5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヘボい本を読むと・8

1 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/24(日) 05:21
読み進めるうちにだんだんお腹がモニョモニョしてくる、
そんな本をここで紹介しよう。自薦他薦は問わず。
ただし、仕事中・飲食中にこのスレを読んで
後々面倒な事になっても一切責任は持ちませんので。

※ナマモノには蓋。現役ジャンルは程よく発酵してからが食べごろです。
※波紋を呼びそうな単語は伏せてサゲていきましょう。

前スレはここ。
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=doujin&key=967052730

2 :へぼ八 :2000/09/24(日) 06:00
あげるよっ!

3 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/24(日) 10:34
ごくろーさまです>1さん

前スレでビーフシチューさまのあとに次のスレで……と言っていた方!
ぜひお話を!!

4 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/24(日) 13:50
我が家にもへ本はないものかと探したり思い出したりしたところ、ありました。
現物は恐怖のあまり処分したのかみつからないのですが・・・
ジャンルは大の大冒険。
獣王×不死騎団長(懐かしい呼び名)。
団長が好きで購入した本だったのですが、どうも団長総受け本だったらしく
他にも太陽賢者×団長などの際物ばかりでした。

通販は恐いなぁと強く感じた当時中学生の私でした。
内容はうっすらと覚えてはいるのですが、あげないでおきます。
つまんない書き込みで申し訳ない。

5 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/24(日) 15:09
初めて手にした同人誌は北都の軒。某雑誌投稿常連者が中心になって作ったもので、
大変線の細い登場人物達・・・。一人目・家族ネタ。少女漫画バリバリの、お目々
キラキラの犬歯労。お兄さんの時は何でも無難にこなす、もてもてくん。風邪で寝
込んでしまった犬歯労の誕生日祝い料理を間宮とゆりあが作っていると、三人の会
話が聞こえてきて、「犬歯労は愛情表現が苦手だけど、しっかりしてるし、優しい」
と褒められてるのに「母親気取りで子供扱いしやがって!」と反発。逃げた犬歯労
を追い駆け、夜空を見上げながら「酷いこと言ってごめん」反省。昔の少女漫画は
こういう展開多かったよなぁーとしみじみ。二人目はギャグで、三人目は江戸時代
くらいのヤクザ物。いやはや、礼のバックに薔薇とか飛んでて結構笑える。自分が
同人やるきっかけになったのは、その後に流行った作品だったんだけど、それ以前
から兆候はあったんだなー(ワラ
因みにこの本は、通販申し込んだ当時発行されてなかったのに、いかにも発行済の
ような文章で紹介されていて、「まだ残ってたら欲しいのでお願いします」って内
容の手紙書いたら「何て失礼なんだ!」って怒られて、お返事にももにょった記憶
が。通販初心者の中学生だったから必死で「手紙の書き方」って本を見て書いたの
に・・・あれ以降、十数年たった今でも通販怖くて専らイベント買いオンリーだわ。

6 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/24(日) 17:13
本もそうだけど・・・「マニュアル」にもへぼんな香りのマニュアルって
ありませんか?
 別スレであった「核シェルター」のマニュアルとか・・・

7 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/24(日) 22:44
移転記念にへぼんな時代小説を……。

なんだかやたら耽美ーな表紙(小島○美)をめくってみると、いきなり聖書引用。(旧約・創世記)
何故だ!俺の読もうとしていたのは時代小説ではなかったのか!?と本文に目をやると、
闇の中に――そいつはいた。
……中学生だよ。これが本文第一章の第一行です。涙を誘います。
そして数行「そいつ」の様子を描写した後、唐突に場面転換。
「お、お許し下さいっ、旦那様!」
……なんだか僕の方が許して欲しくなった。時代小説っていうか時代劇…?
なんだかよくわからないが、
『若い女の使用人が店に入るとかならずそれを手込めにした』
『それが唯一の道楽であった』旦那様がまた新たな犠牲者を、というシーンらしい。
誰かコイツ殺せよ……。
で、『尺取り虫のように身をよじる』十四の娘に対して旦那様が本懐を遂げようとなさった寸前、屋敷の何処かで物音が。
なんだろうと顔を見合わせる二人。ただし旦那様が娘の足を肩に担ぎ上げた体勢で。
そして物音を見に行った旦那様。巨大な白虎に一瞬で惨殺。なんのために出てきたの。
ちなみにこの白虎が一行目の「そいつ」みたいですネ!!
白虎を捕まえに来た役人も虐殺され、やられキャラとしての旦那様の立場をさらに奪っていきます。
そこへ現れる浪人。『造化の神が細心の注意と全精力を傾けて彫り上げたとしか思えぬ』、月並みなお約束の美形ちゃんです。
虎を一刀のもとに切り倒し(役人が虐殺される前に来い)、去りゆく背中で彼は名乗ります。
「榊修羅之介……」
へぼん……。
以上第一章でしたー!!(疲れた……)

8 :どーでもいいことだが。 :2000/09/24(日) 22:45
もう少し愛のある説明きぼーん。<「誰かコイツ殺せよ……。」

9 :どーでもいいことだが。 :2000/09/24(日) 23:29
>7
8に激しく同意。
ヘボンを語るにはまず「愛」です。生暖かくヌルい愛。愛はヘタレを救い、
ヘボンの騎士へと導くのです。
さて続編は愛をこめてヨロシク。

10 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 00:07
 ジャンルは生物な為に伏せさせて頂きます。
 文章はうまいしヘタレでは無いのですが、なにかもにょもにょ
するのです。
 ある日の早朝、攻は海岸に散歩に出掛けます。
 なんの目的も無く歩いている攻。しかし彼は、とあるものを見
付けました。
 それは、海岸に全裸で倒れている一人の少年(受)でした。攻
はそれを家まで引きずって帰ります。
 生きているのか死んでいるのかも分からない少年を玄関に放置
して、警察にも知らせずにぼーっと見詰める攻。と、不意に少年
は目を覚まします。
 そして開口一番「水!水頂戴!」と叫ぶのです。
 少年の気迫に押されて茫然とする攻。少年は更に言うのです。
「俺、サカナだから水無いと死んじゃう!」
 なにっ!と慌ててコップに水を汲んでくる攻。それを頭からか
ぶって少年は「足りない!もっと!」と水を要求します。台所と
玄関をコップに水を汲んで何度も往復する攻。………要領悪いで
す。バケツかなんかに水入れて、ざばっとかければすぐに終わり
そうだと思うのですが。
 まあ、そんなこんなで落ち着きと元気を取り戻したサカナは、
攻の家のバスルームで飼われることになったのです。

 とりあえず、続く。つまらなくてすみません。

11 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 00:17
>10
スプラッシュ?

12 :>10 :2000/09/25(月) 00:22
魚ネタにナマモノときくとかの名作が頭をよぎる…。
しゃいにーまーめいど…。

13 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 00:23
>9
ヘボンの騎士とは…(笑)


14 :10 :2000/09/25(月) 00:23
続きです。

 攻の家でバスルームを占拠して生活を始めるサカナ。餌は寿司
です。一人暮らしの攻のエンゲル係数を逼迫する迷惑なペットで
す。
 しかもバスタブも占拠されてるので攻はシャワーのみなのです。
 そしてシャワーを浴びる攻の隣で攻の気も知らんとサカナは、
泡泡のバスタブの中で、ビニール袋に泡と水を詰めて「クラゲ」
などとほざいて遊んでいます。いいのか?サカナが石鹸漬けなん
かになってても(笑)
 そんなこんなですが二人の生活は、それなりにうまく行っていました。
 しかし、そんなある日、攻は旅行に行くことになりました。
 友人が迎えにきて、攻はサカナに「3日で帰る。食事は冷蔵庫
に入ってる」と言い残し、「ねえっ!どこいくのっ!」等と不安
そうに聞くサカナを放って出掛けてしまいました。

 まだ続くのです。ごめんなさい。

15 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 00:25
いや、海岸を散歩というあたりで既にビンビンきてます。
かの「人魚の肉拾い食い」にも似たオーラが!

16 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 00:25
>>7
プロさんの小説ですな。
それは別にへぼんでもへたれでもないと思いますが。

17 :前スレ918 :2000/09/25(月) 00:25
リクエストがあったようなので、稚拙な文章でお目汚しをば

掲載紙は若い雑誌の別冊、タイトルは四拾八手(ほとんどヒネリ無し)
結構長く続いていまして、単行本にて6巻ほど

大まかなストーリーは、日本のリゾート地に伝わりし、裏の最強武術
とまぁ良くありそうな話なフリをしています
ところがどっこいこの武術、まんま48手
この武術の伝授法と言うのがある特別な女性といたして会得すると言う
まぁここまで聞くと単なる良くあるヘタレです

主人公、名は毒蛇夫、はこの武術の血族に生まれちゃったので48人のお相手といたすために
各地を回ります
そして1人と会うたびに出てくる横取りしようという殿方とお相手をいたします
48手なので主人公の技はもちろんそれです
しかし横取りに出てこられる殿方はこんな武術がなぜ必要なのでしょうか?
まぁそんなこんなで最後はその殿方を毒蛇夫が文字どおりイかせた後、伝授です
初めて会ったのになぜか主人公に皆ぞっこんです、そりゃもう激しく

と言うのが毎回の大まかな流れ

続く

18 :前スレ918 :2000/09/25(月) 00:26
さて、今回ご紹介するのは最近の話
毒蛇夫、最近の弾王さんと言う方に片方つぶされちゃってあら大変
ですが一族の修行場の道祖神をセルフでくわえながら前転で駆け上がると言う
良く分からない方法で復活します

復活したからにはやはりお礼参りです、弾王さんはン弾一族という方々が集う洞窟に
いらっしゃったのでそこに殴り込みです
そしてそこには伝授してくださる女性がいらっしゃったので物好きな殿方が
4人も乗り込んできています

実は弾王さん、毒蛇夫のお父さんの生霊が憑いていたのでそれを落とすために
一族集う洞窟に来ていたのでした
ちなみにお父さんはこの変な武術を無くすためがんばっているので
毒蛇夫とは仲が悪いです
(ちょっとこのへん記憶危うし)

なんとかお父さんを押さえつけた弾王さん、乗り込んできたうちの一人に
呆気なくやられちゃいます
それを怒ったン弾一族、反撃に出ます
ン弾一族の方々は見目麗しき女性のような外見ですが、非常に漢らしい
皆、弾が3つ以上あってしかもハンドボール大ですから当たり前ですね

ですが相手が悪く、4人の内1人は弓使い
次々と団子三兄弟よろしく急所を打ち抜かれてリタイア

一族の頭目の大蛇さん、激怒し反撃に出ます
「八玉の大蛇をなめるなー!(ほぼ原文ママ)」
弾が八つあるのは伊達ではありません!
さすがに一族の頭目です、非常に漢らしい、ハンドボール大の弾はなめたくありませんが

と思ったら、一気に敵の矢が全部の弾に・・・
どうやら伊達だったようです

続く


19 :10 :2000/09/25(月) 00:31
 一人残されたサカナは、何度も攻の名前を呼びますが、当然誰
も返事しません。返事が来たらホラーになってしまいます。
 なんの返答も無いので、仕方なくサカナはぼんやりと遊び始め
ます。そして、どれくらいたったのか(どうやら2日過ぎている
ようなのですが)不意にサカナは空腹を覚え、仕方なくバスタブ
から出て食べ物を探すことにします。

20 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 00:33
サカナ気になるぞ……。

21 :10 :2000/09/25(月) 00:53
 すみません、途中で送信しちゃいました。さらに続き。
 濡れた身体のままひたひたと廊下を歩くサカナは、台所への途
中にある攻の寝室が開けっ放しなのに気付いて覗いてみます。
 っていうか、10代のガキの分際で廊下付きのマンション住ま
いな攻って一体。
 そして、中にぬぎっぱなしになっている攻のシャツを見付け、
そっと抱き締めてみるのです。
 その途端、サカナは急に寂しくなってしまいます。
 どうしようもなく寂しくなったサカナは、シャツに水分を奪わ
れるのも構わず抱き締め続けます。そして、外気とシャツに水分
を奪われながら、サカナは意識を失うのです。
 次にサカナが目を覚ましたとき、サカナは水をたっぷりと張っ
たバスタブの中にいました。攻はサカナをぎゅっと抱き締めてい
ます。
攻は、自分の部屋で干からびかけていたサカナを見付け、慌てて
自分ごと水に漬けたのです。
 「ごめんな」と泣きながらサカナに謝る攻。
 そして二人はお互いの存在の大切さに気付くのでした。

 なんか、文章はすっごく奇麗だし好きな感じなのですが、個人
的にはとっても モニョる設定なのです(泣)
 っていうか、サカナ………なんとも迷惑な奴………。
 攻は、部屋で干からびかけていた人型のサカナみた時は、さぞ
驚いたことでしょう。ご愁傷様。

22 :前スレ918 :2000/09/25(月) 01:15
さてそのころの毒蛇夫はというと、初めて会うのにぞっこんになってくれる女性の元、
4人の物好きさんの1人のお相手をしておりました
大鉈使うブッチャーさんで文字どおり馬並みの馬を駆る方です
そりゃもう、擬音が鳴り響くほどの馬並みです

ブッチャーさんは馬に女性を襲わせて毒蛇夫のお相手をいたしておりました
馬に48手覚えさせてどうするつもりなんでしょうか?

もう少しでジュウカーンと言うところで、毒蛇夫の一撃がブッチャーさんにヒット
ブッチャーさん素晴らしい角度とタイミングで女性と馬の間に!
馬はお構いなしに直進行軍
このために馬に覚えさせようとしていたのでしょうか?

