5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

若冲展

1 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/18(水) 20:34
京都国立博物館 10/24-11/26
とにかく何がなんでも絶対に行きます。

http://www.kyohaku.go.jp/spe_exhi/specialj.htm
>国内外にある若冲の代表作、有名作、新発見および再発見の
>作品を網羅した展覧会は、今後望むべくもなく、この機会に
>是非ともご鑑賞下さい。

朝日新聞によれば、
「動植綵絵」11点、
「プライスコレクション」他海外流出品38点、
総数150点。

2 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/18(水) 23:46
うわあこりゃ凄い。絶対に行くぞお!!

3 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/19(木) 00:17
伊藤若冲、もっと評価してほしい。
国宝が一点もないのはおかしい。

4 :goatsong :2000/10/19(木) 01:35
>>3

単に、「動植綵絵」含む若沖の最高傑作がもと天皇家の御物
だったってだけ。これについては日本史板の↓のリンク先
を参照して。84、90が私です。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=968147735

90の訂正なんだけど、天皇から国民の所有になったのは、
戦後ではなく、今上天皇の即位の時だったかも。


5 :イロゲー :2000/10/19(木) 04:42
 僕が若冲を知ったのは10数年前に富士ゼロックスかどこかが
群鶏図をコピー機のCMに使ったのがきっかけでした。
 世間的にもその頃、注目され始めた気がするので、もしかしたら、
それが、その時期だったのかな?

 goatsongさんが書き込んだスレって、たまに入るチャチャが面白いですね。
最近の学生の学力低下の原因は、若い人が古典落語や講談を聞かなくなったからだと
僕は思っています。



6 :我も〜 :2000/10/22(日) 00:06
若沖知ったのはシリーズ物の画集からです。構図も色使いもスバラシイ。
そして海産物やらカエルやらの可愛いコト。本当もっと評価されるべき。

朝日新聞の日曜版で若沖展のコト知りました。
この時期の京都は高くて財布にイタイのですが、民宿泊まってぷらっとエコノミーで、
貧乏旅行して来ます!ずっと生見てみたかったし。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/22(日) 02:26
わたしも今度の京都国立博物館での展覧会で初めて実物を見るので
非常に楽しみにしてます。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/22(日) 02:28
でも、あの人てヒッキーだよね。

9 :goatsong :2000/10/22(日) 18:37
若冲って明治の頃は結構、評価が高かったらしいよ。
でも、その内なぜか廃れて、日本では昭和30〜40年代に
若冲とか蕭白みたいな奇矯な画家が、また脚光を浴び始める
んだけど、その前に外国人が買い漁っちゃったってわけです。

私は去年の「皇室の名宝展」に行ったんだけど、隣で
若冲を見てる女の人が「目がチカチカする」って言ってた。


10 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/22(日) 20:46
蕭白って本当にそんなに凄いのかな?
なんとなく派手で目立つからってだけで
持ち上げられてるところがあるような気がする。

11 ::2000/10/22(日) 22:11
今日、長年行きたかった時代祭の行列見物に行って来ました。
バスで京都博物館の前を通りすぎたら、
工事中のところの塀に若冲展の大きな看板が出てました。
バスの車内にも広告が。
京博も気合入っている様です。
シヌホドタノシミ!

しかし、京博さん、もう三日早くやってくれれば、
二度も続けて京都まで行かずに済んだのに、、、。

12 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/23(月) 08:34
>11
なーに?京都来てたの、言ってくれなきゃ、水くさいなぁ。

いよいよ明日からですね。明日は混んでるだろうから、自分は
明後日か明々後日くらいに行ってこようと企んでおります。
だれかタダ券くれないかなぁ・・

13 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/23(月) 16:38
先日解散したペヨトル工房から、伊藤若冲のポストカードブックが出てました。
あべの古書店さん等を通じて、まだ入手可能なようです。
http://www.fuji.ne.jp/~ayame/book/list_art.html

ペヨトル工房 http://www.tctv.ne.jp/members/peyotl/index.html
あべの古書店 http://www.fuji.ne.jp/~hirosige/

