5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今日見てきた展覧会

1 :ななし:2001/01/07(日) 17:07
デ・キリコ展に行ってきました(Bunkamura)。

のっぺらぼうがニ人、一人は首をかしげている
絵が気に入りました。


2 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/07(日) 22:41
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gallery&key=966888869&ls=50
あんまり新規スレッドを立てないでください。


3 :金なし:2001/01/08(月) 14:46
これはこれでいいんじゃないの。ネーミングのニュアンスがちょっと
違う。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/08(月) 16:17
そうだよ、全然違うじゃん。

必死にまとめようとすんのも気持ち悪い。

自分の意見もなくて、ただパトロールするのもいいけどさ、たま
には書けば。

5 :1:2001/01/20(土) 21:16
2さんに叱られた1です。
ざっとスレをみたのですが、関連するスレがないと思ってスレを
たてました。展覧会関係のスレがあったのですね。
専門的なレスが多いのに驚きました。
まあ、ここは私の日記がわりということでお許しいただきたいと思います。

今日は川崎市岡本太郎美術館で開催されている「太陽の塔からのメッセージ」
を見てきました。
太陽の塔にたどりつく前に、他にも造形を作っていたことを初めて知りました。
さまざまな仮面が展示されているコーナーが気に入りました。ここでは各国の仮面が
みることができてました。
常時展示されている作品では「傷ましき腕」が好きです。



6 :にっく:2001/01/24(水) 00:20
ワタリウム美術館で「幸福の場所を探して」を観てきました。
・・・元々ここんとこ鬱気味だったのがさらに悪化しました。
タイトルで勘違いしてたけど、幸福の場所を探すのはアーティストじゃなくて
観る人の側だったのね。
なんつーか、幸福の定義がもはや曖昧になった現在地点を再認識させられたという
感じです。
個人的には副題に「終わりなき日常を生きろ」とつけたいかも(w

余談だけど、4階でモシュクワ・ランガ本人にお酒をすすめてもらえたのはちょっと嬉しかった。
けど、度数高い酒ばっかりで割るものはカクテルライムくらい。
ウォッカ原液はきぃたわ。

7 :すいっち:2001/01/25(木) 21:55
出光美術館で「小山富士夫展」というのを観てきました。陶芸です。
私は陶芸には全く興味ありません(だったら何故いく?)。
会場に入った瞬間、やっぱやめといたほうがよかったかも、という雰囲気。
ただ白い皿とかを見せられてもなあ…。
でも、気を取り直して、例えば茶わんとかを「これで飯をくったらいいかも…」
というような見方(なんだそりゃ)で見たりすると、いままでどれも同じように
見えていた器にも好き嫌いがでてきたりします(だけど、そんな見方でいいのだろうか?)。
一番気に入ったのは、真っ白でシンプルなお茶碗でした。
色がなんとも言えない柔らかさなうえ、形がポヨーンと微妙に歪んでいるのがgoodです。
結局この人の作品の魅力は形のもつ不思議なファジーさにあるようです。
いつのまにか「いい仕事してますなー」と心の中でつぶやきながら見てました。
陶芸界ではどのような評価を得ている人なんだろうか。

いつものムンクコーナーには、彼の風景画か展示されてました。
あまり良いとは思わなかった。

絵葉書コーナーに仙がい(←なぜか字が出ない。涯のサンズイがないやつ)という人の
水墨画(というか禅画かな)の絵葉書がたくさんあって、見ているうちにちょっと興味が
わいてしまった。ものすごいテキトーな絵が多いが、なんか惹かれてしまう。
仙がいって誰なんだろう。


8 :よっちゃん:2001/01/25(木) 23:51
大阪城にて、戦国合戦図屏風を見てきました。レポート書かないと
いけないのに、何書いていいやら・・・。
ネットで検索しても、あまり、出てこないし(T_T)
いちおー、知った情報は、全国に70近くあるって事ぐらい。。。
後、これって、何故、右と左の二隻に別れてるの?後、武士達の
武器・道具に動物がデザインされてるの?
初心者なんで、勘弁して下さい。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/26(金) 03:50
仙ガイ義梵ですね?
禅宗の坊さんですよねたしか。
□△○とか筆で書いてた。

