5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

忘れられないSEX ・その2

1 :精霊名無し:2000/11/01(水) 00:14
前スレが900越えたので新たに立てました。
前スレはこちら。
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kageki&key=968788617&ls=50

2 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 00:47
http://www.diary.ne.jp/user/36224/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 01:11
再び名スレになることをきぼーん。



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 02:08
ageageage!!


5 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 04:07
あげ!

6 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 09:51
2の人は本当にやだね。
すぐ掲示板が壊れるっていってるけど、もしかしてここの人が荒氏?

7 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 12:36
その1は泣けます!とゆーことであげ!!
>6 ほっとこうよもう、バカは。

8 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 13:42
こっちに書きましょう
age

9 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 13:44
新スレこっち。
あげ

10 :名無しさん:2000/11/01(水) 14:38
とりあえずあげ。
名スレになーれ!


11 :女 20歳:2000/11/01(水) 14:43
昨日、社長室で社長にやられた。まじです(ーー;

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 15:26
11さんは食品会社?
女の子をたべちゃう社長さん?

13 :ひそひその予想:2000/11/01(水) 15:41
 18歳の夏・・・僕は予備校に通っていた。最初は勉学に励んでいたけど、夏前には気が緩み、ふと毎朝乗る
電車を見回すと、きれいなおねーさんが自分と同じ時間帯に乗ってる。あれこれ悩んだ挙句、結局、勇気を出して
ナンパをした。驚いたことになぜか付き合うことが出来て、こんなきれいなおねーさんに自分の童貞をぜひもらって
欲しいなーと思い、その思いを伝えた。いろいろあったが、めでたくその4つ年上の彼女と出来ました。
 しかし、初めてということで非常に期待し(ホテルに行く日程まで決めていた)、1週間ほど自分でするのを
がまんし、本番にのぞみました・・・が、入れた瞬間、3回の腰フリ、いや3秒位で中出しをしてしまった。
(今では当然だとわかっているが、若かった・・・)あっという間の出来事でした。
 で、しばらくして振られたんだけど、振られた後、もう一度会って下さいと電話でお願いし、一緒に喫茶店で
思い出話をした後、家に向かう帰り際、「もう一回させてください!」と僕は泣きながら懇願しました。
しかし、彼女に「こんな風になるんだったら、付き合うんじゃなかった・・・」と言われ、お互い泣きながら
自宅近くの1本道を歩いて帰りました。(もちろん、なにもなし)
 その後、僕はめでたく2浪しました。そんな僕も30を越え、2児の父親・・・。
何でも自由に思いっきり遊べたあの頃がなつかしい・・・。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 16:34
スレの趣旨とは違うかもしれませんが・・・。

学生の頃から3年くらいつきあっていた彼と、遠距離恋愛になった。
彼が、留学をすることになったから。
彼が出発してから、寂しくて寂しくて本当に辛かった。

抱きしめてくれる時の肩幅、独特の匂い、あったかさ、
すごくすごく懐かしくて。寂しくて。

でも彼は留学先で好きな人が出来てしまった。
再び会ったとき、抱き合って彼を感じることを待ち望んでいた私は、
それさえも叶わなくなった。
気が狂いそうなほど苦しかった。

別れてから一度だけ、お願いだから会って欲しいと頼んで、
彼が帰国してから会ってもらった。

私は最後に一度だけでいいから抱いて欲しかった。
抱いてくれたら、きっと踏ん切りがつくと思えたから。
私は彼に抱いて、と言った。
でも彼は、どうしても首を縦に振ってくれなかった。

私のことはまだ好きだから嫌じゃない。けど、自分が他の人にも気持ちがある以上、
それはしたらダメだとおもう。

と言って何度頼んでもダメだった。

あの時はそのまま別れて、それ以来もうずっと彼とは会ってはいない。
若い頃の切ない思い出。私にとって忘れられないSEX拒否・・・(涙)


15 :名無しさん:2000/11/01(水) 16:40
いい話は純愛板だろうがこっちだろうが関係ないね!
いい話あげ!


16 :名無しさん:2000/11/01(水) 16:47
age


17 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 17:37
>14
そこで迷わず受け入れてくれてたら、また違う思いでになったかもしれない
けど、断られてた方が良かったと思うよ。
彼は優しい人だったんだよ、きっと。


18 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 18:08
あの人と知り合ったのは、大学2年生の時だった。

当時、僕には5年付き合っていた彼女がいて、
まったくタイプの違うあの人は、僕にとって、とても新鮮な人だった・・・

ともに活動していたボランティアに、お互い学生生活をかけていて
いつしか、彼女よりも一緒にいる時間が増えていった。
その時には、僕はもう好きになっていたんだと思う・・・

二人で遊びにいくようになり、とても楽しかった。とても幸せだった。
でも彼女がいる後ろめたさも確かにあった。

あの日、付き合っていた彼女とケンカした僕は、
グチりにあの人のマンションに行った。
二人でお酒を飲みながら、色々な話をしていた。
しばらくして、二人の会話が途切れた・・・

僕は静かに、彼女の肩に手を回した。
そして、ゆっくりと彼女のベットに倒れこんだ・・・

抱いてる間、なぜか彼女は泣いていた。
抱き終わった後に、彼女が言った。
「彼女の元へ戻ってあげて。」
「えっ・・・?」
「私たち・・・もう会わないほうがいいね・・・」

お互い泣きながら、最後のセックスをしました。
彼女との2度目のセックスは、生涯忘れられないだろう。
今までのセックスで一番熱くなりました。
ただただ、彼女を愛しました・・・

その後、僕も彼女もボランティアを辞め、4年が過ぎました。
時々、ふと彼女のことを思い出してしまいます・・・
20歳の時の思い出です。



19 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 19:10
age

20 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 19:44
age

21 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 20:50
このスレ大好き!age!!

22 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 21:04
噂以上の名スレだな。
荒らされたくないので敢えてsageとく。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 21:37
パート1の時も、時々荒らしが来てたけど、
みんな無視して大切に育てたこのスレ。

大事に育てましょう。荒らすなよ。厨房。

24 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 23:16
age

25 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 23:22
いいから忘れろ そんなもん。

26 :奥さん、名無しです:2000/11/01(水) 23:40
ああ、なんでこんなに良いんだろう。
忘れられないSEX。
思いっきり純愛してた頃のせつなさがふつふつと蘇る。
胸が痛くなる。
体いっぱいに愛を感じていた、お前のやわらかくて白い肌から…

27 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 00:40
なんてカキコしていいのかわかりません。
けど、すごく胸が熱くなる。
このスレに感謝します。


28 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:00
本文、長すぎると警告がでちゃいました。
カキコするの、止めようかとも思ったんだけど、区切って載せちゃい
ます。
あの・・・気に入らないかもしれない。俺の主観ばっかだし。
のろけだし。
そういう人、どうぞ飛ばしてやって下さい。

29 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:00
28の話です。

中高と男子校で、大学に入った時は、女の子の匂いに戸惑っていた。
半年くらい経って、クラスとサークルが同じ女の子に恋した。その
子は幼稚園から女子校で、やっぱり俺みたいな戸惑いがあったと
言ってたけど、不思議に気があって、良く一緒に話をした。

2年になって、友達のAから彼女との仲を取り持ってくれと頼まれ、
自分も好きだと言えず、彼女に付き合ってくれと頼んだ。なかなか
OKしない彼女が嬉しかったけど、結局、強引に頼みこんだ。
俺は、Aとが一緒に居るところを見たくなくて、二人を避けた。

少しして、後輩にコクられて付き合うことにした。でも、全然楽しく
なくて、いつの間にかセフレみたいになっていた。後輩も納得した
みたいに、俺以外のヤツを彼氏にして、時々、しにくるようになった。

Aと彼女が付き合いだして1年になる頃、Aの誕生日が来た。
Aは、俺に「誕生日に彼女を抱くんだ」と、耳打ちしてきた。
ショックだった。それまで、二人の間にそういう関係が無いのは
サークルの仲間はみんな知っていた。さすがに、幼稚園から女子校
だけあるって、しょっちゅう冷やかしていたからだ。
それから暫く、大学にもサークルにも顔を出せなかった。Aに抱かれ
ている彼女の姿が頭から離れなかった。


30 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:02
29の続きです。

Aの誕生日には、後輩を抱いた。後輩の顔が彼女とダブって、涙が
止まらなかった。本当に、彼女が好きなんだと思い知った気がした。
後輩とは、その日に別れた。
それから3週間ぐらいして、彼女が突然、俺の部屋に来た。
俺が大学に来ないんで、病気じゃないかと心配したと言い、講義の
ノートやら、食べ物やらを両手一杯に抱えていた。
嬉しかったけど、彼女が居るだけで、Aに抱かれている姿が浮かんで
一言も何も言えなかった。
そんな様子の俺を彼女は心配し、夕食を作ってやると台所へ立った。
「暖かい物がいいね。」って言いながら、シチューを作ってくれた。
1Kの狭い部屋だから、二人並んでベットに腰掛けながら食べた。
本当に美味しくて、「うまい。」って言ったら、お世辞はいいよと
軽く言われ、俺はまた、話す言葉を無くした気になり、食べ終わる
まで、二人とも無言だった。

彼女は、食器を洗いながらAに抱かれたと言った。俺はバットで頭を
殴られるってこんなカンジなんだと、変に冷めながら、でもすごく
悔しいような、なんか、もう、どうでもいいような、そんな気になった。

「でね。A君、私に「ヤラハタにならなくて良かったね。」って
言ったのよ。酷いよね?」
彼女は突然、大声で泣き始めた。俺は、「ヤラハタ」って意味が
分からなくて、なんて言ったらいいのかも分からず、ただ、じっと
彼女が泣き終わるのを待った。


31 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:03
30の続きです。

その間彼女は、Aの事を好きになるように努力したこと。好きに
なろうと決めたから、抱かれることに応じたのに、Aが言った言葉が
信じられない。でも、やっぱり、好きじゃないことがAに分かった
から、こんなに酷いことを言われたんだろうって、一生懸命俺に
話してた。
俺は、Aのことが好きじゃないのかと聞いた。彼女は、抱かれた時、
何も感じなかったと言った。痛みも、感動も無くて、どこか違う
場所から覗いて居るみたいだったと。

俺は、初めて彼女を抱きしめた。抱きしめながら、ごめんって繰り
返した。彼女が今泣いているのは、全部俺のせいだと思った。
「好きです。」
小声で、彼女が言ったんだ。俺の事が、ずっと好きだったって。
俺も、ずっと好きだったことを話した。二人して、「好き」って
繰り返した。繰り返しながら、キスして、抱き合った。

彼女は、俺が入れた時、悲鳴をあげた。俺は、すくんだ。拒絶された
ような気がした。彼女は「なんでだろう」って不思議がった。
初体験は、本当に痛くなかったのに、なんで今、痛いのか分からない
って、すまなそうな顔をした。
彼女を傷つける事だけはしたくなくて、止めようと言ったけれど、
続けて欲しいと求められた。キスしながら、二人でがんばった。
ほんと、がんばった、っていうカンジだった。


32 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:03
Part1から読み込んできました。
皆さん一生懸命で切なくなりました。
心をキレイにしてくれるいい話を期待あげ。

33 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:04
31の続きです。

それから、3日間、俺の部屋で一緒に過ごした。彼女は、俺の服を
着て、目が合うたびに「好き」って言ってキスしてきた。
最高に幸せだった。これからは、ずっとこうしていられると思って
いた。
彼女が家に帰った日、俺は大学で会うことを約束して見送った。
でも、それから彼女と大学で会うことはなかった。
彼女は、かなり前に交換留学生の申し込みをしていたそうで、彼女が
俺の家を出た翌日、日本を発ったという事だった。
Aも、サークルの仲間も、誰一人として、なにも聞いていなかった。

今、彼女とは毎日メールを交換している。
Aにも新しい恋人が出来て、今では俺達のことを応援してくれている。
彼女は、もう少ししたら、帰ってくる。帰ってきたら、二人で俺の
実家に行く約束をしている。結婚の、約束をするために。
俺達が体を重ねたのって、たった3日間だったけど、あの日が無かった
ら、きっと今、こうしていないと思う。

早く、彼女に会いたくて、書き入れました(でも、彼女には内緒)。


34 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:12
>28@`29-31@`33
うらやましいよう。ステキだね。早く会えるといいですな。
幸せになってください。

35 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:17
いろいろあって一方的に別れを切り出した私。
最後にクリスマスイブは一緒にいようねってきめました。
それまでは、どんなイベントがあっても友達優先だった彼なのに
その日に限ってラブホじゃないホテルを指定してくれました。
部屋に入ると、めいっぱいクリスマスの飾りつけがしてあって
それだけでなんだか涙が出てしまいました。
今まですごく欲しかったクリスマスイブが全部そこにあるのが
信じられなくて、心の底からうれしかった。
本当に別れていいのかなって、決めてたハズなのにってすごく迷いました。
そして、二人で服を脱がせあって、二人でシャワーを浴びて・・・
いつもの彼じゃないくらい優しいHでした。
「お前の全部を忘れたくないから」
「オレの全部も忘れてほしくないから」
私はもう何も言えなくてうなずくのが精一杯でした。
何度も何度も愛し合って、たくさんの二人の思い出を話しました。
そして、いつもだったら一台の車で帰るのに
二台の別々の車で別れていきました。
その日はずっと同じ曲がラジオから流れていたので
今でも山下達郎のあの曲を聞くと、とっても切なくなってきます。


36 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:31
高校時代、ひそかに付き合っていた先生との初体験。
「君の体が目当てなんじゃない」と言って、1年以上キスもしなかった。
私は体で確かめ合いたかったから、ずっと、口には出さなかったが不満だった。

ある日、そのことが原因で、放課後の校内だというのに大喧嘩。
私が「本当は私のこと、抱きたくてしょうがないくせに!始めは体目当てだったくせに!」と
つい喧嘩の勢いで言ってしまった。彼が思い切り私をひっぱたいた。
私も目の前が熱くなって、殴り返そうとしたら、そのまま腕を引っ張られて
激しくキスされ、押し倒された。

乱暴に制服がはだけられ、スカートが捲り上げられ…。こんなレイプみたいな
形で結ばれるのは嫌で、思い切り抵抗したのに、彼が入ってくると
痛みよりも嬉しさと気持ちよさで真っ白になった。目を開けると、窓の
外が夕日で真っ赤だった。
彼がそのまま一回目で果てると、今度は私からゆっくり唇を重ねて、
抱きしめた。初めて見るペニスなのに、彼のならいとおしく思えて、
私の血がまだにじんでいるそれをそっと握った。で、彼が教えるままに、
フェラチオを覚えた。それから彼は2回いき、痛みが引いた3回目で
私は絶頂も知ってしまった。気が付くと、今度は窓の外は白い月が出ていた。

それから半月もしないうち、彼は学校を辞めてしまった。
私とはあの夕方から一度も言葉を交わさないまま。私の机の中に別れの
手紙が入っていた。

あれからもう12年。沢山の男とセックスして、今の夫とも充実してるけど、
初体験の、あれ以上の経験は、出来ません。心も体も、相手とひとつに
なったセックスでした。

37 :36:2000/11/02(木) 01:37
高校の卒業式で、総代として答辞を読んでいる間、
彼とのあの日のことがまざまざと思い出されました。
でも、いやらしい気持ちにはならず、ただただ悲しく、切なくて
答辞を読みながら、ぽたぽた涙がこぼれたのを覚えています;

38 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 01:44
SEXでは無いんだけど・・・。

学生の頃、クラブの後輩で「かわいいな〜」と思ってた子と
付き合うようになって、いきなり言われた事。

「私、男性恐怖症なの」

話を聞くと、彼女は幼い頃に父親にキスをされた記憶があり、それが自分の中で
「嫌悪の記憶」となったようだ。(父親にはよく暴力を奮われていたらしい。)
はじめて付き合った人とキスをした時、その嫌悪の記憶がよみがえってきて
好きだった人が急に遠くに感じられて、結局別れたらしい。

「だから、あなたのことを嫌いになりそうで怖い。」

自分は独り暮しだったので、たまに彼女が泊まりに来ることがあったけど、
同じ布団で寝ることはあっても、彼女と性的な接触は一切無かった。

そんなこんなで付き合い出して2ヶ月ほど経ったバレンタインデー。
彼女が泊まりに来て、いつものように布団に入ったら、

「今日は挑戦してみる。」

とはいっても自分もかなり惚れていたので、嫌われるのは怖い。
お互いに恐怖との戦いだったと思う。
真っ暗の部屋のベッドの中、二人が向き合って、少しずつ少しずつ顔を寄せていった。
お互いの顔が鼻がくっつくぐらいまで近づき、唇と唇の距離が後1ミリのところまで
来たとき、自分はこう言った。(ちなみにこの間約6時間。外はもう明るかった。)

「最後は自分で決断して。」

思いきって唇を寄せてきた彼女。自分は彼女を抱きしめた。そして長いあいだ唇を
重ねつづけた。そして二人がはじめてのキスを終えたときの彼女の幸せそうな顔は
今も忘れられない。
それから、二人で授業サボってずっとキスしてたなぁ・・・。

もう6@`7年ぐらい前の話。その彼女とは結局別れたけど、初めてしたSEXよりも
初めてのキスの方が鮮明に今でも覚えている・・・。

スレの趣旨と外れてゴメン。


39 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 02:03
>37
泣けた。

40 :名無しです:2000/11/02(木) 02:42
>38
二人で克服した切ない青春の思いでがイイですな〜。

41 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 04:17
感動あげ!


42 :弥生へ。。:2000/11/02(木) 05:22
1年間、激愛した27歳の人妻と別れた。
お互いを最高のパートナー、最高の相性と認め合えた。
派手な遊び人同士だったので、次々にセフレやシモベたちを
切りながらの交際。。
早朝まで遊んではパークハイアットやウェスティン、全日空
などに泊まり、一眠りすると昼過ぎまで貪りあった。
長身の完全な肉体は過敏ともいえるほどに反応した。
けして今までにはなかったことだそうだ。
精神的な求め合いがどれほど実際のSEXにも関係するか
よくわかった。

過去ゆえにたびたび反発しながらも、どうしようもなく
のめりこんでいった。

しかしその子は元夫のところに帰っていった。
その子にはどうしようもない事情があったようだ。
電話もメールも変え、完全に姿を消した。

後日、メールだけで別れを告げられた。
将来を誓った2人にしては文句のひとつでも
いいたくなるような、一方的で冷たいものだった。

…偶然その子の親友と会い、むりやりに聞き出した。
鋼鉄のように強いその子が初めて泣いたということを聞いた。
それだけで充分だった。お互いの感情を断ち切るために
そっけなく振舞うことを選んだ女の気持ちを考えると
俺にも熱いものがこみあげてきた。

2度と会うことはないだろうが、忘れることはない。できない。

43 :バター犬:2000/11/02(木) 05:40
>>38
読んでいてこっちが、恥ずかしいような切なくなったぞ!

44 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 08:16
あげとこう

45 :名無しさん:2000/11/02(木) 08:19
>>38

>>43と同じく!

これは純愛板でもこっちでも関係ないようないい話だ。
こんな話を聞いたからにはあげてから落ちよう。


46 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 09:15
あげ

47 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

48 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

49 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

50 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 11:00
age

51 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 14:40
age

52 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 16:25
みんなそれぞれいい恋愛してるね。涙だね。

53 :>ALL:2000/11/02(木) 17:02
>ALL


54 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 17:56
あげあげ

55 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 19:23
age

56 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 22:57
復帰記念age

57 :奥さん、名無しです:2000/11/02(木) 23:58
だれか〜?

58 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 00:11
このスレがこんなに続くと思ってなかったので、あげ。

59 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 00:43
age

60 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 01:57
AGE


61 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 01:58
SAGE

62 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 02:04
あげじゃん。

63 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 02:21
絶対にアゲ!!!

64 :名無しさん:2000/11/03(金) 02:29
私が高校生の時の話。
高校生になってもいまだ男の人と付き合ったことに結構焦ってた。
そんな高校1年の終わりに同じ陸上部の1つ上の先輩に告白され、どちらかというと苦手なタイプ
だったけど、彼氏ができるという嬉しさで付き合うことになった。
彼の事は徐々に好きになっていけばいいやという感じで最初はとても嬉しく毎日が過ぎていっ

高校2年生になって、お兄さんが私の彼と仲がよかったOBの弟が入部してきた。
3人でいる機会が多くなり、さらに後輩とは同じ電車だったから行きも帰りも一緒に
帰るようになった。(彼は自転車通学なので別方向。)
見かけによらず頼もしい後輩の事をだんだん好きになってしまい、彼と別れを考えるように
なった頃、後輩に告白され、今の彼と別れる決心をし、彼に別れ話を切り出した。

別れ話を切り出した時、無理矢理セックスしようとしてきた。
部室でレイプ同然の形でセックスをした。

結局彼とは別れたが、その時に彼を傷つけてしまったことと、セックスへの
恐怖心で男性恐怖症になってしまった。
幸い共学でも女子クラスだったので部活もやめてからは
男子と接することもなくなり後輩とも一言も話せなくなってしまった。

大学生になっても彼氏が欲しいと思う反面、セックスが怖くて、
せっかく入った大学をやめて女子大へ行き直した。

65 :>64:2000/11/03(金) 02:51
可哀想に・・・
まさに「恋に恋する」状態だったんだろうね。

付き合う前に「苦手なタイプ」と思ってたんだったら、付き合わないほうが良かったろうにね。
いまさらだけど・・・

でも、男性全てがそんな人じゃないことはわかって欲しいです。

66 :64:2000/11/03(金) 02:53
すいません、続きです。
結局彼氏を作ることができず、卒業間近になった。
新年会で久ぶりに高校時代の友達に会い、帰ろうとしたときに、駅で
後輩に会ってしまった。

お互いあの事件以来一言も話してないので、非常に気まずかったけど、
懐かしさから、いろいろ話しているとその後輩は、私の元彼が私とやったことを
聞かされたいた事がわかった。
それを聞いたときすごいショックで悔しくて思わず、あれからセックスが怖くなった
ことを喋ってしまった。

それを聞いた彼は俺と付き合って治していこうと言ってくれた。
以前好きだった人から言われ、自分も変わりたいと思っていたから、
彼と付き合う決心をした。

でも、やっぱり安心できる人でも怖くて、最初はキスするのも本気で
怖かった。
そんな私を見捨てずに根気強く付き合ってくれている後輩に徐々に恐怖と
緊張がなくなり、付き合って1年半でやっとセックスができるようになった。

私が怖がると愛撫の途中でもぎゅっと抱きしめてくれて、不安を和らげてくれた。
セックスって本当に愛があるとこんなに気持ちがいいんだなあとわかったとき
とても嬉しくて、本当に後輩のやさしさに感謝した。
それ以来、セックスに対する恐怖はなくなった。

結局彼とは仕事をするようになってからなかなか会えなくなり別れてしまったけど、
彼がいて、彼とセックスできたことで、普通に男の人とも付き合えるように
なれた。本当に感謝している。


67 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 03:29
んんん、今日は28さん以降から読み始めたが、なんか重量級のいい話
ばかりずらりと並んでいる感じですね。
それぞれの話の中に、書き手の、またその相手の優しさを感じる。
みなさんに幸いあれ。


68 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 04:17
私には3歳下の妹がいるのですが、一緒に生活するようになってからすでに6年が経過しています。
初めて妹とセックスしてからは15年を過ぎてしまい、今ではどこにでもいるようなごく普通の家庭生活をしている夫婦です。
私達がこんな関係になってしまったのは、あまりにも仲良くしすぎていたのが原因ではないかと思います。
妹が中学2年で、私が高校3年生の時に初めてのセックスをしたのですが、それまでは何度となくキスしたりぺッチングに夢中になったりしてたのですが、その時はまだふざけている気持ちが強かったのではと思います。
両親が買い物に出かけた日曜日の昼間に初めてのセックスをしたのですが、妹の体を見た時の感動は今も忘れることができません。キスしながら初めて触れるおめこちゃんの感触それだけでいってしまうのではないかと思い急いで挿入したのですが、あっという間もなく爆発してしまい妹のおめこちゃんの入り口に大量の精乳を出してしまったのです。
その時の妹の声に私は生涯妹を話さないと思ったのです。
「お兄ちゃん嬉しい、お兄ちゃん--」
私に全てを預けた初めての女性が妹だったのですが、このことは今も後悔していません。妹も同じ気持ちです。
それからはお互い時間を作りながらセックスを続けていたのですが、妹が中学3年になった時、生理が遅れ妊娠の心配を初めてしたのですが2ヶ月後にありそれまで悩んだことが嘘みたいでした。
避妊についてはそれから真剣に勉強しこれまで失敗がありません。
父が7年前に亡くなってから、母に二人で相談しながら6年前に
新婚生活を始めたのです。母もいずれこちらに引っ越して遺書に生活するようにしています。
母は私達の関係については気ずいていたそうですが、いずれはそれぞれに結婚するものと思い楽しみにしながら生活してたのが、残念だったみたいです。
新婚生活初めてからは毎月私達の所に出てきていますが、母に聞こえるような声を出しながら妹はいってしまうのです。妹にそのことを尋ねたら、母に愛し合っていることを知らせたいとのことでした。
妹の帰りが遅くなった時、母と二人でこれまでの生活を話したのですが、ちょっぴり寂しかったみたいで、3人で一緒に寝ようかと行った時には嬉しそうな笑顔になり、母に少し意地悪しようと思い、母の後ろに回りそうっとおっぱいを触ったのですが、その時手を重ねてきたのです。
お互い少し酒に酔ってたのがキスまでエスカレートし、妹からの電話がならなかったら母と関係ができてしまってたと思います。
母との関係についてはいずれ報告したいと思っています。
妹大好きです。

69 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 05:39
高校3年生の卒業式の少し前の頃、後輩の男の子と過ごした夜が忘れられないですね〜。
近所に住んでいて昔から知っていたので、意識せずよく家に遊びに行ってたのですが、
卒業式が近づくにつれてその子の様子が落ち着かなくなっていくようでした。
私は海外留学が決まっていました。

最後に勉強を教えに行ってあげた夜は、家には誰もいませんでした。
帰り間際に突然、「もう会えなくなるんだね」と真剣な顔をして抱きしめられました。
「いつも年下扱いされて悔しかった、本当はお前を彼女にしたかった」と…。
いじらしくてキスをすると、驚くほど強い力でソファに押し倒されました。
ずっと「年下の○○君」と思っていたのに、サッカー部の彼の体は私よりもずっと大きくて、
雄の獣のような匂いがして、私はなすがままでした。

70 :69:2000/11/03(金) 05:46
69のつづき。…ところがオチがつくんですよ。
もち童貞くんだった彼は緊張しすぎて、肝心な時に萎えてしまったのですね。
「あれ?あれ?」と焦るのを見かねた私が手で手伝ってあげて硬さを取り戻し、
いざ!と思ったら…。焦りすぎて目的地到達前に発射してしまったのです。
可哀想なほど落ち込む彼に「よくあることだから!」と苦しいフォローをし、
敗者復活戦を約束したのですが、私のインフルエンザでうやむやになり、
とうとうそのまま私は卒業し、海外へ飛び立ってしまったのです。

何年か経って風のうわさで、彼は自称硬派の格闘技マニアになって
「俺は女には興味ないんだーー!」と豪語していると聞きました。
責任をひしひしと感じています。

71 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 06:40
エロ小説作家万歳! age

72 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 07:15
名スレなのかネタなのか・・・


73 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 08:45
どっちでも、いーじゃん。
あげましょ。


74 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 10:39
大学院と時の話です。

当時、僕には4年間付き合っていた彼女がいました。
僕は大学院に入ったと同時に、イギリスの院に語学留学することが決まり、
彼女と、そのことでケンカが多くなりました。

僕の留学期間は2年間、へたすれば帰ってきません。
しかし、彼女にはそのことが言えず、
「半年で帰ってくるよ。」って言ってました。

それでもケンカが絶えず、出発2週間前に大ゲンカをしてしまい
彼女と会わなくなりました。
ところが、出発前夜・・・突然、彼女が僕の下宿先を訪ねてきました。

激しく彼女を愛しました。今までに無いくらい・・・
お互いに分かってたんだと思います・・・これが最後なんだと。

愛し終わった後、いつもは強気な彼女が泣いてました。
「私のこと好き?」
「大好きだよ。」
「・・・良かった・・・」

次の日、空港まで見送りに来てくれました。
「さよなら・・・元気でね・・・」
「うん・・・さよなら・・・」

今から3年前の話です。
今頃彼女は何をしてるんだろう・・・

ふと思い出す、僕のちょっぴり切ないお話です。

75 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 12:08
age!


76 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 16:13
あげとこか。

77 :>74:2000/11/03(金) 16:19
おれも同じ経験があるからよくわかる。
シチュエーションは海外で韓国の女の子と。
こっちも切なかった。キュン

78 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 16:47
age

79 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 19:27
あげ

80 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 19:47
オフィスに残って一人で残業していたら、彼氏が迎えに来てくれた時、
OL姿の私に彼は萌えてしまったらしくデスクでコトに及んでしまいました。
AVの社内恋愛モノみたいなかんじに膝まずいてしゃぶってあげたりしたら
彼氏がすっごい早くいっちゃって、とても恥ずかしそうだった。
同僚はそんなことがここで行われたとは知らずに今日も忙しく働いています。
Sさんごめん。あなたの椅子で合体しちゃったよ。汚したとこは拭いたからさ。

81 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 20:10
3歳年下の、高校生の男の子と付き合ってた時の話です。

いまどきの子っていう感じではなくて、すごく子どもっぽい子で、私にとって
弟みたいな存在で、可愛かったけど恋愛はないかな、と思っていた。
一人暮らしをしてた私の部屋によく遊びに来ていたけど、何もしてこないし。

でも、私の引っ越しを手伝ってもらった日、その子は嫌な顔ひとつせず、一生
懸命重い荷物を運んでくれて、「こいつ優しい」と見直した。
その夜、いつもなら泊まって行くのに、「今日は帰るわ」と言って、出て行っ
てしまった。私は急に、なんでだか寂しくなって、あとを追い掛けた。
すぐに見つけたけど、声をかけるのが恥ずかしかった。

弟みたいとバカにしてたのに、ドキドキしてる自分にとても驚いた。

名前を呼び掛けたら、びっくりして戻ってきた。「どうしたん?」と言うので
私はすっかり赤くなってて、「・・・帰らないで」と彼の腕を掴んで言った。

彼が「ええ〜?」と言っていたから、私も照れて「だって明日で引っ越すから
今日が最後で寂しいから..」と訳の分からない言い訳をしてしまった。
そしたら彼が笑って「そーかぁさみしいんかぁ」と言って戻ってきてくれた。

いままで自分の言うこと素直にきいて、何か見下してる部分があったのに
いつのまにか、私にとってずっと一緒にいてくれる人になってたんだった。

その夜一緒にフトンに入った時、彼がくすくす笑った。「なによ?」と言うと
「さっきの○ちゃん、可愛かったなぁ、って思って」と言った。
私は、自分が年上とか忘れて、カーッと恥ずかしくなった。
その後、そいつは私をぎゅーっと抱き締めた。

でも、その日は何もしなかったんですね。書いてたら恥ずかしくなったんで
続きまたあとで書きます。

82 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 20:49
>81
続ききぼーん!

83 :81:2000/11/03(金) 20:57
すいません81の続きですが...

その数日後、なんとなく他の友達と、夜、心斎橋のクラブに行った。
深夜まで盛り上がって、気が着いたら終電も終わってて、まぁ朝まで遊ぶか
って感じだったんだけど、その友達とささいなことでケンカしてしまい
店を一人で飛び出した。
でもこんな深夜の繁華街で、知った人もいないし、どうしようかと思ってたら
変なオトコがからみにくるし、ホストに引っ張られるしで、恐くなり
彼に電話をかけた。ちょうど起きててくれたみたいだけど「今から迎えに来て
ほしい...ムリ?」と、悪いなと思ったけど、頼んだ。
(彼は高校生だけど18で、車の免許はすでに持っていたのです)
いまから思えば、足がわりにつかってホントに嫌な女だったのに、「うーん、
しょうがないなぁ」と言って本当に来てくれた。

引っ越しの日以来、はじめて見る彼は、髪型が変わっていてなぜか大人っぽく
見えた。帰りの車の中、すごく無口で、怒ってるみたいだった。
どうしよう、こんな夜中に呼び出したんだからそりゃ、むかついてるよな、と
思ったら、自分もしゃべれなかった。

お互い黙ったまま、家に着いたけど気まずいまま帰りたくなかったので
「ちょっとだけ、どっか行かない?」と言うと、彼が近所の夜景が綺麗なとこ
ろまで連れて行ってくれた。

それでも空気は重かったんだけど、彼がぽつっと「こんな夜中にかけてくる
から、心配した」と言った。そして「恥ずかし」笑った。
あー怒ってなかったのかぁと思ったのと、嬉しかったのと、こんな優しい子に
迷惑かけたっていう思いで、「ありがとう」と言った後、何か涙が出た。
彼は「もう〜」と笑って私の肩を抱いてくれた。

私が、「うちくる?」と言っても「う〜ん」と言ってたから、帰ろうとすると、
「帰らんといて」と恥ずかしそうに言った。「じゃあどこ行きたいの?」と
言うと、「○ちゃんち」と言った。
その様子が最高にかわいくて、私は照れて「ばか」と言った。

その夜、いつもみたいに一緒に寝たけど、また何もなしかな?と思っていたら
明け方ごろ、顔をくっつけてきた。
そしてびっくりするぐらい、激しいキスをされた。

ずうっと我慢してたのかなぁと思ったら、すごく愛しくて強く抱きしめた。

それでも!その日私はセイリで、またそれ以上は何も出来なかったのです。
あちゃ〜
じらしてる訳ちゃいますが、続きはまたあとで。


84 :81:2000/11/03(金) 22:02
まだ読みたい人だけ読んで下さい...83の続き。

それがクリスマス直前の出来事で、その後、クリスマスは一緒に過ごそうねっ
て約束した。それでその日こそは、って心では思っていた。

そして当日。仕事がなんか集中できなくてイライラした。
やっと終わって、彼が会社まで車で迎えに来てくれて、私の部屋へ帰った。
車の中で「オレ、今日いちにち楽しみでしょうがなかったぁ。○ちゃんは?」
私「・・・イライラしてた」彼「え(笑」なんてかんじで。

御飯を食べて、お風呂にはいってそーっと布団に入った。すごく新鮮なドキ
ドキ感だった。いつも一緒に寝てるけど、今日は違うという雰囲気だった。

顔を近付けた時、「いいニオイする」と彼が言うので、私は気恥ずかしくて
くすぐったい気持ちになった。


「あのね、あたしセイリ終わった」
「ほんまに?」
「うん」
「...じゃあ、スる?」
「ウン...スる」

それから時間をかけてキスして、私をバンザイさせてシャツを脱がせた。
「ムネ、ちっちゃくてごめん」と言うと、「オレ、ちっちゃい乳首すき」と
言って、胸に顔をうずめた。その顔はとても幸せそうで、嬉しかった。

私も、もうカチカチに勃ってる彼のそれを見たら可愛くていっぱい頑張った。
彼の手にも力が入っているのが分かる。しながら私もすごく興奮した。
彼も、不器用な手付きで触ってくれた。「すごい濡れとるね」と言った。

おもむろに彼がカバンから、ゴムを出した。ちゃんと用意してたのかと思うと
なんだかおかしかった。

もう一度、抱き合って長いキスをした後、彼が私の中に入ってきた。
あんまり上手じゃないけど、やっぱり気持ち良くて、声がすごく出た。
なんかやっとだなぁ...私はとても感動していた。
彼はすぐにいってしまったのだけど、私は満たされた気分でいっぱいだった。
幸せすぎて、本当にずっと、こうしていたいと思った。

今までで、一番忘れられない、クリスマスの想い出です。
長々とごめんなさい。

皆さんの想い出も聞かせて下さいね〜。
そういえばもうクリスマスだ。

85 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 22:03
いいはなし。さらに続ききぼーん!


86 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 22:06
あげあげ

87 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 22:08
81.83.84 よかったー。カンドーしたぞ。

88 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 22:33
あげ〜っ

89 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 22:47
なんかみんなかわいいなー。

90 :奥さん、名無しです:2000/11/03(金) 23:29
ええはなしやー。さかのぼって読もうっと。

91 :まんまん:2000/11/03(金) 23:39
880です!
歌舞伎町の奥地にあるCEANというラブホです。職安通りドンキホーテそばの裏手です。ちょっと、高いんだけど21〜翌日
の15までという長さ都内では貴重な存在ですね。
最近、外出は二時間以内で一回までになってしまったのが残念です。しかし、内装
はとても綺麗でベッドも広くお薦めですよ。
ちなみに、渋谷も同じ位長居できる所があります。


学生だから、バイトのほとんどがラブホ代に消えていく宿命なんです。
お互い、実家なもので仕方ないのですが・・・
だから、旅行行ったりceanに行ったりすると私達は合宿と称して張りきります。
それから、たまに盛り上がり過ぎてお互いに収まりが着かない場合は、街中で人気がない所を探して
イタす場合もあります。


92 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 00:10
かわいく切なく泣ける話きぼーん!!その3目指して頑張りゃ〜


93 :名無しさん:2000/11/04(土) 00:21
あげ

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2000/11/04(土) 01:11
age

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/04(土) 01:40
agesageage


96 :花と名無しさん:2000/11/04(土) 01:47
高校時代、肺炎で入院している時、お見舞いに来てくれたクラスの男の子と。
真面目な子だったのに、パジャマ姿+ベッドというシチュエーションに
切れてしまったらしい。本当は、告白するつもりで来たんだって。
こちらは熱でぼうっとしている時にセックスして、体の芯まで熱くなった
感じがした。

翌日は、熱大爆発でした。死ぬかと思った。いい思い出です。

97 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 02:22
私も、心の整理がついたら、ここへ書きます。
エヘヘ

98 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 02:29
>96
安静にしなきゃね!でも萌えるね!

99 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 02:42
age

100 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 02:48
8年も不倫してた。奥様がガンで倒れて潔く別れた。
それからは一度も会わなかったけど、一昨年奥様が亡くなったと聞いた。
でも、会いたい気持ちをこらえて連絡しなかった。

先月電話があって、5年ぶりに会った。痩せた体が悲しかった。
「明日、息子に会ってやってくれないか?」
嬉しくて、切なくて、ホテルのシーツの上で号泣しながら抱かれた。

年末に籍を入れます。幸せになります・・・

101 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 02:51
>>100
おめでとうございます。

102 :ぱくぱく名無しさん:2000/11/04(土) 03:14
>>100
じーん、と、しちゃいましたよ。
幸せになって下さいね・・・


103 :名無し:2000/11/04(土) 03:22
>>100
幸せになってくださいね。

104 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 04:55
>100 おめでとうあげ!

105 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 08:05


106 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 10:54
つらかった年月の何倍も幸せになってください!>100

107 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 11:45
>100
都合のいい女だにょ〜ん。

108 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 14:25
いいスレあげてロリヲタと処女崇拝教信者に対抗。

109 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 14:40
感動age

110 :名無しさん:2000/11/04(土) 15:02
>>100
これって純愛のほうかもしれないけど、
いい話に板境はない。

111 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 15:09
人のオナニーレス読んで感動するなっちゅうの。

112 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 15:26
>>100
奥さんが倒れたときにきっぱり手を切ったというのが潔くて良いね
えらいよ

113 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 16:07
人のオナニーレス読んで感動するなっちゅうの。

114 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 16:13
>ALL
俺は、彼女に花電車練習させたよ。おかげで、締めなんて半端じゃないし、
圧力のかけ方が微妙な位置にまでくるから、セックスするならこいつ!ってね。



115 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 16:37
>>112
不倫した時点で偉くなんかないじゃん。
潔いと言うなら奥さんいるとわかった時点で諦めるべき。


116 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 16:48
>>100
あなたのせいで死期が早まったのかも。
自分に酔うのもいいかげんにしてください。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/04(土) 18:04
>>115
もし100が奥さん倒れたときにここぞとばかり
後妻に収まったら叩かれまくりだろうね
でもその時点で別れただけ分別あるって事

それに奥さんいるの知ってて付き合ったのかもよ?
関係ないレスはsage。

118 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 18:17
>>115
>>116
まぁまぁ、8+5=13年越しやんか。
生半可な気持ちやないで。
そんなに責めたりーな。

不倫を擁護するつもりはないし、亡くなった人を悪くいうわけでもないが、
奥さんにも不倫される理由が少なからずあったはずやで。

気持ちが離れていたとはいえ、病んだ妻を5年ものあいだ看た夫。
倫理に反した8年を過ごしたとはいえ、ケジメをつけて5年間絶えた彼女。

もう十分つらい目にあっとると思うよ。

ガンで亡くなった奥さんは、気の毒としか言いようがないが、
この2人はあたたかく見守ってやってええんとちゃうか?

子供が受け入れてくれればやけど、
母親はおったほうがええで。



119 :名無しさん:2000/11/04(土) 19:07
100さんの話について:

恋なんだから常識を超えてしまうこともあるでしょう。
100さんの話はやっぱり感動的ですよ。
>>100

120 :age:2000/11/04(土) 19:45
そこまで待ってたってことが、すごいと思う。>100

121 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 20:00
>>116
最低なヤツ これだけひねくれてると可哀想になる。

122 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 20:27
同感・・ついでにあげ。

123 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 20:31
うーん、奥さんの親兄弟、友達だったらそう思うかも…>>116
私も、自分の友達がその奥さんだったら、100さんを憎んでしまうかも。

人間は誰かを傷つけて生きていくんだね。辛いね。

だけど、100さんは自分の業は承知で、その分自分も傷つくことを受け入れて
耐えて耐えていたんだもん、やっぱ、幸せになって欲しいと思う。
大事なのは未来だよね・・・。

124 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 21:18
>100批判者
亡くなった奥さんが不倫をしっていた、と決めつけてない?

俺なんて浮気ばれたことないもんなーー。幾らでもあること
でしょうよ?