 #名前は漠然としってたんだけど、上のページで画像見てぶっ飛んだ。
  おもしろいよねー。ボクも国立博物館行こうと思ってます。

14 :6 :2000/10/24(火) 01:13
画集の販売とか無いんですかね?だいぶ期待しているんですが。
行かれた方、お手数ですが教えていただけると有り難いです。

画集って高いですが...。是非とも欲しいんで、事前にお金の用意をね、しておきたいんです。
ホント、貧乏旅行なので、使っちゃわないようにしないといけないので・・・。
ああ一日で足りるかなぁ...。じっくり見たいしなぁ...。


15 :goatsong :2000/10/24(火) 01:25
国立の博物館、美術館の展覧会のカタログだったら、1冊
2000円から2500円ってとこだよ。別に、京都で買わなく
たって、東京や奈良の国立博物館に余ったのが必ず来るし、
最近は河出から2000円ぐらいの画集もでてるし。

後、全部見たい人は2、3回行かなきゃ駄目だよ。
全部同時に展示するなんて、まず有り得ないよ。


16 :goatsong :2000/10/24(火) 01:40
>※会期中、一部陳列替を行いますのでご了承ください。

だって。




17 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/24(火) 10:11
今、図録だけ先きに手に入れて今から見ようとしてるのですが、
京博、気合い入ってます。厚さだけでも3cm以上あります。
まだ見に行ってないので、はっきりした値段など分ってないのですが、
近々行く予定なので、わかればまた書き込みます。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/24(火) 20:08
>>16
それは知らなかった
詳しい情報きぼ〜ん


19 :1>18:2000/10/24(火) 22:48
非常にわかりつらいですが、1のリンクから下記へ行けます。
http://www.kyohaku.go.jp/tokuten/jakuchu/jaku1j.htm
さらにここから、下記に行けます(今日発見)。
「特別展覧会 没後200年「若冲」 陳列替予定」
http://www.kyohaku.go.jp/tokuten/jakuchu/tenjigae.htm
上記内容をかいつまんで言うと、
10/24-11/5(前期)

20 :1>12:2000/10/24(火) 22:56
>なーに?京都来てたの、言ってくれなきゃ、水くさいなぁ。
祇園で鯖寿司買って、三条まで歩きました。
天気が良くて良かったですよ。
三条あたりだと、行列のお兄さん方のダレ具合が丁度良くて、
見ごたえありました。(笑

>だれかタダ券くれないかなぁ・・
たったの830円ですよ。学生さんは450円だし。
ぼく、しょうろくでちゅ、って言えば250円!

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/24(火) 23:02
よしっ。その作戦で前中後期、3回いくでちゅ!

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/25(水) 02:29
動植采絵修理したのもでて良かった。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/25(水) 09:20
込んでる?

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/26(木) 03:15
ふむ。

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/01(水) 05:27
なるほど。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/04(土) 23:31
私、来週、見に行くんですけれど、会場混んでました?
だれか教えて。

27 ::2000/11/05(日) 10:53
昨日行ってきました。混んではいましたが、
それほどではありませんでした。
それよりも、19の内容は大嘘です。
展示替予定は、大幅に更新されています。
詳しくは19のリンク先を参照してください。

28 :maru:2000/11/06(月) 00:42
1さん情報ありがとう!
今週さっそく行ってきます。
承天閣美術館も行こうと計画していたんですけれど
京博に出張していたのね。


29 ::2000/11/06(月) 23:00
一部工事中のため、駐車場が30台分くらいしかありません。
わたくしが行った4日には、待ちの車が数台いました。
しかも駐車場入り口が七条通りと東大路のT字路の際にありますので、
土日では結構大変だと思います。


30 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/08(水) 11:33
まだ行ってないんですが、前期だけの展示が結構多いですね。
ちょっと残念。

31 :goatsong:2000/11/11(土) 17:27
今日の「美の巨人」といい、明日の「日曜美術館」といい、若冲づくしだね。


32 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/11(土) 17:38
昨日か今日行く予定だったのに、風邪ひいて行けなかった(泣)
明日までになんとか体調戻さないと中期は見に行けない・・・
でもまだ熱が8度7分あるよお(泣)

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/11(土) 18:30
図録重い・・買うつもりなら覚悟しといた方がいいかも。
¥2500でした。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/11(土) 20:43
>>33
出品作品はほぼ収録してるんですか?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 22:00
今からテレビ東京みるべし!!!

