5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天国という宗教用語を安易に使うマスコミ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 07:17
人間の性格を形成するものが生まれてきてから獲得してきた経験の
総体であることは明白です。経験は脳細胞に蓄積されていきます。
したがって死んで脳細胞がなくなったとき人間は無になるのは
論理的に考えれば当たり前です。
 そんななかマスコミが今回の池田小学校の件でもすぐに
「天国で仲良く」
などとやたらと”天国”をあたかもあるかのように使うので
自己判断能力のない馬鹿にオカルト精神をうえつけてしまうのです。
なんで小泉総理が靖国神社に行くと大騒ぎするのにマスコミは
自ら天国などと人間の精神性の進化を妨げるようなことをいうのでしょうか

2 :名無しさん:2001/06/13(水) 07:23
親より早く死ぬと
賽の河原で鬼に虐められるんだっけ??

3 :名無しさん:2001/06/13(水) 07:25
歩行者天国も宗教用語?(笑)

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 07:30
そんなものないのになんで天国って簡単に使うんだ。
マスコミが安易に天国って言うからそれが本当にあるように思った
馬鹿がオウムとかに入るんじゃないか?
 新興宗教だけじゃなくてそろそろ宗教が単なる政治手段だって教育したほうがいいんじゃないか。

1000年後には「昔は死んだら天国や地獄があると信じられていた」や
「為政者は政治的統治のため、詭弁が通用しやすい宗教という手段を使っていた。」
などと今「昔の人は人間は亀の背中に住んでいる。」とか「地球の端は滝になっている。」
と言われるのと同じレベルで語られていると思う。

5 :ま”きこ:2001/06/13(水) 07:34
>>2
 賽の河原で石を100個(?)つむんだよ。
 で、100個積めると鬼がやってきて崩して最初からやらされる。
 

6 :名無しさん@:2001/06/13(水) 08:04
この世は、摩訶不思議な所、人間は全てのことを理解していない。
天国も在るかもしれない。
ようするに、まだまだ、分かっていないのです。
貴方は、まだ、「神秘体験」していないから、天国を信じられないのでしょう。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 14:34
>6
LSDでも飲めってことか?人間は死の恐怖をやわらげる脳内物質が脳の中にあって
それが放出されたときに幻覚を見るんだろ?
 神秘体験って幻覚だろ。脳はコンピューターみたいなものだからたまにバグを
起こすんだよ。だいたいよい事と悪いことの判断自体が人間の勝手な判断なのに
天国と地獄なんてわけれるわけないだろう。あほか。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 15:44

天国があるかないかは分からないかも。

9 :ジョン・レノン:2001/06/13(水) 16:47
想像してごらん 天国は無いと
簡単でしょ?
地面の下に 地獄も無い
私たちの上には ただ空があるだけ

想像してごらん すべての人々を
今日を生きてる

10 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 16:52
>>8がより正確だな
「あるかないか分からない」
あるとも無いともいえない
しかし、その存在は信用するに値しない事項である事は確定的だ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 16:59
こういう文脈で「天国」という用語をマスコミが使うと、途端に虫唾が走る。
本当に天国が有ったとしてもね。
それは、マスコミが、お涙頂戴を狙っているのが、手に取る様に分かるから。
ニュースの本来の目的は、そんな事ぢゃないだろ?
「お涙頂戴」が目的のドラマは、構わんが。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:01
マスコミごときでそんなカリカリすると毛が抜けるぞ
もっと気楽にみようぜ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:01

日本人ならば『極楽浄土』と言うべきだろう

14 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:02
>>12
喜怒哀楽の激しい人生というものは
意外と充実しているもんだ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:03
>>7
同意。
オウムは薬とビデオで神秘体験をさせ、入信させた。
そもそも善悪なんて判断は人間が勝手に造ったもの。
ヒトラーは勝っていたら英雄だろう。ルーズベルトは負けていたら
貴地外みたいな戦争犯罪者。

16 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:05
>>15
後千年人類が生きていたときには、その評価は
より普遍性を帯びるでしょう
裁くのは後世の人間だ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:07
人間の意識とか魂ってのは、脳の中を駆け巡る電気信号なんでしょ?
意識だけに限って言えば、生物の条件反射の拡張コードとも言い得る
だったら、その電気信号を脳とは別の無機的な通電体に流してやれば
その通電体が、ある意味では純粋な人間とも言い得るんではないの?