出光美術館、ロケーションも良いし好きなんです〜
陶片資料室で皇居見ながらちゅーできるよ♪
常設の中では仁清、乾山があるので行って損したと思うことは
ないです。確かに絵はあんまり印象に残ってない。
常設かどうかは覚えてないけど、屏風はよかったのでは?
光琳だか抱一だかの。あ、風神雷神があったんでは?

10 :すいっち:2001/01/27(土) 23:59
>>9さん
○△□の人だったのですか。知らなかった。
じつは○△□の絵はこれまで、くだらん、としか思ってませんでした。
彼は人や動物や風景まで記号化して描いていたわけですね。
ちょっとクレーやキュビズムみたいだ。
ほとんどパイナップルのようにしか見えないトドの絵が好きです。

11 :空耳:2001/01/28(日) 04:18
伊勢丹 ベルギーの巨匠5人

マグリット目当ての人は行ってはいけない。
ろくなの来ていなかった。
デルヴォーはなかなかに大作揃いなので満足した。
アンソール、ペルメークを初めて見知ったのだけれど、
ペルメークに興味を持った。
婚約者が良い。

それから、レオン・スピリアール。
http://www.artmagick.com/artists/spilliaert1.asp
やはりとても良かった。
初期のものはどれも小さいのだけど、
全て強い個性が感じられる。
消失点が途方も無く遠いところにあるので
どうしても見入ってしまう。
他の人も思わず足を止めている人が多かった。
どうしようもなく暗い。

中期と、言っていいのかな、
次第に親密さが増してくるんだけどこのあたりも
何とも良かった。
航跡のある海景、海水浴からの帰り、等々
何か原風景のようなものを思い起こさせてとても懐かしい。

後期はとても明るい。
その明るさも素直な明るさなので幸福感に浸れる、けど、
やはり初期のあれらの個性は失われてしまった気もした。


12 ::2001/01/28(日) 22:40
ベルギーの巨匠5人展を見てきました。(空耳さんといっしょですね)

アンソールの絵ははじめて見ましたが、好きになりました。
色彩がよかったです。
「笑いから涙へ」、「アンドロメダの開放」、「七つの大罪」が
印象に残りました。

スピリアールの絵もはじめて見ました。「エヴァと蛇」の幻想的な
感じがよかったです。

デルヴォーの描く女性は、生命感がないですね。

マグリッドの絵は見たことがあったのですが、
30秒ぐらいで通りすぎました。
他では、よかった記憶があるのですが、
空耳さんが仰るように、いい絵がきていなかった
ということでね。

#今日は混んでた。


13 :ななし:2001/01/28(日) 22:42
暇がないのよ

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/29(月) 16:13
    ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜´ ( ・д・)< 久しぶりに来たら偽物が・・
  uu u u   \_______



15 :よっちゃん:2001/01/29(月) 16:15
    ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜´ ( ・д・)< ただ単にハンドルかぶっただけ?
  uu u u   \_______



16 :空耳:2001/01/30(火) 00:31
>よっちゃん
やっぱり。
違う人だったんだね。
よっちゃんは画廊勤務なのに・・・
と思った。

17 :カミーユ:2001/01/31(水) 00:15
オペラシテイ行ってきました。
常設展が良かったです。奥山たん萌え〜
「出会い展」はクソつまんなかったでしゅ。


18 :よっちゃん:2001/02/07(水) 02:30
>空耳

そう、レポートは書きません。

19 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/22(木) 03:17
『ベルギーの巨匠5人展』を見てきました。
ルネ・マグリット、ポール・デルヴォー、アンソール、等です。
ベルギーの画家っていいのかなあ?
なんか、美術史に大きな影響を与えたとか書いてたけど、くだらなく思えた。
アンソールはポップアートのように思えたし、マグリットもなんかくだらなかった。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/22(木) 05:46
ですからそのくだらなさが、現代の美術に影響を与えた所以でしょう。からかってんじゃなく。
わかるでしょ?