ブッチャーさんは頬を赤らめながら止めさせようとしますが、そこは畜生
もう止まりません

今こそ好機!とばかりに毒蛇夫は得意の48手を馬に対して仕掛けます
動物にも有効なんですね、知りませんでした

ブッチャーさんはもう喘ぎまくりです
ですがいつもの威力がありません、そうです1つしかないので100%の力が出ていないのです
「だめだ!これでは快楽をただ感じているだけだ!(ほぼ原文ママ)」
馬に対していたしているのに、ブッチャーさんが感じています、感度良好のご様子で
しかしよがってばかりでは話は進みません

忘れちゃならない、初めて会うのにぞっこんになってくれる女性が
気功よろしくな謎のパワァを毒蛇夫の残りの1つに送ります
100%に達した毒蛇夫のテクニックにより、馬ごと吹っ飛ぶブッチャーさん
しかし今回はイきません、やっぱり1つじゃ駄目なんでしょうか?

毒蛇夫曰く、「その馬に愛があったからだーっ!」だそうで、イけなかったみたいです
衝撃を受けるブッチャーさん、しかしついさっきまで攻めていた馬は
労わるように彼の後方を舐めています
頬を赤らめて見つめ合う二人(?)・・・種を超えた愛の誕生です

二人(?)を祝福しながら(??)退場を見守る毒蛇夫
後は伝授してもらうだけです
そこでいきなり、お父さんの声ならぬ声のフォントで台詞が!

「血を分けた実の姉弟で交わる気か!」

出ました、お約束!、と言ったところで続きに・・・


ヘタレな文章で大変申し訳ないですが、青年向けでまともな(?)ヘヴォンらしいものが
あるとは思いませんでしたので思わず紹介してみたくなってしまいました
このもにょ感がわずかにでも伝えられればよろしいのですが

23 :ビーフシチュー453 :2000/09/25(月) 01:54
前スレではどうも……とんだお目汚しを。意外と得そう最善戦をご存じの方が
いらっしゃるようで……ええ、あの話は商業ヘボンと言って差し支えないと
思います。うちに何故かある脚本を見るにつけもにょってしまいます。たとえば、
「殺人メロデーを聴く犬!」。メロディではなくメロデーです。この話では
犬好きの刑事がヨロヨロの駄犬(原文ママ)を拾ってくるのですが、彼の団地は
ペット禁止だったのです。しかし無理矢理隠し飼いをする刑事、本人はこっそり
飼っているつもりらしいのですが、朝夕こまめに散歩に連れ出したりして端から
見ればバレバレです。結局隣のおばちゃんに見つかって、泣く泣く別れるはめに
なるのですが、その時のナレーション台詞が泣かせます。

「だが、鉄太郎との秘密の同棲生活は、長くは続かなかった」

……鉄太郎って、犬にそう言う名前をつけるかな……とか、同棲って鉄太郎は
雄だよなぁ、それ以前にワンちゃんだっけ……とか思う以上に、こう肺腑の底
から迫り来るもにょりんぐ。

他にも歯医者プレイとかこけしとかピラニア水槽とか、ヘボンな小ネタ小品が
いろいろあるんですけど、918さんやサカナさんのお話がいいカンジに続いて
いるので私はこれで。またいつか、気が向いたら小ネタとしてご紹介したいと
思います。

24 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 02:58
918さん、10さん、そしてビーフシチュー様までがくんずほぐれつの三重奏を…。
めくるめく豪華絢爛、今宵もへぼんドリーム。

個人的には御三方がこのまま続けて煌くへぼんカオスを形成して頂くことをキボンヌ。
つか、殺人メロデーが気になってもにょってます。
ビーフシチュー様!

25 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 03:04
サカナ萌えー。

26 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 03:39
こ、こけし……。

27 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/25(月) 03:57
メロデーっていつの話じゃ・・・絶句を通り越して笑うしかないよ・・
ビーフシチューさん、またへぼいの、よろしく。

28 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 04:06
>>21-22が微妙に繋がっているのだろうか? と思うと泣ける。


29 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 07:21
>>10
あ・・・あの、もしかしてそれは「ご」から始まる某バンドジャンルですか?
だとしたらそれは私の友達の書いた本かもしれません。
以前「今こういう話書いてるんだ」と話してくれたものに
すげーそっくりなんです・・・。

30 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 13:16
>29
 後醍醐?(笑)

31 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 13:16
へぼんage

32 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 13:44
>29
「ご」で始まるバンドが思い付かない…
私は禁忌子供かと思いましたが、ジャンル詮索はヘボンスレにおいて
ナンセンス(myヘボ認定語)なので忘れて下さい&sage

33 :南那氏さん :2000/09/25(月) 14:55
ヘボンなネタではありませんが,得宗最前線と言えば
つがみさんの「ブラックサタンだなんて名前の軽薄さから言って云々」
って台詞が忘れられません(笑)

34 :ストロンガー :2000/09/25(月) 15:11
ブラックサタンを甘くみるな!

35 :    :2000/09/25(月) 15:43
ゲイの人がお書きになっている小説サイトで、
クライマックス時に「逝く」と叫んでいる描写があって、
ちょいともにょりとしました。
内容も相当にへぼんだったので、紹介したいんだけど、
紹介するより実際に読んでもらった方がいいと思うんだけど…
やっぱURL張ったらまずいですかねえ。

36 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 15:55
35。
名前欄が消えてる……なんで??

37 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 16:01
>>35
それは検索するときの要点などをあげたほうがよろしいのでは?
URL張りは当該サイトさんにお気の毒かと。

38 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 17:11
35>36
やはりURL張りはまずいですね、ご助言ありがとう。
検索ですが、小説内で使われている単語で検索しても
なぜかひっかかりません。うーん私に面白く内容紹介できる
技能があればいいんですけど。


39 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 17:28
>>38
いろいろなサーチエンジン試してみてくださいね。
あと、リンクはってあるところからとか…

ってそんなにまでして読みたいのか自分。

40 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/25(月) 17:33
>>39
ここからリンクしてあるんです、そのサイトに。

www.sindbadbookmarks.com/index.html

日本語サイトの、カテゴリは小説……ぽいんとは「アスリート」。
なかなか良いです(爆)

41 :>32 :2000/09/25(月) 22:30
私も禁忌子供でちょっと設定が似てる本持ってる。
まさか同じ本…?


42 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 02:24
>32
いえ、私は禁忌の本持ってるわけじゃないんですが、
なんとなく10を読んで頭に浮かんだのが禁忌だったのです…。
でも関西弁じゃないしな…。

43 :29 :2000/09/26(火) 06:42
>>32
そうですね、無粋な詮索はやめておきます。
…でも、魚or人魚ネタって結構あちこちにあるみたいですね。
へぼんはどこにでも、ということか…。


44 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 07:00
前々から思っていたことなんだけど・・・・・。
真陣の「おんなしゅじんこう受け」っつーのはへぼんの域には入らないのか?
ネットで見かける度に思う疑問。 何故存在するのだろう・・・。

45 :下がりすぎ :2000/09/26(火) 13:23
ごめん、「真陣」って何?

46 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 13:32
>>40
ありがとう! 新しい世界が広がりました。
該当サイトの見当はついたけど、たくさんあってどれだかわからない(^^;
とりあえず、今は会社なのでまだ中まで見られてませんが(^^;
楽しませていただきます〜。

47 :>44 :2000/09/26(火) 13:42
へぼんは属性じゃねぇ、内容だ!
私怨うっとうしい、そう思うならへぼんだと思う内容を紹介しやがれ!
まじんはよーしらんが、それを言うなら普通のファンにとってやおい
なんてすべてへぼん極まりないわい!

48 :47 :2000/09/26(火) 13:43
おっと誤解されたらいやだから言っておくがこちとらやおい者よ!
へぼんスレに変なものを持ちこむんじゃねぇ!

49 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 13:48
>>47 江戸っ子…

50 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 15:26
>>40
これかな、「こんでんつ」。
小説の量も多くてたのしみだわ。

51 :かなり前ですが :2000/09/26(火) 17:39
殿方の後ろが濡れるか否かという話がここのスレであって…。
皆肩隈具す氏によれば、
「(男同士が)真実に至誠を以て交歓(セックス)する時は、
小姓(受け)が精を洩す。之を外洩れといふ。然るにその上の
小姓(おそらく高レベルとかそんな意かと…)に至ては興極ま
る時、直腸内に一種の粘液を洩す。此の内洩れする小姓に至て
は情緒全く変じて婦女と異なる事なしとの事なりし。
哺乳動物もとは一孔(あな)なりし事、動物系統学で明かなれ
ば(ほんまか)前後二門に別れて後も、多少以前の感じを保留
し居り(た、多少?)、それが大に興奮する時は、内洩れ位の
事はありそうにぞんぜられ…」
内洩れ位の事は、って皆肩さん。そんな軽く…。
皆肩氏は小姓さんをしてらした方に色々聞いたらしく、それを
知人への手紙にこう綴っておられました。どういう文通仲間だ。

『受け』という素晴らしい性別カテゴリーを生み出したこの
へぼんスレにて、是非皆様にお伝えしたくて。へぼんとはかけ
離れているのを承知で、つい…。長くなって申し訳ありません。


52 :>51 :2000/09/26(火) 17:45
知人への手紙というのが凄いわ。それだけで「へぼん」だ!!

>興極まる時
なんちゅー表現。

53 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 18:15
三波型さん、祖父の従兄弟に当たるのだが……
今まで何とも思っていなかったけど
急に親近感を持ったよ!
ありがとう51!!

54 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 18:24
皆肩隈具す氏って、昔、じゃんぷで連載していた
「天ぎゃん」とか言う作品の主人公だったよね?
粘菌かなにかの研究して有名だった人?

55 :球磨楠博士 :2000/09/26(火) 19:16
すばらしい学者だと思っていたのだが
へ研究もしておられたのだろうか…

56 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/26(火) 19:47
>>51
>直腸内に一種の粘液を洩す。

 これは直腸内の粘膜がはがれおちて起きるのだそうです。
(ほんまもんのお医者さんがどっかの本で書いてました)

 しっかし・・内容読んで・・・凄すぎます。古文の香りがする。


57 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 22:06
隈具す映画は製作中止のままだったっけ
51を見て、観たかったなと今頃残念至極

58 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/26(火) 23:47
さらに56に付け加えるなら、化膿した傷口から膿が出るみたいに、擦り切れた
粘膜から液体が出ているそうな・・・。

59 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/27(水) 00:04
56,58に付け加え。
 その後出血するそうだ・・・

60 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:08
>>56 >>58-59
痛ててて………

61 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:08
56、58、59にさらに付け加え、受の粘膜は摩擦を繰り返して
るので、ふつうの人に比べ凹凸が少なくなってるので(他にも
○○口が広がっている)、遺体を解剖したときに、受かどうか
分かるのだ。(以上、門前の法医学知識です)
受には、決して他殺体で発見されてほしくないものだ。

62 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:10
>>61 じゃあ、わたくしの愛しのハニーも……(涙)

63 :どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:13
それじゃ何回やってもはじめてのようなきつさというのは
やおいのファンタジーなのですね

64 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:17
>63
男性に限って言えば、ファンタジー的要素が強いです(笑)
○○○○筋が緩んできますので。
受にとってみれば痛いのは変わらないでしょうけど、何度も同じ相手と
繰り返せば最初の頃よりは、攻から見れば楽に入るようになってるはず。

65 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/27(水) 00:23
 更に言うと・・・直腸の近くに前立腺があるんだよね。



66 :51 :2000/09/27(水) 00:24
予想以上の反響を頂き、光栄至極です。皆様ありがとう。
皆肩博士のこのお手紙は、とある書物の
「男色の受動者の方に性的快感はあったものか」
について語られている部分から抜粋してしまいました。
調子にのってもう一つ書いちゃいます。(しかしこれは恐らく
皆肩氏の著作ではないと思われますが)

「脱糞時のことを思へば、可成り太いものが出入りし得る訳で
ある。肛門の周辺は引き裂かれる気味があって、局部的には
激痛を覚えるけれども、直腸部には別条なく、むしろ異物の
刺激によりて快感をさへ唆られる。その快感は色情を催し、
彼は陽物の勃起して来るのを感じた。
 (中略)」
続きは別方向ですごいことになっているのですが、長くなるので
後ほど。

67 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:26
更に更に言うと、バックで犯る場合、ほとんど○門部でやってて、直○部まで
は届いてないんだよね。

68 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/27(水) 00:26
んでもって・・・入れる時には本来なら「浣腸して直腸内を
洗浄」するんだよ・・・

69 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:28
辛さ話俊一氏の本に書いてあったなあ>粘膜
その筋の方々は「KMJ」と呼んでいるらしい。
その心は「ケツマ○コ汁」の略だとか。

70 :どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:28
騎上位で男性同士が致す場合、攻めの海綿体は折れないのか
気になってしまいます……
シチュエーション的には萌えるんだが<騎上位

71 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/27(水) 00:30
かなりキツい体勢らしいっすよ。>騎上位



72 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:38
やおいファンタジー……
広がったら、センをしないといけない
らしい、とも聞いたことがあります。
一体どのようなセンなのか…ご存じの方
いらっしゃいませんか?


73 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:42
今、ここ見ながら、webやおいエロ小説を別ウィンドウで
読んでいる…。
ファンタジーとここでの真実の差に萌えるどころか、爆笑してしまいそうだ…。

74 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:44
センについては知らないが、荒廃した○○部が元に戻るまで、最低でも2年ほど
かかると聞いたことがある。

75 :どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:44
このノリは・・・・異物な方々?

76 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/27(水) 00:48
広げる器械があるらしい。

77 :>76 :2000/09/27(水) 00:52
ア○ル(ア○スだったか?)エキスパンダーって奴?

