15:29
無頭児の話は確か、心霊手術をする人がブラックジャックが
殺そうとしたのを助けようとするけど赤ちゃんを取り出してみて
心霊手術する人が愕然としてるところへ
BJが「まともな赤ん坊でないことはわかっていたんだ。」といって
へその緒を切る話だったようナ。
無頭児の最長生存記録ってどれくらいなの?
多分自発呼吸とか絶対無理でしょ?また、法的にはどんな扱いになるんでしょ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 15:29
>>92
詳しくは知らないが、仏陀ではなかったはずだ。
その土地に英雄が六本指で仏してまつっているらしい<タイのどっか


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 15:34
まぁ、こうやって2ちゃんねるに書き込みできて幸せです。
おかぁさん、おとうさん、ありがとう
って気持ちに一度はならないか?
ならいのね。
(しゅん)


99 :774:2001/02/03(土) 17:22
>>91
シンプソンズは指4本。なんで?

100 :hogehoge:2001/02/03(土) 17:52
>>96
死産児になる。



101 :hogehoge:2001/02/03(土) 17:59
>>90
神経繋がっていて、動かせればな。
>>99
単にデザイン。


102 :hogehoge:2001/02/03(土) 18:00
生物的淘汰が働かない、人間の将来は
どうなるのだろうか。
レミングのように…


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 18:03
>>102
受精卵レベルで選別するから大丈夫


104 :99:2001/02/03(土) 18:09
>>101
あれってクレームつかないのかなぁ。俺はノー問題だけど、
見るたびにヒヤヒヤしてる。リサはかわいいね、ずりネタ
マンセー!

105 :共和主義者:2001/02/03(土) 18:33
劣悪遺伝子排除法の悪夢が。。。

106 :sage:2001/02/03(土) 20:08
>>86 2chだから気にすんナー

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 21:18
>>105
北朝鮮ならマジでやりそう
っていうか、もうやってたりして・・・

108 :>107:2001/02/03(土) 22:01
日本の皇族レベルでもそんなこととっくにやってるよ

109 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/03(土) 22:05
>108
だからなかなかお世継ぎが産まれないのか(藁

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 22:29
>>107
北韓はわからないけど、共産圏の国はやってるところ多いよ。
ソヴィエト修正主義もカタワが生まれた場合、
親には「死産です」といって、いろいろ実験に使ったようだ。

111 :名無し:2001/02/03(土) 23:42
>102
>淘汰圧の働かない、人間の将来は
破滅ですね、受精卵診断や遺伝子操作を支持しよう。
倫理派は人類の敵

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 23:46
実際、胎児のパーツはかなり有望なものが多い。
パーキンソン病の治療にも使えるらしい。

113 :カーウソン:2001/02/04(日) 00:00
障害者団体はじぶんがはずれだったもんだからって
今後はずれくじが出ない方法が許せないんだろうね

114 :優生学:2001/02/04(日) 00:04
>113
凄く、言いにくい事だけど。
そうかも知れない。
1984年に、先天異常モニタリングシステムの強化案が葬られた事は。
残念でならない。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 00:33
>1
親が始末依頼するのでなくて、
医者が親にも知らせないで始末するのがほとんどです。
そういうのが、最近無視できないくらい増えてるのだそうです。

116 :名無しさん:2001/02/04(日) 04:28
産婦人科の看護婦から聞いた話だと、結構な割合で
変なのが出てくるらしいよ。

で、親に聞くらしいが、ほとんどの親は、出来る限り生かしてくれと
言うらしい。しかし、やっぱり、すぐ死ぬってよ。

肉の塊みたいのが一回生まれてきて、やっぱり、その親も
生かしてくれって言ったらしいよ。でも、すぐ死んだらしいけど。

117 :乙武:2001/02/04(日) 04:56
指六本あっても殆ど役に立たないのか ただの飾りじゃどうしようもないね
現在の医学で神経繋げて何とか出来そうにも思えるんだけど、詳しい人いたら教えて!

118 :運動新:2001/02/04(日) 04:58
ってゆーか障害持った子供を生んだ親は、その子が生きてる間に医学が発展して、回復する可能性を信じてるんじゃないの?絶対医学的に不可能なの?

119 :名無しさん:2001/02/04(日) 05:53
>>118
この前、テレビでやってたけど耳とか目は、あと数年すると
機械で実用化できるようになるってよ。

120 :名無しさんダーバード:2001/02/04(日) 06:26
ダウン症の出生前スクリーニングはかなり進んでいる


121 :名無しさん@:2001/02/04(日) 06:34
私は障碍歴約40年の男です。
前からこのホームペイジを見ていて不思議に思い
また、憤りをおぼえていた者です

過去と現在の障碍者を取り巻く扱いは
明らかに不当であり、差別であった事は
火を見るより明らかな事実であって
それを改善するという正義の革命は
今以上に性急に行わねばならない
障害者の権利は、これを健常者が無条件で
受け入れねばならず、それに異論を唱えるものは
すべて差別主義者であると言わざるを得ない。
あらゆる物事、結婚、就職、就学などに
障碍を理由にして断わられる事はあってはならない
もしそれらを行った場合、その個人または団体に
対し、刑事または民事で訴えられるような法律の
整備こそが最優先で、また、障碍者差別をなくす
唯一の方法であると確信しています。
障碍、健常のお互いの理解などは不可能です
健常である事は暴君であり、障碍を得ている者は
市民であり、強者と弱者、お互いにお互いの心など
酌みようがないのはあたりまえと言えばあたりまえであり
仕方のないことである。
小生も40代にして、いまだに独身なのは障碍のせいではなく
障碍を差別視する世の中の風潮や、世の中の女性の悪しき思想の
せいであることは言うまでもなく、今まで何人もの女性に
自分の偽りのない愛を告白して来たが、みな障碍を理由に
断わられてきたという、あからさまな差別を受けてきたのである。
真のバリアフリーや真に差別をなくすという事は
健常者と障碍者が話し合い行うものではなく、
障害者の要求と要望をすべて健常者と社会が受け入れるべき
なのである、現在のような差別発言や、差別発言を行う
者への援護の書き込みは厳に慎まれたい

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 06:35
>>117
指6本正常に機能してたらなんかスポーツとかで役に立つかもナ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 06:38
六本目の指はなんて呼ぶのだろう。孫指?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 06:45
指6本あったらエンコつめられても一般人にばれないな

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 07:31
こないだ親に「あんたは障害者の可能性が高いって医者に言われたけどそれでも産んだ」
って言われた。今障害はまったく無い。消されてたかもって考えると(笑)
だから出生前診断は慎重にやってほしいね。そのころ(21年前)よりは正確になってるんだろうけどね。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 07:55
気の毒だけど、今後もどのような活動を行っていったところで
障害者への差別は無くならないだろうよ。
こういってはお終いかもしれないが人間なんてそもそも差別するもの。
どんなに強権的な国家で厳罰をもってしても人の深層心理を支配することはできまい。
ましてや恋愛感情という最も深層部分に迫るところではなおさらだろう。
どのような形にしろ結婚相手を選択するというのはその人に与えられた自由なのでは??
どのような不条理な理由でも拘束してはならない。
本人の意思が結婚に傾いているのに周りが差別して引き裂こうとするケースが良くあるが
これと混同してはならない。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 08:09
>>125
生まれてなきゃそんなこと考えることも
ないんだから安心しな。

128 :マジレスさん:2001/02/04(日) 08:32
中国の一人っ子政策ってまだ続いてんの?
一生懸命人口減らさないと食料不足になるって教えてもらったよ
生産せずに食うだけの奴は駄目だよ

自分が親になったら>>121みたく生きて欲しくないから
なかったことにしてもらう。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 09:41
同性愛は正常な人に比べ、脳の構造に異常が有るらしい
が、障害者の範疇に入る。
産まれ付きの視力障害「弱視、色覚異常」などは、障害
に分類されるので、比較的に身近に感じる障害者だ。
最も一般的な障害と言えば、やはり出産事障害かもしれない。
これは、難産の時に起こり易い障害で、出産が長引くと脳が、
特に酸欠に弱い左脳が、一部の細胞を失う事がある。
その為、他の子供に比べ僅かながら知的能力が低く
左利きになる事が多いが、利き手は矯正する事が出来るし、
知能も周囲の人が気かない程度なので、本人も障害という認識がないが、
生まれた直後に後頭部を見ると、左側が少し凹んでいるように見える
ので直に分かる。
統計調査が有る訳ではないが、そういう子供は百人に数人はいる。


130 :名無しさん@なんか喰わせろ!:2001/02/04(日) 10:31
>>121
マジか?マジなら、気の毒だとはおもうよ...........
でもよ、どの程度の障害があられるのか分からないけどよ、
とりあえず、福祉や親兄弟なんかの助けを借りられて、
生きていられるんだろ?最近は五体満足でも、生き残るのに
必死なやつ、けっこういるんだぜ!うちの会社のやつも、
一昨日、借金を苦にして、車に排ガス引き込んで、かみさんと、
娘二人残して、ぽっくりさ、本人は自業自得だけどよ!
残されたもんは、生き残る為にこれから必死にならなくちゃよ
世間は、誰も助けちゃくれねーもんな!これから葬式だけどよ、
俺たちも、なんにもしてやれやしない。




131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 12:00
障害者を遺伝子レベルや産まれる瞬間までのものと、
事故とか病気のものを分けて考えるべきだと思います。

事故とか病気で障害を受ける可能性は誰にでもあるので、
それに対して社会的支援をするのは必要だが、

現在の技術で先天的障害児を少なくすることが
出来るのであれば、それを邪魔することこそ悪いことでは
ないでしょうか?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 12:03
誰かまともに相手してやれよ..
>>121
質問
「障碍を理由にしてはならない」のは、
無条件に受け入れなければならないの?
内心の自由すら奪う人権侵害では?建て前でいいの?

自分が失恋しまくる理由は障碍のせいなのですか?
他に責任を負わせようとし、「私の偽りない愛の告白」
が受け入れられるべきという偏狭かつ高慢な態度では?
あんたの相手を理解しない姿勢が丸見えですよ。
変えようとしないならあきらめな。
障害者の会合で愚痴を言って生涯を過ごしてね。

魅力的なヒトは健常のボランティアの女子とちゃんと
結婚してますぜ。

133 :名無しさん23:2001/02/04(日) 12:20
若く結婚する○ンキー達は
とっても魅力的なヒトと言う事だな(藁

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 12:22
単純に考えて、先天的障害児が少ないほうが
納税者の負担は減るだろうね。国の負担も。
しかしなあ、障害者の友達いるんだけど、親の一存で
こいつ生まれなかったかもと思うと、やりきれない思いはあるね。

我儘いう奴の場合、我儘に育てられたか放任されて
ボランティアの間で甘く育てられた問題児が多いな。
結果高慢になり、障害者問題を声高に叫べば
ボランティアが聞いてくれるので、自分の性格を省みることも
しぬまでない。
当然下手な健常者よりはるかに気配りのできる、会ってきて
気持ちのよいヒトもいるけど、我儘な奴があまりに低劣なので、
そっちのほうが目立ってしまう。


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 12:23
単純に考えて、先天的障害児が少ないほうが
納税者の負担は減るだろうね。国の負担も。
しかしなあ、障害者の友達いるんだけど、親の一存で
こいつ生まれなかったかもと思うと、やりきれない思いはあるね。

我儘いう奴の場合、我儘に育てられたか放任されて
ボランティアの間で甘く育てられた問題児が多いな。
結果高慢になり、障害者問題を声高に叫べば
ボランティアが聞いてくれるので、自分の性格を省みることも
しぬまでない。
当然下手な健常者よりはるかに気配りのできる、会ってきて
気持ちのよいヒトもいるけど、我儘な奴があまりに低劣なので、
そっちのほうが目立ってしまう。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 14:49
痔眠党が福祉亡国論っての出してたな昔・・・。

137 :tuukayou:2001/02/04(日) 15:19
小生も40代にして、いまだに独身なのは障碍のせいではなく
>障碍を差別視する世の中の風潮や、世の中の女性の悪しき思想の
>せいであることは言うまでもなく、今まで何人もの女性に
>自分の偽りのない愛を告白して来たが、みな障碍を理由に
>断わられてきたという、あからさまな差別を受けてきたのである。



138 :137:2001/02/04(日) 15:33
>>121
ごめん、↑の続きだけど…。
障害のせいではなく性格のせいの間違いじゃないか?
大体「健常者は暴君」って言ってるのに何で健常女に告白すんの?
心の底に「差別者の一員であるお前が俺に奉仕するのは当然の義務!」
って考えがあるのが見えたから女も逃げたんだろうがよ。
相手が障害持ってる人だったら今書いた事については撤回するけど、
その場合でも女は「自分も障害持って生きてくだけで大変なのに、
こんな人の人生まで背負ってられない」って思ったのかもよ。

差別撤廃活動系でもいい女と結婚してる障害者は山ほどいるぞ。
そいつらとの違いを考えてみなよ。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 15:57
乙武君がバーバル上げ選手になれないのは差別です!
レイチャールズも差別のせいでF1レーサーへの道を絶たれました!!
大江君も物理学者を目指してましたが差別のせいでピアノ弾きやってます!!!
そして何より重要なのは
全ての健常メス豚はオレにマムコを開放しろゴルァ!!!!!

