5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もし、日本が第二次世界大戦で勝っていたら?

1 :米百俵:2001/06/11(月) 04:57
色々、シュミレーション
してみれや!!

2 ::2001/06/11(月) 05:01
いや、軍事で書きなさい。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 05:01
>>1
出来ません。





1はチョンだけど。

4 :>1:2001/06/11(月) 05:03
もしも・・・って事はないんだよ。
「もしも」は妄想。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 05:06
アメリカの子供が
「ギブ ミー スシ!」
と言う

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 05:37
エンディングのスタッフロールが流れる。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 05:47
「あじあ号」まんせー。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 05:55
軍部が馬鹿だから遠からず自滅したと思う。

9 :パットン:2001/06/11(月) 05:56
>>1
アメリカが負けるわけないだろカス!

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:05
当時の日本の首脳部も勝てると思ってなかったよ。
山本五十六「1年間ぐらいは存分に暴れてごらんにいれましょう。・・・」

11 :名無し:2001/06/11(月) 06:11
>>8
それ以上に8は馬鹿だろうな〜

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:11
学校での軍事教練(制度に従わせる訓練)が続いていたら
現在のように荒れた学校や子供を見殺しにする教師はなかっただろう。
道徳教育の衰退についても同じことがいえる。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:36
>>10
勝てるとは思ってなかったけど、主戦論者が海軍内でも大勢だった。
山本五十六には海軍大臣に就任して(次官のままでも良かったけど)欲しかった。

14 :ちょん:2001/06/11(月) 06:43
日本語が英語につぐ世界第2位の共通語になってたとおもわれ、

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:45
>>11
オマモナ

16 : :2001/06/11(月) 06:46
『シミュ』レーションだっちゅうの
大戦勝ってたら英語禁止継続で1は馬鹿ップリを露呈しなくてすんだだろうが
結局、「がいしゅつ」なんて正気で使うんだろうね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:46
>>10
海軍は多少マシだけど陸軍首脳は白痴の巣窟だったよ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:48
非現実的な論争うざい!
ゲーム板か軍事板に逝け。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:50
勝てなくてももっと早く停戦に持ち込めてたら
だいぶん歴史も変わってたと思うよ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:54
「現実ほど無残な負け方しなかったら」だとどうだろ?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 06:58
高度成長期が早く来てたでせう。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 07:00
生産施設が残ったまま敗戦となれば
黄金の50年代が日本にもあったかもしれない

23 :名無しさん:2001/06/11(月) 07:00
世界とアジアがもっと平和になっていたでしょうね。ホントに。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 07:04
アジア諸国で独立を求めるテロ多発!
新宿サリンなんて目じゃないぞ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 07:06

アメリカに天皇を立てさせ、新憲法と教育勅語。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 07:10
>>22
どうせ軍需工業しかなかっただろうからな
それに農地改革も負けたからできたんだし…

27 :名無しさんが...転んだ:2001/06/11(月) 07:17
第三次世界大戦でドイツと衝突
日本人は「民族浄化」の対象となる

28 :名無しさん:2001/06/11(月) 07:23
>>22
日本とドイツは、戦争で生産施設が破壊されたからこそ、
新しい生産施設を作り、それで技術革新が実現したんだよ。

29 :1みたいな:2001/06/11(月) 07:25
架空戦記バカは死ね。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/11(月) 07:28
中韓朝を民族浄化

31 :名無しさん:2001/06/11(月) 10:55
>>26
>>28
勝っていたら一般ピープルの生活は今ほど豊かじゃなかったかも。
マターリと2ちゃんどころじゃ無かったかもね。
(戦前は一般ピープルの兵役義務があったし)

>>27
あり得る・・・新手の「黄色人種対白色人種の戦い」だな。

32 ::2001/06/11(月) 11:16
在米日本軍基地

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 11:57
>>26
はぁ?
戦争だから民需工場を軍事工場に変換しただけだが?
また戻せばよい。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:02
日清、日露戦争で勝ったわりには
チンケな領土しかもらえなかったことに不満がある
あの勝利で中国、露西亜を全部もらえたなら
まちがいなく、第二次大戦は勝利していたことだろう
むしろ日本の脅威にアメリカも戦争を仕掛けなかったかもしれない。

35 :名無しさん:2001/06/11(月) 12:07
↑馬鹿発見!

