5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ドラマの限界

1 :名無しさん:2001/05/26(土) 02:42
最近ドラマを見ていてつくづく思うのは、あくまでも「ドラマツルギー」に拘(こだわ)るには、日本では限界に達しているのではないか?という事だ。
つまり、芸能事務所や音楽出版社の思惑、そして視聴者が求めるドラマという意味で、「有名芸能人が出ていないとドラマ作品として成り立たない」という事があるかと思う。
大衆芸術の一つであるドラマだが、最近とみにその傾向が強く、ストーリー性よりも話題性のみに終始しているのかと疑いたくなる作品が多い。
ドラマという表現は、こと日本では限界点に達しているのだろうか?

個人的にだが、乱暴にひと括りにすると、「今のドラマは殆どつまらない」という結論が見えてきてしまうのだ。

2 :限界:2001/05/26(土) 02:42
===終了===

3 :名無しさん:2001/05/26(土) 02:45
あげんかい、このスレ!(BY 関西人)

あ限界、このスレ!(BY 関西人)

4 ::2001/05/26(土) 02:45
真面目に自明のことを、ごくろうさんでした。

5 :名無しさん:2001/05/26(土) 02:47
>>4
自明であるからこそ、ドラマ業界に携わっている連中の事が心配でならないのだがね。
一体彼ら、彼女らはこういう制作をしていてフラストレーションがたまらないのだろうかね?
また、視聴者も本当にこういう(具体名は出さんが)ドラマが見たいのか?

6 :名無しさん:2001/05/26(土) 02:59
ドラマは何やら高尚な物、という向きもいるかもしれない。
特に、ドラマに出れば一流芸能人の仲間入りといった面構えの、腐った連中も多い。
しかしそれは単なる傲慢だ。
底の浅い陳腐なストーリー性、カメラワークの悪さ、ディレクターのカット割りのへたくそさ、小学生の遊戯会のような演技力、殺人的な撮影スケジュール…。そして加えて、「ドラマ」というジャンルの枠を壊す人間が減った事。良い作品が生まれるのが不思議なぐらいだ。

もっとも視聴者として求めているのが「○○くん、かっこいい!」であったり「○○ちゃん、かわいい!」であったりする事も厳然とした事実で存在するし、視聴率という不思議な数字や提供スポンサーという直接的な制作費を発生させる存在がドラマというジャンルを穿った方向へと推し進めているように見える。
ただし、これらについては当然「落としどころ」が必要になってくるだろう。誰だって高尚なばかりの芸術作品には辟易するだろうから。

7 :名無しさん :2001/05/26(土) 03:02
>>1
あなたが認めてきたドラマを何本か挙げてみて

8 :うんこ:2001/05/26(土) 03:03
マジ終了

9 :名無しさん:2001/05/26(土) 03:08
>>7
具体名を出したほうが良いか?
ここ半年(に限らないが)のドラマ板の傾向として、具体名を出すと、その作品のバッシング派、擁護派がレスをして終始する傾向があるように見受けられる。恐らく2ちゃん自体の使い方が変わってきた事もあるし、若い子たちが余所から流入してきている事もあるからだね。

なるべく、そういう具体的な作品名についてのスレッドにはしたくないのだが、
必要とあらば出すよ。希望ならレスしてくれ。

10 :名無しさん :2001/05/26(土) 03:10
>>9
どうしても漠然とするのでできれば挙げてほしい

11 :名無しさん:2001/05/26(土) 03:23
>>10
わかった。
俺は比較的ストーリーの流れと、映像の美しさを重視する傾向があるから、まずそれを承知してくれ。
今おもいついたのを、ざっと書く。
「時間ですよ」…久世プロデューサー作品。銭湯という設定、ミュージカル仕立てになる部分など、実験要素も多かった。
「寺内貫太郎一家」…同プロデューサー作品。向田邦子女史の世界観を見事に表現していると思った。
「ぽっかぽか」…あまりにも平和すぎる作品だが、人間ドラマが緻密に描かれていた。
「ケイゾク」…堤氏のスタイリッシュな映像は確かにドラマの新しい方向性を見いだしていた。サイコメトラーやIWGPで、より熟成されたと思う。
「天国に一番近い男(1)」…バラエティの越智真人が脚本を描いた事によって「ドラマ」という枠を大幅に広げた。
「ちゅらさん」…これも15分という枠と、人間ドラマを非常にうまく捉えた作品だと思う。
「金八先生」…シリーズによってバラつきはあるものの、生徒の微妙な年齢の描き方がとても上手い。

ああ、幾つも挙げたら行が足りなくなるよ。すまんが他は割愛させてくれ。時代と共に生きた良い作品はこの限りではない。Gメンや太陽に吠えろ…。いくらでも挙がるよ。

12 :名無しさん:2001/05/26(土) 03:28
むしろ「これはドラマじゃなくて腐れ芸能人のプロモーション番組じゃねえのか?」という作品が近年目立つ。
日テレ系列の某お笑い芸能事務所の集団が出る番組などは反吐が出るね。
ドラマよりも日本テレビと芸能事務所のビジネス関係のほうが明確に浮き彫りになっていて、脚本家の意図が全く見えない。
特にフジテレビの(近年の)作品、日本テレビの近年の作品は、そればかり目について一向にストーリーや映像美に酔いしれる事が出来ないのは俺だけか?

