5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どうせアホなら踊らにゃソンソン

1 :倒壊アマ :2000/08/27(日) 00:41
大学や研究機関の多くは、お高く止まって民間研究者を蔑視、軽視する傾向がはっきりと感ぜられ、
筆者などは、あらゆる権威機関から小馬鹿にされ相手にされない。
そんな筆者の予知的中率が一番高いなら、快感・絶頂・オーガスムである。
権威と目される本人は大学教授などとエラぶっていても、
人間の中身は死刑囚から天皇に至るまで皆同じにできているのだ。
お生憎様。人は人を一歩も超えられないのだよ。
分かる?死ぬまでアホつーことなの。
どうせアホなら踊らにゃソンソンつーことなのよ

0903−582−5450
http://www1.odn.ne.jp/cam22440/yoti01.htm

2 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/27(日) 01:10
どんなレスがお望みでしょう?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/27(日) 01:31
漸く東海尼観測スレ立ったのね

4 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/27(日) 02:39
>そんな筆者の予知的中率が一番高いなら・・・

・・・・・・。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/27(日) 02:59
>そんな筆者の予知的中率が一番高いなら・・・
予測震源(方角・地域)を上手くローテーションさせながらほぼ毎日予言。
そりゃあ当たるわいな。さらには、「予言時からのタイムラグ計算式
(何じゃこりゃ)が確立されてない」ちゅう言い分けも確立されてるし。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/27(日) 06:51
★ 27日朝、真紅の朝陽、猛暑、猛烈地気、強烈な耳鳴り、どうみても今日中に大型発生だが、地震雲は出ず、電磁波前兆も消えている。昨夕の真紅の夕陽の結果としては、未明0:30に浦河沖でM5.1、震度4、北海道と南西諸島・九州でやや活発な地震活動が続いているものの、伊豆諸島を含めて、関東・東海に明らかな静けさ現象が出ている。巨大地震の跫音が確実に近づいている。
 

7 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/27(日) 10:38
 伊豆諸島は2日近く群発が止まってしまった。終息による打ち上げ地震が近い。確実にM7級、または巨大噴火が発生するはず。群発の平均規模(M4〜5)よりもMが3桁上が数回起こるのが、過去の群発終息パターンである。噴火が起こればストレスが抜けて地震は小さくなる。大地震発生、数時間前には強烈な圧力性の耳鳴りを感じる。異様な不安感もわき起こる。テレビの激しい受信障害が起き、音声が歪み、ガーガーノイズが入る。筆者は地震予知について、機械計器よりも人間の自然な感受性の方が正確と主張している。ただし、他人の価値観に拘泥し、自分を信じていない人を除くという条件付きで。自分の感覚を信じなさい!

8 :67 :2000/08/27(日) 11:59
このスレはあげながら書くのか?

9 :では下げで :2000/08/27(日) 19:14
★ 27日夕方、今朝の緊迫した前兆通りに、未明からM4〜5の5連発となった。北海道・千葉・茨城・伊豆諸島・奈良である。この奈良のM4.4は、25日夕方レポートの写真に、クロスした二つの震源の一つ、紀伊水道方面と書いた帯雲の結果と思われるが、もうひとつ予測した琵琶湖北部〜若狭・福井方面と方位が異なり、夕方の宏観に、若狭方面からの放射状雲が出ているので、やはり別の震源のようだ。主要震源が奈良・大阪県境だったが、主副を取り違えていたようだ。若狭方面の規模は、それほど大きくない。
 名古屋で強い有感前兆とレポートしていた猛烈級地気も、この地震後、若干弱まっていて、名古屋は震度1に過ぎなかったが、これで消えてしまうかもしれない。しかし、夕方現在、地気は、強い状態が続く。震災級の深刻さはなく、電磁波前兆も中程度。10mで北海道のオープンが午後7時になって始まった。津軽海峡要注意! このところ北海道方面異常。

 余談、世紀の愚策、名古屋ゴミ問題と愚劣度を争う、介護保健法の詐欺的保険料徴収が始まった。筆者の身内も70を超えた年寄りばかりで、要介護者はいないが、一家で月に2万円の強制徴収となる。年金から強制収奪されるので、年金に頼りギリギリで生存している年寄りには超深刻なダメージとなる。情け容赦のない苛烈な年寄りイジメである。年寄りは、実際にカネを盗られて、はじめて事態の深刻さを思い知らされるのだ。これで自殺や心中によって抗議する老人が多数出現するだろう。
 もちろん、介護保健法で実際にトクする年寄りなど皆無だ。今どき、心のこもった、思いやりにあふれた介護など宝くじで1億円当てるようなものだ。すべては金儲けビジネスである。介護法はビジネスに群がる業者に甘い汁を垂れ流すためのシステムであって、保守政権が、経済的失策失政のツケを尻拭いさせる資金として、年寄りの年金や預貯金に目を付けた結果によるものだ。厚生省はパーキンソンの法則通りに、自己省庁の権益拡大を狙った。老人の老後の生活安定に寄与したいと、心優しく願う役人や政治家など、絶無であって、皆、新たな詐欺的ビジネスチャンスにどう食いつくかしか考えていないのは誰もが思い知っている現実。もはや政府機関に、おめでたい幻想を抱く国民がどこにいるだろう? バブル崩壊後も、バブル時代の拡張主義、ネズミ講的発想から一歩も出られない為政者に国民は怒りを通り越して絶望的無力感を感じているが、どうしてよいかオロオロするばかり。結論はただひとつ。日本政府が根底から破壊されるしかない。ミサイルなど必要ない。迫り来る関東・東海大震災で、否応なしにぶっ壊れるのである。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/28(月) 11:06
人生失敗しちゃって、心から本当に破滅を望んでるんだなぁ。この人。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/28(月) 17:57
予知情報と愚痴の部分を読み飛ばせば、それなりに地震情報がここで得られる。

★ 28日朝、昨夕、一時的に薄らいだ地気が再び激しさを増している。とりわけ関西方面が凄い。山岳部の視界が皆無。昨日の発生状況は凄かった。M4〜5、5連発の後も、16:54、秋田沖M4.5、20:19、大阪南部M3.6、22:13、石垣島近海M4.1と続く8連発だった。だが、今朝の宏観や激しい耳鳴りから、まだ近畿地方(北部?)に強い地震が迫っている。
 地震雲は確認できないが、この数日間続いていたTV、1〜3chの受信障害はまだ消えていない。アマ無線は沈黙している。ブロッキング抑圧は少ない。アクアリウムは、昨日午前中、プレコが逆立ちしていたが、今朝は正常。
 青松氏や小林氏などの情報によれば、御前崎の地殻測量に大きな異変が見られる。これまで北上圧迫を続けていたFプレートが急速に南下しているようだ。これは東海地震発生の直前に、御前崎の沈降がストップし、急速に隆起を始めるとされた予測と符合する現象である。ところで、過去の巨大地震発生前には、地球規模での「嵐の前の静けさ現象」が見られるパターンがある。昨年のトルコや台湾地震の前にも明瞭な沈黙が確認でき、そうした傾向から巨大地震を予測していた。だが、その沈黙の直前に、一斉に中小規模地震が噴き出す時期がある。今回、大きなトリガー力から外れて全国的に異様な多発になったのは、静けさ現象の前段階の「噴きだし現象」である疑いが濃厚。今後、静けさ現象が地球規模で確認できれば、数日後に東海・関東大地震が発生する前兆ということになる。
 余談、昨日の介護保険問題で書き忘れていたが、筆者はこの数年の景気の極端な失速が、消費税の5%化にあったことを、一番景気の明瞭に見えるタクシー運転手をしていて、はっきりと確認できていた。今回、介護保険料強制徴収によって、被徴収者が収奪される詐欺的保険料の額が、消費税どころの騒ぎでなく、景気にとって凄まじい強烈なブレーキ効果をもたらすであろうことを指摘しておきたい。これは苦しみながら立ち直ろうとしている日本経済にとって、最期の致命傷になるだろう。もう、取り返しがつかない。今世紀最大の愚策が、日本経済を直撃するのだ。


12 :早漏性痴呆症だとよ :2000/08/28(月) 18:41
28日夕方、昨日の関西M4.4の前兆雲は、
22日朝のレポート写真に該当が掲示してあった。
自分で掲示しておきながら、早老性痴呆症のため忘れてしまうのである。
だいたい、4日前、7日前、1日前の過去ログを調べれば、
該当前兆に出会うことが多い。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/28(月) 20:22
>11
>予知情報と愚痴の部分を読み飛ばせば、それなりに地震情報がここで得られる。

って,かなり強力なフィルターが必要だね.それより気象庁や東大のページ
開いたほうが早いよ.

14 :>13 :2000/08/28(月) 21:41
そうなんだけど、ここ妙に癖になるんだよな〜

15 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/28(月) 21:42
★ 28日夕方、昨日の関西M4.4の前兆雲は、22日朝のレポート写真に該当が掲示してあった。自分で掲示しておきながら、早老性痴呆症のため忘れてしまうのである。だいたい、4日前、7日前、1日前の過去ログを調べれば、該当前兆に出会うことが多い。
 夕方の宏観は、朝に続いて関西全域に猛烈級地気だが、地震雲など、はっきりした前兆は確認できない。TVノイズは1〜3chでかなり激しく、微振動も多いのが実に不気味。今日も中型発生の宏観だが、ほとんど起きていない。南西諸島方面の電磁波前兆がやや強い。アクアリウムは不明。
 30日頃の新月トリガーに大型発生なら、静けさ現象に突入するはず。
 ところで関西の猛烈地気だが、奈良M4.4の前日、紀伊・近畿山岳地帯では蒸し暑さとともに蛇類の動きが活発だったのではないか? 強い地震の前兆で、メタンガスや地熱が上がり、地中棲息動物が地上に這いだしてくるのである。8月中旬〜9月中旬はマムシの胎蔵期で、卵胎生マムシの腹中で卵が孵り、育つため、マムシは自由に逃避できず、外敵に対してとぐろを巻いて威嚇攻撃行動をとることが多い。咬毒被害もこの時期に集中する。他の季節では、よほどのことがなければ咬傷被害を聞かない。大きな地震前兆が動物を怒らせることがはっきりしているので、関西に地気の強まっている、この時期、山岳地帯ではマムシの脅威が増すことになり、避けた方がよさそうだ。どうしても入山したければ、噛まれたときに備えて、毒の吸い出しシリンダを携帯すべきだ。これはアブやブヨ、ムカデなどの被害にも非常に有効で、10分程度毒液を吸い出せば、後遺症はほとんどない。筆者は蛭にも利用しているが、血液凝固阻止酵素を吸い出すことで化膿が軽減する。登山用品店で3000円程度。なお、この時期、雨の蛭山(鈴鹿山地や寸又峡付近の山々)に入るときは、必ず塩をもち、女性用パンストをはくこと。目的外にコスプレマニアになることについては関知せず。なんとなく、「およよー」という気分で、化粧でもしたくなる。おー、あぶねー。(塩は飽和食塩水にして靴や膝下に霧吹きするとよい)
 手紙でレポートをいただいた? さん、ありがとうございました。筆者の団地では郵便ドロが横行し、届かないことが多々あります。


16 :東海アマ様の :2000/08/28(月) 22:47
文章は、いつもながらそそるなー。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/29(火) 01:51
ご活躍、密かに。。。ふふ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/29(火) 01:54
そりゃそうだよ。言い出しっぺなんだから。
下げで書こうね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/29(火) 05:07
倒壊尼の手打ちうどん萌え〜
しかしこの人はある意味緊張感のありすぎる人生を送ってるな

20 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/29(火) 08:12
★ 29日朝、今朝も明瞭な地震雲は確認できないが、巨大地震接近を告げる猛烈地気、朝陽の赤味も異様に強まっている。明日頃から新月トリガーの影響下に入り、状況次第では覚悟が必要だ。TV1〜3chの受信状況が悪く、まるで砂嵐。地気も、まるで煙のような異様さ。やはり今日明日に大型発生か? 微振動も異様に長い。伊豆諸島が一番危険!
 多摩地方を中心に二酸化硫黄濃度が上がり、南関東一帯にドブ臭が立ちこめているという報道。弘原海版前兆証言集を読んだ方なら、「とうとう来るべきものが来る」と思われたであろう。「証言2,大地の変化」という項目に、震災1ヶ月前からドブ臭が立ちこめたという記述が多数記録されている。断層深部が割れ始めたことで、地盤内の硫黄を含んだマグマガスの上昇や、嫌気性発酵堆積ガスの上昇による悪臭が出ていると思われるが、関西ナマズ予知研で、何度も警告していた明瞭な巨大地震前兆である。しかも、内陸直下型特有の前兆なのだ。
 地震発生状況を見ると、昨日17:20、福島沖でM5.3という大型が起きている。関東の静けさ現象を破る地震で、これで房総沖方面の巨大地震がやや遠のいてしまった。もしも今日、明日、関東方面に発生があるなら、異臭騒ぎの相模川・多摩地区であろう。
伊豆も終息傾向が明瞭で極めて危険。いつ大爆発や大地震になっても不思議でなく、このまま群発静止が続けば、新月トリガーによってM7級が発生する可能性が強い。
 関東地方に巨大地震が切迫しているという報道が過熱し、大部分のマスコミが取り上げているが、竹内均編集ニュートンが震災シュミレーションを特集している。しかし、筆者はこれを立ち読みして激怒した。一番肝心な原子力発電所破壊による放射能漏洩と、臨海部LNG引火による巨大ファイヤボール火災にまったく触れていない。意図的な隠蔽であって、まるで科学技術庁の検定を受けているような内容。あまりに卑劣な現実隠しに激しい憤りを感じる。読者よ! ニュートンは政府御用達、インチキ雑誌である。こんな程度の低い雑誌は信用するな。フライデーやフォーカスの方がはるかにマシだ。竹内は科学技術が人類を救うかのような愚かな信仰に洗脳され、政府御用達の宣伝機関を勤めてきた。その結果は、人類滅亡、地獄化社会を実現するものだった。東京大学は地獄社会のバベルの塔である。人間の真実を見失い、自分たちだけエラくなりたい人々が、この塔に憧れ、特権階級をめざして、この社会に競争地獄、化学物質・放射能汚染地獄をもたらしたのだ。そして、そのツケを支払わされる日が目の前に迫っている!


21 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/29(火) 12:58
この人の背後に立つと回し蹴りくらいそう。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/29(火) 18:53
★ 29日夕方、恐ろしい宏観だ! 雲底高度が対流圏最上層(8000m)まで上がりはじめている。不気味な形状の高層雲が出ている。旋風雲も三重県中部上空に出ている。午後6時20分頃から、久々の強烈な全方位赤焼け現象が始まった。これは雲底高度と併せて、M7〜8超級の48h直前前兆である。ただし、地球上のどこに起こるかは特定できていない。朝に見られた煙のような地気は、成層圏に達する雄山の噴火と震度5以降、薄らぎ、地元での有感前兆は、今の段階では確認できないので、名古屋から500キロ以遠の可能性。10mFMの異常伝播傾向から類推したくとも、ウソのように沈黙している。ブロッキングもそれほど強いとは言えない。北米の異常伝播があればサンアンドレアス断層のM8級だが、そうしたレポートもない。Fプレートなら、深夜までフニャラが振り切れ入感するはずだが、それも確認できていない。はっきりいって、震源の推定困難。地球上のどこかとしか言えないのが残念。
 関東も北陸も南海トラフも真っ赤に染まっている。今後の発光や電磁波前兆に注意したい。今の段階で、問題の南関東内陸に24h以内に大地震が発生すると予測することはできない。しかしM6〜8が明日頃、どこかで発生することは確実。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/29(火) 18:55
美しい夕暮れもこの人には緊張感漂わす景色と映るのか。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 15:12
★ 30日朝、快晴、大噴火以降、地気も薄らいでいるが、伊豆諸島方面と思われる前兆雲が出ている。早朝の6時に、すでに三重県・熊野灘・小笠原方面から多数の積乱雲。これらは熊野灘や紀伊半島にエネルギーがあることを示す。椋平虹も出ている。雲底高度も極端に高く、青松氏からは早朝5時前の赤焼けは凄かったとのレポート。TV1〜3chの受信レベルは、昨朝までほどではないが、砂画面が強い。全般に危険な宏観が続いているが、震源地ズバリを示す前兆を確認できない。
 昨夕の全方位赤焼けから、今日、新月トリガーピークに、地球上のどこかでM7超級が発生するだろう。まだ震源が不明だが、昨夕の掲示板、恵庭市のM氏から届いた写真レポートは、北海道南西部、奥尻方面に震災級を疑うレベルのビーム状雲であった。発生が近い。北海道方面は警戒が必要。クリスタル氏のHPにも注意。
 大噴火以降、伊豆諸島に群発が復活したかに見えたが、まだ警戒が必要だ。しかし、ストレスが抜けるほどの降灰があったようなので、地震よりも陥没が心配。噴出物の総量を計算して、三宅島の陥没がどの程度進むのか予測を示すべきだ。場合によっては、伊豆諸島のいくつかが消滅するかもしれない。酒匂川のマグマ微振動は、富士山マグマの上昇を示しており、注意する必要がある。それにしても火山噴火予知連の失態は、お粗末の極み。安全宣言を出すたびに噴火が起こり、大自然がアカデミズムの学問レベルを嘲笑しているように見える。確か、雲仙や岩手山のときも、同じ様な右往左往ぶりだった。富士山噴火も、勝手にありえないと決めつけていて、彼らの予知は信用できそうもない。
 東京都は、予知連の見解を受けて事態を軽視し、三宅村からの全島民避難要請に対し、「それほど、ひどい状況じゃない」と勝手に決めつけ、要請を無視したとたん、噴石が畜舎を直撃して多数の牛を殺し、火砕流が住居地を横切って海に流れ込む噴火が起こった。死者が出なかったのは偶然に過ぎない。専門家「オエライ様」の学問的レベルは異常なほど低い。エラそうにカッコつけるだけは100人前だが、実績はシロウト以下だ。一連の医療過誤に見られる医師レベルと同じ。というより、日本の学問的レベル全体が極端に落ちているといえよう。今や国立大学生でも、単純な微積分の応用計算さえもできないという。これは、学問が受験競争、選別主義の過熱によって、学問の本質を見失い、テスト選抜技術だけに変質したせいである。ちなみに、筆者はテスト技術の達人で、これまで司法・調査士を除く20種類以上の資格試験に一発で合格しているが、簡単に合格できた知識は、全部忘れてしまった。ところが資格だけが残っているので、例えば完全に忘れた放射能の取り扱いなど、いつでも可能。恐ろしい話だ。
 学問の本質とは、手足、耳目を駆使し、地道に積み上げた経験則の山である。この山の大きさが真の実力のバロメータなのである。試験に合格することで、この山が大きくなるわけでは断じてない。実力と資格試験は全く無縁なのだ。大学や研究機関の肩書きがあるからといって、真の学問を行う実力があるわけではない。我々は見せかけの肩書きでなく、彼の持つ山の大きさを仰ぎ見るべきなのだ。真に実力のある、経験則の大きな山の上に立つ研究者を見抜くコツがある。それは、彼が、どれほど優しく他人に説明できるかである。実力のない者は、それを見抜かれまいとして、自分でも分からないような難解な屁理屈を並べて他人を煙に巻こうとするのだ。ホンモノは誰にでも分かりやすい。例えば松本清張を見よ! 流れるような文章に、息つくヒマもないほど吸い寄せられる。三流作家の文章は読み進むだけでも疲れてしまう。それは作者が自分でも理解できていないためなのだ。地震予知も同じ。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 17:56
Aさんは,気温とカラスの鳴いた回数に相関があると思い付き,5年間
の長きに渡って毎日,エアコンの効いた部屋の中で気温を計り,音楽を
かけながら時々聞こえたカラスの鳴き声をカウントしていました.

いくら「手足、耳目を駆使し、地道に積み上げた経験則の山」でも,信頼
性の無いデータはゴミ屑だという喩え・・・


26 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 18:13
でも錬金術や不老不死の薬を求めて科学が発達したということもあるし・・

27 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 18:56
★ 30日夕方、台風の影響か、どんよりと曇ってきたが、日中は雲底高度の異様な高さと、空全面に出た微細な鱗状雲に目を奪われ続けた。驚くほど規模の大きな前兆である。夕方にかけて地気も強まってきた。アマ無線にガーガーノイズも入りはじめ、朝から微振動が散発的に続いている。非常に危険な大型前兆だが、まだ震源がはっきりしない。
 夕方、アマ無線10mFMに青森と北海道が強力に入感しているので、クリスタル氏、M氏などのレポート併せて津軽海峡周辺に大型を疑う。すでに新月トリガーピークで、筆者は極めて体調不良。耳鳴りが激しく、意識が酔ったように朦朧としている。
 明日までに地球上のどこかでM7超級が起こると思うが、赤焼けが伴っていない。昨日の全方位赤焼けは、モルッカM6.7とM6.3の連発によるものだっただろうか。だが、たった今も雲底高度が高いので、やはり別の震源だろう。


28 :懐疑は :2000/08/30(水) 19:05
地球のどこか....  か

29 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 19:11
地震前兆を観測した → 地震は起こらなかった
前提:自分は正しい
海外に目を向けると、なんと地震が起こってるではないか →
数千キロ以上離れた震源からも前兆現象(自分の観測できる)は発生する
新事実発見!!

典型的なトンデモさんの無限ループだ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 19:19
なんでみんなsageてんの?
といいつつ,自分もsageる日本人体質・・・

31 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 19:33
晒し上げという手もあるが・・

32 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 19:37
1は倒壊尼馬鹿にしてんだろ?sageる必要ないと思うが?
それにしても「人間の中身は死刑囚から天皇に至るまで皆同じにできているのだ。
」って,倒壊尼と一緒だけはいやじゃ〜 藁)

33 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/30(水) 20:20
倒壊アマスレッド多いからあんまり上げるのはどうかな
しかし、「人間の中身は死刑囚から天皇に至るまで皆同じにできているのだ。」って
典型的な結果平等主義だなさすがサヨク崩れ

34 :32 :2000/08/30(水) 20:30
33なるほどね.なんとなく納得.
オカルトの東海尼スレはあげとかんとすぐ下がるが,ここならsagaって
も問題ないし,もっと緊急火急な話題もあるしね.

とりあえず自己納得

35 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/31(木) 07:19
★ 31日朝、劇的なドラクロワの景観。早朝の関東・東北方面の赤焼けも凄かった。雲底高度の高い高層雲が続いて出ているが、台風の影響を受けた雨雲が入ってきている。奈良県地方に、やや深刻な断層状雲。耳鳴りも激しい。アクアリウムに大きな異変は見られない。ブロッキングも強くない。アマ無線の異常伝播は消えている。TVは軽度の受信障害が続いている。
 朝焼けと昨夕の10m伝播状況から見て、東北北部〜北海道に強い地震が迫っている。もし、この雲底高度をもたらしている震源なら規模がM6を下回ることはない。奈良方面はM4前後の規模だが強い前兆。
 昨日、駿河湾周辺を視察した青松氏のレポートによれば、沿岸部に強い帯雲が出ていたとのこと。それに対応して19:48、静岡中部の第二次空白中心でM3.5、数日前から気味の悪い微振動が続いていて、御前崎周辺に大きな地殻変動が見られることから、東海地震のカウントダウンと考えてよいと思う。次の半月トリガーである9月6日頃が危険と考える。
 筆者は、本日までに関東大震災が発生と書いてきたが、どうやらハズレになりそう。東海地震と併せて、ほぼすべての中短期前兆が出揃っていると思うが、直前前兆だけが出てこない。雄山の噴火が成層圏に達する規模だと、地殻ストレスを緩和してしまうのかもしれない。いずれにせよ、遅れても半月以内。直前には誤魔化しようのない真紅の朝焼け夕焼けが空全面を覆うはず。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/31(木) 19:07
★ 31日夕方、午後から相当な降雨があり、何度も書いているように、豪雨は地震エネルギー解放にとって抑圧的に作用することが分かっている。しかし、TV1〜3chの受信障害はかなり強く、アクアリウムではプレコが落ち着かない状態。
 午後8時頃から、雨雲の隙間から青空が見え、雲底高度の極度に高い高層雲が見え、微細な鱗状模様がついているのが確認できる。発生状況は、10m異常伝播のあった東北北部に、13:42岩手M4.1と予想を大きく下回る発生があったのみで、伊豆諸島は再び不気味な沈黙に入っている。
 この低気圧が去った後にドカンと来そうだ。微振動や受信障害もあるが、まだ直前と言えるほどの激しいブロッキングやテレビのガーガーノイズは確認できていない。音声に歪みが入り、圧力性の強い耳鳴りを感じると数時間である。東海地震と、相模トラフ、南関東直下型が同時に来るかもしれない。とりわけ、御前崎の反転隆起に注目していただきたい。始まれば数時間〜数日のオーダーだが、予知連の召集から警戒宣言までのタイムラグの間に発生するかもしれない。
 地球のどこかでM7超級と予測したが、まだモルッカM6.7とM6.4以外、全方位赤焼けの該当がない。高層雲、雲底高度が下がっていないことから、まだM7超級の可能性が残る。ただし、地球規模の静けさ現象とは言えない多発状況。この先、数日間、日本列島周辺で、すべての地震が止まるなら、関東・東海大震災と断定できるだろう。当然、赤焼けが終日、もの凄い状態になり、誰の目にも天地の終わりに写るはず。動物たちが怯え、騒ぐだろう。日本中で救急車のサイレンが鳴りやまなくなるだろう。
 この1週間が、100年に一度の宏観観測の大勝負だ。

100年に一度の大勝負だ??