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:09
だから、日本が農業国家であり続ける可能性を考える方が
無理があるんだって。農地改革が無くても人口は都市部に
移動しただろうし、その都市部で生産されるのは工業製品

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:20
農地改革で土地を得た小作農て、耕地を持つ前は
その耕地である土地の税金を払ってたの?
地主に納める作付料とは別に。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:25
オーウェルの世界になって欲しかった。
「偉大な兄弟」萌え。

39 :死神大佐:2001/06/11(月) 12:26
>>38
無知は力だったかな?

40 :はなもぐら:2001/06/11(月) 12:28
江田島平八が10人いたら太平洋戦争は日本の勝利だった。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:45
勝っていたらはちょっとキツイなあ。当時のアメリカを上回る鉱工業生産か
新兵器の開発か、どちらかでないと勝利できないもんなあ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:51
勝っていたらでなくボロボロになる前に止めてたら
というのだったらいろいろ考えられるんだけどね…

43 :名無しさん:2001/06/11(月) 13:00
>27の言う通りナチスと第三次世界大戦をやっていたことは間違いない。そのとき日本は勝てたのか。ドイツに負けたら、ナチスは日本列島をアジア支配の絶好の戦略拠点と見るだろうから、原爆・毒ガス・細菌兵器なんでも使って日本人を消滅する。日本の場合、島国だから一般人上陸禁止にすれば事足りるわけで収容所や死体焼却炉なんぞ必要ない。民族消滅にかかるコストは安い。
ナチスと第三次世界大戦をやって勝てたかどうかのシミュレーション希望。

44 :日本が勝った世界から来マシタ:2001/06/11(月) 13:03
アメリカとソビエトは世界大戦やらなかったんデスカ?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:04
>>43
日本が勝っていたら、中国全土を占領していたであろう。
島国、というハンデはないものと思われ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:07
石原完爾が失脚しなければ、日本と東アジアは日蓮宗によって宗教統一されていたでしょう。

日蓮マンセー!

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:14
ドイツの航空機は、一般的に航続距離が短い。
何せバトルオブブリテンでぎりぎり一杯なんだもの。
後のMe262にしても、確か30分飛んだら燃料補給が
必要だったんじゃなかったっけ?

戦車は確かにドイツが強い。でも、ドイツの最強戦車
伝説ってのは、負け戦のときに生まれたものだから
ティーガーやパンターでは、電撃戦は厳しいと思う

#ティーガーやパンター、E75とかの弱点は足周り
#装甲や砲力ではシャーマンやT34に勝るが、機動力では
#思いっきり劣る。待ち受け戦法なら、活躍しようもあるが

48 :つけたし:2001/06/11(月) 13:23
海軍はH型級が出てくるまで完全に日本の優位

#H型級・排水量14万トンのキチガイ戦艦
#大和級ですら6万5千トン〜7万トンクラスなのに

海上空軍力は論外。ドイツの空母は1隻のみで
おまけに日本旧式艦のコピー&ペーストというていたらく
それを接収したソヴィエトの空母が発展しなかったのも頷ける

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:27
>>47
Me262じゃなくてMe163の間違いじゃない?
いくらなんでも30分は使い物にならないよ

50 :つけたしのつけたし:2001/06/11(月) 13:34
最後の問題はロケット技術。これは大陸間弾道弾にも
絡むものだから甘く見ちゃいけない。コレばっかりは
ドイツの完勝。核は、濃度の濃いウラン鉱石が見つかれば
すぐにも核を造ることの出来た日本の理研の勝ちか、それとも同等