78 :どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 00:59
//www.adult-goods.com/room6.htm
女性用だけどストッパーも拡張器もあるよ

79 :51 :2000/09/27(水) 01:17
66の続きです。(中略)以降。
「殿様は彼の腰をしっかりと抑へておいでになり、更に
前方へと手を廻して、彼の逸物を御把へになった。片手
掴みに亀頭を探って、その辺りを指で揉んでおいでに
なると、手淫と同じやうに、彼の逸物はやがて怒発して、
痙攣を始めた。精液を刎ね飛ばす毎に、陰茎は竿立ちと
なって、虚空に廻転した。或る詩人が、まらは廻転す、
と歌った現場がこれであらふ。」

何を歌うのか詩人。何を見たのか詩人。心底居合わせたくない現場だ。
これは『茨の垣』という、筆者に寄れば「名作」の、中巻第十九話
からの抜粋だそうです。こんな話が上中下巻で何10話単位である
のでしょうか。『茨の垣』。謎です。


80 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 03:38
>>72
なかじまあずさが編集した「いま、きけんなあいにめざめて」という
文庫本にウノコーイチローの短編が収録されてますが、そんな話しあったよ。
主人公が男娼を買って部屋にいくんだけど、引き出しの中にそういうセンが
いくつもあったとか、そういう描写あり。

81 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 03:43
>>72 >>80
それ、私も友人に借りて読んだ……。なんか、何本も栓(竹だった記憶が)
があって「ちゃんと洗ってるからキレイなんだよ」みたいな事言ってたような。


82 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 03:53
アナルストッパー…
でも職業で長い期間、毎日使いつづけ、何百人も
相手にするような人が、最終的に使うハメになるもので、
普通に恋人といたしているぐらいなら、そこまでガバガバになって
締まり無くなっちゃうことは、普通ないと思う。
普通に生活してれば、結構肛門括約筋使っているし。

83 :>82 :2000/09/27(水) 07:37
言われてみればそのとおり。
ワシなんぞ、並のナニより直径大と思われるブツが一日一回は通過して行くしのぉ

84 :>82 :2000/09/27(水) 08:16
わわ、すっごく読みたいぞ『茨の垣』。

85 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 08:56
>>83
健康でようござんした。

86 :せっかくだから俺は名無しの扉を選ぶぜ :2000/09/27(水) 09:07
いつの間にヘボスレはヘボンな性知識スレになったんだ!?
それはいかに「受」がミラクルワンダーボディを持っているかと言う事
なんでしょうが

87 :>79 :2000/09/27(水) 09:37
>或る詩人が、まらは廻転す、
>と歌った現場がこれであらふ。
笑いのツボにはまりました。古文調なのがイカス。
確かに居合わせたくないけど一度は見てみたい様な・・・
逝ってヨシ、自分。

88 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 10:03
古文体で書かれると濡れ場もなんだか格調高いですね。

89 :どーでもいいことだが@がんばれニッポン :2000/09/27(水) 21:06
栓って一体・・・何か○○○○趣味を連想した私・・・
逝ってしまおう・・・・

90 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/27(水) 22:56
「すーぱーらぶ」とゆー芸(…やな変換)の人が一人エッチしてる時、後ろも
濡れるって書いてな、確か…。69のKMJの話はここが元ネタかと…。

91 :名無しさん@dでもいいことだが。 :2000/09/28(木) 00:13
>>69
「第一う○こ汁」というのも聞いたことがあります。

92 :>91 :2000/09/28(木) 01:13
第1と言うことは第2もあるのですか?!>う○こ汁

93 :名無しさん@dでもいいことだが。 :2000/09/28(木) 01:45
>>92
いや、あの、元は「第一ち○ぽ汁」から来てると思われます(-_-;)

94 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/28(木) 05:06
「第一ち○ぽ丸」とかいう漁船があったらやだな。


95 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/28(木) 05:10
>94
ワラタ。

96 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/28(木) 13:11
ほーいち&古文体に激しく萌えてしまった……
もしかして私はそっち系に弱いのだろうか。
そのうち歴史ジャンルに足を踏み入れてみようと思ふ。

97 :沈んでる :2000/09/28(木) 13:47
「第一う○こ丸」はもっと嫌だ。

98 :どこ船籍だ! :2000/09/28(木) 16:01
第一ち○ぽ丸&う○こ丸

・・・でもち○ぽはまだしもう○この方は荒波にもまれて
溶けちゃいそうでイヤン。
かちかち山の狸の泥船思い出しちゃった。

99 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/28(木) 17:54
今日ヘボ〜ンな香りのする同人を(古本屋で)ゲットしました。

煽り文句は「衝撃の新ジャンル 競馬エロ!」
競馬ジャンルね・・・と思ったのですが、裏の帯に
「ナリタ○ライアンも思わず脱糞!! 登場する馬たち ・・・(馬の名前が沢山続く)」
・・・騎手では無くて馬×馬(擬人化されてました)でした。

引退後の種付けに嫉妬する(擬人化)馬達(内容が オス×オスだし・・)や
愛妻家の騎手に涙を流すけなげな(擬人化)馬達。

内容や絵もかなりワラタのですが、この煽り文句の帯は買いに行くときに
かなり困ってしまいました。

100 :99 :2000/09/28(木) 17:57
上の本、帯はアレでしたが、バッチリシリアスでした。
絵はヘタレ気味・・・。

101 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/28(木) 18:04
何にせよ、「擬人化」というのはへぼんへの第一歩では?

102 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/28(木) 19:07
古文だとほのかに笑えていいのかもしれません。
現代語訳すると・・・直球で笑っていいのか、どうなのか。

ところで、
「どうして神様は、男の人も濡れるようにつくっておいては
下さらなかったのか・・・」
と、濡れ場(濡れてないけど)に差しかかるたびにちょっと
スパイシーな気持ちに。
いっそここで「受け」認定されたキャラは、自ら濡れても
いいということに、・・・できませんかねえ・・・。


103 :名無しさん@男でも潮ふけばヘボンなことだが。 :2000/09/28(木) 19:16
絵だとなんの説明もなくだーばだーば濡れさせられますが、
男は濡れねーよバアカ!この処女!と思われるのもしゃく
なので時々ねっとりねとねとしたりなんかしちゃったりして。
それもそれでヘヴォンヌ。

104 :脱線中 :2000/09/29(金) 00:16
某マンガの設定を人に話しているうちに、ヘボンの説明をしてる気になった。
主人公は少女と見まがうばかりの美少年。母は娼婦。
天賦のピアノの才能を持ち、彼の学校の音楽教師に才能を見いだされる。
教師自身も昔天才とうたわれたピアニスト。事故でその道を断念。
主人公の才能に気付き、その道を示そうとする。
主人公のライバルは、秀才型のピアニスト。

なんか昔のJUNEをホーフツさせるのですが、設定上は。
あ、でもその作品はすげえ面白いです。

105 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 00:49
ああ沈んでいる…ageさせてもらっていいでしょうか私の心のビタミン。
ageだけでもアレですので、使い古された誤字ネタでも。
先日見た小説サイト。新作の超シリアスエロヤオイ小説のタイトルです。
「FRY ME TO THE MOON」

あと2ch内のスレならこれも結構哀れ…。
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=accuse&key=969933135

106 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 00:53
>>104
何か…読んだ記憶がある、そのマンガ。 何だっけ、タイトルが出て来ないよ。
あーもにょもにょする!

107 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 02:17
出来れば鑑定して頂きたいのですが、
本の形では無いし、エロ(笑)でも無いのですが、
ものすごくシリアスな話でずううっと来ていて
ラスト、主要キャラ(2枚目)の一人の瀕死の最後の言葉が
「月がまんまるだぜ」
というのはへぼんに入りますでしょうか?

ちなみにそのキャラはその直後世を去ってしまいます。
作品自体は好き、いえ愛してるんですが、
このセリフに来ると笑いが止まらなくなります…。
シリアスなのに、泣きたいのに。さげておきます…。

108 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 03:33
>106
「ぴあのの杜」ではないか?

109 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 04:26
age

110 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 04:29
ま…まんまる…!
それ、ネタじゃ…(爆笑)。

111 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 05:14
「月がまんまるだぜ」はちょっとモニョりますなー。
つーか看取った人が親兄弟恋人友人にアイツの最後の言葉は「月がまんまる
だぜ」だったといってるとこを想像するとなおさらモニョ〜。

112 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 05:15
いままでもにょるブツに巡り合えなかった私でございますが、
先日それらしきものに出会えたので鑑定をお願いしたく思います。
生モノですので一部表現を変えてありますです。

主人公(受け)とその上司(攻め)の話。(公務員)
ある日、前触れもなく受けの家の前にあらわれる攻め。
驚いた受けがどうしたんだと問うと、
チェチェンに左遷されることになったので
二度と生きて帰れないだろうからお前を抱きたいとのこと。
そして半ば強姦でことにいたるわけだが、
受け「あなたはそんな人じゃないはずだ」
攻め「俺はこういうやつなんだよ、お前も男にこんな風にされて、勃ってるじゃないか」
等、なかなか旧式のオヤジ臭さを醸し出しておりました。
最後に二人は
攻め「愛している」
受け「こんどはうんとやさしくしてね」
という語らいでハッピーエンドらしいです。

あの…あの……
チェチェンってソレ…
私もいろいろ言えた立場ではないのですが、チェチェンってそれ…
公務員(エリート)が左遷ってそれ…

113 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/29(金) 09:11
チェチェン・・・・・・
黒くて小柄な方のイメージで読んでしまいましたが
合ってますか? 違っておりますか?

114 :>107 :2000/09/29(金) 09:36
知ってるー!!それ、「陽糖電」でしょう!?
あそこまでいい話だーと思ってみてたのに、かなりモニョりました。
あのセリフはなんだったのか…。

115 :107 :2000/09/29(金) 11:15
>>114さま
ああ、知ってらっしゃる方が。
彼のファンだった私は爆笑しましたとも、ええ!
>>110さま
ネタじゃないです。OVAです。
彼は好きな女性に看取られて微笑みながらいきました…。
ちなみに井上●彦氏の2枚目ボイスでした。

116 :どーでもいいことだが@おなかがすいた :2000/09/29(金) 22:39
>>112ご紹介のヘボンやおい。
 その主人公達の職業って何?公務員でしょ?って事は、外交官?
それとも・・陸自かあ??(おい、憲法違反だよ)
 職業を聞いて思いっきりヘボン。


117 :かなりどーでもいいことだが :2000/09/29(金) 23:22
暫く来ないうちにお引っ越ししてたのねん……。
前スレの国ホモ云々を読んでる時にふと思いだした一文。

『後ろから前からやらずぶったくりで犯されて(以下略)』

確か高校の世界史の参考書だか何かに載ってたと思うんだけど、とある国が列国に
侵略される様を形容したもの(だったはず)
いつの時代のどの国についての説明かはすっかり忘れ果ててしまったけど、この強烈な
文章だけは今でもはっきりと頭に焼き付いてる。…世界史、赤点スレスレだったのにな、私。

スレに全く関係ないのでsage


118 :112 :2000/09/29(金) 23:38
>>113
おそらく正解です。たまに訛りの出る人です。

>>116
どちらでもないのですが、職業を明かすとバレバレなのです。
というか…外国に支店(?)なんてない職業です。

もにょもにょもにょ。


119 :どーでもいいことだが@おなかがすいた :2000/09/29(金) 23:59
>>112さん
 レスありがとう。外国の「支店?」って一体・・・
頭がこんがらがってきました・・

120 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/30(土) 00:46
>>112
最初読んだ時はジャンルに気づかなかったのですが、今気づきました……。
気づいてから読みなおしたらかなりモニョモニョしました。
このモニョモニョ感は元ネタがわからないと伝わりにくいかも……。
しかし左遷って……チェチェンって……。

121 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/30(土) 05:34
>『後ろから前からやらずぶったくりで犯されて(以下略)』
「侵されて」ではないのか?せめて。

122 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/30(土) 07:34
>>112
チ、チェチェン…これは確かに、元ネタが分かると非常に
もにょもにょしますね…。生きて帰れないという辺りがなんとも。


123 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/09/30(土) 11:48
遅レス
>>17>>22
 きっとその話知ってるかも。青年誌ですよね。
それっぽいお話のいきなり最終回を読みました。
なんといいましょうか、背中が脱力してしまったと
申し上げましょうか。

124 :>>112 :2000/09/30(土) 16:32
ところでラスト、ハッピーエンドとのことですが
某管理職さんは、チェチェンへ行ってしまったんでショッカー??

125 :112 :2000/10/01(日) 01:14
>>124
それが、ラストではその後は書かれておりませんでしたので
わからず終いなのです。
しかし最後の受けのセリフから察するに、
おそらく作者様の脳内で左遷は立ち消えになった模様。

126 :名無しさん :2000/10/01(日) 01:53
>124
それ私も読んだ・・・確か「裏」で完結するのです。
オチは「そーゆーイメクラな設定でやってみましたー」な二人だったような。
間違ってたどりついたページなのでよく覚えてませんが。

BSのマーラーを聴くためにこの時間まで起きていたのに。
こんな名曲を聴きながらなぜ2ちゃんにつないでしまったのか私。ぷちすさみ。


127 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 02:46
>126
終りの二行が余計

128 :どーでもいいことだが@なんとか食べた :2000/10/01(日) 03:16
>>127
 まあまあ・・・

129 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 04:31
ごめん。マーラーって「まら」とかけてるのかと思って
一人ふいてたよ。私って馬鹿だ…。(打つ出汁脳)

130 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 04:53
>マーラーって「まら」とかけてるのかと
それじゃ、BSはやはり「ビックサイズ」の略?(笑)

131 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 05:35
上手い。座布団一枚。

132 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 07:13
>112
チェチェン・・・。
凄すぎて笑い死ぬかと思いました。

133 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 08:41
元ネタスレで誉められていたから来たが
腹イテェ!!
こんなに短い語りで笑うなんて。
笑いが止まらない〜。どこですかそこ。同じCPだが知らねーYO!
読みたい〜

134 :どーでもいいことだが@さっさとねろ :2000/10/01(日) 12:46
>>112
 やっと職業がわかりました。そりゃ海外「支店」ないわな。
し・・氏ぬ程痛い&大爆笑!!!(当方116=119)

135 :126 :2000/10/01(日) 16:47
>127
ワタクシに意見するなんて三ヶ月早くてよ!