125 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 23:14
>>124
奥さんが不倫を知ってようと知ってまいと関係ないじゃん。
ばれなきゃOKな訳?恋愛は理屈じゃないのもわかる。
100がきっと辛い思いをしてたんじゃないかってのもわかるよ。
だからって不倫なんて褒められたもんじゃないでしょ。
8年も不倫して奥さん倒れて身を引いたからって何が偉いわけ?
しかも子供もいたみたいだし、ばれたら子供が傷つくってことも
わからなかったのかな。100は、たまたまばれなかっただけだよ。


126 :奥さん、名無しです:2000/11/04(土) 23:39
>>125
アンタもひねくれてるねー!友達いないだろ?

127 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 00:24
>>125
不倫の是非なら、不倫板でやってちょー。
あなたの否定論は、誰も待ってないみたいだし。


はい、では気をとりなおして、
↓忘れられないSEXをお願いします。

128 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 00:35
>126
自分の意見をしっかりもっている125さんみたいな人は、友達多いと思う。

129 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 01:37
125=128 もしくは類友。


130 :ageko:2000/11/05(日) 01:40
自分は忘れられないSEXないけど、
フンイキ悪〜い、いいお話し聞きた〜い、つーことでアゲ

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/05(日) 01:46
やっと全部読み終わりました…うわーっもうこんな時間だ。

忘れられないSEX、やっぱり初めての時かな。当時19歳。彼、22歳。
大学の先輩(彼)と後輩(私)だったんだけど、もうとてもとても彼が好きで、
デートの時もまともに目を見ることができないくらいで。
付き合って半年、ついに彼の部屋に誘われてすっかり有頂天になった反面、
「どうしよう…」とうろたえてしまった。だって、処女だったから。
でも、どうしようもなく好きだったので、「彼だったらいい!」と決心して
いざベッドへ。ところが…彼のものが入らないー!!何度やっても入らない。
しかも、激痛。入らないし、痛いので彼が「…やめようか…?」という問いに
「明日、再チャレンジ!」と熱い返答の私。ところが、次の日もだめ。
えー!?なぜ?どうして?と悲しい気持ちでまた次の日も再挑戦。すると…
入りました。トンネル開通。あまりの痛さとうれしさにぽろりと涙をこぼしたら、
彼も「なんだかうれしい…」と涙を私の胸の上にこぼした。

結婚して6年。だんなさん(彼)に抱かれるたびに、あの早春の日をふと思い出す。

132 :Q太郎:2000/11/05(日) 02:04
>131
…じーん…。

133 :名無しさん:2000/11/05(日) 02:14
>>131
いいねぇ・・・
しかも結婚のおまけつき(←おまけじゃないって、すいません)。

こういうはなしを わたしはききたい

134 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 02:40
age

135 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 04:45
>>131に感動&共感あげ

うんうん、最初の時は痛いよね。
私も経験遅かった(20代で初体験)ので
不安やら痛みやらで大変だった。ちゃんと?出来るまで
2ヶ月近く…
でも、やっと彼と一体になった時は、本当に嬉しかったなぁ。
痛がると悲しそうな顔をしてやめる彼の心遣いが嬉しくて、ますます好きになった。
その分、時間がかかったけど。
131さんみたいに、私も彼を大事にしよう。

このスレ読むと、純粋な気持ちを思いだしていいね。

136 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 05:27
↑男がヘタなだけだろう

137 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 06:56
age

138 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 08:17
>>121
蒸し返しです。
このような話、世間では時々耳にすること。
自分が不快に感じたのは、
忘れられないSEX板で”嬉しくて、切なくて、ホテルの・・・”
などと書いてしまえることです。引いちゃいました。


139 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 08:31
>>131
この手の話は何度聞いても羨ましい。
でも、いつかは…

140 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 09:10
>138
あなたの意見が聞きたいワケじゃない。
「忘れられないSEX]の話が聞きたいの。
こういう例(不倫)はきっと今後も続出でしょう。
引くなら見んな!!

141 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 11:35
オナニースレッドナンバーワン。

142 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 12:25
>138
ウルサイ!二度と来るな!!しつこいヤツ!!もう次の話題に移ってんだよ!

143 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 14:49
オナニースレッドナンバーワン。

144 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 16:23
>>131
感動あげ

145 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 16:30
オナニースレッドナンバーワン。

146 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 16:36
ノンクリスチャンの皆さん
皆さんはこのようにみだらな性行為に関心をもっているようです。
しかし、我々には理解できません。
我々はみだらな話すらしないように心がけているからです。
皆さんの恋愛や結婚及び性行為に関する具体的な意見や体験談を
お待ちしております。
 できるだけ多くの人の話を聞き、また私達と話し合うべきでは
ないかと考えております。
http://www.icfforum.com/yybbs/yybbs.cgi


147 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 18:19
age

148 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 19:03
いいねー。ここ。
ってことで、あげ

149 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 19:52
あげ

150 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 20:07
オナニースレッドナンバーワン。

151 :奥さん、名無しです:2000/11/05(日) 23:08
感動あげー!

152 :名無しさん:2000/11/06(月) 00:28
名スレ見っけ!


153 :奥さん、名無しです:2000/11/06(月) 00:33
>>141 143 150 ウルサイ。同じことばっかり言うな。

154 :花と名無しさん:2000/11/06(月) 01:48
なんでかわからないけど、それまでつきあった彼氏に「愛してる」と
いったことがなかった。全心全霊、この人の為なら死んだっていいと思える
男と知り合ったけれど、「愛してる」は出てこなかった。

でもある日、いつもより激しいセックスをしている時、座位でいきそうになり、
あえぎ声と一緒に思わず
「あ…ああ…愛してるぅぅぅっ!!!」と言ってしまった。彼は驚いて、一瞬
私の顔をまじまじと見た後、更に激しく突き上げてきた。私は何故か涙があふれて
止まらず、「愛してる、愛してるの」とつぶやきながらいってしまった。

その時の彼が主人です。でもやっぱり、よっぽどのことがないと
「愛してる」なんて口に上ってこないね。次に言う時は、私が死ぬ時かも。



155 :名無しさん:2000/11/06(月) 01:53
>>154
よいかなよいかな。「愛してる」という言葉に真実味がある。
アメリカみたいに毎日「アイ・ラヴ・ユー」と言わないと
離婚になってしまうよりずっといい。
それにしてもいいセックスだったんだねー。



156 :奥さん、名無しです:2000/11/06(月) 09:28
ますます感動あげ

157 :奥さん、名無しです:2000/11/06(月) 09:31
おのろけスレということで。

158 :名無しさん:2000/11/06(月) 12:46
>>154
続報・詳報期待上げ。


159 :奥さん、名無しです:2000/11/06(月) 13:01
オナニースレッドナンバーワン。

160 :奥さん、名無しです:2000/11/06(月) 13:07
あげ

161 :名無しさん:2000/11/06(月) 13:08
文句なし殿堂入りのスレ!


162 :奥さん、名無しです:2000/11/06(月) 15:16
めちゃくちゃ田舎の高校を出て、東京の専門学校に入った。学校の同じクラス
に、男どものアイドルだった子がいた。その子は、俺と寮がいっしょのヤツの
彼女になった。男の方と仲が良かったので、次第にその子とも仲良くなった。
友達の彼女だけど、すごく、好きだった。
学校卒業して、2年くらいたった時、いきなり、その子から電話があった。
仕事、どう?っていうような内容だったけど、すっごく嬉しかった。まだ、
その子の事が好きだった。それから、何度か電話をもらっているうちに、次の
休みに東京へ行くから会おうってことになった。
俺は、嬉しくて、嬉しくて、金を目一杯持って行くから、何でも好きな物
買ってやるって約束した。彼女、困ってたけど。

2年ぶりにあった彼女は、めちゃくちゃ綺麗だった。前よりずっと、大人っぽく
なってた。友達とはずいぶん前に別れていて、今は仕事ばっかりしているって
話してた。靴を買ってあげて、夕飯一緒に食べて、すごく嬉しかった。
そろそろ帰ろうか、送るよ。って言った時に彼女からホテルに誘われた。
本当に、びっくりした。専門の頃の彼女からは、想像できなかった。
もちろん、友達から処女貰った話とか聞かされてたから、してるのは、知って
いたけど、そういう事じゃなくて、意外だった。・・・でも、嬉しかった。
ずっと、抱きたかったし、何度も彼女を抱くところを夢に見ていたし。
でも、夢みたいに、格好良くはできなかった。
嬉しくって、暴走した。シャワーも浴びさせないで、押し倒して、怒られた。
でも、ホテルに来ていても、不安だったんだ。いつ、彼女に止めるって言われ
るんじゃないかって。だから、大急ぎで、しようとした。
今、思い出すと、キスもしないで始めてた。もう、無我夢中で、動いてた。
そんなだったから、すぐ、終わっちゃった。終わって、やっと冷静になれた
けど、もう一回、って言えるような雰囲気じゃ無かった。

さらに、かっこ悪いことに、俺、金が足りなかったんだ。彼女がホテル代、
支払ったんだよね・・・。靴も夕食も、彼女が気遣って安かったんだけどさ。
彼女は、また電話ででも話そうね、って言ってくれたけど、ばつが悪くて、
それっきり。彼女から、一度電話はかかってきたんだけど、話せなかった。
すごく、すごく、後悔した。抱かなきゃ良かったと思った。ずっと、友達で
いれるはずだったのに、あの日から、友達でいれなくなった。
思い出すたびに、自分が情けなくなる。
あの日、なんで彼女が俺に抱かれようとしたのか、今も良く分からない。
でも、1年くらい経った頃かな。結婚葉書が来たんだ。俺の、全然知らない奴
だった。知り合って、すぐに結婚することになった、って書いてあった。
俺は、おめでとうの言葉すら、彼女にはまだ言っていないんだ。
もう、何年も経っているんだけど、未だに彼女のことは好きで、あの日の事も
忘れられない。
もう、子供くらい何人かいるんだろうけど・・・。


163 :名無しさん@:2000/11/06(月) 16:25

(ToT)・・・うんうん、わかるよ その気持ち。せつないねぇ〜。

でも、彼女は君のことは と〜っくに忘れて楽しく毎日を過ごしてるよ。きっと。。。

164 :ノートン先生:2000/11/06(月) 16:44
あ、気が付いたら"その2"始まってたんですね(遅すぎ)
お祝いage


165 :奥さん、名無しです:2000/11/06(月) 18:07
>162
でもイヤな奴にその後も電話したり、葉書出したりしないでしょー。
彼女、「あの人とは縁がなかったのね・・」と思って新しい恋に踏み出して
いったんじゃ?
きっと162サンは彼女の思い出のひとつになってるのでは。
もうお互い触れてはいけない・そっとしとかなきゃいけない思い出だけど。


166 :奥さん、毛無しですね:2000/11/06(月) 18:14
>>165
なんだかこのスレはコメントまで暖かい。
過激板にいることも2chにいることも忘れてしまいそうだ。


167 :こんなのがいいのかい:2000/11/06(月) 19:46
>>166
氏ね!

168 :奥さん、名無しです:2000/11/06(月) 20:27
>167
いいスレなんだから汚さずいこうよ。

169 :>168:2000/11/06(月) 21:31
スマソ

170 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

171 :( ´∀`)さん:2000/11/07(火) 00:14
age

172 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 00:20
ちくしょう、なんだか胸が暖かくなっちまう、、、
ageよう.

173 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

174 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

175 :age:2000/11/07(火) 00:33
age


176 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 00:39
sageで突っこむことないでしょうが(笑

ところでラウンジの「2ch各板の名スレッド」に推薦されてました。
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=968647502&ls=50



177 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

178 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 01:30
処女をあげた人とのSEX。
その人と付き合う前は「好き」の感情からKISSの欲求は理解できたけど
SEXは理解出来なくてSEXは拒んでいた。
でもその人と『もっと近づきたい』って思うようになって
付き合って2週間でSEXをした。
痛くて少ししか入らなくてその時は断念したけど
彼が優しく抱きしめくれて「ごめんね」って言ってくれてた時、
『この人と初めてHして良かった』と思った。
次の日はちゃんと入った。
すごく嬉しかった。
SEXの後、2人して寝ちゃって彼のわきの下で目覚めた時に
最高の幸せを感じた。
寝てる彼にKISSをした。


私の16歳の初体験でした。

その彼とは1ヶ月も持たなかったな。
私が幼くて、本当に好きになって怖くなっちゃって別れちゃった。

多分アレくらい好きになるヒトは5年位現れないんだろうな。。。。

179 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 01:46

 え〜、え〜と・・・覚えてません。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 01:46
↑俺の経験から考えるとネタにしかみえねえようなかわいそな人だな。

181 :178:2000/11/07(火) 01:49
うんと、本当の事です。
文章が下手だからネタのようにみえるのかな。。。
すいません。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 01:49
間違えたさらに上だ。

183 :>180:2000/11/07(火) 02:49
レスつけなくても良し。
> 俺の経験から考えると
なんていってんだったら、書けや。早く。

184 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 02:55
この板の良心だな、ここ。嬉しがらせて泣かせてageる。

185 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 04:51
age

186 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 05:00
>178
現在、そんな感じで付き合っていた娘に避けられています。

どうやったら更正出来るんでしょうね・・・。
嫌われている訳でもないのに(むしろ好かれているのに)
「会いたくない」って言われてもさあ・・・。(泣)

187 :名無しさん:2000/11/07(火) 05:36
>>178
こんな話が聞けるなんて、やっぱりこのスレは殿堂入り!


188 :名無しさん:2000/11/07(火) 06:13
あげとく


189 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 09:04
あつあげ

190 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 12:13
さつまあげ

191 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 13:38
いつもはフツウのエッチだったけど、たまには違うことしよーよって言ったら
目隠しされて、トイレに座らされた。背もたれに縛り付けられて、足をひらか
せて、何するのかと思ったら、剃刀を持ってきて、お毛けを剃りはじめた!
切れちゃったらって恐いのと、あそこをじっくり見られて恥ずかしいのとで
冷や汗もんだったけど、剃られてるぅっていう感覚にすごく感じてしまって
剃り終える頃にはぐっちゃぐちゃ。
つるつるになったそこをすごい勢いで舐められたら、いつもの倍気持ちよくて
「イくぅ〜」って言ったらお腹をおされて、クリをつままれた。そしたら
思わずおしっこが出ちゃったけど、頭まっしろになってたんで死ぬ程良かった
です。

なんて書いたらせっかくの名擦れが台無しになっちゃいますか?
でもまあちょっとマンネリぎみなんで、たまには過激恋愛らしいことも
いいかな〜って思い書いちゃいました。
別スレ??

気を取り直して
イイはなしど〜ぞ〜。

192 :名無しさん:2000/11/07(火) 15:28
>>191
まことに結構ですな〜
また1つこのスレに勲章が増えましたよ。

193 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 16:53
同感あげ

194 :花と名無しさん:2000/11/07(火) 17:27
こういうのもこの板らしくていいぞあげ。

195 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 18:07
府中にいたとき、6人部屋でした。入って2日目の晩に口ですることを
要求されました。続く・・・

196 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 18:12
続ききぼんぬage

197 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 21:58
age


198 :195の続き:2000/11/07(火) 21:59
3日目にはカマホリされました。口に雑巾突っ込まれて・・・。泣くとなめられるので
「こんちきしょう」と思いながら、復習の機会を待ちました。続く・・・

199 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 22:16
つづきさらに木ぼーん!!

200 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 22:20
5年前、俺は小さな内装会社にいた。ある日、その会社に社長の知り
あいだという30代の女が出入りするようになり、社長のとってきた
仕事を担当するようになった。フリーランスのインテリアコーディ
ネーター。仕事は可もなく不可もなく。いつも飾り気のない服装を
していたが、服の上からも細い肩と豊かな胸が見て取れた。社長
は、彼女の仕事ならどんな小口でも現場に付き添ったし、出張にも
同行した。当然社内における彼女に対する認識は「社長の女」だっ
た。バブルがはじけて、ボーナスカットの噂が流れていた時期、彼
女のギャラは「破格」(経理の女談)。5人しかいない社内の雰囲気
はどんどん悪なっていった。

彼女と組む仕事をまわされた時、俺はこの時とばかりに悪態をつき
まくった。「アンタは良いよな」「おとなしく愛人やっててくれ
よ。会社に迷惑掛けない範囲で」。



201 :200の続き:2000/11/07(火) 22:31
その仕事の打ち上げの時も、俺は酔ってからんだ。彼女は初めて反論した。「身体で仕事とってるわけじゃないよ。試してみる?」

寝てみて本当に混乱した。指1本入れるのがやっとの狭さ。
「痛い、動かないで」といった彼女の鼻の頭には、汗の玉が浮かんでいた。でも、俺は演技だと思い、乱暴に動いて彼女の中で果てた。「社長の女を汚してやった」征服感でいっぱいだった。

彼女はそれ以来会社に姿を見せなくなった。

202 :198の続き:2000/11/07(火) 22:33
そのうち快感を覚えるようになってしまいました。続く・・・

203 :201の続き:2000/11/07(火) 22:43
しばらくして、社長から彼女の身の上を聞かされた。

社長には、弟のように可愛がっている後輩がいたが、例の航空機事
故で死んでしまった。その後輩は、天涯孤独の身で葬式は社長と、
残された後輩の恋人とで出した。

その恋人というのが、彼女。

彼女は、それ以来10年間、男をまったく寄せつけない生活をおくっ
ていたそうだ。



204 :勇気:2000/11/07(火) 23:19
5年前の大学浪人時代、予備校でひとめぼれした女の子がいた。
その子はどちらかというと、おとなしい純情そうなタイプ。
クラスが違ったから、名前が分からなかったけど、彼女が一人で
自習していた時に思いきって声をかけてみた。
そして後日、名前を何とかして調べて、彼女を予備校の隣のビルで
待ち合わせて話をした。
当時俺は女の子と手をつないで歩くのも恥ずかしく思っていた時で、
彼女も男と2人きりで、長い時間話すことなんて経験なかったそうな。
他愛のない話だったけど、彼女の仕草や屈託のない笑顔と雰囲気に
ますます引かれていった。となりにいるだけで、心臓がドクドク動いている
のが分かるくらい緊張していた。そして、右腕を回して思わず肩を抱き寄せた。
彼女はびっくりして固まってしまったけど、俺は何も言わず、ぎゅっと引き寄せた。
その時はそれだけで、2人で何事もなかったように予備校に戻った。

その2ヶ月後の夏のある日、彼女を散歩に誘った。
予備校に行った人なら分かるかもしれないけど、お金がないし、気が滅入って
しまいそうな毎日だった。その日も、気晴らしのつもりだった。
近くの公園を2人で話しをしながら歩いたり、ベンチに座ったりして過した。
あの日以来、声をかけづらかったけど、いろんなことをしゃべった。
彼女はいつものように明るく、そしてまぶしかった。
幅の狭い小道に入った時、彼女を思わず抱き締めた。俺が初めて抱き締めた
女の子。この時も彼女はびっくりしてたけど、何も言わずに抱き締めさせてくれた。
彼女のぬくもりが腕と体に伝わり、さらに柔らかい体をぎゅっと抱き締めてた。
背が低い子だったから、顔は俺の胸にあたっていた。夏で薄い服を着てたから
彼女の全身のぬくもりを感じた。
このまま時が止まってしまえばいいのにと、この時ほど願ったことはなかった。

腕を緩めたら、彼女は顔を赤くしてうつむいたままだった。
男と付き合ったことがないって言っていたから、多分初めてだったと思う。
しばらく沈黙が続いて、ベンチに座るよう促した。座っても彼女は下を向いたまま
だった。
悪いことをしたと思った俺は「ごめん」と言った。そうしたら彼女は「ううん、
嬉しかった。私初めてだったから、どうすればいいのか分からなかったの。ごめん」
と言った。この一言がたまらなく嬉しかった。
そして彼女の手を握った。俺も彼女もこういう状況で手を握ったのは初めてだった。
沈黙後、「歩こう」と言ってその場を離れようとしたとき、彼女が「ありがとう」
と一言。「俺で良かった?」と聞いてみると、うなずいた。周りを見渡せば誰も
いなかったから、「もう一度抱き締めたい」って、思わず調子に乗って言ってしまった。
今度も何も言わず、うなずく彼女。
俺は下から持ち上げるように彼女を思いっきり抱き締めた。彼女の体と俺の体が
さっきより密着してる。
体全体で大好きって伝えたかった。彼女の体はさっきより熱くなっていることに
気付いた。
どのくらいか分からないけど、ひたすら抱き締めた。

その後は手をつないで公園から並木通りを歩いた。
異性と手をつないで街を歩いたのは、お互い初めてだった。
俺は俺の隣の大好きな女性を見て欲しいという気持ちで歩いた。
手をつないで歩いている時の彼女、今まで見たこともないくらい笑顔が素敵だった。
目に見えない何かに縛られていた感じがしてたけど、その時は自由にはばたいていたようだった。
手をぎゅっと握ったら、気付いた彼女は下を向く。文字通り、時間を忘れて過した。


浪人していたこともあり、結局進展しなかった。
恋愛経験がなく、お互いどう進めればいいのか分からなかったし、クラスが違う
こともあって合わなくなった。
そして、違う大学に行き、もう会うことはなくなった。
もし、出会うのが時間やお金がまだ余裕のある大学に入ってからだったら、間違い
なく付き合っていた。今まで、これほどこの人を幸せにしたいと思ったことはな
かった。
俺の腕には彼女のぬくもりが、心には彼女の笑顔が今でもある。
俺の19歳の思い出。

205 :勇気:2000/11/07(火) 23:22
つづき

腕を緩めたら、彼女は顔を赤くしてうつむいたままだった。
男と付き合ったことがないって言っていたから、多分初めてだったと思う。
しばらく沈黙が続いて、ベンチに座るよう促した。座っても彼女は下を向いたまま
だった。
悪いことをしたと思った俺は「ごめん」と言った。そうしたら彼女は「ううん、嬉しかった。
私初めてだったから、どうすればいいのか分からなかったの。ごめん」と言った。
この一言がたまらなく嬉しかった。
そして彼女の手を握った。俺も彼女もこういう状況で手を握ったのは初めてだった。
沈黙後、「歩こう」と言ってその場を離れようとしたとき、彼女が「ありがとう」と一言。
「俺で良かった?」と聞いてみると、うなずいた。周りを見渡せば誰もいなかったから、
「もう一度抱き締めたい」って、思わず調子に乗って言ってしまった。
今度も何も言わず、うなずく彼女。
俺は下から持ち上げるように彼女を思いっきり抱き締めた。彼女の体と
俺の体がさっきより密着してる。
体全体で大好きって伝えたかった。彼女の体はさっきより熱くなっていることに
気付いた。
どのくらいか分からないけど、ひたすら抱き締めた。

その後は手をつないで公園から並木通りを歩いた。
異性と手をつないで街を歩いたのは、お互い初めてだった。
俺は俺の隣の大好きな女性を見て欲しいという気持ちで歩いた。
手をつないで歩いている時の彼女、今まで見たこともないくらい笑顔が素敵だった。
目に見えない何かに縛られていた感じがしてたけど、その時は自由にはばたいていたようだった。
手をぎゅっと握ったら、気付いた彼女は下を向く。文字通り、時間を忘れて過した。

206 :勇気:2000/11/07(火) 23:22
つづき

浪人していたこともあり、結局進展しなかった。
恋愛経験がなく、お互いどう進めればいいのか分からなかったし、クラスが違うことも
あって合わなくなった。
そして、違う大学に行き、もう会うことはなくなった。
もし、出会うのが時間やお金がまだ余裕のある大学に入ってからだったら、間違いなく
付き合っていた。今まで、これほどこの人を幸せにしたいと思ったことはなかった。
俺の腕には彼女のぬくもりが、心には彼女の笑顔が今でもある。
俺の19歳の思い出。

207 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 23:23
>204
純情恋愛もいいね

208 :勇気:2000/11/07(火) 23:24
つづき。最後です。

まとめて書いたけど、読みなおしたら当時のことが昨日のことのように思い出される。
あの時、俺にもう少しの勇気があれば、違う結果になっていたと思う。
心に彼女がいることもあって、何人かと付き合ったりしたけれど、どこかで彼女を
探してしまう。

ここで言うのもおかしいが、今年の年末に久しぶりに実家に帰って、思いきって電話して
みようと思う。書いてたら、彼女の笑顔を思い出してしまって。
彼女に付き合っている人がいるかもしれないし、俺のことを忘れているかもしれないけど、
俺の心の整理が今もついていない。どういう結果になるか分からないけど、心に区切りを
つけるためにも、会いたい。
自己チューだが、声が聞きたい。機会があれば、彼女と会いたいと思う。会って、
あの公園と並木通りを歩きたい。
今度は暑い夏じゃなくて、雪化粧をしているあの思い出の場所を。変わった俺を見て欲しい。
まずは話しが出来る関係まで持っていきたいと思う。心にまだ彼女がいることを秘めて。
今なら言える一言を俺は勇気と一緒に持っている。

スレのテーマに沿ってなく、長くなり申し訳ない。


209 :奥さん、名無しです:2000/11/07(火) 23:49
>208さん
頑張れ

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 23:50
忘れられない恋愛の方に書くことをおすすめだー
いいなーわかいなー


211 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 00:06
>>200
そりゃぁ社長が悪いよ。社員に誤解されて当然だな。
社長も悪い気しなかったんじゃないか?


212 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 00:16
ageですよ。

213 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 00:49
agenakya!!

214 :うめずかずお:2000/11/08(水) 00:52
もっとどろどろのネタはないのかね?


215 :名無しさん:2000/11/08(水) 01:48
>>208さん。
上でどなたかが書かれているように、純愛板にふさわしい題材だとは思いますが、
よい話ですね。初々しい恋が成就することを祈ってます。

>>200さん。
胸の痛くなるようなお話でした。
エッチシーンが少ないのがちょっと残念?

>>214さん。
とりあえず、>>191をご覧になっては?

216 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 02:14
ずっと気にいっていた子がいた。
田舎から出てきた子で、モデルになりたいってがんばってた。
でも、のりが凄い良くて、きれいなわりには気さくで、
とにかくみんなと一緒にいるときは、のりがさらによく、気配りのきく子だった。
でも二人でいるとデートしても、デートと呼べるほどにならず、
さらに、話にも詰まって、本当は相性合わないんだな、
なんて思ってた。みんなといるときは、あんなにのりがいいのに
二人だと、話につまって・・・
彼女は、僕を気に入っている、それは分かった。
でもそれは僕がどんなときも、変な方向に(Hなね)話をもっていかない
からなんだなって、それも分かっていた。
口癖のように、男の人って、すぐHっていう、って怒ってた。
そんなことを言われたら、なおさら何もできない。
遊びにいっても、手もつなげす、ドライブか、食事。
進展しない関係と、よくいう「いい人」になっている自分にいらいらして、
何度ももう逢わない、っていおうと思っていた。
でも、ある日覚悟をきめて、留守電にこう残しておいた。
「旅行いこうよ」って。つぎにみんなで会ったとき、彼女は
「うん、いこうよ、いこうよ」って超のっている、いつものように。
でもさ、旅行だったら、Hありでしょ、って考えていた。
だって当然だよなって。
そして当日、何気ない昼間の旅行が終わって、ホテルへ。
相変わらず手もつないでなくて、ああ、どこで、Hにもっていったら
って考えてた。
彼女は、ダブルベッドであるにも関わらず、平気で寝ようとしている。
試しに、お休みのKISSみたいにしたら、何も言わないので、
胸を触った。そしたら、「ダメ」って。
ああ、この旅行って何なんだろうっておもったら、話し合いになって。
でも頼んだ。正直に抱かせてくれって。
そしたら「でも、最後になるよ、そういう関係なったら。
私はH嫌いなの」っていった。僕はその時、このまま友達でいるか
最初で最後のHを選択するか、ってことになった。
そして、Hを選択した。彼女が覚悟してからは、いままで手もつないで
いなかったのに、もうなれ合っているように普通にKISSができて、
不思議だった。ぎこちないのが嘘のよう。
下をさわったら濡れていた。これも不思議、だってH嫌いなんでしょ?
入れた瞬間、大きな声をあげて。
驚いた、こんな子もいるんだって。いままでで一番過激な反応をする子で。
だって演技なんてあり得ない。ホントに、こういう体なんだって
感激した。だって質の悪いAVみたいに、入れた瞬間大声出すから、狂ったように。
へえ、と思った、こういう女の子もいるんだって。
超興奮したけど、いけなかった。終わったあと、彼女は同じこといった。
Hで気持ちいいって思ったことないって。
それは嘘だと思う。でも、自分が変わってしまうから、なお、そういう関係を
避けてたのかなって。それを見られたら、最後なのかなって。
妙にいろいろ納得させられた。
それで、終わった。約束だし、秘密知ったし。
駅での最後の言葉は、元気でね、だった。
それ以来、彼女も、かけてこないし、僕もかけてない。
本当にそれが最初で最後の、何度も抱きたくなるような不思議なHだった。
好きだったけど、別れは意外とすっきりした、けじめになったからかな。
こんな僕にしてくれた彼女にそっと感謝した。


ながくなってゴメン。よんでたら書きたくなった。

217 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 03:09
ここは、恋愛小説発表の場かい! 

218 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 03:10
カラオケでのエッチかな

219 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 05:15
taikouage

220 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 09:31
あげるよ

221 :200@昨日は酔っぱらって寝ちまいました:2000/11/08(水) 11:06
>>211
社長は、事故の補償交渉の時、彼女に何もしてやれなかったのを負い目に感じ
ていたそうだ。「事実婚を主張して、何がしかの纏まった金が彼女のもとへいくようにしてやるべきだった」と言っていた。

俺の声は、社長もビビるほど、その後輩に似ているそうだ。
「良く思われていないのは知ってるけど、あの声で名字呼ばれるだけで嬉しい」
と、彼女は言ってたという。

俺は彼女を抱いた時、名前を呼ばなかったどころか、終始無言だった。




222 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 11:16
age

223 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 11:41
>200

仕事中に、不覚にも泣いてしまったよ。
その女の人があまりにもあわれで。
お前は死んだ恋人と同じその声で、彼女を傷つける言葉しか
吐けなかったんだな。


224 :名無しさん:2000/11/08(水) 13:39
悲しい恋の話。
でもありがとう。


225 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 14:32
age

226 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 14:36
あげ

227 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 14:36
age

228 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 14:40
age


229 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 14:58
いつからか分からないけど、君の髪が一番黒く見えて。だから、いつでも目に
ついた。声だって、一番先に聞こえてくる。だから、付き合おう。

って、高校3年の春、彼から告白されました。人に言うと、何時も笑われる。
きざだって。ホントに、小説とか漫画とか・・・歌詞から引用したみたいな
言い回しの多い人でした。でも、聞いていて、いつも気持ち良かった。
お互い受験生だったし、お付き合いって初めてで、いつも勉強してました。
そして、受験校を決める時、1校だけ、地方の同じ大学を選びました。
念願適って、二人とも第1志望に合格。それが、その大学でした。私の両親は
反対したけれど、押し切って二人で同じアパートのお隣に住みました。
幸せだった。おままごとみたいだったけど、ほんとに嬉しかった。朝起きると
壁を叩いて、私の部屋で朝食食べて、学校に一緒に行きました。学部が違う
から、先に帰った方がお夕飯の用意して、部屋で待っていました。

3カ月。彼と、一緒に大学生活を送ったのは、それだけです。
ある日、大学で、彼は倒れて・・・そのまま入院しました。移植が必要で、
地元の大学病院に移されました。私も、夏休みを待ってすぐに帰りました。
彼に適合する提供者を待つうちに、彼の様子も悪くなって。
そんな時、結婚写真を撮りたいと彼から頼まれました。
私達は、周りの大人に頼み込んで、1日だけ担当医の同伴で外出許可をもらい、
写真を撮って、指輪を交換して、夜は二人で同じベットに寝ました。
担当医からは、SEXなんて激しい事はできないと釘を刺されていました。
二人で、裸になったけど、彼の痩せた体が悲しかった。彼は、絶対、死なない
って繰り返して、私の全身にキスしてくれました。抱き合っているうちに、
動かないから入れたいって、彼が泣きながら言い出して。
私は、担当医の言葉と、彼の涙に板挟みになって、どうしたらいいのか分から
なくなり、彼の前では泣かないと決めていた。けど、涙が出て止まらなくて。
結局、絶対に動かない、と約束して、彼を受け入れました。

その時の、感覚を、書こうと思ったんですが、なんて書けばいいのか、分かり
ません。

それが、彼と抱き合った、最後の日になりました。
私は、忘れようとしたこともあったけど、やっぱり忘れられない。

230 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 15:39
>229さん
とてもつらいことをお聞きしますが、
今、彼はこの世にいらっしゃいますか?
忘れろとはいいません。あなたがいつか、結婚しても
彼のこと無理に忘れる必要ありません。
むしろ忘れてほしくありません。他人が言うのも差し出がましい
のですが、読んでいて涙が出そうになりました。

いい言葉が見つからなくて申し訳ありません。


231 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 19:07
>>230
>とてもつらいことをお聞きしますが
言わずもがな…ってことですよ。
初々しくて、儚くも美しい恋の物語があった。それがまたひとつ
私達の心に小さな共感と潤いを与えて、みんなの心の中に、大切に
しまいこまれていく。そういうことです。

232 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 19:36
うん・・私も聞かせてもらったそれぞれの「忘れられない」思いを心にしまいこんでます。
よって、あげ。

233 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 20:58
age

234 :名無しのエリー:2000/11/08(水) 21:07
初めての人…2ヶ月前にふられた同い年(16歳)の彼です。

初めて試したのは中学の卒業式の4日後。
付き合い始めて4ヶ月の時です。
その時はやっぱり失敗しちゃったんです。
洋服を着たあと、「大丈夫?痛い?」って聞いてきたんです。
「ちょっと痛いかも」って言ったら、泣きながら「ごめんね。ごめんね。」
何度も謝ってました。
「大丈夫だよ」って言うと、ぎゅって抱きしめてくれました。

成功したのはそれから2ヶ月後。あまりの痛さに、途中でやめてくれました。
悪いな…って思ったのですが、彼は初めて一つになれたことが嬉しかったらしく、
強く抱きしめてくれました。
それからは、「好きだよ」から「愛してるよ」に変わりました。
「結婚しようね」とも言ってくれました。
はたから見たら、子供のおままごとかもしれません。
でも子供なりに、お互い真剣に愛していました。

夏休みは彼のバイトが忙しく、会えない日ばかりでした。
しかも彼のバイト先は人が少なく、彼が代わりに入ることが多かったんです。
2回もドタキャンされては、私も黙っていられませんでした。
結果的には私が悪かったのでしょう。
それからは何度か小さなケンカがあり、それでもそのたび仲直りしていたんです。
8月31日。夏休み最後の日は一日中一緒にいました。
買い物に行ったあと、彼の家で過ごしていました。
その3日後。私は電話でふられてしまいました。
とても悲しくて、信じられなくて。原因はその前日のケンカです。
何度も自分を責め、泣きました。

その1ヵ月後、彼からメールが来ました。「会いたい」という内容でした。
私は彼の家に行き、いけないとは思いつつもしてしまいました。
そのあと二人で想い出の曲を聴いていました。私はいっぱい泣きました。
彼が手をつないできました。彼もうつむきながら泣いていました。
その涙の意味はわからなかったけれど、帰る時玄関まで送ってくれた彼は、
私がエレベーターに乗るまで見送ってくれました。
やっぱり彼は泣いていて、私も泣いていました。

それから一度も彼に会っていません。
お互い、あれが最後だとわかっていました。
一度でも結婚の約束をした彼を、なかなか忘れる事は出来ません。
それは、決して「子供のおままごと」ではなかったからです。

長くなってすみません。忘れられない私の初めての人です。

235 :奥さん、ケンです:2000/11/08(水) 21:14
>>229
なるほど、トドメを差したわけですな

236 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 22:09
>>234
泣けた。感動age!


237 :奥さん、名無しです:2000/11/08(水) 23:46
age

238 :名無しさん:2000/11/09(木) 00:22
>>235
2ちゃん的にはそれでよいが、このスレではやめよう。

239 :名無しさん:2000/11/09(木) 00:58
>>229
>>234
このスレは純愛板より胸に突き刺さる話が多いんでないの?
一体どうなってるんだろう?
ホント泣けてしまった。


240 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 01:10
なんだか,最近は書きこみのペースが早いのかな。
一日に,ずいぶんと色々な話を読ませてもらっている感じだ。
しかも、それぞれ中身の濃い。
ひとつの考えさせられる話が、すぐ次の胸に迫ってくる話によってたちまち忘却のかなたに行ってしまいそうだ。

ときどき、「今,全部読み終わった」という方がいるが、もしよければ,全部一気に読んだ中で,特筆すべき印象をもたれた話をあげてくれないか。

俺的には、前の「その1」の、104さん、203さん、555さんあたりが、とりわけ強く心に残っている。
ちょっと見つけられなかったが、風俗の女の子のことを書いた方のも、印象深かった。
この「その2」になってから、100さん、229さん。

しかし、ほかにも印象深い話がたくさんあったはずだ。
そして、さらに話を続けて詳しく語ってくれさえすれば、さらに印象が深まる話もたくさんありそうだ。
総じて、どの話も何かこちらに考えさせるものをもっている。
ただ単に一生懸命セックスしたというだけの話でも。
短い文章の中にみんなの色んな思いが詰まっている。そんな感じだ。
また、話を聞かせてくれ。


241 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 01:39
2ちゃんで泣くなんて思わなかった…
みんなありがとう
あげ!

242 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 04:28
うわぁ沈んでる。あげます。

243 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 07:00
>全部一気に読んだ中で,特筆すべき印象をもたれた話をあげてくれないか。

んなもん決まってるだろう
「そんなある日にした、初めてのアナルセックス」age

244 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 08:32
>243

俺も!!

245 :うわ:2000/11/09(木) 08:49
ええ話やなぁ・・ぐすっ

246 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 10:14
あげ

247 :処女ヲタ:2000/11/09(木) 10:36
処女の女子大生(19)としました。
本当に可愛い娘でした。ウソみたいと思えるような可愛さで、
申告は処女だったけどウソかなと思っていました。
こんな可愛い娘を周りがほっといたのだろうかと感じるほどだったのです。
でも、行為前の恥らい方、最中の痛がり方、行為後の出血、
どれを取っても処女を疑う要素は皆無でした。
私の悪い癖で可能な限り生入れでやりたがっちゃうのですが、
この娘の場合も「生の方が痛くないから」の言葉で納得させ生で挿入しました。
かなり痛がりました。私のはビンビンなのですが、きつくてなかなか入りません。
1回目はなんとか挿入できたところで痛がるので、一旦休憩。
「これで一応処女じゃなくなったね」などと話ながら、ゆっくりと愛撫
初めての挿入を終え、彼女もリラックスしてきました。
初めに味わった痛さも薄らいできた様でした。
2回目はしっかりピストンでき、腹の上に外出ししました。
痛かったけど、男の人がイクところも初めて見て興味を感じている様でした。
その後一緒に風呂へ行き、ていねいに彼女の身体を洗ってあげました。
湯船に二人でつかりながら今度はフェラチオに挑戦しないか?とか
体位もいろいろあるから教えてあげる、といった話をしていました。
「優しい人で良かった」別れ際に彼女がそう言ってくれました。
今までの話もいい思い出ですが、本当に忘れられないセックスは続きに書きます。

248 :処女ヲタ:2000/11/09(木) 10:53
続きです。
次に彼女に会ったのは前回から3週間後でした。
前回の時にお互いのスケジュールから会う日を決めていたので
予定通りのデートでした。
食事の時に彼女の様子が少し変でした。
ちょっと落ち込んでいるような、悩んでいるような素振りです。
ホテルの部屋に入って「どうしたの?」と今日何度か繰返した質問をすると、
「妊娠したみたいです。昨日産科に行ったから間違いなくて・・・」
正直びっくりしました。
今まで10数人としてきて妊娠は初めてです。
私以外の相手か?という疑問が湧かなかったわけではないですが、
彼女の家庭環境、学校のスケジュール等を考えるとまず考えられませんでした。
もちろん彼女も私以外にありえないと思っている様でした。
彼女に対してびっくりした様子は見せてしまいましたが、
うろたえたり逃げようとする素振りは見せてはいけないとその時私は考えました。
この娘だったら外見はもちろん性格もいいし、できるだけ長く付き合いたいと
思っていましたので、最終的に結婚という話までいってもいい、いや、
むしろそれはすごく嬉しいことだと一気に考えたのです。
「びっくりした。ごめんね。初めてなのに妊娠させちゃって。
でも、ちゃんと面倒を見る。好きだから。嬉しい気持ちもある」
というような意味のことを伝えました。
話の途中から彼女は泣き出していました。可愛いですが弱々しいところはなくて、
芯の強そうな娘だったので泣いたのは意外でした。

249 :処女ヲタ:2000/11/09(木) 11:09
また続きです。
彼女は私から「そんなの知らないよ。」と言われる
ことも覚悟していたそうです。
生理が来ていないことに気づいてから悩みに悩んで産科へ行き、
恐れていた答えに目の前が真っ暗になっていた矢先に
優しい言葉を聞きホッとしたのが涙になった様です。
彼女の家庭はかなり厳しく、母親にもまだ相談できていないとのことでした。
また、まだ胎児は小さ過ぎて着床が確認できておらず、
流産の恐れもあるとのことでした。
そして彼女は大学1年生ということもあり中絶したいと思っていました。
そういった話を聞きながら泣きじゃくる彼女を抱きしめているうちに
自然とお互いにキスをしていました。そしてベッドに一緒に倒れこみました。
この時のセックスは本当に一生忘れられないと思います。
まだどんなに濡れていても挿入時には痛い様でしたが、挿入してからは
ずいぶんと楽になった様でした。
彼女をいとおしいという気持ちが最高潮に高まっている時にセックスをするのが
こんなに気持ちのいいものなのか、と思いました。
彼女も初めてセックスを気持ちいいと感じてくれた様でした。
今度は思いきり中に出しました。


250 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 11:11
のろけかよ〜。
かんべんしてくれ。聞きたくねーな。

251 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 11:20
つーかさ、何かおかしいよな?
初セクースから3週間で妊娠しねえだろ。
3ヶ月にすればリアリティあって良かったのにな。

252 :処女ヲタ:2000/11/09(木) 11:22
またまた続きです。
一度射精してもしばらくしたらすぐに元気になってしまいました。
彼女はもうへとへとです。中に精液が残っているので、
気持ち悪いから挿入はしないでと言います。
そこでフェラチオをしてもらいました。
初めは口に含んだだけです。でも私の指示で徐々に舌を動かしたり、
顔を動かしてくれました。それでもぎこちない動きなので、
なかなかイケそうにありません。私が腰を動かすことも加えました。
イキそうになった直前にとうとう彼女がむせてしまい、
精液が彼女の髪の毛にかかってしまいました。
「あ、ごめん。」「ううん。いいよ。」
なんとなくおかしくなって二人で笑い合ってしまいました。
やっと彼女が笑ってくれました。
髪の毛はまたていねいに洗ってあげました。

その後紆余曲折があり、今は彼女とは会っていません。
彼女は私が付き添って中絶手術を受けました。
結婚の申込みは断られました。
私にとってここまで印象の強いセックスと
ここまでダメージの大きい失恋は初めてでした。
処女ヲタになったのは、また彼女みたいな娘に会えるかもしれないと
思っているのかもしれません。



253 :処女ヲタ:2000/11/09(木) 11:25
>251
妊娠は本当に3週間後に判明しました。
同意書にもサインをし、産科の病院で
中絶手術にも立ち合ったので妊娠していたことに間違いはありません。


254 :名無しさん:2000/11/09(木) 11:30
処女ヲタ氏へ

あなたのレポートは、相手が純情な処女だったという以外、
これといって面白くありませんでした。彼女には健気さを
感じますが・・・
しかも、あなたが童貞でもないのに処女を求めるというの
は随分身勝手な気がします。

以上、個人的な感想でした。

255 :処女ヲタ:2000/11/09(木) 11:43
>254
童貞でないのに処女を求めるのは本当に身勝手でしょうか?
足の悪い人が健常者を求めてもいけないのでしょうか?
眼の悪い人が健常者を求めてもいけないのでしょうか?
犯罪者がまじめで純粋無垢な人を求めてもいけないのでしょうか?
太ってる人が痩せている人を求めてもいけないのでしょうか?