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/12(日) 00:42
>>34
美術館オンチと見た!


37 ::2000/11/12(日) 01:18
カタログは発送してくれると言ってましたよ。
展示作品はもちろん全て収録です。
図版全部カラーで解説付きで400ページ。
その他、いろいろ薀蓄も書いてありますので、
2500円は絶対安いです。
っていうか、編集一年以上かかってるんじゃ、
というくらいの力作です。

なお、4日の時には、虎図の元ネタの虎図が
旧舘の方に展示されてました。

38 :イロゲー:2000/11/12(日) 19:13
 行ってきました!若冲展。満喫してきました。
まさにその場から去りがたいような展覧会でした。

 9時の開場の時間に行ったところ、まだ空いていて
出品されていた動植綵絵11図を独り占めして見る事が
出来ました。

 動植綵絵の、緻密な描写や華麗な色彩もさることながら、
水墨画に見られる軽み(かろみ)が彼の真骨頂だったんではないか
と思います。
 いままで、若冲に繊細で神経質なイメージを持ってたんですが、
豪快でおおらかな作品も多い事を知ったのも収穫でした。
菜虫譜の最後に書かれている蛙が心のツボにはまりました。

 高速バスで片道8時間、足代と宿代で2万円、行った価値は
充分ありましたが、秋の京都の男の一人旅は寂しかった。


39 :goatsong:2000/11/12(日) 21:36
若冲を見た後は、東博の東洋館でもいって、中国絵画を
見てみましょう。ああいうものがどこから来たのか、
わかります。


40 :goatsong:2000/11/12(日) 21:40
http://www.tnm.go.jp/scripts/col/MON1.idc?Q=14______4_3__

こういうのね。


41 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/13(月) 01:33
先週の金曜日、夕方に行ってきました。
比較的空いていました。
(空いている事自体は複雑な気分ですが....)

『よかった!』の一言では表現できないほどの展覧会でした。
東京に戻ったその日に12ch

42 :34:2000/11/13(月) 01:45
>>36
だって安いからさ。
僕も今日行ってきました。良かったです。(混んでたけど)
>>38さんと同様に僕も水墨画が興味を惹かれました。
実物を見てみると、ぼかしや濃淡を本当に有効に使っていて、
しっかりとした土台あっての奇想なんだと感心しました。
もちろん動植彩絵には大感動でした。


43 :名無しさん:2000/11/13(月) 07:41

展示の解説が平板でなく、個性的(悪く言えば主観的)なところが良かったね。
京博の学芸員の人が書いていたらしい。

子犬が沢山いる絵が可愛かった。この絵、2001年ポスターのはあったけど、
絵ハガキは一部分だけの抜粋だった。沢山いるから面白いのに、絵ハガキ作っ
た人は何考えてんだか。

図録はこちら(東京)で中国国宝展の時にでも購入しようと思って買わなかっ
た。だって厚いし重いんだもん。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 09:46
子犬は円山応挙のほうがかわいかった。
若冲の子犬の絵は目がちょっと怖い感じがした。

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/13(月) 15:44
図版は色が少し悪かった。
安いからしゃーないが。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/13(月) 20:26
どうして京都でしかやらないんだろ。
わざわざ行くけどよぉ…展示変え前のも見たいぞ。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/13(月) 21:48
誉めてもらえて嬉しいです>図録

48 :goatsong:2000/11/14(火) 00:18
今回の「日曜美術館」は久しぶりに出来がよかった、村上と
プライスさえ出なかったらね。「美の巨人」はなんだかなぁ。
解説もさることながら、「動植綵絵」の現物が映せないあたりに、
民放の限界を感じた。

