5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宮崎勤の裁判は、いま、どうなってる?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 19:15
一審が死刑判決で、宮崎側が控訴中だったと思うが。
裁判の進捗状況は、どうなの? 高裁判決は、いつ?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 19:28
http://www12.mainichi.co.jp/news/search-news/827095/8b7b8de88bce-0-1.html
弁護側が死刑回避求め、結審 東京高裁
2001.02.06
 1988年から89年にかけて埼玉、東京で女児4人が殺された「連続幼女誘拐殺人事件」で、誘拐、殺人、死体損壊の罪などに問われ、1審で死刑判決を受けた宮崎勤被告(38)の公判が6日、東京高裁(河辺義正裁判長)で開かれ、弁護側は「被告は事件当時、精神分裂病で心神喪失か心神耗弱にあたる。責任能力を認められないとする判決を下すべきだ」と改めて死刑回避を求めた。検察側が弁護側の控訴棄却を求めて結審した。6月28日に判決が言い渡される。
 1審・東京地裁は、公判に提出された3種類の精神鑑定書のうち、心神耗弱を認めた2種類の鑑定を退け、完全責任能力を認めた鑑定に基づいて97年4月、死刑を言い渡した。2審でも責任能力の有無が最大の争点となり、弁護側は拘置所生活での頭痛や幻聴などの異常性を指摘し、精神鑑定を求めたが、却下された。

 1審判決によると、宮崎被告は、(1)88年8月22日、埼玉県入間市で幼稚園児(当時4歳)を車に誘い、東京都五日市町(現あきる野市)の山林で殺害、遺体を焼いた(2)同年10月3日、同県飯能市で小学1年生(同7歳)を車に連れ込み、五日市町の山林で殺害(3)同年12月9日、同県川越市で幼稚園児(同4歳)を車に乗せ、同県名栗村で絞殺、遺体を山林に捨てた(4)89年6月6日、東京都江東区で保育園児(同5歳)を車に乗せ殺害(5)同年7月23日、八王子市で小学1年生(同6歳)にわいせつ行為をした。

 宮崎被告の公判は午前10時開廷の予定だったが、弁護人の一人が遅刻したため、18分遅れで開廷した。傍聴席はほぼ満席で、紺色のスーツ姿の宮崎被告は弁護側の弁論が始まると、片ひじをついて前のめりになり、弁論書面にじっと見入った。

 宮崎被告は控訴審で10回行われた被告人質問で、1審と同様、「ネズミ人間が出てきて怖くなった。手を出したのはもう一人の自分」と主張し、さらに「(自分は)ヒーロー」「もっともっと有名になりたい」「(法廷は)ハレの舞台」などと述べた。

 宮崎被告は出版・報道関係者と手紙を交わし、被告の承諾を得て出版社が手紙を本にしたり、ジャーナリストがホームページで手紙を公開している。宮崎被告の母親は昨年10月、「責任能力を争っているのに裁判で不利になる恐れがある」と手紙の公開を止めるため、東京家裁に後見人の選任を求める申し立てをしている。

--
キーワードがはっきりしている時は
新聞社のサイトで検索するといいよ。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)