これ以上続けたらこのいいスレが荒らしにあってはいけないので、
この話の続きをする場合は別のところで。

256 :254:2000/11/09(木) 11:54
>>255
すいません。少々言葉遣いが悪かったと思い反省してます。
上の比喩は的外れのような気がしますが、思い入れはよく
伝わってきます。

このさい思い切ってマトモな処女スレを立ててみては
いかがでしょうか?
処女スレは削除対象になることがあるとは言っても内容
次第だと思います。私としては、そのような思い入れの
ある処女ヲタさんのスレなら覗いて見たいと思います。

うまくいけば、女性の方も参加してくれるかも知れませんよ。
それぞれの処女時代や初めてのときのことを懐かしんで。

では、期待してます。

257 :処女ヲタ:2000/11/09(木) 12:27
>256
続きは別スレと言いながら、もう一回だけ。
はげましありがとうございます。
言葉使いは気にされているほど悪い様には感じませんでしたよ。
マトモな処女スレ・・・立ててもすぐ荒らされるんです。
だからしばらくは他のスレで処女関連レスをしようかなと、思います。


258 :254:2000/11/09(木) 12:33
>>257
>マトモな処女スレ・・・立ててもすぐ荒らされるんです・・・
例えば、ローカルルールスレや雑談スレで、
「俺はマトモな処女スレを立てたいから荒らさないでくれ」
と宣言されれば、多少は応援を期待できると思いますが・・・
いずれにしても期待してます。


259 :名無しさん@woman:2000/11/09(木) 12:38
ほおほお。
意外とみんな知識浅くってびっくりだ。

「3ヶ月なの」ってドラマでよく使われてるやつね、
3ヶ月実際にたってるわけじゃないんだよ。
前回の生理開始から数えるんだよ。

だから、1の彼女の3週間ってあたりだと、2ヶ月目くらい。
エコーかけて見るとやっとわかるかわかんないくらいですね。

処女のことばっか妄想してないで
もっと現実を勉強しましょうね。

260 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 13:04
>259
煽り右座位。

261 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 13:48
>>260
でも>>259の書いていることは真実。

262 :名無しさん:2000/11/09(木) 13:59
>>259
貴重なことを教えていただいたことに私(男)は感謝します。
恋愛にまつわる色んな話が聞けるのはいいことです。


263 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 14:24
そうだね…男の人って、セクスに関する情報は山ほど頭に入ってるのに、
当然そこにまつわる妊娠に関する知識はさっぱりって人、多いものね。
自分が無知なのに、今まで彼女に対して
「中田氏してないもん、俺。そんなの知らねえよ」とか
「この前セクスして妊娠2ヶ月?うそつけ、俺の子じゃないだろ」とか
言ってしまった人、結構いるんじゃないかな。

スレ違いレス失礼。さげ。

264 :その1:2000/11/09(木) 15:09
おさななじみ

私の家の隣には同級生の女の子が住んでいました。
いわゆる幼馴染みです。小学校低学年までは
よく遊んでいましたが、学年が上になるにつれ
女の子と遊ぶのが恥ずかしくなり、私の方から
避けるようになりました。学校で逢っても
わざと無視したりしていました。それでも
女の子の方はいつもニコニコしててくれました。

親同士が仲が良かったので、たまに家に来たり
してましたが気にもとめてませんでした。
高校生になってから友達がセックスしたとか
そういう話をするのが多くなってきたのもあり
性関係に興味をもつようになりました。

そんなある日彼女が家にやってきました。
今まで女生として見て無かった彼女ですが
意外とスタイルが良かったんです。
特に夏だったのでTシャツ姿だったからさらに
意識しました。ただ親も家にいたし好きでも無い
彼女に対して意識している自分が嫌だったので
すぐに自分の部屋にこもりました。
するとすぐに家の両親と彼女の両親が
そろってコンサートにいくから、
留守番するように言われました。
夜御飯は彼女が用意するから、いっしょに
食べなさいと。彼女は一生懸命御飯を
作ってくれました。

私は普段から彼女に対して
そっけない態度をとっていたので、いつも
彼女が私に一生懸命話し掛けてくれてました。
私は意識しないようにしてましたが、
我慢できなくなり、
「俺の事好きか」
「うん。大好きだよ・・・・・」
私は彼女に抱きつきました。

初めはびっくりしてた彼女も、すんなりと受け入れて
くれました。初めてみたいでした。

それからは体を求めることは無く、そのまま卒業し
私は家を離れて大学に進学しました。
彼女はそのまま地元で就職したので、逢う事は
ほとんどなくなりました。

4年後彼女は結婚することになりました。
そのときも特になんとも思わずにいました。
さらに3年がたった25才の時私にも結婚したい
女性があらわれました。本当に好きで毎日のように
セックスしてました。親にも近々紹介する予定でした。

ところがそれは完全に私の思い込みに過ぎませんでした。
彼女には結婚願望もなく子供は絶対産みたく無い。
このまま付き合うならいいけど、結婚とかは
親とかがうざいし、料理とかもしたくないから嫌だと
言われました。ものすごいショックでした。
結婚するものと信じて疑わなかった彼女から
そんな言葉が出てくるなんて。




265 :その2:2000/11/09(木) 15:10
そのことがあって以来彼女のことが信じられなくなり、
別れることになりました。

その時期は丁度お正月休みと重なっていたので
特にすることもなくなり、2年振りに実家へと帰りました。
お正月なので家でおせちを食べていました。
すると彼女の両親と彼女が年始にやってきました。
久しぶりに見る彼女はちょっと雰囲気が変わり
ますますきれいになってました。
「あれ旦那は?」
「今年は仕事で来れないのよ」
それからおせちを食べたり、お酒を飲んだりして
盛り上がった。初めて自然に話せた気がした。
今まできづかなかったが、彼女はよく気がつく子で
料理を作ったり、お酒をついでくれたり実に良く働いている。
私の親も
「(仮)クミちゃんが息子の嫁だったらねー」
と口を揃えて言っている。
今さらもう遅すぎることではあるが。
途中お酒がなくなり私がお酒を買いにいくと
彼女もついて来てくれた。
「小さいころはこうしてよく学校に行ってたね」

「そうやね。学年が上になってから恥ずかしくなったけど」

「私気付いてたと思うけど、ずーっと××君のこと好きだったんだ」
「だから抱いてくれたときもすごく嬉しかった。」

「俺親から聞いて知ってると思うけど。結婚ダメになったんだ」
「クミみたいに性格よければなー」
「今頃後悔しても遅いけど」

「私は今でもあの時の気持ちと同じだよ」

「えっだってもう結婚してるじゃん」
「離婚とかできないだろう」

「××君が決めていいよ」

私はまさか今でもすきでいてくれるなんて、思いもして
なかったので、意外な彼女の答えに驚くと同時に
すごい喜びを感じました。

「クミ・・・・・」
私は力強く抱き締めました。そして唇を重ねました。

彼女の唇はとてもやわらかく、頭のなかがとろけるような感じでした。
そのまま彼女の家に行き、さらに深く抱き締めあいました。
抱き締めあうと体がしびれるような感覚になり、さらに強く強く抱き締めました。
明らかに今までのセックスとは違い、体だけでなく心や今までの思いで。
彼女の私に対する強い思い。それらが重なりあったんだと思います。
二人とも20年間の思いをぶつけるように激しくしました。
私も彼女も泣きながら抱き締めあいました。

それからは修羅場でした。書くと長くなるので簡潔にいうと
彼女には幸い子供もいなくて、話し合いの末離婚することになりました。
特に問題が無い夫婦だったので旦那の方はショックを受けてましたが。

私の方もお互いの家の両親から責められましたが、
両親は彼女の気持ちを知っていたので、徐々に理解してくれました。
今度は私の方が彼女に対して、愛情を注ぎたいと思ってます。

今から2年前の話です。



266 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 16:52
>>252
中絶って、身体に対してかなりのダメージなんだから、体大事にしなくちゃね。
もうちょっと気配り必要だよ。

267 :名無しさん:2000/11/09(木) 16:56
これも重い話ですね。
さらりと書いてあるけど、
情念がひしひしと感じられる。
でもやっぱりいい話です。
ありがとう。

僕にもそんな同級生がいました。
もう結婚しちゃってるし、
僕の場合は思い込みだって分かってるから
これ以上何もしないけど。

268 :名無しさん:2000/11/09(木) 16:56
ひとこと言い忘れちゃった。
お幸せに。
(僕の思い出の分まで)


269 :ブラボー:2000/11/09(木) 17:11
264>分かるなー。子供って女の子と遊ぶと
軟弱ものとか言うもんなー。またその挑発に
乗って女の子と遊ばなくなるもんな。
今じゃ考えられないけど。

当時女と遊んでたのを軟弱もの呼ばわり
したやつが、今では一番の軟弱ものだったら笑うけど。

270 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 20:45
あげないと・・

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 20:50
あげます。


272 :奥さん、名無しです:2000/11/09(木) 21:22
すいませんが、誰かがお亡くなりになるっていう話しは悲しいので
もうあまり読みたくないんですう。

イイお話ですけど、悲しすぎて。それにもし荒らされたら..台無しですー

273 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 00:33
あげます

274 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 00:34
>>272
うーん、確かに哀しいけれど、
書く人がそれで癒されるなら私は書いて欲しいです。

275 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 00:34
229は話ができすぎな上に映画的な手法で語られるので否が応でも感動して
しまう。というか、悲しみが激増してしまいます。ネタとかいう意見もある
かも知れないけど、これだけ感動すれば十分です。

276 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 01:25
今の彼氏と初めてやった時
私はそれまで一度もいったことがなくて
男の人がいくときがHの終わりだと思ってた。
で、その時彼氏に「いくのに時間かかる人?」
って言われたのが軽くショックだった…
後で、実は彼は私が二人目で、
前の彼女がいつもすぐいってたことや、
「自分はいかなくともこの子をいかせよう」
と思ってしてたことを打ち明けてくれた。
なんだか彼が急にかわいく思えてきて、それから
「必ずいかせてあげるからね」って言ってくれた。
いってるのかどうかはわからないけど
前よりもずっと気持ちよくなれるようになりました。

277 :名無しさん:2000/11/10(金) 04:19
>>274
僕も同じ意見です。まず書く人が癒される話であって欲しい。

>>276
シンプルだけど、雰囲気のある話いいですね。
優しい彼氏でよかったですねぇ。
続編があればこのスレでも、他のスレでもいいから聞かせてください。
自分もそういう優しさのある男にならないと、と思う。

278 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 07:06
age♪


279 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 07:15
>>276
あ〜!!私も同じ、似たような感じだよ〜!
今の彼氏でイケるようになりました。

280 :名無しさん:2000/11/10(金) 11:00
あげ


281 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 12:40
あげあげ

282 :いとこ:2000/11/10(金) 14:59
私には3才上で近所に住む、いとこのお姉さんがいた。小さいころから
とても世話を焼いてくれてとても好きだった。
それは中学、高校となるにつれ思いは深かった。

お姉さんも気付いてはいたが、いとこということもあり、お姉さんの方は
僕に意識させまいとしていた。
しかし僕が高校3年の時に、就職の為お姉さんは地元を離れることになった。
僕はなんとかしたかったが、いとこなので親のことを考えると何も出来なかった。
そしたら引っ越す前日にお姉さんは僕を部屋に呼んでくれた。
そしてぎゅっと抱き締めてくれた。お姉さんの唇はあたたかく
体を包み込んでくれる感じだった。結局最後まではしなかったが
僕には充分だった。

そんなやさしいお姉さんも、2ヶ月前に結婚した。
式の時お姉さんに「おめでとう」と声をかけたら
本当に幸せそうに「ありがとう」と言ってくれた。

お姉さん幸せに。



283 :CA18:2000/11/10(金) 16:30

哀しい悲しい お話が多いね。ボクの心に突き刺さっちゃうよ。
ボクにも同じような哀しい思い出があるから・・・


284 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 16:39
229です。私のレスで、気分を害された方、ごめんなさい。
このレスも、悲しい気持ちにさせちゃうかも知れないから、どうぞ、飛ばして
ください。そんなレスを入れようとして、本当に、ごめんなさい。

知人に、こちらのスレを覗いてみれば?と勧められ、1の方から読んでいるうちに、
彼の事を話したくなってしまったんです。どなたかが、おっしゃってられましたが、
王様の耳は・・・って、私も叫んでみたかったんだと思います。
私は完全理系で、あまり詩情を持って無いので、映画的手法って聞くと、少し
嬉しかったりします。彼のことを書いたせいかな、って。
彼の性格とかクセとかを書くより、彼の告白の時の台詞を書くと、彼の人格全てが
分かってもらえるような気がして、あのレスは書き始めたんです。

少し、彼のことを書いてもいいですか?
彼は、好きとか愛しているというような、直球の言葉を投げかけてくることは、
とても少なかった。喧嘩した時に、「それでも僕が好きでしょ?」って言うこと位
だったと思います。
二人とも変に優等生で、実は、あの日まで、SEXしたことは無かったんです。
あれが、SEXっていえるかどうかは分かりませんけど・・・。
不安と悲しい気持ちで一杯だったけれど、彼の温もりが、私の体の中に、確かに
あって、それが今でも残っているような気がしています。
SEXって、本当に人の温もりを感じるものなんだと知りました。

285 :名無しさん:2000/11/10(金) 17:13
>>284=>>229さん、再びいいお話をありがとう。
色々なことを言う人がいるけど、自分の思いをぶちまけていいと思うよ。
それが匿名のよさだと思うから。
私としては、>>229さんの思いのたけをありったけ聞いてみたいと思っています。
そうすることで>>229さんが少しでも気が晴れたり癒されたりするのであれば、
それはとってもいいことだし、すばらしいこと。是非そんな話を聞いてみたい。
このスレでもいいし、別スレ立てちゃってもいいし。

それでは、期待してます。

286 :名無しさん:2000/11/10(金) 20:16
しみじみいいSEXあげ


287 :272:2000/11/10(金) 21:23
>229=284さん

ごめんなさい。すごい悲しいことをせっかく思い出して私達に話して頂いたのに
文句のようなコトを書いてしまいました。
読んでけして気分を害したというわけではないんですよ。
ただ、純粋すぎて、可哀想すぎて、考え込んでしまって、ちょっと凹んでしま
っただけなんです。

自分の気持ちを素直に言ってくださって、ありがとうございます。

そのひとのことはずっと忘れずにいてあげてくださいね。
また、幸せになってください。

288 :奥さん、名無しです:2000/11/10(金) 22:52
あげたい。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 02:32
age

290 :あげ:2000/11/11(土) 04:05
エピソードも良いが、みんなのコメントも良いね。
たまに煽りが入るのもご愛敬。
2ちゃん史上に残る名スレだ。

291 :奥さん、名無しです:2000/11/11(土) 08:36
>290
じゃあ揚げ

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 09:09
>27>33
大作読ませて頂きました。
でも、ハッーピエンドの分
このレス独特のせつなさが伝わってこなかったよ
これって、贅沢か?俺のひがみか?

293 :名無しさん:2000/11/11(土) 09:20
うーん、やっぱり人の感想ってそれぞれだね。
それもまたこのスレの面白いところだ。

294 :奥さん、名無しです:2000/11/11(土) 09:55
せっせとあげ。

295 :奥さん、名無しです:2000/11/11(土) 13:15
あげりんこ

296 :奥さん、名無しです:2000/11/11(土) 19:21
あげ

297 :奥さん、名無しです:2000/11/11(土) 22:41
さらにあげ。。夜はすぐ沈むな〜。

298 :奥さん、名無しです:2000/11/11(土) 23:56
では。

299 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 00:15
age

300 :名無しさん:2000/11/12(日) 00:41
300


301 :花と名無しさん:2000/11/12(日) 01:41
age

302 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 01:55
私が一生忘れられないだろうセックスは、縛られて弄ばれた初体験である。

私はそのとき16歳で、その男は同じ高校のクラブの先輩だった。
無口でいつも弱々しい微笑みを浮かべているタイプで、女子にも馬鹿にされ、からかわれていた。
私は当時生意気な文学少女であったので、上級生の女子と一緒にその男をからかってばかりいた。
その男が私に興味を持っていることには入部当初から気づいていたが、私にはその気はなかった。
自分で言うのもなんだが、私は男子に告白されることが多く、性欲の絡んだ視線にも敏感だった。
しかし、男子に興味が湧かなかったので、付き合うということはそれまで一度もなかった。
私はガリ勉女とも見られていたので「勉強が大事だから」と断れば、しつこくされることもなかった。

一方で私は思春期より他人には絶対に言えない秘密を抱えていた。
私は中学生の頃から毎晩のように、就寝前に自慰をしていた。
器具や物を使う訳ではなく、指で乳首や陰核を軽く触れる程度ではあったが、
習慣化してしまい、どうしてもやめられることができなかった。
完璧な優等生だった私にとって、その行為自体もコンプレックスだったが、
何より後ろ暗かったのは、自慰の際に想像する情景だった。
それはいつも、私自身が誰かにレイプされる情景だった。
レイプと言っても、暴力を振るわれる情景ではない。
縛られたり、複数の男に手足の自由を奪われ、下着を脱がされ、視線や指で弄ばれるといったパターンだ。
別に幼児体験があった訳でもないが、いつからか、そのような情景に強烈な快感を覚えるようになった。

ただ、私が救いを感じていたのは、その情景に特定の知り合いを持ちこむ気にならなかったことだ。
そのことで私は「つまり、私の自慰行為とは一種の睡眠薬である」と思いこむことができた。
ふつうのセックスを想定しても自慰行為が上手くいかないという点に不安はあったが、
これは私がまだ恋愛に未熟なためであり、いずれ時が解決すると楽観していた。

そして、もう一つ救いだったのは、学校など日常生活の場では一切性欲らしいものを感じなかったことだ。
私が自慰行為から得る快感は、身体の成長とともに明らかに鋭くなってきていたので、
このままでは、例えば授業中に猛烈に自慰行為がしたくなることはないだろうか、と不安があった。
しかしそれは杞憂であり、私はまるで条件反射のように、就寝前の布団の中でのみ欲情した。
逆に、学校での私は性とは無関係なお堅い少女で、「男嫌い」とからかわれるほどであった。

その男にレイプされたのは、学校帰りに車で送られた時だった。
その男は高校生のくせに大きなワゴン車で通学していて、帰りに複数の女子を送るのを日課にしていた。
私も雨の日などよく利用していて、その日も雨が降っていてまったく無警戒に乗り込んだのだが、
ルートの関係でごく自然に私が最後になって、二人きりになってしまったのだ。
その後、急に尋常でない眠気を感じ意識が遠のいていったのを覚えている。
車に乗った女子全員にその男が配った缶飲料のうち、私のものだけに変な薬を混入していたことを、
後日、その男から聞かされた。
気がつくと私は後部座席で、制服姿のまま、浴衣の紐のようなもので、
背もたれにくくりつけるような格好に縛られていた。
その男は濃いサングラスをかけて、すぐ隣から私を見下ろしていた。
(続)


303 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 02:00
その男のセックスは、今思い出しても手慣れた中年男のように巧妙だった。
私は初めの内、朦朧とする頭の中で、毅然としなければと自分に言い聞かせ、
努めて冷静に「すぐにやめないと学校に通報する」などと言っていた。
しかし、その男は黙って、私のブラウスの上からブラジャーのフロントホックを外し、
ブラウスの布地一枚隔てた乳首を、丹念に指で弄ばんだ。
自慰行為の際に私が想像していた情景と全く同じだった。
そう思った時から、快感が胸だけではなく下半身からもほとばしるように上ってくるのを感じた。
それは自慰行為で得られる快感とは比較にならない鋭さだった。
男の冷たい指が予想できない動きをするのは、自慰とは決定的に異なっていた。
それでも私はしばらく歯を食いしばって努めて無表情に、その男のサングラスの奥を睨み付けていた。
なんで、こんな男に感じさせられるのかと、情けなさを感じながら。

私の虚勢が崩れたのは、その男の発した言葉がきっかけだった。
その男は、素っ気ないような調子でこんなことを言った。
「無理しなくていいよ、君は本当はこんな風にされたかったんだろう」と。
どうせ当てずっぽうに決まっていると思いながらも私は、
これまで感じたことのないほどの恥ずかしさに顔が熱くなり、
もはや毅然とすることも忘れ、目を閉じて横を向いてしまうだけだった。
乳首を弄られながら「自分でするよりずっといいだろ」と言われたり、
制服のスカートをまくり上げられて下着を脱がされながら、
「すごいシミだ。いやらしい娘だ」などと言われて、
恥ずかしさとともに欲情が強まるのを自分でも不思議に感じた。
両膝をぐいぐいと開かれていく時には、もう全然力が入らなかった。
その男は私の両足首を広げてドアの取っ手に縛りつけてしまうと、
わざと陰部には触れずに、じらすように乳首を弄りながら、しげしげと陰部を眺めていた。
嫌らしい言葉を投げかけながら。
私はそのとき、自分では決して認めたくなかったが、その男が言うように、確かに、
恥ずかしさと屈辱感と欲情とで陰核が激しく疼くのを感じ、早く触ってほしいとすら感じていた。
だから、それが私の陰核に突然触れたときには、体中が震えて声が出てしまった。
目を開けると、私の陰部を撫でていたのは、書道の太筆だった。
サングラスをかけたその男は、にやにやと笑いながら私の顔を見て、筆で陰核を円を描くように撫でた。
私は身悶えし、喘ぎ声を上げた。
ラジオの深夜番組で流されるような典型的な女の喘ぎ声のようだとも、冷静に思ったが、
止めることはできなかった。
男は陰部を触った筆で私の乳首を撫でた。筆先から熱い液体が乳首に伝わった。
こんなに濡れているんだぞ、と言われた。
高校に入ったばかりの処女のくせに、縛られて辱められてこんなに濡れているんだお前は、
というようなことを、その男は繰り返し言った。
私は男の筆で何度かいった。私は自分がやはり変態なのだと思った。
変態だからこんな風にされるのも仕方ないような気がして、喘ぎながら嗚咽した。

その日から私は自慰をしなくなった。
その男とは半年ばかり、学校の皆には知られないように付き合った。
陵辱をされた相手となぜ付き合ったのか、理由は今でも整理がつかない。
「淫乱なお前が好きだ」と言われたからかもしれないし、
その男に陵辱の話を暴露されるのを怖れたのかもしれない。
その男は付き合ってみると案外優しく、相変わらず無口だった。
私はレイプを想像した自慰行為に悩んでいたことを、その男に洗いざらい話してみたことがあったが、
その男はつまらなさそうに聞いていただけだった。思えば不思議な男だった。
しかし私は結局その男を好きになることはなかった。
その男は初めの内私を縛ったり器具を使うのを好んだが、
やがて面倒になったと言ってふつうにセックスするだけになった。
初めて縛られずにセックスした時、縛られている時と同様にいったことに本当に安堵したのを覚えている。
好きでもない男とのセックスに感じてしまう点は、優等生の私にとって依然問題ではあったが、
それでも私は安堵し、やがて、恋をして新しい恋人ができた。
その頃にはその男も私に明らかに飽き始めていて、すんなり別れた。

あれから「ライトSM」が一時流行したときにやはり縛りたがる男とも付き合ったが、
私はそれで普段より感じるということもなく、時々自慰もするがもうレイプは殆ど想像しない。
だが、正直に告白すると、私は記憶を辿りながらこの文章を書く過程で何度も自慰をした。
そして、自慰でこれほど感じてしまったのは、最近ではなかったことだ。


304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/12(日) 02:03
クルマで通学するなんて花形満か

305 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 02:25
>303
ネタなのかな?
ネタじゃなかったら。。。すごい経験ですよねー
わたしも、中学校くらいのときは、オナニーのとき、レイプを想像してましたよ。
あんまり悩まなかったケド。。。いまは、ごくノーマルになりましたし。
そーいう時期ってあるんだよ、きっと。。。


306 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 02:31
>>305
私も中学生の頃のオナニーでレイプ想像したりしてた。
その反面「私って変態かも?」って悩んでたよ。
・・・あるんだね、そういう時期。

307 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 02:54
う〜ん・・・。
レイプ、自分がされるのを想像して・・・っていうのは、無いな。
AVで見たライトレイプものを、思い出して・・・っていうのは、
あったけど。

そ〜いや、私の男の子の親友に、筆、持ち歩くのが居たっけ。
彼曰く、「いや〜、指に挟んで、ちょこちょこっとね。」と、
楽しそうだったけど。私はされたことないんで、わかんな〜い。

308 :>303:2000/11/12(日) 03:03
本当の経験ぽくて嫌やな……。
元々共依存の気があってレイプをうけて治療に来た女の子の話で
それと同じような話ぎょーさん聞かされたわ。

309 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 03:41
忘れられないSEXといえば、レイプされた事がかなり印象的です。

ある夕暮れ時に、林の中を通っていた時でした。
お買い物の帰りで、その林はいわば近道だったんです。
と、突然二人の若い男が茂みから飛び出してきたではありませんか!
驚く私の手をビニールヒモで縛り上げると、林の奥に私を引っ張りこみました。
そして、縛った縄を更に近くの木に括り付けました。
両手を木に縛られ、万歳をして横たわった形になった私・・・。
「何?警察よびますよ!」と大声で怒鳴ると小柄な方の男がニヤニヤして答えました。
「まぁまぁ。可愛がってやっから。あんたも楽しまないと損だよ」ゾっとしました。
「ッへ・・・妊婦かよぉ」そういいながら大柄の方の男が私をまたぎました。
あっという間にジャンパースカートを剥ぎ取られ、セーターを荒々しくめくられました。
「ちょっと・・・!」そして下着までも剥ぎ取られ・・・恥ずかしい姿になってしまいました。
「へぇ・・・乳首黒いじゃん」大柄の男は私の胸にしゃぶりつきました。「いや!!」
それをニヤニヤして見ていた小柄の男が私の足をムリヤリに大きく押し広げました。
そして指先にたっぷりの唾液をたらすと、アソコにそれをグイッと入れてきました。
「バカ!変体!」すると、大柄の男がしゃぶるのを止め・・
何といきなりナイフを突きつけてきたのです。「うるさい女だな。口をふさいでやる」
そして既にカチカチになったモノを、ムリヤリ私の口にねじ込んできました。。
「うぐう!!」「・・・噛んだら殺すぞ」・・・気持ち悪くて汚らわしくって・・・
「さあ、しっかりしゃぶってきれいにするんだ!」「うぐっ!うぐっ!」
一方、下半身に挿入された指が激しくわたしの中で動いています。
ずぶ!ずぶ!ずぶ!ずぶ!涙が出てきました。しかし体の反応とは悲しいもの。
私のアソコは潤ってきてしまったのです。
やがて・・・ぐっちゃ!ぐっちゃ!男の指がいやらしい音をたてはじめました。
「なんだよー、奥さんのここ。こんなにいい音立ててるよ・・・気持ちいい?」
もう、頭の中は真っ白です。
やがて男は指を抜くと小柄な体系には似つかわしくない大きいモノを挿入してきました。
「うううぅっ・・!!!」
ずぶ!ずぶ!ずぶ!ずぶ!上から下から汚らわしいペニスが私を突きまくりました。
やがて大柄な男の腰の動きが激しくなりました。「イク・・・!!」
興奮して私の髪の毛をわしづかみにすると・・・ドクンッ・・・
私ののどを生暖かい液が流れ込みました。「う・・ウェ・・・!!」
男はペニスを抜くと言いました「飲め!出したら殺すぞ!」殺されてはたまりません。
主人のさえ飲んだこと無いのに・・・!私はそれを全て飲み込むしかありませんでした。
やがて小柄の男がイってないのに、ペニスを私の・・・
グジャグジャになってしまったあそこから、ずぶっと抜きました。
そして、今度は強引に四つんばいにさせられたのです。「お尻が丸見えだよ〜」
再びペニスの挿入です。じゅぶ、じゅぶ、じゅぶ、じゅぶ・・・
恥ずかしくて死にそうでした。
こんな状況なのに、更に愛液が出てしまう自分の体を呪いました。
と、そこへ大柄の男がやってきてビデオを回し始めたのです。
「イヤー!!とめて!お願い・・アフウゥッ!!」
「へへ、大丈夫だよ。ハメてる画像撮ってるだけだから・・・顔は撮んないから」
「体と態度はウラハラだな、下のお口からよだれがたらたら出てるよ」
ずぶ!ずぶ!じゅぶっ!じゅぶっ!・・・男の腰が早くなってきました。
愛液が私の太ももをタラタラとつたうのが分かりました。「ア・・!くっ!」
「あぁ・・・すんごくイイ・・・奥さんのがねっとり俺のに絡み付いてくるよ・・・」
「アウッ!!もう・・・い・・・いやぁぁぁ・・・」
・・・男は小さな唸り声を上げるとわたしの中でそのまま果てました。
ドクンと、なまあたたかい精液がわたしの子宮に広がりました。
「イヤ・・・あ・・・うぅぅぅ・・・」「さぁたっぷり飲めよ・・・ヘヘ・・・」
大柄の男のペニスがまたそそり立っていました。「俺にもヤラせて・・・」
それから何度となく男達は私を上下から突きまくったのです。信じられない性欲です。

終わる頃にはすっかり日も落ちていました。
そして散々もてあそばれた私はフラフラと家にたどり着くと泣き崩れました。
もちろん、夫にもこのことは言っていません。・・・絶対・・・一生いえません。
幸いに、子供は元気に生まれ、病気を移されること無く事なきを得たのですが
2年経った今でもあのおぞましい出来事を忘れることができません。
もう、壊れそうです。




310 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 03:45
このスレは妄想博覧会ではありません。

311 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 03:55
>>308

あー、それも淡々と話すんだろ。痛々しくて見てられない。
女の先生も居るのに、わざわざ男の先生を選ぶのは悲しすぎる。

312 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 04:03
>>311

でも、女の先生には、なんとなく話せないと思う。
異性で、しかも、「男なんてっ!」って思えてる時は、結構復讐
しているみたいな気にもなって、話せるんだよね・・・

313 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 04:11
う〜ん。
レイプの体験談って、決して、書いて癒されるってもんじゃ、無い
と思う。
記憶を消せるのなら、消したいと思うんだと・・・。

314 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

315 :名無しさん:2000/11/12(日) 05:31
>>313
告白にはかなりのカタルシス効果があると思う。
カウンセリングで辛い記憶を呼び戻して言葉にするのも同様の効果を期待してのこと。
しかも自分で文章にする場合には、文字になった言葉を読み返してゆくことになるから
冷静になってより効果は高まる。それにここは匿名だからという安心感もあるだろう。
カウンセラーに話すよりも気楽だという人もいるかもしれない。
もちろん、心の傷を癒すためには時間が掛かるし書くだけで全て解決だというわけでも
あるまい。また、この文章を読んだ不届き者が「じゃあ、俺も・・・」という風に考え
る危険も絶無ではない。
それでもやはり私はこの2つの体験談を賞賛したい。貴重な女心が垣間見られたことは
他では得難い経験だからである。我々男には、これをどのように生かせるのか、という
決して軽くない課題が課せられている。

>>302さんも>309さんもともに前向きに幸せに生きていって欲しいと思う。
ありがとう。

316 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 05:46
>>309はネタだと思う。書いたのは男の人でしょう。
女はこういう体験を、こういう文章で書かない。断言できます。
個人的に、レイプネタを嬉々として書くような男性は嫌いですね・・・。
性癖は人それぞれなので、勝手ですが。(実行しなければ。)
煽るつもりはないけれど、
>>315さんが真面目な方なので、一言いいたくなってしまった。すみません。

317 :>316:2000/11/12(日) 07:57
自分を基準にしないでほしい。
匿名掲示板だからそう思ってもしょうがないと思うけど、レイプを受けた女性を
一番侵害するのは無理解な女性だと言う事をもっと勉強してほしい。
所詮他人は他人。人間ていうのは意外に多様。
上の文章だけじゃ男性が書いたか女性が書いたか、確かに分からないけど
少なくとも男性が想像で書いたという程脈絡の無い個所はない。
本当だった時のことを考えて敢えて言わないのが良心じゃない?

老婆心ながら一言。ま、煽りだった方が気が楽で良いけどね(笑

318 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 11:13
妊娠しててレイプされてんのに「愛液がでてしまう自分の身体を呪いました」とか、
男の脅しのセリフもヤケに具体的。そんなのじっくり聞いてる余裕あんの?
音までわざわざ再現して。絶対男のネタだよ。(私は316じゃないが)
命の危険がある時には、ひたすら恐怖を覚えるだけでしょう?


319 :317:2000/11/12(日) 11:55
普通の強姦話では確かに何の反応も出来なかったというのが多いけど、
元々色んな問題を抱えている人は変な方向に向く。
いちばん簡単な例で実父から性的虐待を受けてきた娘がレイプに
あったとき、どういう反応を取るか想像できる?

記憶というのは自分の思い込みで本当に変えれる物だから、
自虐性と犯人の言葉と身体的反応が結びついたと考える事も出来る。

レイプを受けた女性の47.6%*0.7の人がPTSDになろうともならない人も居る
というのと同じ。全部が全部って一概には言えない。
早く煽りだったとネタばらしをしてくれる事を望んでいる事には違いないけど。

って最後に来て気付いたけど309宛だったのか(苦笑
302@`303宛だと勘違いしてた、すまん。309はネタだろな。
315は302@`303の文章について書いたんだと思ったけど…。

320 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 13:22
最初の頃の感動がここにはもうないね。自作自演ネタが蔓延してきちゃった。
そろそろ終了か?

321 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 14:05
いや、まだまだ・・

322 :315:2000/11/12(日) 14:31
>>315です。
みなさんが疑っておられるように>>309の描写は少々写実的過ぎますね。
ただし、それをもってこのレスの真偽を判断するのは性急に過ぎるとい
うもの。特に話題がレイプであるだけに、軽々にネタと断ずるのは避け
たかったというところです。
私はこの板やスレを読んでいるレイプもしくは類似行為の体験者に向
けてもメッセージを送ったつもりです。もし、語れることがあれば語
ってほんの少しでも楽になって欲しい。そんな気持ちを込めました。
作品としての批評はあまり出来てません。もう一回読み直してみます。


323 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 14:50
最近妄想が増えてきた。

324 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 17:44
とりあえずあげ。イイはなしを頼みますよ

325 :ななし:2000/11/12(日) 17:50
>>309 を、
どういう読み方をすればネタ以外と読み取れるのか。。不思議だ。

326 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 17:53
>325
たしかにどうみても出来損ないの三流エロ小説だよな。

327 :奥さん、名無しです:2000/11/12(日) 21:21
同感・生の「忘れられない」体験希望あげ。

328 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 00:09
>302〜303
おさえるように冷静な文章で、官能的だけど痛々しいです。
私は、レイプを想像して自分でするのはわかりませんけど
男友達に強引に迫られて
イヤなのに感じてしまう、みたいなシチュエーションは
ときどき想像したりも・・・
もう、御自分では吹っ切れていらっしゃるんでしょうけど
そういうの、自分だけじゃないかって
悩んでらっしゃるなら、そうじゃないと・・・

329 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 01:12
いい話期待アゲ

330 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 02:30
横レス、失礼致します。
忘れられないSEXってことで…私にもぜひ語らせてください。

私が処女を喪失したのは、遅めかもしれませんが20歳です。
相手は2年くらいずぅっと好きで追っかけてた人。
彼への最初の印象は「顔はブーだけど話が面白い人」でした。
でも、会う回数を重ねるごとにどんどん私の気持ちは傾いていったのです。
なかなか気持ちが伝わらなくて、ヤキモキした一年間。
それもとうとう身を結ぶときがやってきました。
車の中で二人きりになったときに、突然抱きしめられたのです。
そしてキス。しかもいきなり舌を入れてきました。
ディーブキスなら経験アリだったので案外冷静でしたが(笑
しかし驚いたのは強引に私のパンティーの中に手を入れてきた事でした。
驚いて抵抗しました。男の人にそんな事を許した事などありませんでしたから。
でも彼の指が私の中に入ってきた時、私の全身の力は全て抜けてしまいました。
あまりにも気持ちがよかったのです。
それまで、自分で自慰もしてきました。でも自分の指とはあきらかに違うのです。
太くって、もっとずっと奥まで激しく何度も入ってきて…。
あたかも私の感じる部分を知っているかのような動きなのです。
すっかり私の下着はビショビショになってしまいました。
でも恥ずかしさなどありませんでした。
自然に足を大きく開いている自分がいました。
そして声を荒げている自分。
もっともっと太いものを入れて欲しかったんです。激しくして欲しかった。
そして、そのまま彼を違和感なく受け入れることができました。
全然痛くなかったですよ。
初めてなのにものすごく興奮して、ものすごく感じたSEXでした。
終わった後彼は出血していた私に気付き、とても驚いていたようです。
派手目な服や髪型をしていましたから、まさか処女には見えなかったのでしょう。
後に、彼が遊びで私をつまみ食いした事も分かりました。
ものすごく傷つきました。半年は泣いて暮らしました。
でも、もうそれも何年も前の過去話。
今ではすっかり主婦に落ち着いています。
もちろん、主人を誰よりも愛しています。
主人とのSEXほど幸せを感じるものはありません。
だけど、今でもその始めての体験を思い出しては自慰してしまう私がいます。
何だかクヤシイ気持ち。
あれから主人にめぐり合うまでに何人かの男の人と性交渉したけれど、
やっぱり最初の男の指の絶妙なテクは今でも忘れられない思い出です。




331 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 03:39
>>309
「うぐう!!」を消しとけばよかったんだけどな
職人としてはまだまだです

332 :名無しのエリー:2000/11/13(月) 03:55
どなたか、山崎まさよしをネタにして、激しめの
SEXを書いていただけませんか?

333 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 03:59
>332 そーゆうスレじゃあないんだよ・・・・・・

334 :名無しさん:2000/11/13(月) 05:57
ネタだとかどうとかいうレスはやめませんか?
気に入らなければレスしなければいいわけだから。

>>330
>だけど、今でもその始めての体験を思い出しては自慰してしまう私がいます。
男としては自分の彼女や妻がこういうことしていると思うと悔しいですね。
まぁでも仕方ないのかな。体は正直ってことで。
しっとりとした話をありがとう。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 07:53
>>332
同人板行けば?
ホモなら書いてくれるヤツいるかもよ(藁

336 :うわ:2000/11/13(月) 08:46
もっと泣かしてくれ!
妄想はいらん。得ろ小説HPにでも投稿しとってくれ。

337 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 09:47
静かにあげ・・

338 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 10:45
まだ片手で十分なくらいしかセックスしてないので
いままでしたセックス全部が忘れられないなぁ。
一番最後にしたのだと、
ホテルで彼に「中はどこが気持ちいいの?」てきかれて
ツボをずーっとさわっててもらったことかな。
その間力入らなくて、とけてました。

339 :名無しさん:2000/11/13(月) 11:39
>>338
是非レポートきぼーん。
全部でも構わん。
このスレ育ててくださいな♪


340 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 12:57
大学3年生だった頃の話。
飲み屋街のドーナツやさんでバイトしてた。
夜3時まで開いているってこともあって酔っ払った女の子を
ナンパして沢山の女の子とHしてた。

地元以外の女の子としたHが忘れられない。
地元にあるリーゾート施設がまだ赤字ではないころ
テレビ局や、雑誌の撮影など芸能人やモデルの人たちが頻繁に来ていて
かなりの女の方にお世話になった。
芸能人や、モデルの女の人たちは経験が豊富なのか、
Hの最中「友達も呼ぶ?」って、3P、4Pも体験させてもらった。
4Pの最中、一人の女の子がウォッカのビンを持って、
「中身全部飲むから、このビンでして」
って言われて、そのまま見てたら一気に全部飲んで
おしっこ漏らしながら失神したときにはびびった。
ホテルに備え付けのテレビのリモコンにゴムかぶせて
「これ入れて!」って言われたりもした。
男を喜ばせるのがうまいのか、腰を振るたびに
「壊れちゃうー」とか、「死んじゃうー」とか言ってた。
そんなことをしないと、仕事もらえないのかなーと
女の子たちが可哀想になった。
こういう人達とやったHって、なんか忘れられない。


341 :330:2000/11/13(月) 13:16
>>334
レスありがとうございます。
>男としては自分の彼女や妻がこういうことしていると思うと悔しいですね。
そうでしょうね・・私も自慰をしているときにはかなりの罪悪感があります。
もちろん、主人にこのことを言うつもりはないですよ。
私の中での思い出としてずっとしまっておくつもりです。
信じてくれてありがとう。

342 :奥さん、名無しです :2000/11/13(月) 13:56
やっぱ初Hが忘れられない・・・かな?