ほう。どのみちマーラーときいても性器しか思いつかぬ大娘どもの溜まり場でうろついてる私が悪かったのよ。
と言いつつ、チェチェンなんですが、この小説ですよね?
一応、裏サイトらしいのですが、インフォの検索で一発ヒットしたのでアドレスのせても構いませんかしらね。
こちら、他の小説もすばらしいです。
ww2.tiki.ne.jp/~aman/ura/2000hit.htm


136 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 17:36
>>126
それもうガイシュツだよ。かなり前に本も上がっていた。(芋洗うような話)
管理人さんはいいひとっぽいから荒らさないでね・・・。

137 :>126 :2000/10/01(日) 23:20
>どのみちマーラーときいても性器しか思いつかぬ
自分のイタイ発言を笑いでフォローしてもらったってことに
気がつかないオバ厨さんよ、アンタってばジャンルといい、
発言の内容といい、おまけに口調まで
とあるイタイ知人にクリソツなんですが。(ワラ
スレの内容と関係ないのでsage

138 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 23:30
>一応、裏サイトらしいのですが、インフォの検索で一発ヒットしたので
>アドレスのせても構いませんかしらね。
性格悪うい。元ネタスレには来ないでね〜。また荒れるから。

139 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 23:39
>>126
やなヤツだな、あんた。
へぼんスレでもお断りだい!


140 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 23:40
 昔男性向け雑誌「ぱぴぽ」で見た忘れられない話をば。(上・中・下な話)
 ヒロインは昔母親を亡くして、少し歳の離れた姉と、出張続きであんまり家に
いない父親と3人暮らしで、母親同然の姉とは仲良く暮らしていました。
そんなある日、ヒロイン(以下妹)は姉の恋人(以下恋人)の所に姉には内緒で
行って、恋人と姉のSMプレイを写したビデオを見た後、抱いてくれと頼みます。
「一応、俺と君のお姉さんは恋人同士なんだ、君はその間に割って入ろうとしてる。
俺も彼女を裏切る訳だから、君にはそれなりのモノになってもらわないと」と
言いながら、調教開始(妹は初体験)。話が進むに連れ、段々とM奴隷化して
行く妹。そして私は「あー、略奪愛モノかー」と思いながら読んでいたの
ですが、最終話で話は思いもよらぬ展開に。
 妹が恋人に調教されている間にも、恋人は姉とも関係を続けていました。
そしていつもの如くプレイを始め、「妹が見たらどんな顔するだろうね」
とか言って姉を拘束し言葉責めします。妹に見られる事を想像して姉は「見ないで」と
悶えますが、そこに「もっと素直になれば?お姉ちゃん」と妹登場。呆然とする
姉にヒロインは「私があの人の性奴になる代わりに、お姉ちゃんを貰ったの。
大好きよ…これからは私がお姉ちゃんの喜ぶ事をいっぱいしてあげる」と言いながら
攻め始めます。そうです、妹の本命は姉で、恋人は踏み台だったのです。
姉は抵抗しますが、拘束されているのでろくな抵抗も出来ず、妹のテクニックの
前に陥ちてしまいます。
 ラストシーンは、姉に奉仕させながら、出張中の父親からの電話に何食わぬ顔で
応対する妹の姿でシメですが、妹→恋人×姉と思いきや、妹×姉という
やおいテイストでブラボーなオチに思わず涙がちょちょ切れました。 

141 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/01(日) 23:49
>>126
へぼん紹介には愛とウィットというか芸が必要。あなたにはそのどれも
無いようですね。自分で「私のジョークって冴えテル★」とか思ってそ
うだけど、つまんないし、やーな読後感しかない。

142 :まあまあ。 :2000/10/02(月) 00:01
チェチェンな小説の作者さんのプロフで発見した一文。

>小説ネタを初めて書いたのは、キャプテン翼で、タイトルは「若島津、純愛流れ星」でした。

す…素敵だ…!!マジで読みてぇーーーー!!!うかつにもファンになりそうです。


143 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/02(月) 00:29
>>142
激しく同意!読みたい、読みたいよぉー!!(じたじた)


144 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/02(月) 01:57
>>142

 私も熱く激しく同意!!

>「若島津、純愛流れ星」

 日付変わるまで仕事して、このまま職場に泊まり、の疲れ切った心身には
このタイトルだけで既に愛と笑いのファイトいっぱぁ〜つ!!でございました。

145 :へぼん三姉妹 :2000/10/02(月) 04:29
>140さん
その話すごく読みたいです。漫画?小説?

もにょったネタを思い出しました。
既出じゃなかったと思うのですが、商業誌からです。ちょっとうろ覚えですが。

人気ビジュアル系バンドのボーカル(受)と同バンドギターで作詞作曲(攻)。
このバンドには『LOVE YOU』という激しいナンバーの人気曲があります。

最近、攻めが抱いてくれない事を不満に思っていた受け。
一悶着あって、受けが攻めに詰め寄るとインポになった事を吐きました。
「俺はインポだ。だから、お前の事を悦ばせて満足させてやる事ができない」
「インポなんか関係ない。それでも好きだから抱いて」
インポを補う為、激しい愛撫を仕掛ける攻めに感極まった受けが叫びます。
「俺の中で『LOVE YOU』を弾いて!!!」
その言葉に攻めは指を挿入してギタリストの技を駆使しました。

お尻の穴でのギタープレイに、読んでいて尻の穴がもにょもにょしました。
自分の大好きなバンドのカプーがこうだったら…とつい想像してしまいました。

146 :140>145 :2000/10/02(月) 08:36
 向井雅代氏という方の漫画で、「淫落ゆうぎ」という本に収録されてます。

 >攻めは指を挿入してギタリストの技を駆使
  それは下手したらフィス…(ゲフゲフ)確かに自分の好きなバンドの
カプでこういうのは読みたくないですわ。

147 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/02(月) 11:49
遅レスですが、チェチェンの話。
あれ、脳内で立ち消えになったも何も、最初から
お芝居だったみたいですネ。
(でもあのオチをさらしてなかったなら確かにヘボンか…)
オチがわかれば真正ヘボンじゃなくてなんちゃってヘボン?

そこの小説、赤い貧乏な話シリーズがあまりの貧乏振りが
いかしてて大好きだ(笑)

148 :> :2000/10/02(月) 12:38
are

149 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/02(月) 12:58
>>126はお約束を忘れている。
ここにリンクをはらずに、自分なりに解説しなきゃダメダメ!
飛んで見に行く暇もある人と無い人があるのよ

150 :擬人化萌え〜 :2000/10/02(月) 20:30
古いスレを読み返して、国ホモとか肉ピーマンにあらためて
萌えてしまいました。で、今日仕事でモナカをつくっていて、
思わず
「おい、あんこ、どうした・・・今日は随分とゆるめだな・・・
固さが足りないぜ」
とカワの気持ちになってみたり、
「そ、そんな大きな求肥をいれたら、蜜が、蜜が出ちゃう」
とあんこの気持ちになったりして、一人で萌えてしまいました。
・・・チェチェンまで逝ってきます〜

151 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/02(月) 20:35
>>150
わ、和菓子職人さんですか?色々なへぼん好きの人がいるね〜

152 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/02(月) 21:14
へぼんネタとして、マフィア物と女性化は欠かせないと思いますが、十年近く前
この二つの複合技で攻めてきたへぼんを読んだことがあります。しかも妊娠ネタの
オマケつきでした。
ジャンルはすっかりおなじみのキャプテンウイング、子事件。
クライマックス、和歌島津を撃とうとする敵の幹部(剃り待ち)止めようとして、
「やめろ剃り待ち!和歌島津の腹の中には俺の子がいるんだ!」と叫ぶヒューが産に、
ひどくもにょりとしたのを覚えています。
ハードボイルドマフィア物じゃなかったのか……?

ところでこの本には、イベントで買ったとき乱丁本だったので交換してもらいに
行ったら、またその交換してもらった本も乱丁本で(家で気付いた)、作者さんに
「大丈夫なんすか、この本刷ってもらった印刷屋…?」と突っ込みたくなること
しきりだったというステキな思い出もありました。

153 :どーでもいいことだが@それゆけニッポン :2000/10/02(月) 21:52
>>150
 大爆笑!!!!

154 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/02(月) 23:16
ここで5☆物語のスレがあったんで思い出したのですが
どこのジャンルでも必ず「鬼士(攻)ふぁちま(受)」
…を見たように思います。
やはりあの設定にはへぼん魂を揺さぶるものが?

155 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/02(月) 23:32
>>150
すばらしい! 笑いすぎて涙が出てきたよー
だれかこの笑いを止めてー(TT)

156 :名無しさん@モナカ最高! :2000/10/02(月) 23:53
>150さん
素晴らしすぎる〜っ!!
今日は個人的にイヤなことがあって「誰か…誰か…私を癒して…」と
すがる気持ちでここを覗いたら……腹がよじれるほど癒されました(笑)
お早めにチェチェンから戻ってこられることを切望。
そして今一度、モナカの皮とあんこのお話を…!!

157 :南那氏さん :2000/10/03(火) 10:28
モナカホモにもにょりとしたのでage

158 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/03(火) 10:32
モナーかホモ?

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2000/10/03(火) 10:36
>>150
いたたたた…笑い過ぎて腹筋痛くなった(笑)

160 :衝撃 :2000/10/03(火) 13:12
モナーがほも!?


161 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/03(火) 13:15
モナーが性別受!?

162 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/03(火) 13:19
ほも=受けですかい!(笑)

163 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/03(火) 13:28
大分昔の本なので詳細忘れて(確かシリーズで3・4册出てた)
シチュエーションだけ紹介なのですが。
主将翼の現×孤児の小説でパラレルハードボイルドです。
現造は名うての殺し屋(ダークなシティーハンターみたいなもんか)
孤児朗は優秀刑事でした。
たしかそれぞれとんでもなく暗い過去のトラウマかなんかあったよーな
気がしますが、まあとりあえず初対面にて現造一目惚れ状態。
その後やっちゃったり警察から孤児朗が裏切られるような事件が起きたりしながら
結局孤児朗は刑事をやめ、現造とコンビを組んで裏の世界に行くのでした。(まんまリョウとカオリだ)
その後昔から現造のライバル仲間のちょっと陽気なお調子者酒内ダ−やら、死んだと思っていた
孤児朗の父親がマフィア組織(実は酒内ダ−が黒幕)に記憶喪失のまま操られやむなく孤児朗が
撃ち殺すだとか(お約束の死ぬ真際記憶取り戻し)やら
今思えばヘボン要素バッチリの香ばしい本でございました。
あの本…実家に残ってるかなあ…もう一度読み返したくなってきた(笑)

164 :150 :2000/10/03(火) 13:41
「今日の焦げ具合はまた格別だね・・・香ばしいかおりが
もう、たまらないよ」
褐色の肌をしたカワに、あずきの潰しあんが甘く囁いた。
「ああ、こんなになめらかなのに・・・、君の中に残る皮の
欠片が、僕を優しくくすぐるんだ、つぶしあん・・・。ああ、
ふちに引っ掛かってる・・・」

チェチェンより、つ、続けても良いですか??

165 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/03(火) 13:44
素敵な展開…>150

チェチェンからでは大変でしょうが、続けて下さい(笑)

166 :>150 :2000/10/03(火) 13:48
いけない、ついつい某絵本の絵を思い浮かべてしまったよ!
・・・・・

167 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/03(火) 15:08
>>150
くはぁ〜大爆笑!
マズイ、ちょっとばかり餡犯饅を想起してしまった、、、

168 :名無しさん@モナカ最高! :2000/10/03(火) 16:51
チェチェンから実況ですか?ご苦労さまです!
これはカワ×あん??あん×カワ??
はっ、まさかリバーシブル!?(笑)

150さんの影響で、和菓子屋さんに大福とだんごを買いに行ったら、つい目が
ショーケースのモナカに釘づけになってしまい、うっかり一緒に買ってしまった…。

169 :>168 :2000/10/03(火) 16:55
中に入るのは餡だから餡×皮では?
バリエーションとして餡×餅なども可。

170 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/03(火) 17:25
>150さん、和菓子ネタ最高です!!
と、いうことは…いちご大福などは和菓子としては邪道などと言われ
つまはじきにされている。
「どうせオレは和菓子でもない、洋菓子でもない、どっちつかずの
 アイウォンチューなんだ…」
と拗ねてグレる、いちご大福…。
そこへ和菓子の友・緑茶が現れ、そっと優しく慰めてくれる。
「そんなことないよ…キミはこんなにもボクの渋い味に合うじゃな
 いか…キミは立派な和菓子だよ」
「りょ、緑茶さん…!」
緑茶の胸に飛び込んだいちご大福は、その熱いグリーンの愛撫の中に
溶けていく…(あんこだから液体モノには溶けちゃうね)
「ほらごらん…もうこんなにあんこが溶けて…キミの真っ赤ないちごが
 見えてきてるよ」
「い、いや…見ないで…」

ダメだ、150さんには遠くおよびません…。
私もチェチェンまで修行に逝ってきますっ!!