37 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 07:31
★ 9月1日朝、午前6時段階で、強い雨雲に覆われているが、雲間の高層雲に、東関東・東北方面に向かう強い流れが確認できる。関東全域に赤焼けが見られる。耳鳴りが激しい。TVの受信障害はローチャンネルでかなり強い。アクアリウムに際だった異変は確認できない。 発生状況は、伊豆諸島の群発は2日以上の空白、昨夜22:33南西諸島M4.2以降、全国的に止まっている。
 昨夜は新月でありながら異常に明るく、各地の観測者に電話をかけたが、遠州灘方面に白い発光との共通レポートがあった。また9時頃からTV3chのノイズが極端に激しくなったが、今朝もその明瞭な結果が出ていない。
 さて本日は防災の日、77年前に関東大震災によって14万人の死者が出た。中国では4人組に牛耳られた時代、専制官僚主義が予知情報を隠蔽した結果、唐山地震によって40万人の死者が出たことがある。日本でも、権威主義が幅をきかせ、人々が自分自身の予知感覚を見失っている結果、アテにならないアカデミズム情報に右往左往し、77年前どころでない莫大な死者を出すだろう。それはニュートンの記事のような政府御用達シュミレーションから隠蔽された、原発放射能事故と、臨海部ガスタンク炎上、ファイヤボール輻射熱が主役となるのだ。臨海部工業地帯に蓄積された石油・ガスなどの施設破壊、可燃性ガス上昇によって、上空1000mに達する巨大な火の玉が生成され、その熱量は川崎市で100メガトン級水爆に匹敵する。数日間にわたって100キロ先まで、180度を超える輻射熱で焼き払うのだ。原発放射能は、メルトダウン1基500万人の被曝死者と、半径300キロの永久居住不能を保証するものだ。
 今日は訓練のための東海地震判定会召集があるが、各委員ははじめて本気になっているだろう。すでに御前崎の地殻変動に大きな異常が報告されている。直前隆起に至る、Fプレート北上→南下の反転が確認されたのだ。今日の会議が、突然、訓練でなく本番情報を出しても何の不思議もないほどの緊迫した事態である。

追記、更新後、午前6時半頃から、TV3chに激しいガーガーノイズが混入、ほとんど受信できない状態が続いている。圧力性の耳鳴りも感じており、大噴火か強い地震が迫っている模様。



38 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 20:15
★ 1日夕方、朝から激しいTV受信障害が起こり、3chなど、ほとんど砂画面とガーガーノイズで受信できなかった。筆者のアンテナは室内ポータブルアンテナで、故意に受信感度を落としてある。直接波を受信している知人のTVには異常がないとのこと。
 かなり緊張したが、午後6時でもはっきりした結果が出ていない。名大や名工大などではVHF波や長波の受信記録を続けて予知研究を行っているはずだが、彼らは血税の多額の援助を受けながら一切情報公開しない。はっきり言えば、喉から手の出るような情報があるが、「混乱を招く」とか言って公開しない。本当は混乱でなく、他の研究者を出し抜きたいだけのことだろう。筆者がアカデミズムを攻撃し続けるのは、この、お高く止まった閉鎖性に心頭怒っているからだ。我々民間研究者を頭から小馬鹿にして相手にしないのだ。そのくせ、大地震発生後には、すべて予知していたかのように、前兆情報を見せびらかすのだ。筆者らがアカデミストに絶望する理由がお分かりか?
 夕方の宏観は、まだ台風の影響を受けて気象雲が多いが、全般に雲底高度が高い。高層に若狭・山陰方面に向かう方向性があり、丹波・丹後方面の赤焼けが異様なサーモンピンクに染まっている。関西全域の地気が高まっているが、前兆は多くとも、どうも、はっきりした結果が出てこない。忘れた頃にドカンと来るのだ。
 朝、更新後、6:13に関東全域の赤焼けに対応する千葉北西M4.2が起きている。だが、その後も電磁波前兆が激しいままだ。夕方は金属的耳鳴りも深刻レベル。更新中、6時半に外を見たら、西方に赤紫の激しい夕焼けが起きている。写真は撮り損なった。
 筆者は、昨日までに関東・東海に大震災が発生すると確信し、当HPを開始し、観測を続けてきたが、予測が外れ困っている。当初はかなり強い腎障害があり、この頃にはクタバルだろうと思って借金し、細々と食いつないできたが、残念ながら体調も良好に回復してしまい、かつ大地震は起きず、これでは、これから借金返済も含めて社会復帰しなければならず、慌てている。数日中にはタクシー乗務の予定。観察、更新頻度は大幅に減るので、あしからずご了承ください。メールの掲示も困難になるかもしれません。巨大地震については、半月以上遅れる可能性は少ないと思っている。前兆は出揃っているので、トリガータイミングの問題だろう。


39 :名無しさんダーバード :2000/09/02(土) 12:24
★ 2日朝。関東方面の朝焼けが激しい。関西に猛烈地気、山岳部の視界皆無。耳鳴りが激しい。ただし雲底高度は、なぜか下がっていて、超大型の直前宏観ではなくなっている。今朝は3ch受信障害もやや軽減。
 ところが! 地震発生状況を見ると、昨朝、6:13関東M4.2以降、完全ストップ。伊豆諸島の群発も2日以上完全停止。これは身の毛もよだつほど恐ろしい静けさ現象である。群発開始以降、2日間の完全停止の後には、必ず大噴火か震度6超の大地震が発生している。伊豆諸島は厳重警戒態勢に入るべきだ。また、予測している関東巨大地震の「嵐の前の静けさ現象」である疑いが濃厚。予測通りのM8なら、地球規模で数日間の静けさ現象が起こるはず。
 昨夜遅く、富士宮のM氏と知人から、伊東市上空に人工衛星が30個以上確認できるとの電話レポート。降雨後、新月の夜空でエアロゾルの影響が少ないだけかもしれないが、しかし、巨大地震発生が近づくと、星が近くに見える、空が高い、などの現象は冒頭のヒラマロ版、60年前宏観法則集にも出ている極めて危険な前兆である。阪神大震災の発生直前にも、キリキリ晴れ現象が起き、星が近くに見えた。伊豆諸島の不気味な静けさ現象から見て、M7級群発打ち上げ地震か、最大級の火砕流噴火を疑うべきだ。


40 :ダーバード?? :2000/09/02(土) 21:11
★ 2日夕方、午後から急に雲底高度が上がった。微細な鱗状模様を伴った震災級鱗状雲が多数出現、夕方には、遠州灘方面からテーブル珊瑚状、放射状雲、規模の大きなもので、当初M7級と考えたが、その後の赤焼け状況からM6級に訂正。24時間以内、遅くとも48時間以内に、遠州灘・伊豆諸島・小笠原の範囲でM6級が発生と考えるが、やはり48時間以上群発のストップしている伊豆諸島の可能性。過去の2日停止は、すべて大噴火か震度6級地震になっている。だが、昨朝以来、全国的に発生が止まり、地球規模でも抑圧傾向が見られる。相模トラフ・駿河トラフM8級のカウント開始の合図のように思える。5日まで、地球規模での静けさが続くなら、発生は9月6日頃のトリガーであろう。
 筆者は、体制保守派の人々からは鼻つまみにされそうな記事を書き続けてきた。天皇をタダの人と書き、アカデミズムの無内容な権威主義を攻撃し続けてきた。その理由は、21世紀に、人類を導くのは「王様は裸だ!」と言える人間だけだと考えているからである。19世紀は中世封建主義の虚構をうち破る革命の時代だった。20世紀は虚構と真実のせめぎ合った時代だった。21世紀は真実の勝利する時代である。未来を正しく予測する情報は、ウソを拒否し、自分に見える真実を求める人にだけ意味のあるものなのだ。未だに権威に怯え、長いものに巻かれる姿勢で、事なかれに過ごそうとし、あまつさえ、筆者のような出る杭を打ち続けてきた人々にとって、真実の時代は恐怖の時代である。彼らは最期まで、真実から目を背けて過ごそうとするだろう。巨大な権力に媚びを売り、ぬるま湯に浸かり、疑いを抱く者たちを弾圧し続けてきた。その本質は臆病者以外ではない。
 我々の社会の虚構は何によって成立するのだろう? 何日か前の新聞に、子供達に対して「君は大きくなったら何になりたい?」と問うたところ、ある子供が、「僕は何にもならないよ。僕は僕になるんだよ」と答えたと書いてあった。筆者は脳天を金属バットで殴られるほどの鮮烈なショックを受けた。この子供の答えに、すべてが詰まっている。20世紀最後にして最大の名言だと確信した。
 我々は、子供の内から「将来何になる」と、刷り込まれ、暗示をかけ続けられてきたのだ。まるで何かに変身しなければ、まともな人間でないみたいだ。だが、よく考えてみよう。人は人以外の何になるのだろう。医者や弁護士、教授や大臣になったとて、中身の人が少しでも変わるのだろうか? 変わると思っているのは「変わろうとする」本人だけだ。優しいお嬢さんが婦人警官に就職したとたんに、無惨なほど人間性を見失った高慢ちきなバカ女に変わったり、大企業で役職についたとたん、ヒステリックな権力風を吹かせる上司として君臨したりし、女性の場合は、どこかの女性知事のように裏でマゾヒズム変態セックスに走ったりする。
 人は何かになることなどできない。人は人を一歩も超えることはできない。人とは、どんなに善人面、良識人を装ってみても、本能を抑圧すれば、必ず変態に走るようにプログラムされている悲しい動物なのだ。自分のあさましい姿を直視できる人だけが、自分をコントロールし続けられる。だが、日本人には「何になるの?」と変身を強要された、その瞬間、変態人生をひた走る仕組みになっている。それは、国家という虚構を維持し、支えるために、集団暗示にかけられることに他ならなかった。
 天皇制も、本当は普通の人の集合にすぎない日本列島の住人に、世界に冠たる強い国家という妄想的暗示を与え、向上競争を強要し、人々に権力の鞭を浴びせて無理矢理走り続けさせたのだ。だが、人々は、もう完全に疲れてしまった。地球も人類の収奪により疲れてしまった。もうすぐ、すべての虚構をうち砕き、人がタダの人でしかない現実を思い知らせるための、嵐がやってくる。
 ウソをつき続けてきた人々は、この嵐に耐えられまい。真実を突きつけられ、ショックで立ち直れないまま、すべて死んで行くだろう。「王様が裸だ」と知っていたものだけが人類の未来に、元気に立ち向かうことができるだろう。筆者は、その人達のための情報を提供してゆきたいと思っている。


41 :名無しさんダーバード :2000/09/03(日) 14:08
★ 3日朝、未明に新潟で小さな2連発があったものの、伊豆諸島を含む国内の地震活動はほぼ停止し、地球規模でも明らかに嵐の前の静けさ現象を呈している。猛暑が続き、微振動も絶え間なく感じられるので、巨大地震が接近しているのは確実だが、宏観的には、相反する現象。今朝は典型的な秋空で、地気が弱まり、遠方も鮮明に見えている。関東方面に向かう不鮮明な大型帯雲が出ているが、高度、形状などから、まだ遠い。他に赤焼けなど直前前兆などは確認できない。朝6時段階で、テレビ受信障害は軽度、アクアリウムにも目立った異変はない。昨夕の、遠州灘方面のテーブル珊瑚状雲に対応する地震も確認できていない。
 総合的判断として、伊豆諸島は4日間の完全停止、地球規模でも静けさ現象、などから、M8級の前兆と判断する。現段階での推定震源地は、遠州灘〜伊豆諸島〜相模トラフ周辺、関東沿岸部である。この方面の巨大震源は、とっくに臨界に達していて、本来なら、はるかに以前に発生すべきだった。筆者の予期せぬ抑圧要素が働いて発生を止めている。だが、トリガータイミング次第で解放されるだろう。次のトリガーは6日頃の半月である。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/03(日) 19:47
どうせアボンなら踊らにゃソンソン

43 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/03(日) 23:40
age


44 :倒壊尼保存会 :2000/09/03(日) 23:42
★ 3日夕方、今日は朝の更新後、鈴鹿、鎌ヶ岳カズラ谷の遡行に向かったが、午前7時頃、東名阪から見た宏観は、恐ろしい高層雲と、ほとんど至る所から火山の噴気のような放射現象が出ていて、遡行中に大地震に遭ったら落石でオシマイと緊張、出発に悩んだが、まだ耳鳴りがなかったので決行。予想したマムシは出ておらず、代わりに、またもや蛭にやられた。女性用パンストを装着すれば防げたが、持参を忘れた。独りコスプレが楽しめたのに。カズラ谷は鈴鹿を代表する楽しい沢登りルートだが、人影は少なかった。若いカップルがいて、別嬪娘が美しく化粧して、ヘルメットを被って遡行しているのを見て、クライミングギアをガチャガチャいわせながら近づき、「ネーチャン、ヤマヒルはなー、知らんうちに太股ままで這い上がって吸血するんやでー、大事なとこ気をつけーや、クフフフ」とかいって脅して、怖がる表情を楽しむ変態オジサンになってしまった。もっとも彼らは何の被害もなかったらしい。
 帰路、午後2時頃も、微細な鱗状模様を伴う高層雲や、遠州灘方面に、まるで噴火のような放射現象が多数確認できた。もう間違いないだろう。午後6時からの宏観は、完全なる快晴、青松流で巨大吹き飛ばし現象である。この数日間、降雨予測もほとんど外れていて、地震エネルギーが降雨を圧倒する力関係にあると考える。
 南の空の低い位置に、北東〜南西の断層状雲、これは北海道方面の大型地震の直前前兆で、恵庭のM氏やクリスタル氏の前兆レポートの震源が解放寸前になっている。南西の空には、伊豆諸島に向かうM5〜7の断層状雲だが、やや形が崩れている。赤焼けは、ほぼ全方位だが、関東内陸を中心に全域が危険な赤紫色に染まっている。
 発生状況を見ると、まだ伊豆諸島の解放はなく、4日間の完全停止に加えて、やはり地球規模でも明らかな抑制、静けさ現象である。ほぼM8前兆と断定してよいと思う。おそらく6日頃の半月トリガーで解放、主張震源は相模トラフ〜駿河トラフ・遠州灘であろう。夕方、耳鳴りがかなり激しくなった。アクアリウムにプレコの逆立ちなどは見られず、電磁波前兆も沈黙、TV受信障害中度。


45 :名無しさんダーバード :2000/09/04(月) 00:37
なんつーか、観測より先に耳鼻科行った方がよくないか、この人。

46 :名無しさんダーバード :2000/09/04(月) 01:12
「クフフフ」って表現最高だよね。
絶妙なセンスだ。かなり受けた。
ファンになりそう。マジで。

47 :名無しさんトワマミー :2000/09/04(月) 02:20
>鈴鹿
先月お上が調査結果を発表したところの鈴鹿東縁断層帯(活断層)ですね。
お上をさんざ非難しながらも、その調査結果は尊重でございます。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 02:59
ねーちゃんが怖がったのはヤマヒルじゃなくて倒壊尼のほうってのは明白だな。
カップルの男に殴り倒されれば少しは目ー覚めただろうに。

49 :名無しさんダーバード :2000/09/04(月) 10:45
★ 4日朝、宏観は、関東内陸を中心に、赤黒い深刻な赤焼けを起こしているが、意外に規模が小さい。せいぜいM5クラスの範囲である。むしろ紀伊水道や南西諸島方面に向かう大型帯雲が出ている。
 地震発生状況を見ると、伊豆諸島の完全停止は5日目に入り、もはや大噴火か大地震が確実、臨界寸前だろう。国内では、昨夕のレポート通り、昨夜北海道でM4.4と5.4が起きているが、こちらも小さすぎるので、これで終わるとは思えない。地球規模では、カリフォルニアなどでM5級が起きているものの、超多発帯であるフィリピンプレート南方が沈黙している。完全ではないにせよ、「嵐の前の静けさ現象」が明らかに継続中で、刻一刻と巨大解放に向かって不気味な沈黙が続いている。
 今朝は、珍しくTVが鮮明に見えており、電磁波ノイズが消失している。これも発生直前の沈黙現象だろう。耳鳴りは激しく続いている。直前には耐え難い金属音地獄と、海の底に沈められそうな圧力を感じるはず。


50 :名無しさんダーバード :2000/09/04(月) 11:26
「ノイズがある」地震の前兆
「ノイズがない」地震の前兆の静けさ現象

どないしろっちゅーねん...

51 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 11:51
>>50
この手の予測・預言の常套手段。

52 :七使さん :2000/09/04(月) 12:42
>>44
>TV受信障害中度
って、アンタそりゃただ単に建設中のマンションとか建って
電波障害起こしてるだけと違うの?

53 :名無しさんダーバード :2000/09/04(月) 13:33
まあまあ、そんなに意地悪く突っ込まないでサ。
少なくとも静けさ現象が起きているのは明白なんだし。
ここ見れば今までに無いほど地震が無いのがわかる。
http://tenki.or.jp/quake.html

54 :>53 :2000/09/04(月) 13:57
別に静けさ現象自体に突っ込んでいるんじゃないよ。
地震が少なくなると今度こそ大地震だっ!って
もう数年も騒いでいる姿勢はちょっと突っ込みたい。


55 :名無しさんダーバード :2000/09/04(月) 15:12
>54
そうなんだ。数年もそんな感じなのか。
ということは、今回のような地震の現象も
今までに何度もあったって事??

56 :名無しさんダーバード :2000/09/04(月) 18:00
噴火萌えー。

57 :名無しさんダーバード :2000/09/04(月) 18:55
★ 4日夕方、夕陽の色彩が、かなり異様な赤味を帯びてきた。曇天模様で、雲底高度は必ずしも高くなく、高層雲に南西諸島に向かう方向性が確認できる程度。地気は、まだ強いとは言えない。赤焼けも曇天気味ではっきりしない。
 だが、伊豆諸島はもとより地球規模での静けさ現象が確実に続いている。巨大地震の不気味な跫音である。TVは3chに中度の受信障害。アマ無線は10mにフニャラの伝播があるが強力とは言えない。アクアリウムも含めて、まだ直前兆候は出ていない。やはり6日トリガー以降に解放と考える。行徳高校の南方電磁波ノイズに大きな異変とのレポートがあった。つまり東京湾方面。今朝の赤焼けは、せいぜいM5前後の規模だったが。
追記、終日、微振動がひどくなっている。安政大地震のときも平賀源内だったか? 杯の酒のさざ波を見て大地震を予知した、つまり前駆微振動のことを書いた記事があったと思うが。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 01:12
バカ尼の話はどうでもいいが、最近ホントに地震がないね。
この間の千葉以来、もう4日止まってる。関東マジで危なくないか?
こんなことってよくあるの?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 01:18
sage

60 :名無しさんダーバード :2000/09/05(火) 15:19
早く早くーっ!!あげ

61 :名無しさんダーバード :2000/09/05(火) 15:20
>58
あー、結構あるよ。そういうときは、茨城地震M4クラスが
起きて事無きをえるので、つまらんでちゅ。

62 :名無しさんダーバード :2000/09/05(火) 21:02
★ 5日朝、曇天、宏観観察困難だが、地気が強まり、関東方面の赤味も強くなっている。昨夜、午後7時頃からTV3chなどローチャンネルに激しいガーガーノイズと砂画面が発生、1時間ほど受信できなくなった。8時半に屋上から観察すると、肉色の赤い三日月になっていたが、千葉では正常とのことだった。同時にアクアリウムで久々にプレコの逆立ちなど強い反応が出たので、いよいよ伊豆諸島大噴火、または打ち上げM7級解放かと緊張したが、結果が出ていない。代わりに、19:42浦河沖でM4.2、ほぼ同時刻、渡島半島の駒ヶ岳が噴火した模様なので、この電磁波によるものだったと考える。恵庭市のM氏やクリスタル氏のレポートが深刻だったわりに結果がM5.4と4.4しかなかったので、まだ異変が続くと疑っていた。
 これで有珠山・駒ヶ岳・岩手山・磐梯山・雄山・富士山と、日本列島中北部の火山帯に同時期に異変が出ていて、筆者の知る限り過去に例がない。青松氏から遠州灘方面の異変レポートが寄せられている。詳細は青松HPへ。今朝は、昨日、終日続いた微振動や金属音の耳鳴りが弱まっているが、3chの受信障害はかなり強い状態が続いている。
 今夜から半月トリガーの影響下に入り、伊豆諸島ではトリガーピークより前に大地震や大噴火が発生する傾向があったので、伊豆諸島方面には厳重警戒の必要がある。三宅島の雄山は、火口径が1.6キロに拡大し、大規模な山体の陥没が続いている。1ヶ月に200mのスピードで陥没が進行しているので、年末には三宅島全島が陥没消滅する計算になる。筆者は、むしろ移転先の東京都の方が、桁違いに深刻な震災になることを懸念している。とりわけ秋川・五日市は危険地域。
 余談、嫌がらせマニアによる、どうしようもないほどバカでヒマな、筆者や青松氏などに対する誹謗HPが開設されている。小林氏やカナ氏にハッキングしたのも彼らだろう。筆者にしつこく嫌がらせ電話をかけ続けている重度脳性マヒ障害者もメンバーに含まれているようだ。民俗学的に貴重なので、是非閲覧を。彼らが筆者のHPに対して資金援助をしてくれることになっている。賠償金強制執行のときの顔色が楽しみだ。
 筆者が、飲尿について書いたことを揶揄しているようだが、無知蒙昧にも困ったものだ。尿こそ医薬の王様なのだ。筆者は深刻な痛風発作を自己尿によって、どれほど直したか分からない。睡眠薬の代わりに飲めば、劇的に安眠できるほどの強い鎮痛効果がある。コルヒチンは強い腎障害をもたらすので使えず困っていたのを救ったのが自己尿だ。平安時代の医心方にも尿の素晴らしい効用が書かれている。戦国時代には、少女に果実食をさせ、その尿を愛飲するのが流行していた。鎮痛と精神安定のためだ。抗欝薬・精神分裂症治療薬としても抜群に優れている。もちろん筆者もそうしたいが、飲ましてくれる女性がいないのが残念、あれは口をつけて直接飲むのが良いのでは? 募集中(やっぱし変態)

63 :名無しさんダーバード :2000/09/05(火) 21:03
★ 5日夕方、夕方、方位角120度方面、伊豆諸島方面から、9日頃出たものと同じ、テーブル珊瑚状の巨大な放射状雲が出ている。推定規模M5〜7、伊豆諸島では、すでに5日以上完全停止しているので、次の地震が最大クラスの震災級になるのは避けられない。今夜から明日の半月トリガー影響下で発生するだろう。ただちに厳戒態勢に入っていただきたい。
 この数日微振動が続いているが、昼頃、地元でM2.8、震度1があった。震源地の直上にいたが、分からないレベル。おそらく一連の微振動の規模が大きくなったのだろう。終日、弱い大きな鱗状雲に覆われ、午後からは高層雲に微細な鱗状模様も出た。各地から危険な放射現象が見られる。夕方5時半頃から、3ch(NHK)の相撲中継が、ガーガーノイズと砂画面のため、ほとんど受信不能。ランク5最大級の受信障害。プレコもはっきりと逆立ち体制に入っている。
 小笠原〜南西諸島のM4〜6規模の帯雲も出ていて、地気が激しくなり、山岳部の視界が消えた。しかし、暗い雲に覆われて、肝心の関東地方上空の観察ができない。果たして、明日、関東内陸大地震が発生するのか、まったく分からない。夕焼けは、やや深刻だが、大震災前夜とは言い難い。10mFMは、最近では珍しく、南方の強い異常伝播を起こしている。

64 :名無しさんダーバード :2000/09/05(火) 21:16
それって、テレビの受信障害ではないか?
トラックの違法なハイパワー無線とか、なんかのノイズとか。
↓これを見てみて!
http://www.k-denkan.go.jp/faq_032.html

65 :名無しさんダーバード :2000/09/06(水) 06:42
★ 6日朝、とうとう問題の9月6日、半月トリガーピークがやってきた。これを書いている午前6時15分には、予想した伊豆諸島M6超級も未発。北海道方面を除いて静けさ現象、地球規模でも明らかな静けさ現象。
 今朝の宏観は、関東全域に溶鉱炉のような不気味な朝焼け。全方位の猛烈な地気。強い有感前兆である。昨夜からユラユラと微振動が絶え間なく続いている。耳鳴りも激しく、明らかに大型発生が迫っている。しかし、電磁波ブロッキングノイズや、TV受信障害などは、それほど強くない。
 関東方面と伊豆諸島は最大級の警戒を。遠州灘にも強い異変が出ている。明らかな異変があれば追加レポートの予定。


66 :名無しさんダーバード :2000/09/06(水) 15:18
追加レポート...ないねえ。今日はナシかなあ。

67 :名無しさんダーバード :2000/09/06(水) 18:02
まだ早いっしょ

68 :名無しさんダーバード :2000/09/06(水) 19:09
★ 6日夕方、信じられないほど宏観前兆が消失。西日本方面の地気がやや強く、赤味が強い夕焼けになっている以外、雲底高度も下がり、地気も弱まり、TVの受信障害も低下。午前中、アマ無線に出ていた強いノイズも消失。一体どうなっているの? と呆然とするほどである。 これならば、すでに大型地震か大噴火が起きていてしかるべきだが、そうしたニュースはない。それでも伊豆諸島南端方面から2つの大きな噴煙に似た噴出が見られるが、これも積乱雲かもしれない。
 この宏観では、予測した関東内陸大地震どころか、伊豆諸島のM6超級もないだろう。あれほど激しかった前兆が消失してしまった理由は、さっぱり分からない。台風の接近によって、地殻が持ち上げられ、ストレスが一時的に緩和されたか、あるいは、空海クラスの超能力者が震災噴火消滅祈祷を行ったか、のどちらかだろうか?
 だが、伊豆諸島の群発、完全停止は6日目、日本列島でも、北海道以外は静けさ現象の継続、地球規模でも、完全でないにせよ、明らかな抑制が見られ、M8級巨大地震の前駆的経過を辿っている事実に変わりはない。はっきり申し上げて、本当に困った。経験則では、さっぱり理解できない解放抑圧である。
 強いて言えば、10mFMのフニャラ伝播に強いノイズが混じっている程度。ユラユラ微振動は散発的に続いている。東海地震の前兆に違いないのだが・・・・・・うーーーーーーん。


69 :名無しさん@お蝮いっぱい。 :2000/09/06(水) 21:14
こっちへ逝け。

http://tako.2ch.net/denpa/index2.html

70 :倒壊アマよ日和ったか!? :2000/09/06(水) 21:40
>それでも伊豆諸島南端方面から2つの大きな噴煙に似た噴出が見られるが、これも積乱雲かもしれない。

筆者が地震前兆以外の可能性を提示するとは!!
これは大地震の前兆かもよ

71 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 23:38
いえてる!!!

72 :名無しさん :2000/09/07(木) 01:37
sageつつミニ情報!
大阪・大和川(?)で大量のクラゲが出たそうだ。
ソース:テレ朝6時のニュース

73 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 05:22
ところで東海アマ氏は8/31の分で
「この1週間が、100年に一度の宏観観測の大勝負だ」、と書いているが
もう今日で決着はついたってことでいいのかな?