本来、人間が死んだとき「意識」と呼ばれる電気信号がどうなるかは
知らん。単に消失するのか、他の通電体へと伝導していくのか…とか
興味をそそられない事も無いが、解っちゃうとそれはそれでツマラん

18 :名無しさん:2001/06/13(水) 17:09
 現実の世界とは物と物との相働く世界でなければならない。現実の形は物と物との相互関係と考えられる、相働くことによって出来た結果と考えられる。しかし物が働くということは、物が自己自身を否定することでなければならない、物というものがなくなって行くことでなければならない。物と物とが相働くことによって一つの世界を形成するということは、逆に物が一つの世界の部分と考えられることでなければならない。例えば、物が空間において相働くということは、物が空間的ということでなければならない。その極、物理的空間という如きものを考えれば、物力は空間的なるものの変化とも考えられる。しかし物が何処《どこ》までも全体的一の部分として考えられるということは、働く物というものがなくなることであり、世界が静止的となることであり、現実というものがなくなることである。現実の世界は何処までも多の一でなければならない、個物と個物との相互限定の世界でなければならない。故に私は現実の世界は絶対矛盾的自己同一というのである。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:12
ハライソのほうが粋だ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:12
>>17
パソコンにも電気信号が流れてるが、パソコンにも魂は宿るのか?
逆に、パソコンに流れてる電気信号を人間に送り込んだら、そいつは
パソコンになるんか?

21 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:15
>>20
だから魂なんて無いんだよ
正確に云うと「あるかないか分からない」
「PPPPP」と言う生き物がいて
手足が10本あるなんていってんのと一緒

22 :名無しさん:2001/06/13(水) 17:17
>>21
「無いとは証明されていないから、存在するのだ」とは、
ビリーバーのよく言うキチガイ論理。

23 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:18
>>22
たまにそういうこと云う奴いるよね

24 :名無しさん:2001/06/13(水) 17:20
>>23
「たまに」というか、結構いるんですよこれが…

25 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:20
一般にあるかないか分からないときに
人は、その存在を信じません
希望的観測は止めろ〜
と叫んでみる

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:20
>>20
もしパソコンの処理構造が人間の脳の構造と近似であるなら
それもあり得る。実際、どの程度の処理構造が意識の存在に
不可欠なのかは、俺には判断できかねる部分。思考には脳は
影響するだろうが、魂となると簡便な構造でも構わないかも

27 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:22
それとも「PPPPP」の存在を信じるのか〜
如何にその存在が都合のいい物だとしても
それだけの理由で信じてんじゃね〜
そういうのを「狂信」と言うのだ
カルトはコエ〜〜〜〜
理論が通用しねえしな〜

28 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:24
>>26
意識と魂は違うぞ、辞書引け
寝てるときには意識が無い
じゃあ寝てるときには魂は無いのか?ハフ?

29 :在米だが:2001/06/13(水) 17:24
ここのキリスト教カルト主義、はきそう。

30 :20:2001/06/13(水) 17:25
煽りは無視して・・と

>>26
ってことは、脳がそれほど複雑でない
例えばカエルぐらいの魂なら、パソコンでも
じゅうぶんってことですか?

31 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:27
>>30
俺は人工知能の研究をしている者だ!!!
繰り返すようにお前らは単語の区別もついちゃいないんだよ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/13(水) 17:27
今のパソコンは単細胞生物くらいの魂は持っていそうな気もする(ワラ

33 :26:2001/06/13(水) 17:29
>>28
寝てるときでも脳は存在してる

34 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:34
>>33
うむ、ある
しかし、脳の存在が魂の存在ではない
先ずあんたが他の言う「魂」の定義をはっきりさせてみたらどうなんだ?
如何にそれが根拠の無い物であるかがわかるだろ

35 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:40
もしかして「前世」「来世」があるとでも?
魂は永久不滅物らしいからな
希望的観測は、もう止めてくれ
それとももっと科学的になんか定義をし直したの?