#終戦後に進駐した米軍が真っ先にやったのは、理研の
#サイクロトロンの破壊&東京湾投棄

51 : :2001/06/11(月) 13:38
結局ヲタの軍事兵器ネタになるのがどうにも。

日本の勝利はそれは真珠湾攻略「失敗」の時点で消えてなくなったのであって、
それ以上の議論は無意味。

あと勝利の条件について何の規定もないが、
これまた当時の日本と思考回路が一緒やね。
日本人に戦略という言葉はないってのがよくわかるスレだ。

52 :つけたしのつけたしのつけたし:2001/06/11(月) 13:39
>>49
いや、30分だったと思う。何せ、Me262の離着陸時の護衛専用
航空機部隊もあったぐらいだから。Fw190D9のパペガイ飛行隊とか

Me163の動力飛行時間はもっと短くて、確か4分か7分
15分から20分に延ばしたMe263も研究されたが、これにしても
ロケットエンジンとは別にジェットエンジンを積むとか積まないとか

53 :死神大佐:2001/06/11(月) 13:40
ここはなんで、軍事板にいかんのだろう・・・

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:46
>>48>>50
信長の偉いところは、桶狭間は運が良かったことを知っていたことだ。
そのご、彼は相手の数倍の兵力で闘った。
その為には経済。信長ほど楽市楽座に重点を置いた武将はいなかった。
個々の兵器の性能云々は重要だろうが、二次的な問題。

55 :50:2001/06/11(月) 13:52
いやさな、オレはドイツと日本が戦ったらと言う観点で書き連ねただけでね。
もっとも、ナチスドイツの戦時経済というのも無茶苦茶だとは思うが。
わざわざ貴重な労働力を虐殺したり、せっかく獲得したポーランドや
フランスの工業地帯も有効活用してないんだし。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 14:21
>>54
司馬某の小説の読みすぎだよ
実際 信長なんて只の基地だったと思うよ。

57 :兵器オタは:2001/06/11(月) 17:46
これでも見て悶絶しとれ

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/2631/film/shinden.mpg

58 :名無しさん:2001/06/11(月) 20:52
>>37
小作農は税金を払っていない・・・はずです。
(地租は土地の所有者にかけられていましたから)

>>36
どうかな〜
自由権・社会権は法律の範囲内で制限されていたからねぇ・・・・

59 ::2001/06/11(月) 21:00
のぶながは裏工作の達人。
秀吉は信長のまねしただけ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 21:27
どこをどうしても(歴史を10000回繰り返しても)
アメリカに勝てたとは思わないので考える気も起こらない・・・

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 21:28
丸尾末広のマンガでそういうのあったな。
1がきっと満足するようなヤツ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 21:32
>>1
宅間なみのキチガイ発見!
軍事板に逝ってよし!!

63 : :2001/06/11(月) 21:34
第三時世界大戦で負けるだろう。

64 :63:2001/06/11(月) 21:35
3時だって?

65 ::2001/06/11(月) 21:39
こーえーのゲームの話?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 21:40
北島三郎までが茶髪でガングロ(今日のNHK)になってる現日本社会にはなっていないべな〜
どうせなら金髪にしろって、、、サブちょわん♪

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 22:09
昭和15年の段階で40%近くも都市部へ人口流出してるのね

http://www.stylebuilt.co.jp/konishi/local/p6-18.htm

68 :紅蓮の閃光:2001/06/11(月) 22:09
なななななななななななななななななななななななななな

69 :名無しさん:2001/06/11(月) 22:11
「人権」なんていう概念がはびこることもなく、マスコミは今よりずっと
力はなく、俺のような良い家柄の頭の良い人間がもっと優遇されていたで
あろう。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 22:17
>>69
「野放図な」人権至上主義ははびこらなかっただろうけど
旧憲法下でも大正デモクラシーが可能であったように、
自由や人権の概念は、遅かれ早かれ補弼されただろうね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 22:23
ヘアー解禁なんて夢のまた夢の社会だろうな。
ヘアー雑誌もってるだけで死刑かも?