ということか、121の主張は?
つか煽りかマジか実は身体障害じゃなくて人格障害の人なのか…。

140 :マジレスさん:2001/02/04(日) 16:23
健常同士だって告ってもふられる時あるさ・・・
しかし暴君扱いはしねーだろ

121は健常でもふられるよ

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 19:25
age

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 20:10
俺は昔パチンコ店でバイトしてたころの話。
毎日必ず来る常連のおばちゃんで、何がしかの障害を持っていて
役場からお金を給付されて生活している人がいた。
そしていつも出したときは店員が計数機まで玉を運んであげるんだけど
そのときは他のお客さんにかかっていてかまってあげられなかった。
するとそのおばちゃんは6000発はあろうかという箱を
自分で持ち上げて運んでいった。
おいおいどこが障害者なんだよ。
普通の女の人だってそんなの運ぶのは無理だってば。
でもこういう障害者って多くないかい??
本当は我慢したら働けるのになまじ金をくれてやるからいけないんだよ。
もちろんほんとにあげないといけない人もいるんだろうけど。

143 :無印さん:2001/02/04(日) 21:38
オヴァカオとは?

http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=981287850  

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 22:49
日本でも受精卵遺伝子診断ってやってるんですね。

http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/science/Medical/199905/25-1.html

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 01:35
障害もってる人やら、その団体やらが必死に非難するのも
気持ちは判るよ。 存在を否定されるように感じるだろうし。
けど、私なら、生む前に判ったらやっぱり中絶すると思う。
障害者を蔑むつもりはないけど、これから生まれる子には
みんなと同じスタートを切らせてあげたいじゃん。

後天的に障害者となった人には、がんばって欲しいと思うし、
出来ることはさせてもらいたいです。

146 :名無しさん@ドッペルゲンガー:2001/02/05(月) 01:47
も、もしかして2ちゃんねるに書き込んでるという時点で実はみんな
人格障害者なのでは?(って俺もだけど)

147 :名無しさん:2001/02/05(月) 02:00
先天性の人格障害者なんているの?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 02:05
ドキュソが若さにまかせて作るガキ、それが日本の新生児たち。
健康かもしれないが、確実に頭は悪い。

つまり、成熟社会における妊娠・出産は、
それだけですでに、人類の退化を意味しているのだ。

そこにもってきて、出生後に障害に気付いたぁ??? 殺すでしょ。普通。



149 :名無しさん@電話にはでんわ:2001/02/05(月) 03:05
>>121
コピペウザイ

もうちょっと他の板まわって見ようぜ。
ネタにマジレスが一番イタイ

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 03:31
>149
メアドのhageって将棋板のあれか?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 03:36
10年以上前に千葉で一家を皆殺しにした事件の犯人が
染色体に異常があったと、以前本で読んだことがあったのだが、
どうしても、その本が思い出せない。

たしかその本か章の名前が「人、我をキラーと呼ぶ」
と、おもったが、、、

だれか知らない?

152 ::2001/02/05(月) 04:14
http://www.bbspink.com/test/read.cgi?bbs=eroparo&key=981148734&ls=50

153 :優生学:2001/02/05(月) 06:52
>145
全面的に同意

154 :名無しでGO!:2001/02/05(月) 08:02
>1・37

事実です。うちの母親が昔、病院で働いていた経験があって
教えてくれた。




155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 19:07
なあんだ、コピペ。熱くなって損した。



156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 19:52
関係ないけどレミングの話は一種の都市伝説だからね。オネーチャン相手に語るなら
いいけどマジになって考えるのは痛いよ。

157 :          :2001/02/05(月) 20:26
ほんとに、145さんの言うとおりだと思うよ。
障害者全般を「ジャマだ」「パフォーマンスが悪い」なんて差別するのは間違いだ。
それは単なる健常者のエゴ、最も醜い排除思想だろう。
このスレで問題にしてるのは、先天的に障害を持った赤ん坊をどうするかってこと。
後天的に障害を負ってしまった人には社会がそれなりの配慮をもって対処するのが
当然だ。たとえば戦争で国のために闘って車椅子生活になった人に対して、面と向
かって「あんたは社会の迷惑なんだよ」と言えるか? 言えないよな。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 23:14
先天性に限っての話になるけど。
俺は人間の心から差別する醜い心を取り除くことは決してできないと思う。
だから差別は結果であって、根本原因は障害者として生まれてきたことにある。
現状は人権保護の名のもとに彼らを放置しているだけに過ぎない。
只生きるというだけに常人の何倍もの苦労をし、差別や能力により
まともな職につくこともできない・・・それが出生直後にわかっていながら
人権保護の見地から死産にしてしまうこともできない。
かといって高度な遺伝子治療はこれまた人権保護の見地から
禁断の学問だとかいって進まない。
人権保護団体って、結局何がしたいんだ。差別を無くしたいんなら
根本原因である障害者の身体を何とか直すことを考えろ。
今のままじゃあ障害者は垂れ流し状態だよ。
障害者が回復していなくなれば障害者差別は無くなる。
人権保護団体こそ、差別のもとを作っているとしか言い様が無い。

159 :優生学:2001/02/05(月) 23:30
>158
全面的に100%同意。
障害を持ってしまった人を救うのは治療法の開発だが。
自称倫理派の暗躍が十分な研究開発を妨げている。
障害者に対して最大の危害を加えているのは、自称倫理派だね。
今必要なのは生命操作の研究に十分な予算を投入し倫理的制約を
全面的に廃止した研究体制を立ち上げる事だ。

160 :誤痴鋭:2001/02/05(月) 23:50
 人権とかじゃなくても生かしといてやれよ。捨て猫だって拾って
餌やったりするのが人間なんだから。

 まあ、食うに困ったらその猫を食っちゃうのも人間なんだけどさ。

161 :37@通りすがり:2001/02/05(月) 23:56
大脳が正常な形をなしていないような(無脳児も含む)奇形でも、
脳幹が正常なら、自力で呼吸や心拍は可能です。
少なくともBJに出ていたような、臍帯切断したらカクって死ぬことは有りません。

あと男女の区別がつかない場合ありますが、
医学的に決める法則があって、それに則りますので>>87のような事はありません。
これは染色体の如何によりませんので、
社会上(戸籍上)の男女と生物学的(染色体上)の男女は一致しなくてもいいのです。
仮に別の性別が良いと医学的に証明されれば、戸籍の性別と名前は変更可能です。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 00:05
人は他人の不幸を見て幸せを実感する悲しい生き物です。
同情=優越感です。
「ああかわいそう」の心の中は「自分じゃなくて良かった」です。


163 :日本の障害者教育:2001/02/06(火) 00:21
今日、運動会がありました。
障害児の子供が動けない身体で一生懸命走ってました。
とってもかわいそうでした。
気持ち悪いとか、変だとか言って笑っている人がいたけど
そんなことをしたらかわいそうです。
みんな差別をしたらいけないのになと腹が立ちました。

164 :優生学:2001/02/06(火) 00:55
>163
だからこそ、治療法の研究が重要。
倫理の名の基に足を引っ張るのは
障害者にとって最大の不利益。

165 :誤痴鋭:2001/02/06(火) 01:15
     >>161
 戸籍法とかの法律上の問題じゃなくて、将来性別確定手術のようなものを
受けた後で名前が変わったりする不便のことを指してるんじゃないの?

 ソースを忘れたのでなんとも言えんのですが。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 01:57
>164
治療法にはむしろ正常な人間の研究が有益だね、ていうか仮に
人体実験が可能になっても論文はいっぱい出るだろうけど新しい発見
は乏しいと思うよ。人間は実験動物としては扱いにくいから。
ツーかこんな風に考える俺みたいな人間ばかりだと歯止めがなくてやばいから、
その手の生命倫理派がいるんだろ。あと人権と生命倫理ぐらい分けて論じろよな。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 08:56
>>165
ほとんどは外性器の形状でどちらの性に向いているかを、出生後に決定してしますが、
染色体を確認したとしても100%生後1カ月以内にケリがつくので、
将来の外性器形成術後に性別変更ということはありえません。
仮に大人になって染色体上は別性と解ってでも、これまでの社会上の性別でかまいません。
しかも医師があなたは本当は男性(女性)ですって告知することはありません。
自我で別姓に目覚めたならばそれは、違う精神の病気です。

168 :名無しさん:2001/02/06(火) 19:54
日本でも昔はヒルコを神に近い存在として崇めてた所があるそうだね。
日本神話の奴とは別で。


169 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 20:04
>今まで何人もの女性に
>自分の偽りのない愛を告白して来たが、みな障碍を理由に
>断わられてきたという、あからさまな差別を受けてきたのである

これはイタイな
心が歪んでしまってる
文章が書けてるから知能の問題じゃないな。
こいつはNETで発言しないほうがいい、
子供が誤解する。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 20:25
121がコピペって事で終結したのか?
コピペにしては、ここの話題とマッチしすぎてるし、
そんなコピペどこから運んでくるんだ?
まぁネタの可能性は残ってるけど。

よく差別は良くないって書き込みを見るが、差別と差別を考える事を
混同してないか?
2chは匿名だからこそ、差別を含んだ上での建前で終わらない
濃密な議論が出来るんじゃないだろうか。
差別は良くないからって口を閉ざすから、物事がきれい事レベルで停滞
するんじゃないか?


171 :横チンの名無しさん :2001/02/06(火) 20:27
>169ネタだネタ。ほんとにこんな基地害がいるわけ無いだろ。
でも、ティムポは優良健康児なみ。おっとネタだっけ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 20:40
障害を差別するのは本能に組み込まれた
種族保存システムなんだからしょうがないよ。


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 20:50
>>171

実在するよ。オリジナルはここと思われる ↓

http://www2.neocity.to/treebbs/view.cgi?board=082/ma_ryo2&root=304&target=304&mode=tree&page=1

信雄くんに乾杯!!

174 :横チンの名無しさん:2001/02/06(火) 21:30
じゃあ俺の間違い。
正解者は170か。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/02/06(火) 21:40
>173
良く見つけたな。しかしいたんでるね。
それにそこのHPの人たちって冷たいよね。
2ちゃんのみんなは間違いは間違いって優しく教えてくれるのに。

176 :170:2001/02/06(火) 21:41
>173
信雄くん実在しましたか(藁
実際の信雄くん、121よりパワフルで
さらに一匹変なのが混じってる(藁

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 22:03
>176
おいおい、削除要求(依頼ではないところがポイント)出されるぞ!!

