5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■森田療法のパクリ、斎藤療法について■■■

1 :優しい名無しさん:2001/07/22(日) 20:17
森田療法をベースにしておきながら、それを認めず、
森田療法との違いを主張したいがために、森田療法を
わざと間違えて解説し、信者と献金集めに没頭している
斎藤正弘氏主催の「斎藤式無為療法」についてどう思いますか?
http://www2.gol.com/users/masahi/mypage.htm
↑斎藤氏のホームページです。

2 :優しい名無しさん:2001/07/22(日) 20:18
どっちもダメだと思う。

3 :優しい名無しさん:2001/07/22(日) 20:30
ネットでは、ありがちな事だよ。
なになに療法とか聞き飽きた、、、、

4 :優しい名無しさん:2001/07/22(日) 20:36
>1
あんたさ、あのHPで論破してみなよ。今までことごとく
砕け散って行ったよ。あんたみたいな人。
っていうか論破が見てみたいんだよ。

5 :優しい名無しさん:2001/07/22(日) 20:41
お互いの善い部分を取りいれないで、なんで神経症治療は
理論合戦みたいになるんだ。
そのあたりに神経症本来の問題とか見えるような。

6 :>4:2001/07/22(日) 21:02
密かに同意

7 :優しい名無しさん:2001/07/22(日) 22:12
>>1は某森田療法ページの作成者かと・・・

8 :優しい名無しさん:2001/07/22(日) 22:27
まあ論破できるから正しいわけでもないけど。俺はどちらもダメだと思うよ。
何かをすれば治るということ自体が幻想だと思う。そういう意味では斎藤氏の
方がマシだと思うが。しかし彼の名前を冠するのは調子に乗りすぎ。
同じ事を言っている人間は海外に昔からいたし、本も出ていて、治療も行われ
ている。「不安でたまらない人たちへ」という本は、ほとんど同じ。
鬱や神経症の場合、強固なループができてしまっているので、非常にやっかい。
引きこもってしまえば、尚更治癒の機会が失われるので最悪。正直、自分も
このループに10年以上つかまっている。普通の状態に比べればやっぱり
狂っていると思う。

9 :>8:2001/07/23(月) 00:31
不安でたまらない人たちへ、という本の論旨はどういったものなのでしょうか?

10 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 13:33
>>5
いいこと言った

11 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 18:08
>>1
HP見たけど胡散臭かった

12 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 20:40
齋藤氏ですか・・・。
しばらく前(3年ほど前)・・・ものすごく症状ひどい頃・・・半死半生のころ・・・
齋藤氏とEメール交換したことありましたが。その当時は別に怪しい説を振り回す
でもなかったんですがね、、私は彼とぴったり来なくて関係は自然消滅でしたが。

決めつけがすごいんですよ。で、いかにも新しい考え方、、のように言っていますが
一歩引いてみると、本当に神経症的硬直した考え方から抜け出ていないんですね、彼。
まあいろいろなアプローチがあるのだろうけど。

最近、また彼のHP知ったんですが、、、ちょっと、、、困ったチャン・・・。

なんで、語りたがるんだろう?

13 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 20:52
確かに森田に対しては、斎藤さん自身神経症的に何度も何度も批判して、見てる方が
大丈夫か、って気はするけど、あの人の言っている以外の方法で、神経症治った!って
いう人いるのかな?
取りあえず、劇的な薬がない今、彼の理論が一番の近道と考えてしまう。
という私は、既に斎藤療法にどっぷりなのか・・・。
アレ以外、神経症者はどうすりゃいいんだ、って思うんだけど。

14 :12:2001/07/23(月) 20:55
私治りました。

私の場合、(言い表すのが適切かどうか判らないのですが)自分で自分を
規定していた面に気がつき、なんといいますか、適当な自分を好きになる
ことですっかり治りました。カウンセリングのお陰もあります。

少なくとも、治りますよ。斎藤療法いがいでもきちんと!
あの人が言うこと全部が間違いじゃないでしょうけど、余りにやっている
ことがすでに胡散臭すぎます。

15 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 21:03
あの療法で治るレベルの神経症なら、限りなく正常か
自然治癒するんでは。