74 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 06:56
★ 7日朝、耳鳴りが激しく、再び雲底高度が上がり始めているが、台風の影響による気象雲も増えている。伊豆諸島方面や紀伊水道方面の前兆雲が出ているが、関東方面については赤黒いだけで不明。
 伊豆諸島の群発停止は1週間になった。大きな前兆が度々出ているのに、結果が出ない。今、ここで何が起きているのか、さっぱり分からない。全般に、前兆は多いが、なぜか結果が伴わない。予測の的中率が極端に落ちている。今朝は微振動は収まっていて、長期間続いたTVの受信障害も見られず、3chが久しぶりに鮮明に受信できている。ブロッキングノイズもなく文字放送も簡単に受信できる。アクアリウムにも異変は見られない。
 9月6日、関東大震災のオカルティックな予測は完全にハズレ。聖書の暗号には期待していたので残念。だが、日本列島は北海道を除いて、伊豆諸島は元より、関東以南で、すでに7日以上、まともな地震が止まっている。とりわけ、関東の多発地帯に不気味な静けさ現象が続いている。伊豆諸島については、震災級がとっくに起きているべきなのに、なぜ起きないのか理由が分からない。数億トンにのぼるマグマの大放出によって、地殻内に空隙ができ、ストレスを吸収しているのだろうか? それとも台風の低気圧が地盤を持ち上げて歪みを吸収しているのだろうか? いずれにせよ、関東方面には不気味な赤黒い赤焼け現象が続き、遠州灘からも度々、噴気のような放射現象が起きている。想像を絶する異変が進行中であるのは明らか。だが、これまでの予測パターンが根底から崩れ始めていて、何がどうなっているのか、本当に分からない。


75 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 06:58
まともな地震って・・・

76 :名無しさん@1周年 :2000/09/07(木) 07:08
>これまでの予測パターンが根底から崩れ始めていて何がどうなって
>いるのか、本当に分からない

ついに本人が崩壊し始めたか!?(藁

77 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 07:09
>74
結局どうやったんや?
長々と書くだけカキやがって!
「間違いでした」と、素直に言えんのか?ボケ

78 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 13:33
地震が来なくても「予測パターン」がおかしいとは絶対に思わないのな。
震災級地震がいままでどのくらいあったんだか

79 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 20:01
とうとう東海アマもタクシー業務を再開するようだね。
「逆に今の状態は正常」とまで言っている。
・・・なんか妙に寂しいなぁとか思ってみたり。

80 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 20:51
★ 7日夕方、本日、午後2時51分、今朝や、4日朝にレポートした紀伊水道方面、M4〜6前兆の結果が出た。愛媛県南予地方M4.6、西日本の広い範囲でM4.6であった。長期間続いた西日本方面の静けさ現象を破る地震だが、予想通り、深刻さはなかった。だが、伊豆諸島も含めて、関東方面の静けさ現象は破れていない。事態は非常に深刻である。
 昼頃には、伊豆諸島方面と思われる深刻な漣状雲も出た。夕方の宏観は、猛烈級地気だが、全体にどんよりしている。凄みのある赤焼けは見られない。アマ無線は相変わらず沈黙、アクアリウムにも異変はない。TV受信障害は軽度。耳鳴りが激しい。
 静けさ現象や、地気、耳鳴り、微振動の連続などは、関東・伊豆諸島方面に超大型が接近していることを示しているが、直前であることを示す、地獄のような赤焼け現象や電磁波ブロッキング、ノイズなどが未だに確認できない。とっくに発生していなければならないのに、どうして、これほど遅延するのか、筆者はさっぱり分からない。もはや心霊レベルの現象だ。関東に豪雨が降るようでは、大地震臨界という状態は逸れ、逆に正常化していると言わねばならない。予測も外れ続け、何がなんだか万歳の連続だ。

 筆者は、直前前兆を確信した段階で、震源地に向かい、現地からHP更新するつもりだったが、諦めて、数日中にタクシー会社就職の予定。鈴鹿山地の沢登りを、インターネット上で公募し、名古屋からタクシー貸し切り往復料金、5名定員、5万円程度で請け負います。筆者は、鈴鹿や中央アルプスの沢登りについては百数十回の経験があり、主だった沢を踏破遡行している。案内役で同行しますが、正式ガイドとして責任を負える体制は確保できないので、あくまでも同行という形になり、沢中での事故や不測の事態には責任を負えません。一般登山でも可。登山歴は30年、1200回程度で、鈴鹿は300回以上登っている。人数は1人でも5人でも料金は同じになります。自宅から自宅までで、1万円なら、かなり安い、トクな料金です。来週から公募し、営業を開始します。


81 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 21:00
宣伝に荷担する訳ではないが鈴鹿にはいい山が多い。
倒壊尼も、変な予知しなければ唯の人の良いおじさんだな。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 21:07
季節による気圧配置の変化などにより、中国からの黄砂など
大気中のちりの密度に変化が生じ、夕焼けの色調に変化。
とかもっともらしいことを言ってみたり。

地震前に必ず地震雲が観測される、ってデータがあったとして。
地震のないときに地震雲がどれぐらいの頻度で発生するかの
統計は最低限必要だよなあ。

あと、いいおっさんがいきなり広い道路の中央分離帯に飛び出
して、雲の写真を撮るのは、あぶないからやめような。
交通ルール的にも。

83 :名無しさんダーバード :2000/09/07(木) 21:43
伊豆半島の水蒸気吹き飛ばし域は、
寒冷渦の擾乱による下降流の場だと思うのだが…
TSFE1やAXFE578を見れば一目瞭然である。
どうして地気とか地震と結びつけるのだろうか?


84 :各無しさん@お腹いっぱい :2000/09/08(金) 01:31
「博士の異常な愛情」を思い出すねぇ

85 :名無しさんダーバード :2000/09/08(金) 07:00
★ 8日朝、蒸し暑いどんよりした天気。猛烈級地気、東方はかなり強い赤焼け現象。未明から金属音のギーンという耳鳴りが異様に強まっていて、大型の解放が迫っていることを示す。TV3chに、再び強い受信障害が始まっている。アクアリウムでも、昨夜からプレコが異様な活発可を見せている。
 昨日、北海道に続いて西日本の静けさ現象も破れ、地球規模でも、M5級がやや活性化し、静けさ現象とは言えなくなっていた。だが、伊豆諸島を含め、中部・関東・東北に明らかな静けさ現象が、すでに1週間を超えている。過去の例から、これほどの沈黙の後は関東方面に大型発生が避けられない。伊豆諸島の群発沈黙は、あまりに異様。前兆は相当強い(M5〜7の放射状雲)のに結果が出ない。だが、絶対にタダではすまない。例え噴火によってストレスが解放されているとしても、M7前後の群発打ち上げ地震は避けられないと考える。今朝の宏観からは、今夜解放の可能性もある。
 岡崎、倉多氏からのファックス。前兆ウイークリー(名古屋のK氏らが主宰だが、筆者と面識なし、彗星による予知を研究していたが、閉鎖的なグループでHPアドレスも不明)レポートから転載、9月15日、千葉館山湾にエイの群が居着いている。神奈川真鶴ではヒメジが突如3千匹も出現、これらはベテランダイバーでも初経験。三浦半島南端ではトチ鮫が電気ショックを受けて痙攣するような動作をダイバーが目撃。
 魚類の異常行動と地震の関係を研究している東京都水産試験場研究員の江川紳一朗氏は 「東京近郊を震源地とする地震の際、魚類の異常行動は、地震の数日前から10日前がピークになる。異変が見られた館山と真鶴を結ぶ線が関東大震災の震源地である相模トラフに沿っている。これは偶然であろうか?」 と語っている。

 関東方面の大地震前兆は、上の魚類異常も含めて中短期的には出揃っていて、後は、直前の @全天を覆う地獄の溶鉱炉のような赤焼け現象と発光現象 A震源地周辺で視程が1キロ程度に霞む猛烈級地気 B絶え間のない微振動、地鳴り C圧力性の金属音耳鳴り D犬や雉などが騒ぎ、ペットが怒って飼い主に噛みつく E異様な不安感に襲われる Fテレビの激しい受信障害、パソコン、電子機器類の誤作動 などの現象を確認できれば、24h前兆である。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 16:03
地震がなくて、自信がなくなる倒壊尼。
言われなくても、逝きます〜。

87 :名無しさんダーバード :2000/09/08(金) 19:57
★ 8日夕方、蒸し暑い猛暑。台風の影響か、曇天で宏観観察困難。地気の異様な強さが続き、霞んでいる。アマ無線10mのノイズレベルが上がり、アクアリウムにもプレコの縦位置反応が見られる。もし、クリスタル氏のレポート通り北海道北方に大地震が発生するなら、これから6m・10mなどに北海道方面の強力なオープンが深夜まで続くと思われるが、午後6時段階では確認できない。(更新中、29.26MHzで旭川名物局JF8UBXが59でCQを出し始めた。予想通りだ!)
 TV3chなどの受信障害は、やや軽減。終日、耳鳴りの異様な強さが続いた。地震発生は、昨日の南予M4.6以来、完全ストップ。伊豆諸島を含む関東方面の静けさ現象は、危機的どころか破滅的な長さで続いている。これで震災級が発生しないなら、当HPなどアホらしくてやってられない。もうM8クラスの前兆としか言いようがない。足立式や行徳高校のノイズレベルも異様な激しさだったのに、これまでのパターン通りに発生が見られない。一体、何によって抑圧されているのか、またく分からない。考えられるのは、@3個もの台風接近によって列島全体の地盤が吸引され、プレート圧力が軽減している。A三宅島のマグマが空中放出されることで、空隙によってプレート圧力が吸収緩和されている。B発生を促すトリガー効果が十分でない C人智の及ばぬ超能力的抑制が存在する。 などが考えられるが、筆者の見立てはBである。あまりにもエネルギー規模が大きいために、中小震源エネルギーが吸収され、全体を解放するためのトリガー力も莫大な威力が要求されるレベルに達していると考える。やはり半月では不十分で、満月も、阪神大震災時のような大接近大満月でないと解放に至らないのかもしれない。ならば、次のトリガーは9月13日の金曜日頃か?

★ 8日朝追記、北海道のクリスタル氏から、超大型M6〜8直前前兆と思われるレポートが届いた。千島ロシア領方面か?掲示板へ


88 :名無しさんダーバード :2000/09/08(金) 22:44
とりあえずツッコミ。
9月13日は金曜日じゃないよね?
13日は水曜日で金曜日は15日だ。
満月はどっちなんだろ?

89 :名無しさんダーバード :2000/09/09(土) 00:39
満月は13日水曜日。

90 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 01:40
岩盤が圧縮崩壊する時出すのはFM波78.2Mhzじゃないの?
(どっかのまじめ系研究ページより

91 :名無しさんダーバード :2000/09/09(土) 06:46
★ 9日早朝、雲底高度が劇的に上がり、ドラクロワの空になっている。「これは凄い!」と感嘆。明瞭な全方位赤焼け現象。5000キロ圏内でM7〜8の至近前兆と判断。北海道方面に強い赤焼けが出ていて、クリスタル氏からレポートのあった北海道・ロシア領方面の大地震ではないか? 48時間前兆だが、早ければ今日中に発生するだろう。
 国内の発生状況だが、沈黙の続いた九州方面に、昨夜20:40、日向灘M3.8が発生。同時刻、上越でもM2.4が起きているが。これは関東・中部の静けさ現象を破る規模とは言い難い前駆微振動の範囲である。どうやら台風が去り、気圧が上昇しているようで、これまで抑圧され続けてきた震源が、ロシア領方面の大地震をきっかけに、一気に解放されるかもしれない。そうなれば、不気味な沈黙の続く、伊豆諸島に超深刻な結果が出るのは避けられないと考える。
 昨夜から10mFMで8エリア北海道のオープンがあったので、今朝、CQ8エリアのコールをしてみたが応答なし。TVローチャンネルの受信障害も軽度。アクアリウムではプレコが激しく活動している。
 私事ですが、沢登りを経験してみたいと考えている人お便りください。鈴鹿の楽しい沢をご案内します。渓流シューズにウエット・ハイソックスの装備で蛭対策はOKです。ただし、アルプスの岩稜縦走程度の経験は必要。フリーで3級程度を登る自信があること。


92 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/09(土) 21:05
>危険を通り越して破滅的状況は変わりない

こういう表現はやめてもらいたい。
何の根拠があって言っているのやら。

>5000キロ圏内でM7〜8の至近前兆と判断。

5000キロって、どこまで行くねん?


93 :名無しさんダーバード :2000/09/09(土) 21:28
★ 9日夕方、終日、微細な鱗状雲に覆われ続けたが、台風の影響を受けた気象雲も多く、蒸し暑く、はっきりしない宏観の1日となった。筆者は夕方、疲労で寝てしまって宏観観察サボり。赤焼け状況の確認不可。
 大阪の那真頭氏など各地から強い鱗状雲漣状雲のレポートが相次いでいる。青松氏からは遠州灘方面の発光のレポート。非常に強い地震が迫っている。おそらく明日頃発生と考えられる。今の段階では、伊豆諸島M6〜8と、北海道ロシア領方面M6〜8の可能性。いずれも夕方には未発。関東の静けさ現象は継続中。危険を通り越して破滅的状況は変わりない。
 午後6時段階で、ブロッキングノイズやTV受信障害などは確認できない。数時間内発生の状況ではない。


94 :名無しさんダーバード :2000/09/09(土) 21:57
倒壊尼が情報源か?

【モスクワ8日共同】タス通信によると、ロシア非常事態省は八
日、極東のカムチャツカ半島東岸のカムチャツカ湾と千島列島(ク
リール諸島)北部で来週、マグニチュード(M)五・○―六・五の
強い地震が起きる可能性があるとの予測を発表した。     
 サハリンでは八月五日、M七・○の強い地震が発生。土石流や停
電、家屋損壊などの被害が出たが、同省当局者は、サハリンで再び
地震が発生する可能性も指摘した。             


95 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/09(土) 22:17

倒壊尼の情報源,じゃないの?
^^^

96 :名無しさんダーバード :2000/09/09(土) 22:24
>★ 8日朝追記、北海道のクリスタル氏から、超大型M6〜8直前前兆と思われるレポートが届いた。
>千島ロシア領方面か?掲示板へ
って書いてあるじゃん。
ヤッパ住まいの近い奴の情報が一番正確


のような気がする

97 :名無しさんダーバード :2000/09/09(土) 23:17
倒壊尼。宗教屋の布施稼ぎの片棒を担ぐなよ〜
まったく・・
余震があるのは、当然。
そんなこともわかりませんか?


98 :>97 :2000/09/09(土) 23:53
すまんが、
>余震があるのは、当然。
>そんなこともわかりませんか?
は、誰に対する発言かな。
タス通信にいいたいの?




99 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 00:03
つーかロシア非常事態省は何を根拠に予測を発表したのだろう。

100 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 00:09
日本にも作れ非常事態庁(少し格下)
>何を根拠に予測を発表
地震探査衛星とか有るって何処かのスレで読んだ
気がする。

101 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 00:17
フィーマ(だっけ?)みたいなのは、必要だよなぁ。

状況・指示・被災者支援を一元管理する機関。

102 :>99 :2000/09/10(日) 00:27
ロシアでは色んな方法で地震を予測しようと努力してる
んだよ。
言っておくが、電磁気だけじゃないよ!


103 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 00:27
それと併せて地震観測庁も。流動的な大気の状態より
あまり動かない大地の方が、観測体制さえ完備すれば
予測は容易だとか。
気象庁も創設当時は外れまくっていて、苦情が絶えなかった
そうだし、将来を考えたらあっても悪くないと思う。

104 :>100 :2000/09/10(日) 00:28
>地震探査衛星

どんな原理なのかな

105 :>102 :2000/09/10(日) 00:29
もっと教えて!

106 :100 :2000/09/10(日) 01:39
スパーカミオカンデ(だっけ)みたいなのをいっぱい作ってる
で衛星と連動で・・・と思いたいが・・・金のないソ連だから
衛星(GPS)と宏感じゃないの・・・大予測

107 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 02:50
地震観測庁が出来るならば、倒壊尼よりはましな予測をしてくれることを願っております。

108 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 03:13
>>101
FEMAですね。

109 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 06:16
★ 10日朝、午前5時15分頃、北日本方面は溶鉱炉のような激しい朝焼けになった。全天が赤い。まだ気象雲が多く、雲底高度に昨日ほどの深刻さが欠けている。しかし、レリーフ状雲が出ており、昨朝に続いて、以前、M6超級48h前兆が続いている。
 昨夜、京都と北関東にM4級、震度3の地震が続いた。長期間続いた静けさ現象が破れたのだが、あまりに、ありふれた規模で驚いている。10日以上も続いた関東・東北の静けさ現象が単発M4級程度で破れた例はない。今朝の宏観は、昨夜の地震が前震にすぎないことを物語っている。予測したロシア領方面の超大型も未発だが、依然、深刻な直前前兆が続いているので時間の問題と考える。何が起きるのか本当に分からない。伊豆諸島方面の赤焼けは、今朝、確認できない。
 朝の段階で、深刻な電磁波前兆は確認できず、アクアリウムにも大きな異変はない。筆者宅に、例の愛知県を代表する唯一の低脳脳性マヒ重度障害者から超執拗な嫌がらせ電話攻勢が続いていて、電話をかけていただく方にご迷惑をかけています。もちろん嫌がらせ1回につきいくら、と必ず苛烈な賠償請求をするつもりで録音を蓄積している。深夜でも昼間でも、2本の電話回線を使って、一般と携帯に連続数百回の電話を何時間でもかけ続けるので、相当な金持ちのようだ。筆者はゲーム感覚で遊んでやっているが。


110 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 06:48
>>96
ま、まさかこれが情報源?、、違うよな・・
スーパーカミオカンデであって欲しい・・・

Re.銀次狼さんへ
投稿日 9月9日(土)20時58分 投稿者 北海道のクリスタル
知りませんでした。有益な情報に感謝します!
 こちらでは8日早朝の空の宏観で、千島北部〜カムチャッカ半島方面と思われる震災級の前兆を捕らえています。当方、8日朝にロシア大使館、夕方には北海道新聞社に情報報告を行っております。
http://dreamcity.gaiax.com/home/crystal3636




111 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 06:54
阿修羅HPより
http://asyura.com/hazard/

★ [589] ロシア非常事態省は94 by ★阿修羅♪
ロシア非常事態省は、95年1月30日にも予測を出しており、
5月28日に巨大地震が起きている。

<予測編 1995年2月4日>
 【モスクワ4日 瀬口和一】
ロシア極東部で年内に大地震が起こるのでは、との不安が広まり、住
民が脱出準備を始めるなどパニックに陥っている。騒ぎはロシア非常
事態省のジョイグ大臣が先月30日、「専門家の予測」をもとに、北
方領土域を含むクリル列島(千島列島)やカムチャッカ半島付近を震
源とする大地震が「二月から十一月までに起きる可能性がある」と公
言したのがきっかけ。

 三日付けのセポードニャ紙によると、政府の突然の”予報”に住民
が敏感に反応、カムチャッカ半島やサハリン方面からモスクワへ向か
う飛行機のチケットが一ヶ月先まで売り切れたほか、荷物を運び出す
ためのコンテナ貨物使用料が数倍にはねあがり、港湾都市ペトロパブ
ロフスクカムチャツキーでは住宅価格が暴落した。

 ロシアのマスコミが阪神大震災の惨状を大々的に報じていることも
住民の恐怖感を倍増させたらしい。非常事態省は「地震発生の確率は
80%」としているが、確度は定かでない。

<結果編 1995年5月28日>

95/05/29 東京朝刊 一面 07段
サハリン大地震 死者・不明2500人超す 石油の町、壊滅状態に

 【モスクワ28日=布施裕之、瀬口利一】ロシア極東・サハリン州
当局によると、同州北部で二十八日午前一時五分(日本時間二十七日
午後十時五分)に起きた地震で、同島北端に近いネフチェゴルスク
で、七十人が倒れた建物の下敷きになるなどして死亡した。ロシア非
常事態省などの発表によると、地震の規模はマグニチュード7・6。
震源地は北緯五二・五度、東経一四二・九度の同島内陸部。ネフチェ
ゴルスクでは、五階建てのアパート十九棟と中学校校舎の計二十棟が
倒壊、多くの建物でガラスが割れ、壁に亀裂が入ったほか、電話回線
が寸断されており、極北の石油の町は「壊滅状態」となった。(関連
記事26面に)

112 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 07:44
>111
その予測編の元ネタの
「オウム真理教が発行していたヴァジラヤーナ・サッチャNO.8」
がいつ出版されたのかが知りたいな。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/10(日) 07:56
電 波 超 新 星・降 臨 ! !

アキラの地震予報
http://www.bekkoame.ne.jp/ha/ac28423/


114 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 08:44
http://www.fema.gov/  FEMA

115 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 10:09
>112
1995年3月発行のようですね。
他の電波は許せるが、こいつらだけには係わりたくない。

>オウム・プレス編集で、オウム出版が平成6年8月に創刊した「ヴァジラヤーナ・サッチャ」という200頁ほどのカラー印刷の豪華雑誌の第8号(平成7年3月発行)「特集・完全保存版”世紀末サバイバル”」に「地震兵器のテクノロジー/技術的には実用可能!」という小見出しで、前記の4年前の讀賣新聞記事も併せて掲載した。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7073/koubejisin.htm

116 :>113 :2000/09/10(日) 10:09
大森晃君、予測範囲が広すぎ。統計学的には意味ないんじゃないの〜。
日時、場所(ピンポイントでね)、規模を全て特定して頂戴!


117 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 21:32
★ 10日夕方、午後5時50分頃の大相撲中継、出島戦あたりからNHKの画像が激しく乱れ、異様な耳鳴りを感じたので、大型発生が近いと思い、6時に屋上から観察したが、全般に雲底高度がまだ高く、@小笠原方面からのM5級放射状雲、A伊豆諸島全域の激しい赤焼け現象 B東関東に向かうM5前後の出来損ない帯雲、 E京都市方面からの強い放射現象 F若狭方面の赤焼け など多くの前兆が見られた。
 昨日からの雲底高度を見れば、最低でもM6超級と思っていたが、たった今、17:55、台湾のM6.0余震が発生。内陸なら深刻な被害をもたらした可能性がある。これが雲底高度を上げた震源だろう。午前中、強力なブロッキングがあったと青松レポート。だが、この地震も含めて、最近では予知的中率が極端に低下していて予測できなかった。(今日、夕方、10mでVK局が出ていたくらい) 北海道方面と予測していた大型地震は未発。本日、鹿島灘にM3.6があったが、長期間続いた静けさ現象の結果が明瞭に出ていない。北関東M4.4など冗談じゃない。そんなレベルの沈黙ではなかった。
 例の異常人格者からもの凄い嫌がらせ電話攻勢を受けているため、携帯・固定電話ともつながりにくくなっています。他の地震研究HPにハッキングしたりウイルスを送っているのも彼のようです。ちなみに犯人は重度脳性マヒ障害者のヒマ人です。
 板橋区の大藤さん、ファックスレポートありがとうございました。ちょっと転載困難です。「これが地震雲だ」の送料を740円徴収される件、情報不足で申し訳ありません。最初は鹿嶋さんの個人負担でサービスしていたのですが、あまりに注文が増えて、実費をいただくことになったようです。それから、手紙はポスト荒らしが多く、届かないことがありますのでよろしく。
 なお筆者は明日からタクシーに乗務しますので、更新頻度等、相当少なくなります。できるかぎり努力しますが、あしからず。通算1200回以上の登山経験を生かして、鈴鹿などの登山案内、貸し切り営業をする予定です。


118 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 23:08
>>110
予測が外れたら、日本とロシアの友好関係(?)にダメージを与えるのでは?
>>111
阿修羅?胡散臭い!
>>113
アキラメソッド?予測当たってるの?
>>117
倒壊尼?語る価値無し。

119 :名無しさんダーバード :2000/09/10(日) 23:46
ここ、コピぺだけで成り立っとるんか?

120 :名無しさんダーバード :2000/09/11(月) 00:28
みんな揚げ足取りしか能がないからね(劇藁)

121 :名無しさんダーバード :2000/09/11(月) 01:01
>118
阿修羅が胡散臭くても、記事は本当でしょう。
ロシア非常事態省は95年のサハリン地震を当てている。

【モスクワ8日共同】タス通信によると、ロシア非常事態省は8日、
極東のカムチャツカ半島東岸のカムチャツカ湾と千島列島(クリール諸島)
北部で来週、マグニチュード5・0〜6・5の強い地震が起きる可能性が
あるとの予測を発表した。    
 サハリンでは8月5日、M7・0の強い地震が発生。土石流や停電、
家屋損壊などの被害が出たが、同省当局者は、サハリンで再び地震が発生する
可能性も指摘した。


サハリン、台湾と日本の周辺でM6〜7の地震が頻発しているから、
同じプレート沿い延長にある日本としては無視できない。   

122 :名無しさんダーバード :2000/09/11(月) 03:12
ここは電波関連のスレです

コピペばっかでウザイ

123 :継続は力なり :2000/09/11(月) 08:23
★ 11日朝、久々の凄い豪雨、黒雲に覆われた空。地気が強く視程が短い。耳鳴りが強烈。アクアリウムでは普段おとなしいプレコが暴れ続けた。朝の段階でアマ無線にノイズは少ないが、TVローチャンネルの受信障害が強く、画面が大きく歪んでいる。
 発生状況を見ると、未明の1:05に京都市でM3.8、先立つ22:36和歌山でM3.5と関西に発生が続いた。これは下記、京都方面からの放射現象の結果だが、相変わらず若狭方面の結果だけが出ない。小笠原も未発のようだ。このような豪雨では震源は抑圧されるだろう。KS氏も、筆者レポートの写真に似た前兆レポートを出していた。この豪雨が去った後、本格的な地震胎動になるかもしれない。13日頃が満月トリガーピークになるだろうか。
 筆者は、腎不全や微小脳梗塞など多数の深刻な不調から、ちょうど今頃には、病死か、巨大地震が連続して、下敷きお陀仏になっている予定でHPを始めたが、なぜか地震も起こらず、体も回復してしまったので、2年間の超長期休養から、いよいよ社会復帰に向かわねばならなくなった。その門出が、暗示的な凄まじい豪雨と暗雲ということで、この先どうなることやら。今後は、観測頻度が減ると思うが、携帯パソコンと電話で、営業中に更新したいと考えている。
 なお、読者の皆様、タクシーは3人以上の共同利用で初めて価値があるもの。5人だと窮屈だけど、長距離でも電車やバスの乗り継ぎ利用に、経済的にも大きく勝る。まして、筆者のような現地登山の超ベテランが現地同行するとなれば、これはお安いでっせ。沢登りを覚えたい方はぜひご利用を。ただし3人以上がよろしい。オカネモチは独りでも結構です。タクシーは1回勤務18時間に最低4万円程度の売り上げがあれば、会社からは文句を言われずにすみます。名古屋から鈴鹿の往復で、その程度です。
 この時期は、まだマムシの咬傷危険期で、1日に10回以上出逢うことがある。マムシも蛭も9月いっぱい注意。マムシは腹子を出産してしまえば安心、蛭は雨中雨後だけが問題。鈴鹿の沢登りは12月頃までOKです。渓流シューズにウレタンソックス、雨具の装備で、ずぶ濡れでも大丈夫。沢登りの必要レベルは、日本アルプスの岩稜縦走経験で3点支持が理解できる程度、山行経験は10回以上が目安です。ハーネス(安全ベルト)はクライミングテープを流用するので不要です。



124 :名無しさんダーバード :2000/09/11(月) 18:23
★ 11日夕方、8時前、とうとう伊豆諸島の群発が再開した。下記、昨夕のレポートに、伊豆諸島全域の激しい赤焼けを確認している。本来、地震発生が抑圧されるはずの豪雨のなかで発生したので驚いたが、8日間もの沈黙の後にしては規模が小さく、M5.3、震度5弱だった。名古屋では、午前7時頃から1・3chを中心に画面が歪み、ガーガーノイズに音声が消される最大級の受信障害があり、ユラユラと微振動も続いた。それは地震発生後、沈静化してもなお激しく続いている。
 また朝から豪雨だが、午後からは、さらに激しく、この数十年間、記憶にないほどの凄まじい豪雨が続き、市内も洪水の様相を見せ始めている。西濃・伊勢地方では豪雨により交通機関が途絶している。養老山地では、過去最大級の時間降水量に達している模様で、土砂災害の被害なしにはすみそうもない状況。こうした豪雨は、巨大震源から放出される地気(帯電エアロゾル)を核にして雨滴が形成されるという仮説を考えていて、広義の意味で、大地震前兆と考える。鍵田忠三郎氏は「地震が雨を呼び、雨が地震を抑圧する」と述べている。地球ガイアのホメオステーシスと考えてよいのではないか?
 午後6時現在、アクアリウムではプレコの異常活動が続いている。まだ強い地震前兆が続いている。筆者は、エサ代稼ぎで、明日から某タクシー会社の見習い講習につき、更新やメールの整理掲示が捌ききれない可能性があるので、あしからずご了承いただきたい。できるかぎり更新する予定。大きな経済支援をいただいたK氏、I氏、など、どうもありがとうございました。


125 :名無しさんダーバード :2000/09/11(月) 22:47
雲の凝結核の成因を地気なるものに求める事自体が
非科学的な研究態度と言わざるを得ない。
放出されているエアロゾルが成因ならば、伊豆諸島は、
毎日大雨になっているはずだがね。


126 :名無しさんダーバード :2000/09/12(火) 05:47
融解尼…無事でいて(T_T
漏れの楽しみが一つへっちまう(泣藁

127 :名無しさんダーバード :2000/09/12(火) 06:16
倒壊尼、水没してるのかな?