178 :優生学:2001/02/06(火) 23:56
>176
せっかくの討論だ
削除されたら面白く無い。

179 :177:2001/02/07(水) 00:03
>178
173のリンクに行ってみてちょ

180 :名無しさん@1周年:2001/02/07(水) 00:29
これは一番対処しやすい理解の方法は、
彼、信夫氏はそういう宗教感を持っているっていうことだと思う。

しかしたいしたもんだな、理路整然とああいう思想を持ってたら、
それは生き難いし、女の子もその表情とか言葉尻でこしが引けるだろう。
わからんのかな?
いやわかりたくないんだろうな、
なまじっか頭が働くだけにプライドがあるからな。
でも女に関しては障害者差別にからめなくても説明できるな。
しかし同じ男として、わからんでもない、
性欲の衝動は若いときにはつらいからな、
もういい年になってバイアグラとか使うからなおさらそう思う。
生老病死、お釈迦さんがそういってからそうとう経つのにね。

181 :DNあ:2001/02/07(水) 00:47
モディファイ可能になったらそんなのもう関係無いよ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/02/07(水) 03:45
>>1
知的じゃなくて脳性麻痺のケースだけど・・
早産、仮死状態で産まれた赤ん坊を、赤ん坊の祖母(産んだ母親の実母)
が「死んだことにして下さい」といって始末した・・という話を雑誌で
読みました。
お医者さんは「助かるけど、障害が残る可能性が大」と言っていたそうで
す。その赤ん坊・・何故かその病院の冷蔵庫に入れられていたとか・・
(某実話系四コマ漫画に載っていたから知っている人多いかも)

過去レスにあった>>69さんのカキコは・・イギリスです。NHKでも
やってました。障害者の人達がめちゃショックを受けていたそうです。
でも、出生前診断を反対している障害者団体って日本だけだって。
海外でそれを反対している人達は障害者団体ではなくて中絶反対派
なんだってさ。
海外の障害者団体の人達は出生前診断に対しては「個々の感情には立ち入る
べきではない」とのスタンスを取っているんだって。
出生前診断を反対する人達って、結局は自分の仲間を増やしたいだけか??
それで産まれてきた子どもに「それがあなたなのよ」といっても当の子どもは
納得するのか???
遺伝病とか障害を防ぐことはいけないことなのか???

183 :名無しさん:2001/02/07(水) 03:49
>>183
>出生前診断を反対している障害者団体って日本だけだって。

って本当なの?なんか、うそっぽい。
ソースだして。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 03:51
>>182です。ごめんなさい、>>69さん。レスは>>56さんのでした。
でも>>69さんのカキコもレスが・・
イギリスでは出生前診断に関してはかなりメンタル的なケアも行き届いて
います。産む場合と産まない場合どちらとも。(一応ダウン症でも
産む人はいるらしい・・)

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 03:56
>>183さん、ごめん、言葉足らずでした。
海外でも欧米やヨーロッパで反対している障害者団体はいない・・
というかごく少数だそうです。
NHK出版から出ている「出生前診断」という本に詳細が出てます。
(タイトル間違えていたらご免ね。でもそういう本は出てるよん)

186 :名無しさん:2001/02/07(水) 08:19
出生前診断については・・・・・
反対している障害者団体と、賛成している障害者団体が存在。
数年前、NHK で特集されていましたね。
ちなみに
賛成している障害者団体のトップの1人は、我が子がダウン症の小児科医だった。

一般の家庭では、悲しいかな、負担である事は事実だ。


187 :名無しさん@1周年:2001/02/07(水) 09:12
知的障害の優生ちゃんがいる。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 11:00
>186
本当に大変なんですよ。ダウン症の子供そだてることは。
私の住むところは施設のそばだからいっぱいいるんだけど。
がんばって育てている人もいるけど育てきれない人もいて面会に
こない親もいるよ。だから、できない人に強いちゃいけないと思う。
マジレスになるが妊娠のごく初期には親のほうに選択権があってもいいと思う
出生前診断でわかっていても産む人がいるわけだから
そしてもし生まれてきてもある程度社会でも助けてあげたほうがいいと思う
障害や病気は自分もいつなるかわからないから。そしてそのくらいの余裕がある社会に
なってほしいなぁ。(あぁ、2ちゃんでこんなことかくと逝ってよしかなぁ。スマソ)


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 11:02
>>188
わかるわかる。あんたの書いてる事は正論。大丈夫。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 11:22
わたしはここで話題になった、指6本の障害を持っているものです。
といっても足の小指なんで、気づかない人もいるけど。
本数は5本で6本目が5本目とくっついているんです。爪が二つに割れていて、
骨は6本、ブットイ小指と言う感じです。ちなみに右足だけ。

これといった苦労は無かったけれど、自分が出産した時は真っ先に子供の
指の数を数えてしまったよ。すべて5本揃っていたから安心した。
でも、生まれてすぐに手術はあのころ(30年位前)なかったみたいだなぁ。
足だから目立たなくてやらなかっただけかな?

でも、マリリン・モンローもそうだったんだよね。
あの人は大人になってから手術したから、写真にはちゃんとそういう小指が
写っているのもあるよ。


191 :>188:2001/02/07(水) 11:23
まさしく大正論ですね。

よく、呆けた親の介護について、日頃何もやらない親戚に限って、
あーだのこーだの文句言うケースと似てると思う。

何だかんだ言っても、身障者に対して国の保護って不十分だと思うよ。
本当に障害者に温かい国だったら、身障者はもっと表に出ているだろうから。

192 :あばれはっちゃく:2001/02/07(水) 11:34
僕の知人の子供が、ダウン症です。こういう子も
障害児なんですか?ダウン症ってよくわからないから・・・

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 11:39
>>192
程度の差はあるかもしれないけど、この間大学入った女の子いたよね
あ、卒業したのかな?よく覚えていないけど。
外国の絵本なんかの翻訳もやっていて
ダウン症児は自分でダウン症という自覚が無いから、その子もずっと自分は
何の障害もない子だと思っていたそうです

長生きは難しいそうです

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 11:41
あ、一応染色体異常と言う事で障害児にはなります

195 :あばれはっちゃく:2001/02/07(水) 11:47
うまく育てば普通に生きていけるわけですね?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 11:50
どうでもいいことかもしれないけど、かのブラックジャック
も脳のない畸形児が生まれたときに流産だったといってこっ
そり始末しています。

197 :188:2001/02/07(水) 11:56
>192さま
心臓やほかの内臓にも病気を持ってることが多いです。
あと、免疫機能が弱いかもしれないなぁ。近所の子はよく入院してます。
風邪をこじらせたりして。
30歳までいきたら長生きらしいです。でも、みんな気持ちのいいやさしい子
ばかりなんです。ただ、健康管理とか食事とかたいへんそうですね。
>193
私もたけしのテレビでみました。あの方すごいですね。

>194さま
そういう扱いで障害児なんですね。これは知らなかった。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 14:45
>>185です。
>>186さんどうもすみませんでした。賛成している団体の方は初耳でした。
NHKの方は10年程前にBSでもそういう番組がやってました。
その頃はまだ受精卵診断が始まる前の頃かな?
同じくBSのイギリスBBCニュースでも出生前診断の特集がありました。


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 17:36
ダウン症は染色体の21番目が、普通の人間とは少し
違っているので、障害者というよりある意味、「ヒト」
とは異なる種の生物だと思う。

200 :名無しさん23:2001/02/07(水) 19:12
ちょっと前に有ったよな?家族の負担になるダウンの子供を実の兄貴が
殺したって奴・・・・
なんでも、ご両親が体が弱くて兄貴が一身に背負ってたらしいけど
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
居た堪れないな。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 19:25
海外のダウン症も皆同じ顔してるよね

202 :名無しさん:2001/02/07(水) 21:09
>>197
確かに。うちの近所にも居るんだが
もの凄く礼儀正しい良い人だ。<ダウン症の人

203 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/07(水) 21:40
>>196
ブラックジャックが始末したんだっけ?

204 :名無しくん:2001/02/07(水) 22:26
大分前、スカパーとかにあるディスカバリーチャンネルっていう局で
いわゆるシャム双生児達の特集をしてました。
1つの体に頭がふたつのおんなの子
頭の部分が額のあたりでくっついている双児等
日本ではほとんどテレビにでないであろう人たち
日本ではこういう子たちって闇で始末されてるのかな?

205 :優生学:2001/02/07(水) 23:39
>204
その可能性は高い

206 :名無しさん23:2001/02/08(木) 00:41
前、夜中にやってる番組でお産婆さんの事特集してたんだけど
戦後間もない頃は栄養状態とか悪くて結構、障害のある子が誕生して
でも、苦しい時代だからお婆さん泣く泣く水に浸した和紙を口に
あてがうんだって・・・・
お婆さん今でも供養を欠かさないんだって。

207 :ピック:2001/02/08(木) 12:14
ちゃっちゃとやって出生届をださなけりゃいいんじゃないの?

208 :>204:2001/02/08(木) 13:17
昔、ベトナムのベト君ドク君が来日した頃ぐらいかな?
日本でも(ハッキリ言うぞ)奇形児が、ある農村で多発していたという報告が、
産婦人科学会で発表されたらしい。
妊娠中での、農薬の空中散布が原因ではないか、と結論されたらしい。

日本では奇形児が生まれると、産婆や医師が始末する場合が多いらしいが、
医療行為を施しても死に至るケースが殆どらしい。

ベト君ドク君でも「あの身体で生きられたのが奇跡」と放送されていた。
今は分離されてるね、彼等・・・・・

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/09(金) 05:31
AVぎゃるの桜真琴ちゃんは障害者です。
内臓が左右逆になっていて、子供のころから激しい
運動は禁止させられているので、撮影の時は大変だそうです。
http://shibuya.cool.ne.jp/qapca/sa-makoto/index.htm


210 :マジレスさん:2001/02/09(金) 12:53
>209
ちょっと前にトゥナイト2でやってたヤツ?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/09(金) 16:50
>>209
障害者は、社会に役立たないと言ってる奴はこれ見て
反省せよ!!
(;´Д`)ハアハア




212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 01:38
>>209
知らなかった そんな障害者もいたのか、、、



213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 01:52
>>212
右心臓とか聞いたことない?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 01:59
>障碍

これってなんて読むの?
「障害」じゃだめなわけ?

215 :誤痴鋭:2001/02/10(土) 03:20
     >>214
 障害の正字です。漢字制限で碍という字が使えなくなったから
「害」に置き換わった。「輿論」や「邀撃」と同じようなもの。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 03:45
>>215
えぇ、そうだったんだ〜
てっきり「害」に字には公害とか被害とかあんまり良い意味で
使われてないから当て字で「碍」使ってるんだと思ってたよ〜
勉強になりました。

217 :いつでもどこでも名無しさん:2001/02/10(土) 03:48
みつくちも処分されますか?

218 :無党派さん:2001/02/10(土) 05:08
簡単な手術で直ります。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 06:50
 レスにもあったけど障害児っていうのは割と多くて、けど昔は自然流産したり
或いは生まれてもすぐ逝っちゃたりしていた。

ところが最近は医学の発達でそういうのが生き残る確率が増えちゃった。

別の事では交通事故なんかでも普通なら助からない様なケ−スでも
後にどんな傷害が残ろうと命だけは助かる様になった。

こう言っちゃなんだけど、容赦の無い生存競争の中で生きてる野生動物の方が
強い種を残すという点では正しいな、なんて思うときがある。

障害者の皆さん、これ読んでたらごめんね。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 08:43
>219
同感だ。問題は今の日本ではこれをおおっぴらに言えないのが
問題だと思うよ。
人間の科学技術などまだ大したものじゃないよ。
まだ地球に寄生しているにすぎない。そんな状況で自然に逆らう行為
をする事にどんな値打ちがあるというのか・・・
いずれ、その事で強烈なしっぺ返し食らうに違いないと思うよ。

221 :マジレスさん:2001/02/10(土) 09:11
俺はもうすぐ結婚する。いずれ子供も生まれるだろう
子供が生まれた時に障害を持った子供だったら育てられるだろうか
はっきし言って自信が無いな 合法で逝けるなら 俺は逝かすがろうな
彼女に何も云わずに・・・・・・

222 :名無しさん23:2001/02/10(土) 09:53
「障害も個性」と言う考え方は出来ないでしょうか。
個性を尊重したいという考えを実現するため、
車いすとか義足だとかが発明されたと思います。
先天的障害児の場合には、自活出来るように訓練する期間が
充分にある訳だし。
綺麗事言ってごめんね。

223 :マジレス:2001/02/10(土) 10:26
親ではなくて医者が殺す。
生まれた赤ん坊が奇形だったりすると すぐその場で殺して親には流産と告げます、
これ大昔から日本の常識で日常的に産婦人科で行われています、想像以上に数は多いらしい。
普通の人はこんな話し聞いたことが無いだろう。