36 :26:2001/06/13(水) 17:45
いや、単に暇潰しだから
さっきの話に戻るけど、そちら側の定義は

「寝てるときは意識は無い、が魂はある」で

いいの?

俺は電気信号という大きな括りの中に「意識」があって
その基本的な部分が「魂」と言われるものだと思ってる

それと、俺も現実での立場を明らかにした方がいいかな?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:48
>>36
言ってること怖いんだけど・・・

38 :26:2001/06/13(水) 17:49
怖くならざるを得ないんだよ。この話は。
見たくないものでも直視しないとイカン。

39 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:52
こっち側の言い分はね
「魂なんて物は、希望的観測に基づく根拠のない妄想である」
と言う事
初めからそんなものは確認されない

40 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 17:55
>俺は電気信号という大きな括りの中に「意識」があって
>その基本的な部分が「魂」と言われるものだと思ってる
これは一般の魂の定義とずいぶんずれますが
ここには永久不滅とかそういったものは含まれないと解釈していいですか?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:56
>>39
えっと、じゃあ寝てるときも起きてるときも
「魂も意識もなく、ただ電気信号があるだけ」で
いいのかな? もうちょっと話を想像して進めると

「脳が無ければ電気信号の筋道もない、脳も電気信号も
  魂ではない。だから、魂は存在しない」ということかな。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 17:58
>>40
どうぞご自由に。永久不滅で話を進めても面白いんだが。

43 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 18:03
>>41
起きているとき(覚醒しているとき)には当然意識はあります
自他を認識し、物事を「思考」出来る状態を意識ある状態と呼ぶからです
あと、貴方の魂についての解釈を、もう少し詳しくしてもらうとありがたいのですが
「魂」を、どういったものだと思っているのでしょう?

44 :>40:2001/06/13(水) 18:03
似非科学主義者に限ってこういう話題にくってかかるんだよな。
馬鹿馬鹿しいなら放って置けばいいのに。
黙祷を捧げるのを絶対拒否しそうなタイプだな。
あ、言っておくが俺は合理性など説明できんよ。念のため。

45 :26:2001/06/13(水) 18:06
18:30になったら落ちるが、忘れてなかったら
またこのスレを見に来る。

もし永久不滅という論点で話を進めるなら、
電気信号だけでなく量子とか、そういうメニューもあるけど。
簡単なところでは、自然界に存在する静電気だけど
これは手加減のしすぎかな。

46 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 18:07
>>44
自分は科学主義者ではないよ
虚無主義者です

47 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 18:09
>>45
だから貴方の「魂」の定義を教えてくれって

48 :44>46:2001/06/13(水) 18:10
「似非」と書いてあるだろ。
虚無ならこんなとこで自説を主張するのは主義に反するんじゃないか?
どうでもいいが。

49 :26:2001/06/13(水) 18:12
んー、解答として期待されている答えだと
多分こんなものかな?

「生物が発生したとき以来、体内に封じ込められている
  特定のパターンを持った電気信号」こんなあたりかな。

アミノ酸を生物と呼ぶかどうか、さらに最初の単細胞生物まで
その起源を後退させるかは、そちらの判断に任せる。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 18:13
とにかく今までの人間にとって宗教が文化の形成に大いに影響を与えた事実は
認めるとしても、人類が今後発展していくためには宗教は大きな弊害である
ことを認識する必要がある。
 マスコミが「天国で仲良く」などと書くことは無知で無教養なな人たちに
天国があるかもしれないという妄想を抱かせることになるので人類の文化の
進化の大きな邪魔をしている。
 それとも死刑が犯罪抑止力を持つように天国と地獄という概念を植えつけることで
モラルの崩壊を防ぐ狙いがあるんだろうか?