若冲の「動植綵絵」の内の何点かは、おそらくは日本絵画の
最高峰(の一つ)であろうけど、やはり宋元画の恐るべき高み
に較べると見劣りするような気もする。(等伯の「松林図
でさえそうだろう)


49 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/14(火) 10:18
「松林図」はともかく「動植彩絵」は宋元画の影響は大きくても全く異質の絵画でしょ。
優劣を比較することに意味があるとは思えないんですが。

50 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/14(火) 20:54
宋元画の花鳥画の代表的作品はなんだろ?
牧溪の鶴図と猿図かな?

51 :イロゲー:2000/11/15(水) 02:52
 中国国宝展を見に行ったついでに、東洋館寄って、宋元画
見ようと思ったら、展示してなかった。今は明代の絵ばっかり。

 ウェブで見る限り、空間の作り方がルネサンス以降の洋画の方法を
先取りしてるみたいに見える。


52 :goatsong:2000/11/15(水) 11:34
>49

いや、全く異質ってことはないでしょ。若冲は宋元画の
影響も受けているそうだが、最も、身近に接していたのは、
明清画、特に明画の二流品だったらしい。実際、明代の
花鳥画は、写実的描写といい、毒々しい色といい、影響
関係が自ずと見えてくるもの。

「動植綵絵」に見られる過剰な装飾性も、非現実的な
生き物の組合せも、すでに先行する中国絵画に見られる
もの。「野菜涅槃図」等に見られる、涅槃図のパロディ
も先例があるらしい。だからと言って、これらの事実が
若冲の独創性を否定するわけでもあるまいと思う。

>50

よく知らないけど、徽宗あたりが有名なのでは?

>イロゲー氏

残念ながら、宋代の絵画は滅多に見られないよ。
たまーに元画がでる。あとは大抵、明清でしょう。


53 :49:2000/11/15(水) 19:46
>>52
よくわからないな。
それなら余計宋元画と比較するのは意味がないんじゃないですか?
明清画ならわかるけど。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/15(水) 21:43
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  うんうん   |
 |_________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ


55 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/15(水) 22:04
若冲展よかったのですが、作品が多すぎました。見るのにも
かなりの体力がいることを痛感しました。
できれば二回に分けて鑑賞したほうが良いと思いました。
図録はあの値段ならば、お買い得です。


56 :goatsong:2000/11/16(木) 00:42
>>53

花鳥画というジャンルが中国で生まれ、その精華、及び
古典(その後の範となるもの)が宋代のものであるなら
比較されて当然のことだと思うが。例えば、16世紀の
ラファエロと18世紀フランスの新古典主義のように。


57 :goatsong:2000/11/16(木) 01:05
イロゲー氏の指摘する通り、(ルネサンスの空間把握とは
性質を異にするが)宋代の絵画を見ると、いかに当時の
中国絵画の表現力が豊穣であったか、思わずにいられない。

例えば、東博の至宝である「瀟湘臥遊図」や
http://www.tnm.go.jp/scripts/col/MOD1.idc?X=TA161
梁楷の「雪景山水図」。
http://www.tnm.go.jp/scripts/col/MOD1.idc?X=TA141
描かれたのは12,13世紀であるが、西欧美術が
これほどまでに自然な風景描写とその遠近感を獲得するのは、
16世紀になってから。これを見るだけで、東洋の優位
という当時の情勢がわかるはず。


58 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/16(木) 01:53
>>56
若仲と宋元画の関係がラファエロと新古典派の関係?
ちょっと違うんじゃないの?
それにわざわざアングルとラファエロの優劣比較する奴もいないでしょ。

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/16(木) 01:59
明の花鳥画のルーツは宋にあるんじゃないの?