224 :名無し:2001/02/10(土) 11:56
>>223
ちょっと昔の話のようなきがしますねぇ。
今はエコーやドップラーなんかでかなり診断できます。
ひどい障害の子とわかっていても「産むのやめたほうがいいです。」
とはいえないようですね。でもって、呼吸だけはするが..。
という赤ちゃんを置いてる新生児ICUもたくさんありますよ。
命ってなんでしょうね。>>219 >>220 さんの意見にとっても共感できます。
障害が個性というのもそのとおりです。でも、家庭によっては育てられる人とそうでない人も
いるでしょ。ほんとそこのところむずかしい。私はもし、自分の子供が先天性の重い障害と
わかったら産めるかどうかわからない。ちなみに私の親戚で妊娠中に風疹にかかり
速攻で中絶してました。(風疹の場合合法ですから)なんか、かなしかったなぁ。




225 :名無しさんお腹おっぱい:2001/02/10(土) 12:15
俺の彼女に子の板のことを話したら、絶対に無理だ、と始末派だった。
理由はやはり育てる自信がないから。生半可な人権論は周りの人間を不幸にします。
決して今生きてる障害者を殺せといってるんじゃない。
>>219の言っているように生存競争は厳しく今のような国家財政の状態では
今後は税は重くなり福祉は減額される方向にならざるを得ないのではないだろうか。
俺たち健常者もこれ以上税金を増やされたら生活ができんしな。
その中で、本人は仕事できない、介護するものも束縛されるし満足に仕事できない
というでは一家心中の道を歩むしかないような気がする。
そうならないためには出生時に何とか見切りをつける方法しかない。
できるんなら治療でどのような障害でも直ったらこれらの議論はすべて解決するんだけど。

俺の部下のおばちゃんで中学生の障害児を抱えている人がいる。
その子は頭はかなり賢いが自分では歩くことはできず
また体が弱いためにしょっちゅう100キロ以上はなれた病院に行かなくてはならない。
某県S郡T町にすんでいるが、T町から給付されるお金は月額5万円のみ。
旦那はリストラされた。俺のとこの給料は手取り13万円くらい。これはきつい。
でも、このおばちゃんは子供のことをとても愛しているらしく、殺したりは絶対しにないだろうな。
何とか、どんな障害でも直るようにならんかのう。それができないなら
無意味な延命措置はやめてけれ。周りのみんなが不幸になる。

226 :ぺにー:2001/02/10(土) 12:40
難しいわよね。
私も障害児(スイトウショウ)で産まれるところだったって母に言われた。
母は身体障害者なんだけど。
子供を産める最後だと思ってお医者さんが中絶をすすめるのを断ったって。
結局健常者として産まれてくることが出来たけれど。
父母の悩み葛藤たるや想像を絶するものがあったと思う。
私が生まれた直後に母が父に発した言葉は「ちゃんと指5本ある?」だったそうだ。

私にその決断が出来るかといわれると難しい。
おかしな言い方だけど障害者は健常者が持っていない強さを身に付けて生きてきたから
そういう立場になったときにも障害者が産まれて来るかも知れないけれど
それでも育てるという決断が出来たんだと思う。

結論が出ない板だと思うけれど、考えさせられるよね。

227 :マジレスさん:2001/02/10(土) 12:52
産むか産まないか
育てられるか育てられないか
本人だってかなりの葛藤あって決めるんだから、
人権っ!とか言って
周りがトヤカク言うのはおかしいと思うな。

自然淘汰に逆行するんだから
それなりの覚悟がいるんだろうし。

>>226さんの両親はすばらしい
けど 226さんの両親みたく決心できない人だっているんだから
人権派団体は活動控えて欲しいよ。


228 :誤痴鋭:2001/02/10(土) 13:34
>「障害も個性」と言う考え方は出来ないでしょうか。
 できません。
 障害が個性なら、義足や義手などで健常者に近づけるという発想は
個性への圧殺ということになります。
 つぅか、学校の「個性教育」は叫んでも、そこで片輪を作れと
言う人はいませんし。

229 :mm:2001/02/10(土) 14:41
mm

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 14:45
たく、障害の種類も人権派の定義もみんなあいまいにして話してんだから
マターリいけよ。ばか誤痴

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 16:11
>>226さんの両親は凄いね。でも世の中には「私達の子どもだから」といって
障害を承知で産む人ばかりじゃないのも事実。
でも自称人権団体はそういう人達を「氷のような冷たい人」と叩く。
出生前診断を受けるだけでも叩く。もう沢山だよ。既出ですまんが。

232 :誤痴鋭:2001/02/10(土) 17:11
     >>230
 >>222の自家撞着をつっこんでんだよ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 01:56
全国の家庭で、母子無理心中が一番多いのは子供が六歳になったとき
らしい。
子供が六歳になると、市役所、教育委員会などから特殊学校に通うように
強く勧められ、他の子供とは違う将来に絶望してしまう。
障害児も、他の子供と同じ環境で育てるべきだなのだが、学校の教師が
余計なトラブルの原因になると、障害児を避けているのだ。
障害児を持つ夫婦は離婚率も高く、母親の負担が大きくなり
障害児に手を取られ、自分の時間が持てなくなる上に、
新しく子供を作る余裕もない。
出生前診断で障害を避けることを、誰が責められるというのか?


234 :>233:2001/02/11(日) 02:39
>障害児も、他の子供と同じ環境で育てるべきだなのだが
コレはあなたの意見?だったら他人の迷惑ってことも考えてね。

235 :あーん:2001/02/11(日) 02:45
障害者には援助が出て、障害者並みの醜悪な容姿の人間には、
罵声が浴びせられる。ああ、無常。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 02:49
>障害は個性
この言葉がどうも引っかかるのは私だけでしょうか?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 02:51
>209
聖帝サウザー!!!!

238 :ダウソキラーズ:2001/02/11(日) 02:56
>>236
普通の感覚ではひっかかってとうぜんです。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 03:38
>235
ワラタ(笑

一部の一神教の信者のたわごとを気にしてはいけないが、
出生前診断を行って、これから先の無駄な出費を抑えるのは大切。
ただ、それは障害の程度にも夜と思う。
基本的に、一人暮らしで自活できないと予想されれば、
親としても将来を危惧するので、堕胎もやむを得ないかもしれない。

反対とのたまうやつは、自分の生活資金をなげうって、
彼らを支援してやれ。家族の苦しみなどわからんだろうから、
そうやって少しでも痛みを分かち合え。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 03:41
>>209
そりゃ経絡秘腔

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 03:44
>>240>>237の間違い



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 03:55
>>239こういう意見には賛同するが、>>234こういうのは俺はだめ。
たとえアマちゃんといわれようとも。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 04:29
>>障害は個性
>この言葉がどうも引っかかるのは私だけでしょうか?

こういうのは20世紀前半のヨーロッパでの極端な優生保護的な思想に
対する反動で第二次大戦後に出てきたもの(だと思う)。
問題が問題なのであからさまに批判する人は少ないが、まじめ相手に
している人は多くはないのであまり気にしなくてもよろしい。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/11(日) 05:17
    

245 :名無しさん23:2001/02/11(日) 05:23
しかし、障害児童の絶命云々あるが・・・・実際その立場にならんと
実感が沸かないね。
自分たちの愛の結晶なんだからなるべく育てて上げたいとは思うけど

しかし、親の方が確実に早くこの世を去る
残された子供はどうなるのだろう?

それを、思うと鬱になる

246 :>245:2001/02/11(日) 12:42
結局、そこだと思う。
死んでも死にきれない親の状況と心情なんだよね。

国・世間が、障害児の最期までを、
障害児が満足できるまで面倒を見てくれないのは事実。

247 :優生学:2001/02/11(日) 23:32
>246
その通り。
更に、付け加える事として、人権団体が出生前診断や受精卵診断の実行に
圧力を加える事はいつもの事だが。
各種の診断が妨害された所為で、障害児が産まれても。
人権団体は一切責任は取らない、養育費を全額負担したなんて話は聞いた事もない。
一部団体は、出生前診断に賛成をする人物を「人間のクズ」と見なしてるけど。
いったいどっちが「人間のクズ」なのかな?

248 ::2001/02/11(日) 23:43
まあどっちも強制はいけないね。
強制に責任なし。だね。

249 :ダウソキラーズ:2001/02/11(日) 23:44
ダウソ・片輪は百害あって一利なし!

250 :どんなに遠く:2001/02/12(月) 02:44
たまごっちでさ、うまく育成できなくてすぐリセットした人たちが妊娠すると・・・


251 :心に情熱の花を!:2001/02/12(月) 02:53
障害児教育や,政策を見てると,日本は絶望的。
それ以前に,今の中高生の愚劣な差別意識。
将来どうなるのだろうか。障害者政策。

それを考えると,中絶したくなる気持ちも分かるが…。
悲しいものがあるな。

252 :名無しさん:2001/02/12(月) 03:24
>250
もうちょっと言うと、学歴ある失敗をしたことがない女が
母親になると大体育児に失敗する。
育児で初めて自分の思い通りにならないことを目の当たり
にする母親は痛い。嫁は学歴で選ぶもんじゃないなあ。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 04:00
>>252
そういうタイプの男も、ギャアギャア泣く、思い通りにならない
子供を虐待したり、無視して父親不在状態になりそうだね。

254 :名無しさん@お:2001/02/12(月) 05:14
スウェーデンなど社会福祉の充実している国で
優生思想にもとづいたっぽい断種が行われていたと
以前話題になりましたが、
高福祉、ということはすなわち、高福祉歳出ということであるからして
最初からその対象を減らそうとするやり方は
国家の収支からいけばあながち間違いではないですわな。
なにがいいたいかというと、福祉がもっと充実していれば産むかも
という意見をよくききますが
福祉がもっと充実してたら意外にさっさと着床前などに
処理されてしまうかもね、とふとおもったということで。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 09:30
まあね、福祉が充実していたら生む、っていうのは
自分で責任負うのは無理だけど他人のゼニで面倒みてもらえるなら
生んじゃうぞ〜、っていうことだからね。

スウェーデンみたいな小さな国(人口800万くらい)だと誰が負担しているのかが
よく見えるから優性思想は当然強くなるね。



256 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/12(月) 09:41
いいじゃん何人死んだって、日米安保がなきゃあ日本は
生きてられないんだから、まあ彼等は日米の人柱になったてことで。



257 :優生学:2001/02/12(月) 23:31
>254
その、着床前診断に反対してる団体が存在する。
その事が重大問題なのですよ。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:12
時々出てくる、車椅子なしでは生活できないのに
健常者と同じ学校に通わせろと権利をわめく人。
誰にも迷惑かけずに通えるんならどうぞご勝手に。
それか、ちゃんとヘルパーを雇ってその人に面倒見て
もらうのなら。
「私は障害者だから、みんな助けてくれて当然!」という
態度で、駅員、学校の先生、生徒が手を貸すのを前提に
そういうことを言い出すヤツにはホントに頭にきます。

259 :優生学:2001/02/13(火) 00:51
>258
生命操作の技術が進めば、彼らも治療を受け健常者と同等の
運動能力を確保出来る可能性があります。
残念な事に「倫理」の壁が研究の足を引っ張っており。
彼らが健康を取り戻す日は遠のくばかりです。
ベルリンの壁も消えた事だし「倫理」の壁も1日も早く消滅して欲しいです

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 01:41
一般人の意見です。医学的意見求む。
昔テレビで精子が一億倍の競争に勝って受精するって言うのを、
みんな感動して聞いていた場面が有った。
要するに、遺伝子に問題の無い精子がようやく受精して、
ようやく人類が種としての水準を保っていたのだと思う。
それが、人工授精では、1対1の受精で問題(遺伝子のエラー)が多いだろうし、
精子の数や運動能力が低下しているのも問題だと思う。
さらに、女性の出産の高齢化は、女性は一つの受精卵が正常でなくてはいけない
と言う点から、問題ではないかと思う。
合ってる?