343 :うわ:2000/11/13(月) 15:59
蛙毛

344 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 16:54
>>276 です。
前回の話のときは、彼の告白をOKした日だったので
余計に彼ががんばってくれてたのかもしれません(笑
続編と言うか、その時の話なんですが…
実は、彼はその時点では前の彼女と別れる前でした。
「本当はもう少し黙っておきたかったけど、彼女がいる」
と言われた時、私は彼女の元に戻ってあげてと言いました。
(告白しておいてそりゃないだろうという話もありますが)
彼は10近く年上なので、結婚のことか考えると、
学生である私よりも歳の近い彼女のほうがいいと思ったから…
でも彼は、私に内緒で彼女とは別れるつもりだったそうです。
結局私も彼にひかれていたので受け入れてしまいました。
その時の話が>>276なのですが。
それからしばらくして、彼の口から彼女と別れたという話を聞きました。
その日の彼は「今日は一人じゃどうしようもなかった、来てくれてよかった」
と言ってぎゅーっと抱きしめてくれましたが、私は複雑な心境でした。
私が彼女から彼を奪ったと言われても仕方のないことだと思います。
今はとても幸せなのですが、また彼の前にかわいい子が現れたりしたら
彼はその子のもとに行っちゃうんじゃないかと…ちょっと心配…

しまった、Hの話からずれちゃった!

345 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 17:12
いつなったらここに書きこめるsexが出きるんだろう・・・

346 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 17:17
大学に入ったときからの時のはなしだから俺が19のとき。
そん時の彼女とのたった3回のSEXは忘れられない。
長い駄文スマソ

入学したときから気になってた彼女がいた。
学科は違ったけど、専攻が近いこともあり、授業でよく見かけた。
本当にきれいだったしプロポーションも完璧だった。
まじめで性格もよく、何より品があった。
すごく目立つので男の間では話題になってたけど、
彼氏のいる気配なんて全然なかった。
なにより最初のころは、同じ専攻の女子としか
話してるとこしか見たことがなかったし、一人でいることが多かった。
でも前期試験が終わるころには、
グループで試験勉強をするくらいの仲になっていた。
俺は彼女のことがずっと好きだったけど、
彼女は異常にガードが固くて、俺はそれを
彼女が女子高出身だからだと勝手に思って半分諦めかけていた。
彼女の一番の友達になろう、そう思えるだけの余裕も出てきた

347 :346続き:2000/11/13(月) 17:20
夏休みには彼女はさっさと実家に帰ってしまったが、
集中講義が始まると彼女はやっぱり俺と同じ授業を取っていた。
俺は彼女以外にその講義を取っている知り合いがいなかったので、
その講義のレポートはいっしょにすることになった。
図書館でレポートを仕上げたあと、
帰るのが惜しくて「映画でも見ていく?」
と聞いたら意外にもOKだった。
映画を見て、食事をしたら外はもう真っ暗だったので
遠慮する彼女を家まで送っていくと、「家寄っていって」
と小声でいわれて、俺は驚いたけど、
それ以上にうれしくて、彼女の家に上がりこんだ。
そのとき俺の頭の中は「まだ手もつないだことないし
いきなりはまずいよな。今日はキスくらいまでかな」
とか自分勝手な思いでいっぱいだった。
彼女がなんであんなにガードが固かったのか、
俺は思ってやることも出来なかった。
だから、彼女に煎れてもらったコーヒーを飲んでいる間も
どうやっていい感じになろうかしか考えていなかった。
彼女がしゃがんでCDを選んでいる横にいって
俺は彼女の肩を抱いた。
彼女は力が抜けたように、ぺたんと床に座り込んだ。
しばらくそのまま彼女を抱いていたけど
俺は調子に乗ってキスしようと顔を覗き込んだ。
彼女は硬く目を閉じていた。唇は真っ青だった。
俺が「大丈夫?」と聞くと彼女は「ごめんなさい…」
といって、俺から離れた。
俺はしばらく呆然としていた。嫌な雰囲気だった。
何をしていいのかわからなかったし、
俺は彼女の顔をまともに見ていなかった。
気づくと彼女は泣いていた。
「俺、多分@@のこと…好きだ。最初に会ったときから」
自分でも的外れなこと言ったな、と思ったけど、
他に何も思いつかなかった。
「私のこと知らないからだよ。わかったら嫌いになるよ、多分…」
「そんなことないって、俺、@@だったらどんなことがあっても好きだ」
彼女がぼろぼろ泣いたままたちあがって部屋を出ていったあとで、
バスルームからばしゃばしゃという音が聞こえて、
顔でも洗ってるのかな、と思っていたら、
いきなりバスタオル一枚の彼女が出てきて、
「大好き」ってこれまでの彼女からは想像できないくらい
軽いノリで抱き付いてきた。
わけわかんないまま俺は抱きしめてキスをした。
大好きだった人に受け入れてもらえたうれしさで
押さえきれなくなって「いい?」って聞いたら、
「私でいいなら」ってこっくりとうなずいた。
シャワーを浴びたいなとちょっと思ったけど、
今彼女から離れると、夢から覚めてしまいそうで怖くてそのまま抱いた。
ゴムを持っていないことに気づいて、彼女に告げたら、
平気だって言ってくれた。
その一言でたがが外れたようにもう夢中でやりまくった。
最初に入れたときは痛いっていっていたから、
やっぱり処女かなと思ったけど違った。
いっしょにお風呂入ってコンビニに行って、帰ってきてはまたやった。
暑いねっていって、大学のプールに忍び込んで、その中でもやった。
朝になるころには二人とも燃え尽きたようになって、次の日は夜まで寝てた。
彼女がこんなに情熱的で、こんなに笑うとは思わなかった。
俺は彼女のことをますます好きになった。


348 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 17:32
>>347
結局どうなったの?
彼女も347のこと好きだったの?
んでまだ彼女と付き合ってんの?
教えてキボンヌ。

349 :忘却:2000/11/13(月) 19:05
忘れてしまったSEX。
不思議なことに、ある綺麗な女性とたびたび酒のめるようになって、
酔った勢いで彼女の部屋にいき、興奮して何回もしてしまった。その後
何回も何回も彼女の部屋にいき、何回も何回も、SEXした。
妻子もちの私としてはここまでのめりこんでも家庭は大切だし、
かつてない、気持ちいい経験をやめることもできず、
月日はながれた。どんなに綺麗でも素敵でも、男なら
わかると思うが100回もすればあきてくる。当たり前だが
今でもとても気持ちはいいものの、当初ほど興奮はしなくなった、
と思っていたところ、彼女に新しい独身の彼ができて、それと同時に
まったくさせてもらえなくなった。

彼女とは散々気持ちいいことをしていながら、最後のSEXを思い出すことも
できず。なんだか、もったいない感じだけど、おいしかったからいいか。

スレッドと違うことをかいてしまいました。でもとても美しくみえる
彼女も最初が一番興奮していたような気もします。

350 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

351 :奥さん、名無しです:2000/11/13(月) 23:56
このスレよんでたら初Hやらいろいろ思いだしちゃった

352 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 00:00
うんうん。結構ヌレちゃう…

353 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 00:07
お台場のホテルでのHが1番良かった・・・。
またあそこでやりたいな・・・

354 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 00:08
>>347の続きが気になる・・・

355 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 01:04
347続きはー!!!?

356 :346=347:2000/11/14(火) 02:18
続きを期待してくれるなんて思ってもみなかった……。
また駄長文でスマソ

彼女は次の朝、予定より一日遅れでまた実家に帰った。
「大好きだ」って別れる前に言ったら「うん私も」っていってくれた。
今みたいに携帯が普及してなくて、
ポケベルでの会話しかできなくなった。
一度実家にも電話したけど、留守だった。
なぜか避けられてる気がした。
俺はわけわかんなくなって、彼女の親友に相談した。
付き合っていると話したらすごく驚かれた。
拗ねて冗談交じりに、「俺じゃあつりあわないのかよ」って言ったら、
「一生誰とも付き合わないって言ってたのに」
かなり強引に理由を聞いたら、中学のときの彼女はにいじめられっこで、
性的ないたずらもされていたそうだ。そしてそれ以来、
男性に対して恐怖心と嫌悪感を抱くようになっていたとのことだった。
ショックだった。今の彼女からは想像も出来なかった。
だけど彼女のガードの固さや抱いたときの涙の意味がわかった気がした。
悩んだ挙句、俺はこう思うようにした。
だけど彼女は俺を受け入れてくれたのだ。
俺なら彼女を癒せるんじゃないか。彼女をわかった気になっていた。
でもそれは俺の思いあがりだった。
後期授業の受講登録の日、俺は彼女と会うことにした。
昼飯を食べ、他愛もない話をして、さりげなく
「連絡くれなくて寂しかったよ。避けられてるかと思った」
といったら、
「ごめん。私**に話さなきゃいけない事があるんだ。
なかなか話せなくて…でも話さなきゃ会えないと思って」
彼女は俺の家で話したいといった。彼女は家に着くまで無言だったけど
俺には余裕があった。慰めの言葉まで考えていたから。
だけど、彼女の話には続きがあった。
彼女はいじめが嫌で学校を休むようになった。親にも相談できず
学校に行くふりをして昼間から公園や図書館でぼうっとしていたそうだ。
それが親にばれて怒られ、何もかもがどうでもよくなって、
ナンパしてきた男と付き合って、
そいつの知り合いの男に金で抱かれたりしたこともあるといってた。
結局、妊娠して男に捨てられてどうしようもなくなって
彼女は親に相談することが出来た。
結局高校は地元には通えず、遠くの女子高になったといっていた。
話の中の女が目の前の彼女のことだとどうしても認識出来なかった。
彼女の話す姿もまた、他人事のように淡々としていた。
「もう自分の中で整理がついているし、誰とも付き合えないと思っていた」
俺は何も言えなかった。混乱してしまっていた。
彼女を捨てた男に腹がたったし、
彼女に対し打算入りで接していた自分を恥じた。
なんでそこまで気づかないのか、周りの人間に腹が立った。
責めるつもりはなかったけど、彼女は泣き出していた。
彼女は泣きながらごめんなさい、って謝りつづけた。
「ごめんなさい、今まで黙ってて。
ほんとはこの前、話そうと思ったんだけど、嫌われるのが怖くて。
本当にごめんなさい、知ったらこんな女、抱いてくれなかったよね。
気持ち悪い思いをさせてごめんなさい」
あまり覚えていないけど、彼女は泣きながらこんなことを言っていたと思う。
俺は変な義務感から泣きじゃくる彼女を抱いた。
気持ち悪くなんかないよとか言いながら。
彼女はこの前が嘘であるかのように、消極的だった。
後で知ったことだけど、
この前のように歯止めがきかないのが怖くてずいぶん押さえていたそうだ。
そのときは、この前はずいぶん無理をしていたんだなと思った。
でも俺はフェラまでさせてちゃんと逝った。
中に出すのがなんとなく怖くなったから口の中で逝った。
彼女は全部飲めずに咳き込んでティッシュの中に吐いた。
逝った後ですごい自己嫌悪に陥った。今までで一番最悪のsexだっただ。
ずいぶんと時間がたって、彼女が帰るといったとき、俺は慌てた。
このまま帰したら関係が終わる気がした。夢中で抱きしめて好きだって言った。
今度は俺がごめんって謝った。彼女は大丈夫だって言ってくれた。

357 :346=347=356:2000/11/14(火) 02:33
ラストっす
彼女のことを思い出しながら一気に書いてしまった。

後期授業が始まって、始めて俺達は普通のカップルみたいに付き合えた。
授業が終わると待ち合わせて、二人で食事をした。
夜はどちらかの家に必ずいた。
友達は付き合いが悪くなったって言ったけど、そんなこと関係なかった。
だけど、俺達はあれから一度だってsexをしていなかった。
ただ、寝る前ベッドで肩を抱くと、時々小さく震えていることがあった。
彼女はsexをすると自分が自分じゃなくなるみたいで嫌になる。
ただ俺がしたいのなら努力はするって言った。
彼女にそんなことは思いはさせられないって思って、
俺は彼女を抱かなかった。
半年くらいそんな関係が続いて、
俺はだんだんと彼女のことを軽く扱うようになった。
難病患者の介護みたいだとか思って
一丁前に負担に感じている最低な自分がいた。
ナンパした女とセフレみたいな関係になって、
俺はそいつのほうにのめりこんでいった。
彼女に知られないようにしていたが、彼女は気づいていた。
さらに半年位して彼女にもういいよって言われた。
「私と付き合ってても、疲れるだけでしょ。私も疲れた。終わりにしよう」
殴られた気がした。なじられたほうがよっぽどましだった。
唐突に彼女を大好きだったことを思い出した。
そう思うと泣けてきた。
俺は別れたくないって泣きついた。
彼女は別れないと駄目だって泣いた。
負担になるのは嫌だから別れたい。
このままだとますます自分のことが嫌いになる。
気を使わず普通に接してくれるだけでいいのにって。
俺はすべて見透かされていたことを知った。
今思うと最後の半年は、彼女にとってただ辛いだけの日々だったはずだ。
彼女を抱かずに他の女を抱いていたことで、
俺は彼女の最後のプライドをぼろぼろにした。
その後は二人でソファに座って、いろんなことを話した。
彼女の過去にばかりとらわれ、
今をぜんぜん見てなかったことを思い知らされた。
ひとしきり二人で大笑いした後で、自然にsexが出来た。
夢中でむさぼるわけでも、耐えるわけでもないsex。
彼女は目を閉じて、小さく声をあげて感じていた。
何回も抱きしめてキスをした。
sexってこんなに気持ちよかったんだって思った。
始めからこうしておけばって思った。
彼女は最後に「ありがとう」って言った。
そのときは「友達に戻るだけだから、会えなくなるわけじゃないから」
っていって別れた。

俺はしばらく何もする気が起きなかった。
授業もしばらくでなかったし、セフレとも友達とも会う気が起きなかった、
何より彼女に電話したり会いに行ったり出来なくなったことで
することが何もなくなった気がした。
やがて三年になり、学科の違う彼女と一緒の授業は何もなくなった。
たまに学内で見かける彼女は相変わらず綺麗だった。
なんとなく気まずく、俺達は簡単な挨拶を交わすだけの仲になっていった。
何度かもっと話そうとしたが、うまく言葉が出なかった。
卒業して俺は別の大学の大学院に進学し、彼女は希望の職種に就職したと聞いた。
この前久しぶりに、学祭中の大学でOB会があって遊びに行った。
そしたら、来ていたんだ、彼女が。今の住所を交換した。
幸せかってきいたら、ちょっとわらってまあねって言ってた。
今でも彼女のことは好きだし、人間的に尊敬している。
別に恋人に戻れるとは思っていないが、
彼女が幸せかを確認するため、年賀状くらいは書こうと思っている。


358 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 02:36
続きー続きー!!

359 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 03:54
>>346
久々の重量級……感動
まだ若いのでしょう? どのくらい前の話ですか。
なんか、現在進行形にしてもいいような気もするのですが……。


360 :名無しさん:2000/11/14(火) 04:37
>>344=>>276
なんかごちそうさまーって感じでした。
>今はとても幸せなのですが、また彼の前にかわいい子が現れたりしたら
>彼はその子のもとに行っちゃうんじゃないかと…ちょっと心配…
そういう心配は誰でもいつでももってるものですよね。
☆「本編」も期待してます(^^

>>346からの連作さん
詩のような文体ですね。それだけでもうっとりしました。
内容が文体に不釣合いに詳細なのも好感をもちました。
既に終った恋の物語の方が切実だってことでしょうか。
今よい恋よいSEXをされているといいですね。

361 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 08:21
>>346>>347
>>356>>357

感動だなぁ…
よってage♪

362 :名無しさん:2000/11/14(火) 08:34
リンク張りなおしておきますね。>>361さん
>>346=>>347
>>356=>>357


363 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 08:55
>>229 さんの話を読んで、
沢田知可子の「あいたい」を思い出したよ。
歌のような恋愛も本当にあるんですね。

364 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 09:28
>357
最後に自然なSEXができてほんとに良かったね・・・
それにしてもレイプやいたずらが、どんなに女性の心を破壊することか。

365 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 10:26
>>229
泣いた…

366 :名無しさん:2000/11/14(火) 10:43
アーダコーダ言ってる純愛板の人たちにも読ませてやりたいな。
このスレは自慢できるよ。


367 :sage:2000/11/14(火) 10:58
>>356
>今までで一番最悪のsexだっただ。
感動の話なのに爆笑スマソ。
くだらん煽りなので下げでかきます。



368 :楽堂:2000/11/14(火) 11:39
>>229
今、職場のパソコンの前で不覚にも涙がこぼれました。
ちょうど、両隣が離籍していて助かりました。
彼氏みたいに素敵なセリフが出てこなくて申し訳ないのですが、
ぜひ、彼の分も幸せになって下さい。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 11:49
リンク張りなおしておきますね。>>362さん
>>346-347
>>356-357

370 :うわ:2000/11/14(火) 13:00
やばい、会社なのに泣いちゃうぞ

371 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 14:12
わかる  なぜかわかるぞー  最高!

372 :名無しさん:2000/11/14(火) 15:25
>>369さん、ありがとう。こんなやり方ができるなんて知りませんでした。
また1つ利口になりました。関係ないレスだけど、いいスレだからあげちゃえ。


373 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 16:01
あげだな

374 :age:2000/11/14(火) 16:13
>>372
sageちゃってるよ
代わりにあげ




375 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 16:36
あげねば。

376 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 17:40
age

377 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 17:46
346さんの話を読んでいたら、彼女のことを書きたくなりました。

中学校から、なぜかずっと同級生の女の子が居た。よくよく縁があったらしく
就職先まで一緒。隣の部に配属されたものの、仕事がリンクしていて、毎日
顔を会わさない日は無かった。
彼女は、美人、というタイプじゃなかったけれど、本当に可愛い子だった。
容姿も性格も、とにかく可愛かった。
いつも明るくて優しくて、職場でも直ぐにアイドルになっていた。
けど、僕は、彼女のそんな素振りを見る度に胸が痛くなった。無理しているの
を知っていたからだ。
彼女には秘密があって・・・それは、やっぱり、レイプだった。
中学に入ったばかりの頃、たまたま一人で下校していた彼女が被害にあった。
ショックで、現場から離れられず、座り込んでいた彼女を、近所の人が発見し
通報した。
多分、簡単に想像できると思う。彼女が、周りにどんな風に扱われたか。
それでも、彼女は半年後、再び学校に来た。前となんら変わらないように振る
舞っていた。誰に、どんなことを言われようと、笑ってやり過ごしていた。

就職して、半月くらい経った頃だった。彼女が「○さんと付き合うの」って、
嬉しそうに耳打ちしてきた。僕は、本当に嬉しかった。彼女には幸せになって
貰いたかったからだ。だから、その後、彼女の笑う姿を見る度に、すごくホッ
とした。彼女から、彼氏との話を聞く度に、自分の事のように嬉しかったし、
SEXの相談(男の喜ばせかたとか)にも真面目にのっていた。

彼女たちの付き合いが、1年半くらい経った頃、彼女の中学時代からの親友に
電話で呼び出された。場所はカラオケ。集まったメンバーは、中学の時、彼女
を守ろうとした同級生達だった。
久しぶりの同窓会もどきかと思ったら、彼女を励ます会だと聞かされた。

378 :魁!名無しさん:2000/11/14(火) 17:57
俺もageとこ

379 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 18:08
377続き。

彼氏が、同僚を妊娠させたそうだった。
彼女は一番最後にやって来た。いつもと同じように明るく、陽気だ
った。なんにも変わった事など無いみたいだった。
店を出た後、僕が彼女を送ることになった。彼女は少し酔っている
から、散歩したいと言った。
僕の前を、上機嫌で歩く彼女を、ずっと黙って見ながら歩いた。

彼女が、いきなり腕を絡ませてきて、「私って、魅力無いかな?」
と聞いてきた。そんな事無い、と答えると、僕が彼女を嫌っていな
いか確かめてきた。僕は、素直に「大好きな友達だよ」と答えた。
彼女は絡めた腕をそのまま引っ張って、ホテルに入ろうとした。
慌てて「ダメだよ」と止めたけど、「お願いだから」と先に入って
行った。

部屋に入ると、彼女は抱きついてきて、「嫌いじゃなければ、抱け
るんだよね?」って聞いてきた。
僕は、返答に困った。
彼女は、「男なら、据え膳食わない奴はいない」と言ったじゃない
かって詰め寄ってきた。
僕は、「僕たちは友達だから、できない」って謝った。
その後、しばらくこんな調子でする、しないってもめてた。
彼女は泣きながら、「どんな人でも男ならしょうがない。私の事と
関係ないって知りたい」って叫んだ。
その、一言を聞いて、本当に迷った。迷って、迷って、取り敢えず、
彼女が落ち着くまで、付き合おうと思った。
お互い恋愛感情を持ってないのは分かっていたし、一時的に自棄に
なっているだけだと思ったからだ。
泣いている彼女を抱きしめて、頬や額にキスをした。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 18:09
続き気になるなぁ・・でも一応sage

381 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 18:36
379続き。

彼女は、「抱いてくれる?」と念を押すみたいに聞いた。僕が頷く
と、シャワーを浴びに行くって部屋を出ていった。
彼女がシャワーを浴びている間中、僕は自問自答を続けてた。
彼女は決して本気じゃないし、最後までしちゃあ、絶対いけないと
自分に言い聞かせていた。
彼女と交代で、シャワーを浴びに行っても、今回だけは勃ちません
ように、と祈るような思いだった。

ベットの中の彼女は、今にも壊れそうな風情だった。
SEXが好きじゃないのは、知っていた。どんなに無理して彼氏と
寝ていたかも、良く分かっていた。そんな自分が、なんで、二人
ともしたくもないSEXをしようとしているのかが、本当に不思議だ
った。
彼女は、昔のことや彼氏のことが気になるかって聞いてきた。
昔の事なんて気にならないけど、彼氏のことは気になると答えた。
「ごめんね。だけどお願いだからしてね。」
その日、ホテルを出るまで、彼女はずっとそう言っていた。

複雑だったし、辛かった。自分が情けなくもあった。
まだ20だったし、彼女は可愛かった。僕好みのSEXを彼女は知って
いたし、なにより上手かった。一生懸命だった。それが、すごく
痛かった。彼女が上手くなろうとしていた理由が、ずっと頭から
離れなかった。彼氏が心底、憎かった。
それから、自分も、呪いたかった。結局、してしまった。
僕は彼女の顔を見られなくて、見なくて済むような格好で。

お互いがあんなに悲しいSEXなんて・・・。
僕は、あれから彼女を避けてしまった。本当に、後悔している。

382 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 18:42
377です。
ごめん、ひどい方の話です。ごめん。

どんどん落ち込んできた。
もう、「飛ばして」は無意味だよね。ごめん。謝ります。

383 :名無しさん:2000/11/14(火) 18:46
本当に泣けた・・・
もうちょっとコメントしたいけど、今は無理。


384 :名無しさん:2000/11/14(火) 18:50
>>382さん。
酷くないよ。
謝ることないよ。
立ち直って欲しい。
そして、できれば彼女をまた励ましてやって欲しい。
彼女には周りの人の助けが必要だろうから。

385 :ななし:2000/11/14(火) 19:49
ここ2日間は重いけど泣ける話が続く
>>346
>彼女を抱かずに他の女を抱いていたことで、俺は彼女の最後のプライドをぼろぼろにした。
セックスにトラウマを持つ女性に、結果的に一番ひどいことをしたわけだ。
だけど君が彼女を抱かなかったのは男性にトラウマを持つ彼女への優しさからだろう。
うまく言葉にできないけど、君は彼女のことを本当に好きだったんだな…。
一方的な優しさだけじゃなく二人で乗り越えて行く努力が必要だったんだよ。

>>382
君の話の彼女と「忘れられない…1」の555の話がすごいダブる。
彼女は今幸せになっているか?



386 :名無し:2000/11/14(火) 19:57
>382
うう・・辛いですね・・お互いにきずついちゃって。
彼女があんな彼氏より、もっともっといい相手にめぐりあってることを望む・・
(彼氏を一発殴ってやりたい!)

387 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 23:23
ヒッキーの巣窟のはずなのに、なぜかこんなに素敵な愛とセックスの
ストーリー満載のこのスレって、奇跡。
人とセックスについて、考え直すことしきり。

388 :奥さん、名無しです:2000/11/14(火) 23:36
ヤリマンだって、生まれたときはみんな処女。
ヒッキーだって、生まれたときはただの赤ん坊。
生きてるうちはみんな色々あるのサ。

389 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 00:03
1日に何回くらいHする?

390 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 00:16
361です(笑)

リンク張り直し有難うごさいました(*^-^*)>>362さん

勉強になりました(笑)>>369さん

このスレ大好きなので関係無いけどageさせていただきます♪

391 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 00:19
いいこというじゃねぇか・・・

392 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 00:29
>>382
うん。384さんの言うとおりだ。
彼女には、そのときあなたが必要だったんだよ。
抱いてあげてよかったんだよ。
そして、これからもずっと友達でいてあげてくれよ。
382さんやそのほかの友達が、これからも彼女にはとても必要なんだと思うよ。

393 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 01:07
age

394 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 01:21
iisureage

395 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 01:23
>>382
「ノルウェイの森」のラストみたいだね。
愛情じゃない、性欲でもないSex・・・
哀しいけれど優しい・・・
きっと、その時の彼女には必要だったんだよ。
上の人もいうように、これからも彼女と友達でいてあげて欲しいな。

396 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 02:37
高校1年から、付き合っていた彼で、お互い初めて同士でした。
高校3年間のあいだ、一度別れて別の人と付き合ったりして、結局元に戻ったり
今思えば、青くさい恋愛だったな・・
卒業後は、彼は大阪の大学へ私は都内で進学することになってしまい、しかも
卒業式の翌日に大阪に行くって聞かされてたので、卒業式の日は朝からブルー
でした。
その夜、クラスの仲良し同士が友人宅で飲み会をすることになって私達は2人
で過ごしたかったのに、なんとなく断れずに参加し、なんとなく帰ることもで
きずに朝方まで飲んでた。
早朝、みんなが帰りはじめたので、私達も一緒に帰った。
朝の冷たい道を、何も言わずに歩いて、彼のうちへ。
どちらからともなく、制服を脱いで、セクスしたんだ。
なんだか、途中で悲しくなって、ずーっと目をつぶっていたら、暖かいものが
ポタポタ落ちてきて、見あげたら、彼が鼻赤くして大泣きしてた。
つられて、私も声をあげて泣いちゃって、彼も動くのをやめて、私の肩に顔を
うずめてずっと泣いていた。結局、お互いイクどころじゃなく、ずーっと私の
中に入ったまま・・・
そしたら、彼のがしぼんじゃってツルンって外に出ちゃって、「へへへ」って
感じになったので、とにかく時間の許す限り抱き合って、今までの思い出を
話しました。
裸の彼は、暖かくて、時々しゃくりあげる私の頭をずーっとなでてくれた。
もう、10年以上前の出来事だけど、鮮明によみがえってくる出来事です。
大切な思い出。

長レスすみませんでした。

397 :名無しのエリー:2000/11/15(水) 03:30
396いい思い出だね
私にもそういう思い出できないかなぁ

398 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 03:35
>396
なんかいい話だな・・・

399 :*:2000/11/15(水) 03:43
>396 コピペですね


400 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

401 :名無しさん:2000/11/15(水) 03:47
>>396
青春って感じのお話が出てきたね。
青臭いところが堪らなくイイ!


402 :346:2000/11/15(水) 03:59
あらためて読むと自分の読むと恥ずかしいなー
とりつかれた様に書いてたから気づかんかったけど
>>358
続きはなんにもありません。多分これでおしまい。
――彼女は結婚し、子供にも恵まれ幸せに暮らしている
そうなったら最高だし、素直に祝福できたらカッコイイと思うけど。
>>359
俺は20代半ばです。若いのかな……?
>>385
努力が必要か……
思えば俺も彼女も相手に何かを伝えることがすごく苦手だった気がする。
彼女は芯はものすごく強いのだけど、
ぎりぎりまで追い詰められてもすべてを自分の中に溜め込むタイプだった。
彼女は俺に別れ話を切り出す前には自殺まで考えたそうだ。
だけど俺に迷惑をかけるから自殺も出来なかったって最後に言ってた。
俺は話し合ったりするのが苦手ですぐ逃げ出すタイプ。
でも最後は逃げなくてよかったと思う。
>>382
凛としていたり、いつも明るく振舞う女性って、
皆じゃないけど心に何か傷を抱えている人は多いのかも。
傷を癒せるなんて無理かも知れないけど、支えてあげてください。

403 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 05:04
見苦しい嫉妬男がいるな・・・

405 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 05:54
ここで彼女がレイプされたとか悪戯されたとか言ってる奴らは笑える。
中学のころはやりまくってたっつうの。
俺に告ってきたバカを5人くらいでまわしたのが最初だった。
そいつはしばらく飼ってたんだけどすぐ飽きて別の奴に変えた。
狙ったのは同じ学校の奴ばっか。かわいかったり美人ほどやりがいがあった。
当時は意識してなかったけど、うまいこと考えたなって思う。
ターゲットにした奴を俺らがいじめだすと、男どもはすぐに離れていった。
女は最初はかばってるけど、飼ってる女経由で悪いうわさを流してやると男よりあっさりと見捨てる。
そうやって自尊心をぼろぼろにしておいたらたいていのことは出来た。
最初は胸を揉んだりする軽い悪戯からだんだんとエスカレートさせていくんだ。
教室でストリップもさせたし、夜中でもしたくなると呼び出してしゃぶらせた。
レイプごっことか言って、そいつが一人で歩いてるとこを襲ったりした。
もちろん俺達だってことはだまったまま。ばれないようにマスクとかした。
びっくりしたのはそいつ健気にも翌日学校に来てたことだ。
ビデオや写真を撮っといたからそいつの机の中にいれといた。
俺達だったんだよって書いて安心させてやった。
ちんぽも見たことない奴におたくのをパイずりせたりしたときなんか大爆笑だった。
女は途中で失神したんだ。男は気づかずに最後までいっちゃったけど。
男はそいつに惚れてたんだけど、女はよっぽど嫌だったみたい。
面白かったからそいつら無理やりつき合わせた。
セックスはさせないで、指や口で毎日しごかせた。
結局ナンダカンダって10人くらいは餌食にした。

406 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 05:59
一気に読んでしまいました。・・・6時かぁ。
 触発されて思い出話など書いてみることにします。
 ただ、まだこの傷は癒えていないので書いといてつらいです。


 半年くらい前まで、半同棲状態だった彼女がいました。
 ぼくは彼女のことが世界一大好きで、結婚の約束もしたことがありました。

 その日、彼女の家に遊びに行くと、なぜか「家が汚いから」と、
家に入れてくれませんでした。見てみると、足元に男物の靴なんかあったりしました。
 その夜2人共、泣きながらの大喧嘩。「男友達が漫画を借りに来てただけ」と
釈明されて僕も納得し、仲直りのつもりでエッチしました。今思うと「体を重ねていたら
分かり合える」と単純に思っていたのが間違いだった気がします。

 そのエッチは、いつもと違い彼女は全然濡れませんでした。「入れて」とねだられた
時、そのことを指摘すると、なぜか急激に濡れてきました。

 なんか、砂を噛むようなセックスでした。

 その2日後「他に好きな人が出来た」と告げられました。
 最後のエッチの時、ココロの中での相手は僕だった?と聞いてみたら、黙って首を振られました。

 なんかその後、僕の親友と実は浮気してたとか、僕の友達と今は付き合っていたりとか、
イタイ事実がたくさん出てきたけれど、もう一度彼女とエッチしたいです。
 だって、最後の悲しすぎるエッチ以外なにも思い出せませんから。

407 :名無しさん:2000/11/15(水) 07:26
>>406
>・・・もう一度彼女とエッチしたいです。・・・
もう一度したらきっともっと悲しいセックスになると思うよ。
思いを振り捨てて、新しい恋人を見つけてその人と思いっきりセックスした方がいい。
そうしたらまた書いて欲しいな。


408 :ななし:2000/11/15(水) 09:09
そーそー、新しい彼女と幸せな思い出が作れれば、悲しい思い出は遠景に
遠のくよ。。

409 :amasyoku:2000/11/15(水) 12:50
今から8年前あの当時、僕が20歳、彼女が19歳の時でした。
付き合って一年ぐらい経過していました。SEXは共に経験がなく
彼女の意向で結婚するまではしたくないとの事で、私は我慢するしか
なかったのです。
 そして、初めて迎えるクリスマス、彼女からのプレゼントは
横浜の夜景が見えるホテルの部屋をとってくれてました.
そんなお金よくあったなーと、思いつつウキウキ気分で
クリスマスイブを迎え、お互い初めてながらもなんとか
SEXすることができ、痛かったのか彼女は涙をながしていました。
 でも、それが最初で最後のSEXになるとは、しかも彼女の涙の
意味もその時は知る由もなかったのです。

新年を迎え1月4日にまだ一度も合ったことのない彼女の
両親に病院に呼び出されました。妊娠でもしちゃたのかなーなんて
思いながらビクビクしながら病院に行ったのを覚えてます。
お父さんから「キミが○○君か、キミには悪いことしたなー」
僕「いったいなんのことですか?」父「娘はもって3ヶ月の命だとのこと
病名は急逝白血病だ・・・」沈黙が流れ、ただ涙がこぼれるだけでした。
病室に行くとそこには無菌室のビニールシートで覆われた彼女がいました。
普通の人と変わらない健康そうな彼女が、ただ一枚のビニールで隔てられ
触れることも出来ず、ビニール越しに手のぬくもりを感じるだけでした。
 病気を治す唯一治療法として骨髄の移植しかありませんでした。
結果として両親、妹も骨髄が一致せず、あとは骨髄バンクのドナー待ちと
なりました。
 1月後半ともなると、徐々に体も衰弱していき、悪いことに
肺炎を併発してしまいました。僕も出来るだけ病院に行き、出来るだけ
一緒にいようと思い彼女を励ましました。しかし励ましてもどうにもならない
ことは知っていました。
 肺炎を伴いながらも2月を迎へ、そして運命の時は突然やってきました.
夜9時ぐらいにお父さんから電話があり、僕は病院へ急ぎました。
病室に入るとすでに、両親と妹、そして主治医と看護婦数名がいて
なにが起こってるとすぐ察しがつきました。
彼女は小さな声で僕を呼んでいて、何かを言っており、主治医が
彼女を覆っているビニールを捲り上げました。
僕はさらに近寄り、彼女の口元に耳を近ずけました。
息を吐いたような声で「今まで・あ・り・が・と・・・」
そこで、彼女の意識は無くなり、20分ぐらいして息を引きとりました。
なぜか、涙も出ることがなくただ、漠然と彼女との思い出を
振りかえる自分がそこにはいました。
くしくも、その日は2月14日のバレンタインデーで、
彼女がお母さんに預けていた手紙とチョコをいただきました。
その手紙の内容は詳しくは書きませんが、一部としてすでにイブの日に
病気にかかっていた事、女になりたかったとの事が書かれていました。
今思えば、ウキウキ気分でホテルに行った自分がはずかしい・・・
 あれから4年後僕は結婚しました。妻にはすべてを話し一緒に
涙を流してくれました。女の子も生まれ、なんと妻の提案で
彼女の名前を付けてくれました。感謝しているよ。

 毎年2月14日には家族3人でお墓参りしています。

410 :名無しさん:2000/11/15(水) 13:04
>>409
こんな経験する人がいるんだね。
2chにはたくさんの人がアクセスするから色んな経験を持った人が
いるとは思っていたけど・・・
内容についての感想は何も言いたくない。
ただ、泣けました。
真昼間から、セックスの話を読んで泣きました。
それだけです。


411 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 13:11
>>409
昼間から涙が。同級生が白血病で亡くなったけど、病状が進むのが早いから
辛かったでしょう。奥さんは人間的に良い人ですね。

412 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 13:20
逝ってしまった恋人や連れ合いというのは
永遠に美しいままで心に残るといいますが、
それを全て理解し、そして自らのお子さんに
彼女の名前をつける奥さんに敬意を表したいですね。
とても心優しい女性で、なによりamasyokuさんを
深く愛していらっしゃるのでしょうね。

413 :ぷにぷに:2000/11/15(水) 13:23
>409
ネタと思うくらいの出来じゃない?泣
すヴぁらしい話をありがとう

414 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 13:39
ただ ただ涙が込みあげてきました。似たような経験ありますが、ただ相手は彼女
ではなく身内だったので・・・

415 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 13:45
>409

涙が止まらんよ・・・・

416 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 15:23
>>229さんと、>>409さんのお話がダブる・・・。

ああ、人間、最後には「愛」だよね、やっぱり・・・。

417 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 16:07
>409
うぅ、ほろほろと泣いてしまいました。

どうでもいいかもしれないけど、2月14日は私の誕生日でもあったので
なんとも言えない気分でした。私にも色々な思い出がありますが、同じ日に
こんな忘れられない思い出を持っている人もいるんですね。

毎年お墓参りに行ってるなんて、、、本当に彼女は幸せだと思います。


418 :楽堂:2000/11/15(水) 16:46
>409
全く神様と言うのはなんと悲しいことをなさるのでしょう。
またもや職場のパソコンの前で、涙がこぼれてしまいまいた。
って、仕事しろよな。


419 :花と名無しさん:2000/11/15(水) 17:02
泣。。。

420 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 17:49
>>409
号泣です。

421 :うわ:2000/11/15(水) 17:59
>409
泣泣泣泣泣泣

422 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 18:08
泣けたり、暖かい気持ちになったり、
とてもいい内容のスレですな。

423 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 20:39
あげます。

424 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 22:15
382です。

レスくださった方々、ありがとうございます。
書いていたら、どんどん落ち込んできちゃって・・・。

彼女とは、ここ5年会っていないんです。あの半年後、退職しその後の行方を
知りません。辞めるまでの半年間も、彼女には色々と辛い出来事があった
みたいです。でも、僕は、助けてあげられませんでした。あの日から、彼女の
顔を見れなくなってしまったんです。
今、本当に後悔しています。
彼女が、幸せであることを、心から願ってやみません。

425 :名無しさん:2000/11/15(水) 22:40
>>424=>>382
軽々しい気休めはいけないとは思うけど・・・
きっと彼女にとってはあなたみたいな信頼できる友人に抱いてもらうことが絶対必要
だったんだと思う。その点であなたは多分(としかいえないけど)彼女の力になって
あげられたんではないか?

できれば手紙を書くなどして連絡をとってみてはいかがかな?
おそらく彼女は一生友人たちの支えを必要としていると思う。

私自身似たような経験があり(相手の事情は詳しくは知らない)長い間分けがわから
なかったけど、382さんの文章を読んでちょっと胸に落ちたことがある。
そういう意味でもためになるレポートだった。改めてお礼を言いたい。

426 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 23:19
もちろんあげだ

427 :名無しのエリー:2000/11/16(木) 00:18
うわー
奥さんいいひとだね!
大切にしてね!
>409

428 :.:2000/11/16(木) 00:53
.