128 :2ch一同 :2000/09/12(火) 06:40
彼がこの程度でくたばるとは思えん。
詳細なリポートを期待してるぞ。

129 :名無しさんダーバード :2000/09/12(火) 07:55
★ 12日朝、昨日から、名古屋を中心とする東海3県では、伊勢湾台風以来の大水害の様相を見せている。1時間に100ミリを超える信じがたい降雨量。アスファルトで固め、自然排水を排除した市街地では、排水能力が限界を超え、広大な湖のような状態。ほとんどすべての交通機関が途絶し、十数万人が帰宅できず、各地の駅などで一夜を過ごしたが、今朝も状況は好転せず、重い曇天、降雨が続いていて、これからも被害は幾何級数的に拡大する模様。各地の河川水位が危険ラインを超えており、新川・庄内川など名古屋周辺の堤防決壊も時間の問題になっている。
 南西諸島にいる台風14号の影響にしては、あまりにも異常な降雨域で、湿舌が発生している模様。過去、台風や低気圧が大型震源地を狙って通過することがことが鹿嶋氏などの研究から分かっており、どうやら今回の集中豪雨地帯に巨大震源が存在するとすれば、当然、東海地震であって、それならば、今後、被害は御前崎など駿河湾周辺に移動するはずである。
 一昨日から始まったTV1〜3のローチャンネルの受信障害は、ますます激しさを増し、NHKなどは、ほとんど受信できない。これは、おそらく豪雨による空雷の影響よりは、東海地震震源域から強力な電磁放射ブロッキングが起きていると考える。放出された帯電エアロゾルが湿舌をもたらしているのではないか?


130 :名無しさんダーバード :2000/09/12(火) 20:41
震源域から放出された帯電エアロゾル・・・
では、成分ならびに凝結核形成のメカニズムを述べよ



131 :名無しさんダーバード :2000/09/12(火) 21:20
>クマ > 日向灘近辺から台風の右脇を、まるで台風の
>影響もないかのように南に延びる直線上の雲がありますが、
>こういうのは気象的(教科書ベース)に「あり」なのですか?

ありです。台風のスパイラルバンドです。

>わんど > 三陸沖〜カムチャッカ半島。
>奥尻島〜台湾。二つの架橋帯雲が巨大ですね。

トランスバースラインという雲列です。
ジェット気流付近に現れます。
鉛直シアが要因です。

>少し、伝えること-----1.現況可視画像の日本海側にある毛虫と
>表現してよいのか波ナミの帯が見えると思います。
>この気象雲と、震源や規模とは繋がらないが、発生回数と規模と
>時間則を統計してみてください。>伝えた

これもトランスバースラインです。
気象本で調べてみましょう。


132 :名無しさんダーバード :2000/09/12(火) 21:45
>>坊津は1時間余りの間、連続雷光の中・・・・・
>昨夜の雷光は約7時間あまり続いていました。
>それも 場所をほとんど変えずに。
>雷の原因は台風の影響で大気が不安定になっているから
>らしいですが、それを差し引いても、昨夜の雷は異常と思いました。
>何かの大事故が起こってその上空で雷バリバリそんな感じです。

マルチセル型積雲対流では、風上に新しい積雲が発生するため、
結果的に同一場所に強雨や発雷が留まることになります。
「一般気象学」(小倉義光著)でも参考にしてください。
ただの気象現象です。

>午後6時頃、西北西の方向に凄く発達した雷雲を発見しました。
>7時頃、同じ方向の空を見ると雲が休む間もなく光っていました。
>一瞬私も花火大会なのかなと思ったのですが、
>そのうち雲の中にかなり激しい稲妻が走るのを見ました。
>音は聞こえてきませんでした。
>深夜まで続いていたんですね。(私は見えない場所に移動したので...)
>あの雲の真下はどの位置になるんですか?音はどんなものでしょうか?
>かなりのエネルギーですよね!
>その場所を殆ど移動していないのであれば(見た限りですが)
>その場所に何かあるのでは...!?
>わかる方教えて下さい!!

音が聞こえないのは、単に距離が遠かっただけです。
殆ど移動していないのは、先にも述べたマルチセル型積雲対流
だからです。

>雷の発生場所移動していますか?
>お台場から見ると 6時から今1時40分まで
>ほぼ 同じ場所で光っています。

マルチセル型積雲対流です。

>雷って鳴って、雨振って移動してなくなりませんか?
>一個所に留まってずっと 光っているのは これも
>通常の気象現象なのでしょうか?
>地震との関連は別にして気になります。

通常の気象現象です。
今回のように高相当温位の気塊が流入し続けている場合には、
よくおこります。

>また、本日の昼頃の“ひまわり画像”で、カムチャッカ半島方面震源から
>台湾付近震源へ架橋した磁力に反応したように見える巨大断層が捕らえら
>れていました(画像リンク有り)。先ほど発生したばかりの「09/10 17:55
> 24.1N 121.3E 10k M6.0 台湾付近」地震との関連は如何でしょうか?

トランスバースラインです。
しいて言えば、ジェット気流に反応したものです。

133 :名無しさんダーバード :2000/09/12(火) 22:43
★ 12日夕方、名古屋では、まだ重い曇天だが集中豪雨の峠は越えた模様。24時間で600ミリを超える雨量があり、筆者宅から3キロほど離れた西枇杷島町では街全体が水没している。ガスも電気も止まっており、震災への非常装備が役立っているのではないか? 幹線道路には水没エンコした多数の車が歩道に乗り上げている。 昨日から今朝にかけて、筆者が過去に経験した最大の水害であった伊勢湾台風を大きく上回る洪水が発生した。1万人を超える人が家に帰れず、宿も取れず、ずぶ濡れの着のみ着のままで駅で夜を過ごすことになった。帰宅途中にエンコした車の持ち主はもっと悲惨だ。筆者は、千数百回の登山経験により、考え得る最悪の事態に備えて、着替えや食料、工具などを車やバイクに常時携帯し、自宅には震災対策セットが用意してあるので心配ない。
 名古屋市街を取り囲む河川は、新川・庄内川・天白川などだが、いずれも堤防が決壊氾濫し、深刻な水害になっている。幸い、伊勢湾台風のときのような高潮による貯木流出・民家破壊のような凄惨な事態はなく、死者も規模の割に驚くほど少ない。伊勢湾台風後、筆者の通う小学校の前に市営火葬場があって、数千の腐乱膨満した遺骸を焼く煙と悪臭が、数十日の間、授業中にまともに教室を襲って、たまらない毎日だった。まるで硫黄にドブのメタン臭を加えたような悪臭が連日続いた。棺桶が不足し、トラックに野積みされた死体は、すべてドンゴロスに包まれて小学校の塀に沿って延々と並べらた。しばらくの間、数多くの幽霊話が巷を賑わせた。
 昨夜から今朝にかけて、3chなどに過去最大級の受信障害があって非常に緊張したが、昼前から、今度は電磁波前兆が完全に消失、この数ヶ月で、もっとも鮮明にテレビが見えている。他の前兆も完全に消えている。だが、地震情報を開けると、南西諸島M3.8はよいとして、8:11房総沖にM3.3、これが恐ろしい。
 今回の豪雨が、東海地震の震源から出た地気が招いたものだとするなら、被害は駿河湾に移動するはずと書いたが、まさしく駿河湾周辺でも集中豪雨が起きている。同じ意味で、房総沖や関東内陸にも、これから大水害が迫っていると考えるべきだ。関東地方の読者は、今回の名古屋なみに水害が起きたなら、家に帰れないどころの騒ぎでなくなるだろう。筆者のように、ザックに、非常食料・飲料・ツェルト・雨具・ヘッドランプ・シュラフカバーなどを入れて持ち運んだらいかが? せいぜい5キロ程度で、ほぼ被災に対応できるので実に安心感がある。


134 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 00:55
今回の豪雨が東海地震の震源から出た地気と仮定しているが、それは観測データにより立証できるのか?
また、地気の成分を大気化学的に示して下さい。


135 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 01:25
今回の豪雨って、台風14号の影響なんでしょ?
それを地震と結びつけるなんて…、
倒壊尼、来なかったら責任とって!

136 :>131.132 :2000/09/13(水) 02:12
詳しい人がこんな所も見てるんだな・・侮れん

137 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 02:35
あと3キロ!実に惜しい(悔

138 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 09:14
★ 13日朝、未明からアクアリウムのプレコが暴れている。金属的な耳鳴りも激しくなった。だが今朝の宏観は、久々の晴天だが気象雲が多いものの、雲底高度や高層雲に深刻な前兆は確認できない。地気が強いのが気になる程度。TVローチャンネルも昨日から、数カ月ぶりの正常受信が続いている。電磁波ブロッキングもない。このような集中豪雨は、地殻変動エネルギーを抑圧し、前兆の結果が出なくなる経験を多数もっている。だが、アクアリウムなどの前兆は、伊豆諸島方面に群発が再開するのではと疑う。

 国連は、一昨年、「世界は超巨大最大の時代に突入した」と宣言した。今回の水害を見て、それが実感できる。今回、避難勧告対象になったのは名古屋周辺だけで20万世帯、50万人を超えた。昨年、中国や北朝鮮・アメリカ・カナダなどでも超弩級水害が続き、数百万人の単位で被災が発生した。筆者らの子供時代に比べて、被災のケタが違う。もちろん伊勢湾台風の被災規模は阪神大震災に匹敵した。だが、当時は戦後十数年しか経っておらず、生存限界ギリギリの大戦争を経験した人々が大部分で、5000名を超える死者にもかかわらず、「爆撃よりマシ、平和な災害だ」と感ずる心の余裕があった。今回の水害は、問題にならないほど被害は些少だが、当時に比べて、被災ストレス経験の少ない、つまり「修羅場を経験したことのない人々」が大部分なので、被害を実態以上に深刻に受け止めざるをえないだろう。だが、こうした経験は、「さらに桁違いの被災が迫っているから、心の準備をしなさい」という天の配剤かもしれない。今回の被災は、東海地震という、これに数百倍する超巨大被災の訓練、予行演習として考えるべきかもしれない。だが、いかなる訓練も放射能汚染に対しては無力だ。ひたすら逃げるしかないのだ・・・・・。
 超巨大災害の嚆矢はソ連のチェルノブイリ原発崩壊事故だった。これは、ほぼ地球上全部を汚染し、目に見えないその影響による遺伝障害、発ガンなどによる死者は、少なく見積もっても100万人〜300万人といわれる。これはウクライナという土地の人口密度の低さが幸いしたが、もしも若狭・浜岡や福島原発が地震で大崩壊した場合、人口密度が二桁大きい日本では、1基のメルトダウンにつき、500万人の死者が確実に予想できるのである。本来、人類が手を出してはならない、身の程を知らない、制御能力を超えたパンドラの箱を開けてしまったのだ。
 これは、支配階級が、科学技術によって自分たちの特権意識を満足させるために、地球上すべての人々を犠牲にしてもかまわないという傲慢・独善であり、その本質は、過去の滅んだ文明の遺物、神殿やバベルの塔と同じコケオドシの発想である。つまり「普通の人ではやれない特別なことを、自分たちがやっている」という優越意識を満足させるためだけに、地球の全生命を犠牲にしても構わないと考える人々によって、原子力文明が計画され、それが究極の試練を受けようとしているのである。原子力に投じた膨大な資金を、太陽光や燃料電池など自然エネルギー利用に投じていたなら、現在の数百倍の速度と内容でエネルギー問題はとっくに解決していたであろう。しかし、それは、どうしても「恐ろしい原子力」でなければならなかった。人々を恐れさせ、支配階級に対し、「この人達には、とても逆らえない」と強烈なコンプレックスを抱かせ、隷属せざるをえなくなるようなマインドコントロールを要求したのである。
 だが、実際には違う。人が人として生きて行くのに、どうして無駄な原子力が必要だろう。独りが生きて行くには100坪ほどの小さくも豊かな農地があれば十分だ。筆者は1キロ100円の小麦粉でパスタを練り、1週間を食い延ばすことができている。しかも旨い。1年間、1万円で生活することも可能だ。人に必要なのは金の豊かさではない。既製品のパスタを買うより、自分で小麦を栽培し、製粉し、練り上げ、調理できるような心の豊かさである。筆者は、加工食品を敬遠し、ほとんど小麦粉程度の原料レベルで購入して食品を自作している。この経験によって、人が生きて行くのは、皆が考えているより、ずっと易しいことを実感した。どうしてイヤイヤ、人が札にしか見えなくなる会社勤めをしなければならないのか? みんなで助け合いながら、ヤマギシズムに学んで農業共同体で楽しく暮らそうではないか。カネのいらない社会で。



139 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 09:26
超巨大最大の時代??

140 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 18:16
罹災すれば考え方変わったかも知れないのにね。
むりかなぁ〜

141 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 19:28
>今回の豪雨が、東海地震の震源から出た地気が招いたものだとするなら

今回の豪雨のポイント

1. 秋雨前線が日本海側沿岸に停滞している
2. 台風14号からの暖湿気流の流入
3. 太平洋高気圧からの縁辺流
4. 地上風の風向が東よりだった為、鈴鹿山系、岐阜県山間部による地形性の上昇流の効果も加わった。
5. 秋雨前線とは別に、東海地方沿岸に沿岸前線(風向シアによるもの)があった。
6. これらが、長時間継続したため。

つまり、純粋な気象現象です。地気は関係ありません。

142 :筆者 :2000/09/13(水) 19:40
あらゆる自然現象は地震前兆である。

143 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 19:46
★ 13日夕方、晴れているが地震雲は確認できない。地気がかなり強く、西日本の赤焼けも強い。電磁波やアクアリウムの異変は明瞭に確認できないが、10mにややノイズが多いのが気になる。
 14:48、八丈島にM4.5と、やや離れた伊豆諸島北部に大きめが発生。10日夕方レポートの小笠原方面の全中の結果と考える。今夕から満月トリガーの影響下に入る。これから伊豆諸島が無傷ですむとは思えないが、今の段階で前兆は不明。

144 :名無しさんダーバード :2000/09/13(水) 21:13
笠雲は、観天望気(空のみを見て予報する、昔の人の知恵)では、前線の近接を知らせてくれるものとして知られています。
笠雲の発生は、山岳波によるものです。
詳しくは、「最新 航空気象 悪天のナウキャストのために」(東京堂出版)をご覧下さい。

>わんど > 大阪市北東部より観察。
>(1) 潮岬上空に巨大テーブル状雲が東西に広がっている。
>(2) 滋賀県上空に若狭湾を北北西を思考する帯雲が5本以上平行ある。
>ひまわり画像だともっと遠方の岐阜県北部から福井県嶺北地方にその線が見える。
>大阪上空、若狭湾を指向する放射状雲。
>8月末の放射状雲(たぶん先週土曜日、9日の京都市北部、鞍馬あたなの
>有感地震の前兆だった)よりも力強さがないので、弱い有感の前兆だろう。

約342Kの暖湿な気塊が、太平洋高気圧の縁辺流により、
約20ノットの南東風として紀伊半島に吹き付けています。
その暖湿な気塊が、山岳部による地形的強制上昇のため、積雲対流を
形成しています。 > 潮岬上空の巨大テーブル状雲

145 :>142 :2000/09/14(木) 00:51
地気なるものは、成分を特定できなければ大気化学・気象学には無意味である。
また、電離層擾乱に関しても太陽活動やメソスケールの大気擾乱との関係を考察しない
ような乱暴な説は、電磁気学的な検討の俎上にも乗せようがない。


146 :名無しさんダーバード :2000/09/14(木) 07:28
★ 14日朝、満月トリガーピークで、各地の多発になっているが、今朝の宏観は、地震雲こそない晴天だが、猛烈級地気が出ていて、まるで曇天のように灰色にくすんでいる。耳鳴りも激しく、かなり危険な大型前兆である。地震雲を直接観測していないので、震源がはっきりしないが、一連の経過から、伊豆諸島の群発が再び活性化する可能性が強く、10日もストップしたツケの請求が来ているように思える。宏観吹き飛ばしから、M6級の相当大きな地震になりそうだ。
 昨日は中越や伊豆諸島・東北・北海道で大きめが続いている。筆者やクリスタル氏のレポート結果が、やや遅れて出ているようだ。前兆と結果のタイムラグでもっとも頻度が多いのは4日、次に7日で、いずれも8分の1月齢(3.7日)を単位としていると考える。したがって結果が出た場合、その前兆は、3.7日の倍数日に遡ったレポートに発見できることが多い。今回も13日19:08、釧路沖M4.7、そして今朝未明2:23、三陸沖M5.2の前兆は、9〜10日頃あるいは7日頃出ているケースが多いが、レポートした本人はたいてい忘れてしまっている。7日には、もちろんクリスタル氏から東北・北海道方面の大前兆がレポートされていた。
 名古屋の大水害の続報だが、筆者がエサ代に追われて就職したタクシー会社では250台中18台が走行中に水没し、昨夜でも、なお2台が救出できずにいた。客を乗せたまま水没エンコしたタクシーは、もちろん運賃の請求などできず、客は腰まで浸かって豪雨中を自宅まで延々と歩いて帰り、運転手はさらに悲惨で、会社の救援を待ち続け、泥水に胸まで浸かって、2日間飲まず食わずで過ごした人もいたようだ。会社の指示がない限り、勝手に車を置いて帰れないのだ。もちろん会社は「救援が行くまでそこで待っていろ」と指示したが、人手が足りず40時間以上かかったというのが実状。
 筆者は、30キロ程度の雨中行進など屁のカッパだし、だいたいタクシー代がもったいないから豪雨のなかでも「春雨じゃ濡れて行こう」と優雅に構えるが、1キロ先の近所でも気の遠くなるような遠距離に感じる今どきのワケーシュー(若い衆)は、すべての交通機関が途絶した豪雨の田舎道でタクシー共々水没し、腰まで水に浸かって救援も望めないとすれば、その心境はいかばかりか? でもなー、昔の水害は、汲み取り便所だったから、全部浮いて出てきて大変だったのよねー。今は、それが少ないからね・・・・おえー!
 今年は、これから全国各地で似たような状況が頻発するだろう。読者も心の準備を。


147 :名無しさんダーバード :2000/09/14(木) 19:21
★ 14日夕方、依然、激しい地気が続き、高温多湿、赤味の強い夕焼けも続いている。すべてが霞み、宏観観察困難。TVローチャンネルの受信障害は軽度。アマ無線も閉じている。弱い鱗状雲が雲底高度は下がり、朝予想したM6級大型地震が発生する前兆は消失している。結果もはっきりしない。
 5:57、紀伊水道M3.3、7:34、秋田沖でM3.6、12:22、千葉東方沖でM3.7、いずれも小規模で、集中豪雨のために、地震エネルギーが抑圧されている印象。
 なお、名古屋市内は、水没地帯はなくなり、後始末に忙しい。筆者は研修が終わり、20日からタクシー実務乗車につき、更新頻度が減るかもしれないが、できるかぎり携帯パソコンと携帯電話で更新に努力したい。読者のみなさん、見捨てないでねー・・・グスン。


148 :名無しさんダーバード :2000/09/15(金) 01:52
集中豪雨のために、地震エネルギーが抑圧されている印象?
君は震源域からの地気のために豪雨が生じると考えているのでしょう。論理的に矛盾していると思うが・・?
そもそも、「地震エネルギーが抑圧されている状態」とはどのような状態なのか?
地震学的に説明してもらいたいものだ。

149 :名無しさんダーバード :2000/09/15(金) 01:59
>>148
真面目なこと聞いたってダメだって。
オイラもずいぶんがんばったんだけどねぇ・・・

150 :@ :2000/09/15(金) 02:11
>>1-149


151 :名無しさんダーバード :2000/09/15(金) 04:29
>>138
倒壊尼はヤマギシズム支持者だったんだ。(怖

152 :名無しさんダーバード :2000/09/15(金) 07:24
★ 15日朝、耳鳴りが異様に強い。早朝の朝焼けは、かなり地震色(サーモンピンク〜ベージュ)に染まっていた。宏観上はさしたる地震雲も出ていないが、地気が異様に激しく遠方の視程がない。遠州灘方面と思われる不気味な黒雲と、木曽三川河口付近震源と思われるM3前後の放射現象が見られる。満月トリガーのピークは過ぎたが、明日頃まで影響が残るので、発生が近いかもしれない。この猛暑や耳鳴りは伊豆諸島の活動再開に伴うのではと疑っている。この数日間、名古屋周辺でも硫黄臭が感じられるようになった。雄山の噴気が風向きによって日本列島のあちこちを彷徨っているようだ。しかし、終息時に見られる打ち上げ地震がおきておらず、それが、まさしく東海地震そのものになるのかもしれない。
 筆者は今日から3連休、これまで2年間の連休だったので物足りない。今度は永久連休か? 名古屋のタクシー事情も、筆者の前回、3年前のレベルに比べて、およそ20〜30%の客数売り上げ減少ということで、愛知県は不況の影響を、全国でももっとも深刻に受け続けている地域のようだ。もちろん100%歩合給が普通なので、運転手の実賃金は、総額18〜25万円程度とのこと。これでは住宅ローンや3ナンバー車のローンを払って生活は成立しない。中小零細のタクシー会社が、この3年の間に随分倒産整理された。そうした会社は倒産時に認可権利を大手に売るので、筆者が前にいたツバメグループが、それらの会社を吸収合併して、名古屋最大のグループに躍進していた。だが、社員の平均在籍年数は3年に満たない。つまり使い捨てである。筆者は、ツバメ在籍時、1日平均売り上げが6万円に近く、トップクラスだったが、辞めた後、蓄積した疲労がどっと噴きだし、心身共にガタガタのグジャグジャになった。よくぞ生きながらえたものだ。警官とタクシー運転手は、退職後5年以内に死ぬことになっているそうだ。
 筆者は、インターネットで登山客を公募し、ガイドを兼ねた営業を行おうと思っている。名古屋周辺から100キロ圏は、運転手付き1台4万円前後で終日貸し切り可能。筆者は、それに加えて、1200回以上の登山経験を生かして、普通の人の近づけないお花畑や、滝や、沢登りをガイドしたい。ただし、山岳ガイド賠償保険サポートがないので、あくまでも同行という形をとらざるをえない。21日から実車営業をします。よろしくねー。なお9人乗り(25人乗りバス改造)豪華リムジンバスも、運転手付き終日(16時間)5万円で貸し切りできます。以前にくらべて、格段に運転手の自主的な営業が可能になっていて、売り上げさえ上げれば何でもOKという感じ。


153 :名無しさんダーバード :2000/09/15(金) 08:05
憶測、聴く耳を持たない、排他的、人権侵害的。
君が小馬鹿にされるのは当然かもしれないね。

154 :名無しさんダーバード :2000/09/15(金) 18:56
★ 15日夕方、午後から急速に雲底高度が上がりだし、鱗状雲に覆われ始めた。夕方になり雨雲が多くなり、異様な雰囲気になっている。再び水害が来るかもしれない。鱗状雲は関西方面、それも海部郡や多度・鈴鹿山地方面から出ているように見える。今のところ震度2程度のものだけしか確認できないが、地気が強く、猛暑が続いている。また、全方位赤焼けに近いので、外国でM6超が迫っている可能性。
 発生状況は、奄美や日向灘にM4前後。まだ伊豆が沈黙しているが、実に不気味だ。アクアリウムなどに大きな異変は確認できない。プレコがやや興奮気味なので、やはり近い海部郡などの震源に反応している印象。

 今日は、洪水で冠水被災した西枇杷島町を見てきた。周辺のすべての道路が身動きのとれない激しい渋滞にあって、筆者は自転車で出かけたが、町内に入ったとたん、微細なガラスの破片が散乱していて、自転車がパンクしてしまった。ガラスの割れた家が多い。おそらく、冠水中にボートなどの波によって、浮遊物に割られたのではないか。冠水水位は、深いところで2m、平均で1.4m程度。家屋の被害は、泥壁が溶出して破壊された家が多かった。新建材の家も、ベニヤが浮いたり反ったりしてダメになっている。
 3日間冠水が続き、今日からやっと本格的な復旧に入っているが、凄まじい量の家財がゴミとして出されている。被災地では特例的に無料回収というが、どう見ても再生使用可能な、ほとんどすべての家財が捨てられているのに驚いた。貧しい国の人々が、この光景を見たら何と思うだろう。今、冠水地帯周辺でリサイクル修理業をやれば儲かると言えないところが情けない。実は部品交換するより新品を購入した方が安上がりになる場合が多いのだ。これも矛盾した話だ。
 車も、ほとんど屋根上まで冠水し、筆者の昔の知識では十分再使用可能なはずだったが、新聞記事によれば大部分オシャカだという。問題はマイコン部に浸水したらどうしようもないということらしい。家電製品も同じ。便利になればよいというものではない。こうした事態は、数十年前までは頻繁に起きていたから、昔の機材は、冠水程度でオシャカになるものはなかったのだ。
 一番印象的だったのは、ここは戦前まで、鎌倉時代以来の東海地方最大の生鮮市場(小田井の市)で、歴史的に由緒のある美濃街道が通っているが、街道沿いの旧市街には浸水被害が皆無だった。なぜなら、この一帯は元々水郷地帯だったので、洪水災害の常襲地帯であって、集落は高台にだけしか築かれなかったからだ。冠水時、まさしく西枇杷島には旧市街だけが街として昔の姿で現れ、田圃地帯はすべて水没したのである。このことは、場当たり的な都市計画によって災害対峙能力の低下した新興住宅地の危険がどのようなものかを教えてくれ、また昔から人が住み続けていることの意味を再発見させてくれたと考える。


155 :名無しさんダーバード :2000/09/16(土) 00:50
>>152
倒壊尼って白タクやるのかな?