やっぱ負けてよかった。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 22:24
茶髪サブちゃん マンセー!
ヘアー マンセー!

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 22:27
>>1
レッドサン・ブラッククロスを読めば満足するでしょう

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 22:37
猥褻物取り締まりは出版法(廃止)に基づくものになるかな

http://www1.gateway.ne.jp/~ssk/Lecture/Lect01.htm

現在は、猥褻物取締法(俗称)の管轄下になってるだけ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 22:40
日本が勝っていたら?

スターバックスコーヒーでコーヒーの飲めない
日本になっていたろーな。

76 :名無しさん:2001/06/11(月) 23:33
東京府グアム島!
遠くの沖縄より近くのグアム!

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 02:01
あぐぇ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 07:27
自民党を支持して来た農民の大半が小作農のままで
いるので、そいつらが毛沢東主義にそまり、日本は
共和国化し「地上の楽園」になったに、100億ドン

79 :名無しさん:2001/06/15(金) 07:29
戦前に自民党はなかったぞ。
女性の参政権もなかった。

80 : :2001/06/15(金) 07:36
樺太が日本領だから200海里経済水域だとしても
北洋鮭鱒が今なお盛んで美味い紅鮭食べているはず
鯨の尾の身も食べ放題 カリフォルニアの鮪も
こんちくしょうめ

81 :負けて本当に良かった:2001/06/15(金) 07:48
中国全土が日本に併合。→その後選挙制度確立。→国会議員ほとんど元中国人が当選。→
国会決議で国名変更。→日本消滅。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 08:01
>>34
領土を守る戦争じゃなくて極東アジアの覇権戦争だからね。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 08:01
>>37
払ってた。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 08:05
マクドナルドが世界を席巻しているが、
牛丼の吉野屋がアメリカのみならず世界を席巻していただろう。

85 :名無しさん:2001/06/15(金) 14:18
>>81
おいおい、その場合、支那人に選挙権与えるわけないだろ。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 14:24
英検1級とスワヒリ検1級も大差なし。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 14:37
軍国主義と国家主義が過度にエスカレートして、国内はガタガタになり中国では、中国解放戦線が出来て
大戦争になり、ベトナム戦の米国の様な状態が、我が国で起きただろう。勿論、我が国は小国だから、中国や
ベトナム、韓国等多岐にわたる紛争を解決出来ず、2次大戦後の英仏より悲惨な状態を現出していた。米国が
どんな負け方をするのかによるが、米国からの援助がなければ、この大植民地独立戦争以後の復興は出来ない事になる。
たぶん、戦後20年も持たずに総ての植民地を手放し、米国に巨額の債務を抱える、小国に転落していただろう。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 14:55
その世界では、中国は統一されて敵対してるの? 日本に併合されて?
んで、その世界ではまだソビエトがドイツに滅ぼされてないのね。
ベトナム戦争では、ソビエトや中国からの支援があったし。

長期化してるイギリスのアイルランド問題では、外国からのIRAへの
支援が問題になってる。韓国や中国を語るなら、韓国併合類似例として
英国の北アイルランド併合なんかを絡めて語るのが最適。

それにしても、軍国主義や国家主義のエスカレートって
どの程度のレベルなんでしょね。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:01
>>88
87は負け戦の軍国主義・国家主義と
勝ち戦のときの軍国主義・国家主義を
同等に見るという愚を犯しているものと思われ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:03
中学校ではいまだに丸刈りが強制されていたであらう。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:06
そのかわり、茶髪・ガングロは絶無だったろうな

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:13
>>87
中国占領してる状態で
「我が国は小国だから」はないだろう