60 :若沖は北斎より天才:2000/11/16(木) 02:26
若仲の名前って禅の「最も充満したものは、あふれて決して尽きる事が無い」
ってところから雅号にしたと物の本に書いてありました。
なかなか哲学者だったんですね。
北斎より知名度は低いけどそれに並ぶ天才だと思います。
あの当時に既に「フラクタル」という原理を体感し、表現していたのですから
晩年のかわいい絵、地蔵も凄い境地を感じます。
画苦生時代、模写を試みましたが極度な集中の持続が絵から伺われ
5センチ位描いた時点で再現は不可能とあ諦めました。
きっと我々凡人とは同じ世界にあっても違うものが見えていた
能田と思います。

61 :49=58:2000/11/16(木) 03:58
ちょっとしつこかったですねぇ。
私は別に若仲信者ってわけじゃないし、
宋元画も明清画も詳しくはないけど好きです。
でも素人なもんで、影響を受けてるからってわざわざ
ルーツである古典の話持ってこられるの好きじゃないん
ですよね。学問的には意味があるんだろうけど。
例えば宮崎アニメを見てて「ディズニーと比べたら・・・」
とか言われるみたいな感じです。

徹夜でレポート作成してる途中なのに何やってんだろ私は・・・

62 :61:2000/11/16(木) 04:04
ごめんなさい。49=53の間違いです。
最初は>>56 >>58にするつもりだったんで。

63 :よっちゃん:2000/11/16(木) 04:05
    ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜´ ( ・д・)<坊さんと仲が良かったから仏教的インスパイア受けたのかもね
  uu u u   \_______



64 :よっちゃん:2000/11/16(木) 04:07
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | ↑若冲の話な  |
 |_________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/16(木) 06:25
あー、ジテンシャで10分で行けるのにまだ行けてないよ。
ほんとは15日に行こうと思ってたんだけど、あいにくの雨で
行く気がそがれてやめちまいました。なんか行った人の感じだと
平日はかなり空いてそうですね。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/16(木) 07:44
一作一作ちゃんと見ようとしたらかなり時間かかるよね。
全部見るのに3時間かかっちゃった。

67 :goatsong:2000/11/16(木) 20:55
若冲と宋画の関係=新古典主義とラファエロの関係とは
言ってないよ。異なる時代、地域、民族、思潮に属して
いても、その作品の比較を許すってこと。もとより、
影響関係なんかなくたって、比較は充分に有意義であるし
(例えば北魏の彫像とゴシックのそれ)全く異なる
パラダイムに属する作品に優劣をつけても、構造主義者
でもあるまいし、場合によっては問題はないと思うが。
(例えば、11世紀の源氏物語と西欧のロマンス)

ところで、ラファエロと新古典主義という例は、ちょっと
拙かった。私の脳裡にPre-Raphaeliteという言葉がよぎった
ので、19世紀フランスのサロン派の規範として新古典主義
と書いてしまったが、グールズの感傷性がロココのもので
あるにせよ、ダビッドが実に、ポンペイではなくプッサン
に倣ったにせよ、「騙されていた」アングルの発言が
はなはだ示唆的であるにせよ、彼等は少なくとも建前
としては古典的古代を範と仰いでいたなら、この組合せは
失敗だろう。


68 :goatsong:2000/11/16(木) 21:13
私は不勉強なので、中国美術を良く知らないけども、
花鳥画についての覚書。

花鳥画がいつ頃、中国で生まれたのか知らないが、その
誕生の背後には自然主義の芽生えと同時に、美術が宗教や
生活や権力の誇示という目的から脱し始めた時期であろうこと
は想像に難くないと思う。(地中海美術では、すでに前16
世紀には見られる)

発達したのは宋代であり、その精華もこの時代に見られる。
元においては、一種のリバイバルがあって、宋以前の
様式に規範を求めたらしい。(だが、教条と現実は別問題
だろう)明朝では、宋画を古典とみなし、その模倣が始まる。
清も同様らしい。なお明清の時代には、キリスト教を通じて、
花鳥画でも西洋美術の影響が見られる。


69 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/17(金) 00:42
今日午後から行って来ました。平日にも関わらず結構混んでました。
いやはや素晴らしかったです。踊り狂う線という線をなめ尽くしてきました。
といいたいところですが・・・