171 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/03(火) 18:22
>170
そんで、そのいちご大福とモナカは、異母兄弟(?)だったり・・・。

172 :>164 :2000/10/03(火) 22:20
ものがアンコなだけに、ちょっとばかりイヤ〜な連想をしてしまいました。

宇津出汁膿…

173 :150 :2000/10/04(水) 00:30
「ああ、なんてすがすがしい香りなんだ・・・」
我が身に柚子の香りのこしあんを受けとめながら、カワは思わず
呟いていた。
「今日の君は蜜が多いね・・・」
・・・この身を溶かす気なら、それでもいいと、カワは柚子あんの、
やわらかくそれでいてさらりとした感触にうっとりと酔っていた。
「君だって・・・」
柚子あんが、カワの華奢で脆い体に身を任せながら囁いた。あずき
あん用の、香ばしく焼きを入れられたカワと違い、柚子あんの為の
それは白くやわく、焦げ目一つ無い。
「そんな透けるような肌をして・・・つらくないかい」
柚子あんの優しさに、まさかと笑って答える白いカワ。
しかし焼きの弱い白いカワは、柔和な柚子あんをさえも
時に受け止めかねるほど、命はかない運命なのでした。・・・

明日も大量のモナカを作りながら萌えてきます〜

174 :名無しさん@モナカ最高! :2000/10/04(水) 01:04
>150さん
やはり、あん×カワだったのですね!!
しかし私モナカのカワってどれも同じと思っていたら、中に入るあんによって違ったの
ですね〜良い勉強になりました!
柚子あんの、透けるような肌のはかない命がせつないです…。
つらくないかい…(笑)優しくキザなセリフですね。

明日も大量のモナカ作り、頑張って下さい〜。

175 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/04(水) 01:06
何か、こしあんが食べたくなってきたぞ。

176 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/04(水) 01:10
久しぶりにモナカ買ってみる気になってきた(笑)
和菓子の販売促進に貢献?
しかしモナカに限らず、あんこ菓子を食べる時、これからはつい色々妄想しながら
食べてしまいそうだ、どうしよう。
1人で会話とか考えて呟いてそうだなぁ〜〜〜。

177 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/04(水) 02:30
ここ数年和菓子には縁がなかったのに
急に食べたくなってきた…

178 :150 :2000/10/04(水) 20:37
>170さん
素晴らしい〜(笑)!いちご大福は本当は、美男の条件の定石である
ハーフな上に、お宝(苺)を抱いた高嶺の花・・・。もち肌だし。
さりげなく羞恥プレイに持ち込む緑茶がステキ・・・。

>174さん
お店によって色々だと思いますが、うちでは柚子あんには白の
カワの組み合わせです。あずきあんと茶色のカワの、武骨と
いうか男らしい風体に比べて、柚子の方は繊細ではかなげで
妖艶なおもむきすらあります。小憎い美少年です。


179 :名無しさん@170 :2000/10/05(木) 01:51
>150さん
只今チェチェンより戻って来ました。
そ、そうでしたか、いちご大福はハーフなもち肌の持ち主でしたか!!
確かに身体の一番深い場所にお宝を隠して…中まで進まないと見えない!
その清らかな高嶺の花を溶かしたなんて、緑茶…。

180 :下がっとるの :2000/10/05(木) 15:04
国ホモ、地蔵ホモ・・・に続く「変な物ほもシリーズ」第?弾
(今までにいくつあったか忘れてしもうた)
和菓子ホモ???

>緑茶×いちご大福
もしかして、一生に一度のえっちですかね。

181 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 15:12
今読んでる、お堅い某文芸雑誌。
主人公(奥さん持ち)が目覚めるといきなり女に。
絶世の美女としてあっちこっちで男に引っかけられ
レズに押し倒され、イチゴとサクランボを入れられる話。
一応これ、純文学雑誌なんですけど……

182 :>181 :2000/10/05(木) 15:18
ざ、雑誌名をッ!

183 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 15:20
つ…続いてたんだ最中ホモ…(爆笑)

ついつい煎餅ホモ読みたいとか思った自分が嫌。 逝ってこよっと。

184 ::2000/10/05(木) 16:08
ざ、雑誌名をー!>181さん

150さんの「柚子あんは小憎い美少年」に
金メダルを差上げたい気分です。

185 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 16:31
150さんの本がとっても読みたいよ…(笑)

186 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 17:19
>180
>緑茶×いちご大福・もしかして、一生に一度のえっちですかね。

そうか…したら溶けちゃうんだもんね(で、お宝を暴かれる)
うまいねっ!!(笑)

187 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 17:25
命がけの恋……あぁ、耽美……

188 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 17:47
主人公はビジュアル系バンドの
ギター(攻)とボーカル(受)。
ツアーで来たハワイで、ボーカルはホームシックにかかってしまう。
「ねえ、どうして星はあんなに瞬くの?」
二人きりのジャグジーで泣きじゃくるボーカル。

へぼん・・・

189 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 17:50
>>188
それ…今どきの同人誌ですか…?大昔ならまだしも
(いや大昔でもイタイか…)

190 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 17:55
>>188
それって、某灰色バンドの実話じゃなかった?
ここのスレッドで出てたような気がするけど。

191 :188 :2000/10/05(木) 18:01
最近読んだ芸能オリジュネなんですけど・・・
実話ネタですか?
いくらなんでも痛いとは思ったけど・・・

192 :180 :2000/10/05(木) 18:19
>>186@`187
要は「緑茶に大福を落とした」状態ですよね。
お茶は濁るし、中身は溶ける、かな、と。

何か「命がけの鯉」「たんび」と聞くと、栗も戸大先生を
思い出してしまうなあ。
この前、男が合体中に、攻がべらべらべらべらべらべらべらべら、
6ページも喋り続けるとゆー偉業を成し遂げて下さったらしいですね。
流石です、大先生。

193 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 18:25
>>192
きっとしゃべって気をそらしてないとすぐ逝っちゃいそうなほど
受けが狭くてきつくてヨかったんでしょう。
ね、鳴り巣様(笑)

194 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 18:28
ヘボンの5以前に行けなくてすさむ…。
ビーフシチューさんのを友達に読ませたかったです。

195 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 18:47
>>190
あ、ありましたっけ?そんなの(汗)
うわー全部読んでるのに分からない…。
てゆうか灰色の彼らは、ワイハで2人っきりで
ジャグジーに入るような仲なのか…。

196 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 19:08
>>194
ログ倉庫を掘ってみるべし!
へぼが平仮名とカタカナの場合があるので両方検索!

197 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 19:22
>>195
歌番組に出ていたときにそのようなことを言っていた気が>灰色
それだけで十分香ばしいのにさらに追い討ち。
いっしょにパラグライダーをした際、攻めのモノが勃ってしまい
その間中ずっと受けに当たっていたそうです。

198 :名無しさん@上は生もの話題だから下げ書き進行なのか・・・? :2000/10/05(木) 19:38
今読んでいた本で、インサート時とフィニッシュ時に
受けの身体の断面図(身体は縦割り)が出てきた!
思わず声を出して笑ってしまった(笑)
何故断面図・・・。

199 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 20:46
>>198
断面図???
受けって言うから男だよね?
だったらアレまで断面図に描かれているのか教えて欲しいよ。
ついでに、体位のままの断面図なのかも(笑)

200 :181 :2000/10/05(木) 21:22
遅レスですいません。
その純文学へぼん、身長社(要再変換)から出ている「身長11月号」の巻頭に載ってるんですが
その主人公の奥さんがまたすごい。
旦那に化粧をし、「美女よ」を連発し、女性化に戸惑うどころか面白がり
その男性体験を根掘り葉掘り聞き出す始末。
まるでへぼんに良くある、女性キャラの名を借りた同人女のようです。
旦那の処女(本文中にこういう表記があるのだ)を奪う男性も
「君は毒蜘蛛のようだね」
「きみ、本当に穴もってるの?」
と迷言を連発してくれます。
二人が出会うバーのバーテンも
「老人と海」「欲望という名の電車」なんてカクテルを差し出すあたり、結構へぼんです。
そしてその旦那自身も「もっと出したり入れたりしてみて!」なんてほざいてます。
しかし、何よりすごいのはこれを書いたのが90歳のじじい(職業:医者)だということでしょう。

あぁ、私にもっと文才があれば……!
ビーフシチュー様かばばさまにご一読いただいて要約してもらいたいくらいです。

201 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 21:34
150から一気に読んで笑い氏にそうになった・・・・
すばらしいわ和菓子の世界!!

202 :198 :2000/10/05(木) 22:58
>>199
受けだけが断面図なので、攻めのアレは断面図にはなってなかったです(笑)
そして受けのアレは上手く誤魔化されて(受けの足で隠されて)ました。
体位で断面図!なのですが、インサート時は(局部アップの断面図の)正常位、
フィニッシュはバック(なんでや・・・)でした。
なんと言うか・・・
インサート時では  「モノが入ってますよ〜!!!」
フィニッシュ時では 「攻め!イッチャッテますよ〜!!(出てますよ〜!!)」
と言う事を表現したかったみたいです。
しかし、今まで美形だったのが突然断面図になるのはびっくりしました。

203 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 23:40
あげときまーす

204 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/05(木) 23:49
>>200
ジジイ…どんな人生を送ってきたんだ…

205 :181 :2000/10/05(木) 23:52
>204
編集室のあとがきによると
「とにかく貧乏臭いのは大嫌いで、一日中セックスのことばかり
考えているとのこと。」
だそうです(笑)

206 :どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 00:24
>>197
そ…それはどなたが受けでどなたが攻めなんでしょうか……。
灰色は4人いるのでわからんちんです。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/06(金) 02:08
>206
その話知ってる。
リーダー兼ギターの大きい人が攻めで、ボーカルが受けでした。
ヘボンだった…

208 :188 :2000/10/06(金) 07:39
どうやら私が読んだのは、その灰色さんネタのパクリだったようです。
登場人物の容姿は違いましたけど、
その後の話も一緒でしたから…

泣きじゃくる受けを一晩慰めた攻めは次の日、
気晴らしにと受けをパラセイリングに誘います。
一緒に飛んでいるうちに水着姿の受けに欲情してしまった攻めは
着陸後人気のない洞窟に引っ張り込み、
そのまま美味しく頂いてしまうと言う話でした。

しかし、灰色さんは実際一緒にジャグジー入ったりするんですか?
そっちはそっちでヘボン…

209 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 09:24
普通、ジャグジーは水着で入るから、
友達同士で入ったりしますよ。
プライヴェートジャグジーに全裸で入ってたら
恋人同士でしょうが…

210 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 09:29
氏ね

211 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 09:42
灰色話は関連スレあるんだからそこでsageでお願いしたいです…。




212 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 10:25
出たー。出ました特別扱い要請!早速襲来ですねぇ。
まあこっちも情けと気配りでsage進行はやぶさかではないけど、
筋違いなお願いはこっちもやめて欲しいです…。
灰色スレは灰色者が集う場所です。

213 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 12:33



214 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 14:37
まあまあ。
その話は灰色のパクリだったということで、灰色同人とは別物でしょう。
150さんの和菓子でも待ちましょうか・・・

215 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 15:59
私の愛する作家の夏の新刊は芸能人(ミュージシャン)のパラレル。
受けはやくざの組長、攻めは南米帰り(…)のヒットマン。
受けとの昔の事が元で攻めは小指がございません。
当時の組長の義理の息子の受けに手ぇだして詰められちゃったのです。

再会した二人。指見せてみろよと要求する受け。
やたらときれいな切り口(そりゃあもうすっぱり)の小指を見せる攻め。
それを見た受け

「俺の処女は小指一本分か…」


御本尊今年でもう43歳なるミウジシャンです。
ちなみにこの話を友人に聞かせたところ何を勘違いしたか
「小指一本?狭くない?」

216 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 19:47
切り口すっぱりってことは小説でなく漫画なのでせうか…
ちょっと衝撃で些末なことが気になるです…

つーか、処女ってやめよーよー・・・(ものすごく今更)

217 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 20:13
このスレは落ち込んだときとかに見るとすげー和むのですき・・・

218 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 20:59
>俺の処女は小指一本分か…
処女・・・女じゃないだろ(藁

219 :150 :2000/10/06(金) 22:49
ようかんが見てる・・・

220 :どーでもいいことだが :2000/10/06(金) 22:56
和菓子やおいにかかったら、某有名和菓子店の竹筒に入った羊羹は一体
どう料理されるのだろう…
おしえておじいさん…

221 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 23:07
あの竹筒羊羹って、押し出して食べるの?啜って食べるの?
当方、東夷者にて存じませぬ。

222 :150 :2000/10/06(金) 23:08
す、すみません、219、不審な発言を・・・。
今日はユズモナカの上にアズキモナカをのせて「故事件〜」とか
遊んでいて、そのとき傍にようかんがあったので、その状況を
へぼんの名言にのせて書こうとしていたのです。が。
先走ってしまいました・・・。


223 :どーでもいいことだが :2000/10/06(金) 23:09
底に錐で穴をあけて、そこから息を吹き込んで押し出して食べるんじゃ
ない?

もしかして、羊羹×竹筒?

224 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 23:11
>>150 いや、受けた(笑)

225 :>150 :2000/10/06(金) 23:12
ユズモナカが券ですか!?

226 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 23:36
友人に「嵐が丘」の話を聞きました。
正確には「嵐が丘」の翻案映画?のようなものらしいですが。主演は故まちゅだゆうちゃくだとか。

原作の話も私は不勉強にて知らなかったので友人に説明して貰ったのですが、金持ちの娘と
使用人かなんかの息子がいい仲だったのが引き裂かれて、使用人の方が怨みに思い
没落した金持ちの娘の娘(ややこしくてすみません)をひどいめにあわせる…というような
話だとかで。すみません、こっちの方はよく覚えてないのでどなたか御存知の方フォローお願いします。

んで、問題の映画の方。何故か設定は日本に替えられているとか。もちろん使用人も金持ちも
日本名です。
そして何故か、金持ちの娘はオロチ一族らしいのです。オロチ一族の娘は成人したら?
巫女になるらしいのですが、それまで里に下りてきてはいけないらしく、山を下りた娘は
「オロチがきたぞ〜!」と村の衆に小石を投げられる始末。何故。何故オロチ一族。
すみません、友人に聞いた話はこの100倍は爆笑できたので、今度もっときちんと聞いて
メモでもしてきます…。

227 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/06(金) 23:47
随分昔の男性向けエロ劇画雑誌の一編。
タイトルは
「象さん象さんお鼻が長淫のね」
子供を連れて動物園にきていた美人人妻が
象の飼育室で飼育係のおっさんに犯される話らしい。

泉麻人といとうせいこうのエッセイに出てきたんだけど、
読んでみたい。

228 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 00:02
昔、友人に借りて読んだへぼん。

男ふたりがくんずほぐれつめくるめく世界を展開しているんですが、
最後のつっこみシーンで、互いが互いの穴に同時にやおるんです。
もうどっちが攻だか受けだかわかりゃしません。
互いにあえぐわ、前後運動だわで大忙し。

こんなミッションインポッシブルなやおい、これ以来見たこともありません…。


229 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 01:13
>228
そ、それって本当に可能なのでしょうか…?
どなたか詳しい方説明きぼん〜!