429 :下弦:2000/11/16(木) 00:54
>>409
泣きました。
奥さんいいかたですね。
ああ、久しぶりに泣いた。

430 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 00:55
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■□□□
□□■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■□■■■■■■■■□□■□□□□■□□□■■■■■■■■■■■
□□■□□□□■■□■■□■■□□□□■□□■■■□■□□□□□■■
□□■□■■■■□□□■■□□■□□■■■□■□□□■□□□□□□□
□□■□□■■□□□□□■■■■□□□■□□■□■■■■■■■■□□
□□■□■■■■■■■■■■■□□□□■■■■□□□■□□□□□□□
□□■■■□□■■□■□□□■■□■■■□□■□□□■■□□□■■□
□□■■■■■■■■■■■■■■■□■□□□■□□□□■■■■■□□
□□■□□□□■■□■□□□□□□□□□□□■□■□■■□■■□■□
□■■□□□□■■□■■□□□□□□□□□■□□■□■■□■■□■□
□■□□□□■■□□□■■□□■■□□□■■□□■■■■□■■■■□
■■□□□■■□□□□■■■■■■□□□■□□□□□■■□■■□□□
□□□■■■□□□□□□□■■■□□□□□□□■■■■■■■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


431 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 00:57
またしても泣かされた。

432 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 02:31
泣きアゲ

433 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 03:34
俺には、双子の兄が居る。
小さいときから、親も見分けがつかなかった。それが面白くて、
しょっちゅう入れ替わりをしていた。成長期に入ってからも、努力
して、お互い、そっくり度を維持していた。

だけど、結婚だけは別だった。兄は就職先で恋をして、直ぐに結婚
した。半年過ぎた頃、兄が暗い声で電話をかけてきた。一緒に、
病院へ検査しに行くよう頼まれた。兄は、無精子症だった。俺は、
普通にパスしたけれど。それが、始まりだった。

兄の嫁さんと、ばれないようにSEXすることを頼まれた。
そんな入れ替わりは嫌だった。けど、兄の気持ちも理解できて、
1度だけだと念を押して、入れ替わりSEXをした。
兄の嫁さんが、いつ気がつくかと気が気じゃなかったし、兄に頼ま
れたとは言っても、やっぱり申し訳なさとか心苦しさとかがあり、
なかなか勃たなくて、あやうく、兄の嫁さんにフェラされそうに
なった。
もう、気合いしかない、とか思って、必死でしたよ。
あれほど苦しいSEXってしたこと無かった。今もしてないけど。

結果、なんとか1度キリで済む状態になったけど、これも、すごく
嫌だ。顔かたちは一緒だけど、やっぱり、別人だし。
兄の心境を考えると複雑だけど、俺はもっと複雑だ。このままいく
と、来年には自分の子供が産まれて、これから何年先になっても、
ずっとずっと呪われているような気になるんだろうか・・・。

434 :名無しさん:2000/11/16(木) 05:25
>>433
うーん、これはネタであって欲しいような内容だなぁ。
ただ、日本では近親者から精子や卵子を提供してほしい・したいという気持ちの人が
多いみたいだから、それほど罪の意識を感ずる必要はないと思う。
きっとお兄さんには一生感謝されるでしょう。2人だけの秘密ってのも悪くないでしょう。
そのうちに2人目も頼まれたりして・・・
ちょっとSFっぽく感じました。


435 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 05:30
私の初めての時のこと・・・
その時私は17才でした。A,B,Cって段階をつければかなり過激なBまではあったけど、本当の最後はまだでした。今考えるとあんまり意味なかったと思うけど。
バイト先で知り合った大学生だった彼の人柄の良さにすぐに恋しました。
家まで車で送ってもらったりして。当時流行っていた、[会いたい」と「夜明けのブレス」の入ったテープをプレゼントしたらいきなりキスされて。
でもすごく好きだったからとてもうれしかった。
彼女にしてもらえるかな、なんて思っていたけど、彼は
別れた彼女のことが忘れられずにいたから・・・
後でごめんって。ショックだったけど・・・
でも好きでどうしようもなくて。
よくアパートに遊びに行ったりして、ご飯作って来たり。
前の彼女の写真をこっそり見てとてもかわいいのでこれじゃあ勝てないと思って涙してみたり。
遊びに行ってもはじめのキス以来、何もしてくれなかった。彼女になんてなれなくてもいいからこの人に抱かれたいと思っていたのに・・・
でもある日、胸を触られて・・・すごく切なくなったしでもものすごく感じてた。またごめんって。謝らなくてもいいのに・・・
彼に私は自分がまだ経験していないことは話していたから、これ以上傷つけたくないから、もう会わないって。
でもその時の私はそんなんじゃ彼の事諦められなかった。せめて1度でいいから大好きな人と思い出を作りたかったから・・・

その後の私はどうしたか?
私が処女じゃなければ彼も責任を感じないだろうから抱いてくれるだろうと思ったから・・・
当時男友達は何人もいてその中でも年上の大学生で彼女はいるけどいつも一緒に遊んでくれて可愛がってくれてる人がいた。当然下心はその人にもあったのは知っていたから、ある日のドライブ中にしてもいいよ」って。誘った。
え?何て少しとまどってたけど、ほんとの理由は言えなかった。すごく痛かったけど、血は出なかった。
優しくしてくれたけど、気持ちよくはなれなかった。
ちょっと泣いてしまって。

数日後その事を好きだった彼に話した。そして・・・
彼は私を抱いた・・・
後悔はしなかったけど感じなかった。
今考えればなんていうひどい人!みたいな感じだけど。それで完全にふっきれちゃった。
自分でも不思議なぐらいどうでも良くなっちゃって。

その後はいっさいそんなことも無かった。
たまに顔は合わせたけど、もう切ないくらいの気持ちには戻らなかった・・・
そして彼は幸せになって欲しいなんてクサイ手紙を残して東京に行ってしまいました・・・

バカげてる話だと思うけど今でもいい思い出です。

436 :ティンポ君:2000/11/16(木) 05:36
噂を聞きつけてageに来ました!
頑張って全部読みます!

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 05:54
>>435

アホ。
勘違いも甚だしい。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 06:02
書き方がちょっと・・・わたし文章うまいでしょ?ってみたいで
409、433さんのは両方とも辛いね
泣いちゃったよ


439 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 06:09
>>435

うーん いわゆる若気の至りなのかな・・・
ちょっと未熟な行動だったかも。
でも 435さんの中でいやな思い出になってないのなら良かったね。

440 :名無しさん:2000/11/16(木) 06:14
>>435
女性の「いい思い出」というのはなかなか不可思議なものですなぁ。
僕も親友の女性から「私のことを本当に大切に思っているなら抱いて」と言われて
抱いたことがあって、そのときに彼女の思いとかをいろいろ聞いたことがあるから、
分からなくもないが・・・やっぱり不可思議だ。



441 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 06:27
やっぱり初体験の時が1番思い出に残ってる…
私が中2のときに初めて男に告白してフラれて、落ち込んでるのを
家庭教師(大学生)に慰めてもらって、そのまま…
すごく痛かったけど、彼優しくしてくれて嬉しかった。
ちょっと後日後悔した事もあったけど、今ではいい思い出です。

442 :↑おおティムポ君!:2000/11/16(木) 06:53
ネタ元はおいらと一緒だね!頑張ってよんでよ!

443 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 08:19
あげときます。

444 :うわ:2000/11/16(木) 08:34
数年前、彼女が病院で子宮系の病気で子宮をとらなきゃならないと言われた。
その夜、彼女は「抱いてよ、今のうちに。だって私、もうすぐ女じゃなくなっちゃうんだよ」と泣きながら言ってきた。
そんな状況ではできないと思っていたが、なんとか・・・。でもさすがに最後まではいかなかった。
Hな気分じゃなく勃起している、というのはすごく不思議な感じだった。あれは愛情だったのか、義務感だったのか。
自分と違うところで起こっている出来事みたいだった。
その後、病院を変えて診てもらうと手術はしなくて良い程度の病気であることがわかって、今は俺の妻。
何でも簡単に切りたがる医者もいるので最低3つは病院を変えてみましょうって・・・俺は本当に感動させる文章が
書けない・・・。

445 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 09:02
最後に「女になりたい」って気持ちは、よくわかる。せつない。。
444の彼女の場合はほんとに良かったね。
感動したよ。

446 :うわ:2000/11/16(木) 09:04
うう・・わかってくれる人が一人いただけでうれしい。ありがと>445

447 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 09:08
>>444
悲恋は泣けるし感動するけど、こういうハッピーエンドだとホッとできる。
また、訥々とした文章も好感。
あとは嫁さんとの目くるめくセックスを告白きぼーん。


448 :ななしさん:2000/11/16(木) 12:15
age

449 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 17:06
>>444
あ〜、私、奥さんの気持ち、分かるなぁ・・・。
私も取る取らないで、かなり悩んだ時期があるから。
結局、爆弾抱えたまま現在に至ってますが。

奥様は、優しい旦那様と幸せになれて、本当に良かったね!

450 :奥さん、名無しです:2000/11/16(木) 20:07
>449さんもお大事に。。

451 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 00:37
age

452 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 01:01
>>444
また哀切な話かと思ったら、意外な結末。
こういうハッピーエンドがあるとほっとするよ。

453 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 01:12
このスレ見てたら書きたくなってしまったので・・
純愛版よりな内容でごめんなさい。

どうしても忘れられない人がいます。

大学時代に知り合った人で、なんとなくあう回数が増えて
逢うたびにだんだん惹かれていった。
私は我侭ばかり言っていたのに、
「しょうがない奴」っていつも付き合ってくれてた。
真夜中に海までドライブに連れて行ってくれたり
大学内の木の下に一緒に座り込んでのほほんとしたり・・・
思い出し始めたらキリがないらい、いろんな思い出が残ってる。

彼は一人暮らしで、私も一人暮らし。
知り合った当時住んでたアパートは偶然にもご近所で
専ら私が彼の家に遊びに行っていた。てか、押しかけてた(笑)
彼の部屋でじゃれて遊んだり、あれこれ語り合ったりもした。
それっぽい雰囲気になることも結構あったけど、
結局一度も最後まではしなかった。
「友達以上、恋人未満」て言葉が丁度あうような関係だった。

身体の関係があった過去の彼氏より、
関係のなかったこの人のほうが忘れられないのが不思議でならない。
思い出だからかなり美化されてるだろうけど・・・
もしまた逢えるんだったら、沢山謝りたいことがある。
もし許してくれるなら、おもいっきり尽くしてあげたい。

私は2ちゃんねらーになってるけど
君はしっかり大学卒業して真っ当な人生歩んでね・・・

454 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 02:50
>>453
>私は2ちゃんねらーになってるけど

ここが、ある意味悲しい・・・・

455 :名無しさん:2000/11/17(金) 03:25
>>453
もしできれば、どうして別れてしまったのか、まで書いてくださいな。
セクースがないのは構わないけど、このままではちょっと消化不良を起こしそうです。



456 :内緒の恋心:2000/11/17(金) 08:12
私の初恋は15才でした。塾の英語の先生で23才の大学生。
好きで好きで、でも気持ちを伝えられないまま、どうすれば良いか分からないまま高校に進学して、もうその先生との接点が無くなって、
それからの私は、先生だったら、こういう時どうするだろう?
どう考えるだろう?先生のような人になりたい釣り合うような大人になりたい。
私が、もっと大人になってもっと良い女になれたら、先生は私を見てくれるかな?
そう思って過ごしてました。
しかし、気持ちを伝えられない相手を思って一生独り者なのは嫌なので、
いろんな男性ともお付き合いはして来ました。
そして、私が20才の頃、アルバイト先で知り合った人と恋愛をして、
「私はこの人と結婚するかも知れない。」そう本気で思えたので、真剣に交際を始める前に
先生の事を、今でも誰より好きなのか自分の気持ちを確かめようと思い勇気を出して、先生に会ってもらいました。
先生はとても優しく相変わらずの男前で、車のドアは開けてくれるし、何もかも素敵でした。
その日は一日中デートを楽しみました。先生は私の気持ちに気付いてたのかも知れません。
その日、結局私は自分の気持ちを伝える事は、拒絶されるのが恐くて出来ませんでした。
でも、私の永年の恋心は、少し満足できました。
本当は、抱いて欲しかったのですが、それは伝えられず、今でも少し残念です。
それと同時に、相変わらず惚れ惚れする男振りで有ったのですが、あまりに長い片思いで、私の中で先生の事を理想化し過ぎて神格視していたような感も有り、その事に気付いて現実との差に、残念なようで有り、同時に何故だかホッとしました。
その後、アルバイト先で知り合った彼と真面目に付き合う事にし、その彼と始めてHした時の事は今でも忘れられない良い想い出です。
リゾートホテルのスイートルームを私の誕生日に取ってくれて、ホントにその時は彼のドキドキが伝わって来て私もすごくドキドキしました。愛してる人とのHは一味違いました。
そして3年後に結婚、でも今でも、その先生の事を思うと胸が痛くなります。
あの時勇気を出して「抱いて欲しい。」と言えば良かったかなーとか。
ダンナさんの事はもちろん愛してるので、これは内緒の恋心です。

457 :名無しさん:2000/11/17(金) 08:20
>>456
初恋と初夜が微妙にずれつつ重なっているというわけか・・・
男としては何とも言えん気持ちにさせられるなぁ。
まぁ、初恋は誰にとっても特別だから、そのくらいは認めてあげられる
ようになった。年とったってことかな。

なんだか美しく初々しい話が続くね。

458 :名無しさん:2000/11/17(金) 08:21
裏2ちゃんねる
http://kame.tadaima.com/2ch/



459 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 08:37
>「愛してる人とのHは一味違いました。」
たしかに。。2ちゃんねるの厨房たちはいつかわかる時がくるかな。

460 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 10:09
中学時代の彼女は部活の後輩だった。
彼女は元々同級生と付き合っていたのだが、その男が
別の子を好きになって気持ちが離れてしまい、その子は
俺に相談してきたので、2人の間に入って波風立てずに
別れさせた。それが、親しくなるきっかけで2ヶ月後彼女
から告白された。それから1年半付き合ったが俺は中学
卒業、彼女は親の都合で遠方へ転校。
卒業式後に部活の送別会が終わり、それまで内緒の仲
だったので、一度も二人で歩く事のなかった校内を話し
をしながら歩き、想い出を話し合った。二人とも涙声に
なりながら・・・。
校舎の一番奥の人目にふれない教室で、初めてキスを
して彼女を抱きしめた。中学生でちょっと早いかもという
気持ちが頭をよぎり、実際はそれ以上進まなかった。
彼女を抱きしめた腕を放し、「最後に写真でも撮ろう」
と俺が言うと、彼女は「写真なんか撮ると、もう逢えない
ような気がするからやめよう」と言った。
俺は内心「この子とは恐らく一生逢えないだろうな」と
思った。この別れが俺の人生で一番辛い別れになった。
その後手紙のやりとりは続いていたが、去年の八月、
俺の家に彼女の親から電話が入った。
「今朝娘が亡くなりました。娘は意識が混濁する中で、
『もし私が死んだら、○○先輩を呼んで欲しい』と言い
ました。お葬式は明後日の予定です。お忙しいとは思い
ますが、参列してはいただけないでしょうか」とのこと。
とるものもとりあえず、その日の最終の飛行機で彼女
の元へ。彼女は寝ていました。中学の頃の面影が残る
顔をなでると、冷たいはずの身体にあの最後の日の彼女
の温もりを感じました。私の一番辛い別れの記録は
その日に更新されてしまいました。

SEXの話しじゃなくてごめんなさい。田舎の町で中学
生がキスをするということはSEXにも相当するんですよ(笑)

461 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 11:51
age

462 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 12:36
思い出あげ

463 :名無しさん:2000/11/17(金) 12:39
>>460
誰だ! 真昼間からこんな悲恋を投稿する不届き者は!!
気分が落ち込んで仕事にならないじゃないか!!!
しかも途中までは軽やかな初恋調の明るさで、その後一気に暗転する筆致・・・
すっかりやられてしまったよ。
今日も気分が重そうだ。

(書き方が悪くてゴメン。罵倒しているわけでもないし、揶揄しているわけでもない。
ただ、ちょっとすぐには心の中に容れられないというだけです。後でもう一度読み直します)

464 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 13:15
>>460
今おいくつですか?

465 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 13:27
>>460

>私の一番辛い別れの記録は
その日に更新されてしまいました。

おまえ、やるなぁ〜、

このフレーズ、心に響いたよ・・・・・(泣っ、)



466 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 13:30
>460
ネタとしては駄作。
もっと想像力を掻きたてる文章を書くんだ!

467 :名無しです@"どら""どら":2000/11/17(金) 13:56
そうだね。ちょっとネタっぽいね>460
唐突に亡くなってしまうところが、ちょっと。ほんとの話だったらごめん。

468 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 13:57
>466
そーかなぁ〜?

十分、感動させてもらったけど。(ネタとしても・・)

>465
あたしも最後の二行が、「ぐっ!」っと、きちゃったよ。(T_T)

469 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 14:30
>>460
これからも頑張って欲しい!

>>409
泣けた・・・・
高校の時の友人を同じ病気で亡くしたので。
しかも俺の次の出席番号・・・卒業して1年後に。
幸せになっておくれ!!

470 :460:2000/11/17(金) 15:06
俺は今24歳。去年のことだから俺が23歳の時、彼女
はひとつ年下なので、22歳で亡くなりました。
途中を略したので誤解を招いたかもしれませんが、
彼女は唐突に亡くなったのではなく、最後の3ヶ月は
入院生活だったそうです。彼女とお互いの誕生日に必ず
やりとりしていた手紙(彼女は6月生まれ)の返事が
その年だけ来なかったのですが、お互いに二十歳も
過ぎてそれぞれの生活もあるし、7年も逢ってないわ
けだからと思って深追いをしなかった結果、彼女の入
院は分かりませんでした。6月の時点では意識もしっか
りしていたそうですが、気分的に手紙を書ける状態では
なかったのかも知れません。あくまでも推測ですが・・・。
結局周りに隠しつづけた交際だったので、彼女と2人
で撮った写真は1枚も無く(当時はプリクラも無い頃で
したから)手元にある写真は部活の集合写真や彼女が
手紙に添えて送ってきた高校入学の時の写真と、成人
式の晴れ着姿の写真だけです。
無理を言ってでも別れるときに写真を撮っておけば
彼女の運命も変わっていたかなと、バカな事を考えて
時々彼女の写真を眺めています。


471 :名無しさん:2000/11/17(金) 15:25
>>470=>>460
460さんにとって、その恋はまだ終っていないんですね。
ますます胸を締め付けられました。

でも、時が経ったらよい恋をしてよい結婚をされますように。
きっと彼女もそれを願っているはずです。

472 :272:2000/11/17(金) 17:07
>>463

激しく同意!!
あまりにも悲しくてついそういうこと言いたくなっちゃいますわな。
それにしても>>460=470
ううーー悲しすぎですう。
バカなことじゃないですよ。後になったらそういうコト考えてしまうと思う。
だけど卒業式にイイ思い出が残せて良かったんじゃないかな。
最後はほんとうにつらかったけどね。

前も誰かが言っていたけど、書いてる人が癒されるならこのスレはほんとに
名スレだ

473 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 17:39
いいスレなのであげましょう

474 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 20:01
独りのまま亡くなる人もいるし・・・好きな人がいて女になれて逝けるのは、
唯一救いかも・・

475 :奥さん、名無しです:2000/11/17(金) 23:04
 一番印象に残ったレスはどれ?
 みんないいよね、心が癒されよ。


476 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 00:25
age

477 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 00:56
>>475
誰が一番っていうより、みんな良すぎだと思う・・・

478 :名無しさん:2000/11/18(土) 01:08
心にも体にも素直なことがこれほど感動を与えることになるという珠玉の例だと思う。
過激な恋愛板の面目躍如というべきか。


479 :名無しさん:2000/11/18(土) 01:45
いいセクースは心を癒す。
なんだかこの板のモットーにしたいスレだ。


480 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 01:53
このスレを見るにつけ、セックスは
「テク」じゃなくて「心」なんだなあと改めて思い知らされる。


481 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 02:10
>>470
>無理を言ってでも別れるときに写真を撮っておけば
>彼女の運命も変わっていたかなと、バカな事を考えて
>時々彼女の写真を眺めています。

こんな時間に声あげて泣いてしまった・・・

482 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 02:25
人を好きで好きで、もうしょうがないくらい愛してると思った時、
愛してると言うのも、キスをするのも、抱きしめるのも、なんか気持ちを伝えきれなくて、
セックスしたいと思う事にはじめて気が付いた。

483 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 03:52
すみません。
ほのぼのした話じゃないので、読みたくない人は飛ばしてください。

5年近く付き合っていた人がいました。
その人とは結婚するつもりで同棲していたのですが、長い同棲生活は結婚には結びつきませんでした。
彼は時が経つと共に、結婚をえさにわがままを言うようになりました。
結婚願望が強かったので、黙って会社を辞め、病気の彼のお母さんの看病もしました。
彼が会社を辞めたときは、生活費を稼ぐため、昼も夜も働きました。
でも結婚の話しをすると、きまって不機嫌になって黙り込んでしまうのです。
凄く寂しかったです。
何より一番答えたのは、彼のお母さんの看病をしている頃、病人のひがみ根性とでも言うのでしょうか。
あるいは、可愛い息子を奪う目障りな女だと思っていたのでしょうか。
ことあるごとに、いやみを言われ続け数ヶ月経ったころ、初めて言い返したんです。
「あんたより長生きしているんだ。口答えするな」って凄い喧嘩になったんですが、彼は話を聞いて明かに私に非のないことを分かった上で、お母さんの味方になってしまいました。
庇ってくれなかったのがショックでした。
分かれる1年前から彼とのSEXも拒んでいました。
男なんて居心地がよければ、なんの責任も取らないんだ。
男なんてみんなマザコンなんだから。
なんてズルイ生き物なんだろう。
そんな事ばかり考えていました。

別れてから、そこそこ出会いもあり中には付き合ってほしいなんて人も現れました。
やけくそで仕事で付き合いのある人とホテルに行ったこともあります。
相手は、私の事を思っていてくれていたのでしょうけど、なぜかコトに及ぶ時に涙が出てきました。
分かれた彼とのSEXを思い出してしまったのです。
嫌悪感や恐怖心とか、彼に対する怒りとか。
すごく好きで同棲までしていた人とのSEXが、いつの間にか愛情のないものに変っていた事を認めたくなかった。
多分悔し涙だったんだと思います。
凄く傷つけられた気持ちが強くて、そこから先に勧めなかったんです。
目の前が真っ暗で、もう誰も好きになれないと本気で思いました。

484 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 04:18
>>483
で、今は幸せなのかな?
幸せになってね。

485 :名無しさん:2000/11/18(土) 04:56
>>483
続編(完結編)があるかと思って待っていたのですが・・・
このままでは救いがないですよー(T_T)
>>483さんには、やけになってセクースをするのではなくて、少しでも
いいなと思えたり、信頼できるなと思える人と、ごく穏やかな身体的
コミュニケーションから始めることをお奨めしたいです。
いきなりセクースしようと思うのではなく、一緒に時間を過ごしたり、
手に触れたり、もしできれば、添い寝してもらったり(セクースなしで)
しているうちにきっと心を閉ざしていた氷河が溶けて春が訪れると思います。
そうしたらまた是非書いてくださいね!!!

486 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 05:05
>>483
幸せになって下さい。
セックスで傷ついた心が、セックスで癒されることもあると思います。

このスレだけでも、心を大事にしてる優しい男性がたくさんいるし・・・。
483さんの傷がいつか癒えますように。

487 :花と名無しさん:2000/11/18(土) 05:25
>>482さん
そうですね、いま、わたしも
遠くにいる彼とすごくしたい。
もう別れちゃった彼だけど、近くに素敵な
人がいても、誘ってくる人がいても。
ちっともかっこよくないし、性格も
あんまりよくないけど、会いたい。したい。
なんでそんなこと書いたのよぉ、ほんとに
泣きそうです。としくん会いたいよぉ・・・

488 :名無しさん:2000/11/18(土) 05:32
>>487さん、その思いをこのスレにぶつけてみませんか?


489 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 08:40
愛情って、なまもの。。執着とか依存に変質しやすい。
それでもみんな、愛を求めるんだけどね。


490 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 08:52
深いね>489

491 :456内緒の恋心です。:2000/11/18(土) 09:11
うまく行ったり行かなかったり、このスレはホント切なくなる話が多いですね。
聞いた話ですが、世の中には、運命の人が3人は居るそうです。
私の場合は初恋の先生と、今のダンナさんの2人に出会いました。
たとえ運命の人に出会えても、相手にとって自分が運命の人とは限らない、
これはどうしようもない事なんだなと先生を好きになって思いましたね。
あ−せつないな−。

492 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 14:06
こんな名スレを下げる訳にはいかないでしょう。

493 : 庫被平 : 2000/11/18(土) 15:54 ID:LLQYxQPU
76 名前:テレクラちょっといい話。投稿日:2000/11/17(金) 19:28
電波ねえ…。けっこう居たなあ。

19歳の女の子、待ち合わせたらかわいかった。
服は地味めで、化粧うまくないの。まじめそうな小動物系のかわいさね。
おっぱいだけはおおきいし。
会ってすぐに、寮だけどほかにだれもいないからって呼んでくれた。
まあ、そうゆうこともアリかなと思ってついてった。
フツーに考えれば変だけどさ、テレクラ行ってる人は知ってるよね。
こうゆう変なこともフツーにあるってさ。

六畳一間の部屋についたら、なんか変なの。ざつぜんというか、さつばつというか。
万年床ふうが敷いてある。ダンボールの切れ端に口紅でメモ。何かと聞くと、やや早口。

 ああ、これはね、テレクラの番号なの。ペンとか置いてなくて…。
 テレクラはね、友達から聞いてかけたの。先月からかけてるの。
 お母さんには知られて、やめなさいってしかられたんだけど、
 みんなやさしくしてくれるし、なんだかすごく、気持ちいいから、
 まいにちね、男のひとココにきてもらうのぉー
 ひろこをね、きもちよくしてねぇ。

そういうとブラウスを脱ぎ出した。目はとろんとしてて、焦点が合ってない。
ここに至って、ようやく、ヘンが常軌を逸してることに気づいた。

でんぱっつーか、分裂かなんかの子なんでしょうね。寮は病院の寮。
…できませんでした。"お母さんにおこられてぇ"ってのが怖くてね。
いや、お母さんが怖いんじゃなくてさ。悲しくなっちゃって。
かけちゃあダメだよって言って、テレクラのメモのあるダンボール持ちかえった。

なんか後味わるい思いでだなー。

494 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 17:17
ものすごく切ない話はそれでいいんだけど、ちょっと軽めの笑えるような話
も間に入れてくれると幅が広がっていいと思うよ。
それから、セクースの描写をもう少し入れてくれるともっとグッとくる。
完全匿名だから恥ずかしくないし。

495 :奥さん、名無しです:2000/11/18(土) 20:15
あの…すいません。

リンク貼ってある前スレが、エラーがでて見られません…
見たいよー!!誰か助けてください〜!!!

496 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 00:18
.

497 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 02:34
age

498 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 07:36
>>495
ホントだ!
私は一応保存してるから、仮に飛んじゃってたら提供してもいいけど、
どうやって提供したものか・・・
どなたか名案きぼーん!


499 :高校生:2000/11/19(日) 12:10
とりあえずあげときましょうね。

500 :500:2000/11/19(日) 14:59
500

501 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 17:04
age


502 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 17:33
あんまりいい話ではないのですが・・・。
3ヶ月前に彼氏とあんまりうまくいってなかったというのも
手伝って他の男の人(仮にS)としてしまいました。Sは彼
女がいるのですが彼女が旅行に行ってて1ヶ月くらい留守に
してた時だったのです。だからSはちょっとたまってたんだと
思います。彼がキスしてきたのがきっかけでした。
私は男の人は彼氏の身体しかしらなかったのだけどその人と
ねてみて、すごく新鮮な感じがしてSの身体とか触り方
なんかが忘れられなくなっちゃいました。彼氏の方が1年以
上付き合ってるし、お互いにどこをどうされるといいのかっ
ていうのも知り尽くしているから彼とのセックスはすごく安
心できるし気持ちいいはずなのに。かといって、Sのことを
好きになってしまったというのでもないのです。いつも一緒
にいたいのも、何かおいしそうなものを見つけたときに「こ
れ一緒に食べたいなぁ」って思ったりするのも彼氏なんです。
もしかしたら家族のような感じになってるのでしょうか。彼
が他の女の子と寝たとしても・・・ただ寝るだけなら嫉妬し
たりはしないと思います。でも心まで他の女の子に行っちゃ
ったら悲しいです。たぶん、経験が少ないが故に「他の男の
人」の身体に強く興味を引かれたのかもしれません。最近は
Sに会う度にあの日のことを思い出して身体が反応してしま
って困ります。でも幸せそうなSの彼女の顔を見るとやっぱ
り早く忘れなくてはと思います。
 長くなってごめんなさい。みなさんはこういう経験ありま
すか?

503 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 17:44
全くないです

504 :名無しさん:2000/11/19(日) 18:43
>>502
女の人が彼氏以外の人とするときの気持ちってどんなものだろうと思ってたけど
その1つの例って感じ読みました。
私は友達の女性から求められるままにセクースしたことが2、3度あります。
相手の相談に乗っているうちに「抱いて・・・」ってなことになりまして・・・
こちらに彼女がいなかったので、これで彼女になってくれたらいいな?っていう期待を
もって頑張りました。けど、一回したら元気になっちゃって「ありがとう」
なんて感謝されたりしてその後は元の友達のまま・・・
ちょっと残念と思ったこともありました。
でも、>>502さんの話を読むと、セクースが巧ければ何度でもしたくなる
ようですね。私は多分余り巧くないし、友達とのセクースの相性もそれほど
でもなかったんだと言う気がしました。

 まぁ、取敢えずの感想としては、彼氏との仲がうまくいっているようだから、
その関係を壊さないようにね、ということですね。

505 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 19:49
あげ

506 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 20:09
>>498
てきとーにGeocitiesかどこかのフリーweb使ってあげるべし。
名前はてきとーに。メルアドはフリーのやつ使え。
偽名で取ってもバレはしない。

507 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 21:00
>>502
なじみの娘に予約が取れなかった時、しかたなく選んだ娘がなかなか
良かったので、次のときどっちするか迷ったんだけど...それと同じ?

508 :502:2000/11/19(日) 21:05

>507
うーん・・・、彼氏は毎日食べるご飯でSは
たまーにほしくなる妙に癖になるお菓子って感じ。

509 :502:2000/11/19(日) 21:18
途中で書き込んじゃった。

>504
巧いっていうか全く違うタイプのセックスだったの
です。(あ、でもフツーのセックスだよ)
どっちの方が快感が得られるかって言ったら彼氏の
方だし。私の身体知り尽くしてるから。
でもすっごくドキドキしてコーフンしたのはSだったの。
悪いことしてるんだっていう罪悪感があったからかなぁ?
彼氏とは安心しちゃうし愛してるなぁって思うのだけどS
とはもっといやらしくてふしだらなかんじだったの。お互
いの間に愛はないって二人とも知ってる上でね。罪悪感っ
て一つの快楽になるときもあるのかも・・・。


510 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 21:56
http://kyto021n085.ppp.infoweb.ne.jp.2ch.ne

511 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 22:21
あげ

512 :奥さん、名無しです:2000/11/19(日) 23:47
>>502
Sさんとのセックスは、罪悪感と非日常というスパイスによって
美味しく味付けされているのね。
でもそれって、すぐに慣れちゃって、また物足りなくなりそうな気がする。
502さんは彼と良い関係を作ってるみたいだから、Sさんとの関係を続ける
ことで、壊れちゃったら勿体ないなぁ。
良い経験として、ナイショにしておくのがよろしいのでは。

513 :453:2000/11/20(月) 00:51
消化不良な文章で申し訳ないです・・・>>455

どうして別れたのか・・・
「別れた」というか、「付き合って」いないんです。
彼とは学科が違ったので授業で会うことはなかったんですが、
知り合ってから急激に仲良くなって、一時期いつも一緒に遊んでました。
それが、お互い勉強やバイトなんかで忙しい日が続くうちにだんだんと疎遠になってしまって・・・
連絡しない状態が今に至った、というわけです。

現在は住んでいる場所が日帰りできないくらいの距離になってます。
今、連絡をとって逢いに行きたい気持ちがかなり強くなっているのですが
彼には恋人がいるかもしれないし私のこと忘れてるかもしれないし・・・
イマイチ先に進めないんですよね・・はー・・・。
ってまたスレ違いなこと書いてるよ(自責)

遅レス&長い文章でごめんなさい>皆様

514 :奥さん、名無しです:2000/11/20(月) 00:54
>504
実際からだの相性が良すぎて忘れられないっていうのはある。
初めて相性の合った人を見つけたときは、セクスしたさに連絡をとった。
顔や性格はもう二の次でした。
うまい人は得だと思います。
それだけ精進してるということか。

515 :495:2000/11/20(月) 00:57
>498さん
すみません、ぜひともその保存されてる分わけていただけませんでしょうか。
お手数おかけして申し訳ありませんが、もしよろしければこちらにメアド貼らせて
いただきます。

忘れられないセックス…素晴らしいスレですね!!

516 :498:2000/11/20(月) 02:04
>>515=>>495@`>>et.al.

一応「忘れられないSEX」をアップしましたのでご覧下さい。
http://www.fortunecity.co.uk/safaripark/howling/102/gs.htm
(素人のやっつけ仕事なので、リンクは無効です。ゴメンナサイ)

「忘れらないSEX」シリーズってホント名スレですよね(^_^)


517 :奥さん、名無しです:2000/11/20(月) 02:27
こんなオレだからたくさんフラレた。
こんなオレでもいくらかはフッた。
でもそんな女たちみんなが幸せでいてくれたらと思う。
オレがフッた女はもちろん オレをフッた女こそ幸せでいて欲しい
と心底思う。じゃないとフラレたオレが報われない気がして。
お人好しかも知れないが本心。男ってそんなとこがない?

あ セクースの話じゃないね。ゴメソSAGE。

518 :455=504:2000/11/20(月) 03:34
ちょっと一段落しているみたいなので、レスします:
>>513=>>453
レス感謝です。遠距離って辛いですよね。私(男)にも経験があるから分かります。
思い切って連絡をとってみたらどうでしょうか? 少なくとも心の整理を付けるためにも。
結果報告待ってます。

>>514
>うまい人は得だと思います。
>それだけ精進してるということか。
きっとそうでしょう・・・(泣)
>>514さんの忘れられないSEXも是非きぼーん、です。

>>517
ちょっと純愛板向きの内容だけど・・・でも言いたいことは分かる。
どういう振られ方をしたかにも依ると思うけどね。

519 :名無しさん:2000/11/20(月) 04:24
>>509=>>502
ふしだらなセクースは苦手だからな〜(泣)
安心するセクースばっかっての考えものかな・・・
性格だから直らないだろうけど・・・

520 :>498さん:2000/11/20(月) 07:04
>>516

前スレアップご苦労様
そしてありがとう

521 :むかしのお話し:2000/11/20(月) 07:57
「現代の日本では処女は絶滅した」
大変恥ずかしいことだが高校生の時の自分は本気でそんな馬鹿なことを考えて
いた。男子校で有ったということも有るがクラスの遊んでいる奴はさりげなく
「ヤッタ」体験を語り、「ナンパ」や「パーティー」の体験を語っていた。
進学希望だった自分にとっては、まさに夢物語。女と知り合うきっかけも無く
ただただ神秘の女体への興味だけが募っていた。
 当時のそんな自分のところに現れた女、それが中学の同級生であったT子だ
った。T子は男友達が非常に多く、「遊んでいる」と思われていた女だった。
きっかけはなんだったんだろうか?最初のきっかけは思い出せないが、別々の
学校に通っていた自分たちだったが、急に放課後会うようになったのだ。
 自分的には恋愛感情は無かった。只、女とヤリタカッタのだ。そのためだけ
に彼女に嫌われないようにした。そして有る日の日曜日に彼女のうちに初めて
の電話をかけた。
 「今日うち、だれもいないんだ。遊びに来る?」
 お邪魔しまーす、の声と共に、女の子が自分の家に到着したした。なんだか
庶民的なんだが、コタツの上にみかんを置いて、彼女と斜めに並んで二人でコ
タツに当たった。生まれて初めて体温が感じられる位の近距離で一人の女性に
近づいたと思ったよ。

522 :むかしのお話し:2000/11/20(月) 07:58
〜少し文体を変えます〜
二人の間の距離はコタツの柱一本だけでした。会話のネタも無くなってきて、
二人とも無言でコタツの上のみかんをはもはもと食べていました。
 今後の展開は二人とも十分過ぎるほどわかってたんだと思う。ただ、言い出
せないだけで。
 僕はどう切り出そうかとなやんでいました。心臓が強く鼓動を打ち、本当に
血の流れるが体中に響いています。横を向いて彼女と目が合った瞬間、
彼女のほっぺにキスをしていました。
本当に只やりたいだけで会ってた女だったんだけど、キスするときとかはもう
彼女のことしか考えられなくて彼女のことを本気で好きになっていました。

 ほっぺにキスをしたあとは一直線でした。どちらからとも無くコタツから出
て、コタツの横で長い長いディープキスをしました。その後はブラウスのすそ
から手を差し入れてブラのホックを外し、後ろに回りこみました。服を脱がさ
ないでめくり上げたまま手を背中から前にするすると伸ばし神秘の世界、女性
の胸をするすると触りました、すると、乳首が硬くなっていました。
 本当にびっくりしました。耳知識にて「もむとイタイ」ということは知って
いましたので揉まないように表面をとにかくくすぐったくするようにすーるす
ーるとこすりつづけました。気がつくと彼女の呼吸が荒くなっています。自分
的には彼女の首筋当たりに自分の顔をつけ、下から手を回すようにブラウスを
まくって胸をさすり続けています。自分の顔の目の前でT子はハァハァと言ってい
るのです。その頃には自分の下半身はすっかり天幕を張っていました。
 彼女のGパンのチャックを空け、前から指を差し入れました。初めて触る他
人の陰毛をすり抜けました。しゃりっという陰毛の感触もとても気持ちが良い。
パンティと陰毛の間を抜けて指はそっと彼女の谷間を降りて行きます。そして
初めて触る女性の股間にたどり付きました。本当に濡れるんだ、と妙に感動し
ました。左手は彼女の胸をさすりつつ右手は彼女の濡れた部分をそーっとそー
っとさすりつづけます。もう彼女はびしょびしょになってきていて、自分の天
幕も我慢できなくなってきました。
 「いいかな・・・」 恥ずかしく聞く自分。
 「初めてなんだ。やさしくしてね。・・・」彼女は本当に恥ずかしそうに答
えました。とにかくびっくりしました。ヤリマンだと勝手に思っていた女の子
は実は処女だったのです。もう彼女が可愛くて可愛くて、絶対に良い初体験を
させてあげようと思ってしまいました。ぼくは童貞を失う直前に、初めて彼女
に恋をしたのです。
 バスタオルをしいてコタツの横で彼女の服を脱がしました。晴れた冬の日の
午後、明るい部屋の中で彼女の裸身が輝いて見えました。そして横たえた彼女
に長い長いKISS。二人の眼鏡が「コツン」と当たりました。
 お互いに照れ笑いをしながら眼鏡をコタツの上に置きました。そして彼女の
すべすべなからだを又するーっとさすりました。下にいる彼女の方から手を伸
ばしてくれてボクの首を抱いてくれました。ボクも一緒に横になりながら彼女
の股間に手を伸ばしました。

523 :むかしのお話し:2000/11/20(月) 07:59
「初めては濡れてないとイタイ」頭に有ったのはとにかくこの単語です。太
ももの当たりからするりと手を滑らし彼女の暖かく濡れた股間に手を伸ばして
いきました。「とにかく気持ち良くさせたい」もう頭に有ったのはこのことだ
けでした。
 姉が持っていた女性誌で読んでいた女のこが気持ちの良い方法をフル活用し
ました。とにかく、あせらず、強くせず、っくすぐったくするように。クリト
リスもそこだけを強く刺激するのは痛いと言うことでそっと周辺も含めて愛撫
しました。髪の毛を優しくなでてちゅちゅっとやさしく全身にキスをし、かつ
じっくりと泉の中心はそっと愛撫しつづけました。どれぐらいやっていたのか
な?自分の記憶の中では一時間くらい前戯をしていたような気がします。初体
験だった彼女がついにクリで一度達してしまったのです。彼女がもだえ出した
こと、そして愛液の質が変わったことに思わず感動しました。
 そのあとは「いいかな?」と彼女に聞くと。こくんとうなずいてくれました。
そうして彼女の股を大きく開かせ自分のモノを彼女の股間に当てました。彼女
自身の愛液に先端を塗り付けてからゆっくりと彼女の体奥に入りました。
「あったかい。」これが第一の印象でした。本当にみずっぽくて、ちゅくっと
入った後に彼女自身の体温が感じられるのです。
 「痛くないし本当に気持ちいいの、初めてがあなたでよかった。」彼女はボ
クの背中に手を回しながらそう言ってくれました。はじめて女の子にもてて、
本当に幸せでした。

524 :むかしのお話し:2000/11/20(月) 07:59
つながってしばらくそのままでいました。動くと痛いかも、と思ったのです。
「痛くない?」と聞くと「もう動いても大丈夫」と言ってくれました。そして
ボクはそーっと動き始めました。ぬぷー。ちゃぷっ。ぬぷー。ちゃくっ。彼女
に素晴らしい初体験をあげたくって、とってもゆっくりと動きました。挿入し
ている間、裸で触れ合う肌と肌はとってもするするしていて、女の子って本当
に柔らかくってすべすべしているんだなって実感してしまいました。
 しばらくそうやって動いていると彼女の様子が少しおかしいです又はぁはぁ
と吐息が荒いのです。ボクは本当に嬉しくなってゆっくりと挿入を続けました。
 本当に長い間、ゆっくりとした挿入を続けました。彼女はもうはぁはぁとし
た吐息から、のどに引っかかるような恥ずかしげなあえぎ声に変わりつつあり
ます。自分の行っている性行為で彼女に快感を与えてあげられているんだと強
く実感しました。とっても嬉しかったです。本当にゆっくりと挿入を続けまし
た。
 彼女があえぎ出すとボクもエッチな気分が一気に高まってしまいました。彼
女ほっぺにすりながら「T子、T子、好きだよ」と初めての告白をしました。
本当にT子のことが好きになっていたのです。
 T子も「○君、大好き、」と言ってくれて背中でするすると動かしていた腕
をぎゅっとまわしてくれました。
 彼女の膣奥は浅くなっていました。いつのまにか挿入すると先端が奥に当た
るようになっているのです。自分の性愛器官が温かく潤んでいる彼女の膣奥に
「ぐっ。ぐっ。」と当たるようになると一気に気持ち良くなり、力強く彼女の
すべすべな体を強く抱きしめました。
 そして力強く抱き合ったまま彼女の中で果てました。その後も自分の性愛器
官が緩むまで無言でお互いに抱き合っていました。

525 :むかしのお話し:2000/11/20(月) 08:00
以上が私の忘れられないSEXです。
彼女とは高校生活中SEXしていましたが大学進学を機にすっぱりと別れてし
まいました。お互いの生活環境の激変が原因でしたね。
思い返すと初めてのクセにずいぶん長く頑張れたなぁ・・・
力強いオナニーばかりしていると遅漏になる、それは本当です(^^;;
で彼女の方もオナニーはしていたということと、格闘技やってたんでそれで処
女膜がすでに無かったのかも?それが原因だろうということで落ち付きました。
でも高校生のクセにねちっこいSEXしてましたね。自分。
なんかいきなり何の断りも無く中だししてるし。その後は全部完璧に避妊しま
したよ。ゴムが無いってんでチャンスを逃したくないあさましい自分がそこに
いたんです。彼女のこと全く考えてなかった。ちょっと鬱だ。
でも感動体験初体験でした。気持ち良かったんです。

この前現在の彼女と歩いているときに初体験の彼女と出会いました。彼女の方
も男連れで。お互いに照れ笑いで明るく無言ですれ違いました。
このこにはなんかいい想い出しかないな。

526 :むかしのお話し:2000/11/20(月) 08:05
一応只のエロ話にならんように必要以上の描写はしなかったつもり
です。いやー良いスレだったんで自分も自身の体験を提供いたしました
彼女みてるとやなんで出身地とかはかたれないっす。じゃ。

527 :467:2000/11/20(月) 08:48
>470
遠隔レスです。
7年もお互いに想い続けていたのにすれ違うなんて・・・。
忘れられないかもしれないけど、忘れてやることも供養だって昔聞いたことがあります。
ネタかと疑ってごめん。

528 :奈々氏さん:2000/11/20(月) 10:50
age

529 :名無し:2000/11/20(月) 17:43
あげとく

530 :奥さん、名無しです:2000/11/20(月) 18:31
<<516
ナイス!
ありがとう。

531 :奥さん、名無しです:2000/11/20(月) 18:34
間違えた。

>>516
ナイス!
ありがとう。

532 :>むかしのお話さん:2000/11/20(月) 19:30
>>525の下3行
なんかじんときちゃいました
二人の心に一点の曇りもない、いい思い出になってる様子が
凄く伝わってきました

もう戻れないけどそんな初体験がしたかったです
これからの人は頑張ってね!!