51 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 18:14
>>48
自らの認識世界を現実世界まで引きずる事は
哲学をやる目的に反するのでね
マジでどうでもいいが
と言うか、本屋へ行きたいのだが・・・

52 :44>51:2001/06/13(水) 18:17
「虚無」主義者なんだろ。哲学もへったくれもあるのか?

53 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 18:25
それを「魂」としているのか
どちらかと言うと「生命」の定義に近いな
つまり、ここでの議論は、何をもって対象に
「魂」即ち、本質的に我々と同等の「もの」であるかを
決めたい、ということですか・・・
そうですね、でも自分としては
そこら辺に転がっている石と我々は何の変わりもない
と考えますが
物質の決まったパターンの流動を、それとするのならば
「川」だって・・・ねえ
我々の脳内の特定パターンの電気信号というのは独善的では?

54 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 18:29
>>52
理論的な結論と
本能とは最終的には後者が勝る物です
そして「主義」とは、現在の状態をいい
自分にとっては流動的であります
貴方、それを言うならなんで生きてるの?って聞けよ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 18:29
天国のある宗教は?
仏教?神道?
宗教系の放送局でない限り使わんほうがよい。

56 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/13(水) 18:34
じゃあ、時間だから俺も消えるぜ

57 :26:2001/06/13(水) 18:34
おー、なかなか面白い論点に着目したね。
物質を構成している要素はたくさんある。

人間の場合は、タンパク質と水だと
ぶっちゃけて言うこともできる。

でも俺が上で出した例の場合だと、
人間の構成要素の多くは「細胞」とも言い得る。

細胞ひとつひとつが「生命」或いは「魂」と
するなら、馬鹿みたいな話だが、数量的な面で
路傍の石や、水の流れのパターンの数に勝ってしまう

もちろんこんな馬鹿な議論に拘泥するつもりはないが
続きは、人間以上の多細胞生物の「魂」の矛盾辺りから
話を進めよう。予告通り、俺は落ちる

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 18:40
 テレビでいう天国って視聴者の多くが
天国=良いところ
 のイメージを
 もっているから 天国と言うのであって宗教について
 深く言うほどのものじゃないと思う

59 :44>54:2001/06/13(水) 18:46
>「主義」とは、現在の状態をいい自分にとっては流動的であります
そういうのって「主義」って言うわけ?知らないけど。
あなたは「虚無主義者」と言ったけど、数分で主義が変わるわけね。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 20:02
>58
その曖昧な考えがあくどい宗教の撲滅の妨げになっているのです。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 20:08
天国といわれても具体的なイメージがわかない。
かっぱ天国が思い浮かんじゃうよ。
良いところというイメージってどういうものなの?
本来イメージというのは、ちゃんとした絵が想像できているはずだよね。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 20:11
>>61
天国って言ったら、雲の上で暮らして
羽つけて空とんで、頭にわっか乗っけて
白い服着て皆笑顔で幸せそうに過ごすところー・・・って
イメージでないかい?(改めて書くと嫌だな天国)

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 20:20
>>62
天国って、限りなくノータリン?
そんなとこ行かなくてもいいや。
この腐れきった現実が一番なんだよ。

64 :名無しさん:2001/06/13(水) 23:03
>>63
マリリンモンロー ノータリン

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 23:06
ヒロスエがはだえぷで膝枕してくれる天国なら、
行ってみたい。

66 :K.Marx:2001/06/13(水) 23:06
天国も地獄もない

67 :ヒロヒト:2001/06/13(水) 23:06
普通は許せないのが正常です

御託を並べて無罪とか減刑にするやつと
同調者は明らかに異常者ですが
弁護士にそういうやからが多いのも事実です

68 :ヒロヒト:2001/06/13(水) 23:07
普通は許せないのが正常です

御託を並べて無罪とか減刑にするやつと
同調者は明らかに異常者ですが
弁護士にそういうやからが多いのも事実です

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)