230 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 01:34
>150さん
痛い………笑い過ぎて腹筋痛いわ涙止まらないわで大変な思いしました…
>>219で先にセリフだけ発してらっしゃるのが余計にツボです……。
合宿スレですさんだ心が和みました…ありがとう。

231 :ビーフシチュー :2000/10/07(土) 02:13
このところいろいろあって心荒んでいたのですが、
久々にここを訪れたら気持ちまったりいたしました。やっぱりいいですね。

>>150さん
数々の和菓子の心を弄ぶ150さんのファンになりそうです。へぼんな和菓子
職人さんなのですね……どきどき。昨日の夜、私はカステラを食べながら
思わず「おやおや、こんなところにざらめをいっぱいつけて……」とか言葉
責めモードになってしまいました。ふくさ屋のバットマンマークも泣いてます。

>>181さん
90歳じーさまの熱烈サクランボに燃えてしまい慎重11月号を捜したのですが、
生協の本屋にはなぜか10月号しかありませんでした。本屋の自主規制にでも
あったのでしょうか。

232 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 04:02
>>181さん
そうそう、私も探したのですが、身長社のサイトは10月号の紹介のまま、
書店にも10月号しか……。ここ、東京なのに!! フライング入荷の書店で
お求めなのでしょうか。ああ、見たい……(悶)

233 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 09:21
中嶋らもの作品(対談もの)で「可能だ」と出てきたのを見たことある>>229

234 :どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 10:09
どんな体位でしているんだ<同時挿入
松葉崩しのバリエーションかな?(笑)

235 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 10:27
マジで大丈夫なのか同時挿入。 おいどんの腐った頭じゃどんな体位だか
わからんとです。

236 :伸びます!伸びます! :2000/10/07(土) 10:58
お互いのてぃむぽが
藤子不二雄Aの怪物くんの手足のように
伸縮して、あいての明日ホールに入るのでしょう。
>同時挿入やほい

237 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 11:06
ゴメン、自分もそれ考えた……「触手みたいに伸びて……」(以下略)
でもそれはそれで読んでみたーい。>236
男性向けにゃあうにょうにょものあるのにやほいには触手って
ないから興味あるんだよねー。
ゴメンよ、男性向け好きやほい書きで…。

238 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 11:11
ビーフシチューさん、なにげな言葉がことごとくおもしろくて
いやはやこういうのをセンスと申し上げるのでしょうと
小生いたく感服いたしております。ファンです。

239 :花と名無しさん :2000/10/07(土) 12:30
>237
このスレの1と2をご覧下さいませ。
素晴らしい触手たちが、あなたを待っています(祭囃子〜)

240 :どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 14:04
>素晴らしい触手たちが、あなたを待っています(祭囃子〜)

一瞬、触手たちが一斉に「おいでおいで」と
手(?)を振っているイメージが脳内スクリーンに浮かんじゃったyo

241 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/07(土) 18:15
あげとこう。カステラは高級な奴を一度食したらザラメもしっとりとまろやかで
ふんわりだったのですが、安い奴はざらざらとしていてちょっと痛そうです。ソフトSM…

242 :181 :2000/10/07(土) 19:15
>>231
>>232
あぁ、ビーフシチュー様はじめ皆様に語混乱をさせてしまってすいませぬ……
うちは定期購読なので早めに送られてきたのかしら……
身長11月号巻頭「サクラン坊とイチゴ」です。

243 :150 :2000/10/08(日) 08:04
>ビ、ビーフシチュー様!!お言葉を頂けるなんて光栄です〜!
い、色々思い出してしまって、・・・朝から笑いが止まりません・・・
早起きしすぎてしまった・・・

>225さん
ユズモナカが件というか、アズキがかなり茶色く焼け焦げて
いるのです。光にあてると照り輝いてさえいます。

昨日は勝手にばばさまの御偉功にあやかり、モナカに和紙の
マントをつけて、「錠×県〜(我っ茶萬)」といって遊んで
いました。和菓子職人のずさんな扱いにより瀕死の重傷を
負った県(ユズモナカ)。カワが割れ色も鮮やかなユズアンが
純白のマントを汚しています。
「俺はもう駄目だ・・・こんな姿では、もう店に出られない・・・」
と、蜜の涙をこぼしながら力尽きようとする県。錠(アズキ
モナカ)は自分の体やマントが汚れるのも構わず県に取り縋ります。
「だ、駄目だ錠・・・!お前まで売り物にならなくなってしまう・・・」
「知ったことか!お前と離れて売られていくくらいなら・・・。ああ
県・・・味は少しも変わっちゃいないのに・・・。たかが見てくれが
損なわれた為に・・・」
そう言い悔しさに震える錠。でも、最後はやっぱり県に乗っかる。

244 :>228 :2000/10/08(日) 08:14
発見殿で見かけて以来、私も不思議だったなあ。
前後を読む分には正常位だったのよ。<同時

245 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/08(日) 12:38
>>243和菓子様
相変わらず素敵な職人さんで……。 今日も笑い転げさせて頂きました。
ありがとう!!

246 :>>228 :2000/10/08(日) 23:18
一人はうつ伏せ、もう一人は仰向けで
尻同志を突き合わせ、互いのてぃむぽを下方に向けて(ご無茶を…)
挿入というロボ合体接合部分な構図を思い浮かべてしまった。
自分最低。

卯津田氏脳…

247 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/09(月) 05:01
>>228
やおいではなくエロマンガだったのですが、男同士の松葉くずし、まだあります。
シーメールに改造された少年ふたり(性器も改造済み)が、汁だらけになりつつ。
作品名は「BLUE HEAVEN」(しのざき嶺)、コミックス2巻の巻頭カラーでした(笑)

248 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/09(月) 13:32
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=doujin&key=970283371

このスレの291-320辺りのへぼん小説ネタ、かなり面白いです。
ペル粗無知らないとわからない部分もあるかもしれませんが、
「押し倒したキスした口でした突っ込んだよがりまくったもうイった」
は名言だと思う。

249 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/10(火) 03:32
>>248 なんとすばらしい!
あるいはそれがエンドレスリピートで夜明け鳥が鳴く頃気を失うのも
望まれるひとつのへぼんの形。

男同士同時挿入、椅子ならできそうなのが3〜4人いるかも、とか考えたところで
組み合わせに困った己の未熟さを嘆く。


250 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/10(火) 08:39
のびるのか!あれが!!(爆笑)
ビジュアルが容易に想像できて困ってしまった(笑)



251 :南那氏さん :2000/10/10(火) 10:56
>>228
>>247
 唯 登詩樹のエロマンガでふたなりの女の子が相互合体(笑)する作品が
あるですよ.タイトルは忘れたけど,「マーメイド★ジャンクション」
なる単行本に掲載されてた.

252 :男同時挿入 :2000/10/10(火) 12:53
・・・かたつむりのえっちみたい。

確かかたつむりって雌雄同体でお互いの精子を交換するんじゃなかったけね。
まさに触手(?)にゅ〜〜っと伸びてさ。
性別「受」の他に新たに性別「かたつむり」出現かい。
逝ってしまえ、自分。

253 :どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 02:57
>>251-252
その昔友人と真剣に語ったことがあります。議題は「ル●ィの▲×★は伸びるのか」
そりゃもう熱い会議になりました。 我ながらバカだとは思いますが。
とりあえず、2人とも椅子じゃなかったので、ジャンルが椅子の友人に
「ねぇ、ル●ィって身体中伸びるの?」「引っ張られると伸びるだけなの?」等
お伺いをたてておきました。   …逝って良し自分。

254 :>253 :2000/10/11(水) 03:55
流布胃×ぞ炉の友人から聞いた時は「へボンネタね」と
ほくそ笑んだものですが……
伸び過ぎて受の口から出てきちゃうと言う話があるとか
>流布胃のオチムチム

255 :ちと擦れ違い気味なので下げ :2000/10/11(水) 04:01
>>253
単行本の質問コーナ−でそういう質問が来て(同人女じゃなくて小学生だと思うが)
作者がきっぱり「ち●こも伸びます」と断言してた<ゴム
引っ張らずに伸びるかは不明
>>254
下から入れて上から出たら、それは受も何かの能力者かも?(笑)

256 :南那氏さん :2000/10/11(水) 11:48
>>255
じゃあケツからアレ突っ込んで奥歯をガタガタいわせられるん
ですな…ってそんなことして意味あんのか?


流布医が出来るということは,某怪物ランドのプリンスも出来
るのだろうか(^^;>ち○このばし

257 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 11:57
>>256
フランケンもいるからな、伸ばしたり大きくしたりしなければ具合が悪かろう。

258 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 12:56
となると怪物プリンス×腐乱権ですかやはり。

259 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 13:08
私としては腐乱権×怪物プリンスきぼーん。

260 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 13:09
私の脳内では王子という種族は「受」に決定しています。

261 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 13:20
のびるち○こ…触手プレイのようなものか?
私は怪物プリンス×ヒ○シくんキボーン。

262 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 13:28
快快快 快快快 愉快 痛快 快物君は 快物ランドのプリンス大

263 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 13:59
>プリンス大
というからにゃ、プリンス中とプリンス小もあるのか?
大・中・小は、ナニのサイズ?

264 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/11(水) 16:27
プリンス大は「悪魔怪獣なんでもこい」だそうなので
最強の総受けでしょう。多分。

265 :プリンス大 :2000/10/11(水) 17:10
総攻もありでは?

266 :ファンコールなのでsage :2000/10/11(水) 19:13
最近、ばば様がお越しにならないのが寂しくて…もしかして、この気持ちは恋?
新たな愛しきへぼんのご紹介をお待ちしております。

267 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/12(木) 02:14
タンポンのスモール・ラージ・レギュラーを
穴の大きさ=ユルさだと思っている人がいるらしい……驚き

総受けでプリンス大だったら、なんかイヤ〜ン、っていうか勿体無いよ〜

268 :下がり過ぎ :2000/10/12(木) 09:34
267を読んでふと思ったが、
実物を知らずにやおいを読んでいるお嬢ちゃんが間違った知識を持ってしまう様に
妄想だけの童貞君も愉快な認識を持っていそうな気がするな。


269 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/12(木) 10:16
へぼんと云えば、思い出すのは聖金曜日ともてはやされた頃の刑事ドラマの同人誌。
その中で、医者(英訳してね)という仇名の刑事とジプシーっていう仇名の刑事の
解体物小説がありました。誰か知ってる仲間いないかなあ。

270 :>268 :2000/10/12(木) 10:16
ちょい前に「同人女はウエスト60以上のデブばっかり」と発言し
自分がギャルゲーでしか女と付き合ったことがないことを曝してしまった
彼のように?

271 :>268 :2000/10/12(木) 10:46
バストのサイズの測り方を知らないのが基本ですね。

272 :>268 :2000/10/12(木) 10:55
女の乳首は常に立っていると思ってるのも基本ですね。

273 :どーでもいいことだが。 :2000/10/12(木) 11:12
>>269 記憶にある…つかその本持ってたような…
当時の金曜日系同人誌はすべて持ってたような気がする。当方当時リアル厨房。
イタイ…(藁

274 :>272 :2000/10/12(木) 11:34
基本なんですか?
どっかの女優かモデルがひとに美しく見せる為に
常に乳首を立たせていた、というエピソードを思い出しました。


275 :>274 :2000/10/12(木) 11:37
そう言う意味ではなかろう。

276 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/12(木) 11:51
>>273 知ってる人いて安心したー。
なんかあの本って今考えるとへぼんなテイスト満載だった気がするんだけど
此処には紹介されてなくて歴史の渦に消えてしまったかと思ったよ。
でも今の医者とジプシーの俳優では絶対に考えちゃいかんなーと思う。


277 :273 :2000/10/12(木) 11:59
>>276 つーか、あのジャンルそのものへぼんテイストでした。
昔からへぼん好きだったのか自分。宇津だ…

278 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/12(木) 12:03
>>273>>276
私は思いきり電波厨房だったよ…あの時代。
本もいっぱい残ってる。自分の戒めのために…
同時進行していた筆冊もヘボネタ満載でしたよね…

279 :273 :2000/10/12(木) 12:10
>>276 >>278 ここが2chでなかったら語りたいです(泣)。
自分は一時期大量に処分してしまったので、今はもう一冊も当時の本
残ってないのです。怖いモノ見たさで読み返したいよ〜。
飾り職で放浪な刑事が受けと信じて疑わなかった当時。をぃをぃ。

280 :278 :2000/10/12(木) 12:21
>>273 本当に(泣笑)
 洋酒刑事がマジモノだった時には、涙をこぼしたあの時代(想い出)
 放浪刑事受けの友人と医者刑事受友の間でクルクルしていた私…(笑)
 自分の厨房っぷりを思いだして、お腹がもにょもにょしてきたよ…
 あの頃の本って今で言う「アンソロ系統」のゲスト多数本多かった。
 大概のやほいのパターンは実は主将ウイングより、あそこに存在していたよね(笑)

281 :273 :2000/10/12(木) 12:35
>>278
>洋酒刑事がマジモノだった時には、涙をこぼしたあの時代(想い出)
ええッ?! そうなんですか?!(驚愕&絶句)
しかし、放浪受けと医者受けとのあいだをクルクルって…(笑)へぼんちっく。
あのジャンルはひっそりと濃ゆかったですね。ナマモノだし。
確かに主将翼に隠れちゃってるけど、へぼんテイスト満載でした。
それが好きだった。なんで処分しちゃったんだが。
あのジャンルから現ボーイズ界に出ていった人もいますね。
ちょっと話題が偏り気味なのでsage〜

282 :276 :2000/10/12(木) 13:44
>>273 278
そうなんだよね>洋酒刑事がマジ あれはびっくりした。
本は多分、印象深いものは実家をあさればいくつか出てくるはず。
私は知人3人のうち2人が医者受け、1人が羅我ー受けでどっちも相手は放浪でした。
筆札もなにげに濃かった思い出がありますよね。三味線屋と飾り職とでも一番びびった
のはお陸総攻め本でした。(笑)婆さんになにさせる、と当時でさえ思ったものです。
あのジャンルで見かけて今本屋さんでみかける作家さんも何人かいて、時々本を手に
して懐かしく思ってしまいます。