533 :高校の頃:2000/11/20(月) 20:23
高校時代、僕は親しい友人もおらずというか、親しかったグループと喧嘩をし、
それ以来人とあまり口をきくこともなく鬱々とした日々を送っていました。
中高一貫の男子校という経験した人ならわかる閉塞した毎日の中で何度も
自殺を考えたほどでした。
その頃の楽しみといえば、コンビニで立ち読みをするかネットを見ることぐらい。
そんなある日、”ネットの出会い”というものを知りチャットにはまっていました。
ある夏休みも終わりの日、ネット上でとある女性と出会い会う約束をしました。
会う約束と言うより、SEXする約束といった法が正しいでしょう。
授業がはじまった9月の週末、その女性と本屋で待ち合わせました。
彼女は31歳の二児の母でした。
そして、ホテルに行き大した感動もなく童貞を失いました。

彼女は彼女でまた複雑な生い立ちと現状にあるらしく、そんな話を聞くたび
何とも言えない気持ちになったものでした。
彼女とはその後数度会い、その度にSEXをするという関係でした。
女性とのつきあい方もわからず、ただ体を求めるだけの僕に嫌気がさしたのでしょう。
そして、そんな関係は当然のごとく秋が終わる頃には、切れていました。
その後も何度かメールで連絡を取り合いましたが大学に入って忙しくなりそれも無くなりました。

結局、彼女も高校生とSEXをしてみたいだけ、僕もSEXがしたかっただけ、それだけだったのでしょう。

大学に入って、部活動に打ち込み高校生の頃からは全く考えられないような充実した日々を今は送っています。
それなりに女性にももてて、その一人と今も付き合っています。
しかし、そんなことは全く彼女には言っていません。
彼女と初めてSEXしたときも、(彼女も初めてだった)お互い初めてだねということにしてました。
おそらくこの先も言うことはないでしょう、誰にも言うことはないでしょう。
そう思うとたまに切ない気持ちになります。
誰かに話したくて今書き込みました。


534 :495:2000/11/20(月) 22:14
>>516

498さん、ありがとうございます!!
さっそく保存させていただきます。感謝感激雨アラレです!!

535 :奥さん、名無しです:2000/11/20(月) 22:42
あげ

536 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 00:32
さがってるぞ。あげなきゃ。

537 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 01:28
生派。ただしあやしいやつに限りゴム。
女・21歳・大学生です。

538 :名無しさん:2000/11/21(火) 02:36
>>521-526
適度に情念がとぐろを巻いていて交換を持ちました。
青臭い打算が青臭い純愛と交錯している様子もよく出ています。
最後の、
>このこにはなんかいい想い出しかないな。
という一言も素直でよろしい。
全体的に好感度高いです。

>>533
誰にも言えない体験って誰でも一つや二つはもってるよね。そんな感じのお話でした。
できればセクースの描写がもっと欲しいと思いました。
私も似たような誰にも言えない体験がないこともないけど、2つともここに書き込む
には余り適当じゃないような気がするので遠慮してます。
>>533さんは現在楽しいみたいなんでイイな。

539 :538:2000/11/21(火) 02:38
>>538の一行目:
(誤)適度に情念がとぐろを巻いていて交換を持ちました。
(正)適度に情念がとぐろを巻いていて好感を持ちました。
(^^;;;

540 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 06:51
age


541 :ういっす:2000/11/21(火) 07:08
本当にこのスレはいいね。やさしい気持ちになれる。
でも、ちょっと悲しい気持ちにもなる。
「別れ」の話には、なんとも言えない無情感が沸いてくる・・・。

俺も何度か恋愛をしてそれなりに経験も積んで来たし
何回か忘れられないSEXもある。
書きこんでこのスレを育てて行きたいけど・・・・無念かな、俺には
文章構成力が欠けている。

きえ〜〜〜!いずれは書きたい。
個人的な感想文だが、これでageられるよな。



542 :538:2000/11/21(火) 07:17
>>538への補足(こんなんばっかし(^^;;;)
>>521-526には打算なんてないね。あるのは、
「青臭き欲望と青臭き純愛の交錯」だね。
女の子の初々しいはだかを目前にして、単にやりたいだけだったはずの
その子に恋してしまう件は最高だ。

結構気に入った話だったから、レスが気になってしまう。

543 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 08:55
>>521
初めてのときの男って、目が血走ってて鼻息が荒く、思わず暴走!というイメージ
だったので(偏見ですね・ごめんなさい)、はじめてのときでもこんなに
相手のことも考えながらイタセる人もいるんだぁ・・と、女にとってはなんかうれしい。

544 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 14:00
あげ

545 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 16:12
あげ

546 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 21:07
あげ

547 :まんまん:2000/11/21(火) 21:32
パート1はもう、見られないのですか?
教えて下さい!!!


548 :名無しさん:2000/11/21(火) 21:40
コピペでスマン。次を見てくれ:

516 名前:498投稿日:2000/11/20(月) 02:04
>>515=>>495@`>>et.al.

一応「忘れられないSEX」をアップしましたのでご覧下さい。
http://www.fortunecity.co.uk/safaripark/howling/102/gs.htm
(素人のやっつけ仕事なので、リンクは無効です。ゴメンナサイ)

「忘れらないSEX」シリーズってホント名スレですよね(^_^)

549 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 21:50
>>547
人に聞く前に過去ログ読めや。
今回は>>548さんがコピペしてくれたけど
498さんがアップしてくれたことへの
レスがいくつもあるんだからよ
教えて君は嫌われんぞ?


550 :奥さん、名無しです:2000/11/21(火) 21:53
age


551 :奥さん、名無しです:2000/11/22(水) 00:47
age

552 :奥さん、名無しです:2000/11/22(水) 01:40
あげ〜

553 :名無し:2000/11/22(水) 08:59
あげでしょう。

554 :amasyoku:2000/11/22(水) 13:27
>>409
これは僕が書いたネタです。

555 :名無しさん:2000/11/22(水) 13:34
>>554
いまさらどこの誰ともわからん奴に「ネタだ」と言われても、このスレでは既に
認定されてしまっているよ。ネタだと言うならカキコする前に判断してくれ。


556 :amasyoku:2000/11/22(水) 13:45
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=yume&key=973668514&ls=50
レス26

557 :名無しさん:2000/11/22(水) 13:54
>>556
ネットというものの本質を分かっていない人のようだな。
匿名板なんだから判断材料は字面しかなく、>>409を読んで何がしかの感慨を
抱いた者にとってはもはや現実なのであり、誰にも否定できないのだ。
たとえ君が本物の>>409であろうとなかろうとそんなことには誰も関心がないんだよ。

558 :amasyoku:2000/11/22(水) 14:31
>読んで何がしかの感慨を
抱いた者にとってはもはや現実なのであり、誰にも否定できないのだ。
僕の趣旨はそこにあります。フィクションであろうとノンフィクション
であろうと、涙を流した者にとって、その涙は本物です。
「一杯のかけそば」で泣いたように・・・

559 :奥さん、名無しです:2000/11/22(水) 16:06
あげ

560 :奥さん、名無しです:2000/11/22(水) 16:55
あげあげ

561 :名無し:2000/11/22(水) 18:24
age

562 :483 :2000/11/22(水) 19:20
483を書いたものです。
嫌な思い出に温かいレスをありがとうございます。
思い出すだけで自分が汚らしく思えて友達にも話さずにきましたが、匿名という事もあり思いきって書いてよかったと思っています。

実は今年の7月に知人の紹介で、2つほど年下の男の人と出会いました。
電話がよくかかってきて、月に一回くらいご飯を食べに行く程度のお付き合いだったんですが、私の方はとても誰かと付き合う気になんてなれなくて、そのうち諦めるだろうと思っていたんです。
夜行性のくせに、夜も10時ぐらいになると眠いといって帰ったり。
話が、好きとか付き合うとか言う話にならないように、付き合っていた彼との話もしました。
でも、11月になるのに、どこにもいかないんです。(って言うと失礼ですが)
随分、嫌な言い方もして来たのに、何だか一生懸命に話を聞いてくれて。
・・・どうも、何というか。
彼の事が好きみたいです。

“幸せになってください”なんて書いていただいてとても嬉しかったので、まだSEXはしてないけど何だかとても幸せなので皆さんにご報告します。
また、進展があったら書きこみますね。

563 :485:2000/11/22(水) 19:35
>>562=>>483
おお!よかった。あのままでは救いがないと思っていたからちょっと安心しました。

そうですよ、ゆっくりでいいと思います。>>485にも書いたけどごく穏やかな身体的
接触から始めてゆけば心も体も落ち着いて相手の人を受け入れることができるように
なるでしょう。よかったかった(^_^)

続報もお待ちしてますね。

564 :奥さん、名無しです:2000/11/22(水) 23:42
このスレって興奮するね。

565 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 00:44
定期アゲ

566 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 01:55
あげ〜ん

567 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 01:55
ああああげ

568 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 06:30
私が高校生だった頃友達と渋谷で遊んでいました。
そのとき2人組みの男の子にナンパされました。
お互い2対2で別れ 私はその彼と渋谷でぶらぶらしたりして最後は
ホテルでありきたりのsex。
朝になり 住所も電話番号もきかないまま別れました。
所が何日かしてその彼から電話がありました。ビックリしていると
友達同士は付き合ったとのことで、私の友達から電話番号を聞いたみたいでした。
4人で逢おうということになり私はそこに行きました。
お互いフリーだったけど私にはフラレたけど忘れられない人が彼には好きな
人がいるけど、なんとなくなりゆきで付き合うことになりました。
たまにデートしてsex。その間も私のほうもナンパされればついてくし
彼もそうとう遊んでるようでした。
そして4ヶ月がたち 私たちってなんで付き合ってるんだろうと思い始めた頃
彼(学生野球をしてた)が遠征で3ヶ月海外へいくことになりました。
最後に逢おうということになり待ち合わせをして飲みに行きました。
たあいのない話をしてさぁ帰ろうと駅に歩きだしたとき 急に彼が手をつないで
きました。
なんで?と思っていると「もう逢えないのかとおもったら急にこうしたくなった」
とかれはいいました。
もう逢えないと思ったらという言葉を聞いた時なぜだか急にさみしくなって
涙がでてきました。
彼が「なんで、泣いてるの?俺のことなんかなんとも思ってないでしょう?」
と 言ったので「今 気がついた。好きなんだって」といったら「俺も」
といいました。
そのままホテルへ・・・
その時 初めてお互いが求め合った幸せなsexでした。
次の日 帰って来るまで待つという約束をし彼は遠征にいきました。
帰ってきてからは 普通の恋人同士の関係になり私が1人暮らしをしたこともあって
半同棲みたいな形でした。
その間も お互い浮気したり大喧嘩したりしたけどで3年がたちました。
だんだん そういうことに慣れてきて「どうせ最後は自分のところにもどってくるんだから」
とお互い思っていました。所が彼が私の友達に手を出したんです。
そのことだけはどうしても許せませんでした。
彼女が彼に本気になってしまったこともあり、話合った結果別れることになりました。
それから1年がたち私にも結婚を考える人ができ明日その人の家へ、引っ越すと言う日
の夜12時ごろ電話が鳴り出てみると1年ぶりの懐かしい声でした。
明日引っ越すことを友達に聞いたみたいでした。
「近くの公衆電話のとこのいるんだけど今から行っていい?」と言われすごい悩んだけど
呼ぶことにしました。
久ぶりに逢う彼はあの頃のままで、なぜか 胸がキューンとしました。
いろんな話をしてるうちに1年前の話しになりました。
「こんなことになるとは思わなかった いつものように許してくれるとおもったんだ
ゴメン」と言ったので
「もういいよ それもいい思い出だよ」と笑ったら
急に彼が抱き着いてきました。キスをしようとしたので「やめて!」と彼の顔
を見たら泣いていました。
それを見たら刹那くなってきて なんであのときわかれちゃったんだろうと
彼の気持ちは痛いほどわかるし
私も まだ彼の事が好きなんだと思ったら涙が出てきました。
押し倒されるようにベッドにいき息ができないくらいキスされました。
パジャマも乱暴に脱がされ朝まで 夢中で 抱き合いました。
朝方になって彼が「やりなおそう」と言ったけど「もう 元には、戻れないよ」
と自分に言い聞かせるようにいいました。 続く



569 :名無しさん:2000/11/23(木) 07:35
>>568
久々にドロドロとした展開を予想させる。
続編待ってるよー!!!


570 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 11:28
あげ

571 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 11:48
あたしもあげるよ♪ (^^)

572 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 11:49
じゃ、オレも・・・AGE

573 :名無しさん:2000/11/23(木) 13:58
時間差であげます

574 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 15:44
>>405
こいつって何?
これはスレ違いのレスでもなさそうだし、ほかのみなさんのリアクションもないし
レイプごっこした写真をどこで現像するのか知らないが・・
ネタとしては逝けるけどな

575 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 19:45
>>405は手のこんだ煽りで、コピぺ。
どこかのスレで同じ文章を読んだことがあります。人生相談板だったか?
みなさん、わかって無視してらっしゃるのでしょう。

576 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 19:55
同じネタでも>>568みたいなやつは面白いな。
うまく肉付けすれば面白い小説になりそう。

577 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 20:54
からあげ

578 :568です:2000/11/23(木) 21:22
だらだらと長い話なのでつまらなかったら飛ばして下さい。
最初はきちんと書いてたんだけど 途中でいっつも接続が切られ
ちゃうので 急いで書いたから変な文章になってしまいました。
所で 長すぎて途中で切られちゃってるんですけど
皆さんにはどこまで読めていますか?

579 :奥さん、名無しです:2000/11/23(木) 22:43
しっかり読めてるよ。


580 :568です:2000/11/24(金) 01:45
続きです。
私の本当の気持ちは、彼とよりを戻したかった。
だけどその日の夜には、荷物をまとめて結婚を約束した人のところへ行かなくちゃ
いけない。又 彼とよりを戻しても 1年前のいつも一緒にいたころに戻れるだろう
かと、頭のなかで考えていました。
朝になって彼が「もう 本当に終わりなんだね」と言って帰ってしまったとき
私は 何年かぶりに声を出して泣きました。
そして 2年後私は結婚して子供も生まれ平凡な主婦になっていました。
そんな時 テレビで彼の姿を見ました。
彼はプロ野球のドラフト会議である球団から1位指名をうけてました。
もう2度と逢える事はないと思っていたので心臓がドキドキして止まりません
でした。彼はスーツ姿で そのネクタイは 私が大学卒業祝いにあげた物でした。
それからもたまーにテレビで彼を見るとあの頃の事がなつかしく思い出されます
そして幸せなsexも悲しいsexも私にとっては2度と体験できない忘れら
れないsexでした。
これが10年近くまえに私が体験したネタではない本当の話です。
読んで下さった方 長々とありがとうございました。

581 :569:2000/11/24(金) 03:19
>>578=>>568さんへ
長い文章を書き込むときは、枠の中で書き込んでいると時間が掛かって、当然接続を
切られてしまいます。一旦接続を切って、エディタかワープロソフトを立ち上げて
そこで文章を完成させてから、コピー&ペースト(←分かりますよね?)で枠の中に
貼り付けてやるとうまく行きます。

さて、完結編>>578の感想・・・
ちょっとドロドロになるのかな?と思っていたんですが、予想に反してごくあっさりとした
結末に・・・ちょっと拍子抜けしたけど、ハッピーエンドでよかったですね。
>>578の後半部分は「日常から見た非日常」という感じがよく出ているように感じます。

>そして幸せなsexも悲しいsexも私にとっては2度と体験できない忘れら
>れないsexでした。

いい言葉ですね。ここまで読んで素直に「お幸せにね」という気持ちになります。

582 :名無しです:2000/11/24(金) 04:04
kanemura?


583 :奥さん、名無しです:2000/11/24(金) 09:06
あげ

584 :562:2000/11/24(金) 09:33
>563
ありがとうございます。
がんばります。(笑)
私が彼とSEXできるまで、このスレッド残してくださいね。

585 :奥さん、名無しです:2000/11/24(金) 09:38
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=973178685&st=276&to=276&nofirst=true

586 :名無しさん@563:2000/11/24(金) 12:28
>>584=>>562
よかった。頑張って?ね(^^)
続報レポート待ってるよーん!

587 :奥さん、名無しです:2000/11/24(金) 17:44
あげ!

588 :奥さん、名無しです:2000/11/24(金) 20:15
568の野球選手の名前が気になる。

589 :>568:2000/11/24(金) 21:15

野球選手の名前は?ちょこっと教えて。(^o^)

590 :奥さん、名無しです:2000/11/24(金) 22:32
ageだ〜〜

591 :名無しのエリー:2000/11/24(金) 23:06
ずっと前にもカキコしたんですが、読んでいてまたカキコしてくなりました。
内容は前とちょっとかぶってますが…。

ふられてあと少しで3ヶ月。本当だったら今月で1年でした。
今でも彼のことは忘れられません。
だから彼とのSEXもよく覚えています。

中でも忘れられないのは初めての時、2週間会わなかった後のSEX、
そして別れた後のSEXです…。
2週間会わなかったのは、お互いしばらく一人で考える時間を作ろうとしたからです。
2週間後、彼から電話があり彼の家でしました。
「寂しかった…」って言った彼の今にも泣き出しそうな顔が忘れられません。
その後の彼の笑顔も。

別れた後のSEXはお互い泣いていました。
「もう好きじゃない」ってふられたのに、とても優しくされて
胸が締め付けられそうで…。付き合っていた頃と同じ様に、
優しく愛してくれました。
「その優しさは演技だよ」って言われたら、それまでですが…。
私はそうは思いませんでした。
終わった後は二人で泣いて、別れるときまで泣いていました。

彼は嘘がつけない人で、とても優しい人でしたから、
中途半端な気持ちで私と付き合っていられなかったそうです。
だからこの別れたあとのSEXも、同情が入ってたかもしれません。
ふってしまったことへの、後ろめたさも。

今は全く連絡をとっていませんが、
いつか笑って話せるなら、いい意味で変わった私を見てほしいと思っています。
彼にふられて変わろうと思って、変わらせてくれた。
彼は私の人生に名を刻みました。彼との思い出を忘れることはきっとないから、
私のこれからの人生の糧にしていきたいです。

ただもうしばらくはつらい日々は続きそうです。


592 :名無しさん:2000/11/25(土) 01:09
もう何年か前ですが、とても傷つけあって別れてしまった女性がいました。
今でも僕はその人が好きです。

その頃、
同じ年齢で近い業界で仕事をしていたこともあり、必要以上のライバル意識
を持ってしまって、甘えたい自分と弱さを見せたくない自分が混在してしまい、
お互いがバランスを失って、愛すれば愛するほど、なぜか傷つけずには
いられないような、お互いを否定しあうような、今思えば随分子供っぽい恋愛
をしていました。

別れた後も、友達として極たまに電話で連絡を取り合うような関係は続き、
声を聞いて、ホッとしているくせに、そんな時でも僕達はいつも仕事の話しばか
りしていて、自分たちの素直な感情を決して見せないような、強がることでしか
自分の存在を表現できない2人でした。

そういう状況が2年ぐらい続き、僕の緊張感が限界まできていたころの秋、
もともと1人旅が好きな僕は、2泊で温泉旅行をしていました。
そして、そんな時に限って、自分から電話など滅多にしてこない
彼女から、夜中の2時ごろ電話がありました。
「ごめん、寝てた?」
いつもの調子で気だるそうな第一声。
「どうしたの?」
自分に対して積極的にアプローチをしてくる人がいて、自分も満更ではないと、
最近久しぶりに声が明るかった彼女なのに、妙に雰囲気が暗い。
「今どこにいるの?まだ仕事?」
「違う、休んでるよいま。明後日まで温泉休養中」
そう聞いて、彼女はずっと沈黙していました。
そして意を決したように「そこに行ってもいいかな」と言いました。

つづく

593 :奥さん、名無しです:2000/11/25(土) 01:13
591さん、私と全く同じ経験ですね・・・。
私は振られたのが10ヵ月前です。
未だに思い出さない日はありません。
現在OL1年生目ですがいつかまた彼と一緒に過ごせる日を夢見て、
仕事を頑張っています。
もしかしたら彼には新しい彼女がいるかもしれない。
だけども、私と彼の関係って、とても深い物があったから。
たとえ勘違いであってもそう信じたいです

594 :568:2000/11/25(土) 02:26
まだ、続きがあるのですが、もしよろしかったら私のHPへお願いします。

http://homepage1.nifty.com/the-ocean-waves/

595 :名無しさん:2000/11/25(土) 02:28
>592のつづき

駅まで車で迎えに行きずっと彼女を待っていました。
時間が過ぎるのがやけに遅くて、暇つぶしに買ったスポーツ新聞を何度も
読み返したりしながら。
だけど、誰よりも楽しみに、喜んでいるくせに、入線してきた列車を正視する
ことが出来ないくらい緊張してた僕は、2年ぶりに会った彼女の顔を見ても、
何度も考えて用意していた言葉を何一つ伝えることが出来なくて、
不自然な笑顔を浮かべるのが精一杯でした。

彼女の方も、なんとなく落ち着かない様子で、車の中でもぎこちない会話が続き、
何かにつけて毒づきあっているうちに、少しづつ緊張が解けて行きました。

ホテルにつくと、彼女は部屋に入る前に話したいことがあると言います。
嫌な予感がした僕は、そうあって欲しくないという願いを込めながら
「彼氏でもできたの?」
と平静を装いながら聞きました。
「そうなんだよね」
そう言われるだろうと予想していたように、彼女は淡々と答えました。

言葉を失った僕は、自分ではなんともないと強がりながら、ボロボロと自分の
意思に関係なく溢れ出す涙を止めることも出来ず、とにかく部屋に戻らなきゃって
そればかり考えていました。
支える彼女を振り払うように部屋まで来て、なぜかそれでも、涙が止まらない顔で笑顔を
つくって意味もなく強がって、動転している自分を隠そうとしていたような・・・。
そして、ドアを空けようとして、でも涙で滲んでカードがうまくさせ込めなくて、何度も
何度もやってみるんだけど。

やっとの思いで部屋に戻って、腰を落ち着ける間もなく、僕は彼女のことを激しく
求めました。
失いたくない一心で、ただひたすら求めました。
彼女も、黙って、じっと抱きしめていてくれました。
これが最後なんだって、最後の夜なんだって、お互いがわかっていたのかもしれません。

僕はそのまま眠ってしまいました。
気がつくと、彼女が僕のことを抱きしめて、髪をなでながら涙を流していました。
それをみてまた僕は泣き出してしまい、そのまま朝まで2人で泣きながらSEXを
しつづけました。
重なり合って、とけあってしまえばいいのにと、こんなに近くにいるのに、
心も身体もひとつになれないことを恨んだのは、この時が最初で最後でした。


ホテルをチェックアウトして、腫れまくってる目を気にしながら、僕等は別に別に
帰ることにしました。


平日の午後、温泉街の駅には殆ど人がいません。
少ない2人の思い出を話しながら、列車が来るのを待っていました。
ギリギリまで一緒に居たがる僕をなだめるように列車に乗り込む彼女。
その時、僕は彼女のことを抱きしめました。
自分の全部の気持ちをこめて。
もう言葉にしたらルール違反だと思ったから。
でも、彼女は俯いているだけで、もう抱き返してはくれませんでした。

その時きっと2人の恋愛は終わったのかもしれません。
きちんと付き合ったのは僅か4ヶ月でした。


彼女はその後、その彼と結婚して、とても幸せな生活をしているそうです。
僕は、いまでもなんとなく彼女の存在を消すことが出来ないまま、あの秋から
数えて、今度のクリスマスが3回目になります。




596 :592の続き:2000/11/25(土) 02:31
http://homepage1.nifty.com/the-ocean-waves/

597 :名無しさん:2000/11/25(土) 02:31
>>594=>>568
上記リンク先に飛んでみましたがよく分かりません。もう少し詳しい情報を
お教え頂ければ幸いです。

598 :>594,596:2000/11/25(土) 02:43
偽者氏ね。
597もカス。

599 :奥さん、名無しです:2000/11/25(土) 04:20
文章下手ですが、私も書かせてね。長くなりそうです。

私は高校を卒業してすぐに就職しました。
高校生の頃から私はスタイルも悪くて、美人でもなく、男の人とまともにつき
あった事がありませんでした。
だから、友達から彼氏が出来た、デートをした、初Hをした、
なんて話を聞くと、うらやましくて、うらやましくて。

就職して1年目の19歳で職場の部署異動がありました。
そこでAくんと出会い、私はAくんに片思いをしました。
でも、Aくんは女の子としゃべるタイプではなく、どっちかというと、オクテで
おとなしそうでした。(でも、なんでか惹かれてた)
どうにかしてAくんに近づきたかった私Aくんの同期の男の子とつきあっていた
職場の先輩に先輩の彼氏経由で「彼女はいるの?好きな子は?」などなど聞いて
もらいました。(私が聞いてるとはAくんには言わずに)
そしたら、どうも、Aくんは今度の春に転勤になることがほぼわかっていた
ようで「好きな子はいないし、彼女もいないけど、今、彼女が出来てもすぐに転勤
になるからつきあう気はない」って言ったらしいのです。
もう、私はただ、ただ、ショック・・・。
そのころは私も青かった・・・。それでAくんは望み薄、諦めなきゃ、って必死で
した。

そこへ、Aくんの直の上司のSさんに突然、「つきあって」と言われました。
Sさんとは普段、職場で話したりはしてたけど、気にもとめていませんでした。
でも、私は男の人に交際を申し込まれるのは本当に初めてで、舞い上がってしまった
のと、もし、SさんとつきあってSさんが好きになれればAくんを忘れられると
思ってつきあうことにしました。
Sさんは一回り年上でかなり遊んでそう。
1回目のデートでキス(キスは初めてじゃなかった)とSEXの直前まで、
2回目のデートでSEXをして私はロストバージンってやつ。
正直、Aくんのことはまだ、心にひっかかってましたが、1回目のデートで
キスetc・・をされて、2回目のデートに行けばSEXになるのはわかって
ました。が、SEXすれば、Sさんのことを好きになれて、Aくんを忘れられると
思ってました。それと、上直なところ、エッチなことへの興味半分・・・。
けど、SEXしたくらいで忘れられるわけなかった。
Sさんとしながらも「あー、どうしてついて来ちゃったんだろう。」って
思っては涙が出そうになった。
終わった後、後儀?しながらSさんは寝ちゃって、その横で私は布団に潜って
声を殺して泣きました。
自分でこんな自分がいやで・・・。

その後、私はSさんのことは好きになれそうにもない、って思いながらも
ずるずるつきあってました。会えば、必ずSEX。
SさんのSEXは優しくて上手で結局私はSさんのSEXがよくなって自己嫌悪に
陥りながらも誘われると出ていく、の繰り返しでした。

続きます

600 :599です:2000/11/25(土) 04:36
続きです。

それからSさんとは2ヶ月くらいそんなかんじでしたが、私はどうしてもAくんの
ことが忘れられませんでした。忘れられないどころかだんだんとAくんへの思いは
強くなっていってました。
もう、辛くて、耐えきれなくなってSさんに「実は好きな人がいたの。諦めようと
思ってたけど諦めきれなかった」と別れを切り出しました。
それでも、押し切られてまた、SEX。
ずるずると別れられなくてでも、Aくんへの思いはいっぱいいっぱい。
で、Sさんと別れられてないのに、Aくんに「今度遊びに連れて行って。」と
言って電話番号を渡して、初デートしてしまいました。
もう、SEXにごまかされちゃだめだ!と思って3度目の別れ話でSさんとは
やっと別れることが出来ました。

Aくんは彼女は作らないって言ってたとおり、はっきりと「友達として」と言わ
れてはいましたが、それでも私は幸せだった。
なんどもドライブしたり、海へ行ったり、デートを重ねたけど無情にも春が来て
Aくんは転勤してしまいました。

転勤と言っても片道2時間半のところだったのですが、それでもしっかり職場は
離れてしまったし、もう、おしまいだと思ってました。
が、なんでか毎週週末には車で会いに来てくれました。
思い切って「どうして来てくれてるの?」と聞くと「つきあっていきたい」って
言ってくれて感激!!
それが4月。順調にデートは重ねてましたがAくんはキスどころか手も握らない。
すごく不思議だった。興味がないの?それともきっかけがつかめない??

スイマセン、続きます

601 :599です:2000/11/25(土) 05:07
そう思ってた8月、Aくんと1泊で旅行に行くことになりました。
とうぜん、行けばSEXになるよね・・・とちょっとうれしかった。
でも、直前になったら怖くなってきました。
きっと、Aくんは初めて。で、Aくんも私が初めてだと思ってると思う。
でも、私は処女じゃない。
なんだかAくんとSEXしたらAくんを汚してしまいそうですごい罪悪感で
気分が重かった・・・。
でも、いまさら行かないとは言えないし、Aくんとつきあって行く上で
いつかは通る道だからと、結局、旅行へ出かけた。

旅先のホテルのベットで並んで座ってたあいもない話をしてました。
話がとぎれたらそのまま沈黙。
そっと、Aくんが私の肩に手を回した・・その手がすっごくふるえてるのが
わかってすっごく気分が落ち込んで涙が出そうだった。
半分泣きながらキス。
Aくん、やっぱりふるえてたけどすごく優しかった。
ぎこちない手つきで愛撫してきて、私は泣きそうになりながら、でも
ばれないよう、泣かないように必死でした。
いよいよって時にAくんが「・・・いれていい?初めてだよね?」って
言ってきました。私は返事できなかった・・・。
その一言で我慢してた涙がどっとあふれた。
私の上で動くAくんに心の中で「ごめんね、ごめんね」ってつぶやきながら
涙ぼろぼろ流してAくんに抱かれた。
ほんとうははじめてはAくんとしたかった。私が馬鹿だったんだ。

終わった後、泣いてる私に気がついてAくんは「後悔してる?」って
聞いてきました。
「ううん、そんなことないよ。」って答えて、その夜は手を繋いで寝ました。

それからAくんとはけんかしたり、しばらく別れちゃったり、いろいろ
ありましたが仲良くつき合ってました。
つきあっていくうちうにAくんのことが本当に好きになってこれほど
人を愛することはこれからの人生で2度とないだろうと思うほど。
そうなると、やっぱり、Aくんが初めての人じゃなかったこと、
相手がSさんだっていうこと、それらを黙ってることがすっごく苦しくなって
いっそのことうち明けてしまおうかとも思いました。
が、友人に「聞かない方が幸せってこともあるんだよ。全部Aくんに話せ
ばあんたはすっきりするかもしれないけど、Aくんはどう?
聞いたらきっと苦しむよ。嘘は突き通せば真実になるよ。
墓場まで持って行きなよ。」って言われて、そうだなって。
一生、黙っていようとその時、決心しました。

あれから7年がたちました。
AくんとはすっかりSEXの回数は減りましたがいまではなかよく
夫婦しています。
今でも時々、旅行の夜の気持ちを思いだしてほろっとなるときが
あります。
でも、これから何十年も連れ添って行くためにも、あの嘘はしっかり
墓場まで持って行かなくては、と思っています。

長くなってゴメンナサイ。
読んでくれた方、ありがとうございました。




602 :奥さん、名無しです:2000/11/25(土) 05:33
頑張れ自己陶酔♪

603 :えっちな名無し:2000/11/25(土) 05:49
>>599さん、がんばって(^^)
とエールを送ろうと思ったら完結してた・・・
とりあえず読むとしよう。感想は後ほど。

604 :奥さん、名無しです:2000/11/25(土) 09:19
あげ

605 :名無しのエリー:2000/11/25(土) 11:00
>>599さん
お幸せに・・・(^o^)丿

606 :島さん、名無しです:2000/11/25(土) 13:01
その野球選手はヤクルトドラ1の高野光(タカツカヒカルぢゃない)選手です
合掌

607 :奥さん、名無しです:2000/11/25(土) 13:39
>>606
まじっすか?

608 :奥さん、名無しです:2000/11/25(土) 17:43
さ〜どうだか・・

609 :奥さん、名無しです:2000/11/25(土) 18:28
>>599さんの嘘は優しさだね。

610 :奥さん、名無しです:2000/11/25(土) 23:21
切ない・・・age


611 :NTT:2000/11/26(日) 00:14
http://homepage1.nifty.com/the-ocean-waves/

612 :名無しさん:2000/11/26(日) 00:27

これ一体なんの意味があるの?

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/26(日) 00:39
>>611
uzai

614 :奥さん、名無しです:2000/11/26(日) 01:02
>嘘は突き通せば真実になるよ。
嘘はいつまでたっても嘘のまま
気を抜かないように・・・

615 :奥さん、名無しです:2000/11/26(日) 03:08
>>592
なんか、とても純な感じがする。
できれば、もう少し詳しく話してくれると嬉しい。
どんな業界。
初めての出会いから,付き合って4ヶ月後の別れといったあたりの事情。
もしそのあたり可能ならば。



616 :奥さん、名無しです:2000/11/26(日) 07:52
>>615同感。
>>592の人柄の素直さを感じさせるエピソードだね。

617 :名無しさん:2000/11/26(日) 09:33
とりあえずあげとこう


618 :奥さん、名無しです:2000/11/26(日) 12:52
あげ

619 :奥さん、名無しです:2000/11/26(日) 13:03
age

620 :奥さん、名無しです:2000/11/26(日) 20:03
あげ

621 :奥さん、名無しです:2000/11/26(日) 20:24
http://www.webstar-s.com/compe1/ch2/cgi_bin/file_2_2.php3?file_id=5321&cb=1

622 :奥さん、名無しです:2000/11/26(日) 23:49
習慣アゲ

623 :名無しの笛の踊り:2000/11/27(月) 00:36
いつか私も書きたいなあげ

624 :奥さん、名無しです:2000/11/27(月) 03:07
かこうよ(笑)うちはもう書いちゃった。あげ。

625 :通りすがりの名無しさん:2000/11/27(月) 03:18
亀レスれす・・・
>>591
>だからこの別れたあとのSEXも、同情が入ってたかもしれません。
>ふってしまったことへの、後ろめたさも。
同情では抱けないとかいろいろ言うけど、セクースはそんな理屈を吹き飛ばすものだ
ということを実感します。またそれをごく自然に受け入れる>>591さんが一層哀しい・・・
今は良い方向に向かいつつあるようなのが救いになっています。

新しい恋をしたらぜひまた書いてください。
今度は嬉しさにあふれるセクースを。

626 :19歳、冬の切なさ・・・。:2000/11/27(月) 03:27
早く俺もこのスレに経験を書きたい。
経験がないから書けない。
決して、もてない方ではないですが未だ童貞です。
童貞捨てたらそれが忘れられないSEXになると思うので
絶対ここに書き込みます。

627 :名無しさん:2000/11/27(月) 03:42
>>626
そこまでの覚悟をさせるとは・・・
このスレには魔物が潜んでいるのか・・・

628 :名無しさんの思い出:2000/11/27(月) 03:43
>>592 & >>595
男の思い出には共感するフレーズが多過ぎる。似たような経験をしたこともないのに・・・
>でも、彼女は俯いているだけで、もう抱き返してはくれませんでした。
どう心に響いたかを書くのはつらい。

>僕は、いまでもなんとなく彼女の存在を消すことが出来ないまま、あの秋から
>数えて、今度のクリスマスが3回目になります。
男の方が思いを後に残すような気がする。
女性が気楽だという意味では決してないけれど。


629 :名無しさんです:2000/11/27(月) 03:48
>>599-601
読んでる最中にはハッピーエンドになるとは予想がつきませんでした(^^;;;
これほど後悔するとは、ロストバージンのタイミングの難しさが妙に心に残ります。
気持ちの高揚が文章に反映しているのがとってもよかったです。
それとやはり対照的な「墓場まで・・・」という重い重い覚悟。
このコントラストが印象的でした。

630 :奥さん、名無しです:2000/11/27(月) 03:54
文章の上手い人が多いね。

631 :名無しです:2000/11/27(月) 08:46
ロストバージンはやっぱり本当に好きなひととじゃないとね。。。

632 :奥さん、名無しです:2000/11/27(月) 16:11
あげじゃ

633 :奥さん、名無しです:2000/11/27(月) 19:26
age


634 :奥さん、名無しです:2000/11/27(月) 19:29
俺も童貞捨てたらここに書こうかな。
相手はまだいない18の冬。

635 :名無しです:2000/11/27(月) 19:48
あげ

636 :名無しさん:2000/11/28(火) 02:47
泣けるね・・・。

637 :奥さん、名無しです:2000/11/28(火) 10:08
さがってるーーー!

638 :35歳、冬:2000/11/28(火) 10:20
>626
そうだろうか?
決して苛めるつもりないけど、俺の初体験なんて大した感動も無かったなぁ
付き合い始めて1ヶ月余りの好きだった彼女とだけど、語る程もモノでもな
かった…経験積んでいるだけじゃダメなんだなぁ・・・空しい


639 :名無しさん:2000/11/28(火) 13:43
>>638
この板で研究して是非>>638さんの「忘れられないSEX」を書いてくださいな♪

640 :奥さん、名無しです:2000/11/28(火) 18:57
age


641 :マジレスさん:2000/11/28(火) 23:17
パート1ってどこにあるんですか?全部読みたい。

642 :age:2000/11/28(火) 23:26
age

643 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 00:00
>>641
君おもしろいな

644 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 01:29
>>643
まあまあ、一原産を相違地面と奇異な。

>>642
>>516へ飛べ!!!