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:14
独国がソ連に勝っていたか?は難しい問題だと思います。モスクワを占領したり
カスピ海あたりまで何とか出来たかも知れませんが、ソ連が降伏していたかどうかは
難しすぎる。我が国が中国を完全に支配出来たか?と言うのは、たぶん出来なかった。
支配する前に、民国と赤軍との内戦に巻き込まれるか、あちらが統一戦線を維持出来て
いたら満州を防衛するのが目一杯と云うところだと思います。その前に、朝鮮半島で
独立戦線が立ち上がっているでしょう。残るのは、台湾と北方諸島と南方諸島ぐらいで、
対米戦に勝っても、ハワイまでは手は出せなかったでしょうから。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:31
ということは、ドイツとソビエトは双方とも中国支援できる状況に
ないのね。朝鮮半島の独立運動を支援してるのはどこ? アメリカ?

中国にアメリカが支援するというのならまだ解る。でも朝鮮半島の
独立運動を支援するというのは、考えにくい。上海亡命政府だって
百人にも満たない構成員数なんだし、そもそも統一されてない。

また、その世界では東南アジア諸国も日本に併合されたらしいけど
形ばかりの独立にしても、独立は独立。旧支配者側の白人の支援を
ほいほい受け取るもんかねえ?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:45
状況の設定が違うんじゃない。どこかがどこかに支援できるほど、安定した
状況にはならなかったでしょう。広範囲に広く浅く民族自決闘争が起きていたと
想定出来るのでは。日本が決定的に米国に勝利していた、と言う想定はまず出来
ないだろうから。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/15(金) 15:49
>>1
ゲーム板に逝けよ。

97 :94:2001/06/15(金) 15:55
ごめん。考えごとしてたから、後半は中途半端な書き込みしちゃった。
じゃ、あなたの仮定の世界では、東南アジアは韓国型の併合をされず
社会資本の整備も人権もなく、白人型の併合をされたという仮定かな?

俺は、日本軍政下の独立宣言タイプだと想定してたから、独立だけは
既に為されてるんじゃないかと想像してた。で、日本の軍事力を背景に
資源の輸出先を、英国やオランダから日本に切り替えると。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:57
無理に勝つ必要はない。負けなければいいだけのこと。
その違いがわからないうちは日本の政治は3流のままだね。
戦争は政治の手段のひとつに過ぎない。

99 :94:2001/06/15(金) 15:59
>>95
では銃はない、金もない。言わば、インドタイプの独立運動かな?
それだとインドに対するイギリスがそうであったように、大した
ダメージは食らわないことになる。

100 :94:2001/06/15(金) 16:03
では、87で述べられたようなベトナム戦争タイプの
「支援のある独立戦争」は、この世界では起こり得ないのか?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:13
>>98
クラウゼヴィッツかい。
俺は小林よしのりの「戦争論」を読まずに
クラウゼヴィッツの「戦争論」を読んじゃった大馬鹿者
広瀬隆の「クラウゼヴィッツの戦争論」は歯牙にもかけないが

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:19
>>98
だよなあ。

日独がワシントンやロンドンを占領(もしくは徹底的にに破壊)して
連合国を無条件降伏に追い込むなんてことは考えられない。

41年4月くらいのタイミングで米英の世論に弱気なところが出れば
いい条件で講和できたんだろうけど。
独ソ開戦やら真珠湾やらがまずかった。
戦略・戦術より政略で負けていたんだよ。

