5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

贋作について語りましょう

1 :にょ:2001/07/19(木) 20:26
美術の歴史の中で,贋作の占めてきた部分は案外深いのではないかと
思われます。究極的には、贋作は芸術となり得るか,とゆー事をお話し
したいなーと・・・
とゆー事で,早速ですが、私的にはフェルメールの贋作をやった
ヴァン・メーヘレンがツボなのですが、いかがでしょうか。

2 :its:2001/07/20(金) 01:08
ボイマンス美術館が購入した「エマオのキリスト」は、当代きっての
目利きであったブレディウスでさえ騙されたようですね。
たしか、ハーグのフェルメール展開催時にロッテルダムのクンストハル
が大胆にもフェルメール贋作展をやったようなやらなかったような・・・
あと、西洋美術館にも過去に泰正名画の贋作をいくつか購入したはず。
佐伯裕三の作品も一時期話題になったし。
贋作とは言わないまでも、レンブラントの作品に関しては、たびたび
アトリビューションがひっくり返ってる。今までレンブラントと思ってみてた
のに・・・ってかんじですね。
どちらにしても、発見、購入当時はみんな真作と思っていたわけですよね。
「嘘もつきとおせば、それは真実になる」ってこともあるのでしょうか?
実際今でも世界の美術館に贋作が真作として飾られている可能性は
否定できませんよね。

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/20(金) 02:49
日本の政治家がどっかに寄付したというルノワールの「少女」の
話がおもしろかった。
ヴァン・メーヘレンは、フェルメール研究の第一人者を
まんまと騙して恥をかかせたんですよね。痛快だ。

4 :its:2001/07/20(金) 08:25
アブラハム・ブレディウスは、当時のオランダの美術史家の重鎮。
マウリッツハイスの近くにブレディウス美術館というのもある。マウ
リッツハイスとは比較にならない内容だけど。
ついでにファン・メーヘレンはフランス・ハルスの作品でホーフステーデ・
フロートという17世紀オランダ美術史の大家もまんまと騙した。
騙す方もなんだけど、騙される研究者って一体・・・って感じですね。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/21(土) 11:46
真面目な芸術愛好家は怒るかもしれないけど、素人にとってメーヘレン事件は
面白ろすぎるエピソードですね。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/21(土) 12:32
メーヘレンの事件は、そのフェルメール研究の第一人者に対する個人的は恨みだったらしいよ、
自分の絵を認めてくれなかったから。
その第一人者は目が曇ってたし、比喩ではなく老化による視力低下が原因。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/21(土) 15:08
ともあれメーヘレンも歴史に名を遺したよね、画家としてでなく、
天才贋作画家としてだけど。その技術だけでもスゲーことだよ。
でも世の中にはメーヘレンよりもっとすごい技術を持った贋作家が
いて、「くそー、俺の方が技術は上なのに、俺も自白しようかな」
などとと悔しがってるかも。

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/21(土) 22:56
メーヘレンの告白の動機の背景には義憤があったのだと思う。
告白の動機がただの自己顕示では、到底無理でしょう。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/22(日) 00:55
福岡県立美術館にあるウォーホールの「エルヴィス」には
雁作であるという疑惑があるそうです。
「週刊文春」で読んだ。
税金で雁作を購入したとしたら、問題ですよね。
しかたのないことなのかもしれないけど。

10 :ナルサス:2001/07/22(日) 15:02
通りすがりの素人美術愛好者です。
贋作者の話でよく名前を聞く「バスティアニーニ」
のことご存じの方、実際にごらんになった方とか
いらっしゃらないでしょうか?
彼の作品は贋作ではなく芸術作品だ、等という話を
聞きかじったことがあるもので興味あります。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/22(日) 15:31
>>8
メーヘレンが告白したのは,ナチのゲーリングコレクションから「キリストと悔恨の女」が発見されて,叛逆罪に問われたからじゃなかった?
逆にそれがなかったら,どこかで告白をしていたのか,ずっと雁作づくりをしていたのか,どうなっていたのだろうか?
科学鑑定でいずれはばれただろうけど.

12 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/22(日) 17:25
>メーヘレンが告白したのは,ナチのゲーリングコレクションから
>「キリストと悔恨の女」が発見されて,叛逆罪に問われたからじゃなかった?

ソースは?

13 :11:2001/07/22(日) 19:42
>>12
フェルメール関係の書籍に書いてあっただけだからなぁ.
って,検索かけたらすぐ引っかかったよ.これでいい?
ttp://www.fujitv.co.jp/jp/unb/contents/p89_2.html
ttp://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/000527_2.htm

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/22(日) 20:06
う〜ん。
12ではないが、民放テレビ局は、信用できん。
面白い説を採用する傾向があるから。
もう少し1次資料に近いものはなかったの?

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/23(月) 14:24
「贋作への情熱」って本面白いよ。著者はど忘れしたけど、
「フェルナン・ルグロ」とかいうやり手、ホモセクシュアル、
の画商の愛人がブラックらの贋作を手がけ、結局はルグロ
に対する恨みからの告白本。だったと記憶してる。
「ルグロ事件」にまつわる詳細が解る。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/23(月) 15:56
11の言っている事は概ね正しい、
詳しくは「贋作者列伝」という本に載っている。
ttp://www1.odn.ne.jp/~cek75520/literture.html
漫画のギャラリーフェイクでもたまに参考資料みたいので載っている。
6の言っている事も同様、
国宝級のフェルメールを売って事で国賊扱い、
それを自分が描いたという事を告白し、ナチスを騙したという事で英雄扱い、
でもこの事件が無かったら自分が描きましたとは言わなかったと思う。
最初は贋作で美術界に一泡吹かせてやろうと思っていたのかもしれないが、その後はただの金もうけに走った贋作者。

17 :16:2001/07/23(月) 16:00
ナルサス氏へ、「贋作者列伝」には件のたしかバステアニーニも載っていたと思う。
同時期に贋作関係の本を複数読んだために自信はないが、絶版らしいので図書館で借りてみると良いでしょう。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/23(月) 16:10
>>11 科学鑑定でいずれはばれただろうけど.

科学鑑定はこの件があったから重要性を認められた。
それまでは専門家の目が最重要とされた。

19 :its:2001/07/23(月) 16:51
>>16
「フェルメール入門」というのにもその辺詳しく載ってましたね。
ゲーリングに売った画商ミードゥルから、メーヘレンの足がついて、監獄
に収容され、神経精神まいってあげく告白した、という証言が載ってました。
著者によれば、メーヘレンは国家反逆罪と贋作つくりの罪を秤にかけて、
刑の軽そうな後者を選んだのではないかと書いてありましたが。

>>18
またまた贋作話からそれてしまって申し訳ないんだけど、たとえばRRP
なんかは、この贋作の件を教訓にして結成された面もあるんですよね。
図像学、様式史、科学鑑定等の5人の専門家によって構成されて、
鑑定手段を多彩にして、さらに5人という複数の研究者を集めることによっ
て、判断の客観性ももたせようとした。
ところが実際は、判断保留のB判定ばかり増えてしまって、その上今でも
RRPの判定に疑問をもつ人は後を絶たない。
結局RRPの教訓として残ったのは、何らかの作品を真作か贋作か判断する
という行為は、これは真理か?という哲学的な問題が絡んでくるということ
なんでしょうかね?

20 :ナルサス:2001/07/24(火) 01:31
>>17
情報ありがとうございました。早速今度図書館ででも探してみます。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)