13 :名無し:2001/05/26(土) 03:33
熱中時代とか昔の日テレはいい作品作っていたのにね
いつから視聴率のためなら何でもありになちゃったんだろう

14 :名無しさん :2001/05/26(土) 03:47
>>11
「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ぽっかぽか」は確かに
家族を丁寧に描いている佳作だと思う。
私的には「俺たちの旅」が好きで、フィルム作品への
思い入れもある。

ドラマが語られる時代背景というのは大きな要素だと思う。
それを見る視聴者気質も。
今、作り事から刺激を発するのは難しい。
フィクションに刺激がなくなれば過度になるかノンフィクション
に走るかしかない。
NHKのドキュメント系の方がよっぽどドラマ的でおもしろい。
1クールで目先を変える刺激策しかドラマには残されていないのかも
しれない。せめて4クールはかけてじっくり作ってほしいところだが。

15 :名無し:2001/05/26(土) 03:50
>>13
確かに「熱中時代」も素晴らしい作品だったな。
時代の流れで「あの頃は良かったなあ」というオヤジ的思考にはなりたくないが、ドラマもずいぶんとスタイルが変わった事は否めない事実だと思う。
近年のドラマを見ると、大きく分けて3つの制作スタイルがあるように見える。

一つは、作品の質に拘る、昔ながらのスタイル。これは古いプロデューサーだけでなく、最近台頭してきた30代ぐらいのプロデューサー、ディレクターの作品にも現れている。しかし、いかんせん数が少ない。演劇で言うなら「新劇」といった部類になるんだろうか。

一つは、芸能事務所との癒着でビジネスとしての傾向が目立つスタイル。特に民放は商業ベースに乗せていかなければならない訳で、俺はあまり好まないが、こういうスタイルのドラマが存在する事は否定できない。

最後の一つは、映像美/表現美に拘るスタイル。ミュージッククリップ出身の監督などにこういうスタイルが多い気がする。その時のインパクトは強いが、DVDやビデオ化になって、連綿と語られる作品としては少々辛いかもしれない。しかしこういう作品も俺は好きだ。

俺が一番「ドラマ」を見ていて辛いのは、2つめのタイアップものが主流を占めている事であり、それに迎合する人たちは、その芸能人が出ていれば別にドラマというジャンルでなくても構わないのだろう、という事だ。
俺が仕事でよく言うのは「○○さんのファンの人だから」という言葉だ。○○さんのファンの人は、そのドラマがどんなに良い作品であろうと、逆にどんなに悪い作品であろうと固定ファンとして定着する。視聴率には貢献してくれるかもしれないが、そのドラマの脚本が別の人でも、○○さんが出ていれば見る、という追っかけ的なノリがあり、あくまでもそのドラマ作品のファンでない事が辛い。

彼女ら(彼ら)は、それ以上でも、それ以下でもないのだ。
やがて時が経って「あの作品は良かったね」と言ってくれる事はあるのだろうか。

16 :名無し:2001/05/26(土) 03:50
好みの系統がわかる作品群ですね。>>1
ど素人の考えなんですが、両方のバランスがとれて初めて成立するものだと
私は思います。さらに古き良き作品は、記憶の中で美化される傾向もあるのを
最近強く感じました。時代背景も強く影響するのでしょうね。

17 :名無し:2001/05/26(土) 03:53
        ___
       γ'',, '''…、
      〆.'  ' ̄'' ヽヽ
     . i;;i'       'i;i
     .i;;;i'        .i;
     .i;:/ ..二_ヽ '_二`,::
     l''l~.{..-‐ }- {.¬....}l'l
     ヽ| .`ー '.  `ー ´|/
      |   ノ、l |,ヽ .ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ヽ~(、___, )ノ  <  終了
       /|.ヽ..__ ___/|    \_______
     /l \  //l\
       ヽ \/ /
        \/▽ヽ

18 :名無しさん:2001/05/26(土) 03:56
>>14
まさに「激しく同意」だ。
NHKドキュメントは俺も最近頻繁に見るようになったんだが、今のドラマを見るよりよっぽど面白い。
しかしドキュメントは真実を伝えなければいけないという足枷(というか、それが本質なのだけれど)のため、
例えば、良い娯楽小説や良い娯楽映画を楽しむ感覚で見る事は出来ない。その役割を担っているのはバラエティであり、ドラマであるはずだから。
ああ、続けて何か書きたかったんだけど忘れた、ごめん。
「俺たちの旅」も俺好きだよ。