まあ日本もドイツも国内の混乱の余勢を駆る形で
対外進出していったんだから、そもそも冷静な政略が出来ないわけだが。

考えるほどに「歴史にifはない」というわけだ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:23
日本の米国に対しての勝利の仕方で、色々考えられるのでは?ここは、ニュース板田から
どこに落とそうかと、頭が痛いのだけれど立てた人、うまく誘導してよ!
勝てたとして、米国の国内の厭戦気分が高じる事で、と言う状況かと。
植民地宗主国は、総じて疲弊しているだろうから、日本に再チャレンジはないとして。
草の根的に民族主義は出てくるだろう。武器は、大戦で余った物がある。
局面としては、旧宗主国と米国と日本と民族主義者達の4つどもえ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:26
ドイツが対ソ戦をイギリス降伏後に始めていたら
面白いことになっただろうが、これにしても
ハルノートに対する、重慶・南京両政府合流への
道筋がしっかりしているという前提がある。

日本への石油禁輸措置の解除・在米日本資産の凍結
屑鉄禁輸措置の解除は果たして貰わないとね。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:31
そもそも対米戦をこちらから仕掛けることはない。
またドイツの対ソ戦も外交で思いとどまらせる。
そして敵を英仏蘭にしぼる。

東南アジアの英仏蘭の植民地を迅速に接収した後には
インドに総攻撃をかけ、米ソの参戦機運が高まる前に
英国を講和させる。

106 :勝栄フリーク:2001/06/15(金) 16:35
今頃サンドラ・ブロックとウィノナ・ライダーにダブルクンニ

できたのにぃ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:37
>>105
それをやると米の大艦隊がフィリピンから仏印や香港あたりに現れて
東アジアのど真ん中で激烈な日米戦が展開されると思われ。

真珠湾の場合に比べて米国民の士気がどれほど違うかが問題だが・・・
俺にはわからん。

108 :94:2001/06/15(金) 16:38
>>103
旧宗主国、主にイギリスは存在しているという設定?
旧植民地諸国に弾薬以上の兵器生産能力があるという仮定で?
弾薬を生産するというのも旧植民地諸国には厳しいかも。
余剰兵器は、負けた側(主に旧宗主国側)から流れたものとしても。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:39
当時の軍部に植民地政策なんか無かった。植民地は絞るだけ絞れで、独立
義勇軍を本気で組織して、味方に組み入れる。そんな芸当は、出来なかった。
ただの、黄色い白人が当時の日本人。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:52
>108 米国の動きで決まると思いますよ。本当に兵器が余っていたのは、
米国だけのはずだから。米国が敗戦もしくは講話して、どう太平洋地域で
動くか?対共産主義と民族意識の勃興と区別出来るのか、十把一絡げに
扱うのか。現実の戦後政策でも民族独立支援なのか反共なのか、はっきりした
姿勢が見えない。

111 :94:2001/06/15(金) 16:55
>>109
考えてみたら板違いなんでsage入れ始めたけど、
あなたの考えだと、韓国は植民地? それとも日本本土?
併合されて日本本土扱いされた場合、社会資本の整備は
必然となる。独立させて、資源の輸出先を日本にするという
仮定の場合のみ、あなたの理論が通用する。

まあ、独立させても軍政下では収奪状態だったろうがね
その先(戦争終結後)は、どうなっていたか、正直解らない。
唯一考えられるのは、満州国タイプの半独立状態だが

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 16:55
41年4月はまさに米国が宥和に振れたその極大だった。
4月に民間人を介して起草された日米諒解案では満州国の承認、重慶・南京政府の合流、南方資源の
合法的な獲得を容認していた。これはハルだけではなくFDRが非公式に関わった案件であった。大使からの
連絡を受けた日本政府は飛び上がって喜んだものの、欧州ソ連から帰国する松岡外相を待つべく即答を避けた。
しかも当の松岡外相は自らの構想する四国同盟に拘ってこの案件に対しての回答を避け、だだをこね、
ついに5月に入り独ソ戦開始を察知した米国の対日宥和熱は冷めてしまった。両国間で修正案の
応酬が何度か行われる中で両国関係は悪化し、日米了解案はハル・ノートとして日本の開戦を促す最後通牒と
化してしまった。