質・量ともに相当なものですので、とてもじゃないですが1,2時間程度で
見きれる感じではないです。午後から行ったのは失敗でした。
足早にざっと見るのでも3時間はみといたほうがいいと思います。
是非是非午前中から行かれることをお薦めいたします。

どれかひとつ家に持って帰ってもいいと言われたら←言われないって
「仔犬に箒図」。机の前にぽんと貼っておきたいようなかわいいものです。
この絵はがきばっかり3枚も買いました。(犬よりさらに箒がかわいい)

そして、図録も相当に力が入っているもので、書店で8000円と値札がついてれば
そうかな、と思えるほど。相当の力作です。素晴らしい。これが2500円は
安すぎるかと。

週明けあたりもう一度行く予定です。


70 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/17(金) 01:11
このスレ見てると若冲ファンって、普段よっぽど美術に縁のない輩じゃないか?
美術館の図録の内容も相場も知らないのか?
別にいつものとそれ程の違いもないだろ。



71 :>70:2000/11/17(金) 01:37
お前、若沖展の図録を実際に見てそういってんの?
紙質もいいし、明らかにほかの展覧会のより力入ってるだろが。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/17(金) 01:45
>71
他の展覧会の図録を見たことないと見た!


73 :>70:2000/11/17(金) 01:53
まあまあ、これが切っ掛けで美術館に足を運ぶようになれば良いのでは?


74 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/17(金) 01:58
70=73
バカみたいな自作自演。

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/17(金) 02:00
70 id=??phmm&j
73 id=??phmm&j

76 :73:2000/11/17(金) 02:11
はぁ。自作自演ですか。。


77 :名無しさん:2000/11/17(金) 03:12

狩野博幸氏の解説が個性的で丁寧。厚い。ということを除けば、
他の展覧会の図録と特別変わるところはないと思った。


78 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/17(金) 07:45
>>77
厚いからいいって言ってんでしょ?

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/17(金) 16:09
>>75

ピー。それ公開するのはちょっとなあ。
まあほかの板でID取ってる関係でここでもサブグリムファイルに
痕跡が残るんだけどね。それはちょっと公開したらダメ。
でも自作自演はあんまりしないほうがいいよ。IP関係なく跡が残る
場合(も)あるから。


80 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/18(土) 00:26
>>80
なんか眉唾っぽい。
IDが表示される板はteriに限ってるわけで、
ここのサーバはpizaだから、
そもそもIDを算出する機能がついてないって聞いたぞ。
75は多分うそ。


81 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/18(土) 00:27
80のID当ててみて。

82 :不買:2000/11/18(土) 00:35
東京には巡回しないんですか?
是非行きたい

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/18(土) 00:50
手元にある東京国立博物館の特別展の図録は350ページで(カラー250、単色100)2200円か2500円だった。
若冲展の図録は400ページだけどカラーページが少ないんじゃない?
個人の回顧展の場合は作品数が少なくて、体系的に論じなきゃいけないから解説ページが多い。
国立の美術館はだいたい2500円だよ。

>>82
来ないみたい。


84 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/18(土) 01:37
75のIDはまとまり過ぎてるよ。こんなIDは滅多に見ない。リアリティーがない。


85 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/18(土) 20:36
京博の特別展の図録はどれもあれくらいの厚さよん。


86 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/19(日) 20:51
>>85
そうなんだ。
あんまし国立博物館の展覧会っていかないからわからないや。
田舎者なもんでして。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/20(月) 02:40
図録について
そもそも図録がボリューム的のみでO.K.ということではなく内容で買う気に
させられたと言うことじゃないの?
展覧会に行って図録を毎回買えるような裕福な人はそんなにいないでしょ。
それともここに書き込む人たちは必ず買っているの?