156 :名無しさんダーバード :2000/09/16(土) 10:13
★ 16日朝、再び豪雨で、前回の水害時に似ている。早朝から強烈な耳鳴り、受信ブロッキングが凄い。TVローチャンネルにも激しい受信障害。経験則から、豪雨は地震を抑圧し、大きな地震は起きないものだが、それに反して、強力な前兆が続いている。
 昨夜も、木曽三川河口方面から強い放射状雲が出ていたので、このあたりに震源があるかもしれないが、それにしては前兆レベルが大きすぎる。外国も含めて、超大型地震が迫っているかもしれない。
 昨夜遅く、東関東方面にM4.2とM4.3が連続している。この規模だと定例的解放だが、それにしても長期間の停止の後にしては発生が少なく、規模が小さすぎる。三宅島の群発も、打ち上げ規模の地震が起きていない。本当にマグマ放出によってストレスが緩和されているのだろうか? 筆者には実に不気味だ。


157 :名無しさんダーバード :2000/09/17(日) 09:10
★ 16日夕方、田村と野村の柔道を見ていて更新が遅れた。実に良かった。すなおに、おめでとさん。でも、筆者は愛国主義者ではない。日本人である前に宇宙人であることを深く自覚している。個人が自分の目標を定めて努力し、それを立派に実現したということであって、人々はそれを見て感動したのだ。この感動を天皇制国家主義の復活に結びつける発想に対しては、悪寒と吐気を感ずる。
 さて、朝から激しい電磁波前兆が止まらない。TVローチャンネルにたびたび、まるで雄山が大噴火したときのような激しいノイズが入る。蒸し暑く、夕方から先日の大水害豪雨の再現になっている。どうも異常に強い地気が豪雨を呼び込んでいるように思える。伊勢湾方面から放射現象が出続けている。地震は止まっているが、耳鳴りは強いまま継続。再び水害が再現されるかもしれない。伊豆諸島に背筋の凍る異様な異変が迫っている印象。


158 :名無しさんダーバード :2000/09/17(日) 09:12
★ 17日朝、17という数は、言霊説によればイナを表し、それは縄文古語で災厄を意味するという。過去、17日には阪神大震災のような恐るべき災害が発生するケースが多い。イナダニ、イナバジ、イナガワなどは大昔に大災厄が起きた地名であるという。これは気功研究者の井村宏治氏の説。
 さて、今朝の名古屋は、先日の豪雨禍に似た状況。間欠的な大雨、先日決壊した新川堤防ののり面が崩れ、漏水が発見されたため、当局は西枇杷島町や西区の住民に対して避難勧告を出した。まだ重い曇天で、これからどうなるか分からない。
 昨夜、激しい耳鳴りや電磁波障害、プレコの大暴れなど、雄山の大噴火前兆に匹敵するレベルの深刻な前兆が続き、新潟の村山氏などから、恐るべき赤焼け現象がレポートされた。大阪方面でも激しい夕焼けがあったという。村山氏は伊豆諸島ではないかといっている。筆者もそう思う。
 昨夜、台風14号の接近を口実に? 三宅島の避難船カトレア丸が、三宅島の保守隊員全員を回収して東京湾に避難した。一人残らずという命令が、予知連などの把握した前兆情報(おそらく大規模な地殻変動)の深刻さを物語っている。三宅島では全島レベルで2ヶ月で1mの沈下があり、雄山の噴火口は200mから2000mに拡大し、無限に山体が陥没し続けている。群馬大の早川火山学教授は「地中への逆噴火」と表現しているそうだ。これが次の大噴火で、噴石として周囲に降り注ぐことになるのだ。
 昨日からの豪雨で大雨警報の出た地域は、愛知県をはじめ、静岡県、駿河湾周辺、神奈川県、相模湾周辺で、すべて見事に東海地震・関東大震災の予測震源域に一致する。筆者らは、もう何年も前から、地殻変動の地気が豪雨を発生させると提唱してきた。雨は地震エネルギーに対して抑圧的に作用し、いわば地球ガイアのホメオステーシスと考えている。しかし、、この全体のエネルギーが莫大ならば、焼け石に水ということになり、筆者は、その程度だと考えている。大悪魔は、不気味な跫音ばかりで、なかなかその正体を現さない。筆者の発生予測は先月下旬だった。すでに1ヶ月遅延しているが、まだ直前前兆が出てこない。

159 :名無しさんダーバード :2000/09/17(日) 15:51
age

160 :名無しさんダーバード :2000/09/18(月) 02:01
★ 17日夕方、豪雨は朝だけで、昼前から晴れ始め、夕方には快晴になっている。心配された二次豪雨禍もなかった。だが昨日からの相当な前兆に対応して、三重や和歌山などでM3クラスが連続。ひさびさに宮城南部にもM4.3、台湾や奥尻に余震、未明には心配した伊豆諸島で、八丈島M4.4が起きている。名古屋での耳鳴りは、南西諸島・台湾や伊豆諸島の地震に対応するケースが多い。台風が去って気圧が急上昇しているので、これまで抑圧された震源が一斉に解放される可能性があり警戒が必要だ。
 西日本方面にかなり強い直前前兆が出ている。地気は薄いが、全方位赤焼けに近く、関東方面は内陸まで含めて赤焼けを起こしている。



161 :名無しさんダーバード :2000/09/18(月) 14:32
★ 18日朝、快晴だが、非常に危険な前兆。ほぼ全方位赤焼けに近い。最大級の電磁波ブロッキング。文字放送は受信インジケータさえ点灯しない。震度4〜6の微細な鱗状漣状雲が出ている。震源は不明だが、伊豆諸島が疑わしい。半月トリガーが近づいていて、ピーク前に気圧上昇トリガーとともに、抑圧されてきた震源を大解放する可能性。TVは、それほど激しくはない。アクアリウムでは不明。これほど強烈なブロッキングは、M7超級前兆の疑い。台湾などフィリピンプレートや伊豆諸島は厳戒すべきだ。
 筆者は、本日からエサ代稼ぎ仕事のため、夕方は更新できない。明朝も状況次第。


162 :名無しさんダーバード :2000/09/18(月) 16:35
>この感動を天皇制国家主義の復活に結びつける発想に対しては、悪寒と吐気を感ずる。

この人の目には、なにか他の物が見えてるのか?

163 :>161 :2000/09/18(月) 22:34
磁気嵐じゃないの?


164 :★重大前兆 恐るべき地震雲!★ :2000/09/19(火) 10:29

http://www1.odn.ne.jp/cam22440/0009191.htm
19日早朝、とんでもない地震雲が出た! ほぼ南北方向の赤色帯雲で、両者から放射状雲が出ており、両者の延長に震源があり、架橋した帯雲である。北の延長は、方位角30度、中央アルプス・松本・長野方面、おそらく、こちらが主要震源で、規模はM6〜7、48時間以内に発生の可能性。南の延長は熊野灘方面、東南海地震の震源地である。志摩半島周辺か?
 基本的に48時間以内、遅れても、7日後である。もの凄い耳鳴りと電磁波ブロッキングがあり、発生は近いと思われる。


165 :名無しさんダーバード :2000/09/20(水) 08:41
★ 20日朝、方位角50〜60度、関東内陸〜福島方面のM5〜7の白帯雲が出ている。猛烈級地気、耳鳴り、明日の半月トリガー発生の可能性あり。遅れても27日頃。警戒せよ。詳細は明日更新

★ 19日夕方、早朝のもの凄い帯雲は終日出続け、夕方も鮮明に残っているが、はっきりと東西に二分し、西の帯雲は、志摩半島〜潮岬沖(小笠原西方海域)震源の疑いで、規模はM4〜6プラス、こちらは強烈な耳鳴りから、48時間以内にパンクしそうな印象。
 東の帯雲は、出現高度や方位を加味して、最初は群発の続いた諏訪湖周辺を疑ったが、新潟から、空全面を多う漣状雲のレポートが届き、それならば海域震源であって、方位角30度の延長、第二次空白の存在する山形沖を疑うべきとの結論。佐渡島から奥尻島付近までが危険区域になる。もし上信越なら、もっと空全面の高い位置に帯雲が無数に出るはず。したがって松本〜長野の震源予測を撤回し、新潟〜奥尻島日本海に予測を切り替える。規模はM5〜7プラス、M6は超すと思う。明らかな震災級。発生日時は48時間以内の可能性も少なくないが、7日後の新月も疑わしい。したがって9月26日頃の予測。
 なお、筆者は明日からタクシー24時間連続、隔日勤務につき、更新は非番時になります。貸し切り予約を承ります。3人以上で利用すれば公共交通機関より安上がりのケースが多い。筆者宛電子メールでもOK。よろしくねー。
(実は、客の異常な少なさに、売り上げが伸びず、餓死の危険を感じている。岩国市、藤村氏などのカンパも加えて半年分の小麦粉がストックしてあるが、もう飽きたわい、たこ焼きは。やっぱしヤマギシ会に入らんとアカンかなー。)


166 :名無しさんダーバード :2000/09/21(木) 01:56
さみしいのでネタ上げ      / ̄ ̄ ̄ ̄\
             煤@/○.〜,,○    \
              (▼___、、  Y  Y|
               ∨w∨W \ヽ |   ||
               ∧M∧l⌒l))  \/|
               ( ̄ ̄ |∵|_    │
                 ̄ ̄|∴ノ ≒≒≒≫
                   `~  (  (   (
                     (_(__)

167 :名無しさんダーバード :2000/09/21(木) 02:01
毎日が全天地震雲だらけらしいのでage

168 :名無しさんダーバード :2000/09/21(木) 07:53
耳鳴りがする。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/21(木) 14:01
★ 21日朝、苛酷な仕事を終えて、午前10時にお目覚め、猛烈な地気、高温、耳鳴り、プレコが大暴れ状態、届いたメールが24通、整理だけで一苦労。一部HP主催者の写真はリンク先HPでよろしく。凄い前兆写真ばかり。
 半月トリガーのピークで、伊豆諸島に群発復活、マグマの北上、時間の問題で大破裂。
 現在予測震源、上信越、新潟から奥尻、日本海M6前後、関東〜東北南部、M5〜6、熊野灘M5前後、熊本のナナメさんからも強力な前兆写真が届いていて、九州地方も要注意。仕事の都合で掲示板の更新が遅れます。あしからず。



170 :名無しさんダーバード :2000/09/21(木) 18:54
★ 21日夕方、猛烈な地気、どうしようもない耳鳴り、アクアリウムでは卵胎生メダカ類が凍結現象。プレコやコリドラスが狂ったように暴れていた。起きるべき地震が起きない。伊豆諸島の群発は一回り規模が小さくなった。他の地域では明らかな静けさ現象。しかし電磁波前兆は消えている。数日前の強烈なブロッキングは、やはり伊豆諸島からのもののようだ。
 カナ氏に続いて関西ナマズ氏・青松氏・城間氏などのHPが閉鎖され、筆者はショック。三河在住の脳性マヒ障害者からの悪質な嫌がらせ電話は完全に受忍限度を超えている。数十年ぶりに筆者は激怒した。自分をここまで本気で怒らせたのは彼が初めてだ。青松氏や小林氏にウイルスを送りつけたりハッキング改竄を行ったのも彼や2chの連中である可能性が強い。これでは、もはや具体的に始末をつけさせる以外にないだろう。これまでは遊び半分で相手をしていたが、そうもいっていられなくなった。
 仕事が予想以上に厳しくて、明日も更新できる余裕がありません。

「2chの連中」ではなくて、恐らくROMしている人間だろう>倒壊尼

171 :某予知ページより転載 :2000/09/21(木) 19:03
>妨害者は身近な人物です。
>熱心な読者と妨害者の2つの顔を持つ二重人格の人格異常者です。
>この人物は自分の意見や情報が無視されると人格が入れ替わり批判メ−ルを送ったり誹謗中傷を煽る先導者となる悪癖があります。私は既に関西方面の読者Aを割り出し刑事告訴に踏み切る予定です。告訴内容は営業妨害として損害賠償請求をします。ボチボチ内容証明の郵便が届くころですが?さて実名は誰でしょう?

172 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/21(木) 19:55
ここでああだこうだ言ってる連中は、ここでカキコして終わりだと思うよ。

まー韜晦尼は仮想的を必要としているだけで事実はどーでもいいって奴だからな。
仕事を再開してストレスがたまり始めて、そのはけ口が必要なだけだろ。

本気で妨害して潰す気でそれだけの能力のある連中なら、もっと組織的に
システマチックにとっくの昔に潰してるよ。


173 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/21(木) 23:20
後悔尼

174 :名無しさんダーバード :2000/09/22(金) 05:53
太陽赤いぞ

175 :名無しさんダーバード :2000/09/22(金) 06:04
青かったら大変。

176 :名無しさんダーバード :2000/09/22(金) 08:05
火山国の日本は、太陽を赤く、月を黄色く描くのが特徴。
他の国では、太陽は橙もしくは黄色で描くのが多い。月は白。

177 ::2000/09/22(金) 13:37
「火山国」と言うことに関係があるの?

178 :名無しさんダーバード :2000/09/23(土) 11:07
★ 23日朝、24時間連続の勤務を終えて5時に帰宅、9時にお目覚め、外を見ると昨夜来の豪雨。もの凄い地気で霞んでいる。昨日も早朝から終日、空は地気と異様な高層雲に覆われ続けた。これが伊豆諸島の群発によるものなのか、これからいずれかで大地震が起こるのか、まだ判然としないが、19日頃出た前兆の結果は、7日後の26日頃か、4日後の今日、出る可能性が強い。20日朝の関東・東北方面の前兆は、21日鹿島灘M4.5と22日朝、岩手沖M4.3の合成前兆であった可能性。しかし、上信越・山形沖方面の大善町の結果は、20日に出なかったので、おそらく26日頃だろうと考えている。
 今朝はブロッキングがかなり強いものの、アクアリウムは平静、20日頃の深刻さは失せている。やはり伊豆諸島の群発の影響だった可能性が強い。豪雨になっているので、とりあえず今日明日の大地震はないと考えられる。
 嫌がらせ電話をかけてくるバカが、懲りずに筆者の勤務妨害を狙って数百回の妨害電話をかけ続け、連日、電話を使用不能にしている。宛先不通知のため136サービスも使えず、かかってくる妨害電話をとると「ゲーゲーウーウー」と吐き気を催すような不快な発声で相手を脅そうとする救いのない愚劣さだ。もちろん自宅の留守電バッファも連日、飽和状態。携帯の留守電まで使用できない。筆者はブチンと切れている。調子に乗って嫌がらせを続けているとどうなるか、いろいろな意味で思い知っていただくことになるだろう。犯人を特定して訴訟を起こすための必要な情報が不確実で、まだ捕捉できない。読者に刈谷周辺、アマ無線家、脳性マヒ障害者Kについての具体的な情報を求めたい。以前、知立市のアマ無線パケット通信に関わっていて、無線仲間の情報では、有名な嫌がらせマニアということで、「障害者のなかで、こんなことをするのはあの男しかない」と定評のある人物のようだ。筆者は最初、同情もあったが、今では絶対にタダではすまさないつもりだ。一生をかけても徹底的に報復するだろう。
 さて2年ぶりに再開したタクシー勤務だが、先日の大水害の余波で、名古屋の夜は閑散とし、商売にならない日が続いている。大部分の運転手が、いわゆる「足切り水揚げ」、(筆者の会社では月間50万円程度)に届かないほどで、こうなると、月給が8万円程度に極度にダウンしてしまい、手取りはゼロに等しく生活できなくなる。水害の規模は、被災者が20万人を超える深刻なもので、西枇杷島町を始め、天白区、港区、大府市、刈谷市など周辺の広い地域で、生活に大きなダメージが出て、夜に遊びに出るような雰囲気ではない。タクシー事業は昼間の正常業務だけでは食べられない。夜間の歓楽街遊びの客によって支えられており、苛酷な状況が続く。
 さらに、全国的に介護保険の強制徴収、民衆の財産強奪による深刻な影響が、景気に対する強烈なボディブローとして効いている。40歳以上が毎月5千円前後のカネを強奪されるのだが、当局と業者に莫大な利権をもたらす、この悪税は、景気を支える真の主役が人々の遊びカネであって、無駄なことへの小さな投資能力こそが、景気を底辺から支えるという本質を見失った稀代の愚策であった。これによって年寄りは生活への不安を極度に増大させ、残り少ない資産を守ろうとする姿勢を硬化させていて、若者への投資意欲を失ったのである。何度も書いたが、介護保険制度こそ日本経済最期にして最悪の大失政であった。これは、消費税による景気失速の数百倍の深刻さで経済循環を破壊するものだ。もはや景気は奈落の底に落ち込むだろう。人々は破滅を待望するのである。「こんな世の中、一刻も早くつぶれてくれ!」


179 :祝 ☆高橋尚子優勝☆ :2000/09/24(日) 11:49
★ 24日朝、豪雨も止み、晴れ間が見え始めたが、異様なほどの地気に霞んでいる。ブロッキング(FM波受信抑圧)も非常に強く、文字放送が受信できない。昨日からTVローチャンネルに激しい受信障害が復活。潮汐リズムに合わせた受信障害の可能性があり、伊豆諸島周辺のマグマ活動に伴って電磁波異常が起きているように思える。
 朝の段階で、耳鳴りが激しくなっているが、アクアリウムに大きな異変は見られない。しかし、これから急激に気圧が上昇するトリガーが発生するので、大きなエネルギー解放を疑うべきだ。一番問題なのは伊豆諸島周辺である。この震源域は、明らかに予測通り、伊豆大島に移りつつあり、マグマの北上を示すものである。次の月齢トリガーは、27日頃の新月だろうか。この地気の激しさは、国内大地震発生を強く示唆する。


180 :名無しさんダーバード :2000/09/24(日) 21:52
★ 24日夕方、日中、かなり強力な、泡の弾けるような内陸型鱗状雲が出ていた。震度4以上の密度を伴う雲で、伊豆諸島の疑い。夕方は目立った地震雲は出ていないが、地気が非常に激しい。赤焼けも目立っていないので、今日明日の大地震はない模様。
 アクアリウムはプレコの異常行動やプラティに軽い凍結が見られる。受信障害は軽減されている。雲底高度も高いが震災級の高さではない。やはり26〜27日に上信越〜秋田沖の範囲でM6級発生を警戒すべきだ。発生は確実だが震源地の特定はできていない。


181 :名無しさんダーバード :2000/09/25(月) 19:40
ジェット気流に伴う帯雲を地震と関係付けられる方が多いようですので、説明します。

シーラスストリーク(Cirrus streak)
ジェット気流付近でジェット気流の流れにほぼ沿って発生する帯雲のこと。概ね上層の気流に沿うことから、上層流解析の目安となる。
長い物は1000km以上の及ぶことがあり、「架橋地震帯雲」「断層状白帯地震雲」と思い込むものは、概ねシーラスストリークのことである。

トランスバースライン(Transverse line)
ジェット気流付近でジェット気流の流れの方向に直行する雲列が多数並ぶことがあり、この雲パターンをトランスバースラインと呼ぶ。この付近では強い晴天乱流(CAT)を伴うことが多く、航空機の運行に影響することがある。
「多数の平行帯状地震雲」と思い込むもののうち、トランスバースラインにあたるものは、極めて多いと思われる。

※なお、ここでいうジェット気流とは、亜寒帯ジェット、温帯ジェットのほか、上層の強風帯も指している。

※さらに詳しい情報を望まれる方は、気象用語辞典または気象参考書籍を参照してください。


182 :おや :2000/09/25(月) 20:35
>「こんな世の中、一刻も早くつぶれてくれ!」
めずらしくストレートだな

183 :名無しさんダーバード :2000/09/26(火) 14:06
★ 26日朝、快晴の地震日和だが、朝8時の段階で耳鳴りが非常に激しいものの、アクアリウムに凍結や砂掘り、プレコの逆立ちといった強い前兆は出ていない。TVローチャンネルの受信障害も目立っていない。地気は非常に強い。これから明日までに、19日頃出ていた北北東〜南南西の強力なM6帯雲の結果が、8分の2月齢(7.6日後)の本日、出るはずだが、総合的に判断して、起きるとしても深刻な大震災になるとは思えない。両方の延長に大きな震源があり、両者に架橋した帯雲だったが、いずれの延長にも該当規模の結果はまだ出ていない。熊本で震度4以上の群発地震がナナメ氏のレポートの結果として起きているが、方位がやや異なり、関東・東北太平洋岸のM4〜5の連続地震も方位が異なる。両者とも、未発と考えるべきだ。24日に出ていた泡の弾けるタイプの細密な鱗状雲は、伊豆諸島と思ったが、熊本の群発前兆だった可能性がある。
 昨日は、早朝5時から今朝の4時まで連続でタクシーに乗っていたが、昨朝の南北方向の多数の赤色筋状雲は圧巻だった。これは方位的には北の延長と思われた。終日、激しい耳鳴りに苦しんだ。これも結果は出ていない。何度も書いたが、山形沖を中心として上信越〜秋田沖方面のM6前後と考えていて、発生は月齢タイムラグ法則から、今夜〜明日である。また夕方は、逆方向、南南西方面、熊野灘・潮岬・小笠原海域のレリーフ状帯雲、M5前後48h前兆雲が出たが、これは方位を誤認し、青松氏には南西諸島〜台湾M5〜7、48h前兆と伝えてあった。これも未発で、これから発生するものと考える。

余談、2年ぶりのタクシー運転手再開で、予定していた業務中のHP更新が、厳しいノルマに追われてできない。名古屋市内では水害の影響もあって、管理職が深刻に頭を抱えるほど売り上げが激減し、筆者の所属する大手電鉄系タクシー業者でも開業以来最大のピンチということ。タクシー業界には売り上げの低下を運転手に責任転嫁するための「足切り」というシステムがあって、会社経営を維持するため、月額50万円程度の最低ラインに達しない運転手には、懲罰的に給与を極端に引き下げ、(売り上げの3割程度しか給与を渡さない)ナマクラ運転手を追放する仕組みになっている。ところが、その足切りに大部分のマジメな運転手まで引っかかるほど、乗客の恐ろしいほどの減少が続いている。通勤にタクシーを利用する者など皆無に等しい。また病院にタクシーで通院する老人も皆無と言えるほどになった。タクシーの稼働実績は100キロ走行の1万円程度、乗車率30%以下まで落ち込んでいる。これは信じがたいほど深刻な事態で、大勢の運転手が足切りシステムのため、給与が総額7〜8万円程度しかもらえず。生活の深刻な危機に直面している。これは筆者が何度も書いたように、介護保険による中高年への実質巨大増税、強制収奪が、その恐るべき景気破壊威力を示し始めたのである。タクシーは景気の窓と呼ばれ、社会の実状をただちに反映する。前回の売り上げ落ち込みは日本経済の大失速を招き、その原因は100%消費税の5%アップにあったことを運転手は身をもって実感している。今回の政府による民衆財産強奪の規模は、消費税とはケタが違う。経済の景気循環の本質が、民衆のあぶく銭であることを見ることができず、自分たちの失政を、国民からの収奪で解決しようとする政治家・官僚達は、自分に火がつき、焼け死ぬまで、ことの真実を理解できないようだ。
 もうひとつ、高橋尚子君おめでとう。筆者は彼女と田村亮子君の結果だけは確信していた。テレビで見た瞬間に、「全身からオーラが噴きだしている!」と圧倒されるほど彼女らの意志力・霊能力が極端に高かったからだ。意志力の強い人は、誰かのことを思っただけで、その人の脳裏に姿を現すことができる。マラソン当日の天気を、予報を裏切って晴れさせたのも尚子君の意志力だと思っている。彼女の前生は、観音と呼ばれた、驚くほど高位(私心を超越した)の人だと思う。人は純粋になり、私心を離れるほど、意志力を高めることができるようにつくられているのだ。なお、筆者自身の前生は、死んでも霊界にも行けず幽明界を彷徨い、若い娘の覗きを繰り返す変態スケベ地縛霊ではなかったかと思っている。タクシーに乗って歓楽街に行くと、目に入るのは客よりも、若いフィリピン娘の美しい生足ばかりだからだ。修行が足りんわい。

184 :名無しさんダーバード :2000/09/26(火) 18:53
★ 26日夕方、快晴の爽やかな秋空だが、全方位赤焼け現象、とりわけ関東内陸方面の赤味が非常に強い。季節外れの積乱雲が丹沢山地・秩父山地付近から多数立ち上っており、それが強い赤焼けを起こしている。アクアリウムは魚たちの動きが鈍くなっているが、凍結までは至っていない。耳鳴りは相変わらず強い。TVローチャンネルの受信障害も、まだはっきりしない。全方位赤焼けから、地球上のどこかで48h以内にM7級が発生すると思う。国内の予測地震は、順調なら明朝発生と思う。

 余談、たった今、読者のTさんと介護保険問題について話した。筆者の介護保険問題に対する回答は、「老人介護」という言葉を死滅させなければならない、ということである。もちろん介護保険など厚生官僚と業者の新たな利権社会を確立することだけに役立ち、民衆にとっては百害あって一利なしの有害無用なものである。理由は、この制度は、老人イコール廃人の価値観を蔓延させ、老人を無用の役立たずの厄介者扱いすることにだけ役立ち、人間社会を根底から破壊する意味をもっているからだ。人間社会には、子供・大人・老人とそれぞれの役割分担があり、老人には自分の長い豊富な経験を生かして、子供達を正しい方向に導くという大切な役割がある。この役割が果たされている社会では、子供達が道を見失って過ちを犯すことはない。本来、老人は介護など必要としない。死ぬ瞬間まで、自分の社会的任務に邁進し、朽ち倒れるようにして死に、周囲の人間に、「自分もこうした死を迎えたい」と感動させればよい。ところが、介護保険問題をはじめとする、政府の方針は、老人は役立たずの無用の長物という認識を定着させ、自分の自信を見失わせるもので、ますます老人を社会から疎外するものである。介護という発想は死滅させなければならない。一人一人が自分の社会的役割を自覚し、他人のために尽くすなら、介護を必要とする人など、この世に発生しないのである。


185 :名無しさんダーバード :2000/09/27(水) 04:23
>もうひとつ、高橋尚子君おめでとう。筆者は彼女と田村亮子君の結果だけは確信していた。
高橋尚子、田村亮子の頭上に浮かぶ自信雲を見たのね。

186 :名無しさんダーバード :2000/09/27(水) 10:27
>★ 26日夕方、
〜中略〜
>季節外れの積乱雲が丹沢山地・秩父山地付近から多数立ち上っており、
>それが強い赤焼けを起こしている。

日本海上空から強い寒気が入り込んでおり、暗域が解析されています。
そのため強い対流不安定が発生しており、関東・東海で積乱雲が観測
されています。
なお、積乱雲は季節に関係なく、対流不安定の場に発生します。
冬季の日本海上に見られる筋雲も、積乱雲の列(ベナール対流雲列)です。

ちなみに、冬季の日本海上にたくさん見られる筋雲も、地震の前兆現象と
思われるのでしょうか?
そうだとしたら、朝鮮半島から沿海州にかけて、地震だらけになると
思われますが、いかがでしょうか?

なお、暗域とは水蒸気画像の輝度温度高温域で黒く見える部分を指し、
対流圏中上層が乾燥していることを示します。
(某氏が「水蒸気吹飛ばし」と称するものが暗域です。26日夕刻の水蒸気画像
をご覧になれば、ご理解いただけると思います。)
(そういえば、26日夕刻の大きな水蒸気吹飛ばし現象を、某氏はどのように
解析されているのでしょうか?)