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/02/13(火) 01:57
>>260
高年齢初産婦が出産した場合、ダウン症やターナー症候群・クラインフェルター症候群
を持って産まれて来る子供が多いと聞いた事があります。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 04:29
ダウン症のデータはどこかのWebで見たことがある。
35歳くらいからかなり発生率が上がるみたいだ。
この話は出産育児系のBBSだと定番じゃないかな。
ただ、かなりはっきりしたデータがあるのに、あまり声高に
言うと叩かれたりするらしい。コワイ

263 :マジレスさん:2001/02/13(火) 04:43
発展途上国で障害児が生まれた場合は、やっぱり殺してしまうの?日本はある程度裕福だからなーー 

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 04:51
>263
だいたいは死んじゃうんじゃない?
乳児死亡率って発展途上国と先進国ですごく差がある。

265 :260です。:2001/02/13(火) 17:16
ダウン症が卵子の遺伝子のダメージに原因が有るのか、
母体の老化に原因が有るのかが知りたいです(両方だと思いますが)。
>>262 に加えて、男の老化もどう影響するのかも知りたい。
例えば、老化で精子数が減るとやっぱり平均的な質が低下する気がする。
# 会社の女性はパソコンの電磁波避けをしている人が多い。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 18:02
>>265
代理母(妊娠出来ない女性の代わりに妊娠だけする)とか卵子由来の不妊症の研究で、
母体のほうはそれこそ閉経後の60代でもホルモン分泌さえ補えば問題なく妊娠出来る
ことがわかってたと思う。
ダウン症候群限定なら卵子の染色体異常だね。
ついでに260のほう、精子の提供するものってほとんど染色体/遺伝子だけなんで、
分裂異常以外の能力は大して影響ないと思うよ。人工受精で精子側の問題が顕在化した
ことはまだないはず。それより先に、母体が妊娠を保てるかとか産褥期を切り抜け
られるかとかの一般的な産科の問題のほうが立つし。


267 :260です。:2001/02/13(火) 19:48
>>266
なんとなく分かりました。39

268 :ななしい:2001/02/13(火) 20:24
この国は感情的な人権論がまかり通ってしまっているので、
それに乗せられている人が大勢いるって事が一番の問題かと思える。

269 :ループしてきてるが:2001/02/13(火) 21:21
人権屋は実際に障害児を育ててる人たちに
みんなに足りるように経済援助をしてみろ。
親の死後その子の面倒をみろといってみても、
知らん振りしてるんだろうなぁ。でもって、感情的な人権論を
振りまいて不幸の種を増やすんだよ。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 22:03
マヒの子をお風呂にいれるのはホントに大変。
やってみりゃわかる。
が、産むこと・育てることに反対も賛成もない。
すべては、親御さんの想像力と覚悟にまかせることしかできないよ。


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 22:45
>>270
だから、責めるな、中傷するな、って言いたいんじゃん。
親が決めたことに対して、他人がどうこう言えないでしょ?
でも、自称良識派とか、人権屋とかがうるさいのが現実。
でも、勝手に障害児を産んでおいて「助けろ」っていうのもな〜

272 :優生学:2001/02/13(火) 23:37
>271
まあ、日本ではほんの近頃まで出生前診断の存在すらタブーだった。
ましてや、イギリスではダウンの出生がほぼゼロになっている事も
一般国民には秘密だったよね。だから障害児を産んでしまった人も
倫理派の被害者じゃないかなあ。
ちなみに、今患者を踏みにじり、社会に害をもたらしているのは
倫理委員会だね、何故着床前診断の実行に倫理委員会の許しが
必要なのか?
本当の事を言えば倫理委員会が患者と良心的な医者を踏みにじる
法的根拠なんか、何処にも無いんだけどね。

273 :マジレスさん:2001/02/14(水) 21:40
私は出生前診断には賛成しているし、
家族が妊娠したなら受けさせるつもりだ。
もし、明らかな障害を持って生まれてくるのなら中絶するのを勧める。
 まあ、障害者たちが不自由なく暮らせる世の中が良い世の中なんだろうな。
炭坑のカナリヤみたいなもんか。

274 :優生学:2001/02/14(水) 23:45
>273
全面的に賛成。


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 23:45
少し前にも紹介されてたけど、こんなふうに人間ひねくれてしまうのかと
思うと出生前診断で障害を持つ子供が少なくなるならば診断をしたほうが
いいと思うが・・・
http://www2.neocity.to/treebbs/view.cgi?board=082/ma_ryo2&root=304&target=304&mode=tree&page=1

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 00:04
このスレってNEWS23にでてきた父親が立てたのか?


277 :優生学:2001/02/15(木) 00:30
>276
それ見てない。
どんな内容だったの?

278 :DokyusoPrince ゚ー~ )/またーり七味練からし:2001/02/15(木) 08:36
309 名前:DokyusoPrince ゚ー~ )/またーり七味練からし投稿日:2001/02/15(木) 07:41
>>307
>しかし 2chはタブーが通用しないから 新しい発見が多いな。
そう?勉強不足なだけじゃないの?
  
そういえば、>>79の数字、違いすぎるんじゃねぇ・・と思って
調べてみました。
因みに、発生頻度について・・母の年齢より
15〜29>1:1500
30〜34>1:800
35〜39>1:270
40〜44>1:100
45歳以上>1:50
なお、再発危険率は1%
蛇足ですが、知能はIQ25〜50、まれに75くらいある。
それから、イギリスのラングドン・ダウン医師の発表より・・。
蒙古症っつうのは死語ね☆

なるほど・・こりゃぁ他人事ではなかろう!こんにゃろ!
それから、うちの学校の講師が、その昔・座敷牢に入れられる知能障害の子供の
悲劇をいろいろと話してくれたことがあります。僕は寝ててよく聞いてませ
んでしたけど・・。現在も座敷牢のある施設は多いですよね。コピぺしとく。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 09:15
優良スレだと思ふ

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 11:47
>>278
すいません、なんの発生頻度なのでしょう?(^-^A
途中からみてるものですから...
おしえてください。


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 12:22
ダウソじゃねーの?

282 :278じゃないけど :2001/02/15(木) 12:25
>>280
ダウソの子供が生まれたら殺したい?
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=982170445

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 17:46
生まれたら、じゃなくて生まれる前に処理したいね。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 18:32
ただ殺すのは、可哀相だから。
たべちゃう。

285 :優生学:2001/02/15(木) 23:38
>278
>勉強不足
って言うより、タブーが原因で知られない事が多すぎるんじゃないの?
自分の行動圏に多くの文献に当たれる大型の図書館でもあれば話は違うけどさ。
今でも、多くの人はTVや新聞だけに情報を頼ってるから。
情報操作されてる事に気が付きにくいと思うよ。

286 :子持ちヴぁヴぁ:2001/02/16(金) 00:02
ダウソに関しては高年齢出産が問題とされてる説が幅きかしてるが
じつはそんなに大差ないということを逝って、出生前診断は特定の
年齢層だけに限定しても意味ないといってる人がいるのを
妊婦雑誌でよんだことがあるなぁ。
社会から排除することばかりでなく生まれてきてしまったら
ある程度みんなで助けてあげるくらいの余裕はないのか
この国にの人たちにも、国の経済にも。
育てる自信がなければ産まなくてもいいよって社会のコンセンサスが
あればいいなとおもうし、生んだ人を「ばっかじゃねぇの〜。」と
いわないでほしいなぁ。

287 :優生学:2001/02/16(金) 00:18
>289
本人が産むのは自由です。
ただ出生前診断の足を引っ張るような行為は遠慮して下さい。

288 :子持ちヴぁヴぁ:2001/02/16(金) 00:25
>287
足引っ張らないよ。
出生前診断は大事だよ。

>育てる自信がなければ産まなくてもいいよって社会のコンセンサスが
>あればいいなとおもうし

これも私の言いたいことだから
自分の子供はみんなふつうなんだけど
周りに障害ある人いるから、育てることできない人に産んだり
育てることを強制しちゃいけないって思うもの。


289 :おにのふぐり:2001/02/16(金) 02:22
ちょっと話ずれるけど・・。障害者の恋愛に関するコピペについてなんだけど・・。
ある障害者の手記の中に、こんなのがありました。

『障害者の施設の仲間の間では、
健常者の彼氏や彼女がいる人間は周りから一目おかれ、
自分より障害の重い彼氏や彼女がいる人間は一段低く見られる・・・』

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 02:28
>ある程度みんなで助けてあげるくらいの余裕はないのか
>この国にの人たちにも、国の経済にも。

ない

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 03:35
>>275
面白れーなこれ。
カーソルを天使が追いかけるじゃん。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 03:44
>>291
サイト自体は凄く充実しているし、その天使がかわいいんだよ〜。
初めて行った時にはびっくりした。BBSもどこぞのHPとは違って
真面目に議論しているし。
>>288
そうそう。人権の名の下に「産む事も、育てる事も、出来ない人」
を罵倒する権利はないんじゃない?罵倒している人達がちゃんと
育ててくれるのなら別だけど。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 03:47
>>275
あの信夫って奴は障害者を騙った荒らしだろ。
実はオレもやったことあるし…

294 :>273:2001/02/17(土) 05:14
>まあ、障害者たちが不自由なく暮らせる世の中が良い世の中なんだろうな。

そんなことは未来永劫一切あり得ない。
所詮、障害者は『不良品』
不良品は交換するか、捨てるしかない。それができないとなれば、倉庫の奥の奥に
隠しておく。
それが現実なのである。


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 12:09
>>294
2ちゃん厨房=心の障害者(藁

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 19:59
生産工程の検査でチェックできるものをわざわざ出荷しちまって社外事故おこさせること
ねーだろ、ちゅうことなんだよ。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 00:58
しょう‐がい【障害・障碍】シヤウ‥
1.さわり。さまたげ。じゃま。「―物」
2.身体器官に何らかのさわりがあって機能を果さないこと。「言語―」
3.障害競走・障害物競走の略。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 01:06
障害者保護・臓器移植・植物人間の延命措置etc
自然の摂理に逆らう、人間の傲慢さだとは思わないかい?
所詮偽善者と政治屋といsy

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 04:22
ヒロヒト出ないね

300 :優生学:2001/02/18(日) 07:53
>288
ごめんね。


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 08:05
高齢出産を問題にするとやっぱり過剰に反応する人たちがいて
(気持はわからんでもないけどね)、いろいろややこしいんだな
ダウソの件は。

302 :子持ちヴぁヴぁ:2001/02/18(日) 12:22
>>300 いえいえ。
補足しますと、ダウソのデータは当てにならないのではというセンセもいるんですよ。
母が20歳でもダウソが生まれる場合もあるし。(これは出生前診断なんてすすめないしょ。)
44歳のひとが「ダウソかも??」といわれても実はちがってた。これ中絶してたら
たいへんですよね。ましてや、不妊治療とかで「あなたはこの妊娠を逃したら
もう妊娠できないよ。」なんて人の場合。私が読んだ本の先生はダウソを心配するなら
みんなが(年齢関係なく)受けなくては意味がないのではというようなこといってましたよ。
妊娠の初期には親のほうに産む産まないの選択権をもたせたほうがいいというのも
私の考えなんですよ。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 15:45
>>298
激しく同意。
今じゃまだタブー扱いされてるんだろうけどね。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 16:06
規格統合されたモノは
たった一つの変化によって弱体化、もしくは消去。

A「最近、ここら辺りじゃ生きてけ無いんで、深海に逃げてった奴らのこと知ってる?」
B「知ってる知ってる、遺伝子異常の単細胞連中だろ? ああはなりたくないよなぁ」
A&B「あはははははは」

・・・絶滅しちゃいました。理由は良く分からんけど。
生残ったのは「弱くて変異した遺伝子」を持つために、深海他に追いやられた生き物だけでした。

カンブリア大爆発時のはなし(多分)

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 16:22
>>304
よくそういう喩えを持ち出す人がいるけど、
すでに淘汰という機能がまともに働いてないからね〜。

306 :優生学:2001/02/18(日) 23:43
>304
深海の生命体は、人類より遥かに多産で、優生学的に世代交代をしています。
深海に行ったのは、ニッチ(生態学的地位)を求めての事ですよ。
自然淘汰無しで、世代交代が可能な生命体は知られておりません。

307 :氏ね氏ね:2001/02/19(月) 00:18
>>304
深海ってハワイのオアフ島沖?