21 :goatsong:2001/02/25(日) 11:53
>>19

アンソールがポップ・アートのよう、ってことはないでしょ。
色使いぐらい。むしろ全く逆を行くものと言って良い。別に
好きじゃないけどね。彼の最高傑作と言われる「キリストの
ブリュッセル入城を貼っておこう。アンソールはシュルレア
リスムの文脈で、その後の美術に影響を与える。
http://www.tigtail.org/TVM/X2/c.PostImpressionism/ensor_christs-entry_into_brussels.jpg

ルネ・マグリットは概念芸術、ポール・デルヴォーは三流シュ
ルレアリストや陳腐なイラストレイターに絶大なる影響を及ぼ
す。私はどっちもつまらぬ画家と思ってるけど。


22 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/25(日) 19:10
別にアンソールの全体像について言っているわけではないと思うよ。
展覧会にやって来た作品を見ての印象を述べているわけでしょう。
ちょっと面白い意見ですね。どんな作品が来てたのかな。

23 :∵ббб∵:2001/02/25(日) 22:59
>>21
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gallery&key=974651043&ls=50
の48で書いてることと矛盾してるぞ。ゴルァ

24 :∵ббб∵:2001/02/25(日) 23:20
いや、まいいんだけど。

25 :goatsong:2001/02/26(月) 13:35
別に私もどうだっていいんだけど、あえて言っておけば、
(哲学的に)難解だとは言ったが、(芸術的に)優れてい
るといった覚えはない。どこかに書いたが、芸術におい
てより重要なのは、「何を表現するか」でなく、「如何に
表現するか」である。深遠な思想の表現を持っているから
優れた芸術というわけではないでしょ。だったら哲学者
にでも描かせればいいし、そもそも芸術である必要はな
い。問題となるのは、それを如何に見せるかなわけ。

例えば、およそ思想の表現なんかと縁遠いマティスの芸
術が、アフォーダンスであるとか小難しい哲学を盛り込
む概念芸術より劣る、などということがあり得るだろう
か?マグリットには認識論だとか、フェティシズムだと
か、まあ難解な問題が含まれているんだけど、芸術とし
てはどうというものでもない、と言いたいの。

これと似たことだけど、「美術的」と「美術史的」は違う。
司馬江漢は「美術史的」には興味深いが、「美術的」な価
値はない。深層心理学的に、歴史学的に、考古学的に興
味深いものが必ずしも芸術として優れているわけではな
いのと同じ。


26 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/26(月) 21:38
goatsongさんの勝ちですな。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/26(月) 22:51
しかも圧勝(笑
でも>>21のgoatsongのレスの仕方には引っかかるものがあった
理由は>>22と同じ


28 :∵ббб∵ :2001/02/27(火) 00:26
さすが俺とは知能指数が1桁違うようだ。

goatsongって女なんだっけ?



29 :ぬほほ:2001/02/27(火) 01:24
>>25
圧勝かどうかはどうでも良いが、
普通のことを普通に書いてあるのが
普通に通用しないのが困るよね。

30 :∵ббб∵:2001/02/27(火) 01:41
>>29
俺もどうでもいいけど
そのしたり顔の教養主義的な発言って
燃えてくるな。
???普通?