>全方位赤焼けから、地球上のどこかで48h以内にM7級が発生すると思う。

赤焼けは、大気の微粒子によるレイリー散乱により、
波長の長い「赤」が残る現象です。
太陽の仰角が低ければ低いほど(入射角が浅いほど)、赤くなります。
(大気中を通過する距離が長いため、途中で散乱します)
なお、この微粒子は、一般的には「水蒸気」や「ほこり・塵」であると
されており、太陽光線(電磁波)の波長より小さい必要があります。
特に台風が近づいているときや大雨の後などは、空気中の水蒸気が多いために、
真っ赤な夕焼けになります。

地震直前に地中からの何らかの微粒子が大気中に充満し、真っ赤になる可能性も
あるかもしれませんが、あくまでも観測者と太陽方向の間(太陽光線の通過する
地域)、あるいは観測者の周辺に限られると思います。

「全方位赤焼けから、地球上のどこかで」はナンセンスです。
発生したとしても、偶然に過ぎません。

187 :うまいっ! :2000/09/27(水) 13:01
>高橋尚子、田村亮子の頭上に浮かぶ自信雲を見たのね。

188 :名無しさんダーバード :2000/09/28(木) 11:30
★ 28日朝、非常に激しい耳鳴り、かなり強いブロッキング、TVも1chに強い受信障害。アマ無線に異常伝播は確認できない。アクアリウムでは凍結など異常行動は確認できない。昨日、伊豆諸島方面からと思われるM4級の強い放射状雲が出ていた。
 発生状況は、26日の全方位赤焼けに対応して、日本時間27日未明、トンガでM6.5があり、これが該当だろう。19日に出た南南西方位からの大型帯雲とも方位が符合するので、これだったかもしれない。震源まで距離がありすぎるので、今朝の耳鳴りに対応する南南西方位、小笠原海域の大型が、これから起こる可能性もある。問題の、北北東方位、上信越〜山形沖〜奥尻島方面の結果が出ていない。昨日6:14、根室南東沖でM4.7が起きたが、これはクリスタル氏の前兆レポートに対応するものだが、19日の帯雲とは方位が違いすぎる。昨日10:56、日向灘M4.3は、25日夕方に、南西方位のそれらしいレリーフ状赤色帯雲が多数確認できていたが、震源特定に失敗。
 なお、鹿児島の上村氏から、関東方面に地震エネルギーの急上昇が見られるとのこと。足立氏などのノイズバーストも不穏。しかし、今朝の段階で巨大地震前兆は存在しない。上信越〜秋田沖方面の結果が出ていないのが不気味。最低でもM5以上。起こるなら今朝のはずなのだが。

余談 名古屋のタクシー事情は、タクシー業界開闢以来の深刻な事態。給料日直後というのに、すべての飲食店街に閑古鳥が鳴いている。歓楽街は客の数の数十倍のタクシーが交通渋滞を引き起こしている。客がいないので、乗せて立ち去れないのだ。これを不況渋滞という。筆者も、ルーズな人間の割に仕事ぶりはマジメで、いつも売り上げは上位なのだが、それでも足切り水準に及ばない。ほとんどの運転手の顔に不安が濃く滲んでいる。大部分が歩合給なので、生活のめどが立たないからだ。通勤にタクシーを利用する人など、ほとんどいない。老人の病院通いの姿も消えてしまった。あれほど混雑した朝の国立病院も、まるで午後の風景のように閑散としている。中高年から、1世帯平均1.5万円を強奪する介護保険という悪逆非道な集金システムが、今、まさに、日本経済の骨肉を断ち切ろうとしている。断末魔の悲鳴が上がりはじめている。
 これから住宅ローンや高額家賃が支払えず、夜逃げしてホームレスになる人々が、さらに激増加速するはずだが、彼らのための超低家賃住宅を用意する必要がある。筆者は、地震水害など天災対策も兼ねて、トレーラハウス生活者が激増すると見ている。都市近郊に、そうした住宅のための土地が必要で、移動住宅の受け入れ基盤の大規模な整備が条件になる。
 筆者は何度も書いてきた。瀕死の日本が起死回生を求めるなら、それは侵略戦争の一手であると。世論の支持を得られるのは、世界の覚醒剤・ヘロインなど麻薬の半分を供給しているといわれ、日本人を数百名も拉致殺害したとされる北朝鮮だけだ。表向きの南北友好対話の陰で、着々と開戦のための謀略が準備されていると考えるべきだ。


189 :名無しさんダーバード :2000/09/28(木) 11:32
★ 28日朝、非常に激しい耳鳴り、かなり強いブロッキング、TVも1chに強い受信障害。アマ無線に異常伝播は確認できない。アクアリウムでは凍結など異常行動は確認できない。昨日、伊豆諸島方面からと思われるM4級の強い放射状雲が出ていた。
 発生状況は、26日の全方位赤焼けに対応して、日本時間27日未明、トンガでM6.5があり、これが該当だろう。19日に出た南南西方位からの大型帯雲とも方位が符合するので、これだったかもしれない。震源まで距離がありすぎるので、今朝の耳鳴りに対応する南南西方位、小笠原海域の大型が、これから起こる可能性もある。問題の、北北東方位、上信越〜山形沖〜奥尻島方面の結果が出ていない。昨日6:14、根室南東沖でM4.7が起きたが、これはクリスタル氏の前兆レポートに対応するものだが、19日の帯雲とは方位が違いすぎる。昨日10:56、日向灘M4.3は、25日夕方に、南西方位のそれらしいレリーフ状赤色帯雲が多数確認できていたが、震源特定に失敗。
 なお、鹿児島の上村氏から、関東方面に地震エネルギーの急上昇が見られるとのこと。足立氏などのノイズバーストも不穏。しかし、今朝の段階で巨大地震前兆は存在しない。上信越〜秋田沖方面の結果が出ていないのが不気味。最低でもM5以上。起こるなら今朝のはずなのだが。

余談 名古屋のタクシー事情は、タクシー業界開闢以来の深刻な事態。給料日直後というのに、すべての飲食店街に閑古鳥が鳴いている。歓楽街は客の数の数十倍のタクシーが交通渋滞を引き起こしている。客がいないので、乗せて立ち去れないのだ。これを不況渋滞という。筆者も、ルーズな人間の割に仕事ぶりはマジメで、いつも売り上げは上位なのだが、それでも足切り水準に及ばない。ほとんどの運転手の顔に不安が濃く滲んでいる。大部分が歩合給なので、生活のめどが立たないからだ。通勤にタクシーを利用する人など、ほとんどいない。老人の病院通いの姿も消えてしまった。あれほど混雑した朝の国立病院も、まるで午後の風景のように閑散としている。中高年から、1世帯平均1.5万円を強奪する介護保険という悪逆非道な集金システムが、今、まさに、日本経済の骨肉を断ち切ろうとしている。断末魔の悲鳴が上がりはじめている。
 これから住宅ローンや高額家賃が支払えず、夜逃げしてホームレスになる人々が、さらに激増加速するはずだが、彼らのための超低家賃住宅を用意する必要がある。筆者は、地震水害など天災対策も兼ねて、トレーラハウス生活者が激増すると見ている。都市近郊に、そうした住宅のための土地が必要で、移動住宅の受け入れ基盤の大規模な整備が条件になる。
 筆者は何度も書いてきた。瀕死の日本が起死回生を求めるなら、それは侵略戦争の一手であると。世論の支持を得られるのは、世界の覚醒剤・ヘロインなど麻薬の半分を供給しているといわれ、日本人を数百名も拉致殺害したとされる北朝鮮だけだ。表向きの南北友好対話の陰で、着々と開戦のための謀略が準備されていると考えるべきだ。


190 :アッホー :2000/09/28(木) 15:03
良く解らん日本語ですね。ようは日本が北を攻めると言う事だと思うのだが。読み方によっては、北が攻めて来るとも読める。
ついでに、北の陸軍戦力は約95万、内15万は特殊部隊(世界で一番多い)、陸自の戦力は15万(実戦部隊?)守るにはいいだろうけど、侵略は100%むり。もう一つ要塞化している、あの国を爆撃で屈服させるのはもっと無理。

191 :チーフ :2000/09/28(木) 15:07
自然による浄化希望。

192 :名無しさんダーバード :2000/09/28(木) 17:11
>19日に出た南南西方位からの大型帯雲とも方位が符合するので、
>これだったかもしれない。

トンガ 名古屋からの方位133度(東南) 距離8034Km

>震源まで距離がありすぎるので、今朝の耳鳴りに対応する南南西方位、
>小笠原海域の大型が、これから起こる可能性もある。

小笠原海域(父島) 名古屋からの方位149度(南南東) 距離1025Km

南大東島近海なら当たりだったのに。(藁
南大東島近海(南大東島) 名古屋からの方位209度(南南西) 距離1172Km

それとも江戸時代の地図を使ってるのか?


193 :名無しさんダーバード :2000/09/28(木) 22:38
★ 28日夕方、午後、何度か軽い揺れを感じたが、気象庁の公表情報には見あたらない。夕方、耳鳴りが異常に激しい状態で屋上から観察すると、京都市方面から立派な放射状雲が出ている。M4〜5、発生は明日か7日後の10月5日頃の可能性。空気を突き破るような鋭い飛行機雲が出ていて、通常、翌日の大型地震発生を示す。全方位赤焼け現象も続いている。ちょうど新月トリガーピークなので明日は世界各地でM6超級が起こりそうだ。
 夕方アクアリウムでは軽度の凍結(魚たちの動きが止まること)が出始めている。TV受信障害は軽減。アマ無線はクローズ。
 明日は更新できません。相変わらずバカタレが凄まじい嫌がらせ電話攻勢で電話を使えない状態。オカネモチだこと。彼は2本の電話で昼から明朝まで、気に入らない人間に嫌がらせ電話をかけまくっているようだ。それだけが生き甲斐とは、あまりに惨い人生。相当な金持ちのようだが、バブルも弾け、みんな貧乏になった。ダイジョウブかねK君。筆者への損害賠償資産だけは残して置いてね。とりあえず300万円はいただきたい。

194 :名無しさんダーバード :2000/09/28(木) 23:48
>とりあえず300万円はいただきたい。
これって恐喝に当たるんじゃなかったかな?

195 :名無しさんダーバード :2000/09/30(土) 14:53
★ 30日朝、曇天、異様に激しい耳鳴り、昨日からGPSや電子機器の誤作動が激しくなっている。アマ無線もオープン寸前のフェージング。TV受信障害は、それほどひどくない。アクアリウムにも大きな異変は確認できない。
 昨朝の段階で、北から東にかけて強烈な赤焼けが見られた。曇天だったが全天が内陸型鱗状雲に覆われ、天から乳状突起様の、無数のつららのような異様な雲が出た。筆者は19日の前兆から方位角30度の延長、上信越・山形沖方面と考えたが、文字放送を開けてみると、想定震源は未発で、関東相模地方にM4.6をはじめ3連発になっている。この前兆は4日前に非常に多数のレポートをいただいている。また他の情報掲示板にノイズバーストなど大きな前兆がレポートされていた。青松氏の地震予知犬の怯え鳴きもあった。26日に確認した丹沢方面の赤焼け積乱雲などの結果でもある。刻一刻と相模トラフ巨大地震の跫音が高まってゆく。
 まだ新月トリガーピークの影響下で、全国に多発の見込み。

 タクシーの運行市況は、今月に入って開闢以来の悲惨な状態が続く。水害と苛烈増税(介護保険料強制徴収)のダブルパンチで、人々は街に繰り出す元気を失ってしまった。夜は闇に閉ざされている。名古屋のタクシー運転手の3分の2以上が足切り水準(定収不足の罰金システム)を大きく割り込み、来月の月収は手取り10万円以下になるだろう。リストラ転職組は絶望して自殺者も増えるはず。小泉元厚相のツルの一声で始まったこの超愚策、小泉は、これから追いつめられて自殺する多数の老人に対し、どれほどの責任を負うことになるのか? あの、親の七光り2世、ヌクヌクおぼっちゃまが自分の超失政に気づくだろうか? 「私が間違っていた」と認めるだろうか? ありえないよな、なんつっても利権だよ。この超巨額の強奪資金が、どこにゆくのか?
 銀行も追いつめられている。合併延命を模索した超大手も忍び寄る危機を意識し始めている。日本よ! おまえは、すでに死んでいる! 大衆の残り少ない資産が。一斉に銀行から引き出され、タンスに移る日はカウントダウンだ。政府は致命的失政を隠蔽するため、北朝鮮侵略を画策するが、時すでに遅しだ。
 未来を担う人々は、真の救世主、山岸巳代蔵の提唱した集団営農システムの準備をすべきだ。カネのいらない楽しい社会。今のヤマギシ会は図体が大きくなり過ぎ、科学技術信仰、拡張主義・統一主義のウイルスに犯されていて、人間の本質を見失っている。いわば、「我々は偉大だ病」に罹患しているのだ。ヤマギシズムを体現するのは、いまのヤマギシ会とは思えない。現在のヤマギシ会員が人々を指導しながら、数十名規模のグループが、それぞれ無数に独立して実践連携するのが理想だと思う。


196 :名無しさんダーバード :2000/10/01(日) 14:13
★ 30日夕方、間欠的な大雨、電磁波前兆やアクアリウムには大きな異変は見られないが、ひどい耳鳴りが続き、青松氏からは予知犬の脅え鳴きが激しいので大地震を警戒すべきだとのレポート。東北北部、北米プレートの動きが激しくなっている。昨日は北方の空の異様な赤味が不気味だったが、東北日本海側に大きな異変があるかもしれない。方位角30度の前兆の結果が不明確。筆者の予測は美濃・上信越か、さらに延長の山形沖にM5〜7である。すでに8分の2月齢も未発だったので、3.7日×3、つまり8分の3月齢、11日後が本日となる。月齢タイムラグの倍数で発生するケースが多いのである。

 余談、筆者の今月の収入予測は、24時間連続の危険で苛酷な勤務を13回行って、手取り収入は10万円程度、政府による税金・保険料収奪は実に6万円に上る。筆者の両親は健在だが、来月から老人3人の質素な世帯に月額3万円の強制収奪が始まる。
 介護保険料強制徴収は、どうみても行政の発狂としか思えない歴史上最悪の愚行であった。世間知らずの無能おぼっちゃま小泉伸一郎の世紀末愚策が現実化してみて、政権暴走の歯止めであった野党政権の崩壊によって、信じがたい悪政の連続に、ただ呆然とするばかりだった大衆に対し、深刻な鞭が振り下ろされ続け、血塗れの苦痛に呻く結果をもたらしている。
 老人世帯に、介護保険料という名の、月数万円というバブルツケ払いの悪税が課され、冷水と氷点下の寒風を浴びせかけ、政治的凍死者が続出する恐るべき事態に、マスコミは警鐘さえ鳴らそうとしない。
 もの凄い数の人々が、現実に食べて行けなくなり、家賃を払えなくなり、路傍に放り出され、ホームレスの悲哀を味わい、日本では他国のような人道的救援もなく、莫大な数の国内生活難民が出現しようとしているのである。介護保険料徴収で生活できなくなる老人世帯の数は、政府予測の数千倍に達するだろう。筆者は50%の人々が食べてゆけなくなると試算している。うち10%は、もはや生きる望みを失うだろう。餓死・凍死者が巷の道に点在するようになるだろう。だが、プライドの高い日本人の多くは自決の道を選ぶだろう。小泉の自宅や行政当局の門前で、怨嗟の呪いを浴びせながら大勢の人々が自殺してゆくのである。
 野党崩壊を支持し、自民党政権を支えた大衆が、生活苦の恐怖を味わうのは自業自得である。しかし、当初から政権の暴走に絶望していた人々は、この事態を未曾有の大天災と受け止め、一致団結して共同で事態の対処にあたらねばならない。
 各地に有志による中高年生活難民受け入れ共同体を設立し、共同生活によって命を防衛する以外ないだろう。すべての私有財産を諦め、ヤマギシズム的農業共同体を設立して防衛する以外、生きるすべはないのである。できるならヤマギシ会に立ち上がってもらいたいが、彼らは閉鎖的孤立性を容認し、社会事業、政治活動には携わらないという原則があるので、無理な話だ。自分たちで、山村僻地に一定の敷地を確保し、1組織30名程度の、それぞれ独立した農業共同体を設立するしかないと思う。ヤマギシ会は、そうしたヤマギシズム志向の共同体に農業指導員を派遣すれば理想だが、それもやらないだろうな。


197 :名無しさんダーバード :2000/10/02(月) 23:01
★ 2日夕方、先ほど16:44、奄美近海でM5.6、震度5強。16:29、M5.4、震度5弱が発生、群発気味で、昨日からの異常地気に対応する地震、青松氏の予知犬の脅えなどにも対応する地震であろう。また19日、筆者は北北東〜南南西の帯雲の両方の延長で大型地震が発生すると書いたが、南方も該当がはっきりしておらず、この地震である可能性が高い。まだブロッキングや、モーターの異音が残っており、活動は終息していないと思われる。 今回は仕事でアマ無線を監視できる時間が無く、フニャラの異常伝播などを把握し、震源を推定できなかった。17時過ぎ、10mで沖縄と富山の交信が聞こえている。
 この大型連続地震に刺激を受けて、これから逆方向、上信越・日本海沖方面の結果も出るかもしれない。
 地震も政治経済も、予測通りの結果はなかなか出てくれないが、前兆が出現すれば、いつかは必ず、それに対応した結果が出る。ときには公表されない無感地震や、地震のつもりが噴火になったりすることもあるが、19日に出たような前兆帯雲は100%結果を出さずにはおかないのである。タイムラグが短ければ大した結果にはならないが、今回のように2分の1月齢にも及ぶタイムスパン後に発生する地震は、必ず深刻な結果をもたらすと考えてよい。
 政治状況についての予測は、筆者は 次期首相に石原慎太郎が就任することが確実と考えている。石原はツルの一声で、国民の怨嗟の対象となっている介護保健法を廃止するだろう。国民は彼を絶賛し、慎太郎は石原莞爾となる。次に憲法9条を改定し、自衛隊を軍隊とし、北朝鮮の麻薬密輸・誘拐殺害など過去の非道を徹底的に非難糾弾し、侵略戦争を容認する。
 国民の圧倒的支持を受けて、北朝鮮との戦争が勃発し、軍備増強バブルが始まり、経済が回復するという筋書きである。保守政権にとって、これほど理想的な結果はない。読者のみなさん、これ以外のストーリーが思い浮かぶ人がいますか? だが! その過程で大地震が発生し、浜岡・若狭・福島原発がメルトダウンを起こし、日本国土の半分が居住不能になるとしたら??
 筆者は、外れたら必ず切腹して責任をとる。これまで290回ほどしか切腹していない。たまには当たるぞ!

★ 2日朝、曇天、猛烈な地気、宏観観察困難。アクアリウムに凍結傾向が見られるが、電磁波前兆は確認できない。TV受信障害は中度、障害の出るChが高くなっている。耳鳴りはやや低下。この数日、パソコンやエアポンプなどモーター機器の異音が大きくなっている。
 発生状況を見ると、伊豆諸島・阿蘇周辺・東関東などに小中規模が発生しているが、方位角30度の該当地震はない。前兆から発生までのタイムスパンが長いほど深刻な結果が出ることが分かっている。次は8分の4月齢後の明日から明後日。
 昨日10月1日は終日、激しい前兆雲が出続けた。至る所からスチーム状放射現象があり、漣状雲も強かった。鋭い飛行機雲も多数出ていたので、48時間以内に大型地震が発生する前兆である。また、26日と同様、丹沢山地方面に積乱雲が多数出て赤焼けを起こしている。再び29日と同様、相模トラフ内陸地震が発生するかもしれない。全般に、地気が伊豆諸島の群発ピーク時に近い状態にまで高まっていて、総合的に判断すれば、関東・伊豆諸島周辺の大型発生を疑う。

198 :名無しさんダーバード :2000/10/03(火) 10:25
>読者のみなさん、これ以外のストーリーが思い浮かぶ人がいますか?

これだけ妄想できたらそれはそれで毎日が楽しいだろうなぁ。。。

199 :名無しさんダーバード :2000/10/03(火) 19:47
石原ウヨのヤマギシズム信奉者で妄想癖・・・、つか、石原政権があると思ってる時点でイタイ・・・こんなの野放しにしてていいのかよ・・・

200 :名無しさんダーバード :2000/10/03(火) 21:52
>199
しかも石原政権の妄想が日本という国を破壊したいという真性左翼から
来てるあたりもう手がつけられないって。

201 :名無しさんダーバード :2000/10/03(火) 23:52
テレ朝のTVタックルの超常現象喧嘩バトルに出てみてはいかがなもんかな

202 :やっぱり宗教だ :2000/10/04(水) 13:00
>前兆が出現すれば、いつかは必ず、それに対応した結果が出る。・・
>・・100%結果を出さずにはおかないのである。

「それが前兆であることは絶対に正しい」が出発点になってるんだな

203 :名無しさんダーバード :2000/10/04(水) 14:17
★ 4日、10:10、日本地震前兆現象観測ネットワーク、岩沼市の中津氏(JK7BPF)からの緊急レポート
 緊急前兆情報。一昨日、昨日と10mのノイズが激しくなって間もなくM5クラスの地震が発生してますが、本日10月4日も、朝から酷いノイズ空電、ほにゃらが振り切れで入ってます。またM5〜6クラスの地震が発生する可能性が高いと思われます。岩沼市、中津。

★ 4日朝、非常に激しい耳鳴り、強力なブロッキング、アクアリウムには凍結現象、昨日は極めて雲底高度が高く、今朝に至るまで続く、北東〜南西の帯雲、断層状雲が出ている。震源は群発の続く南西諸島方面M5級と、北東の延長、東関東〜東北太平洋岸と思われる。相当に大きなものだ。今日が半月トリガーで、明日までに再び大型が発生する可能性がある。また、遠州灘から非常に強力な放射現象が確認できた。明らかに東海地震の前駆活動のもの。渥美沖付近。
 昨日、青松氏から電磁波ブロッキングが危機的状況で、予知犬も怯え鳴きをしているとのこと。時間的には、三陸沖M5.8以降、夕方のレポートなので、別の震源のようだ。
 発生状況を見ると、3日13時、伊予地方にM4.2、三陸沖にM5.8が起きているので、昨日の雲底高度は、この震源によるものだった疑い。伊豆諸島でも昨日昼頃、M4.6が起きていて、全国的に明らかな活性化傾向。とりわけ関東・東北太平洋岸の活動が異常で、かねてから懸念していた宮城・三陸沖M8級の前駆活動の疑い。関東方面に向かう断層状雲も絶え間なく出ているが、M7超と考えられるほど鮮明なものは確認できていない。
 筆者はエサ代に追われて、今朝の5時まで24時間連続のタクシー仕事をしていたが、なぜか興奮して眠れない。新しい裏ビデオは入手していないぞ、耳鳴りが脳味噌に食い込み寝ていられないのだ。仕事のほうは、相変わらず客は少ない。食えなくなる日を見越して、アマナ産業様がラーメンの差し入れをしてくれた。ありがとうごぜーますだ。これで餓死せずにすむ。


204 :名無しさんダーバード :2000/10/04(水) 14:25
>>197もすごかったけど・・・
>耳鳴りが脳味噌に食い込み寝ていられないのだ。
病院行けって・・・

205 :名無しさんダーバード :2000/10/04(水) 14:55
こんなタクシーには乗りたくねーな
それはそうと青松氏、地震予知犬なんて飼ってたんだ(藁

206 :名無しさんダーバード :2000/10/04(水) 16:41
欲しい…地震予知いぬ

207 :無駄リソース :2000/10/04(水) 22:20
耳鳴りしても、病院へ行くのが怖いのかもなぁ。
もしも脳腫瘍だったら、逆にいままでの行動が
わかってくるようなきもするけど。

208 :>206 :2000/10/04(水) 22:25
ヒィ−−−ワンクゥ−−
ヒィ−−−ワンクゥ−−ヒィ−−−ワンクゥ−−

209 :えむびーまん :2000/10/04(水) 22:31
私、いつも思いますが、青松氏にまけているなって。

えむびーまんショック。

210 :名無しさんダーバード :2000/10/04(水) 23:58
地震予知ぞぬなら欲しい。非常食。

211 :えむびーまん :2000/10/05(木) 21:55
今日、某全国紙から、何かおもしろいネタはありませんか。
といわれたので、
青松氏の飼われている地震予知犬の話をしたら、
受けました。
それで、紹介しようかという話になったのですが、青松氏は、
愛知県に住んでいたと思われたので、そういうと、
愛知県はだめとなりました。大阪近辺でという話になりました。
誰か、関西で、地震予知犬を飼っている人が
いましたら紹介していただきたく。

212 :名無しさんダーバード :2000/10/05(木) 22:21
★ 4日夕方、ウイルスの疑いのあるパソコントラブルにつき更新困難。
 全方位赤焼け現象、すごい耳鳴り、アクアリウムの凍結現象など継続。明日未明の半月トリガーに何かおきそう。今の段階では東関東。東北太平洋岸と南西諸島に、いずれもM5級を予想。京都方面の前兆の結果と、上信越・日本海側の結果もはっきりしない。山形沖M6を疑っているが。


213 :名無しさんダーバード :2000/10/06(金) 14:50
★ 6日朝 、パソコンがイカレてしまって、ノートパソコンで更新。今朝も、冷却ファンが大きな異音をたてている。アクアリウムも軽い凍結傾向が続く。アマ無線はフニャラが強い。奄美の群発に対応しているだろう。
 昨日5日は、早朝から終日、凄い前兆の嵐だった。主に北東〜南西の帯雲、両方の延長に震源があり規模はM4〜6程度、戴峰さんの「大地震は予知できる」の表紙になった鹿島氏撮影の放射状雲そっくりの雲だった。至る所から放射現象が見られたが、強かったのは紀伊水道方面。夕方、徳島でM3.6が起きていたが、とても、その程度の規模とは思えなかった。関東内陸〜東関東方面はM4クラスだろう。全方位赤焼けに対応した外国のM6級も頻発している。

 一番問題なのは、遠州灘・伊豆諸島方面からもの凄い放射現象が続いていること。泡の弾けるような微細な鱗状雲や、小錦腹皮型シワシワ雲が出続けた。だが、更新中の6日11時段階で結果が出ていない。もう文句なしの東海地震前駆活動だろう。本震の発生タイミングを読むのは難しいが、数ヶ月はもたない印象。



214 :名無しさんダーバード :2000/10/06(金) 14:51
★ 6日午後13時35分、今、凄い揺れがあった。名古屋で震度3〜4、数分間にわたって揺れ続けた。震源は鳥取県西部、M7.1、内陸直下型で震度6強、おそらく震度7で、大震災になったと考える。
 この地震の前兆は多数あったが、起きてしまってから、昨日、北の空に中国地方震源と思われる東西の長大で深刻な帯雲が出ていたのを思い出した。タクシーで高層ビル街を駆けめぐっていたので、全貌を観察できなかったので忘れてしまったのだ。痛恨!

この地震を予知できず、倒壊尼言い訳をする。

215 :鳥取県西部広域行政管理組合消防本部 :2000/10/06(金) 14:56
>214

大震災にはならんよ!!バ〜カ!!


216 :名無しさん@100周年 :2000/10/06(金) 14:57
20世紀最後の地震か?

217 :>214 :2000/10/06(金) 15:09
>北の空に中国地方震源と思われる
いかにも後付け...

218 :名無しさんダーバード :2000/10/06(金) 15:14
★ 6日午後13時35分、今、凄い揺れがあった。名古屋で震度3〜4、数分間にわたって揺れ続けた。震源は鳥取県西部、M7.1、内陸直下型で震度6強、おそらく震度7で、大震災になったと考える。
 この地震の前兆は多数あったが、起きてしまってから、昨日、北の空に中国地方震源と思われる東西の長大で深刻な帯雲が出ていたのを思い出した。タクシーで高層ビル街を駆けめぐっていたので、全貌を観察できなかったので忘れてしまったのだ。痛恨!