16 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 21:11
>>15 それもそう思いますね。

 実際、「この人はもうダメだと思った」と医者に言われ、
(でも治るんですよ。希望をもって)何とか治癒した身から見てますと
(12にも書きましたが)神経症的硬直思考、決めつけ 、と言いますか
経験者の私には判るんですが、あの特有のものがあるんですよ。

心を語るときにはもっと(わたしもこんなことを書いていますが)謙虚に
なった方がいいのではないかと思いますね。信じて、信じて、本当にドロヌマ
に落ちたら・・・恐ろしいことです。

17 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 22:33
斎藤療法で「軽快」しました。神経症に完全治癒は無いと思います。私の場合
も他の多くの人と同じく、鬱がほとんど無くなっただけです。斎藤さんも「治癒」
とは言っていません。回復という表現だと思います(ニュアンス的にも)。
症状は無くなっていません。でも鬱が無ければいいのです。

因みに私は斎藤さんの信者ではありません。斎藤さんの人格に問題があるのは
間違いがないと思います。神経症的硬直思考、決めつけ、その通りです。
私は斎藤さんが嫌いです。でも、療法は良いと思いますよ。
何もしない、というのは良くはなっても悪化することはまずないからです。

18 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 22:33
でもHP見たらPZCとかの個人輸入してますよね
それ自体怪しい

19 :優しい名無しさん:2001/07/23(月) 23:14
>>17 そうですか・・・。

 特に否定したい訳でもないのですが、あの人のアプローチでは所詮は回復??
レベルなのでしょうか・・、、そこまでしか見えないが為にそこまでしか行けない、、という。

 ひどい神経症から治癒した今(名詞は何でもよろしい)、明らかにいろいろと
不自然に見えるのですよ。なんで、もっと自由にものを考えられる境地に気がつかないのかな、、と。
私、病を得、治癒して本当に変わりましたよ。思考法が非常に柔らかくなりました。
生きるのが楽しめるというのかな・・・。その、今の自分の柔らかなものと、何か相容れない
カタいもの、結局は神経症の中でもがいているだけのものを感じてしまうのですよ。

何かの道標として参考にするのは良いかと思われますが、信じ切ったり頼ったり
すると、ほら神経症は非常にキツイものですから落とし穴にも陥りやすい。。
そこだけ心に留めて置いた方が良いかと。

参考までに:私の場合ですが、クスリはずっと手が切れています。症状も全くありません。
今までずっと感じていた「生きにくさ」のようなものがなくなりました。
人並みにイヤな出来事もありますが、生きてる実感、幸せ、は今は良く感じられます。

(でもPZCの輸入は良くないですね。本当なら薬事法に引っかかるはずですが・・・メジャだし、
素人処方は非常に危険ですね。)

20 :8:2001/07/24(火) 00:26
>>9
「不安でたまらない人たちへ」ですが、内容をお教えします。
これはカリフォルニア大学のジェフリー・M・シュウオーツ教授が書いた本で、日本語版は草思社から出ています。
1998年初版ですから、英語版の発行や療法の確立はそれより前になります。
対象としては重に強迫性障害(潔癖症など)をしていますが、いろいろ適用できるそうです。
内容ですが、4段階による治療を掲げています。まず第一段階として、自分が強迫性障害に悩まされていると認識
することです。強迫的行動が病気であるとしっかり確認する作業です。第二段階は、それが脳の生物化学的アンバランス
が原因だと知ることです。それが脳の障害であると認識し原因を確認する作業です。第三段階は、強迫行為を拒否し、
他の有益な行動に焦点を移すことです。健全な行動にシフトすることで、強迫行為から目をそらし、強迫行為のループを
外していく作業です。そして第四段階は強迫行為は無意味だと自分に言い聞かせ、価値を見なおし健全な行動を定着させる
作業です。
脳の問題としている点と、行動していくことで(この場合は森田のような恐怖への突入ではなく、自分の楽しいと思うこと
をするということで、健全といっても、社会的に立派なことや、ボランティアとかそういう辛気臭いことではない)、
強迫行為が、いかにバカバカしいかを確認し、脳内の化学的反応を正常化させるということが、斎藤氏の言っていることと
まったく同じです。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)