5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マサッチョについて質問

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/17(土) 08:20
素人ですが、ジオットの出現からマサッチョを経て、レオナルド、
ミケランジェロに至るまでの初期・中期ルネッサンス絵画がに興味があります。
ところで、早世したにもかかわらずマサッチョが何故、短期間にあのような
革新的な技法を身につけることができたのか、ご存知の方がいらっしゃった
らご教示ください。


2 :goatsong:2001/03/17(土) 19:08
>>1

マザッチオの「貢の銭」に見られるような空間構成や雄大な
人体は、突然に現れたものではなく、稚拙ながらも14世紀の
イタリア絵画に見られるものです。マザッチオはその傾向を
一層推し進めた、と考えられます。この背後には、一方で15
世紀初頭のブルネッレスキ、ドナテッロの活動の影響があり、
実際マザッチオは彼らと交流がありました。

1400年前後、ブルネッレスキの鏡を用いたサン・ジョヴァンニ
洗礼堂の写生は有名ですが、少なくとも彼の周りでは、線遠
近法的な空間構成という技術があるということがわかっていた
と考えられます。マザッチオに先行する、線遠近法的空間が
見られる代表的な作品に、ドナテッロの「竜退治の聖ゲオル
ギウス」がありますが、おそらく彼はこれを見ていたことでしょ
う。人体の堅固な造形も、ドナテッロ及び末期ゴシックの彫刻
の古典性と写実性に拠るところが多いと思われます。
http://www.bluffton.edu/~sullivanm/orsanmichele/donatellorelief.jpg

このように各要素を見ていけば、先例は簡単に見出せるので
すが、かといって、これでマザッチオの美術が説明できるわけ
ではなく、その高い完成と革新性は、やはりマザッチオの天才
としかいいようがないでしょう。


3 :1:2001/03/17(土) 19:30
>>2
goatsongさんありがとうございます。いつも色々のスレッドでの的確なご説明、
とても参考になります。ひょっとして、ご専門家でいらっしゃるんでしょうか?

4 :goatsong:2001/03/17(土) 19:39
単なる美術好きです(笑)。


5 :お絵描き君:2001/03/17(土) 21:02
付記としてね。
マザッチオとドナテッロは共にローマオタクだったんだよ。
たしか旅行も一緒にいってたと思う。源流はローマ彫刻に
もあり。


6 :1:2001/03/18(日) 12:14
>>5さんへ
追加情報ありがとうございます。
たしかに肉体のあり様だけでなく衣服のひだの描き方が古典古代の彫刻っぽいですよね。

7 :goatsong:2001/03/18(日) 15:37
あっ、ローマ美術、忘れてた。ちなみにドナテッロとローマ
旅行に出たのは、ブルネッレスキですね。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)