5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「ネット選挙運動」解禁に向けて検討 総務省

1 :無党派さん:2001/05/31(木) 16:40
http://www.asahi.com/politics/update/0531/007.html
ろくにネットを理解していない議員は大丈夫なのか?

2 :無党派さん:2001/05/31(木) 16:49
ネット使える秘書を雇えばいいっしょ

ムネヲですらこれだぜ
http://www.muneo.gr.jp/html/flash.html

3 :1の母です:2001/05/31(木) 16:51
1はネットを桃源郷だと思っています<以下略>

4 :「ネット選挙運動」解禁に向けて検討 総務省:2001/05/31(木) 17:26
 総務省は、これまで公職選挙法違反とされていたインターネットのホームページを利用した選挙運動の解禁に向けて検討を始める。片山虎之助総務相は31日の参院総務委員会で「選挙運動もインターネット時代にふさわしいものにすべきだと言っている」と述べ、指示したことを明らかにした。同省は近く有識者らの研究会を発足させる。

 この問題では、民主党が18日、インターネット選挙を認めるための公選法改正案を国会に提出している。総務省も「解禁」には、公選法の解釈の見直しではなく、法改正が必要との立場だ。同省幹部は「検討には、ある程度の時間が必要」として、今夏の参院選に間に合わせることは難しいと見ているが、与党内でもホームページの活用を求める意見があることから、与野党の協議次第では、解禁に向けての動きが早まる可能性がある。

 インターネットを活用した選挙運動について、政府は現在、パソコンや携帯電話のディスプレー上で示された文書などは、公選法で定める「文書図画」にあたると定義している。枚数の決められたはがきやビラ、選挙公報以外の「文書図画」を不特定多数の人に配布することが禁じられていることを根拠に、インターネットを通じて広く情報を発信することは法律違反にあたる、との見解を示してきた。


 ホームページを設けて、政見や日常活動を有権者にPRしている政治家は、与野党を通じて珍しくない。しかし、ホームページや電子メールを通じて投票を依頼することが禁じられているだけでなく、直接投票を依頼する表現がなくても、選挙期間中にホームページを書き換えることは「選挙運動」とみなされるため認められない、といった制約がある。(14:47)

http://www.asahi.com/politics/update/0531/007.html

>>1
新聞記事は数日で消えるから文章もコピペしといて下さい。

5 :無党派さん:2001/05/31(木) 17:26
ここのネタが増えるね。楽しみ。ワラ

6 :無党派さん:2001/05/31(木) 17:34
ちなみに自由党IT委員長http://www.sphere.ad.jp/tasso/IT.htm
達増拓也はネット選挙反対派です。
理由は金持ちがムネオみたいなクールなペイジをつくって公平じゃないからだって

7 :無党派さん:2001/05/31(木) 18:48
小泉にやらせよう!

8 :無党派さん:2001/05/31(木) 21:31
クールでもホットでも政治化のサイトは内容だと思うけどなあ。
そういえば水島@民主のサイトは最悪だった。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)