5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ロバート・ラウシェンバーグ

1 :私はダリ?名無しさん:2001/05/05(土) 10:23
を知っているひとー、れすくださーい。

2 :わたしはダリ?名無しさん:2001/05/05(土) 10:28
あれはなんでもかんでもくっつけたくっつけ絵じゃないのー
絵だか立体かわからない。

3 :知ってる人:2001/05/05(土) 11:16
知ってますけど、なにか?

4 :私はダリ?名無しさん:2001/05/06(日) 11:40
日本人の何人かはありゃ芸術じゃないとぬかすやからがおるのよ。

5 :私はダリ?名無しさん:2001/05/06(日) 11:44
「知ってる人」彼をしっている数少ないひとみたいだから
レスください。

6 :太郎:2001/05/06(日) 13:49
コラージュの人だっけ。ラウシェンバーグって。
百人中百人が思い付きそうな、コラージュの仕方だな。
個人的には横尾のコラージュの方が好き。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/06(日) 14:10
なんか、ポップアートが流行ってるのか?

8 :私はダリ?名無しさん:2001/05/06(日) 15:22
彼は生活そのものを芸術として表現した。
だから彼の作品にはタイヤや自転車などが登場する。
ダダの影響も濃いのかなあ?

9 :私はダリ?名無しさん:2001/05/06(日) 15:24
ところでラウシェンバーグって生きてるんだよね。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/06(日) 16:07
リキテンシュタインのほうが好き。

11 :私はダリ?名無しさん:2001/05/07(月) 10:44
コンバイン絵画。
コンバトラーV

12 :私はダリ?名無しさん:2001/05/07(月) 11:18
フランク・ステラもスキ

13 :私はダリ?名無しさん:2001/05/08(火) 10:17
コンバイン(合体)絵画。つまり生活道具とアートの合体。

14 :私はダリ?名無しさん:2001/05/09(水) 11:32
またかきこなし

15 :私はダリ?名無しさん:2001/05/09(水) 11:35
ジャスパー・ジョーンズ 頭が変

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/09(水) 12:06
なんかここビュッフェみたいになってるぞ(笑

17 :私はダリ?名無しさん:2001/05/09(水) 17:24
↑ダメ絵描き

18 :私はダリ?名無しさん:2001/05/10(木) 12:59
「絵は芸術と人間の両方にかかわっている。どちらもつくることはでき
ない。(僕はその二つの間の溝でたちまわろうというのだ)」
そう言った彼はジョーンズと軌道を接しながら、さらに過激に抽象表現
主義への挑戦をこころみる。1925年、テキサス州生まれ。
7枚の「ホワイト・ペインティング」(1951)からはじまって、中心
性のない異種混合的な並列構成によるコンバイン・ペインティングを発展
させ、“作ることのできない芸術、人生”の結合点を模索する。
日常事物の断片あるいは写真の導入は、ダダのシュヴィッタースやキュビスト
たちのコラージュににたものがあるが、事実を解釈せずに提示しようとする
徹底した即物的な身振りは彼個人のものである。特に観察者の目の高さと壁
の作品という伝統的な調和空間を解体し、観察者の身体そのものの感覚器官
を要求する作品構成は、現実としての事物=作品を現前させるという意図を
鮮明に浮き彫りにした。感覚領域への絵画的関心は古くから密接な交友関係
にあるマース・カニンガム、ジョン・ケージといったモダン・ダンス、現代
音楽のそれぞれに影響をあたえている。のちのポップ・アートやハプニング
は彼の影響むきに語ることはできない。

19 :名無し:2001/05/11(金) 16:31
あげ

20 :catt:2001/05/14(月) 11:39
ラウシェンバーグが「コラージュ」ではなく「コンバイン(結合)」とよぶ
作品群は、私たちが普段みなれている日用品や廃物であるダンボール、道路
標識、靴、ぼろ布、コカ・コーラのびん、タイヤをそのまま画面にとりいれた
もので物体(オブジェ)と絵画を同一画面上に共存させることによって「すべて
の物には同じ価値がある」という彼の考えを表現している。そして意外なことに
ダ・ヴィンチの「受胎告知」がコンバイン・ペインティングをつくらせるきっかけ
を与えた。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/14(月) 11:58
現代美術の解説って単純なのが多いね。

22 :地獄太子:2001/05/14(月) 12:12
↑アホ美術評論家

23 :catt:2001/05/14(月) 12:30
「私は今まで、二つ以上の作品を同時に制作することはなかった。しかし
シルクスクリーンの場合は大量のインクをつかうこともあって、いくつか
の作品を同時進行するほうが合理的なんだ。もし一つの作品にしかつくって
いなかったとしたら、いきづまった時、その作品にしばられてしまうだろう。
やっぱり前にすすみたいからね。そうして別の作品にしばらく手をそめてから
またもとの作品にもどってくればいいし、それで状況が変化しないのならその
時はその時でまた別の作品に移ればいい。もっともそうしてみても、時として
全部の作品でお手上げだ、なんてこともないわけじゃないがね」

24 :catt:2001/05/14(月) 13:21
>>23だから騙るなってば・・
どっからの引用ですか?(笑

25 :catt:2001/05/14(月) 14:10
1954年 29歳
ジャスパー・ジョーンズに出会う。マース・カニンガム舞踏団のため
の最初の舞台装置をデザインする。以後64年まで同舞踏団での共同
制作が続く。ニューヨークのイーガン画廊で「レッド・ペインティング」
の個展開催。このころ、「コンバイン・ペインティング」とよばれる
独自のスタイルが形造られ始める。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)