5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆とても些末な憲法解釈論争をするスレ◆

1 :85さん:2001/02/14(水) 20:24
最近新しいスレを立てるネタに苦しんでいますが、マイナーでくだらない
憲法解釈論争をするスレを作りたいと思います。
どこかのスレで見かけたのですが、
「参議院議員を首相にして通常選挙で落選したらどうするのか?」
というのはどうなのでしょう?誰か法制局の関係者の方がいるといいの
ですが・・・。昔、大臣には何歳からなれるのか問い合わせたことが
あります。このスレでは質問に答えられなくてもいいのですが、実に
些末な憲法解釈の疑問を書き出しましょう。憲法そのもの以外でも
関連するものもありです。

◎ちなみに憲法の根幹にかかわる
・国民主権・基本的人権の尊重・戦争放棄
などの条項の些末でない解釈論争はNGです。◎

私は憲法の専門じゃないのですが、日本国憲法や国会法は下で見てください。
http://www.houko.com/
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM

229 :無党派さん:2001/04/01(日) 01:14
>>225
憲法そのものの正本がどこに置いてあるかということだろ。

230 :無党派さん:2001/04/01(日) 16:02
>>228
未成年者でも大臣になれます。

ガイシュツです。

231 :無党派さん:2001/04/06(金) 00:12
瑣末にage

232 :無党派さん:2001/04/08(日) 11:41
そうか。

233 :無党派さん:2001/04/08(日) 17:58
>>68
これを考えると、>>1の場合は
やはり「総理大臣が欠けた場合」になって総辞職義務(70条)が生じて、
新内閣結成まで
他の閣僚(もちろん議員である人)が臨時代理になるのだと思います。
このケースを法制局にきいても回答は得られないと思います。

大平内閣の時は、
首相死去により総辞職義務が生じたけど、すでに総選挙中だったので
首班指名できないから、臨時代理(伊東正義官房長官)が代行したという
ことなのかな。



234 :無党派さん:2001/04/08(日) 22:33
>>68
通説といわれてもね。
そんな実例ないわけでしょ。

235 :無党派さん:2001/04/14(土) 15:17
この間の、ニューステーションの首相公選の代表が出てたのみたけど、
あんな憲法改正じゃ、クーデターが多発するんじゃない?

236 :無党派さん:2001/04/20(金) 13:05
首相公選など無理よ。

237 :無党派さん:2001/04/23(月) 21:31
そうかな。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/23(月) 21:47
首相公選は、天皇とのカラミで憲法上の位置づけがむずかしい。
立憲君主国で首相公選は皆無。

それ以外でも、象徴大統領が居る国ではイスラエルのみ。
実権をもつ大統領の公選なら、米国など、たくさん例はあるが。。



239 :無党派さん:2001/04/23(月) 21:55
>>238
天皇制との絡みなど、右翼のバカしか考えない。
憲法9条と自衛隊を併せ持つ日本が何を怖がる必要がある。
問題などまったくない。

240 :無党派さん:2001/04/23(月) 22:29
他国に例がないからという理由は否定の根拠として弱すぎる。
日本独自のシステムを作って何が悪い。

天皇との関係も全く問題がない。天皇は政治をしないのだから、
公選された首相と権限が衝突するはずがない。

241 :無党派さん:2001/04/23(月) 23:08
形に拘るなら、例えば天皇補弼機関を形だけ
作ってそれが国民投票の結果をそのまま上奏
して天皇が任命するようにとか?