308 :つぶやき君:2001/02/19(月) 08:19
隣国のK国では、男が産まれると凄い喜ばれるんだと。
で、先天的障害児かどうか心配だから、と言って出生前診断をするんだそうだ。
そこで女とわかると堕ろしちゃう夫婦がいるんだってさ。
だからK国では、男が多いらしい。

出産前でも出産直後でも、始末を依頼する親ってのは居るんだね・・・・・

309 :でもさあ。:2001/02/19(月) 23:45
K国みたいなドキュソ国家を引き合いに出しても我が国とはレベルが違い過ぎて
話にならないって。

310 :優生学:2001/02/20(火) 00:05
>304
もっと解り易く言えば、ハイリスク・ハイリターンか
ローリスク・ローリターンかの違いに過ぎない。
深海は環境が安定してるから、ネオピリナ等の原始的な生命が生き残っている
言うまでも無いけど、彼らに遺伝子の重大な異常は無いよ。
(あったら世代交代できないよ)
浅海は食糧も豊富な変わり、環境の激変が多いから繁栄も凄いかわり。
絶滅も激しいよ。

311 :マジレスさん:2001/02/20(火) 00:26
正直、障害児が生まれたら困るよね〜。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 00:36
統計調査位やって欲しいよね。
人権派マスコミが「差別だ〜〜〜」って反対するんだろうけど

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 01:45
俺は、3つめの乳首(小さい)があって
過剰歯があって左利きだけど
OKですよね。

314 :名無しさん:2001/02/20(火) 01:55
>>313
トリプルコンボはキツいね。一つならともかく。

315 :>:2001/02/20(火) 03:11
先天的障害児を出産直後に始末依頼された医者ってどんな反応すんの?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 09:40
私は妊婦なんだけど、アレやったよー。
ダウン症かどうか血液検査で調べるやつ。
特許はアメリカにあるんだって。だから実際に検査するのはアメリカ。
検査費用は2万円。
それで一応陰性だったから、妊娠継続してるけど。

なんで検査したかというとうちの兄の嫁が産んだ二人目の子がダウソだったの。
義理姉のダウソと診断された時の、悲しみようは尋常じゃなかった。
泣いて泣いて泣いて、自分を女として生物として否定してしまうほど落ち込んで、
今はこの子は特別カワイイなんて言ってるけど、単なる自己暗示。


私が最初にかかった産婦人科医は出産前のそういった検査に否定的な医師で、
「もし異常が認められたら堕ろすのか!」
と私に説教したけど、「じゃあもし障害児だったらあんたが子育て手伝ってくれるのか!」
と言い返して病院かえた。
他人はなんとでもいえる。
でも障害児を持ってしまった者を身近にみて、その苦しみを目の当たりにすると
キレイごとは言えない。
世間の人はみんな建て前で考えすぎ。



317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 11:42
>>316 ・・・納得します!
キレイごとで済まないのが現実だと思う。
実家の近くにダウンの子がいたけど、特に母親が可哀相だった。
夫は庇ってたけど、姑が「嫁が片輪を産んだ」と近所中に愚痴ってた。
産まれる前は、本当に仲の良い嫁・姑だったのに・・・

産科の医師が、出産後の言葉で
「良かったですね。母子共に健康ですよ」と言うのは、
「母子のためじゃない。自分自身への言葉だ」ってのも嘘じゃないと思う!



318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 12:02
>「良かったですね。母子共に健康ですよ」と言うのは・・・
ただの定番だよ。特に意味はない。


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 12:20
>「良かったですね。母子共に健康ですよ」と言うのは、

単なる社交辞令です。ハイ

>>316
中絶をやらない病院は多分検査に否定的
だから、中絶してくれるところで検査して異常なければずっとそこに
通うという手もあるよ。
私もいろいろ悩んで中絶を相談したら「うちはそういうことしなので。」
といわれた。でも、産むことにしたら何度も外来でほかの人に聞こえるように
「ソウハの件はどうなったんですか?本当に産むの?」としつこくいわれた。
でも、お産はそこしかできないから(田舎なので)泣く泣くそこに通いつづけた。

奇麗事病院逝ってほしいまじで。


320 :優生学:2001/02/20(火) 23:39
>316
貴方の判断、行動は優生学的に言って100%正しいと思います。
もし、時間的余裕があれば羊水検査などもお奨めです。


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 23:43
>>316
素晴らしい

322 :名無し:2001/02/22(木) 00:04
挙げ

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 00:10
ダウソって昔、蒙古病って言わなかった?

324 :奈菜資産:2001/02/22(木) 00:14
子供生むなら、障害児かもしれないという覚悟
はしとくべきだと思う。
イヤなら生まないか養子でもとればいい。
命を与えられてすぐ殺される赤ちゃんの身にも
なってみろよ。

325 :>324:2001/02/22(木) 00:50
人間以外の全ての生命は、凄まじい多産多子で世代交代をしています。
三億の子を為す母は、2匹の生き残りを前提にそれだけの子を為すのです。
それと、着床前に淘汰するのは出生どころか、胎動初感前に全てが
終わりますよ。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 00:55
あれれ?
ダウソに関しては、高齢出産の方がなる率が少ないっていうデータを
見た覚えがあるんだが・・・確か、ダウソの協会かなんかのHPだったと思う。

327 :精子:2001/02/22(木) 00:58
>命を与えられてすぐ殺される赤ちゃんの身にも
>なってみろよ。

ティッシュノウエデヒカラビル
ボクタチノミニモナッテミロヨ! ドーテーヤロー!

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 01:03
始末あげ

329 :草加:2001/02/22(木) 01:08
これが・・・21世紀の日本

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 01:24
>>326
うんにゃ。遺伝子異常ですから母親の年齢が高いほど確率は高くなります。
326さんの勘違いなら丸く(?)収まるけど、これがダウソ側の間違いだったら......
ましてや故意に嘘を流していたとしたら......

......妄想は膨らむ(藁

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 05:38
>>330 が事実。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 05:48
>>326
そのサイト思い出せ。命令。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 05:57
http://infofarm.cc.affrc.go.jp/~momotani/dsmedfaq.html

これか?

>Q:「ダウン症」のこどもは親の年齢が高いほど
>生まれやすいのでしょうか。

>A:一般にヒトの細胞分裂の異常は年齢とともに
>起こりやすくなり、卵子や精子についても同じことが言え、
>統計的にも母親の年齢が高いとダウン症の発生率も
>高くなると言われています。
>しかし、若い母親から生まれるこどもの数が圧倒的に多いので、
>実数としては若い母親から生まれるダウン症の赤ちゃんが
>多くなっています。

334 :Hot-Manko:2001/02/22(木) 06:15
>>333
むむむ。さりげなくえげつない情報操作。さすが奴等はクズだな。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 06:21
326っす。命令までされちゃしょうがないな。
ttp://infofarm.cc.affrc.go.jp/~momotani/welbaby.html

これこれ。333と同じサイトだけど、俺がみたのはこの文章だった。
最初はザッと見ただけで「80%は35歳以下」っていうのを覚えてたんだけど、
よく見ると・・・なんかよくわかんない書き方だな。
要は、割合は35歳以上が多いけど、実数は35歳以下が圧倒的ってことでいいんかな?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 06:22
ダウソを意図的に増やそうとしている人たちがいるのか・・・
くわばらくわばら

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 06:24
さりげなくボカした書き方だね。
これをどうとるか。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 06:25
>>336
出生前診断反対系のサイトみたら
憤死するぜ。

339 :Hot-Manko:2001/02/22(木) 06:31
やっぱそういった施設が仕事を増やすためにダウソを(以下削除)

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 06:34
ダウソ協会に入ってくる会費が減っちゃうから
反対してるんじゃないの?(藁

341 :名無しさん@お膣いっぱい。:2001/02/22(木) 06:36
♪ダッ、ダッ、ダウソに大爆笑〜
♪どいつもこいつも同じ顔
♪藁ってちょうだい今日もまた
♪ダウソ〜に遠慮はいりません


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 06:46
ダウソの赤ちゃんは悪魔です!

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 08:31
中途半端に甘やかすからこうなるんだよな。
出生前検診をしないで生まれたダウソは公的サポートいっさいなしにすべき。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 08:38
大変なのを覚悟してダウソを生むんなら、
望みどおりたっぷり辛い目に遭えるように
周りの人も協力してあげないとね♪

345 :ちょっとこない間に:2001/02/22(木) 09:00
なんか肥溜めスレになってるねぇ。


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 09:31
核心に迫っていると思う。 >345

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 09:45
肥溜めにわざわざ浸りにくる>>345ってスカトロマニアですか?

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 09:50
ただの通りすがりです。
今日のみんなもっとひねって突っ込んでみろ。
それじゃ初級のお約束レスじゃないか(ワラ
>>347

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 09:52
ただの通りすがりといいながら
肥溜めに漬かり続ける348(ワラ

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 09:54
>>348
うんうん、そうだね。
君の言うことが全部正しいよ。よかったね。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 12:06
障害は個性です!
犯罪も個性です!
引きこもりも個性です!

個性的人生マンセー!!

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 12:54
先天性の障害だけを始末できるなんて不公平!
後天性の障害も始末できるように法律改正きぼーん!

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 13:17
>>352
おいおい。真っ先に殺されるのは君だぞ!

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 13:47
>>352
自分がいつ障害者になるかわからんぞ。
交通事故や病気でさ。
君はすでに精神を病んでるから、さらに大変だね。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 13:49
つーかドキュソどもを始末してほしい

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 13:54
>>355
オマエモナー

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 13:59
>>356 ドキュソはおまえだね、発見したよ、早く士ね

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 14:03
>>357
オマエモナー

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 14:28
>>352
生産性の低い老人も始末!

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 15:33
ってゆうか皆で仲良く手をつないで死のうよ

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 16:16
一億総玉砕

362 :名無しさん:2001/02/22(木) 16:24
>>352 ってより、ある年齢来たら楽に死ねる薬欲しいよ。
政府公認で楽にしてくれる施設あったらな.

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 16:29
そんなこといいつつジジィになったら
もっと長生きしたいと思うに決まってるんだよ。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 16:30
アメリカ軍に原爆を6個ほど落としてもらいましょう

365 :優生学:2001/02/22(木) 23:44
>364
逆淘汰って知ってる?
君がやろうとしてるのはそれだよ。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/23(金) 09:39
ダウソを生んだら罰金2000万円または懲役15年

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/23(金) 09:45
今週の「フォーカス」(2/28)に載ってる、中国の赤ちゃん写真を見よう


368 :優生学:2001/02/23(金) 23:17
>366
取りあえず、出生前診断と着床前診断は全額公費負担にすべきだね。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 02:16
素晴らしい

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 09:15
公費負担っていうか、義務化だね。で、結果は本人に通知。
生む生まないは本人の判断。
ただし承知で生んでも当然公的サポートはなし。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 10:52
>>370
ダウソたたきのスレになってるな。
くずの集まりはおまえらだよ。
いつまでもここで便所の落書きやってろ。ヴォケ
おまえらも年金も保険ももらうな。
そんなに優秀ならアメちゃんとこでも逝け!

372 :マジレスさん:2001/02/24(土) 13:11
>>370
>公費負担っていうか、義務化だね。で、結果は本人に通知。
>生む生まないは本人の判断。
同感。
産む産まないの判断体制(出生前診断と着床前診断)は大事だよ
母親が非常に若かったり、経済的理由とか
母親の事情で育てられないから子供おろすことは普通にあるじゃん
理由が身障であっても
親が育てられないと判断したなら
それは個人の裁量にまかせるべきじゃなかな

>ただし承知で生んでも当然公的サポートはなし。
承知して生んだならある程度のサポートはすべきと思うな。


>>371
君みたいのがいるから
話がすすまない
ダウソはたたかれる。世間なんてこんなもんだよ

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/25(日) 00:15
ダウソと精神病は、生まれて生かすなら去勢しとけばいい

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 19:38
あげ

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 20:24
出生前診断はそれ自体危険なわりには、あまり参考にならないらしい。
だから産婦人科医も勧めない。

376 :優生学:2001/02/27(火) 00:20
>375
おいおい、ちょっと待てよ。
イギリスでは、ダウンや脊髄関連の障害児の出産がほぼゼロになってるよ。
出生前診断は、極めて効果的な技術だよ。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/27(火) 00:22
とりあえず、そんなことはないぞ >375

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/27(火) 00:28
ダウソを増やしたい人が根強くいるようですな・・・

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/27(火) 08:42
出生前診断反対系のサイトって、
実施してうまくいってる国の情報を
書かないよね。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/27(火) 10:13
優生学くん
イギリスではどうしてみんな産まないのか教えて欲しい。
社会の糞とかゴミとかじゃなく
どうゆうメンタリティからイギリス人は簡単に
子供始末できるか単純な興味なんだが

381 :優生学:2001/02/28(水) 23:33
>>380
一言で言えば、個人の選択です。
イギリスでの出生前診断は、強制ではありません。
公的資金により、誰でも無料で受ける事が出来るだけです。
勿論、各種の障害があると判明しても、本人が出産を希望した場合、出産を禁止
する法制度は私の知る限り存在しません。
私自身はイギリス人では無いので、彼らのメンタリティをどうこう言えませんが。
出生前診断の存在すら、国民の目から隠し続けて来た日本の状況よりは
健全な判断力の存在が感じられるのだが。
如何だろう。

382 :380:2001/03/01(木) 00:00
優生学君、レスありがとう。
出産した場合、公的サポートはあるのだろうか?