31 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/27(火) 02:05
>26-30
ぺちゃくちゃうるさい(笑)

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/06(火) 22:01
age

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/06(火) 23:57
国立の石器展

空いてたよ。混んでる展覧会ってどうにからならんの。足疲れるし。
鑑賞用ゴーカートが欲しくなる。縄文中期の火焔土器みたいなアレさ
は何でしょうか?あんたおもしろいよ、って作った人に声かけたくなる。

http://www.tnm.go.jp/scripts/Col/MOI1.idc?X=J34947&Y=C0001315&Z=S

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/07(水) 00:03
http://www.tnm.go.jp/scripts/col/MOI1.idc?X=J34947&Y=C0001317&Z=S

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/07(水) 00:04
http://www.tnm.go.jp/scripts/col/MOI1.idc?X=J34947&Y=C0001316&Z=S

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/07(水) 00:05
http://www.tnm.go.jp/scripts/col/MOI1.idc?X=J34947&Y=C0001315&Z=M

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/07(水) 00:46
壷なもんだから、パソコンの使い方がよくわからんのよ、ごめんね。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/07(水) 23:18
26は電波

39 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/08(木) 10:33
カラバッジオ来るね、日本に。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/08(木) 10:35
ソフィ・カル見てきた。

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/13(火) 20:39
池袋の古代オリエント博物館で、タンカの世界・チベット仏教美術展っていうの
やってるんですけど、見に行った人はいますか?

42 :空耳:2001/03/13(火) 22:48
>>39さん
いつどこに来るのですか?

43 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/13(火) 23:00
わーい、空耳さんだ。

44 :goatsong:2001/03/13(火) 23:47
>>42

お久しぶり(笑)。


45 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/14(水) 02:53
testです。


46 :空耳:2001/03/15(木) 04:14
わたし旅行に行ってました。
お久しぶりでございます。
あっというまに多くのスレッドについてゆけません。
ただただ見守るばかりです。

47 :goatsong:2001/03/15(木) 05:04
>>46

去年、プラド美術館で開かれた大規模なカラヴァッジオ展が、
来年の3月から6月にかけて、国立西洋美術館で開かれる予定
のようです。


48 :ほんとに恥じかも:2001/03/15(木) 09:25
それどんな人ですか?>47

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/15(木) 09:44
今年、「日本におけるイタリア2001年」の一環の
カラヴァッジョ展(仮称)
東京都庭園美術館(2001年9月29日〜12月16日)
が、あるようです。

50 :優しい名無しさん:2001/03/15(木) 10:16
来年の3月からはプラド美術館展だったと思うが>西洋美術館

51 :goatsong:2001/03/15(木) 10:42
本当だ。私の勘違いです、申し訳ない。

>東京都庭園美術館
>カラバッジョ展
>'01.9/29(土)〜12/16(日)

>岡崎市美術博物館
>カラバッジョ展
>2001年12月?日〜2002年2月?日


52 :空耳:2001/03/15(木) 16:57
ありがとうございます。
カラヴァッジオを実物で見ることの出来る
貴重な展覧会です。
しかも私の好きな庭園美術館だし。
楽しみ楽しみ。
>>48さん
http://sunsite.sut.ac.jp/cgfa/caravagg/index.html
goatsongさんの受け売りによれば
それまでのマニエリスムを厳しいリアリズムによって
打ち破った人とのことですが・・・
一日1画家鑑賞スレッドに出てきましたので
もう少しくわしいことがあちらに載っているでしょう。

それより憧れのプラド美術館展が来るっていうのが
嬉しい!!
あんな名画やこんな名画がわんさか・・・


53 :お絵描き君:2001/03/15(木) 18:28
カラヴァッジオは楽しみだね。
ローマのバルベリーニ宮とかいうところで見た
ナルシスやユデイットの展示は酷くて、誰も監視員がい
なかった。カラヴァッジオごときじゃ大事にされないの
か?と思ったら、フィリッポ・リッピの絵に直射日光があ
たりまくりだった。田舎町の美術館みたいでローマ人は
ナニを考えているんだろうかと悩んだね。最近はまともに
なったのかね。

プラド美術館展の来日作品リスト知ってる人教えてくれ。
あと、最近地下鉄広告で見るルネッサンス展というのはナニ?

54 :goatsong:2001/03/16(金) 01:25
>>53

http://www.nmwa.go.jp/sch-j.html



55 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/19(月) 18:50
愛知県美術館の岸田劉生。
最高でしたよ。
重文の絵は重文でした。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)