もし日米諒解案が成っていたら、という仮定はありえないだろうか。
この場合独ソ戦開始と共に米国側が態度を硬化させることが考えられるが、日本が三国同盟を離脱し
欧州情勢に不介入を確約する、あるいはレンドリースでのウラジオルートに便宜を図るといったことで
米国を懐柔できるのではないだろうか。その結果日本は日満鮮台を保持したまま第二次大戦を回避し、
対米戦争を60年代あたりまでずれこませることが出来たのではないかと思われる。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 17:05
私の親戚の元関東軍参謀は、陛下を北京にお迎えするのが夢と云っていました。
彼らの頭は、戦国時代で今の国家という観念と違っていたと思いますよ。だから、
米国ともドイツともソ連とも違う世界で夢見ていたのです。

114 :94:2001/06/15(金) 17:12
>>110
アメリカの姿勢は、基本的に利己主義。
フィリピン支配での状況を見ると、そうとしか見えない。
アメリカにとっての韓国、フィリピンでは、収奪のための
社会資本整備しか、見えてこない。

日本に対する敵対という面で支援したかも知れないが
それも、オーストラリアというアメリカ側の前線基地が
封鎖されないと言う前提条件で見ないと、ややおぼつかない
そもそもこの世界では、オーストラリアは独立を保ってるのか?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 17:37
前提がむちゃくちゃなので
議論終了!

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 17:41
>>113
確か秀吉が似たような事を言ってましたね。
世界を視野にいれると、日本では問題がある。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 17:42
それより大惨事大戦始めようぜ
こんどこそ白人どもをコテンパンにしてやろうぜ
俺はアメ公を国内から崩すためにアメ国内で破戒活動するぜ

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 17:53
>>117
一人でやれ

119 :ジャコバイト:2001/06/15(金) 19:33
満州国が続いてて、たぶん5族協和で、高度な民主主義と経済力を誇るようになっていたんだろうな。
それと、朝鮮半島はとっくに独立してて、かつ統一されてたろう。
いいアジアになってたんじゃない?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 19:42
>1
ガイシュツのツッコミかもしれないけど「趣味れーしょん」ってなんですか?

121 :さまよえる中国人:2001/06/15(金) 19:49
>>117
あっ、それ賛成。
噂によると、中国はアメリカを崩壊させるため、麻薬を蔓延させた。
それは今も続いている。中国人は五百年単位で物事を考える。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 19:53
>>119
そうだね。アジアの地位、経済的豊かさは今より上になっていたかもな。
それは日本の国益にもなるし。アメリカが社会主義国に対抗するため、
自由主義諸国の経済力をアップさせたように。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 20:33
>>121
そうなのか、素晴しいぞ、中国人!
中米の麻薬生産勢力を支援しよう
もっともっとアメに麻薬を流入させて内部から崩壊させよう

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 20:39
麻薬は日本にも来ちゃってるよ
日本も滅ぼされてしまうのか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 20:46
山口多聞が10人いたら太平洋戦争は日本の勝利だった。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 20:48
中国人が本当に五百年単位で物事を考えてたんなら、阿片戦争の時もやられて当然という考えだったの?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 21:06
>>124
麻薬生産勢力にアメでの販売促進報償金を出せばいいよ
その位の金アメの国債売り飛ばせば調達できる

128 :代打名無し:2001/06/15(金) 21:07
21世紀に入っても巨人マンセーの大本営報道ばかり。

もちろん、サッカーのプロなど夢のまた夢の夢、っつーか、
サッカー人気のことも日本人は知らず。

スポーツは体育と同義で、軍事訓練としてのド根性スポーツ全盛。

129 :ギャンブラー:2001/06/15(金) 22:21
第二次大戦に勝っていたら性懲りもなく
次の戦争をやっていたろうよ。
それで勝ったら次の戦争。
結局、ぼろぼろに負けたところでやめる。

下手な博打打ちと同じ。

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)