19 :名無しさん:2001/05/26(土) 04:01
>>16
いや、俺もド素人だから安心してください。
記憶で美化、というのは本当にあると思う。特にその頃の自分がどういう生活をしていたか、という環境にも関わってくるしね。たいがい美化されている気もする。

時代背景で言えば、今は本当に消費感覚や目的自体が麻痺している時代で、例えば「スクールウォーズ」みたいのが今の時代背景に合うかと言えば、全く合わないかもしれない。熱い時代ではなく、もっとシニカルな時代だと受けとめている。
だからといって、あからさまにタレント売りだしにドラマを使われるのは辛いんだよ。
前述の「寺内貫太郎一家」だったかな、あれにも西城秀樹がポンと出てくるんだが、少なくともビジネスの臭いは今より薄かったような気がするぞ。

20 :名無し:2001/05/26(土) 04:01
いい作品って何度観ても楽しめるような気がする
例え、時代背景が今と違っても十分楽しめる

果たして、近年の作品に5年後でも楽しめるものがあるだろうか?

21 :名無し:2001/05/26(土) 04:02
=====終了=====

22 :名無しさん:2001/05/26(土) 04:06
>>20
ある程度ドラマビジネスというものが習熟してしまった感じがあるんだけど、
これから先、さらにこのジャンルの枠を広げてくれる可能性はあるのかな?
若手プロデューサー、ディレクター、作家陣で、良い人材は確実に育っているとは思うのだが…。

テレビ局という組織やそれをとりまく様々な企業が、果たしてそれらの人材をうまく露出出来るのか、という疑問がいつもつきまとうよ。

23 :>20さん:2001/05/26(土) 04:30
何度観ても楽しめるもの
時代背景が今と違っても楽しめるもの
だけがいいドラマではない、と思います。

24 :私は諦めた頃に:2001/05/26(土) 04:32
「大地の子」のようなドラマに出会えた。
まあ民放じゃ無理な企画だけどさ。
「ちゅらさん」出すのならこれもアリかと思うので一応・・>>11

25 :名無しさん:2001/05/26(土) 04:39
>>24
ごめん「大地の子」は見てなかった。
NHKでは、今は無き銀河テレビ小説、だったか?21時のニュースの後にやってたやつ。
あれも好きだった。

スポンサーという、間接的に視聴料を支払うスタイルの民放と、NHKのように受信料という形で直接的に視聴料を支払うシステムでは、また色々違ってくるのだろうけど、という前置きを踏まえて、
「LxIxVxE」という作品は一回も見た事ないんだけど、とても周囲での評判が高い。

SPEEDは好きでも嫌いでもなかったし、テーマがブラスバンドだったから見なかったんだけど、あれが佳作として評価されているのならば、そういう「折り合い」は素晴らしい事だと思う。

26 :20:2001/05/26(土) 04:44
>>23
楽しめるのニュアンスがうまく伝わっていなかったようなので付けたし
「楽しめる」っ言うのは、見るたびに作品の世界に引き込まれるというか
のめり込んでしまうみたいな意味合いで使っていて、ただ単に「あー面白い」
っていうわけではないんです。
表現の仕方がまずかったかな?
色褪せないっていうほうがニュアンス的に適切だったかも?

27 :1クールドラマ:2001/05/26(土) 04:50
放映途中の「ちゅらさん」を挙げているので聞いてみたいのですが、
現在放映されている、1クールで終了する連続ドラマで、
「これは!」というようなドラマはありますか?
前クールの作品でもいいです。

28 :名無しさん:2001/05/26(土) 04:59
>>27
うーーん。現在放映している作品の一覧が詳細には頭の中に入っていないので、うまく答えられるかどうか分からないけど、
現在放映している中では、個人的には「水戸黄門」が比較的面白い。各回にムラがあるので、白眉という程には及ばないけれど、マンネリズムと新しい部分をうまく描いていると思う。
前クールでは「女優・杏子」が、よく昼の視聴者層を掴んでいた作品だと思った。これは1クールじゃないか。ごめん。
「これは!」という作品は、ここしばらくお目にかかっていない、というのが正直な気持ち。

29 :名無しさん:2001/05/26(土) 05:10
>>26
「色褪せない作品」というのは本当に数が少ないと思う。
ことドラマに限らず、自分の好きな音楽や映画、文学、芸術…何でもいいけれど、「色褪せない作品」って数えるほどしかないよ。