最近ちょっとお休みね?
俺が書けばいいのかもしれないけどしばらく書けそうにもない・・・

645 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 04:03
ageyou

646 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 04:22
南海の黒豹と一晩中69しました(はぁと

647 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 04:57
>>646
もっと詳しく書いてくれー(*_*)

648 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 07:15
当時付き合っていた彼氏と別れる別れないで相談相手に成ってくれていた男友達との話。
彼氏と別れる少し前からその男友達とは1@`2回セックスしていたのだが、彼は既婚者で、正直遊ばれているんだろうぐらいに思っていた。
彼氏と別れた後、しばらくして出張で出てきた男友達と呑みに行き、その後ホテルへ。
彼は今までに無く興奮していて、何度も何度も、それこそ私が「無理にしなくていいよ」と少し呆れるくらいまで何度も挑んできた。
ようやく1段落して、彼は私を抱きしめて思い切った様に「好きだ。今日は、それだけを言いに来た。」と言ってくれた。
女としての自分に自信を無くし掛けていた私に、その言葉は凄く嬉しくて、彼の腕の中で泣いた。
「私が好きに成って良いの?」と何度も彼に訊ねた。
彼は笑って「無理に好きに成らなくてもいいし、前の彼の事が忘れられないなら待つよ。今は君が一番好きだから。」と。
その言葉だけで、私は一気に彼にのめり込んだ。
それから、程なくして私は彼と付き合い始め、3年ほど経った今年の夏、上手くゆかなく成って別れた。
お互い馴れ合って、想う気持ちにズレが生じたのが何よりの原因だろう。
未だに彼のことを忘れられない。

649 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 09:00
あげ

650 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:25
このスレに感動したので、俺も忘れられないセクース、書かさせていただきます。
かなりの長文(たぶん全部書いたらこのスレNo.1)になっちゃう(それもなんか
半生記みたいになっちゃった)んですが、いいですかね?
嫌だったらやめますので言ってください。

一時期副業ながら文章を書く仕事をしてたんで、なんか小説っぽく、それもかな
りブルー入りそうな内容になってしまいましたが、書いてあることは事実です。
信じてもらえるだろうか・・・。


651 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:28
俺は中学の時に家の事業が失敗して、借金取りに追われて親戚を厄介
者扱いされながら転々とする経験を味わった。やっとのことで家に戻
ることができ、学校に復帰したらいろんな噂が広まっていて、仲間と
思ってた奴等まで言いたい放題の毎日。中学生にして、俺は次第に誰
も信じられなくなっていった。
家は当然毎日のように喧嘩が絶えず、親父はただ酒に飲まれる毎日
だった。家にいるのが嫌で毎晩似たような奴等とたむろっては荒れた。
挙げ句の果てにはちょっとした事件を起こして警察にパクられ、つる
んでた連中も全員手のひら返して逃げ出した。後日一人だけ呼び出さ
れて取り調べを待ってる時、刑事が天ぷら蕎麦を奢ってくれたことを
よく覚えている。今でも天ぷら蕎麦を見ると、その蕎麦を黙々と食べ
た少年課の風景を思い出す。取り調べの時の罵声と共に。

初犯だったこともあり、なんとか学校にはバレずに済ませられた。成
績はそこそこ良いほうだっだから、進学校になるかならんかくらいの
公立高校に入学はできた。金は母親が借金して出してくれた。せめて
高校ぐらいには行って欲しいと言って。
なんとか普通になろうとした。でも相変わらず誰も信じられなかった。
仲間と呼べるような奴なんて当然できるはずもなかった。
だが借金してまで学費を出してくれた母のことを考え、学校にだけは
行った。ただし、授業をサボっては後でこっそりと出席簿を改ざんし
ていたが。
何もかもがどうでも良くて、「いつ死んでも良い」、本気でそう思って
生きていた。
そんな時に俺は彼女に出会った。高校2年の夏あたりだったと思う。
十何年も前のことなので、時期については結構記憶があやふやなのだ
が、上半身はTシャツになっていたのを覚えているので、おそらく夏
前後だろうと思う。

(続く)

652 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:30
彼女は人数不足で廃部寸前の、とある文化系の部活に所属していた。
その部活は同じクラスの部長をやっていた奴が「人数が足りなくて廃
部寸前なので名前を貸して欲しい」と言ってくるような部で、俺は部
員がいないときは部屋を好きに使っていいことと、何本かの缶ビール
を取引条件として名前を貸し、授業をサボる時はこの部室で寝転んで
いた。よくろくに話もしたことのない俺に声をかけてきたもんだと
思ったが、後で彼女に聞いたところではそうしないと本当に潰れてし
まいかねない状態で、嫌々ながら声をかけてきたというのが正直なと
ころらしい。
元々まともに活動する部員が少ない上、授業の時間しかこの部屋にい
ない俺は、当然部員の名前も顔も知るわけがなかった。

653 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:32
いつもの様に授業をサボって寝転んでいたある日。10分間くらいの休
憩の間に突然部室のドアが開いた。ウトウトしていた俺は顧問あたり
でも来たのかと驚いて飛び起きたが、開いたドアの隣にはお化けでも
見たような表情をして固まったままの女の子が立っていた。長身にロ
ングヘアーのおとなしそうな娘。おそらく部員だなと察した俺は、騒
がれると困るのでその娘に話しかけた。「たぶんあんたのとこの部長
から話を聞いたことくらいあるだろうけど、俺は名前だけ貸してる
××だよ。どうもはじめまして」
やはり名前は聞いたことがあったようで、疑いはなくなったよう
だった。だが今度は明らかに警戒心のこもった、「うさんくさい奴」
と言わんばかりの目で俺を見てくる。まあ無理もないのだが。俺は
苦笑しながら、「別に授業をサボって寝てただけだって。あんたを
取って食おうとか考えてないから、そんな犯罪者でも見るような目で
見ないでくれよ。すぐ出てくよ。」と言った後、起き上がってその子
の横を通り過ぎて部屋を出ていった。横を通りすぎる瞬間、体が緊張
して硬くなっていたのに気がついた俺は、また苦笑しながら軽く挨拶
をして出ていった。

654 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:34
その一件があってから、しばらくはその部屋でサボるのは控えていた
のだが、しばらくしてほとぼりも冷めただろうと思い、再び授業をサ
ボってその部屋で寝転んで小説を読んでいた。するとある日、また休
み時間にドアが開いた。今度こそ顧問かと思ってヤバイと思ったが、
ドアの隣で立ちすくんでいるのはまたしてもその娘。あっちはまた
驚いているが、こっちはホッとして「頼むからあんまビビらせないで
くれよ。顧問でも来たのかと思ったよ」とつい言ったら、突然クス
クス笑い出して「意外と小心者なんですね」と言ってきた。
ほっといてくれ。

それが彼女との最初の出会いだった。


655 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:35
その後、彼女は時おり休み時間に部室を覗きにくるようになった。
後で聞いたところでは、俺みたいな人間が周りにいなくて珍しかった
らしい。動物園のパンダじゃないんだからと言い返した記憶があるが。
彼女がごく普通の家に育った、良くも悪くも世間知らずのお嬢さんと
いうタイプだったのも、恐がったり避けようとしたりしなかった理由
の一つなのだろう。
俺が授業をサボって部室で寝転がっていた時は、大抵小説を読んでい
た。一人でいる時にやることなんてそれぐらいしかなかったからなの
だが、その頃には趣味の一つになっていた。そのうち彼女はそんな俺
が読んでる小説に興味を示しては、いろんなことを聞いてくるように
なった。そして話をしているうちに、2人とも星を眺めるのが好き
だったりということが分かり始め、お互い徐々に突っ込んだ話もする
ようになっていった。
冬が過ぎて桜の花が咲き始めた頃、彼女から告白されて俺達は付き
合い始めた。



656 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:37
俺は彼女と付き合い始めたことで、徐々に前向きに物事を考えるよう
に変わっていった。ちょうどその頃に今も付き合いが続く親友と
出会ったことも影響しているのだが、彼女の影響も計り知れないだ
ろう。
その頃には家も徐々に落ち着き始め、母の名義で新たに商売を始めて
いた。休みの日には俺も手伝って一家再建となったわけだが、そのお
かげで生活にもようやく余裕が生まれ、大学に進学することも無理で
はないという状況になった。もちろん学費は自分で稼ぐ必要があるわ
けだが。
それからは夕方に学校に残って猛勉強を始めた。彼女はそんな時でも
帰り道くらいは一緒にいたいと、俺の帰りを待って共に暗くなった道
を寄り添いながら帰る日々を過ごした。週末は家の仕事を手伝う俺に
とって、それが唯一のデートだった。そして2月、俺はなんとか理系
の大学へ合格することができた。
合格して受験勉強から開放された俺は、次の週末になんとか休みを
貰い、彼女と初めてまともなデートに出かけた。場所は当時お約束の
デートスポット、ディズニーランド。2人で夜のパレードを見て、
家路についた。


657 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:38
ディズニーランドから駅までの道を、手をつないで俺達は歩いた。
そして駅に着いた時、彼女が黙りこんだ。暫しの沈黙の後、彼女は俺
の両手を掴んだかと思うと突然向き直り、口を開いた。

「今日は合格のお祝いをあげるつもりで来たんだよ」
「お祝い?いったい何を?」
「・・・女の子にそこまで具体的に言わせないでよ」

そう言って、顔を赤らめた彼女は俺にそっと体を寄せてきた。さすがに
鈍い俺でも察しがついた。俺は彼女をそっと抱き寄せて、路上で人目も
気にせずキスをして抱き合った後、彼女の肩を抱いて近くのホテルに入
った。


658 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/29(水) 11:40
部屋に入ってすぐ、永遠かと思うくらいの長い長いキス。「シャワー
浴びさせて・・・」という彼女の言葉で我に返り、2人別々にシャワー
を浴びた後に、先にベッドで待つ彼女の元へとそっと体を寄せた。
緊張で硬くなってる彼女の体を、ベッドの中で抱き寄せてそっとキス。
軟らかなキスは、徐々に舌を絡めたキスに変わった。硬くなっていた
体が徐々に柔らかくなり、それと共に吐息も荒くなっていく。暗闇に
慣れてきた目には、最初に彼女の切ない表情が、次に彼女のスレンダー
な体が写り始めた。何もかもが愛おしい。俺は夢中で彼女の乳房にキス
をして、まだ誰も手を触れたことのない部分に右手を延ばす。その
瞬間、吐息が声に変わった。初めて触るその場所は、既に生暖かく
濡れていた。
夢中で彼女を愛しつづけ、気が付いた時には彼女は既に俺を受け入れる
準備が整っていた。俺は慣れない手つきでコンドームを付けた後、彼女
に「いいかい」と尋ねると、彼女は消え入りそうな声と共に肯いた。
徐々に、徐々に彼女の中に入っていく。彼女は痛みを堪えるためか、
すごい力で俺にしがみついて来た。少しでも痛みが和らぐよう、ゆっく
り、ゆっくりと俺は彼女に入り続けた。
どれくらい時間が経ったのだろうか。やがて俺は奥までたどり着いた。
彼女と結ばれたんだ、そう思った瞬間だった。なんて暖かいのだろう。

そのまま俺はしばらく動かず、涙を流している彼女と抱き合って、長い
長いキスをした。そしてゆっくりと、なるべく痛くないように動き始め
た。時おり漏れる声と同時に、彼女は俺を締め付けてきた。長くは持た
なかった。俺は彼女の中で果てた。
果てた後も俺はしばらくそのまま、時おりキスを繰り返しながら彼女と
抱き合っていた。外は既にうっすらと明るくなり始めていた。

それが俺と彼女の初めての夜だった。

(以下、ホントは続く・・・)

659 :650-658:2000/11/29(水) 11:48
今日はここまででギブアップです。ホントに長いって?
本当は忘れられないのはこの後(これも忘れられないけど)なんで
すが・・・あまりにも長くなりそうなので、もしリクエストがある
ようだったら書くことにします。



660 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 11:58
とりあえず気になるから続きをお願いします。

661 :ひそひそ:2000/11/29(水) 12:25
>650−658
長々と何が言いたいのか?
忘れられないSEXというスレなんだから、どこの部分がどういう風に
忘れられないのか?ある程度、簡潔にしてもらいたいですね!


662 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 12:25
続き読みたいです。長すぎるとは感じません。

663 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 14:27
長い長い。自分の文章に浸ってる様が寒いよ。簡潔にいこう。

664 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 14:27
俺も長すぎるとは思わん。情念の高まりを存分に放出してもらいたい。
ここはそういうスレでしょ?>>all
続報を存分にきぼーん!!!

665 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 14:49
続きおねがいあげ

666 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 15:34
つーか、とりあえず最後まで書いてくれ。
途中で話を終わられると気持ち悪いから。

667 :ひそひそ:2000/11/29(水) 16:46
けじめとして、
きちんと最後まで書きましょう!

668 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 17:45
簡潔で心に響く文章あり、小説みたいに演出された読み応えある長文あり、
いろいろあっていいじゃないですか。文句つけるのやめようよ。

とりあえず、続きをキボンです。>>650

669 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 20:39
だんだん下がってきてるって事でage

670 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 21:28
ageruze

671 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 21:48
>650
確かに長いけど、一気に読ませるぞ。
情景が思い浮かぶし。
続きを強くきぼーんです。

672 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 22:13
>>650
聞きたいですーー

673 :奥さん、名無しです:2000/11/29(水) 22:28
「溝、埋まらないね。」
彼にこの言葉を言わせてしまったあのHは一生忘れられない。

私の浮気が原因で一度、別れた私と彼。
彼はすごい大人な人だった。
浮気した私を許してくれた。
そしてもう一度付き合おうとも言ってくれた。
昔はお互いを信用しあっていて、理解しあっていて、
すごく好きでこの人となら結婚できると、お互いが思ってた。
なのに私は、寂しさから浮気をした。
もう一度付き合い始めて、何回か体を重ねた。
でも虚しい。
それはお互い感じてた。
そして彼は、その言葉を言った。

結局この1週間後、別れた。
もう絶対彼に連絡を取らないことを自分に誓った。

674 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 00:11
続き書いておくれ

675 :石田純一:2000/11/30(木) 00:15
>673
浮気はアカンぞ!!

676 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 00:20
>>673
私は身体の接触の魔力を信ずる者だけど・・・
それでも埋めようのない溝は存在する。
何でだろう。
好きで身体を重ねていても、心の間に風が吹く。

677 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 02:12
あげ

678 :松原千明:2000/11/30(木) 04:49
>>675
あなたがいう事じゃないでしょ!!

679 :長谷川里恵:2000/11/30(木) 05:22
>>678
あなたはもう終わったんでしょ!!

680 :デビ・スカトロ:2000/11/30(木) 08:38
あーたねぇ・・・・・・・・・・・・・

681 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 08:59
あげ

682 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 11:55
>>509

683 :マリアン:2000/11/30(木) 12:02
>>680
こんなところにいやがったのね!
キーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

684 :684:2000/11/30(木) 12:06
その1はもう見られないの?

685 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 12:55
>>684
>>516見なさい。

686 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 12:56
下げちゃった、あげ。

687 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 13:54
あげ

688 :おい!650!:2000/11/30(木) 15:24
>>650
今晩必ず続きを書けよ!
よってあげ。

689 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 17:07
せっせとあげ

690 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 21:41
age


691 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 22:14
ずいぶんプレッシャーをかけるレスが多いなぁ。
もう少しリラックスしていこうぜ。長期連載でも構わんではないか。

692 :奥さん、名無しです:2000/11/30(木) 22:33
あげ

693 :優しい名無しさん:2000/12/01(金) 00:12
>650-658
自分と環境がすごく似ていて、ものすごく感情移入してしまいました。
私の場合は自分を変えてくれる彼女との出会いも無く、高校を中退しました。
まあ、その後大検を受けて、現在ではとある省の官僚ですが。

私も完結を希望します。


694 :age:2000/12/01(金) 01:23
完結希望挙げ!

695 :奥さん、名無しです:2000/12/01(金) 01:42
前に初体験の忘れられない思い出を書いたものです。
昨日友達と話しててもうイッコの思い出が頭の中ぐるぐるしてるのでそれも書きたいと思います。
わたし、まだ二人の人としかSEXしたことないんだけど、これは二人目の人と。

本当に好きになった人(初めてSEXした人)と別れて ずっと彼が忘れられなかったけれど
彼の姿を見ないウチに私に好意を持ってる先輩が気になり始めた。
気になり始めてから2、3日後かにお酒の勢いもあって私から告白して付き合う事になった。
彼は今までに正式に女の子と付き合った事がなかったらしい。
付き合ったその日にキスをした。結構デートを重ね2週間後にウチに泊まってもらって
SEXをした。夜から朝にかけて3回。
SEXしてすぐに彼に対して嫌悪感が出て来た。
結局付き合って1ヶ月で私から別れた。

処女をあげた人をとても愛してたのはSEXしたからというのが大きいと思った。
だからそんなに好きじゃなかった先輩と付き合った時、早く愛さなきゃと思って
急いで私からSEXするようにしむけた。けど私は違ってた。先輩と付き合ってから毎晩前の彼の夢を見るたし
先輩を呼ぶ時になんども名前を間違えそうになった。
SEXをして体から人を愛することは出来ない事が分かった。
今、先輩とSEXした事、キスした事、付き合った事を後悔してる。
その意味でも先輩とのSEXは忘れられない、忘れちゃいけないと思う。

わたしはまだT君を愛してる。きっと他の人と付き合ったり結婚したりしても
一生この気持ちは続くと思う。

ぷい〜。

696 :奥さん、名無しです:2000/12/01(金) 02:04
>>695
>SEXをして体から人を愛することは出来ない事が分かった。

この言葉がなんだか印象に残りました。
「セックスをしてはじめて相手を愛しく思った。」という人もいるけれど
それは、自分が相手を大事なことに気が付くきっかけが、セックスだったと
いうことでしょうね。カラダだけでは愛せない。
本当に心と体は別々なようで、繋がっているんだと思いました。

697 :650-658:2000/12/01(金) 07:52
完結要望、どうもありがとうございます。自分でも長いなーと思っていたので、
書いても良いものか悩んでおりました。嫌な人もいるかもしれないけど、読み
飛ばすってことで勘弁してやってください・・・m(_ _)m
残りは週末に上げます。


698 :忘却:2000/12/01(金) 11:22
>650-658
凄くよいです。小説をたくさん読んで、文章力があるのと、自暴自棄になりかけて
いたところから、そこから立ち直るキッカケをつくってくれた彼女と
しばらく付き合ってから初めてそうなったところまで、わかるのがよい
のだとおもいます。ただし、この先にでて来るのでしょうが、彼女のほうの
感情の流れが、ここまではあまりわからないです。



699 :奥さん、名無しです:2000/12/01(金) 14:59
age

700 :奥さん、名無しです:2000/12/01(金) 15:46

あげ

701 :奥さん、名無しです:2000/12/01(金) 20:58
あげないと

702 :奥さん、名無しです:2000/12/01(金) 22:13
age

703 :奥さん、名無しです:2000/12/02(土) 00:06
さあ〜て

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/02(土) 00:37
age

705 :奥さん、名無しです:2000/12/02(土) 02:39
いい話期待上げ

706 :奥さん、名無しです:2000/12/02(土) 03:57
age

707 :奥さん、三河屋です:2000/12/02(土) 04:01
>399
まじっすか!?

708 :奥さん、三河屋です:2000/12/02(土) 04:01
>>399
マジっすか!?

709 :奥さん、名無しです:2000/12/02(土) 04:38
もう週末だよ〜

710 :奥さん、名無しです:2000/12/02(土) 12:34
あげ

711 :奥さん、名無しです:2000/12/02(土) 22:27


712 :奥さん、名無しです:2000/12/03(日) 07:12
義務として、あげ

713 :奥さん、名無しです:2000/12/03(日) 11:48
ヽ(´ー`)ノ

714 :奥さん、名無しです:2000/12/03(日) 18:35
age

715 :奥さん、名無しです:2000/12/03(日) 21:15
痴漢したあとの女子高生とのセックスはたまらないよ。

716 :奥さん、名無しです:2000/12/03(日) 22:07
げげ、ウチの奥さんの体験を男の側から語ってるレス発見!
世間は狭いのか、人を見たら2ちゃんねらーだと思えなのか
それともウチの奥さんはネナベだったのかッ!?

717 :奥さん、名無しです:2000/12/03(日) 22:28
>716
どんなこと?

718 :奥さん、名無しです:2000/12/04(月) 14:27
age

719 :奥さん、名無しです:2000/12/04(月) 17:51
大学生の時につきあった彼。
この人に会うために生まれてきたんだと心から思える,大好きな人だった。
でも彼は留学することが決まっていた。
当時の私にとって海外留学なんて想像もつかない世界で,遠距離恋愛できる自信なんて全くなかった。
彼が日本を発つ日まで「あと何日,あと何日」って心の中でカウントダウンしながら彼に会っていた。
泣くまいとしていたけど,彼の前で泣いてしまったことも何度かあったと思う。
ついに明日,彼が日本を発つという日。
私たちは空港の側のホテルに泊まった。

でも私はその時まで処女で,とても痛くて,うまくsexできなかった。
結局一晩中二人で他愛もないお喋りをしたり,テレビを観たり。
会話が途切れると涙が溢れてしまう。
こんなことが喋りたいんじゃない,もっと大事なことを言っておかなきゃと思いながらもとりとめのない話ばかりしていた。

彼が留学してからは何となく音信不通になってしまい,私は別の人とつきあい始めた。
その人のことももちろん好きだったけれど,あの全身が張り裂けてしまいそうな強い恋愛感情を経験したあとでは,大してのめり込むことはできなかった。

でも,私はその人とのsexで処女を捨てた。
音信不通になってしまった昔の彼への歪んだ対抗意識があったのかもしれない。
それなりに好きな相手だと思っていたのに,してみたら全然よくなかった。
初めてだったから肉体的満足が得られないのは仕方ないと思うけれど,せめて精神的には満足したかった。
でも,嬉しくもないし幸せだとも感じられない。
ただ悲しくて,その日,家に帰る道で歩きながら一人で泣いた。
やっぱりあの彼のことが好きなんだと思い知らされ,自分の浅はかさが悔やまれた。

そのうち,彼が留学から帰ってきた。
何度か会いはしたけれど,結局,元に戻ることはなかった。
私は何となく,処女を捨てた彼とずるずるとつきあい続けていたから。
意地になっていたんだと思う。

あの頃は,全身を傾けて愛せる人にまだいくらでも出会えるような気がしていたけど,結局,その彼以上に好きになれる人には巡り会えなかった。
何人かの人とsexもしたけど,ほどほどの満足しか得られたことがない。
運命の相手だと思える人に出会ったら,絶対にその手を離しちゃいけないんだと今ならわかる。

みなさんの体験を読んでいたらつい書いてしまいました。
趣旨とずれているのでsageておきます。

720 :奥さん、名無しです:2000/12/04(月) 18:31
海外に留学している彼と遠恋中です。もう三年目です。
毎日のメールと、半年に一回逢うのが命綱です。

旅費を貯めるためのバイト、声が聞きたい時に聞けない不安。
たまに「疲れた」と思うけれど

>>719さんの
>運命の相手だと思える人に出会ったら,絶対にその手を離しちゃいけないんだと今ならわかる。

この言葉、キモに命じて頑張ろうと思いました。

719さんも、また運命の相手に巡り会えますように。

721 :奥さん、名無しです:2000/12/04(月) 19:40
いいねぇ

722 :奥さん、名無しです:2000/12/04(月) 21:19
そう、翔ぶ時にためらってはいけない。    あげ

723 :奥さん、名無しです:2000/12/04(月) 22:14
好きな人には彼女がいて、でも、
してしまいました。
今までした中で一番よかった。
切なかったけど。
自分によってたんだろうな〜
かわいそうな自分と、彼女に対する意味のない優越感。それは
そのときだけのものだけど。。。。。
また会いたいなと思ってしまいます

次は自分だけ見てくれる人としたいなあ。


724 :奥さん、名無しです:2000/12/05(火) 14:21
あげ

725 :奥さん、名無しです:2000/12/05(火) 15:19
彼女は処女だけど、ゆるまんで、結局正常じゃいけなさそう
だったから、いったフリして終わらせた。これからゆっくり、
気持ちよくなってもらってから自分が楽しめればいいと思ってた。

そのあと、彼女はかわいいオナラをした。緊張してしてる間もずっと
我慢してたらしい。終わったあと気が緩んでついでてしまったらしい。
1年弱そのあとつきあったけど、彼女のオナラを聞いたのはそれが最初で
最後だったな。一緒にオナラしてあげられなかったのが、悪かった。

726 :奥さん、名無しです:2000/12/05(火) 16:23
>>725
バックからクンニ中、顔面直でオナラされた事ならあるぜ。
ある意味、忘れられないSEXだけど、一応sage。

727 :奥さん、名無しです:2000/12/05(火) 17:42
age

728 :奥さん、名無しです:2000/12/05(火) 23:51
常にアゲ

729 :奥さん、名無しです:2000/12/05(火) 23:51
age

730 :奥さん、名無しです:2000/12/06(水) 02:41
あの・・PART1読みたいんですけど、
かなり前のほうの方がアップしてくださったのが見れないのですが・・
>>516 かな?そのあたりのなんですが・・・
他にどなたかログ持ってる方いらっしゃいましたら、
アップしていただけないでしょうか。

731 :650:2000/12/06(水) 08:09
すいません、遅くなりましたが続きを上げます。でもまだ書ききれてないので、
最後はもう一度お待ちくださいです。

もう過去のことなんだけど、やっぱりそこに話が近づくと...なかなか書けなく
なるもんですね...。


732 :650:2000/12/06(水) 08:11
春になり、俺は大学に進学した。彼女も3年になり、受験勉強へと
入っていく。俺は自分の生活費と学費を稼がなければならず、家業
の手伝いをしながら働いた。冷凍倉庫の荷物運搬、下水道の水質検
査員、工事現場の誘導員。ありとあらゆるバイトをやった。その上
に理系の大学特有の、実験レポートの嵐。徹夜などしょっちゅうで、
倒れたことも一度や二度ではなかった。正直、就職して初任給を
貰った時は、こんな楽な仕事でこんなに貰っていいのだろうかと
思ったくらいだ。
二人で過ごす時間を作るのは容易ではなかったが、休みが取れた週
末には必ず俺の家にやってきて、一緒に勉強をしながら過ごした。
時にはホテルで2人の愛を確かめ合った。そんなとき、彼女はよく
力仕事で切り傷だらけになった俺の手を、黙って優しくさすってく
れた。その時の温もりは今も忘れない。


733 :650:2000/12/06(水) 08:13
彼女は大人しいタイプということもあり、あまり自分の気持ちをぶつ
けてくるようなことはしなかった。けれど、俺が大学へ行った後は会
うことすらままならなくなったことが寂しくないわけはなく、時おり
寂しいという言葉を漏らすようになった。
俺だって寂しくないわけではなかった。だが週末に少しだけ会うこと
が、その時の俺達にできる限界だった。その影響なのか、俺達は徐々
に会うたびに体を求め合うようになった。その瞬間だけがお互い安心
できるような、そんな状態になっていった。
そんなこんなで1年を過ごした。そして2月には彼女も無事に短大に合
格し、俺も留年ぎりぎりながら進級することができた。これで少しは
2人で過ごす時間も増やせるねと、お互い本当に喜び合った。
そんなある日、体調不良を訴えていた俺の母が突然入院した。

病名は、癌だった。


734 :650:2000/12/06(水) 08:14
続きはまた今度上げます。


735 :>>730:2000/12/06(水) 09:01
「忘れられないSEX」
http://www.fortunecity.co.uk/safaripark/howling/102/gs.htm



736 :奥さん、名無しです:2000/12/06(水) 09:13
あげ

737 :奥さん、名無しです:2000/12/06(水) 14:30
AGE

738 :奥さん、名無しです:2000/12/06(水) 14:59
gれrふぇff

739 :奥さん、名無しです:2000/12/06(水) 15:10
あげ

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/06(水) 22:58
定期あげ
レスもいいけど
みんなの突っ込みも
ついでにage

741 :奥さん、名無しです:2000/12/07(木) 00:25
>>733
いきなりの展開にドキッとした・・・
これからどうなるんでしょう(T_T)

742 :奥さん、名無しです:2000/12/07(木) 00:28
age

743 :奥さん、名無しです:2000/12/07(木) 02:10
650さん、長いなんてぜんぜん気にならないです
文章も読みやすいし、情景がよくわかります
続きが気になりますね

744 :730:2000/12/07(木) 02:35
>>735さん
サンクスです♪
早速泣いてきます(?)

745 :奥さん、名無しです:2000/12/07(木) 17:53
あげ

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/07(木) 21:59
せっせとあげるちっゃ

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/07(木) 22:35
>>650
それから、それから

748 :奥さん、名無しです:2000/12/07(木) 23:43
あああああ

749 :奥さん、名無しです:2000/12/08(金) 01:03
げげげげげ

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/08(金) 07:04
 僕はこんなSEXが忘れられない。
http://www.amateur-space.com/xogayxo/ssffyyoo083.htm
http://www.amateur-space.com/xogayxo/ssffyyoo005.htm
http://www.amateur-space.com/xogayxo/ssffyyoo046.htm
http://www.amateur-space.com/xogayxo/ssffyyoo048.htm


751 :>750:2000/12/08(金) 19:12
一生覚えてて.

752 :age:2000/12/08(金) 20:54
age

753 :奥さん、名無しです:2000/12/09(土) 02:08
あげげげげ

754 :奥さん、名無しです:2000/12/09(土) 06:09
誰も書かないからつまんないけどオレの話。

5年くらいつきあって別れた彼女。
1年くらいブランクがあって ある夜。
どうしてもやりたくなって電話。寝ぼけたような声で
「ああ お久しぶりです」どうしても今会いたいんだとお願い。
バイクできてくれた彼女。
バイク置いてタクシーで「ホテルまで」
「お客さん そういうの困るんですよねえ」なんでかわからない。
「もういいよ」と彼女。バイクに2ケツでホテル。
「なんだ コイツもやりたかったのか」と勝手に思うオレ。
始める。甘い声。高まる気持。いざ・・・

彼女の涙。「見ないで・・・」

パニクるオレ。わからない。女心?

とりあえず涙をキスで拭い いたした。
終わったら以前のとおりの彼女「ゴブサタだったからさあ」と笑う。
涙の事はお互いなかったように明るく。

今でも恋人同士ではないながら交流はある。
こんなオレって勝手すぎるかな といつも罪悪感を持ちながらも。

つまらない話でスマソ。

755 :奥さん、名無しです:2000/12/09(土) 13:15
罪悪感あるなら彼女の気持ちにあぐらかくのは止めた方がよいのでわ・・

756 :>650さんの話:2000/12/09(土) 23:22
「つじあやの」みたいな彼女を想像して読んでる。

757 ::2000/12/10(日) 01:02
>>754
ごめん、批判する気はないけど、彼女の気持ち考えると胸が痛むでしゅ…。


758 :奥さん、名無しです:2000/12/10(日) 01:07
うーん、でも彼女の涙はもうちっと複雑なもののような気がするよ。

759 :奥さん、名無しです:2000/12/10(日) 09:28
あっげっ

760 :奥さん、名無しです:2000/12/10(日) 21:49
age

761 :奥さん、名無しです:2000/12/10(日) 22:00
http://iwa.server.ne.jp/up/image/anime192.htm

762 :奥さん、名無しです:2000/12/10(日) 22:54
別れてもずっと好きだった人と、別れてからしばらくして
普通の友達が出来るようになった。
それは私にとってはすごくすごく成長した気がしてうれしかった。
そして、ある日お互い本当に割りきってセックスをした。

その人とのセックスは今までの誰とするよりもずっと気持ち良くて、
フワフワ浮いてるような気持ちの中で、急に
(もしかして好きだから?)なんて悟ってしまった。
したら自分でも驚いたのだけど涙があふれてしまって、彼も驚いてた。
「○○(相手)とするのってなんでこんなに気持ち良いんだ、びっくりしちゃった」
とごまかすと、彼も体をビクッとさせて、わたしの耳元に顔を持ってきて
「体が合うのあかな」とつぶやいた。
すごく嬉しかったけど、ああもうこの人と会っちゃいけないんだと思った。
その後、あくまで友達を装って、普通に別れた。

今でも一番思い出に残る、最後のセックスだったな

763 :762:2000/12/10(日) 22:55
>>754
今読んだけど、話がかぶりぎみ(笑

764 :奥さん、名無しです:2000/12/11(月) 00:32
18歳の春、告白され初めて男の人とつきあった。
相手は24歳。3回目のデートで求められ、許した。
SEXがどういう物か興味があったし彼のことが好きだった
ので嫌じゃなかった。

その日から2週間くらい経った夜、自宅から近い駅に
呼び出され行くと、彼から自分が実は妻帯者であることを
聞かされた。ショックだった。謝られたがどういう態度を
とったらいいのかわからず、私は無言でいるしかなかった。
一言も言葉を交わさないまま、長い間ただ自転車置き場に
目をやっていた。梅雨が明けきらない時期で、夜とはいえ
肌に触れる空気がジトジトして気持ち悪かった。
こめかみから後頭部にかけてが妙に冷たく、吐き気が
した。何の考えも浮かばなかった。
1時間位過ぎた頃、彼は、急に思い出したように私の腕を
掴みタクシーに乗せた。一瞬意味が分からず目を合わせた。が、彼は何も答えず、運
転手に行き先を告げていた。

連れて行かれたところは地元の人間なら誰でも知っている
ラブホテル。ただ言われるままに車を降り、部屋に入った。
彼は話しかけてきたが私は何もかえさなかった。そんな
気力は無くって1人になりたかった。こんなところに
いたくなかった。
何もしゃべらず目も合わせずただベッドに横のなっている
だけの女を彼は抱いた。その間ごめんという言葉を
何度も聞いた。だけど言われれば言われるほどに
さめざめとした気持ちになった。
全然濡れなかったので痛くかったけど、それを絶対顔に
だしたくなかった。最後の意地だった。
結局、彼は最後まではせず、休憩時間が終わるまで
2人とも黙ってベッドで横になっていた。

家に帰り着いたのは11時。家に連絡をしていなかったので
親から小言を言われながらもすぐお風呂に入った。
湯船につかりながら、泣いた。

それから彼には会ってない。




765 :奥さん、名無しです:2000/12/11(月) 01:32
>>764
久々に泣いた!
んん〜、とりあえずその記憶が時間と共に
いい思い出になるといいのですが。

766 :754:2000/12/11(月) 06:38
>>762
ホント!あなたオレの彼女?

そういう涙だったらいいのにな
と思うことしきり。ありがとう。

767 :名無し:2000/12/11(月) 08:40
そろそろその3が見えてきたあげ

768 :奥さん、名無しです:2000/12/11(月) 09:58
あげ

769 :奥さん、名無しです:2000/12/11(月) 14:01
>>767
果たして、その3作ってレス付くと思いますか?

770 :奥さん、名無しです:2000/12/11(月) 15:07
つく!っていうか、ついて欲しいな。
あげ〜

771 :奥さん、名無しです:2000/12/11(月) 15:08
>>650
まだか〜い??


772 :奥さん、名無しです:2000/12/11(月) 16:31
逢うことも、声を聞くこともままならない、6歳上の大事な人へ。

(482が書いてたっけ)
>人を好きで好きで、もうしょうがないくらい愛してると思った時、
>愛してると言うのも、キスをするのも、抱きしめるのも、なんか気持ちを伝えきれなくて、
>セックスしたいと思う事にはじめて気が付いた。
        ↑
大人になって、イヤっていうくらい、身に染みて分かった筈でも、
手を繋ぐだけ、目を見るだけ、声を聞くだけで胸がいっぱいになることも分かった。
出逢えて良かったと感謝の毎日なのに、私からは何の幸せも返せていない。
彼の望む”無理のない”幸せや平安を願うことしか出来なくて、ごめん。
彼の何も理解できて無くて、ごめん。


773 :奥さん、名無しです:2000/12/11(月) 17:50
age

774 :奥さん、名無しです:2000/12/12(火) 02:07
サガッテルヨ
アゲ・・・

775 :奥さん、名無しです:2000/12/12(火) 16:27
いつまでもあげ

776 :ゆうま:2000/12/12(火) 16:38
私の初体験は15で、まだ自分がそんなことをするとは思っていなかった。
でも、彼氏の好きなら当然、という態度に負けてした。
心の準備が出来ていなかったから、
その後デートのたびに求めてくる彼氏が嫌になって別れた。

で、私の通っていた高校は県で1番の進学校で、
周りの女の子と自分があまりにも違うような気がして、
ますます自己嫌悪になっていった。
あの時、やめとけばよかったなぁって。
だからしばらくは、初めてのHが後悔と共に忘れられないHだった。

777 :ゆうま:2000/12/12(火) 16:56
そのあとは男の人にしてすごく消極的になってしまった。
男なんてHしたいだけ...って思うようになってた。
それでも、良い出会いがあって、男の人に対する考えが変わっていきました。

そして人を好きになって、キスしたり手をつないだり、をたくさんしているうちに
もっとふれあいたいと思うようになりました。
自分の中にあるHに対する罪悪感のようなものとの間で悩みました。
そんな状態が何ヶ月か続き、環境の変化も手伝って、
とても自然にSEXをする事が出来ました。

彼は初めてでしたが、彼の方が余裕があってとても安心できました。
幸せな気持ちでHが出来る事がとても嬉しくて、涙が出てきました。
この彼とのHが今の忘れられないHです。


778 :奥さん、名無しです:2000/12/12(火) 17:38
age

779 :奥さん、名無しです:2000/12/12(火) 20:31
agedane

780 :奥さん、名無しです:2000/12/12(火) 21:49
私が大好きだった元彼は、1番体の相性が合う人だった。
実は私は、昔遊んでたので何十人もの男を知っているのだけどーこんなに合う人は
いないというぐらいで、彼も「お前の膣から型とって作ったみたいだな」と言うほど
サイズがぴったりだった。入れた瞬間から、ずーっと気持ち良くて、本当にずーっと
繋がっていたかった。会う度に、何度も何度もSEXした。今でも、たまに逢いたくなる。
こんなに合う人はいないと思ったので、本当に結婚したかった。いろいろな事情で、
結婚は出来なかったんだけど、私の忘れられないHです。

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/12(火) 22:45
とりあえずage

782 :かおり:2000/12/13(水) 01:48
初めてのSEXのあいては、今の旦那様。
19歳の冬。
旦那は彼女を作ったことがなかった。要するに初めて。
わたしは彼氏はいたけど、手もつなげなかった。
とりあえず、付き合ってみただけの人だったから。

旦那は、恥ずかしいのと、女の子に慣れていないのとで
わたしとの会話を絶やさないように必死だった。
それが、痛いくらいよくわかっていたので、
わたしは、いっぺんに好きになってしまった。

初めての日、彼は、震えていました。
わたしも、痛かったので震えていました。
あまりに痛かったので「いたいっ」と言ってしまいました。
すると、彼は、SEXできない状態に萎えてしまいました。

その優しさに「絶対彼にあげたい」と思いました。
わたしの友達は「処女を捨てる」人ばかりでした。
わたしは、「処女をあげる」人になれたことに
とても幸せ感をもらいました。

その彼と結婚して1年経ちました。
いま、彼の子供がお腹にいます。
最初で最後のパートナーでありたいです。

783 :奥さん、名無しです:2000/12/13(水) 01:55
15歳だったけど、急がなけりゃよかったな
と思ってるよ。だって全然おぼえてないんだもん・・・。
酔ってた勢いだから・・・。

784 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2000/12/13(水) 14:41
パート1が見れない……

785 :奥さん、名無しです:2000/12/13(水) 18:06
あげ

786 :奥さん、名無しです:2000/12/13(水) 18:57


787 :奥さん、名無しです:2000/12/13(水) 22:00
782さんの『「処女をあげる」人になれた』という言葉に
いい言葉だなとすごく感動してしまいました。

788 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 01:02
あげ

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/14(木) 03:00
ベッドで服着たまま30分くらいキスだけ。
そのあと、最小限に服を脱いで挿入。
愛撫ない。ひたすらキスだけ。
そして正常位ピストン。
上の口としたの口が濡れ濡れだった。

790 :787に反対:2000/12/14(木) 03:13
「処女をあげる」ってコトバ、大嫌い。
処女性に特別な価値でもあるの?
二人目以降の相手には、もっと軽々しく股開くんだ?
ってエラソーに言うあたしは、まだ処女なんだけど。
説得性皆無・・・。

791 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 05:19
>790
「捨てる」「あげる」の違いで、別に処女が特別だとは言ってないと思うが(笑)
ましてや2人目に軽軽しく股開くなんて何処に書いてあるのか(爆笑)
782さんの状況と心境をよく考えてレスしなさい。

792 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 05:22
>>790
気持気持。結局ヤる行為は同じなんだから少しでも気持よく
思えるほうがいいでしょ?>>782さんはそれで納得してる
んだからアナタはアナタで自分でイイと思うコト
違う気持で挑めばいいんじゃない?

まあ「あげる」っていう態度が問題なのかなあ?でもひょっと
したらアナタもソノ時はそう思っちゃうかも知れないし。
ひとそれぞれなのよ多分。

793 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 09:03
>>790
捨てるにしても、あげるにしてもいつか年を取った時に
それまで色んな人とSEXを経験しても、最初の人と最後の人は
忘れられないらしいよ。だから多かれ少なかれ最初って
大事だと思うから、いい初体験をしてね。

794 :県外研修:2000/12/14(木) 14:39
十年前、県外での宿泊研修に参加しました。
うちの事業所からは3人が参加する予定でしたが、
取引先の都合で納期が急に短縮されたため、
当日、まだ二十代半ばで何の役職も無かった私が代表で参加することになりました。
出張した県にある関連会社のプラントを視察し、宿泊する温泉旅館に着きました。
温泉に入った後、
見知らぬ他の事業所の人達と宴会し、私は隣に座った四十歳前後の女性と、
お互いの職場のことや、その日の視察のことなどを話していました。
彼女は県西事業所の事務員で、二人の子供の母親ということで、
柔和な顔をした太目のおばさん、という感じの人でした。
話している内に、彼女の胸が異様に大きいことに気づきました。
隣にある巨大な胸が話をしたり笑ったりするたびに上下するのを見ながら、
また、少し前彼女が立ちあがったときに見せた幅広い腰のあたりを思い出しながら
酔いのせいもあるのか、自分でも不思議なほど性欲が湧き上がってきました。
宴会がそのまま終わり、グループに分かれて二次会に行きましたが、
一人参加の私は、結局仲間に入りそびれました。
あとで一人ででも外に飲みに出ようと思いましたが、
とりあえず、一度自分の事業所に割り当てられた部屋に戻ろうとしました。
十二畳ほどの部屋に勿論私一人でした。
宴会場から自分の部屋に帰ろうとする私のエレベーターに、
あの彼女が乗ってきたのです。
彼女の事業所から参加した三人のうち、二人の男性は二次会に行き、
彼女は自分の部屋でゆっくり過ごすつもりだったようです。
彼女の部屋は、二階上の八階の一人用の狭い洋室だったということは、
宴会の時話したことから分かっていたので、
その部屋に比べると自分の部屋が一人にしては広すぎるということを言いました。


795 :県外研修2:2000/12/14(木) 15:48
夜景がきれいに見えますよ。というと、
見てみたい。というので、
私の部屋に行くことになりました。
私は冷蔵庫のビールを出し、彼女にも勧めました。
彼女はほとんど酒は飲めないと言っていたのですが、
旅先の開放感もあり、少し飲みました。
見る見る顔が紅潮し、ぼんやりした感じでした。
彼女の浴衣の合わせの位置が下がり、
重そうな胸の膨らみの、少し上にある鎖骨が見えた時、
私の精神状態は異常なものになりました。
そして、私は彼女をレイプしてしまったのです。
それまでは、自分が罪を犯すなどと思ったこともありませんでした。
しかし、その時の私は彼女を敷いてあった布団に押し倒し、
浴衣を脱がし、下着を剥ぎ取り、全裸にし、口にタオルを押し込み、
浴衣の紐で猿轡をし、自分も全裸になり、
自分の勃起しきったものを相手に見せつけました。
私は身長が180センチであり、あれも長さ19センチで先が太く、
日本人としてはかなり大きな方だと思います。
彼女は恐怖ですくみ上がっていたようで、
あまり身動きもせず、驚いたような顔で私のものを見つめていました。
私は彼女をうつ伏せに寝せると、その後ろにのしかかり、
いきなり、背後から挿入しようとしましたが、
無理だったので、唾を垂らし塗り付け、
何とか入れることができました。
そして、背後から手を回し、巨大な胸を揉み、いじり、つまみました。
女性が「レイプされても感じるわけがない」というのを、
見たり聞いたりしたことが何度もありますが、
そうではなくケースバイケースだと思いました。
私はレイプしながら、猿轡をはずし、
彼女に卑猥なことを言わせました。
入り口まで引き抜いて、
「奥まで入れてくださいと言え」
「奥までいれてください」
ここで根元までずずっと入れました。彼女はうごめきました。
また、入り口まで引き抜きます。
「奥まで入れてくださいと言え」
「奥までいれてください」
ここでもう一度、
今度はもっと勢いよく深く根元まで挿入します。
これを何回か繰り返し、何回目かに挿入したとき、
彼女がいきなり「おぅーっ」とうめきました。
そして、背中がそり返り、腰が痙攣のように細かく震え始めました。
腹ばいにさせ、足を大きく開かせ、
背後から根元まで入れて、子宮口に先を押し付け、
「奥まで入ってる、と言え。」
「奥まで入ってる」
「あそこが気持ちいい、と言え。」
「あそこが気持ちいい」
そこから激しくピストン運動すると「あっ、あっ」といいながら、
下半身を痙攣させました。
私は何も指示していないのに、
彼女は両腕を床について、上半身をそらして立て、
乳房をぶらぶらさせながら、「おおぅ、おおぅ」と、
腰をくねらせました。
レイプされても女の人は感じることがあることを知りました。
それからは、フェラチオさせながらパイズリさせる、
写真を撮るなど、思いきり彼女の肉体を楽しみました。
彼女にはもっといやらしいことを何度も言わせながら犯し、
ひとりの女を完全に征服する異常な喜びを、
思うままに味わいました。
夜十時前から、朝の五時までその快楽は続きました。
最後はディープキスを何度もし、
自分の部屋に帰ってもらいました。
朝、八時の出発のときに、別のバスに乗る私のところにきて、
「内緒ね」と言ったときの淫靡な目の光を忘れることはできません。
それから、彼女には連絡はしませんでした。
わたしは、転勤し、現在他の事業所長をしていますが、
あのときの、彼女のよがり声は今でもはっきりと耳に残っています。
あれほどの快楽はその後も無かったし、
これからも味わうことは無いと思っています。

796 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 15:58
あ−不覚にも勃起しちゃった。

797 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 16:10
2回抜いた(藁
年増最硬〜

798 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 16:54
ばばあ萎え〜

799 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 18:37
650の続きが読みたい…気になる…。

800 :650:2000/12/14(木) 20:58
>>799
ごめんなさい、もうちょっとだけ待ってくださいです。。。

801 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 21:46
忘れられないSEX・3
はまだ立ちませんか?