88 :よっちゃん:2000/11/20(月) 02:50
    ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜´ ( ・д・)< 曲線がぐりんぐりんしすぎだと思ってたけど、
  uu u u   \よく見るといいな。筆の速さもすごい。
        \_______




89 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/20(月) 14:17
>>87
図録は「自分の記憶に残す」為に出来るだけ買うようにしてる
カラーの色がなぁと思いながらも
テキストつまんねえなと思いながらも
出来るだけ買っている
展覧会自体がつまんないと感じた時は買わない


90 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/20(月) 15:05
展覧会はあまりいかないなあ。前はよくいっていたけど。
会場の熱気と、力入れて観るから10点も観ないうちに目が痛くなってしまう。
大抵は、御茶ノ水界隈のカタログ専門店通い。
若冲展のカタログももうちょっとしたら、安く出まわると思う。


91 :空耳:2000/11/24(金) 23:13
友達が日帰りで行って来て
すごいエキサイテイングだったって言ってたよ。
なんで東京にはこないんだろー

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/24(金) 23:36
『動物綵絵』って、三の丸で常設されているんですか?

93 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/25(土) 05:52
天皇在位何年記念とかいう展覧会では動植彩絵は全品出品されてたんじゃない?

94 :京極 冬彦:2000/11/25(土) 21:55
京都在住の人で、若冲 縁の「石峰寺」の五百羅漢見た人いる?

95 :6:2000/11/26(日) 05:05
先日行ってきました。

NHKの放送直後だけあって、たいそうな人手。
ああでも行ってよかった。生見れてよかった。
かぼちゃやらコドモやら、すごい可愛かった。
前半の展示物も見たかった。本当、上野とかでやってくれないかなぁ。

展示物の説明文?がちょっと面白かった。
なんかいい突っ込み入れてんなーと思った。

残念、というかどこの展覧会でも同じなんだけど、
ヒマなおばちゃんグループ?の解説はうっとおしかった。
新聞で読んだのまんま偉そうにしゃべらんでくれ。
感動してんのに水ささんでくれ。

96 : :2000/11/26(日) 11:15


97 :名無しさん:2000/11/27(月) 01:50
>94
京都在住じゃないけど、石峰寺、いきました。若冲目当てで。
石仏と竹林がなかなかよかった。9月の貧乏旅行だったんで、若中展に早すぎたのを
死ぬほど後悔した。

夏場に石峰寺にいくと、虫よけスプレーとウチワを貸してくれる。

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/27(月) 04:58
若冲展も無事終了?
ですかね....

99 :京極 冬彦:2000/12/03(日) 13:34
>>97さん
レス有り難う、
羅漢さんは、どのような風情でしたか?
小生は、紅葉の見頃に行こうと、虫の良い事を考えていたのですが、
紅葉の落ち葉を、見に行くことになりそうです。

100 :goatsong:2000/12/14(木) 02:39
峯村敏明(美術評論家、多摩美の教授)が若冲展の図録に
触れていたので、以下、引用。

「若冲展は絵画の質と構造を比較考量しない図録に失望」


101 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/15(金) 10:05
>>100
おや、峯やんったらそんなこと何処で言ったの?
BT?



102 :goatsong:2000/12/15(金) 20:06
>>101

毎日新聞。


103 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/13(土) 14:15


104 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/18(木) 01:28
ペヨトル工房から出てた「若沖ポストカード」って買いでしょうか?
年賀状に良さげ…?

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/24(水) 19:35
ペヨトルって潰れたでしょ。


106 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/24(水) 20:52
>105
解散しました。でもまだ生きてます。
http://www.tctv.ne.jp/members/peyotl/index.html

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/29(日) 03:47
以前、京博の若冲展の厚い図録が話題になっていた(関東で売ってないか)。
昨日、東京国立博物館のミュージアムショップに行ったら、ちゃんと売っていた。
重い思いをして京博で買って来なくて正解だった。


108 ::2001/04/29(日) 04:27
>>15


109 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/04(金) 22:32
ブームとは悲しいものですね。。。。。

110 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/05(土) 00:19
若仲や北斎や芦雪が大人気なのに
鉄斎や大雅のような画家がそれほど人気でないのは何故?

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)