個人の選択でほとんどの人が産まないということは
イギリスも社会に余裕がないのかなぁ。

>出生前診断の存在すら、国民の目から隠し続けて来た日本の状況よりは

このような話ははじめて聞いたね。
私の持論(そんなえらそうなものではないが)は
妊娠の初期は親のほうに産むか産まないかの選択権を
持たせるということ。また、障害児が生まれてしまった場合は
多少の公的サポート(丸抱えじゃないよ)をしてもいいのではということ。

なんでも情報を公開するのは同意できかねるが
子供を育てる親が一番何も知らされていないのは問題。
ここのスレではダウン症なんか叩かれまくりだけど
あのような病気に生まれついた人を社会で糞だゴミだというのは
いけないと思う。

>健全な判断力の存在が感じられるのだが。
>如何だろう。

日本より意識がすすんでるでしょうな。
きっと障害児が生まれても日本のように糞だのゴミだのいわれないのだろうか
そこらへんは興味あるのでしらべてみようと思う。


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/01(木) 00:31
けlんkっj

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/01(木) 00:41
健全な種族を保存するための過程で現社会では病、障害と言われる
ものもくるべき種族保存の障害に立ち向かうべく生まれたなタネだ
(鎌形赤血球の悪性貧血がマラリアに対峙しているなど)
アホな事ばっかり言ってないで本でも読んだらどうだ。
いま普通とか優秀とか(遺伝子レベルで)言われてるタネが実は
一番どーでもいいタネなんだよ

385 :名無しの笛の踊り:2001/03/01(木) 00:49
数年前(NHKスペシャルで)ヨーロッパである病気
(遺伝性の病気)の為生まれてもすぐ死んじゃう。
ところがスゴ腕の医者が現れて、手術をして助かる例が
増えた。ところが助かっても知能に障害が残る例が多く、
そうじゃなくても健常者のようには生きられない。
今じゃ妊娠中に検査して中絶が一般的、というのをやってた。

欧米って障害者にものすごく手厚い国だと思ってたらそうでも
なくてショックというか衝撃を受けた。
(妊娠中の検査費用を国が出したほうが、障害を持った赤ちゃんが
生まれ彼らにかかる費用を比べたら、前者のほうが安いのだ!
と学者が言ってて、これも衝撃シーンだった)

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/01(木) 01:11
ダウンのいない世の中。すばらしいですね。>イギリス
今日、電車の中でダウンが窓ガラスを嘗め回しながら奇声を発していました。
食欲が無くなりました。



387 :380:2001/03/01(木) 01:20
もうこのスレにはこない。
自分は選ばれた人間だと思ってる痛い人ばかりになってきたようだから。
もし、あなたが自分の次の世代に必ず現れる病気の遺伝子
持っていたとしたらちゃんと不妊手術するのかな?>386

こんなこと書く奴に限って中田氏しまくりのゴムなしなんだろうねぇ。



388 :>387:2001/03/01(木) 16:11
ここの馬鹿はおこちゃまだから脳が未完成なんだね
自分が親の歳になるころまで安泰だとおもってんだろうね
馬鹿を相手にしてもそんですよ
言いたい放題を自由とはきちがえてる事にも多分一生気付かないんだろね
カッコワル 電話代も自分で払えよクソガキども

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/01(木) 23:32
あげ

390 :優生学:2001/03/01(木) 23:44
>>382
私も、ダウン症の人達を激しく非難するような行動は間違っていると思う。
情報の親への公開が不充分な現実は私も重大な問題だと思う。
母体への重大な人権侵害と私が考えるのは。
1984年に厚生省が母子保険法改正案として着手した
先天異常モニタリング・システムの強化案が葬り去られた現実だと思う。


391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/01(木) 23:47
あげんな不毛な議論を

392 :名無しさん:2001/03/02(金) 00:23
人間は特別だなどという思い上がりが足を引っ張る
生きる力のない者は氏んで当然 生き長らえさせることになんのメリットも無い
全ての生物は子孫を残すために動いているのだから

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/02(金) 08:50
↑これは厨房以下の意見です。
あんただけ一人で無人島で哲学ごっこやってなさい。
それで生き延びてかえって来れたら認めてあげるよ。


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/03(土) 04:30
うちの子は何の障害もなく生まれてホッとした。
2人目を作るなんて考えられない。
障害児が産まれるのが怖いから。
育てる自信がないから。
なのに自分の親は「障害があっても自分の子でしょ?」
と、もう一人産むことを強要する。
ダンナの親も産めという。
避妊リングでも入れようかと思ってる。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/03(土) 05:57
少子化時代に障害児抱えたら、経済的にもハンディキャップでせう。
増してやIT化で頭脳に対する選別が厳しくなるご時世に、ダウソの
子供持ったら、お先真っ暗!
早期の中絶の方が母体への影響も少ないとなりゃ、結論は簡単。


396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/03(土) 06:10
あいつらなんて、社会のごみでしょう。
さっきも、コンビニで暴れまわって奇声発してるが生き血いたし。マジ迷惑。
ポリに言っても、すぐ釈放。あいつらに殺されたら、かなり損だね。
イセハ○湾のことよりも、あいつらの処理のほうが先でしょう。
町に野獣をのさばらすな!!殺せ殺せ!!

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/03(土) 06:17
2ちゃんだから語れる話題だな。
迷スレの予感。

398 :ヒロヒト:2001/03/03(土) 06:18
なんとも

399 :ヒロヒト:2001/03/03(土) 06:19
いえない

400 :ヒロヒト:2001/03/03(土) 06:19
400

401 :ヒロヒト:2001/03/03(土) 06:20
でも、むかしは捨てたんだろうね

402 :名無しさん:2001/03/03(土) 07:57
>>401
間引きと呼んだそうですな

403 :名無しさん:2001/03/03(土) 07:58
>>394
出生前診断を強くお奨めする

404 :ヒロヒト:2001/03/03(土) 07:59
そうか
間引きされたほうが、しあわせかもしれないね

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/03(土) 08:06
できそこないが生まれてくるのも自然、
それを間引くのも自然。
百姓やってみりゃわかるよ。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/03(土) 09:28
もうお腹いっぱいのこの話題
上げてくる奴がいます。
きっと、外で糞だゴミだといわれて辛いのネン。
ここは2ちゃんねる。
楽しんでいってね

407 :名無しさん:2001/03/04(日) 23:46
挙げ

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 05:02
ダウソが生まれてくる限りこのスレは上がる。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 05:56
>>11
>政治家の子供とかはやっぱそうするんじゃないのかな

同情票を狙うには格好のネタ。欲しけりゃもう一匹産みゃいい事。(金ならあるんだから。)
その子供も兄弟である障害児の介護する姿を公開すれば、また同情票が狙える。
家族(後援会)の結束も深まる。どんな有力候補もかなわない。

現に栃木の元市長なんかは・・・・・。


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 07:22
ま、政治家っちゅうのは手段を選ばん連中さ。

息子のエイズを踏み台にのしあがるとかな

411 :ぴんきー:2001/03/05(月) 09:17
障害もってても赤ちゃんは生きたいって思うんだろな。
形ができあがってから殺すなんてできない。
っていう考えと、
育てる自信がないし、子どもも長生きできないのであれば今のうちに・・・
っていうジレンマ。
五体満足で生まれるってホントはすごくむつかしいことなのかも。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 11:04
俺は小児ぜんそく持ちだったけど、現代の医療技術と親の面倒見が
なければ10歳まで生きてなかったと思う。

413 :addie:2001/03/05(月) 11:07
先天的に生きたいと思う生物は存在しない。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 11:10
人間の「生きたい」という欲望は先天的なのか、後天的に作り上げ
られたものなのか?

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 12:50
俺の弟は障害児だった。しかも知的障害だ
実際手はかかるし、こいつのせいで俺までからかわれるし
本当に死んで欲しかった。涎は垂らす、ウンコは洩らす、人様に襲いかかる
常時奇妙な動きをしながら隣で歩く弟が何を考えて歩いているのかわからなかったし、
俺はそれが怖かった。文字通り怖かったんだ。

俺が高校二年の時だった。下校時、不良に囲まれて殴られている男を発見した
ガラの悪い街だったから、さして珍しい光景ではない。いつものように素通りしようとした
・・が、よくみるとそれは弟だった。そして弟は必死だった
殴られれば殴り返し、噛みつき、必死で抵抗しているのだ。必死で自分の身を守ろうとしていたのだ
いつも死んで欲しいと思っていたが、その時俺はいても立ってもいられなくなり
不良達に飛びかかっていった。勿論ボロ負けでそのうえ肋骨を骨折、靱帯も伸ばしてしまった
だが、必死で生きようとする弟のあの姿をみて、素通りしたなら俺は兄として、いや人間として
終わりだったような気がしたからだ。俺は満足だった。なにより弟を見る目が変わった
誇らしかった

そんな弟だが、いまはなんとホテルのベルボーイだ
直立できなかったのだが、必死の訓練で今はまっすぐ立てるようになっている
左目が半開きになる癖も治っている。まだ口調は少しどもり気味だが
昨日仕事で会ったWEBデザイナーよりマシだろう
方程式も出来なかった弟だが、現在簿記を勉強中で次は一級に挑戦するようだ。
きっと合格できるだろう。やれやれだ、こっちはまだ大学生でまだ社会人にも
なっていないというのに・・これじゃどっちが兄かわかりやしない

416 :某庄屋の子孫:2001/03/05(月) 13:41
努力する人が報われる世であってほしい>>415


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 13:46
>>416
激しく同意。

418 : :2001/03/05(月) 13:54
コピペのソースとして最適!とっておこう.

419 :心に情熱の花を!:2001/03/05(月) 15:10
>416
今の世の中は@`努力する人間が幸せになれず@`汚い奴がわが世を楽しんでいる。
415氏の弟さん…。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 15:30
ダウソを嫌う奴は
自分がきらわれてるんだな。
自分が五体満足で健康なのがそんなに立派なことではないぞ。
春休みチュのためにマジレスしとくぞ。
小学校の低学年のうちにいろんな障害児と触れる機会をつくっておかねば
馬鹿なダウゾキラーズや選民思想のゆがんだバージョンを量産するなぁ。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/05(月) 16:57
a

422 :現場:2001/03/05(月) 19:03
養護学校の教員やっていましたが、私の場合、他人の子どもだから
世話できるのであって、自分の子どもだったら育てられないなと痛感しました。
統合教育(健常児と障害児が一緒に過ごす)とかいっても
なかなかうまくいきません。が、
非常にダウンが気にさわる方って、その人自身、なにか虐げられている
ように感じるのですが?