ついでに選管をその機関に一元化できるといーな。

242 :無党派さん:2001/04/24(火) 02:23
日本独自の政治システムきぼー

243 :無党派さん:2001/04/24(火) 03:12
>>238
そういう意見もあるし、現に橋龍も言ってたけど、まず、
1:「他国に例がないというのは」まったく理由にならない。
2:「天皇と元首が二人になる」というのも対外的な問題にすぎずまた同じ。
つまり、否定派の言ってることは「憲法に反します」と言ってるのでなく、
「多少の弊害があります」といってるにすぎず、具体的な憲法の条文に反しない以上
改正できます。


244 :無党派さん:2001/04/24(火) 04:12
>>242
権力の二重構造と派閥政治

245 :無党派さん:2001/04/24(火) 06:23
>>244
正解です

246 :無党派さん:2001/04/24(火) 06:33
闇将軍を、天皇が征夷大将軍に任命してしまいましょう

247 :無党派さん:2001/04/24(火) 06:35
誠意大将軍

248 :無党派さん:2001/04/24(火) 06:36
>>247
借金がさらに増えそうだから却下

249 :無党派さん:2001/04/24(火) 09:32
たとえ元首が2人いても、相手国としては日本を交渉相手にできれば
それでいいわけで、どんな人が代表として出てくるかはどうでもいい話。

今の憲法下でも日本の元首が天皇か首相かはっきりしないと言われて
いるけど、憲法施行から50年近く、内政外交で支障が生じたことはない。

250 :無党派さん:2001/04/24(火) 12:49
天皇が元首で、天皇が国民投票に従って首相を任命 じゃあまずいの?

251 :無党派さん:2001/04/24(火) 13:12
うひ

252 :無党派さん:2001/04/24(火) 18:27
法律を学んでる人に質問なんですが、「らんよう」って「濫用」って書きますよね?

辞書で調べると「一定の基準や限度を超えて勝手やたらに使うこと」とあるんですが、
その後に「乱用とも書く」とあるんですが、どうして法律とかでは「濫用」で統一
されているんですか?

253 :無党派さん:2001/04/24(火) 18:31
シロウトが浅知恵付けないように>>252

254 :252:2001/04/24(火) 18:38
>>253
シロウトだし、法律は公民の授業でしか学んだことのない程度ですが、
純粋に「なんで?」って気持ちで書いた文です。他意はありませんよ。

255 :無党派さん:2001/04/26(木) 22:49
>>241
>天皇補弼機関

これって、前任の首相じゃだめなの?

256 :無党派さん:2001/04/26(木) 22:57
>>252
難しい言葉,用語を多用することで権威あるように見せる,判例
文や法律専門書でよく使うテだよ。

257 :h:2001/04/26(木) 23:39
>>252
そっちが国語改革以前の正字だから。
○  ×
銓衡→選考
輿論→世論
遵法→順法



258 :h:2001/04/26(木) 23:45
どうでもいいのだが

【輔弼】が正しい。

259 :名無し:2001/04/26(木) 23:54
公選で選ばれた首相・大統領には、その性質上強力な権威と権力が付与される。従って独裁制の危険も大きいのだが、アメリカの場合は連邦制と司法府・立法府の強さによってそれが阻止されている。
日本のような中央集権の国でそれを導入する危険は大きいと思う。

また日本のような立憲君主制の国では、権威は君主、権力は首相に分割されているわけで、首相公選が天皇制と衝突するというのはその意味で当然では。



260 :無党派さん:2001/04/27(金) 01:01
銓衡→選考
輿論→世論
遵法→順法
遵法は、いまでもこっちの方がよく使う。
遵法闘争というときはやっぱりこっちだ。

首相公選は些末でないので、他スレへ!

261 :無党派さん:2001/04/27(金) 01:31
地方自治拡充も徐々に進んでいる。
首相を公選するんだから、当然に立法司法の役割も変わる。
首相公選論はそこまで含めての話だよ。

また、天皇は首相が公選された程度で吹き飛ぶような軽い存在ではない。
歴史を見れば分かるでしょ? 日本が「立憲君主制」という言葉で簡単に
片づけられるような国ではないことが。

262 :259:2001/04/27(金) 02:11
>>261
私はそこまで楽観的になれないなあ。地方自治が根付くより、首相公選制の弊害の方が早く出ると思う。
また、そこまで日本という国を特殊視する気にもなれない。