283 :273 :2000/10/12(木) 14:05
あのころは何もかもが濃かった気が…(遠い目)
あれが80年代テイスト(近似へぼん)なのかもです。
しかし、放浪刑事の立場っていったい。
そしてお陸(ってきんさんですよね?!)総攻っていったい。
はあ…すみませぬ、郷愁話に浸ってしまいました。
どこぞでへぼんネタでも発掘してきますか。

284 :276 :2000/10/12(木) 14:12
お陸は五十鈴姐さんでございます。
だれかあのジャンルのへぼんをうまく文章にしてくださらないか、と思うのですが
自分では文章力が追いつかなくていけません。
それでは私も発掘の旅路につこうかしら。

285 :278 :2000/10/12(木) 14:16
なんか私たちだけで楽しんでいて申し訳ない気がするので、
私も実家帰ったときに漁ってみよう…
ラブヘボン発掘の旅。
イタイのは私の心だけ…ひゅるるるる〜

筆冊…組紐屋の亀(←本当にあった誤植)の頃も結構へぼんがあった気がするが、
お陸総攻にはかなわないなぁ…婆を殺す気ですかぃ(笑)
攫われて薬中なんて、それこそ4dトラック5台分くらいあったよ。刑事モノ。



286 :276 :2000/10/12(木) 14:25
組紐屋の亀!その誤植見たかった!!
筆札は、パラレル設定で現代に蘇るなんてのも結構出てたと思う。そうすると
飾り職はそこらの道端でアクセサリー売ってて三味線屋は売れないギタリスト
ってのが多かった。
刑事モノで、さらわれて薬中なんて最盛期は2冊に1冊はありましたですな。
でそれらは下から入れられるのが多くて、「これ塗りたくって入れるのがヤク中
になるなら、塗る方も中毒になるんじゃないのか」と子供心に思ったものです。

287 :273 :2000/10/12(木) 15:02
お陸さんはいすずさんでしたか…恥ッ!(鶏腹)

放浪刑事は番組でも薬物ネタありましたしね〜。
今思うと放浪刑事ってへぼんネタ満載のキャラだった。
右胸心、孤児、そして人間不信、かまってくれる同僚多し(特に二名)…
誰かそういうキャラで暴威図書きそうなもんなんですがねぇ。>自分でやれ。
もうネタが古すぎるのかしら。

288 :276 :2000/10/12(木) 15:41
いや、お陸とせん・りつ の母娘はなかなか今言われても分からないと思いますよ。
私だってお陸総攻め本がなければ記憶が混乱してたと思います。

放浪刑事って不幸満載と書いて放浪と読む、って言うレベルで不幸でへぼにぃな
キャラでしたよね。痛めつけキャラとして脚本家は考えてるのか?とすら
思いました。ああいう暴威図あってもいいと思うんですけど、なぜないんでしょう。
書いてくれたら読むのにー。

289 :273 :2000/10/12(木) 16:23
フォローありがとうです>>276
そういや金曜日系は脚本からしてへぼんねた満載でしたな〜。
最前線もかなりの確率でへぼんぽかった。
こう考えてみると、へぼんの基礎は70年代後半から80年代にかけての
テイストが入ってる気がします。ビヴァ、ヘボォオオオオオオン!
へぼん刑事TVものはやはり、耐用、最前線、あとは西部ですか。

なんか、懐かし萌え話にうっとりしてしまいました。
誰か放浪刑事的キャラ(受)が主役の暴威図書いてくださらぬかのう…

290 :276 :2000/10/12(木) 16:35
私は西部からこの世界に入りました。金曜日、最前線、西部と見まくっていた人間です。
ついでにいえば、刑事モノではないですが判具マンも明るい展開になる前までは見てた記憶があります。(暗い過去)
たしかに、あの時代のテイストがへぼんには満載ですな。

まさか2CHでこんなに懐かしい萌え話しが出来るとは思わなくて午後のひととき
を楽しく過ごせてしまいました。

291 :273 :2000/10/12(木) 16:46
いえいえ、わたしもうれしかったです。
真性厨房ヒッキー気味だった過去に思いを馳せ。
しかし改めて自分の嗜好がそのころすでに
すべて決定づけられていたかと思うとちょっと宇津(藁
「三つ子の魂百まで」ってこれですカー!(違ッ)

個人的な会話をしてすみませんでした<他のみなさま
これはへぼんネタ発掘をしていつかお知らせすることで
お詫びに変えさせてくださいませ。

…って、あるかなぁ……
某高校サッカーマンガで、サブキャラ二名がプロ(Jリーグ)入りして
あげく結婚して(もちろん男同士で)のちに受が妊娠してたっつーのくらいしか。
練習中に受が倒れて発覚してました<妊娠
ここ数年ではそれがいちばん強烈に感じたへぼんねたです。
ふだんピコジャンルなのでそれほどスットンキョーなのは少ないんですよね。

292 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 01:45
更なるへぼんを求めて、あげ。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/13(金) 03:52
放浪刑事がヤクを打たれて禁断症状に苦しむのを「俺が側に付いています。」
といって休みをとる医者刑事の話はもう生きてる同人誌のようだと金曜愛好者
の間では伝説になっていましたね。おなつかしい…。

294 :あげ :2000/10/13(金) 09:28
刑事モノ
私には縁がなかったジャンルでよく知らないが
上のレスを読む限り、何だか凄いジャンルの様だ。

>生きている同人誌
ウケた。

295 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 10:07
耐用に歩エロの、電課刑事がヤクうたれて、事件そのものが解決したあと
禁断症状がなくなるまで、矢魔さん刑事が一晩一緒にいる、というのもあったなあ。
矢魔さん刑事が自分と電課刑事の腕を手錠でつなぐシーンを今でも憶えている。
あの頃はホモ萌えの存在すら知らなかったから、
大変だなとしか思わなかったけど。大昔の話なのでsage

296 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 10:17
そういや、矢魔さんは犯人に拉致されて体から血液を少しずつ抜かれていく、
というのもありましたな。(犯人の片割れが怪我していて輸血してたらしい)

なんだ、大御所たちもやってたんじゃん。

297 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 10:50
耐用って改めて考えるとすごかったんですね…(遠い目)
子供のころはフツーにハラハラしながら見てたけどさー。
しかし上記の話クッキリ全部憶えてるよ!(笑)
子供心にもかなりのツボだったんでしょう(藁

298 :ビーフシチュー@話は聞いたよ :2000/10/13(金) 12:08
知らないうちに話が刑事物へ向かっている……私、誘われてしまいました。

っていうか、上記の話は実は全部セルビデオになっているのですが、それを
全部買って持ってるというバカっぷりだったりします。でも本命は簿ぎー
総受だったりするのがまた。3本とも紹介したいところですが、今から出か
けるのでとりあえずビデオの紹介だけ。レンタルビデオもあるので、借りて
へぼんなストーリーを堪能するのも一興かも知れません。

ビデオのタイトルは、
耶麻さん血液抜かれ編「俺の血をとれ!」 『耶麻さん決死編』
伝家シャブづけ編「鶴が飛んだ日」    『伝家名作編』
放浪刑事ヘロ中編「雨の降る街」     『時ぷシー登場編』

……名作編とか言われている伝家の立場っていったい。帰ってきてもこの話が
続いていたら、そのへ凡な内容を紹介したいと思います。でもsage。

299 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 12:25
耶麻さん風味のビーフシチュー様、ありがとうございまする〜!
そうでした「雨の降る街」ってタイトルだった。
放浪刑事にゾッコンだった私は、家にまだビデオデッキがなかったので、
テレビの前に張りついてテープに録音(!!!)したんでした…お懐かしや。
ビデオ出てるならレンタルできますね。…するのか? 自分(汗)。


300 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 12:34
上に出てきた吠える刑事物
全部持ってる自分に完敗(涙)
それも本放送(β)と再放送(VHS)で…

脚本集を友達が持っていたよ。
あれはあれでヘボン臭満載。っちゅーか、あれぞへぼん(笑)
脚本家でホモテイストが上がったりしてたので、
あの当時、脚本家のチェックは基本だった…
いやんな厨房だったな私(薄笑)


301 :295 :2000/10/13(金) 13:29
ビデオ出てるんですか!レンタル屋に探しに逝きます。
見れたら20年ぶりくらいになるのかな。
>矢魔さん刑事が自分と電課刑事の腕を手錠でつなぐシーン が
自分の脳内シーンだったらどうしよう…


302 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 14:30
>>301 いや、脳内シーンではないはずです。私の脳裏にも焼きついております。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/13(金) 15:00
ああ…いつかここのヘボニスト、ヘボリーナの皆様の間で金曜の話題に
なるのではと恐れていた日がきてしまいました。
こうなったら同窓会のごとく語ろうではないですか。

へぼんとはチョイちがいますけど、今月のホビー関係の本にヒッ警察(サツ)
の昼行灯と飾りと三味線と花屋と組紐のインタビューが載っていて懐かしかった
です。ちっちゃいフィギュアがでるらしいですね。
花と紐がいっしょに映って「ぼくたち仲良かったよね」とか「花と紐はあやしか
ったよね」とかほざいておりましたよ…。

304 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 15:54
………花と紐、あやしかったんですか、そうですか(遠い目)。
自分の中では三味線屋と飾り職がベストであやしかったです。
どうでいいんですが、今思うと昼行灯はなんとなく某FTマンガの辺境警備隊長と
イメージがだぶりまする〜。無関係sage

305 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 16:23
表示の字を最小にして、少し薄暗いところで画面みてたら
「鶴がとんだ日」を「鯖がとんだ日」と読み間違えてしまった。
無関係なのでsageまする。

306 :名無し戦隊ナノレンジャー! :2000/10/13(金) 16:44
>>305 ワラタ

307 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/13(金) 18:21
私、筆撮では昼行灯×飾り職が一番押しでした。時点が医者の卵の坊ちゃん総受け。
今、某地方局(首都圏だけど)では午前中に花やとか組紐や時代の再放送をやっていて、
ビデオに撮って見てます。何やってんだ、私。

耐用は、ずっと見つづけているとボスを含めた総当りCPの様相を自分の中で抱いて
しまっていたのが我ながらイタイ。

308 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 02:21
耐用、筆撮、西武、全部通ってきた道が!
西武は、去年の再放送時にせっせと録画してました。
お約束の「ヤクを打たれて禁断症状」もありました。
西武を懐かしいと思いつつも、本は手元にないという方、
女性向け小説サイトがあるので、探すのも一興かと。
そんな私が今読みたいのは、耐用の医者×放浪。
ああ、どこかにサイトないかしら…。

309 :ビーフシチュー@話は聞いたよ :2000/10/14(土) 03:18
ひっ冊では私は花屋が好きで、花屋総受〜などと思ってました。でも組紐屋は
たぶん、花屋がもと雷ダーさんだったのでラブってただけのような気がして
ならないのですが、どうなんでしょう。そして私的には門戸受……。

大洋では、医者、放浪、等ガー、簿ぎーがいたころが私の幸せ絶頂期でした。
ついでに年さんもいたし。医師がさりげに遊び人な設定なのがすばらしかった
です。が、遊び人だからテニスをするというその発想はへぼいと思います、
脚本家の方々。しかし現在では放浪刑事を意味する「時ぷシー」という言葉が
放送規制しているため、地上波では放浪刑事が出演している回はすべて放送
禁止なのです。私の刑事ドラマ歴は時ぷシー登場から始まってると言うのに。
もっとも当時の医者×放浪のラブラブっぷりを想い出すにつけても、別の意味で
放送禁止と言えなくもないかも知れません。

で、その二人のラブっぷり炸裂の「雨の降る待ち」はビデオを見直さないと
紹介できないので、今夜は大洋の元祖さらわれキャラ・伝家のシャブ中事件を
紹介して寝ることにします。

310 :ビーフシチュー@話は聞いたよ :2000/10/14(土) 03:31
伝家と言えば、実は大洋のなかでもへぼんな設定の話が多いのです。記憶喪失は
当たり前、拉致監禁も数知れず。そんな中でも、「鶴の飛んだ日」(鯖ではない)
はその巻き込まれ方からしてそれでいいのか、伝家!と思わされる見事なものでした。

週一回は難事件を解決しているな生が里署。当然刑事たちは、いつも署の置物に
なってる簿巣を除いてみな過労気味です。そして伝家も、なにげに立ち寄った
喫茶店で
ふらり!と倒れ込んでしまいます。伝家と言うより姫のような繊細さ。演じている
のが斧寺晶だということは都合よく忘れるのが夢見る乙女のこつです。

そんな倒れた伝家を、喫茶店のママは自分の部屋に連れ込んで優しく介抱するのです。
そして自分のかかりつけの医者(あからさまにあやしい)を連れてきて、栄養剤
まで注射してもらいます。さすがに伝家も見ず知らずの人がなんでそんなに親切
なんだ!と怪しむのですが、いきなりママに昔幼なじみだった過去を想い出さされ、
あっさり疑惑を放棄するのです。幼なじみがいきなり壺を売りつけるようなことも
世の中にはあるのですが、そこは育ちのいい伝家なので気づきません。そして彼は
なかなか疲れがとれないと言うことで、たびたびアヤシイ医者のところにいっては
栄養剤を売ってもらうのです。

311 :ビーフシチュー@話は聞いたよ :2000/10/14(土) 03:43
ところが栄養剤をいくら打っても体調は改善せず、さすがのとっぽい伝家も
どうもこいつはおかしい、と気づき、喫茶店のママの部屋に突撃します。が、
そこには麻薬の禁断症状で苦しむママの姿が! そして、部屋で待ち伏せって
いた麻薬組織の野郎どもに頭を殴られ昏倒し、拉致られてしまう伝家なのです。