私の忘れられないSEX。
看護婦だったのでなかなか彼と予定が会わなくて。
ある日、準夜勤が終わった後、彼が寝ないで待っててくれた夜のSEXが忘れられません。
「わざわざタクシー使って来たの?仕事お疲れさまだったね。」
今朝すべて私が捨てたはずの灰皿には、吸殻がいっぱいでした。
そういって抱きしめてくれた彼のSEXはとても優しかったです。
すべてを捨ててでも、この人の側にいたいと思わせてくれたSEXでした。

今、彼は結婚して、今度子どもが産まれるそうです。
彼の幸せを願っています。こんな今でも大好きです。


802 :奥さん、名無しです:2000/12/14(木) 22:24
前の彼女、家の商売の借金と親の病気の治療費の為に風俗やってた。
仕事の事を承知でつきあい始めたし、覚悟は決めてたとは言ってもやっぱね。
でも俺なんかより彼女の方がよっぽど辛かったんだよ。
だんだん心を病んでしまって、ぼろぼろになる彼女。
会っていても泣きわめいたり茫然自失としてたり。
1年半つきあっていたある日、俺の部屋でした時、彼女俺の下で涙を流しながら
「ありがとう」って言うんだ。
泣きながら、にっこり微笑んで。
正直彼女の仕事の事、だんだん心のバランスを崩していく彼女とやっていく事に
くじけそうになっていたけど、そんな彼女を見て「俺が負けちゃいけない」って
思った。
でも、それからしばらくして、彼女は、全てを捨てて消えたよ。
限界だったんだな。
あの泣き笑いの表情は、今でも忘れられないね。

803 :787です:2000/12/14(木) 22:27
>>790
 791〜793のレスの通りです。

804 :RON:2000/12/14(木) 23:19
私は、平凡な主婦でした。
ただ、人と違ったといえば“好きでも無い人と結婚させられた”と言う事です。
結婚を決めていた彼氏と別れて、自暴自棄になって男をとっかえひっかえしていた時の中の一人が結婚してしまった相手でした。子供ができてしまってのできちゃった結婚です。両方の両親に説得され、好きでも無い相手と生活を共にする事になりました。
当然・・夫婦の仲は当初から冷め切っていて、SEXも私はいや嫌していました。そんな生活でも、子供が可愛かったのと、自分の遊んだ結果(自業自得)なので、完全に諦めていたのです。
そんな生活が4年続いた頃、“彼”に出会いました。3歳年下の彼でした。出会ったのはネット上・・。話しや趣味がとっても良く合って、毎晩遅くまで話し込んでいました。
写真を交換して、電話でも話す様になり、お互いの相談事やバカ話し時にはSEXの話しをしたり…まるで昔からの知り合いみたいでした。毎日嫌いな相手と生活していた私にとって、彼は心の寄りどころでした。
そのうち、彼の彼女の相談なんかを聞いていると、心苦しくなってきてしまって…。写真とネット上でしか知らない彼を好きになっていってる自分に気が付きました。
最初は、“自分の妄想だ”とか、“夢をみているんだ”って、言い聞かせ様と思っていたんだけど、だんだん自分の気持ちに歯止めが効かなくなってきたのです。20歳で結婚してしまった私は“人に恋をする”事に、暫くごぶさたでしたので、少し舞い上がっていたのかもしれません。でも、気持ちは高まる一方でした。彼との関係を一切絶ってしまおうとも考えましたが、意志の弱い私は、それも出来ませんでした。
そんな頃、家庭内でもいろんな事があって、私はとうとう我慢できなくなって、色々考えたあげく子供を連れて家を出ました。旦那との辛い生活に見切りをつけて自分自身の新たな生活を始めたのです。
その間も彼とは連絡をとって、色々と相談にのってもらっていました。
旦那と別居を始めてから、“結婚しているのに、心は他の人にある”という、罪悪感も薄れてきて、彼と会う事になりました。かなりの遠距離なので、泊まりがけです。
最初に会った時、“あ〜これがあたしの好きになってた人なんだ・・”と、不思議な感覚でした。でも、徐々に時間が経つにつれて緊張感もなくなり、知らない間に恋人同士の様に手を繋いで歩いていました。不思議になんの違和感もなく、自然にです。知り合ってから1年以上も経過していたせいか昔からの知り合いの様でした。
夜になって、2人でホテルに泊まる事にしました。
最初は二人で、TVみたり、カラオケしたり、いろんな話しをしたりしていました。
だんだん、時間も遅くなってきたので、寝る事にしました。彼は腕枕をしてくれて、一緒に抱き合って寝ました。
でも、私はなかなか寝つく事ができませんでした。頭の中で、“この人に抱かれたい…でも、彼女がいるのに、平気で他の女を抱くような人であってほしくない…。”“きちんと、離婚もしていないのに、この人に抱かれてもいいんだろうか…”などと、考え続けてしまって、とうとう泣き出してしまいました。彼はびっくりして起きて、何も聞かないで抱きしめてくれました。私は、彼に
「遊びでもいい…彼女がいてもいいの。迷惑かけないし、困らせたりしないから、1度でいいから抱いて。もう、会わないから…最後にするから。お願い…」
泣きながら、彼に抱き付きました。彼は何も言わずに、キスしてくれました。
脱がされて、やさしく愛撫してくれました。いままで何10人もの男の人とSEXしてきたけれど、一番感じで、愛しくて、せつないSEXは始めての経験でした。
彼は、指で私の身体を知り尽くしているかのように責めてきました。
口でもいっぱいしてくれて、ぐじゅぐじゅになってる私の部分を愛しいそうに舐めてくれるのです。それだけで何度もイってしまいました。
彼の動きひとつひとつが感じてしまって、自分でもびっくりするほど濡れていました。
朝まで、2人で求め合って、何度も何度もしました。私は、彼のぬくもりを忘れない様に、身体に刻み込む様に、抱かれながら、眠りました。
気持ちとか、感情で、SEXがあんなに違ってみえて、心で感じる事ができるんだな…って、始めて思いました。
私は、初体験よりも何よりも、あの時のSEXが忘れられません。


805 :奥さん、名無しです:2000/12/15(金) 09:42
あげ

806 :奥さん、名無しです:2000/12/15(金) 10:01
804って凄いイタイ女
妄想でも、勘違いしてるって。あんたの考え方。

807 :奥さん、名無しです:2000/12/15(金) 12:31
>>804
んで、その泊まりの時、子供はどうしたんだ?
まさか家に放置ってこたぁないだろうな?

808 :奥さん、名無しです :2000/12/15(金) 12:38
>>804
子供の目の前でやっちゃったのか?

809 :奥さん、名無しです:2000/12/15(金) 13:33
>804
自分の中にゆるぎなくずっと輝く大切な想いなんでしょうね。
彼に出会えてよかったですね!


810 :奥さん、名無しです:2000/12/15(金) 15:13
彼に会えてよかったですね。と言いたいけど、なんだか、
素直に言えない気がしてしまう。。。


811 :奥さん、名無しです:2000/12/15(金) 15:14
すいません。。810は、
>>804へのレスでした。

812 :奥さん、名無しです:2000/12/15(金) 19:09
age

813 :奥さん、名無しです:2000/12/15(金) 19:51
>806 807 808は、正義派!
妄想でも何でもいいから、804につきあえ。

814 :奥さん、名無しです:2000/12/16(土) 01:21
性懲りも無く、ア・ゲ。

815 :奥さん、名無しです:2000/12/16(土) 01:29
初めてのとき。
入れるのにとまどっちゃって、ぬるぬるの入り口でごちゃごちゃぬるぬるしてたら
そのまま発射しちゃって、あれはまじで恥ずかしいやら情けないやらで、あれから
もう10年たつけど忘れられないぞ。
最近じゃあの時みたいな敏感さが懐かしいよ・・・

816 :32歳の夏:2000/12/16(土) 05:15
一昨年の夏の昼間、堤防沿いにある布団会社の倉庫で配送トラックから荷物を下ろしていた。
その倉庫は会社から離れたところにあり、いつも誰もいなかった。
1階の鍵を開け中に入ろうとした時、2階のドアが開いていることに気づき、変に思ったので、
外側の階段を上り、2階のドアから中に入った。倉庫の中のビニールに包まれた布団や毛布が
積んであり、恐ろしく暑い中になぜか小さな女の子がいた。
「こんなところで何をしてるの。」と聞くと、怖がっているのか何も答えなかった。
それでも、更に問い詰めると、女の子は4年生でこの近所の子らしく、
その時は夏休み中であり、家の近辺で遊んでいる内にこの場所を発見したとのことだった。
それで、ときどきここに遊びにきていて、
積んである布団や毛布をトランポリン代わりにして遊んでいたらしい。
「人の倉庫で勝手に遊んではいけないんだよ」というと、「はい」といって帰ろうとした。
なぜか「罰を受けなきゃ返れないよ」といってしまい、彼女をひきとめた。
彼女は目が大きく、細身で、真っ黒に日焼けして、白地に模様の描かれたワンピースを着ていた。
「罰って何ですか」と言うので、「荷物運びだよ」と答えた。
そして、私は彼女をトラックのところへ連れていき、枕など軽いものを倉庫の2階に運ばせた。
自分も1階に布団を搬入した。
何往復かさせた後、彼女を家に返す予定だった。
しばらくして2階に上がり、倉庫の奥のほうにいた彼女に近づき、
「もういいよ」と言おうとして、彼女のワンピースが汗で透けているのに気づいた。


817 :奥さん、名無しです:2000/12/16(土) 16:06
お。ロリのお話ですか?
とりあえず、続ききぼーん。

818 :奥さん、名無しです:2000/12/16(土) 20:31
age

819 :奥さん、名無しです:2000/12/16(土) 23:30
age

820 :奥さん、名無しです:2000/12/17(日) 14:07
age

821 :奥さん、名無しです:2000/12/17(日) 14:08
続ききぼーん!!! 激しくきぼーーーーーn!!!!!! >>816

822 :奥さん、名無しです:2000/12/17(日) 18:51
きぼうしないっ!!>816犯罪者だぞ!

823 :奥さん、名無しです:2000/12/17(日) 19:53
うわマジ!? 犯罪者発見!>>816
あるいは妄想ヲタか?

824 :奥さん、名無しです:2000/12/17(日) 20:51
>822
でも気になってしまいます・・・。
ねえ、>821

825 :32歳の夏 2:2000/12/18(月) 05:57
一旦トラックに戻り、会社が毎朝持たせてくれる水筒を持ってきて、倉庫の中で女の子と冷えたお茶を飲んだ。
「助かったよ、力持ちだね」などと言うと、彼女はうれしそうにしていた。仕事をしたという充実感もあったのだろう。
それから、2階の床に座りながら話をした。
女の子は今年の春、この地域に母親と引っ越してきたらしいが、この辺りは工業地域なので民家が少なく、
学校の友達の家が遠く、一人で遊ぶことが多いということだった。
彼女の汗でぬれたノースリーブのワンピースの下に、露出して日に焼けた腕の色とは違う、
白いのお腹の肌が透けて見えていて、それが息をするたびに上下しているのに気づき、変な気分になった。
「かくれんぼって、したことある」と聞くと、「ある」というので、「してみようか」と言うと、
先ほどからの話でずいぶん気を許したのか、「いいですよ」と彼女は言った。
「こっちが鬼になるから、かくれなよ」と言い、目をつぶって「もういいかい」と強引に始めてしまうと、
彼女は隠れはじめた。こっそりと目を開けて移動し、布団の積んである角から見ると、
女の子は高く積んである布団袋と布団袋の間にある狭い空間へ、その小さな身体を割り込ませ、
奥のほうまで入っていってしまった。そして「もういいかい」というと、「もういいよ」と言った。
しばらくは「どこにいるのかな」などといいながら、全く見当違いの場所を探すふりをした。
そして、女の子が入っていった狭い空間の前に立ち、「あれ、ここに隙間があるな」といいながら、
その、隙間の中に入っていった。「ここじゃないだろうな」などといいながら奥へ進んで行くと、
奥は真っ暗で、女の子がその中で息をひそめているのがわかった。


826 :奥さん、名無しです:2000/12/18(月) 14:36
将来お前の恋人・妻・姉妹・娘がレイプされてみろ。あくまでも大人どうしの合意の「思い出」
ならともかく、犯罪的なねじ伏せは人として許されない。
子供へのレイプやさらに例えば殺人までおかして「忘れられない思い出」だった、と言ったとしても
社会からは許されない。
自分を恥じろ!外道め!!

827 :奥さん、名無しです:2000/12/18(月) 14:39
>825
警察に通報しました。

828 :奥さん、名無しです:2000/12/18(月) 15:05
age

829 :(+_+):2000/12/18(月) 15:19
>825
ただいま逮捕されています。

830 :場違いでごめんなさい。:2000/12/18(月) 16:13
私自身の話ではありません。
そして、ここでするべき話ではないかもしれません。
けれど書かせていただきます。
>>405さんと>>825さんの話を見ていて、もう感情が抑えられなくなりましたので。

私には1年前、好きになった女の子がいました。
正直に吐露いたしますと、私はレズビアンです。
いけないと分かってはいながらも、彼女のことがどうしようもなく好きでした。
その子(仮にKとします)は他県に住んでいるので、主にチャットで話していました。
Kも私のような人間には非常に理解があり、ごく普通に接してくれました。

そんなある日、私は彼女の過去を聞かされました。
Kは、小学校低学年の時に上級生にレイプされたことがあるというのです。
Kは多くを語りませんでした。私も敢えて聞きたくはありませんでした。
ただ彼女は「そいつの顔すら覚えていないのに、あの性欲だけに満ちた
冷たい眼だけはずっと残っている」とだけ…言いました。
名前も、顔も、声も覚えていないのだそうです。それが当然かもしれませんが。

以来、私は名前も顔も声も、何一つ知らない人間に殺意を抱くようになりました。
Kの彼氏と、レイプ犯を探し出して殺そうとも言っていたのですが、
Kに止められて以来はもう考えないようにしています。
止めたのは、彼女自身、思い出したくないからでしょう。
しかし、私はレイプ犯を許したわけではありません。
現に、こうしてレイプに関連するレスを読んだだけで殺意が甦ります。

Kは今、暗所恐怖症です。
彼女の心と体に深い傷を負わせておきながら「俺、小学校で童貞捨てたんだぜ」と
笑いながら自慢している人間が、今日も何処かで生きているかと思うと
怨嗟と憤激、そしてKに対するやり切れない気持ちでいっぱいになります。

…気分を害することを書いてしまい、誠に申し訳ありません。
皆さんの「忘れられないSEX」の話は、非常に良かったです。

831 :奥さん、名無しです:2000/12/18(月) 17:43
後輩の女の子に悪態をついたら、次の日に「先輩にレイプされた」って
噂流されて困った。触ってもいねーよ。何のメリットがあるんだ?

忘れられないSEXなー。年上の女性と付き合ってたとき、彼女がサドだったんで
こっちが下になってるときに腹に小さいけどナイフ突き立てられたときは
ビックリしたよ。痛かったけど、そのせいか忘れられない。

832 :奥さん、名無しです:2000/12/18(月) 17:57
>>830
気持ちはよくわかるよ。でも2ちゃんのその手の話はたいていネタだから、安心して。
ネタでも許せない、って俺も思うときあるけど。

憤ると愛を忘れちゃうから、心穏やかに生きたほうがいいよ。
過去は消せないし、それを裁こうとするのも良い方法だけど、
どうしてもそれが不可能な場合もある。そういうときは、
過去の不幸は忘れて、現在の幸せに集中するのが一番。
その彼女と今どんな関係なのかわからないけど、彼女の幸せのために尽くせば
古い傷は少しずつ癒えていくから。

などとマジレス。彼女と忘れられないSEXを重ねられるよう、祈ってます。

833 :奥さん、名無しです:2000/12/18(月) 22:43
7歳上の母方の従兄はとても優しい人で小さいときからよく
面倒を見てもらっていた。私は幼いながらその人がとても好きで
お盆と正月をいつも楽しみにしていた。母にたびたび
Tおにいちゃん(従兄)といつ会えるん?もうちょっとで
会える?と口癖のように聞いて、ずいぶん困らせていたみたい。
今もその頃のことを思い出しては私をからかう。

家から歩いて5分のところにきれいな河原があり、小魚を捕ったり
水遊びをしたり(水かさが多いときは泳いだ)石を投げたりと
1日中そこで遊んだ。服を着たまま泳いでびしょぬれで帰って
叱られても、Tお兄ちゃんと一緒だったからちっとも懲りずに
また同じことを繰り返した。
ホントに彼のことが好きだった。

私が中学に上がった年、T兄さん(この頃にはこう呼んでいた)に
彼女ができた。同じ大学の人でバイト先が一緒だったそうだ。
叔母さんたちにも紹介してあると聞いてすごくショック
だった。いつかT兄さんの彼女になりたい、なんて思って
いた訳じゃない。私が彼を好きなだけで私たちは仲の良い
いとこ。それ以上もそれ以下も望んでなかった。
なのに、何か大切な物を無くしてしまったような切なさがあった。

お正月、親戚の人たちの集まりにいつものようにT兄さんがいた。
「彼女、出来たんやってね」と話しかけると「何で知っとるん」と
照れながらかえし、2人への質問にも答えてくれた。
食事が終わり、お酒を酌み交わすようになって私はT兄さんを外に
連れだした。風が火照った体を冷やしてくれ、気持ちよかった。
すぐそばの自販機でどちらもコーラを買って、自然と河原に
向かっていた。
人が踏みならした細道以外、枯れかけた雑草が胸の高さまで
生えていた。そこを越えるとこぶし大の石が転がっているところに
出、そのうちの特別大きな石にそれぞれ腰掛けた。
たわいもない話をひとしきり終えると、お互い足下の小さめの石を
水面に投げた。私もT兄さんも子供の時夢中になってやったあの遊び。
T兄さんの石は5階も6階もはぜて行って思わずほめた。
子供の頃に戻れたみたいでうれしかった。
でも次の瞬間、その隣に彼女の姿を想像して寂しくなった。
T兄さんを目で追いながらどうしても涙が押さえきれなくなり
来た道に視線を外した。止まるまでしばらくそうしていたかったが
私の様子を変に思ったのか「どうしたん?」と顔を
のぞき込んできて「寒いんか?」と聞いてくれた。
堪えていたこともありT兄さんのやさしさが妙に涙腺を刺激して
私はしゃくり上げながら泣いてしまった。困らせてしまうから
泣きやもうと必死にがんばったけどダメで。
「つらいことがあるん?」と尋てくれるけど首を横に振るのが
精一杯。どうして泣いているのか分からなくなるほど泣いた。
泣き続ける間中T兄さんはしゃがみ込んでずっと私の
背中をさすっていてくれた。頬も耳の目も熱かったけど
背中はもっと熱かった。こんなに好きな人はもう現れないと
思った。

SEXじゃないけど私の大事な思い出です。
彼が出来、SEXもしますがこの河原での出来事はそれ以上で
今でも体を熱くし、忘れれません。


834 :奥さん、名無しです:2000/12/18(月) 22:55
はぅん…泣けた…

835 :奥さん、名無しです:2000/12/19(火) 02:18
>>833

映画のシーンみたい。

836 :46歳の固定肛門さんですね。:2000/12/19(火) 02:23
http://www17.tok2.com/home/esashi/
>825のような実態を考慮して公式を修正すると以下のようになります。
恋愛の成立要件:
・第一肛門→溜まった時やらせてくれて、政治的なら勃起する程度の「外見」(セフレ止まり)
・第二肛門→芸術的かどうか(恋愛成立)

つまり、第二肛門は実は「性格」ではなく、実は「マザコン」だったのですね。

837 :奥さん、名無しです:2000/12/19(火) 14:34
>833
せつなくてあげ

838 :奥さん、名無しです:2000/12/19(火) 18:20
age

839 :830:2000/12/19(火) 18:20
>832さん
ありがとうございます。そうですか、ネタですか…
ええ、ネタであることを願います、本当に…
Kとは今も友達として付き合っています。
私はそれでいいんです。結ばれる恋でもありませんしね(;^_^A
復讐心を忘れることは出来ないでしょうが、今は彼女の幸せを
最優先に考えて生きてみます。
本当にありがとうございました。

840 :奥さん、名無しです:2000/12/19(火) 19:14
>833
いいなぁ〜。
私も優しい従兄、ほしいよ。



841 :飲む打つ買うさん:2000/12/19(火) 19:20
>>833
感動あげ

842 :奥さん、名無しです:2000/12/19(火) 21:27
テスト

843 :奥さん、名無しです:2000/12/20(水) 01:58
sagaってるよぅ…ageなきゃ!!

844 :奥さん、名無しです:2000/12/20(水) 13:05
あげるぜっ

845 :奥さん、名無しです:2000/12/20(水) 16:16
いいお話ねぇ。

846 :奥さん、名無しです:2000/12/20(水) 19:42
「たまってるの。ヤラせて」
一昨日会社の飲み会の帰り、3期下の男の子に強引にキスされて、
耳もとでこう囁かれた時に落ちてしまいました。奥さんが出産の
ために里帰り中というミもフタもないシチュエーション。馬鹿に
すんのもいいかげんにしろ!というこの誘い文句なのに、なぜか
腰はガタガタで、もう一度深くキスをされた時には、恥ずかしい
ほど濡れてしまっていた。スカートの中に手を滑り込ませた彼は、
ニカッと笑って「先輩、だらしないですね」。
はい、だらしないです…。
そのままホテルに直行して、下だけ脱がされ前戯なしの挿入。カ
レはスーツのまま、自分勝手に動いてうめき声をあげて果ててし
まった。本当にたまっていたらしく、私の中で彼の物はビクンビ
クンびっくりするほど長い時間はねていた。

847 :奥さん、名無しです:2000/12/20(水) 19:44
846の続き
一緒にシャワーを浴びながら今度は普通に2回目、と思ったら、
無理矢理にくわえさせられ、後頭部をつかまれての強引フェラ。
上からはシャワーをかけられ、鼻からお湯が入ってきて苦しくて
何度もむせているうちに、口の中に出されてしまった。私はずぶ
濡れのままベッドに寝かされると、右手首と右足首、左手首と左
足首を、ネクタイと浴衣のヒモでしばられ、カエルのような恥ず
かしい姿勢で開かされた。耳から下へ降りてくる丁寧な愛撫。ま
だ20代なのに中年のおじさんのようにネチっこい舌遣い。
「アンタは本当はこうされるのが大好きなんだよ」
「いやらしい女、しばられてよがってるよ」
「これくらいで声あげちゃうなんて、今までどんなヘタレとつき
あってきたの?」
「どこになにを入れて欲しいか、自分でちゃんと言わないとだめ
だよ」。舌と言葉で責められて、私は生まれて初めてセックスで
イッてしまいました。

今までは、愛情の交歓としてのセックスしか知りませんでした。
でも、道具にされてるあの感じ。理性が全部飛んでしまって、自
分の身体が欲だけに支配された時、あんな風に反応してしまうこ
とを知って、ショックでした。

848 :奥さん、名無しです:2000/12/20(水) 19:53
・・・以上の妄想は、欲求不満の独り身女がおおくりしました。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/21(木) 00:39
義務的にage

850 :奥さん、名無しです:2000/12/21(木) 09:19
定期あげ

851 :奥さん、名無しです:2000/12/21(木) 12:02
あげ〜

852 :奥さん、名無しです:2000/12/22(金) 00:18
あげ。
書き込みを途中で放棄しないでくれー 続きが気になるよー

853 :奥さん、名無しです:2000/12/22(金) 00:19
age

854 :奥さん、名無しです:2000/12/22(金) 01:26
age

855 :奥さん、名無しです:2000/12/22(金) 09:07
この名スレも、もう終わりかな・・・。
>>849-854、あきらめろ。むやみに上げるんじゃない。

856 :奥さん、名無しです:2000/12/22(金) 16:59
い〜やまだまだあげ

857 :奥さん、名無しです:2000/12/23(土) 02:06
age

858 :奥さん、名無しです:2000/12/23(土) 18:25
あげ

859 :奥さん、名無しです:2000/12/23(土) 21:31
age

860 :奥さん、名無しです:2000/12/23(土) 23:27
Shimoda K-age-ki

861 :奥さん、名無しです:2000/12/24(日) 10:25
もしかして前スレ消えた??

862 :673です。:2000/12/24(日) 20:48
詳しくは>>673で読んでください。

この彼から連絡がありました。E−mailで。
もともと遠距離恋愛だった私達だったのですが、
出張で私の住んでいるところに、しばらくいるそうです。
しかも、連絡があったのが昨日、クリスマスイブです。

明日、会う事になりました。半年振りです。
私はどのように彼に接していいのか分かりません。
どうすればいいのでしょうか。

863 :ちこ:2000/12/25(月) 00:51
前回たぶん5,600台くらいでカキコしたものです。
そのモト彼が夢に出てきました。
ちょうどあたし現実の世界でもすごく凹んでて元気無くて、夢でもそうで
かれは私を抱きしめてくれました。あたしはどうしたらいいか分からなくてガタガタ震えてました。
それでTくんが大丈夫か?最近元気してるのか?ムリするな。って言ってくれて
あたし泣きました。そして手を彼の背中に回しました。
かれもその時泣いてました。   そのアトHをしました。

そんな夢でした。
弱ってる私にはとても良かったけど切ない。
きっとこれはあたしの願望なんだろうな。どこかでモト彼が私をまだ気にしてくれてるって。
ばかですね。
          

864 :奥さん、名無しです:2000/12/25(月) 00:53
前スレどこぉぉぉぉぉ????

865 :奥さん、名無しです:2000/12/25(月) 01:04
さっきレイプした女とのSEXは忘れられない物になりそうだ…
あ、冗談だから気にしないで(藁

866 :863:2000/12/25(月) 13:46
>864
え〜と、私の前スレ探してきました。
600台なんてウソですいあごめんさい。
178に書きこんでます。あ、part2のね。

867 :奥さん、名無しです:2000/12/25(月) 17:29
もう以前のパワーがない。

868 :奥さん、名無しです:2000/12/25(月) 19:23
まんこ

869 :奥さん、名無しです:2000/12/26(火) 02:23
833さんに触発されて思い出したので。

私には幼なじみがいた。
親同士が親友で、物心ついた頃から子供同士でよく遊んでいた。
小学生の頃隣町に引越したのだが、
それでもよく親に連れて行ってもらっていた。

その幼なじみは二人兄弟で、上は4歳上の男、下は同級の女。
今思えばその4歳上の人が、私の初恋の相手だったように思う。
二人が泊まりにくると両親は「まだ子供だから」と一緒の部屋に布団を並べてくれたが
隣で好きな人が寝ているとドキドキしてしまう・・・
勿論、私のそんな思いを知る人はいなくて、本人に言うつもりも全くなかった。
仲のよいこんな状態が一生続くんだと漠然と考えていた。

870 :869:2000/12/26(火) 02:37
私が中学生のときだった。

真夜中の2時くらいに家の電話が突然鳴った。
父か母か、どちらかがその電話を取った。
半分寝ぼけながら(こんな夜中に電話なんて・・・)と思っていると
母が私の部屋にはいってきてこう告げた。

「Y君、事故で亡くなったって・・・」

翌朝、妙にリアルな夢を見たなぁと思いながら居間にいくと
両親と兄弟が慌しく出掛ける準備をしていた。
夢じゃなかったんだと漠然と考えた。
でも実感が全くわかなかった。

幼なじみの彼は、真っ青な顔をしてよく一緒に布団を敷いて寝た部屋に
一人で横たわっていた。
首から下は見せてもらえなかった。
彼の友達が無免許で運転していた車の助手席に載っていて事故ったこと、
即死で、顔は奇跡的に無傷だが身体は原形をとどめていなかったこと、
おじさんが亡くなった直後に電話をくれたことなどを後日知った。
ただ、そのときはセーラー服を着て彼の枕元に座っていることしか出来なかった。

最後まではいかなかったけど、初めてキスして身体を触られた相手を
こんな形で失うなんて、ドラマのようだといまでも他人事のように感じる。
17歳で亡くなった彼の年齢を追い越したときは複雑な気持ちだった。
この年になった今でも鮮明に覚えている彼の声や手の大きさ。
もし最後までセクスしていたら、また違った感情があったんだろうなぁ

ここまでかいて気が付いたけど・・これってスレ違い・・・
長々とごめんなさい>皆様

871 :奥さん、名無しです:2000/12/26(火) 02:41
>869
俺はあなたを尊敬するよ。。。

872 :奥さん、名無しです:2000/12/26(火) 21:35
さがってるので



873 :奥さん、名無しです:2000/12/26(火) 23:26
痛いし怖いから一杯抵抗したのに、無理にお尻で
セックスされてしまいました。挿入後、普通のセックスと
同じように彼は動くし、私は逃げようとするのだけど、
腰を掴まれて動けず、そのまま最後まで。
泣きました。まじで。




874 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 00:06
>873
いたいんだよね〜。マジで。
普通が一番。

875 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 00:18
>>874
やぁ、ちゃんと知識がある人なら気持ち良いですよ。ただの
興味本位でやる人はダメダメだけど。
そういう人って、恋人をモノかなんかと思ってるのかしらん。

876 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 00:20
忘れられないせくすの経験はあるけど、
ヤバすぎてここでは言えないのが残念。

877 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 00:22
言ってよし>876

878 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 00:24
>>876
逝ってよーし!

879 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 00:29
逝ってしまえ!!>876

880 :お前名無しだろ:2000/12/27(水) 00:33
私の忘れられないSEXは、中学校の先生とやったこと。その日は
部活の合宿に行っていたんだけど、その日練習ですごく怒られて、
夜先生の部屋でいろいろ話してたんだあ。そして私が結構エッチな事な
ど興味あって聞いていると、最初は言わなかったんだけど、いろいろ
先生は話し出して・・。そんときフェラの話しになった時、私は彼氏
いたんだけどやった事なかったから教えてっていったら、やってみる
かって。
いろいろ教えてもらってるうちに、結局最後までいっちゃった。
今考えたら、すごいやばいんだけど。とても思い出に残っている。
卒業してから2回くらいあってそれいらいだけどね。

881 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 00:37
>>874
いきなりだと痛いかも。
けっこう長い時間かけて開発すると吉。

882 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 04:08
>880さん
俺は高校の時に先生としたな〜。
化学の先生だったんだけど、白衣が似合う地味目の先生。
1年の時の副担で放課後とかにわかんない所を聞いたり、
数学も得意らしくって教えてもらったり・・・。
彼女の家に夏休み遊びに来てもいいって話になって、
ちょっとした補習みたいに教えてもらったりしてたんだけど、
合間に友達の話とか、彼女の話とか、先生の彼氏の話とかになって
自然とHの話とかになって・・・。
中学からヤリヤリで来てた俺と、割と消極的なHしかした事ないって言う彼女。
もしかして?って思って、どんなHかしてみようって切り出したら
割とすんなり出来ました〜。
俺で2人目と、生徒に突かれてるって状況からか
反応が恥ずかしそうで萌えたな〜ってのが今でも印象に残ってる。
それから高校卒業後の2年くらいまでいいセフレでした〜。
その頃付き合ってた彼氏と結婚したのと、ちょっと遠距離だったので関係終わり。
あと、印象に残ってる言葉が「彼がフェラがうまくなったって」っての。
教え込んだもん!(笑)
そんな俺も今じゃ〜2ちゃんの住人・・・。
いかん、鬱だ。

883 :麻緒:2000/12/27(水) 16:49
私は、中学生のとき、部活の後片付けで遅くなって、
遅くまで片付けていました。体育倉庫に道具を片付けたら
終わり!と思っていたそのとき、後ろから先生が私の
ま○こをなでてきて、下に置いてあったマット(?)に
寝かされました。パンツを脱がされ横に置いてあった
棒のようなもので、私のクリをグリグリかき回すんです。
アソコはもうびしょびしょで、すごく濡れていました。
「やめて、先生・・・!」といったのですが、やめて
もらえませんでした。そのあとも、倉庫のとを閉めて、
私のアソコをなめてきました。そのあと、私の髪の毛を
ぐいっともち、私の口にち○ぽを入れてきたんです。
口内噴射はしませんでしたが、すごく変な感じでした。
終わった後、明日もこいよ。といって先生はどっかに
いってしまいました。その次の日、私は怖くなって
部活が終わったあと、急いで走りました。すると、
先生が職員室から出てきて、無理やり私の腕をつかみ、
宿直室に連れて行かされました。そのあとも、
チ○ポをアソコにいれてきたり、クリをいじられたり
フェラさせられたりしました。



884 :奥さん、名無しです:2000/12/27(水) 20:16
>883
ネタだとすぐわかってしまう。
もう少し勉強すべし。

885 :奥さん、名無しです:2000/12/28(木) 10:04
あげ

886 :奥さん、名無しです:2000/12/28(木) 10:55
http://www5.justnet.ne.jp/~mayumayu/top.htm

887 :奥さん、名無しです:2000/12/28(木) 11:47
     ●●●●
   _■■■_●
 /        \●
|             |●
|     中      |  ●
|  ー   ー  |   ●    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|             |  ▼*▲< まりしゃんのアソコはよかったアルヨ
|             |        \____________
|  /ー─\  |
|  §  ―  § |
|             |
 \        /
   \___/

888 :奥さん、名無しです:2000/12/29(金) 10:22
age

889 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

890 :某保存業者:2000/12/30(土) 01:40
このスレもまもなく1000になろーとしてます。
前のスレと同様ここも過去ログ集に付けくわせさせていただきますにょ。

891 :禁断の名無しさん:2000/12/30(土) 13:39
>889
あぼーんって、削除されたんだよね。そんね変なこと書いて
あった??

892 :奥さん、名無しです:2000/12/30(土) 13:57
>>891
電番だそうです。

893 :ねこぱん:2000/12/30(土) 14:03
最後に泣ける話が聞きたい。

894 :奥さん、名無しです:2000/12/30(土) 16:13
>>409は本当に泣いてしまいました。
彼氏が前の彼女と死に別れているだけに
なんだか身近な気がしました。



895 :奥さん、名無しです:2000/12/30(土) 16:20
>>887
ラーメンマンを思い出してしまった

896 :奥さん、名無しです:2000/12/30(土) 16:23
>>895
何だその書き込み???


897 :名無しです:2000/12/30(土) 16:27
>>409はネタ職人さんの作品です

898 :奥さん、名無しです:2000/12/30(土) 16:36
>>896
昔やってたキンニクマンってプロレスの漫画(アニメ)知らない?
それにラーメンマンってのが出てたんだけど...

899 :奥さん、名無しです:2000/12/30(土) 16:43
>>409
のネタをageるみたいで悪いケド・・・

900 :奥さん、名無しです:2001/01/03(水) 02:47
あげておこう


901 :奥さん、名無しです:2001/01/03(水) 03:01
そろそろ、新スレの時期ですね。

902 :名無しです:2001/01/03(水) 21:22
>そろそろ、新スレの時期ですね。
もう終わってるよこのスレ・・・。


903 :奥さん、名無しです:2001/01/03(水) 21:54
http://odin.prohosting.com/fukusyu/tosa/takahashi.htm

904 :奥さん、名無しです:2001/01/08(月) 18:17
もうこのスレ、終わってるのかなぁ?
再燃することを祈りつつ、俺の忘れられないsexを書いてみます。
数百キロも離れていて、なかなか会えない彼女とのコトです。

彼女には子供がいて、少し前までは旦那もいました。
旦那の浮気が発端で夫婦不和になり、離婚してしまったんです。
離婚に至るまで彼女が苦しんでる間、俺はずっと相談に乗っていたのだけど、
彼女の気持ちが離婚で固まりつつあったある日、
「離婚することになったら、あなたのところへ行きたい」と告げられました。
当時俺は彼女を恋愛対象として強く意識はしていなかったからすごく驚いたけど、
彼女に惹かれていたことに気づかされました。

その後、1ヶ月以上経ってから、離婚した彼女と初めて会うことになりました。
子供は彼女の実家にあずかってもらって、二人でちょっとした旅行です。
告白を受けてからの1ヶ月でお互いの会いたい気持ちが強くなっていたので、
空港で初めて会ったときの喜びはすごかった。

905 :904:2001/01/08(月) 18:18
そして旅行先へのバスの中で、キスを交わしました。
最初は肩を抱いていただけだったけど、これで歯止めが利かなくなったように
何度も何度もお互いにキスしあいました。
今思えば、バスの他の乗客にはかなり迷惑だったでしょうね(笑)

旅行先に着いてからはあちこちを観光して回ったのだけど、
その間ずーっと肩を抱いていて、ちょっと人目を盗んではキスを交わして、
初めて一緒に過ごす時間を満喫しました。
夜になって少しお酒を入れて、波止場では人目も憚らずに抱き合ってキスをして、
人通りの少ない場所のベンチでイチャイチャ。
胸を触ったり耳を舐めたりして愛撫していると、
彼女も恥ずかしがりながら耳を舐めてきたりしてきました。
そこで十分に高めあってからホテルに移動。。。

906 :904:2001/01/08(月) 18:19
ホテルではまずソファに座ってビールで乾杯して、
彼女の首や顔にキスをして、服の上から小振りな胸を愛撫。
彼女もしだいに興奮して、切ない喘ぎ声をあげながら首にしがみついてきました。
やがて彼女が小悪魔的な顔で誘ってきました。

「ベッド行こ?」
「シャワー浴びなくていいの?汗かいてるよ?」
「……いい。」

好きになってから会えないでいる間の切なさとか、
お互いのいろんな気持ちが一気に出たように、
ベッドでは激しく求めあいました。
彼女は俺が耳、首、乳首、背中、脇腹、太股、アソコ、どこを触っても
可愛い声をあげて感じて、俺の全身を手と口で優しく愛撫してくれました。

一番嬉しかったのが、彼女のフェラに我慢できなくなった俺が
「口に出していい?」
と聞くと、嬉しそうにうなずいて、全部飲み干してくれたことです。
飲んでもらったのは初めてだったので、本当に嬉しかった。

そして、初めて彼女の中に入った瞬間は、
それまでに経験したどのsexより幸せで忘れられません。
一つになった喜びをかみしめながら腰を動かし始めると、
彼女も合わせて腰を使って、すぐに逝ってしまいました。
さらに正常位や座位、騎乗位で彼女を何度となく逝かせた後、
最後は正常位で一緒に逝きました。

907 :904:2001/01/08(月) 18:21
翌日からまた遠距離恋愛に戻ったけど、
今でもこの時のことを思い出しては幸せに浸っています。
そして今も、今年か来年に彼女と結婚できるように頑張っています。
長々と自己満足の文章で、失礼しました。

908 :奥さん、名無しです:2001/01/08(月) 23:41
age

909 :奥さん、名無しです:2001/01/09(火) 02:34
ageておきたい。

910 :奥さん、名無しです:2001/01/09(火) 04:56
age


911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/09(火) 08:56
かなり下火になったけど
age

912 :奥さん、名無しです:2001/01/09(火) 12:15
誰か、PART3を作ろう!

913 :奥さん、名無しです:2001/01/09(火) 12:47
忘れられないSEXをいっぱいしたいな〜と思う、まだ○○のおれ。

914 :奥さん、名無しです:2001/01/09(火) 12:55
>>912
つか既に出来てるんですけど。
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kageki&key=978501122&ls=50


915 :奥さん、名無しです:2001/01/09(火) 17:04
頑張れ904!
成就したらPART3に書いておくれー!!
もうこの板が飛ぶ・・・。

916 :904:2001/01/09(火) 19:19
>>915
ありがとう!

俺の話、PART3に再投稿してもいいのかなぁ?

917 :奥さん、名無しです:2001/01/09(火) 20:22
>>916
もうやめようね 飽きたから

918 :奥さん、名無しです:2001/01/09(火) 20:24
>916
いいんじゃないの?

919 :名無しさんi586:2001/01/09(火) 23:18
もう終わったな・・・このスレッド。。。

920 :奥さん、名無しです:2001/01/11(木) 18:18
age

333 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)