423 :心に情熱の花を!:2001/03/05(月) 23:46
健常者と障害者が同じ場所で教育する事は良いと思う。
しかし@`今の社会を変えてからの話。

1 健常者への障害者教育。
  ほとんどなされていない。障害者へのいじめを横行させないための対策が必要だ
  これは@`障害者に限ったものでなくて良い。いじめ対策へ通ずるものを。
2 学校のバリアフリー化
  学校には段差が多い。とても障害者に優しい設計とは言えない。
  障害者教員などの採用も見越してバリアフリーにすべきだ。設備を理由に断られることが絶対あってはならない。
3 養護学校の開校@`定員増員。
  普通学校に通えない子供のために@`近場(養護学校数が少なすぎる@`遠すぎる)に造るべきだ。
  また@`高等部も定員を増強し@`さまざまな学科(工業@`商業など)を開設すべきだ。
  希望者には@`公営の寮を作るべきだ。介護が必要な人間には家族寮も。
4 訪問教育
  寝たきりの人間には訪問教育を。日本国民全員が教育を受ける権利を持っている。
  彼らが教育を受けられないのはおかしい。受けられて当たり前。
5 町中のバリアフリ―
  町は最悪なほどに使いにくい。今こそ段差ゼロシティーを目指し@`みなが使いやすい町を作るべきだ。
  今までの醜悪なまでに使いにくい町を作るべきだ。

  



424 :名無しさん:2001/03/06(火) 00:14
>>423
先端的な医療研究を全面的に解禁し。
彼らの治療を行なうべき。
君の言ってる事は、基本的に正しいが実行するだけの予算が無い。

425 :無名:2001/03/06(火) 00:37
ナチスは社会ダーウィニズムに基づく「障害児抹殺計画」を立案して実行に移していた。
その一環として、障害児を持つ親に対してあるアンケートをしたそうだ。
それは「障害児を安楽死させる事に賛成か否か」という質問である。

驚くべきことに、実に70%もの障害児の親達が、障害児の安楽死に様々な条件付で賛成している。
これは、何も狂信的な悪の権化「ナチス」の見解ではなく、
何処にでも居る普通の善良なドイツ人の意見なのだ。

この事からも分かるように、障害児を放棄したいという潜在的な欲求はある。
それも仕方のない事であろう。障害児を養育する事は並大抵ではない。

勿論、私は障害児を殺す事に賛成している訳ではないが、
親の多大なる精神的・物理的負担を考えると、
1に挙げられているような親達を直ちに批判する気にはなれないのだ。
当事者ですらない者達の、安っぽいヒューマニズムを押し付けるのは
やはり間違いではないだろうか。

426 :心に情熱の花を!:2001/03/06(火) 00:57
>424
そうだ。
やはり彼らが望むなら治療の解禁をするべきだと思う。

予算の使い方を変えれば出来ると思う。
自民の阿呆は「金にならない」といって突っぱねると思うが…。


427 :無名:2001/03/06(火) 01:31
>>423
それは単なる「理想」でしかないよ。
養護学校を沢山作ると言っても、その金は一体どこから出てくるんだ?
まさか、北欧の某三流国のように日本も破滅の道を辿れというのではあるまい。
少数のために多数が犠牲になるのは避けるべきだろう。
(別に全体主義を賛美するつもりはないが・・・・)

>>424
先端的治療の解禁は人体実験になりかねないのではないか・・・・?

428 :心に情熱の花を!:2001/03/06(火) 01:45
>427
政党助成金を廃止すれば500億は浮く。
公共事業を土木型から公益福祉型に移行すれば養護学校は増やせる。
日本は無駄な金が多すぎる。
政党助成金なんか支持政党に関わり無く250円もとられる。
そんな金があるなら福祉に回すべきだ。
皮肉にも@`助成を取ってない共産党が収入一番だったりするからねえ。

660兆円もの借金。これが福祉のためにつかわれていれば@`暮らしやすい国になっただろう。


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 02:42
出生前診断ならともかく、治す事はたとえ規制がまったくなくても
難しいだろうね、そこらへんはちょっと過大評価しすぎ。
解禁して効果あるのは、個人の遺伝情報のプライバシーってとこだと思う。
ただこれに関しては、障害者にとどまらない影響があるから、特に人種差別の
観点から議論があるみたいだね。

430 :名無し:2001/03/06(火) 03:45
>429さんに同感
>422さん、私も教育実習で養護学校行きました。
情熱をもって取り組んでいる先生などいましたが、
勘違いヤローが多くて怖くなりました。
私もやはり出生前診断は受けた方がいいんじゃないかと思います。
夫婦でよく話し合う必要があるのでしょうね。
障害児を育てる親御さんの苦労、苦悩ハンパじゃありません。
ヘタをすると親子共倒れの危険もあるのも事実。


431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 05:22
>>422
>非常にダウンが気にさわる方って、その人自身、なにか虐げられている
>ように感じるのですが?

その通りです。自分の境遇や生活に100%満足しているひとなんてそんなに
いないでしょう?
で、「本来防げたはず」の障害者に不快な思いをさせられたり、さらには
堂々と権利ばかり主張されたら反感をもたれてむしろ当然と思うが。


432 : :2001/03/06(火) 06:47
生かす母性と殺す父性。
今は、行き過ぎた母性が社会を悪化させてるような気がする。
度を過ぎた「可哀想」は、もっと酷い「可哀想」な事態を招くのだ。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 09:10
産むほうの立場から
妊娠の早い時期は親に選択する権利をください。
ちゃんと情報をください。
障害児の養育は大変ですが
まずは親に情報が与えられていません。
生んで育てるにしても心構えや準備が必要でしょ。
満期産でとりあえず生きてる子供を処置するのは
一生悩んで苦しみます。
だったらまだ、お腹にいるうちにちゃんと教えて欲しいです。
養育は大変だけど自分に与えられた試練だと思い
障害児の子供とともに生きる喜びを見出してる人もいる。
それには日本人の意識や社会のしくみも変えなくてはいけないでしょうが
(うわ〜〜〜〜!超マジレスしちゃった!
でも、障害児叩きやいじめ容認気味の最近のレスにはらったってサー
今日はちゃんと議論できてうれしい)

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 11:02
国としては、福祉にかける金額が減るので、
「先天的障害児を出産直後に始末依頼する親」は、
ありがたい人ですね。

このような有徳民を殺人罪で摘発されないように
早急に「障害児始末法」を作らないとね。


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 11:44
>>433
イギリスやアメリカではそういう所はちゃんとしてあるよ。
産む事を選択した人は子どもの療育とか、医療的フォローとか、母親に対する
心理カウンセラーとか。
産まない選択をした人にも心理的フォローをするためのカウンセラーもいるそ
うです。
日本でもあっていいんじゃないの??

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 12:40
書き込みしてるあんたも俺も明日には障害者になるかもしれないんだぜ。
それで社会コストにペイしないとか言われて殺されてもつれーよな。
それで俺のは先天だ、後天だーって言っても同じだよな。乙竹と外見は

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 23:22
このスレの主題は先天的障害児

438 :心に情熱の花を!:2001/03/06(火) 23:51
障害者の社会進出策なんて探せばいっぱいある。
そういう機会をことごとく奪ってきたのは社会であり@`政府だ。

障害者がパンを作り@`売っているところが@`僕の住む福井にもあるし@`作業訓練所みたいなところもある。
しかし@`そういうのが少なすぎる。
近場で空いていないから@`遠くまで行かなければいけないという事例が沢山ある。

親御さんとしては@`社会参加を望む方が多いと思う。
しかし@`それを阻むのが@`作業訓練所の少なさであり@`就職の数の無さだ。
「聖者の行進」のような@`虐待@`補助の騙しどり@`給料のピンハネなど@`悪質な職場も少なくない。

公共事業費や@`軍事費を削れば@`公営で出来る。
(軍艦一隻で@`公営住宅が10棟ほど出来る。福祉施設も同じくらい出来ると思う。)

日本は@`金の使い方が間違っている。
無益なハコより@`障害者一人の社会参加のほうが有益だ。
某ドラマの台詞を借りれば「あなた(日本国)の諭吉が泣いています」

439 :優生学:2001/03/07(水) 00:47
>>429
勿論、全ての障害が治療可能とまでは言えないと思う。
しかし、倫理の名の基に、受精卵診断の研究開発等の足を引っ張っている現状では
治療に必要な各種の知識と技術の蓄積が困難なのも現実。
まず、各種の研究を解禁する事こそが、障害者と健常者の両者に利益をもたらすと
判断する。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/07(水) 01:45
障害者の言い分は、聞けば聞くほど不愉快になる。
健常者が不愉快になる原因は、彼らの主張の根っこにある「俺らは弱者なんだから助けろボケ」という点。
ますます差別してやろうという気になる。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/07(水) 02:46
国防って確実に満遍なく行き渡る福祉(のようなもの)なんだけど・・・
だからおいそれと削るべきじゃない。100年前の朝鮮半島を忘れたのか

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/07(水) 05:24
ニュース速報板でチョンチョン差別発言してる粘着君って極度の障害者なんだってね。
他の掲示板で知り合いらしき人が真面目に嘆いてたよ。
でも外に出られるよりも家に居てくれてる方が楽だから、
そのまま好きなようにやらせているんだって。
 あまりに酷い発言しないか、知り合いも見ているらしい。
外のニュースを知りたがっている障害者の方々で、2ちゃんねらーって結構多いらしい。
ニュース板は障害者系の話題って、ほとんどないのが昔からの定説だよね。



443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/07(水) 09:33
確かに金の使い方はまちがってる。 >438
まずは出生前診断全額公費負担化だろう。

444 :心に情熱の花を!:2001/03/07(水) 11:28
>443
検診の公費化も要るね。
少なくとも,障害者が社会参加できない,障害者をマイナスとしか考えられない社会ではいかんと思う。
検診を受けてもらい,その上で判断してもらうのは良いかもしれない。
「障害者じゃなくて良かった。」と言われるのは悲しいが。

>441
毎年増えていく軍事費が納得いかない。
増えていくぶんだけでも結構な金になる。
南米のどっかの国では,「兵士の数だけ学校を」をスローガンに軍縮に取り組んでいる。
この不安定な状況で自衛手段を放棄しろとは言わないが,これ異常の軍拡を止めて,福祉による軍縮を少しずつ進めるべきだ。
それこそ毎年軍艦一隻ずつを福祉施設建設に回すとか,空母一隻分を助成金に当てるとか。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/07(水) 12:48
日本社会の高齢化に合わせたバリアフリーの普及が、
障害者の社会参加をよりスムーズにするタナボタ程
度しか、期待できないのかな・・。

446 :無名:2001/03/08(木) 06:02
>>444
わざわざ軍事費から捻出しようという考えは、
何やらイデオロギーの匂いがするが・・・・。

447 :優生学:2001/03/08(木) 23:37
>>446
同意見
年度末になると、壊れてない道路を無意味に工事してるけど。
そっちから回せば良い。

448 :名無しさん:2001/03/09(金) 06:02
>>444
日本に空母はありません。
軍艦もありません。

449 ::2001/03/09(金) 06:30
いらねーだろ
軍艦?

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 07:22
いえ、いります。必須です。

451 :名無しさん:2001/03/09(金) 08:22
>>444

では、障害者が社会的にプラスな面は?
俺にはワカラン。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 08:46
いなくても困らないよな・・・

453 :ななしさん:2001/03/09(金) 10:38
じゃおまえら>>451 >>452
自分が事故や病気で障害者になったらシンデネ
いまは先天性障害児を始末する話してるけど
やっぱり国の金が足りないから後天性の障害者も始末しようかな
真っ先に上の二人からやるわそうなったら。じゃね!

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 10:46
犬や猫でも、人に噛みつかない、室内で用を足さない等
きちんとしつけができるのに
知的障害者は2@`3才程度の知能はあるはずなのに
まったくしつけられていない。
社会的には「人間」の定義は「人間」が産んだ生物なんだろうけど
犬猫以下のものを「人間」だと考えたくない。

動物も植物も、正常に産まれなければ淘汰されるのに
人間だけはそれをも生かそうとするから、
いろいろ矛盾が生まれてくるんだろうね。

人間のカタチをして産まれちゃったら
さすがに生かさざるを得ないから
出産前に処分することに大賛成です。


455 :451:2001/03/09(金) 10:58
>>453

俺は
>>444 「障害者をマイナスとしか考えられない社会ではいかんと思う。」

というところが理解出来なかったら聞いているだけだよ。>>444が出てこないん
だったら貴方が教えてくれませんか?まぁ俺は馬鹿だろうから、罵倒するのは
構わないんだけどさ。そういうこと>>453は言えるんだったら教えて

456 :元軍人:2001/03/09(金) 16:41
障害者が存在するから医学が進歩するのです。その恩恵はみんなが受けることができます。おそらくこの世で不要なものは無いのでは。最近そう考えるようになりました。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 16:49
>>456

いいこと言うね。俺もそう考えよっと。

458 :垢ペン:2001/03/09(金) 16:54
 ケツ毛の必要性がわからなくて悩んでいます。(東京都・学生)

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/10(土) 01:35
身障とその家族は一生不幸な人生を送ることだろう。
だがそのお陰で発展する分野もありそれが社会に利益を与えることもあるということか。
まぁ一握りの犠牲のお陰で全体が潤うってのが世の常だもんな。
でも俺はその一握りの犠牲者になりたくない。誰か別の奴が犠牲になってほしい。
皆の本音。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/10(土) 07:04
じゃあ障害者は医学研究に必要なサンプルだけあればいいんだ。
たくさんは必要ないよね。

125 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)