伝家が消えた!ということで、な生が里署は大騒ぎです。そしてとりあえず
何もしない簿素はほっといて、耶麻さん以下精鋭たちが捜査に乗り出すのですが
ちっとも手がかりが得られません。一方伝家は監禁場所から逃げようとするのですが
敢えなく失敗。そしてここですごいのは、一緒にさらわれた喫茶店のママ(しかも
伝家とは幼なじみ)がこの時点でぶっ殺されてしまうところです。今のドラマなら
絶対助かりそうなものですが、しかし正直私も禁断症状で苦しむ伝家がいれば
喫茶店のママはいらん、と思っていたのでちょうどよいタイミングです。非情なファン心。

監禁された伝家にもう外部と連絡を取り合うすべはないのか……。ところで実は
伝家には「手先が器用」という秘密の設定があったのです。突然、自らが打たれている
麻薬の包み紙を折り出す伝家。そう、タイトルを想い出せばわかりますが、鶴を
折っているのです。そしてその鶴を窓の外に飛ばし、誰かが発見してくれるのを
待つ姫伝家……飛ばすつもりなら鶴より紙飛行機の方がいいような気もしますが、
それは錯覚です。

312 :ビーフシチュー@話は聞いたよ :2000/10/14(土) 03:54
そんな折り鶴が発見され、なんだかよくわからないうちに麻薬組織は壊滅。
伝家も無事救出されたのです。しかし伝家はすでに麻薬中毒になっていたの
でした。そんな伝家の手に手錠をかけ、渋く言う耶麻さん。
「苦しいか? 今薬を打てば楽になる。だが、その後待ってるのは地獄だぞ……」
さすが耶麻さん、言葉嬲りプレイです(勘違い)。苦しむ伝家に一晩つき合う耶麻さん。

そして翌日には、伝家は麻薬を克服していたのでした。普通の人ならもっと時間が
かかりそうなものですが、これが耶麻さんの愛の力なのです(大勘違い)。

……これがあらゆる刑事ドラマヘボンの原点とも言える拉致麻薬ものの元祖です。
が、なんとなく麻薬が打たれると言うシチュエーション以外の部分がヘボン度を
増しているような気がするのですが。だいたいなんで鶴なんでしょうか。そして
何もしないでただボーとしている簿素・恋人いない歴40年がとてつもなく気に
なります。

313 :ビーフシチュー@話は聞いたよ :2000/10/14(土) 04:02
ということで、実は同人板は落ちていたのですね……あらら。
直リンなので気づかなかった。復旧の邪魔してすみませんでした(汗)。

宇津だ氏農……。

314 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 05:44
うたた寝し、あまりの寒さに起きて繋いだらなんと、鯖ならぬ鶴がとんだ日が
アップされていたとは! ビーフシチュー様ありがとうございます。
あの頃の画像が脳裏に鮮明に甦ってまいりました。確か一晩で薬を克服した電化に
感動した情けないやらもにょるやらの過去までも思い出せました。
「雨の古まち」のUPもお待ちしております。

>>308さん
という私は西武の一平総受け。平日は朝から登場する彼を時折眺めつつも
彼は一平ちゃんではない、と苦悶する毎日でございます。
女性向け小説サイト。探してみますー!

315 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 07:11
び、びーふしつー様、そのペースで次は是非、「雨の降る街」をお願いしまする…(昏倒)

316 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 11:48
虻内刑事でも鷹がヤク打たれて、それが抜けるまでベッドヘッドに
手錠で繋ぐってのあったよね。
ちなみに相方は隣の部屋で、朝(?)まで鷹の呻き声を聞きながら
クスリが抜けるのを待っていたような。すごく辛い顔で(笑)

317 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 15:10
放置プレイね…。

318 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 16:01
呻き声をおかずにしなかったのだろうか?(笑

319 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 16:30
医師腹プロっていったい……。

320 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 17:07
>319
医師腹プロにとっては、なくては通れない道なのだよ。きっと。

321 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 17:45
>320
そんな事務所嫌だ…

322 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/14(土) 22:53
意思腹プロって大人版じゃ○〜ず…。そして最近1億かけてまた若者を
一人ゲットだぜ!!

323 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/14(土) 23:09
金曜でへぼんといえば「あらん」という本が一番のへぼんではないでしょうか…。
買ってた人いますか…?私ですか?げふげふげふっ
あ、用事を思い出したので失礼…。(サッ)

324 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 23:15
>>323 ああっ、行かないで! お話聞かせてください。
    すごく気になります!

325 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/14(土) 23:39
>323
ああ、金曜ネタになってからいつかは出てくるのでは?と思っていました。
お懐かしや。え、私ですか?げふごほっ

326 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/14(土) 23:41
うわっ、上げてしまった。
スイマセンスイマセン。

327 :>322 :2000/10/14(土) 23:42
す、素晴らしいわその例え!!<大人の蛇

328 :327 :2000/10/14(土) 23:43
え、今の話題ってバサロ??
だったらすいません……

329 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/14(土) 23:45
友人から小説道場を借りて、久しぶりに「2番もあるんだぜ」を
読むことができました…ああ…幸せ(って言っていいのかオイ)

330 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 00:00
だ、誰か、精歩系冊のじょーくんメインで、「いちご」のタイトルがついた
3部作をご存知の方いらっしゃいませんか!?
確かはとさんとオリキャラの間で少女のように揺れるじょーくんの
話だったと思うのですが……
当時すごく好きだったんですが、現在本は手元になく、ふと回想してみると
思い出されるシチュエーションは、ことごとくへぼ〜んだったような気がします。

……駆け落ち、してませんでした? オリキャラの兄貴とじょーくん……(笑)


331 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 00:05
阿蘭で金パロのお勉強をした厨房時代。
放浪や医者の時代が全盛でしたが、初めてあの雑誌に登場した耐用ネタは
伝家だったんですよね確か。懐かしい。ちなみにその相手は洋酒で、
『島刑事よ安らかに』のことでした。あれも『鯖』もとい『鶴』と並べたい
へぼんだった。

どーでもいいですが私は五里×伝家で難病物を書きました。そして洋酒×伝家ネタを
暖めていました。もう腐臭がします。

332 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 00:22
思えば、ヤク打たれる系の話は10年前の華夢でもあった。
その頃夢中だった、痛鈴具えくすぷれす。
インターポールの刑事(受)が薬漬けになり、
それを殺し屋(攻)がベッドに縛り付けて看病してた。
一晩で治るあたりも基本。刑事とヤク漬けは切り離せないのかも。
ちょっと話題ずれなのでsage。

333 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 00:40
>332
記憶喪失ネタなんてものゴロゴロ転がってたね。


334 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 01:02
あらん…わたしの青春の幻影…
あれって生もの系の走りでしたよね、ある意味。
ありとあらゆる生ものの、それもすごいへぼんネタがいっぱい載ってた。
何もかもが皆懐かしい…(遠い目)

335 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 01:11
私は西武の一平ちゃんで総受け、殉職ネタを温めていました。
まさか今やポチの飼い主として焼肉やいてるなんて思いもしませんでした。
なんとなく切ない思い出です。

336 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 01:13
刑事物といえばなぜか埠頭倉庫そしてリンカーンも定番。
どうして犯人は刑事を拉致するとすぐホモになってしまうのでしょうか。

337 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 01:14
すいません上げちゃいました。

338 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 01:26
金パロか、青春の思い出だなあ(笑)

今でも忘れられないのは放浪刑事が刑事になる前に暴走族のクイーン
で、再会した昔の男と医者の間でゆれるというへぼん。
暴走族もキツイけどクイーン……。
時の流れをしみじみと感じますな。


339 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 01:49
 西武、私もひとつ思い出が。
 地球(てら)緒空き裸(あだ名忘れた)はいつもなぜか捕まえた犯人に逆恨み
され、出所した犯人に拉致監禁されているのですが、この回もそれでした。
 確かどっかの大きな倉庫(ここでも倉庫か)に閉じこめられ、足を撃たれるか
ふんじばられるかして自由に動かせないような状態。手首はお約束の手錠(当時
は銀色)それでもって、高いところにいる犯人はライフル持ってて(出所したば
かりでよく手に入れたな)真っ暗にした倉庫にライトを持ちこみ、地球緒にライト
を当てては狙い撃ち。でも致命傷は与えない。
 必死に逃げる地球緒を実に楽しそうに撃ちまくる犯人。そこに飛び込んでくる
環太裏テツ屋(やはりあだ名忘れた)手にはすでにM16ライフル。扉をあけて
大声で地球緒を呼ぶ。狙い撃ちされるぞ、と突っ込むまえにさすが環太裏、即座
に犯人を射殺します。いいのか警官、発砲される前に発砲したら始末書じゃすま
んのだろう、などというツッコミは当時の私にはできません。
 そしてボロボロになった地球緒を支えて、環太裏は車に戻るのですが(どうや
ら一人で来てたらしい)途中で歩きにくい地球緒をいきなりお姫様抱っこ(!)
 そのまま車内に乗せ、自分は運転席へ。煙草を一本くわえて火をつけ、それを
地球緒にくわえさせる。犯人よりもこっちの方が危ない気がするのはなぜ、と
当時中学生だった私はドキドキしてました。
 こういうシーンは(最後の環太裏との煙草の間接キスも含めて)二度ほど
あったような気がするのですが、詳しい方、解説お願いできますでしょうか?
 つーか、もう一度見たいなあ、と思ってるんで。

の受けっぷりを実感した回でした。

340 :339 :2000/10/15(日) 01:58
 最後の一行消し忘れです。

341 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 02:12
今はボーイズ小説でいろいろ出されてる百桜さんとか奈奈背甲斐さんは、
昔、耐用パロをされてたあの方々なんでしょうか。
当時は異端的だった簿素×医者なんかよかったなあ。

342 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 03:46
西武&台渡海での裏木と団長のラブラブっぷりは目も当てられませんでした。
どう見ても普通じゃなかったのに、よく放映出来てたよなぁ。


343 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 09:04
age

344 :>341 :2000/10/15(日) 11:07
そうですよー。
耐用パロしてた人たち、今でも根強く残ってますよね。
江見久利だってそーだし、大家和己もやってた。ピーチ佐倉や七世界、
和美巻も別PNで書いてた。あと誰がいたっけ。
主将ウィングと同じくらい今の某異図作家がゴロゴロしてたはず。

345 :名無しさん@お腹いっぱい :2000/10/15(日) 12:10
耐用の同人は凄い!と噂では聞きましたが・・ここまで凄いとは。
でも、耐用で「その道」というジャンルを知ったのも事実です。
匹撮(変な当て字)と耐用のホモ同人を昔買った事あるのですが・・
かなり上手い人が描いてましたね。
ちなみにその本には「同性愛についてどう思う?」というアンケート
企画がありました。
処分したのが惜しかった・・

346 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 19:37
西武で私がよく覚えている話は、ヘボン王道の記憶喪失ストーリーです。
力(りき)が犯人に罠にはめられ、記憶喪失になり殺人犯にされてしまうのです。
刑事仲間を人質にとり、団兆(だんちょう)にまで攻撃をしてくる力の狂暴っぷりに
とうとう射殺命令が出てしまいます。
でも最後は団兆のパワー・オブ・ラブで記憶を取り戻すのでした。
思い出せば、力さんはなまじ優秀だったため、潜入捜査役になることが多く、
そのあげく、捕まって大怪我したり、人質に取られたり、記憶を無くしたり、
犯人と手錠につながれたまま逃走するはめに陥ったりしていました。(へぼんの嵐)
そして最期は、団兆を爆弾から守ろうとして犯人に狙撃されてしまい、
団兆の腕の中で息絶えたのでした…。
なんか書いてたら悲しくなってきちゃったよ。
好きだったもんなあ。ていうか、今も好きだ。
私のへぼんへの愛は、こんなところから始まっていたらしい。

347 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 21:30
昔、耐用ヘボンもってた!
ちょっと本棚さぐってみる。なんか出てくると思う。捨ててないし。

348 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 21:33
こ、こんなジャンルもあったのか・・・。
同人って本当に奥が深すぎる・・・。

349 :名無しさん@時代劇は泌撮です。歌は「ONナは羽見」 :2000/10/15(日) 22:54
>>346
 そ、それは同人誌ではなく、本編での、公共の電波で流された話なんですよね!?
 ああ、声部は見てたはずなのに、全然覚えてない…なんでもっと真剣にみなかったんだ当時の自分よ!

350 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/15(日) 23:04
西武は拉致ネタ多くて大洋より萌えたな。
撃たれて大怪我したまま拉致されて残された仲間を焦らせたり、
攫われた挙句洗脳されて、仲間の刑事の命を狙ったり。
ライフルで狙撃されたり、新種の薬の実験体にされたりなんてのもあった。
今考えると、本当にとんでもねーな(笑)

351 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/16(月) 00:05
耐用へぼん というとどうしても思い出すのが、前編後編で2冊あった
一大総おやほい本でしょうか。あ。あれは筆撮も含んでいる金パロ本でしたが。
「凍ったシーン」とか載っていたヤツ。
当時西武好きだったのに、あれは2冊とも買ったなあ。

352 :346 :2000/10/16(月) 00:24
>349さん
そうです。公共の電波で流されてました。紛らわしい書き方してすみません。
記憶喪失の回は「暴走刑事を撃て!」というタイトルでした。
339さんのお姫様抱っこも覚えているのですが、タイトル思い出せない…。

353 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/16(月) 00:29
掲示もの同人は虻内刑事からだと思っていた私が甘かったです。

354 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/16(月) 00:37
>>351 その本はわたしも持ってたと思います。
今でも活動なさっている有名サークルさんのご本ですよね?

355 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/16(月) 00:54
351>>354  ええ! 今も活動なさっておられるんですか!(驚)
最近めっきり即売会から足が遠のいてしまっているので……。
冬にでも探してみます!

356 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/16(月) 01:19
下がりすぎで上げたいと思いつつ
この時間帯だと荒れるかしらと心配。

357 :354 :2000/10/16(月) 01:21
>>351=355さん
あいや、別ジャンルでご活躍…と思われます。たぶんあそこではないかと。

358 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :2000/10/16(月) 04:15
逝ったんアゲ

359 :直リンの人へ :2000/10/16(月) 11:05
同人板、移転しました〜
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=doujin&key=969740476

112 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)