263 :無党派さん:2001/04/28(土) 12:44
だから、首相弾劾裁判のシステムを用意するなど、弊害が出ないようにする
手当も含めての首相公選論だと言っている。

小泉も言っていたが、行政はおろか立法司法軍事の全てを一手に掌握していた
カリスマ的存在の織田信長や徳川家康がいたときにも天皇はそのまま存在していた。
公選された首相と天皇は十分に両立する国だと言える。

264 :無党派さん:2001/05/02(水) 00:43
段階が

265 :無党派さん:2001/05/02(水) 00:46
>>263
電波系だな。

> 小泉も言っていたが、行政はおろか立法司法軍事の全てを一手に掌握していた
> カリスマ的存在の織田信長や徳川家康がいたときにも天皇はそのまま存在していた。
小泉が本当にこんなことを逝っているのなら、ヤツに首相をやらせるのは
危険窮まりないな。小泉ってなんであんなに電波なんだろう???

266 :無党派さん:2001/05/06(日) 23:41
電波を感じます。

267 ::2001/05/07(月) 13:24
 首相公選制について、主権の権力的側面は公選の首相が行使し、主権の正当性(権威)の側面は天皇に象徴されると考えるのはどう?
 権力的側面の方は公選によって「実際の国民の支持」を得なければならなくて、権威的側面は「国民の支持を擬制」すれば国民主権との整合性も保てるし。
 現在の議院内閣制との違いは、権威の側面は変わらず、権力の側面だけ国民と直接に結ばれるようになる点にある。議院内閣制は複選制(議員を選んで議員が首相を選ぶ)に近くなっていて、アメリカの大統領を選ぶシステム(間接選挙)と比べても国民から遠すぎる。例えば、複選制だと、森は嫌いだがオラが選挙区の自民党の先生は支持するというありがちな場合、支持の低い首相が居座りつづけられることになってしまう。その点、直接選挙ならこういう情況はなくなる。
 ただ、そうすると、アメリカや宮城県・長野県みたいに行政のトップと議会与党の齟齬が生じて行政が滞る情況も生じる。これは、どちらからも妥協しやすいように選挙民の理解を進めるしかないと思う。
 また、主権者である国民の直接の支持を受けている機関は強力な権威も有しているから(例:ヒトラー)、その暴走を止められるようにする制度も必要になる。具体的には、議会に弾劾裁判権を与えたり、議員の3分の2以上の賛成で不信任・解任する権限を与えたり、司法権がブレーキ役になるように、住民訴訟みたいな制度を国にも作ったり、抽象的審査もできる憲法裁判所を作ったりするべきだと思う。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/07(月) 20:14
>>265
小泉は、たしかに総裁選のとき
このように発言していた。
覚えている。たしか、NHK。

269 :無党派さん:2001/05/07(月) 21:09
そうだね

270 :無党派さん:2001/05/08(火) 00:55
些末でない議論は止めよ。

271 :無党派さん:2001/05/08(火) 13:02
>>267
国政選挙が年に数回という事態になりかねないとおもう。
別にいいけど。でも税金かかるな。

272 :無党派さん:2001/05/14(月) 01:22
妄想の議論も止めよ!

273 :無党派さん:2001/05/22(火) 01:50
あーあー

274 :無党派さん:2001/05/25(金) 00:11
天皇家が途絶えたらどうするのだろう

275 :無党派さん:2001/05/25(金) 00:20
旧宮家から人身御供をぶんどってくる。
過去何親等まであったっけ?
光仁天皇あたりか?

276 :無党派さん:2001/05/25(金) 00:22
森山法相って土偶に似てない?

277 :>:2001/05/25(金) 00:24
ムネヲってさ、掛布ににてない?

278 :無党派さん:2001/06/14(木) 13:54
些末な突っ込みだが、皇室典範については他の板でやって下さい。

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)