★ 6日朝 、パソコンがイカレてしまって、ノートパソコンで更新。今朝も、冷却ファンが大きな異音をたてている。アクアリウムも軽い凍結傾向が続く。アマ無線はフニャラが強い。奄美の群発に対応しているだろう。
 昨日5日は、早朝から終日、凄い前兆の嵐だった。主に北東〜南西の帯雲、両方の延長に震源があり規模はM4〜6程度、戴峰さんの「大地震は予知できる」の表紙になった鹿島氏撮影の放射状雲そっくりの雲だった。至る所から放射現象が見られたが、強かったのは紀伊水道方面。夕方、徳島でM3.6が起きていたが、とても、その程度の規模とは思えなかった。関東内陸〜東関東方面はM4クラスだろう。全方位赤焼けに対応した外国のM6級も頻発している。

 一番問題なのは、遠州灘・伊豆諸島方面からもの凄い放射現象が続いていること。泡の弾けるような微細な鱗状雲や、小錦腹皮型シワシワ雲が出続けた。だが、更新中の6日11時段階で結果が出ていない。もう文句なしの東海地震前駆活動だろう。本震の発生タイミングを読むのは難しいが、数ヶ月はもたない印象。


219 :名無しさんダーバード :2000/10/06(金) 16:39
なんだ、また後だしかよ。
だいぶ前に特大フォントで「震災級、チョー危険」なんてこと
書いてたが

220 :名無しさんダーバード :2000/10/06(金) 16:49
耳鳴りばっかりで大変そうですなぁ。
耳鼻科の人に見て貰った方がよさげですな。

221 :懲りないねえ :2000/10/06(金) 18:58
★ 6日夕方、昼過ぎの山陰地震はM7.3と訂正。大震災というほどではないが、家屋の倒壊などが多数出ている。この地震の前兆は、過去ログに若狭沖〜山陰方面の前兆として、数ヶ月前から何度も記録されていたが、明瞭な結果が出ていなかった。アカデミズムの警告地域からも外れているが、大山火山活動に関係しているようだ。
 筆者は、苛酷なタクシー勤務を再開して、心身共に消耗し、観察にも身が入らなかった。その間隙をついてM7級内陸直下型が発生し、地団駄踏む口惜しい思いを噛みしめている。昨日見た東西の強烈な帯雲を、下記情報に書き込むことさえ忘れていた。
 この数日、猛烈な耳鳴りやアクアリウムの凍結、昨夕のもの凄い夕焼けなどから大型地震が起きることは分かっていた。しかし、予想は紀伊水道方面か伊豆諸島・遠州灘、あるいは関東方面と考えていた。山陰は先入観念に邪魔されて、帯雲を確認しながら思い浮かばなかった。アクアリウムエアポンプやパソコンファンの大きな異音は、本震発生後正常に復帰した。
 ところで、本震発生後もアクアリウムのハイレベルの凍結が続き、前兆は消えていない。夕方の宏観は、7日以内に同じ震源にM6級余震が起こることを示し、48時間以内に、山陽道・四国方面にM5〜7の別の地震が発生する疑い。


222 :名無しさんダーバード :2000/10/06(金) 22:25
これがその証拠だそうだ。
http://www1.odn.ne.jp/cam22440/0010063.htm

本当に懲りないねぇ、倒壊尼は。

223 :えむびーまん :2000/10/07(土) 16:41
本日は、昼から曇ってきましたが、
午前中、断層雲に近い壮絶な地震雲が出ていました。
収束方向は、大阪から見て、北東という感じもしました。

なお、本日夕方発売の東京スポーツに、10月5日、大阪で見られた
典型的な地震雲の記事が載っています。ご覧ください。



224 :名無しさんダーバード :2000/10/08(日) 03:18
頭痛い,,鬱だ、氏のう。

http://www.jbbs.net/study/bbs/read.cgi?BBS=160&KEY=970933466
「流言」からの実害を科学的に実例を挙げてもらいたい

1 名前: SEVEN 投稿日: 2000/10/08(日) 00:44

『予知技術が有用なレベルに達していないのに,誰でも閲覧できる
ホームページや掲示板で「重大前兆!」や「危険な兆候」,「巨大地震がすぐ来る!」
ごとき記述は流言であるから,まともな神経を持った大人なら自粛すべき.』
等という高校生程度の知恵からの発言がよく見受けられますが
はたして「このような流言」からの実害が科学的に実例を挙げ
証明されているのだろうか?

「このような流言」がされなかった場合の実害は証明をするまで
もなくいくらでも実例「阪神震災」等有るのだが。

225 :名無しさんダーバード :2000/10/08(日) 16:20
>されなかった場合の実害は証明をするまで
>もなくいくらでも実例「阪神震災」等有るのだが。

バカですね

226 :名無しさんダーバード :2000/10/08(日) 16:40
基地外は遠くから眺めるのがベスト。

227 :名無しさんダーバード :2000/10/08(日) 23:26
http://www.jbbs.net/study/bbs/read.cgi?BBS=160&KEY=970933466

社会学やってんのか・・
ますますイタイ、、、

228 :えむびーまん :2000/10/09(月) 12:19
223の結果
地震発生時刻:
 2000年10月9日
 2時20分0秒

震源地:
 奈良県地方
 北緯33.9度
 東経135.7度

マグニチュード:
 4.2

震源の深さ:
 約60km


--------------------------------------------------------------------------------


気象データ配信サービス

[震度が観測された観測点]

震度2

 熊野市井戸町* 紀和町板屋* 新宮市新宮 熊野川町日足*

震度1

 松阪市殿町* 尾鷲市南陽町 尾鷲市中央町* 海山町相賀* 紀宝町成川* 鵜殿村役場* 和歌山市男野芝 橋本市東家* 有田市箕島 御坊市薗 下津町下津* 野上町下佐々* 那賀町名手市場* かつらぎ町丁ノ町* 和歌山高野町高野山 湯浅町湯浅* 和歌山金屋町金屋* 和歌山日高町高家* 由良町里* 和歌山川辺町土生* 中津村高津尾* 美山村川原河* 南部川村土井 南部川村谷口* 和歌山印南町印南* 和歌山白浜町湯崎 中辺路町栗栖川* 上富田町朝来* 日置川町日置* 串本町潮岬 那智勝浦町朝日* 古座町古座* 古座川町峯 古座川町高池* 北山村大沼*


229 :名無しさんダーバード :2000/10/09(月) 13:16
大阪から見て奈良は北東か?踊っていろ



230 :>227>224 :2000/10/09(月) 15:25
うーん俺には反論できないから〜イタイ方に反論してきてよ!!

231 :名無しさんダーバード :2000/10/09(月) 15:35
>224
>227
THX!いいリンク貼ってもらった高校じゃ教えないから勉強に
なりました。
煽ってもうチョイ何か引き出して来ようかな(藁

232 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/09(月) 21:25
ネタ提供してきました. 藁)

233 :名無しさんダーバード :2000/10/10(火) 02:23
★ 9日夕方、昼から岐阜奥美濃山地のふくべヶ岳(瓢岳)に登ってきて、返ししな宏観観察をしたが、雲底高度、高層雲、赤焼け現象とも昨日までの激しさはない。だが地気が極めて強く、アクアリウムでは凍結現象が続いている。耳鳴りは緩解。突き上げるような微振動が散発的に発生するので、今度は地元での強めの有感になるかもしれない。また、関東方面には多数の前兆があって、余談を許さない。次の震災級は関東方面、相模トラフと確信している。満月トリガーが14日頃? 震災級地震は必ず連続する法則がある。奄美、鳥取と続いた震度6強が、次はどこに? 打ち上げ地震の起きていない伊豆諸島か? 大本命相模トラフか? はたまた大穴は微振動の続く地元、渥美沖の可能性。
 筆者は今度は「金がいいですーー」(註、平成13年、文部省は「地団駄踏んで悔しがる」の日本語表記を左記に改めるよう通達)の思いを繰り返したくないので、しっかり観察に励みます。でも眠い、100キロ走行して4000円稼ぐ毎日。

★ 9日朝、土日が勤務日で、3日ぶりの更新。タクシーの客が宇宙の彼方に蒸発し、代わりに大量の他府県ナンバーウロウロ走行車に名古屋市内が占拠され、激しい渋滞が続いた。鈴鹿F1開催のせいか。探せども走れども、どこにも客がいない。200キロ流して売り上げは1万5千円と、タクシー就業歴最低記録を更新。「こんな世の中、大地震で壊れてしまえー!」
 鳥取大地震発生後、あれほど強烈だった耳鳴りやモーターの異音が平常復帰したのも束の間、すぐに、さらに強力な耳鳴りが復活。パソコンの冷却ファン異音も復活。アクアリウムエアポンプも騒音が大きい。アクアリウムでは、絶え間なく泳ぎまくる元気なプラティも凍結状態が続いている。グッピーは凍結というほどではないが、極端に動きが鈍い。逆立ちしていたプレコは、今朝は正常だが、よく見ると水槽内に底堀の跡が残り、そういえば1週間ほど前、水質が極端に悪化していたことを思い出した。大地震の前、筆者のパソコンはソフトどころかハードが壊れてしまった。キーボードのいくつかのキーが突然反応しなくなり、仕方なく新しいものに変えた。前日、青松氏からの電話で、過去最高のブロッキングが起き、携帯がつながりにくく、突然切断してしまったり、電話にもの凄いノイズが混入したりした。また、タクシーのGPSが走行中、突然切れてしまう状態が今も続いている。同僚に聞いてみたが、そんなことは経験したことがないとのこと。おそらく強烈なブロッキングノイズがGPSの受信をブロックしているのであろう。
 予想通り、大山大地震の強烈な余震が続いていて、これが激しい前兆をもたらしていると考える。山陽道方面に予測したM5超は起きていないが、震度分布から見て、大山と伊予古火山帯を結ぶ山陽道縦断ルートに震源断層がありそうだ。奈良のM4.2も前兆に関係していただろう。
 今朝は雨天で、宏観観察困難。激しい電磁波前兆こそ収まっているが、アクアリウムの凍結と、地気が伊豆諸島群発ピーク時のレベルに匹敵。昨夜は空の異様な赤さに恐怖を感じた。
 日本列島は安政時代を超える連続巨大地震の嵐に突入した。これから数年間の間、恐るべき規模の巨大地震が連続するはず。まずは相模トラフM8級、続いて東海・東南海M8級、そして大山地震は南海地震の前兆である疑いが強い。台湾大地震の翌年、相模トラフM8が発生するのは過去の定例パターンである。その相関率は高い。前兆も出揃っている。

追記、なお19日に撮影した帯雲は、方位角30度の大地震前兆だが、これが震源延長型でなく直角型なら、方位角300度の延長ということになり、鳥取西部地震M7.3の前兆帯雲とピタリと符合する。モコモコした特徴からタイプを見誤った可能性が強い。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2000/10/10(火) 08:48
232>224,227,230.231
わりぃ.苛め過ぎたら削除して逃げられた.スマソ

235 :名無しさんダーバード :2000/10/10(火) 13:20
お↑そっちが削除願い出したと思ったぞ(W
じゃー削除は鯖管理者か「やっぱヤバイ情報は」甥と喧嘩
ちなみに230=231=7ね簡単にだまされんなよ(藁


236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2000/10/10(火) 14:36
>ちなみに230=231=7ね簡単にだまされんなよ(藁
って、230,231がSEVENってこと?
なら、自作自演なだけでやっぱキティじゃん。

237 :名無しさんダーバード :2000/10/10(火) 15:02
>自作自演なだけでやっぱキティじゃん
あは ばれたぁ?かもね
236が書いた分以外は全部俺なの てへぇ
リンクほしがってたけどここの別板のスレッド(甘いけど)か
関東大震災、朝鮮人、正力でさがしてみ

それから何かあったら↓に書き込んでね。
>>http://www.kiwi-us.com/~akuma//38font.htm

238 :名無しさんダーバード :2000/10/11(水) 16:36
★ 11日、朝まで500キロ走行し、久しぶりに5万円台の売り上げをして帰宅、腐ったマグロのように寝て、午前11時に起きた。
 昨日から今朝、もの凄い地気が出ている。再び大震災を予感させる猛烈級地気、100m先さえ霞んでいる。アクアリウムも凍結気味、耳鳴りが激しさを増し、アマ無線のノイズも強い。次の満月トリガーが13日頃なので、国内に再びM7超が発生する疑いが濃厚。ただし、鳥取の大余震の可能性も強い。この場合はM6級だろう。阪神大震災のときも、本震発生後はM5級でありながらM7超の前兆が出続けた。
 前兆掲示板などのレポートを見ると、関東方面に大震災級が迫っているのが明らかだ。しかし明瞭な地震雲が確認できていないのが不審。昨夜の月は渋い赤に染まりつつあったが、塾柿のような色彩で鮮血が滴り落ちるように見えるようになれば発生前夜と判断できる。おそらく72時間以内にそうなると判断。このもの凄い地気は、東アジア全域で観測されているはずだ。
 鳥取西部地震M7.3の前兆雲と断定した写真。震源延長型と見誤り、方位角30度のM7級前兆と評価したが、結果的に、震源からの同心円状に出る震源直角型の帯雲で、方位角300度のM7級前兆雲であった。



239 :名無しさんダーバード :2000/10/13(金) 16:42
★ 13日の金曜日の朝、満月トリガーに刺激を受けたジェイソンがアイスホッケーマスクを被って現れるのか?
 耳鳴りが激しいものの、昨夜の月はなぜか、前日までの深刻な赤味を失い、大型発生があったかと発生状況を見渡しても該当はない。パソコン冷却ファンの異音が復活している。アクアリウムも凍結傾向が続いている。アマ無線やTVなどの受信障害は軽度。鳥取地震数日前の深刻なブロッキングは見あたらない。
 昨日まで異様な暑さに状況の深刻さを感じたが、今朝になって急速に気温が降下し、爽やかな秋晴れとなった。地気も薄らぎ、山岳地帯の視程も復活している。宏観観察では、北の空の低い位置に、東西の帯雲が出ていて、これは鳥取西部地震の複数のM4級前兆と判断。当分警戒が必要だ。しかし、他には、遠州灘・熊野灘方面の地気が強い印象の他、目立った異変は確認できていない。
 したがって、今朝の段階で深刻な前兆の続く関東方面に、今日明日のうちに大震災が襲うと断定できるデータは得られていない。だが、M7超でなくとも、M5クラスは起こる疑いが濃厚。
 大地震の発生前日には、鋭い飛行機雲が長時間滞空し、各地の活断層が活動し、至る所からスチームが噴き出すような放射現象が確認できるはず。だが、昨日、今朝ともに、そうした前兆を把握していない。雲底高度の異様な高さも感じられない。青松氏からは予知犬の怯え鳴きが続いているとのレポートがあったが、現段階では、むしろ大震災発生に否定的情報の方が多い。せいぜいM5級前兆しか出ていない。問題は今夜だ。今夜の月の色彩、ムーンシェルの有無、電磁波障害などで、この数日中に震災級の発生があるかどうか断定できると思う。

240 :名無しさんダーバード :2000/10/14(土) 04:22
★ 13日夕方、快晴で雲が少なく、彩雲が出て耳鳴りが非常に強いことから、強い地震の発生が迫っているが、宏観観察では、東北太平洋岸、M5〜6プラスの不鮮明な帯雲と、鳥取地震のM4〜5プラスのシャープで強力な帯雲だけしか確認できない。
 アマ無線10mFMには強いオープンが出ている。主に台湾海域フニャラと九州地方。おそらく、これも山陰の地震性縦型Eスポに伴うものだろう。ということは、余震の規模が侮りがたいものになるということだ。台湾のM5級余震も迫っている可能性が強い。
 夕方の段階で、TVの受信障害が強まっているものの、アクアリウムの反応は強くない。微振動も収まっていて、半径300キロ圏での大地震発生の可能性は弱まった。鳥取だけは例外。今夜も強い余震に警戒する必要がある。前兆のシャープネスが強いので、M規模に比べて震度が非常に強くなる疑い。東北太平洋岸の前兆は規模が相当大きいが、シャープネスに欠けるため心配無用。



241 :名無しさんダーバード :2000/10/15(日) 16:38
★ 15日朝、早朝から北東〜南西の方位をもった洗濯板波状雲に覆われている。漣状雲の拡大したものだが、これほどの規模は初めて見た。強い地震の特徴を備えている。震源は、昨夜と同じく房総半島南東沖付近、相模湾付近の相模トラフと推定。規模はM5〜7、発生は、今日を含めて、7日後の22日くらいまでと推定。昨日も終日、同方位の強い帯雲が出続けたが、これは微細な鱗状模様を伴っていて、震源震度が5程度と推定。漣状波状模様は見られず、空全面を覆ったことから、それほど遠い震源ではなく、関東内陸付近と推定。こちらも規模はM5前後、同じく発生は21日頃まで。
 発生状況を見ると、昨夜の房総沖M5.2に続いて、今朝も小笠原でM5.2、相模トラフの巨大地震発生に向けて着々と地ならしが進んでいるように思える。だが、まだ予想しているM8級本震の直接の前兆は把握していない。M6止まりである。
 謙虚な気持ちで宏観観察を始めたアマチュア研究者が、僅かばかりの知識と経験を得ただけで、たちまち大学者のように偉くなり、砦にふんぞり返って他人を見下すようになるのを見るのは、とても悲しいことだ。ものごとの本質を見極めているなら、大切なことと、どうでもよいことの区別がつくはず。研究成果が自分の人間性を高めてくれるわけではない。「これで自分は偉くなった」と錯覚を与え、むしろ貶めることに警戒しなければならないのだ。ホンモノの学者たちだって、人間として真に尊敬に値する人物は、未だかつて見あたらない。いっておくが、学者達が正しい道を歩んでいれば、とうの昔に予知学は完成していた。その学問成果が、未だ鍵田氏のようなアマチュアの足元にも及ばないのは、彼らがが自分の無能さを権威で隠蔽する誤った道を歩んでいるためである。中身もないのに偉そうに大衆を睥睨してばかりいるためである。大衆に学ぼうとしないから、永久に学者にたどり着けないのである。

242 :名無しさんダーバード :2000/10/16(月) 23:14
★ 15日夕方、今日は更新後、久しぶりに筆者のマイガーデン鈴鹿御池岳に向かった。朝5時から20時間連続でタクシーを運転し続け、ほとんど歩かない毎日が続くなかでの登山は、以前なら軽い散歩程度のコースでも、結構こたえるようになった。コグルミ谷からタテ谷に入り、鈴北岳山頂から日本庭園を一周して、鞍掛峠経由で下山という準備運動程度の歩行で疲労が身にしみてショックだった。タテ谷は一連の豪雨禍などで、ほぼ廃道化していてルートファインディングに手間取った。
 日本庭園は、本来なら10月中旬が紅葉のピークで、ツツジ科の灌木類が赤く染まっているはずなのに、僅かに色づき始めた程度。例年より半月以上も季節が遅れている。だが、この散歩で、恐怖を感じるような重大な兆候に気づかされた。
 第一に、今がピークのはずのキノコ類が皆無。筆者は自称キノコ名人で、約300種類を記憶していたこともある。ほぼ毎週1回出ている山散歩で、これまで発見したのは僅かなイグチ類程度。テングタケなどの毒キノコを含む雑キノコが異常に少ない。もちろん主要な狙い目であるシメジ類も見あたらない。枯葉分解菌である小型菌類や粘菌類も極端に少ない。これは何を意味するか? キノコの生育は光合成がないため、日照よりも降水量と気温に影響される。今年の条件は決して悪くない。後は、真菌類の生育を阻害する条件が存在した可能性である。一番考えられるのが真菌最大の敵である紫外線である。オゾン層破壊が進行し、紫外線の地表被曝量が増えた可能性が考えられるのだ。これが、どれほど恐ろしいことか想像できるだろうか?
 地球生物の生活は、生産と消費だけでなく、分解、還元という要素があって、はじめて一つの生活サイクル、エコロジーリングが完成するのであって、もし、その分解が失われるなら、何がもたらされるのか? 有機物の無限の堆積、腐敗のない抗菌世界である。臭いの嫌いな若い世代に受けるかもしれないが、これは、まさしく死の世界に他ならない。真菌類は、分解・還元というエコロジーリングの主役といってよい。真菌の生存できない世界には、新しい生命は誕生できないのである。まさに、今それが実現しつつある。
 第二に、これは本題なのだが、今回の数時間の歩行で、10月中旬でありながら、蛇が6尾も登山道に這いだしていた。ヤマカガシが3尾、アオダイショウ・ジムグリが3尾で、幸いマムシは見かけなかったが、これは、あまりに異常な異変だ。地熱や微振動など、蛇が怯えて這い出す条件が存在している。これは、数日中に、この山域に強い有感地震が起こることを意味するが、地気はそれほど強いと思えなかった。蛭やミミズは確認できなかった。猿の大群が沢沿いに移動しているのが目についた。鹿が驚くほど増えている。
 夕方、アクアリウムではプラティなどが軽度の凍結を起こしていて、プレコの過敏反応が見られる。アマ無線はオープンこそないものの地震性バリバリノイズが非常に強まっている。TV受信障害はそれほど強くない。耳鳴りは強まっている。
 まだ満月トリガーの影響下にあるので、明日まで各地で強い有感地震の多発が予想できる。鳥取のM4前後の余震も続くだろう。関東沿岸部にも危険が続いている。伊豆諸島もタダですむとは思えない。電磁波ノイズの激しさが事態のただならぬことを告げている。名古屋市内は午後5時前にミルク色の靄。これは強い地気と考えてよいと思う。


243 :あわわわ :2000/10/18(水) 04:46
★ 17日朝、降雨性? 曇天。やや気温が高い。アクアリウムは相変わらず動きが鈍い。アマ無線10mFMメイン、29.30MHzには、国籍不明の聞き慣れない会話が入感している。RS37程度だが、もしロシア語なら千島・樺太方面の巨大地震前兆である疑い。
 テレビの受信障害は軽度。耳鳴りは、昨夜は強かったものの、今朝は軽い。発生状況を見ると、千葉沖M3.6や鳥取余震M3級、伊豆諸島群発などが記録されているが、予測した深刻なものは出ていない。
 昨日は、北の空に強い断層状雲が出ていた。方位は東北東〜西南西で、震源は関東沿岸部と、四国・紀伊半島方面の疑い。規模はM4前後、震度の強い(3以上)シャープネスをもっている。併せて鱗状雲が多く、これは内陸震源である疑い。15日に出続けた強力な鱗状帯雲の結果は、19日頃か21〜23日頃に顕れると判断。関東方面の相当に強い地震で、震源地付近で震度5程度、周辺の多くが震度2程度と予想。もっとも規模がM6を超える可能性は少ないと思う。
 下記、真菌類の発育阻害要因を紫外線としたが、酸性雨のことを書き忘れ。疲労でボケが進んだせいだ。主に中国の無謀な開発による酸性雨によって森林帯の高木の樹冠の密度が蝕まれ、紫外線が地表に届きやすくなる。御池岳ではカルスト台地に点在する石灰岩の表面が、酸性雨によって激しい浸食を受け、内部のデボン期〜白亜紀の化石、フズリナ・ウミユリ・サンゴなどが生きているように浮き出してきている。もちろん真菌類の生存条件を根底から脅かす抗菌物質である。「抗菌」などと喜んではいけない。それは生物絶滅死の指標である。
 高槻市の村山様から大きなご支援と、学術書の寄付を受け、まことに感謝しております。さて、筆者は変態エロ研究をライフワークとしていたが、タクシー勤務が厳しく、もはや下半身の想像力が磨滅してしまった。SMエロ小説などを書いて密かに投稿するのを楽しんでいたが、何を想像しても、スケベ感を得られなくなった。疲労が極限に達すると、目の前で若い娘が全裸になっても、「あっ、そう」という感じ。人生、性的に興奮するのが一番の楽しみだが、トシもトシだしなー。寂しいなー。当HPをご覧のお嬢様、その方面のお好きな方がおられましたなら、エグーイ刺激のあるメールでもくださいな。以前は人妻にエッチメールを送ったりして、どんなスケベが人生に活力を与えるのかを考えていた。やっぱり、本当に恥ずかしい、でもやってみたいことをするのがいいですな。でも、それを実現してみても、興奮するのは1回限り。筆者くらいになるとアイデアが出尽くして、いよいよ禁断の扉へという感じだが、手錠はイヤだね。



244 :名無しさんダーバード :2000/10/22(日) 12:55
★ 19日夕方、ミルク色の地気に覆われた曇天、宏観観察困難。アクアリウムの魚たちに希にみるハイレベルの凍結現象が起こっている。いつも元気なプラティが身じろぎもせずたたずんでいる。プレコの逆立ちは見られないが、アナバンティ科や小型カラシン類も動きを止めている。相当に危険な前兆だと思う。アマ無線にも間欠的なグオーというノイズ。これは伊豆諸島のマグマ活動の数ヶ月前に見られた異変と同じ。地気も異様に激しい。耳鳴りも深刻。
 地震情報には、昼前に驚くべき遠州灘M4.7大深度300キロ、東北太平洋岸で揺れている。震源は駿河トラフでなく、渥美沖、東南海地震の震源である。これは正直、背中にじわっと冷や汗が広がるものだ。いよいよか・・・・・。今日の前兆については、下記、相模トラフ付近に予測したM5〜6が未発になっているので、今日から5日以内に発生と考える。魚たちが事態の深刻さを教えている。

★ 19日朝、快晴だが地気が異常に強く、耳鳴りも激しい。まるで春霞のようにコントラストが鈍い。アクアリウムも魚たちが怯えているように見える。アマ無線も妙なノイズが多く、本日、やや深刻な地震が起こる疑い。
 昨日も、終日、北東〜南西の筋状雲が見えていて、ナイフでスパッと切ったようなシャープネスがあったので、強い有感前兆だった。地震情報を見ると、18日12時58分に栃木でM4.4、震度4になっていて、下記、15日朝のレポート、関東内陸に予測した強い地震の結果であろう。ただし、相模トラフ沿岸部に予測したM5クラスは別の震源で、これが未発になっているので、これから発生する疑い。こちらも震災級ではないが強い地震になるかもしれない。鳥取地震の余震もやや活性化している。
 なお紀伊半島・四国方面に予測しているM4級も未発なので、今日結果が出る可能性が強い。こちらも震度3以上と判断。
 筆者は、朝の5時から翌朝の5時まで、450キロをタクシーで流し営業。4万円弱の売り上げで、時間給800円、疲れた。もう一度寝ます。風俗店巡りの趣味も、景気回復まで当分おあずけ。もちろん回復なんて、あろうはずがない。あの堺屋太一ってのバカとちがう。収入の途絶えている国民に人頭税(介護保険)の重税をかまし、貧しい年寄りから、すべての財産を強奪しながら、「国民は購買欲が薄い」、つまりケチだって。アンタねー、誰が購買欲を奪ったのかね? こいつは死ななきゃナオランくちだなー。経済専門家には、景気の本質が大衆の余剰資金、つまりあぶく銭だという真理を見抜けるまっとうな見識者は皆無のようだ。

245 :名無しさんダーバード :2000/10/22(日) 12:56
★ 21日夕方、非常に激しい前兆雲の嵐。雲底高度も高まり、危険の迫ったことを示す。関東と関西の両者から、終日、強力な前兆現象が出ている。関西は京都府南部方面から激しい放射、これは鳥取地震の前にも見られた現象で、西日本全域の赤焼けが強いことから、鳥取の大余震が起きる疑いが出てきた。関東は、相模トラフ〜茨城沖にM5級前兆、前回とほぼ同じ規模だが、震災級とはいえない。アクアリウムではプレコが暴れた痕跡がある。底砂が大きくえぐられている。下記、書き忘れたが、昨日、筆者のタクシーナビ配車システムが珍しい誤作動を繰り返した。無線室が指令もしないのに勝手に配車スイッチが入ってしまうことが、昼頃を中心に数十回発生した。無線室に問い合わせたが、過去に事例はないという。原因不明だが前兆電磁波バーストの特徴が見える。おそらく各所のリモコンなどの誤作動があったはず。上海の古閑さんが名古屋上空で飛行した際、気流異常があったということと、先日の集中豪雨などから、名古屋付近に巨大な地震エネルギーが浮上した疑いがある。
 筆者は明日は休みで、当然、鈴鹿の沢登りに単独で出かける。沢中で地震落石に逢ってお陀仏になったことが明らかになったなら、念仏でもしたまえや。名古屋の全風俗店を研究できなかったことが心残りだが、まあ、いいか。この時期、沢水は冷たいが、鮎釣りタビを履けば、すぐに慣れる。もう蛭もいないし快適だぞ。1日4万円払っていただければ、4名様まで、自宅から自宅のタクシーお迎えで、しかも沢登りに同行しまっせ。筆者は鈴鹿だけで100回以上の沢登り経験。中央アルプスも大部分OK。普通の登山でも、自宅送迎、同行ガイドつき4名様4万円でやりまっせ。安心だぞー。えっ、「アブナイ」って。何がよー。