文学は紙や本という媒体に残って、ある程度の期間が保たれるから、それを前提にして作品が作られるけど、ことドラマに関しては、基本はオンエアされたその日の、その1時間(ないし2時間など)の瞬間表現芸術だから、どうしても時代性を帯びてきやすい。
オールタイムフェイバリットのドラマって、今ぱっと思いつかない…。
逆に、「明日にでも色褪せそうなドラマ」は今期いくらでも思いつくんだけどね。

30 :限界?:2001/05/26(土) 05:23
27です。回答ありがとう。
視聴率スレッドの1に、今クールの連続ドラマ一覧があります。ご参考までに…。
確かに、行き詰まり感は否めませんね。
それを打破しようとしているような意欲も、ほとんど私には感じられません。

31 :ただ・・・:2001/05/26(土) 05:42
「家族A」というドラマがありました。94年です。
あのドラマについてどう思いますか?
あのあとも、いいドラマは生まれましたよね。

近作では、NHKになってしまうのですが、「深く潜れ」なんか秀作だと思います。

「PureSoul」は、ご覧になっていますか?

まとまりがないですが・・・。

32 :24:2001/05/26(土) 06:01
>>25
そそうですか・・・「大地の子」は近年稀にみる傑作だと思います。レンタルで是非・・・
銀河テレビ小説というと、たけしや武田鉄矢の少年期のドラマもそれでしたっけ?
「岸辺のアルバム」まで遡ると 流石に世代的に観て無いんですけど(汗

それから民放だとまだ名前の挙がってない所では「TEAM」あたりが最近良質なドラマ
だったと記憶してます。ビジネス臭さはあまり無く、視聴率は高いとは言えませんでしたが、
ドラマのメッセージ性、難しいテーマに良心的に取組む姿勢が好感持てました。

とはいえ実は私も前クールも今クールも欠かさず観たドラマって有りません・・>>27
大河は観てましたがこの数回で挫折気味です。

33 :>>27:2001/05/26(土) 07:27
難しいですね>「これは!」というドラマ
番組のHPと最終回見れば十分とか
ストーリーやキャラの設定がメチャメチャで内容云々以前というのはいくらでも思いつくのですが…

>>32
TEAMは再放送で見たことありますが、確かに近年ではマシなほうだと思います。
個人的には「踊る大捜査線」なんか何度も見てしまうのですが…

34 :TEAM:2001/05/26(土) 07:52
再放送で見たばかりです。良質でしたー。やっぱ脚本ですかね。君塚良一さん。「踊る大捜査線」もたしかこの人。
どんな人なんでしょ。他どんな作品があるんですか? 脚本を書いている人は、たくさんいそうなのに、ヘンな話が多いのはなんでなんだろ。

35 :君塚良一:2001/05/26(土) 08:13
恋愛もの(タイトルは忘れました)もいくつかやっているけど
恋愛ものはそんなに印象に残るような物は…
踊るとかTEAMみたいなほうが良質な作品が多いような気がします

36 :ユーティリティプレイヤー:2001/05/26(土) 23:40
1さんは、本当にドラマのことが好きなんですね・・・。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 23:42
やっぱ、限界を突破するには20代の美人主演女優に乳首とマンコを見せてもらわないとダメだろう。

38 :名無シネマさん :2001/05/27(日) 02:33
1よ、名前に1とでもいれてくれ

39 :ここの書き込みの人って:2001/05/27(日) 02:36
20代後半の方ですか?

40 :君塚作品:2001/05/27(日) 02:41
ナニワ金融道
ラブコンプレックス
グッドニュース
世界で一番パパが好き
心はロンリー気持ちは「…」
コーチ
世にも奇妙な物語
ヘルプ!
誰にも言えない
あの日に帰りたい
ずっとあなたが好きだった
季節はずれの海岸物語
などなど

41 :難しいですね:2001/05/27(日) 03:00
作る側の人間も多種多様で、一概にこうだとは言えないほど価値観や感性が変わってきています。
永遠の普遍性を求める人もいればドラマは消耗品であり忘れ去られていくべきものと言い切っている人もいます。
そのどちらも正しいとも間違っているとも言えないのが現実ではないでしょうか。
結局はその人にとってドラマとは何かと言う問題に突き当たってしまうのだと思います。
私は正直言って分からないですね。考えれば考えるほど分からなくなる…。

42 :名無シネマさん :2001/05/27(日) 03:01
>>39
それ以上だろ?

43 :つーか:2001/05/27(日) 03:57
このスレの主旨がいまいちハッキリしない。
芸能事務所との癒着が目立つ状態を嘆くなら、それについて議論してみては?
ジャニーズやバーニングがドラマ作りへの影響力を広げてることに対して
何か言いたい人間は大勢いるだろうからね。(アンチバーではありません、念のため)
とにかく、発展性のある内容のスレにしてほしい。


18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)