★ 21日朝、強力な地震雲が出ているが、大きすぎるとのと撮影タイミングを逸して、掲示するほどではなくなった。主に、東北東〜西南西、関東沿岸部方面のM5前後の帯雲と、関西方面は、京都〜津の花折断層方面からのM4前後の放射現象。いずれも発生は、4日後の25日頃か7日後の28日頃と判断。地気も非常に強い。耳鳴りは消失しているので、発生があったものと思い発生状況を見ると、クリスタル氏のレポート対応の北海道M4,8と、小笠原でのM4.6、M5.0が発生しており、耳鳴りやプラティなどの凍結現象は後者の震源と考える。プラティは北に頭を向けて整列していたので、通常、震源は尻尾方向にあることが多く、条件が合う。ただ、少し小さすぎるので、まだ何か異変がありそうだ。アクアリウムは今朝も、プレコの底砂堀など警戒すべき前兆が続いている。
 さて、昨日20日金曜日は、筆者のタクシー営業で久々に通常利益が上がった。強い降雨のせいもあった。もっとも3年前の3割減だが。不審だったのは、もの凄い数の目的不明の自家用車が街を徘徊し続け、ひどい渋滞が生じたことだ。金曜日と0と5のつく日は渋滞する傾向があり、雨がそれに拍車をかけたが、それにしても、なぜ無意味な自家用車が大量に出てくるのかよく分からない。
 世界情勢は、とうとうアメリカのITバブルが大崩壊し、世界大恐慌の様相を見せ始めた。イスラエルとパレスチナの全面戦争の可能性も出ており、こうなればリビアは確実にテルアビブに核ミサイルを発射するだろう。多くの人々が繁栄の時代が終わりを告げ、戦乱の時代へと突入しつつあることを無意識に実感していると思う。最期の平和な繁華街の光景を、記憶に焼き付けようとして出てきた集団なのかもしれない。世界は地獄へと雪崩落ちている。こうした時期に巨大天災も重なるのである。
 筆者は、年末までに介護保健法の大失政によって驚くほど多数の自殺者が出現し、自民党は最悪の窮地に追い込まれる。そして最期の切り札が石原慎太郎首相の登場であり、憲法9条改定、徴兵制復活、北朝鮮との全面戦争だと考えている。だが、同時に大天災が日本列島を襲い、原発が死の灰を列島中に振りまき、日本人は放射能難民として世界を彷徨わねばならない。

246 :名無しさんダーバード :2000/10/22(日) 12:56
★ 22日朝、東の方角の全域が強い赤色に染まっている。全方位赤焼け現象といってもよい。非常に深刻な前兆である。関東と西日本に大型発生が迫っている。パソコンファンの異音が大きくなり、おとなしいプレコが底砂を掘って暴れている。TV受信障害も激しくなっている。朝の段階で10mFMなどアマ無線に直前ノイズは出ていないが、赤焼けの規模からいって、関東方面の震源はM6に達するおそれがある。ただし、それほど微細な鱗状雲は確認していない。西日本の前兆は、京都府南部または鳥取の大型余震の疑い。こちらもM5に達する可能性がある。
 筆者は、週1度の山散歩へ。宏観観察のため沢登を中断、尾根歩きに切り替え。鈴鹿に向かう。

247 :名無しさんダーバード :2000/10/23(月) 07:10
★ 22日夕方、10mFMに間欠的ノイズが入り始めている。TVの受信障害は軽度。午後6時を過ぎて耳鳴りが非常に強くなった。アクアリウムは動きがやや鈍い程度。宏観的には曇天で観察困難だが、まだ雲底高度はそれほど上がっていない。しかし、まだ半月の影響下にあり、いずれかで大型発生が迫っている。
 発生状況を見ると、鳥取の余震群発以外に、10時40分、和歌山北部M4.0、震度3が起きていて、筆者の下記の関西方面の前兆や、ニチコンさんなどのレポートに対応した、やや強い地震が発生している。以外に早く結果が出て、震源予測も少しずれていた。関東方面は未発だが、半月トリガーの影響下にある今日中に発生しないなら4日以内程度の発生を考えるべきだ。
 筆者は、今日、再び御池岳周辺を散策していたが、特に目立った異変はなく、空も曇天で宏観観察困難だった。先週の蛇は、今日の地震に対応したものだったかもしれない。御池岳でも有感だったはずだが、藪漕ぎばかりしていたので気づかなかった。アクアリウムの異変も、この震源だった可能性が強い。だが、関東沿岸方面の震源は、解放が遅い分だけ深刻な結果が出るかもしれない。
 もしも28日頃の新月トリガーまで遅延するようなら、震災級になる可能性。おそらく、それまでにM5〜6程度の解放になると思う。



248 :名無しさんダーバード:2000/10/25(水) 04:54
★ 24日夕方、地気がかなり強い状態で耳鳴りも強い。だが雲底高度が高くないので、近郊の地震とは思えない。いずれかの火山活動を疑う。伊豆諸島が再び活発化するのだろうか?
 アクアリウムにも小型魚の凍結傾向やプレコの底砂掘り返しなど強い前兆が出ている。夕方、日本地震雲研名誉会長の鹿嶋実氏から、千葉から見て南西の空に、南北の断層状雲を確認とのレポート。滞空時間が1時間程度と深刻なものではないが、小笠原方面のM4〜5程度ではないかとのこと。
 筆者は一昨日の山歩きでキノコを大量に収穫し、酒のつまみにしたところ、頗る不調で下痢が止まらない。御池岳の山頂付近にあったヌメリスギタケだが、下山するまでに腐らせてしまったようだ。もったいないのでバター炒めにして食べてしまった。決して毒キノコではなく、モエギタケ科のクリタケやナメコの近縁種で生木に生える美味しいキノコである。よく似た毒キノコにニガクリタケがあるが、これは噛んでみれば苦いので、すぐに見分けがつく。キノコ中毒で問題になるのは、実は毒成分よりも、このように腐らせてしまった食中毒なのである。これは密閉したビニール袋などに入れるから腐るので、キノコを収穫したら必ず通気性のある籠に入れること。籠を持参しなければキノコは収穫しない方がよいくらいだ。なお木から生えるキノコで有毒なものは、他にシイタケに似たツキヨタケがあるくらい。これは割ってみて芯に黒いシミがあるので分かる。ほとんどの毒キノコは腐朽木か地面生である。

★ 24日朝、地気が非常に強く、春霞のようだ。高温傾向といい、危険な兆候。アクアリウムでもプレコの貼り付きと凍結傾向が見られる。TVの受信障害はやや軽減。アマ無線にも軽い間欠的ノイズ。
 発生状況を見ると、22日朝の赤焼けに対応して、関東・北海道方面に中型の連発。昨日、北海道M4.9、茨城沖M4.2、今朝も8時過ぎに千葉北西M4.4・M4.1と続いている。他は鳥取の群発的余震。予測したM5級にはならないが、関東沿岸、M4級3連発で、前兆に見合う結果が出ている。だが、地気や高温現象から、まだ未解放の強いエネルギーが残存しているのは確実。
 本日、10mFMでは久々にフニャラの入感が強く、南西諸島方面のエネルギーが上昇している模様。予想した鳥取西部地震の大余震は起きていないが、もし次の新月トリガーで解放されるとすれば、明日頃から静けさ現象に入るはず。まだ大型地震雲は確認できていない。このまま多発状態が続くなら大型の発生はないと考える。それならば、この強い地気はどこから来ているのか? 伊豆諸島が再び活性化しているので、こちらかもしれない。現段階で、超大型発生を示す前兆は確認できていない。
 昨日、名古屋は大雨にもかかわらず人出が多く、日中のタクシーの売り上げは平年並みに戻っていた。各所で事故が非常に多く、1日で救急車や消防車と十数回も遭遇した。こうした現象は、大型地震前に顕著に見られるものである。「何かが起きそう」という予感が緊張を呼び、人々は街へと繰り出す。不安感に苛まれた人々は健康を損なうのである。人は無意識に未来を予知している。先入観念の刷り込みが、それを阻害し見えにくくしているのであって、本当に自分に素直になれば、目の曇りが取れて、自由に未来を見ることができるようになる。筆者は、歓楽街の女子大小路にタクシーの客を拾いに行くと、フィリピン娘の生足の美しさに見とれてしまって、客が見えなくなる。昨夜は、とうとう誰一人拾うことができなかった。修行が足らんなー。

249 :名無しさんダーバード:2000/10/27(金) 07:16
★ 26日朝、深刻な耳鳴り。これは南西諸島や小笠原方面の大型前兆であることが多い。昨日、M4.4とM5.1が南方海域で発生したが、これは鹿嶋会長のレポート通り。だが、まだ続発しそうだ。10mFMでもフニャラが強まっている。地震性ノイズも出ているので、発生は数時間程度であろう。
 空は地震雲の洪水になっている。震度3程度の密度の細かい鱗状雲が出ていて、紀伊半島方面からの放射現象も見える。東西の長い帯雲が多数出ているので、山陰方面の余震活動と思われるが、これまでよりやや強い。関東方面への高層雲の方向性も見え始めている。
 昨日、房総沖M4.1や奈良M3.9などが起きていて、アクアリウムなどの異変に対応するものだが、今朝もなお凍結現象などが続いている。関東沿岸方面の予測は結局、M5超でなくM4級4連発になった。赤焼けの広さに対応する地域的広がりをもっている。高温現象が続いているので、日本列島中央部のマグマ上昇が疑われる。
 筆者は、一昨夜から明らかな食中毒、勤務中も含めてトイレに50回以上駆け込んだ。上から入れるモノは短時間に下へ。こうした季節の変わり目は危険。フラフラになってタクシー乗務していたが、やはり客に逃げられるようだ。人には本能的にテレパシーや予知能力が備わっていて、出逢いの瞬間に直感できるものだ。「この人、アブナイ」と思われたかもしれない。
 収入が低下し、長年連れ添ったタウンエース4WDバンともお別れになりそうだ。名駅から徒歩10分の駐車場代が月に2万、車の維持費が年間20万円強、これを外せば、年間60万円程度楽になるが、筆者の100名山完登に最大の威力を発揮したセカンドハウス、まだ20万キロしか走っていない。あと10万キロ走って完全成仏させてやろうと思っていたのだが無念だ。3年前からクーラーも使えなかった。
 筆者の希望に満ちた若き青春時代は(まさか、こんな絶望的姿になるとも思っていなかった頃)、立川にいて、ベトナム反戦デモに加わるか、さもなくば、新宿発11時30分、松本行き、土曜の夜、中央線の登山ラッシュに揉まれることだった。当時は、車を持てる者は限られていたから、相当な山奥でも公共交通機関の便は結構よかった。しかし、マイカーブームが地方路線の採算性を奪い、やがて、車を持たざる者、地方に住むべからずという状況になり、地方在住者の老人や子供達の足を奪った。地方の衰退をもたらした最大の要因であった。今、マイカーの所有を諦めると、名古屋市内でも結構厳しい。代わりに昨年購入した3輪バイクが相当な荷物を積めて役立っている。人がびっくりするような大きな箱を載せて快調に走っている。でも、遠い山登りには使えない。

★ 26日夕方、相当深刻な前兆が出ている。名古屋市上空は終日、地震雲の洪水が続いた。名古屋市南部方面からの放射現象をはじめ、至る所から放射が見えている。アクアリウムの凍結現象は水質悪化も一因だったが、やはり、どうもおかしい。どの魚も身じろぎもしない。夕焼けも筆者は寝ていて確認できなかったが、相当な赤焼けを起こしたとのレポートが入った。ということは、明日、強い地震が発生しそうだが、今の段階で紀伊半島方面と山陰方面の前兆しかつかんでいない。関東方面は16時過ぎに栃木M3.5。やや警戒を要する。アマ無線のバリバリノイズは栃木発生後消失。TVIも軽減されている。
 余談、名古屋市の松原市長は、来年の選挙に危機感を抱き、早くも選対を発足させたが、筆者がタクシーの客などから収集している巷の情報を総合すれば、松原のゴミ問題失政に対する非難は、かつて例のないほど激しく、全政党の相乗りにもかかわらず次期選挙の落選は確実である。ただし、有力な統一的対立候補があればとの条件付きで、共産党あたりが独善的な独自候補を出すなら再選される可能性もある。反松原の有力な市民団体候補を期待したい。万博を中止し、市民に負担を強要するゴミ施策でなく、生産企業や販売店に対して、無駄な過剰包装を規制するという本来の施策に立ち戻ればよいのだ。現在、廃棄物処理費用の強制徴収については不透明な巨額利権が生じている。この利権はヤクザ系企業にいっているようだ。

250 :名無しさんダーバード:2000/10/31(火) 02:09
★ 28日朝、地気の非常に強い曇天、降雨性か? だがアクアリウムの強い凍結が続いている。グッピー以外は身じろぎもしない。10mFMが珍しく活発だが、全国伝播研究でもあるのだろうか? これは貴重な縦型Eスポ推定情報となる。
 昨日、昼過ぎに小笠原海域でM6.3、360キロの大深度地震。したがって下記の諸前兆は、耳鳴りの予感通り小笠原であろう。昨日は早朝から雲底高度が上がり、至る所から放射現象が噴きだし、石垣状鱗状雲に覆われた。またタクシー無線がブロッキングのため非常に聞き取りにくくなっていた。これは超遠方の巨大地震前兆であることが多い。筆者はタクシーを運転しながら危機感を感じ、地震雲研の鹿嶋氏や倉多氏に電話していたが、M6.3発生後、地震雲のシャープネスが消失し、雲底高度が下がったので、この前兆であったことを確認した。また東海地震震源域でもM3.7、名古屋市内で確認した放射現象が、この方角に出ていた。非常に危険な前兆だ。
 小笠原の深発地震は東北沿岸を揺らすが、これは関東・東北地方の浅発地震に転化することを意味する。ひとつのパターンだったが、最近は、その対応がはっきりしなくなっている。いずれにせよ、かつてない規模の地殻変動が続いていることは確実。前回、鳥取地震については震源地予測に失敗してしまったが、今度、関東・東海地区の巨大地震については、もう失敗は許されないと思っている。

251 :名無しさんダーバード:2000/10/31(火) 02:10
★ 30日朝、激しい耳鳴り、強烈な朝焼け(赤焼け)、空を切り裂く断層状、新月トリガーピークを過ぎて大型発生が迫っている。宏観的には北海道方面のM5〜7程度の直前前兆と思われるが、同時に房総はるか沖、八丈島方面、中国大陸方面などの前兆も見えている。アクアリウムに、この数日間、異様な異変が続いている。おとなしいプレコが暴れ続け、他の魚たちはグッピーを除いて、岩や木の下に隠れたまま身じろぎもしない。これは地元の有感前兆だが、発生状況を見ると、28日、岐阜西濃方面にM3.0、続いて先ほど、地元でM3.4が起きたが、午前7時現在も、激しい耳鳴りと、魚たちの強い怯えが続いている。
 赤焼けを見る限り、北海道方面、方位的には西部の奥尻方面の疑い。これは相当に強い地震になりそうだ。警戒を要する。今日明日だろう。房総沖方面はM5どまり、中国大陸方面はかなり先。しかし他にも、位置を把握できない非常に大きな震源が500キロ圏内に存在することは確実。
 筆者は、昨夜11時まで仕事をして、疲れ切って寝ていたが、午前3時に異様な不快感で目が覚め、寝ていられなくなった。午前4時に、近所の震源で震度1。その後もギーンという耳鳴りが強烈。空は曇天だが、鳥取地震の前のような無数のオッパイが垂れ下がっているような宏観は出ていない。やや波状が見える。

★ 30日夕方、今朝の更新後、毎度の鈴鹿山地御池岳に出かけたが、終日、東北東〜西南西の幅広い深刻な帯雲が出続け、現在もなお強い威力を示し続けている。山頂で見た帯雲の周囲は、ピンクとエメラルドの彩雲に彩られ、メタリックレッドも見えていたことから、「赤い椋平虹」と称すべき震災級前兆である。現れた微細な鱗状模様や、幾何学的線状模様などから震源地震度5を超えるものと推定。これが、下記、位置を把握できない強大な震源の正体であろう。
 だが、位置を把握できた。これは2つの大きな震源に架橋しているもので、東の延長は相模湾〜鹿島灘と推定。西の延長は山陽道・四国方面と推定。規模はM5〜7で相当に大きい。発生日時は、4〜7日後、次の半月トリガーが疑わしい。鹿島灘・茨城沿岸方面については、先の鳥取西部地震に次いで記録的な地震になる可能性がある。ただ、本日のところは、帯雲にまだシャープネスがないので、やや余裕がある。
 なお、大分県臼杵市の城間氏のHPにも筆者の観察と同じ帯雲が出ていて、彩雲の報告も記載されている。さらに千葉市の日本地震雲研、名誉会長の鹿嶋実氏に問い合わせたところ、やはり同じものが見えているとのこと。したがって、この帯雲が九州から関東に至る広い地域で同様の彩雲を伴う長大な帯雲になっており、場合によっては、筆者らが数年前から相模トラフに予測しているM7〜8クラスの本番の最初の前兆雲である疑いも捨てきれない。もし、そうだとするなら、この規模の帯雲が、今後、繰り返し現れ、出現の度にシャープネスを増しながら、17日後の11月16日頃に関東大地震を引き起こすかもしれない。
 夕方、朝に出現した北海道方面の前兆は確認できず、もし北海道なら必ず現れる10mFMの8エリアオープンも確認できていない。また朝の耳鳴りについては、南西諸島M4,4の疑い。アクアリウムの異常な凍結現象は、まだ続いていて、事態がただならぬことを示している。

252 :名無しさんダーバード:2000/11/03(金) 05:50
★ 1日夕方、強い降雨が続いているが、地気が猛烈級に至った。30日と同様のレベルで、近所が霞んで見えない状態。耳鳴りも強く、アマ無線10mFMには激しいガーガーノイズが混入。ただしオープンは確認できない。ところがアクアリウムの凍結現象は消失、魚たちが普通に泳ぐようになった。したがって震源は半径500キロ以遠の遠方であろう。なおTVIはローチャンネルに軽度。
 まだ発生該当はなく、やはり南西諸島・台湾方面と関東・東北太平洋岸を疑う。
 今回の三重地震、先の鳥取地震に次いで震源把握に失敗したが、仕事に出る前のように朝夕きちんと観察していれば震源を正確に把握できたと思う。情報の総合化もできなかった。言い訳がましいが、タクシーの超長時間労働は、思考能力を奪い去る。限界を超えた眼精疲労のなかで、やっとの思いで生きているだけという状態。過去、2年間にわたって観察を続けられたのは、天白区のIさんや東大阪市のSさんなどの御支援に支えられてのことだった。人は人によって生かされているのだ。自分一人では何事かをなすどころか、生きて行く気力さえ見いだせない。

★ 11月1日朝、昨日未明の三重南部M5.7は、「やられたー!」という感じ。筆者の大邸宅は江戸初期に湿地を埋め立てた場所で、揺れがひどく増幅される。体感は震度4程度だった。ところが名古屋市の公式記録地点、名古屋気象台は千種区の丘陵地帯、海抜150mの岩盤の上、震度は1にすぎなかった。夏場の猛暑の際も、体感とひどくかけ離れた穏やかな記録を公表するので有名。高度補正もしていないという。「名古屋つーのはなー、千種区だけじゃネーゾ。名古屋駅は中村区だぞな」
 滋賀・美濃・尾張とM3級が続き、仕上げとしてM5.7が起きた。伊豆諸島も同時に活発化し、久々にM4.9、震度4が起きた。これらは中央構造線を生み出すプレート境界がズルズルと動き出していると考えてよいと思う。東南海地震の震源地が活性化しているわけだが、そのものは1944年にM7.9が尾鷲沖で起きているため、21世紀半ばまで大解放はないと考えられていた。しかし、同時に1945年連動した東海地震である三河地震が、本来M8級であるべき規模がM6.9しかなかったので、残余エネルギーが、そっくり未解放のまま遠州灘に残っているのである。
 志摩半島の震源震度5で、直線距離で30キロ離れた碧南市でも同じく震度5、これは赤い椋平虹や鱗状模様の示した通り。しかし、帯雲自体は、この震源のものでなく、別の震源から生まれたものと考える。発生後もアクアリウムの強い怯えは継続。耳鳴りはさらに深刻になった。10mFMには激しいノイズ。フニャラの出現などから、小笠原・台湾・南西諸島M6前後が疑わしい。さらに、下記の通り、東関東・東北太平洋岸方面にもM6前後の強大な震源が解放を待っている。
 筆者はうかつにも赤い椋平虹が通常24時間前兆であることを忘れ、帯雲に付随しているに過ぎないことを見落とし、発生日時の予測を誤った。今回の三重県南部の方位についても、実は御池山頂から確認していたが、帰宅途上に東北東〜西南西方位に変わってしまったのである。修行が足りない。いずれにせよ、確実に、もうひとつ大型が迫っている。今度もM6前後、アマ無線のバリバリノイズが激しくなっているので48時間以内には確実。名古屋は朝、強い降雨。アクアリウムは凍結、耳鳴り深刻。震源は台湾・南西諸島と関東・東北太平洋岸の疑い。十分に警戒されたい。
 なお予測の北海道方面、M4.7と千島にM5.7が発生した模様。通常必ずある8エリアオープンレポートがないのが不審。

253 :名無しさんダーバード:2000/11/04(土) 20:28
★ 3日朝、今朝5時過ぎに寝て、8時半に起きて宏観観察。曇天だが、極めて深刻な様相。北海道方面の異様な宏観。千島などに超大型が発生するかもしれない。明瞭な地震雲は出ていないが、10mFMに猛烈級ノイズ。グオーグオーというマグマの呼吸するようなノイズ。台湾漁民フニャラが強力に入感。したがって南西諸島・台湾方面の強い前兆。TVIも9チャンネルに激しい。
 アクアリウムもハイレベルの凍結現象。魚たちが怯えている。その割に耳鳴りはあまり強く感じられない。総合的に勘案するに、台湾及び、東北・北海道方面の非常に強い前兆と判断。特に電磁波前兆は巨大地震レベルである。



254 :名無しさんダーバード:2000/11/08(水) 03:19
★ 5日朝、激しい耳鳴り、関東方面の異様な赤焼け、10mFMノイズ多数。今日は半月トリガーピーク。北海道方面は昨日M4.7が起きているが、前兆に見合う規模ではない。南西諸島方面にも該当はない。したがって、今日これからだろう。グオーというノイズはマグマ活動の疑いがあり、伊豆諸島が活発化するかもしれない。
 筆者は、今日もこれからお仕事。タクシーに空気を載せて走る予定。客は地上から消滅した。
追記、午前6時30分頃の宏観、遠州灘・伊豆諸島方面から激しい放射現象。伊豆諸島にM5級の地震が48時間以内に発生する疑い。震度5を超えるかもしれない。東関東も危険。

★ 6日朝、関東方面の広い範囲で赤焼け現象、雲底高度も上がり始めている。アマ無線にもノイズが多い。アクアリウムに強い異変は確認できない。(大きな地震が近づくとプレコが暴れて底砂を掘り返し、水質が悪化するため、他の魚たちが病死する)
 関東方面はM4〜5程度の解放がありそうだ。下記、伊豆方面のM5級前兆については、昨日、午前11時前に関東東沖でM5.2があり、方位はやや異なるものの規模は一致。ノイズについては近郊の鈴鹿市方面でM3.3、伊那方面でもM2.6があったので、これが該当と判断。もし火山活動のノイズだったなら、一般に地震よりも結果が出るのが、かなり遅くなる。伊豆諸島は依然要注意だと思う。予測した南西諸島と北海道方面の大型の該当が確認できない。
 筆者は、これから定例の山散歩へ。

★ 6日夕方、朝から終日、遠州灘・南海トラフ方面からの大規模な放射現象が続いている。規模はM6を大きく超える疑い。アマ無線にも激しいノイズ。ただし、夕方、曇り空になってしまい、宏観的に詳細を確認できない。
 岡崎市の日本地震雲研、倉多氏のレポートによれば、午前7時50分に、南方の空に太陽を中心とした睫毛状雲を確認、11時以降、ほぼ東西の断層状雲、3日にはカラスの大群が飛びまわるなどの異変があり不気味。震源地は東関東または四国方面、規模はM6以上とのレポート。筆者は、断層状雲というより南海トラフからの放射現象と捉え、伊豆諸島のM7級打ち上げ地震ではないかと疑っている。最低でも倉多氏と同様、M6を超え、鳥取地震以降の震災級と判断。
 発生日時の推定が困難。今日のところは、まだ異様な血の色の赤焼けは起きていない。解放がいつになるのか見当もつかない。この放射現象は、下記、5日朝から続いているもので、やはり東関東沖M5.2とは独立した震源であった。場合によっては、御前崎沖の想定巨大地震の前兆の疑いも捨てきれない。この場合は、これから前兆を何度も繰り返し、なかなか解放されないだろう。

255 :名無しさんダーバード:2000/11/11(土) 19:57
★ 8日夕方、午後4時頃から気温が急降下、不穏な空模様。みぞれ時雨空か? 西の空が異様な茜色に染まっている。日中は、東北東〜西南西の方向性のある幅広い帯雲が出て、鱗状漣状模様がついていた。鱗状からの推定震度は最高4程度で震災級ではない。
 午後3時過ぎ、日本地震雲研鹿嶋名誉会長から緊急レポート。本日、千葉市上空に東西の巨大帯雲。推定震源地は東関東沖、沿岸、規模はM6前後? 12日の満月トリガーまで持たない様相とのこと。
 このレポートは、下記、岡崎市の倉多氏の予測と一致、筆者の東海沖との予測は外れそうで、引退の危機か?
 耳鳴りと地気が激しさを増している。関東方面、これまでより規模が一回り大きいので警戒されたい。なお、台湾留学生氏からも地気のレポートが入っている。極東アジア全域に地気が強まっている模様。


256 :名無しさんダーバード:2000/11/11(土) 19:59
★ 8日朝、5時過ぎに就寝、8時半に強烈な耳鳴りで目覚めた。外は地震雲一つない晴天だが、地気が非常に強い。アマ無線にはマグマ活動?の疑いのあるグオーというノイズが入感。どうやら、下記、東海沖のM6級震源の解放が近づいたようだ。
 昨日は、11月というのに異常高温、日中も真夏なみのクーラーを効かせた。地気が猛烈に強く、市街地が霞んで見えた。千葉の地震雲研に問い合わせたところ、この異常宏観の様相は全国的に出ている模様。M7クラスなら、極東アジア一帯に地気が出るだろう。鱗状雲や漣状雲が見あたらないところから、伊豆諸島ではない可能性。やはり東海沖の大深度地震か?
 次のトリガーははっきりしないが、月の様子から12日頃が満月になりそう。この満月トリガーまでには解放されるだろう。アクアリウムの異変は、今の段階ではそれほど激しくない。
 大型地震が近づくと、夜の繁華街が賑わい、交通事故が増え、救急車のサイレンが鳴りやまない傾向がある。昨夜は、事故が非常に多かった。まだ、ムーンシェルや赤い月、血の色の夕焼けなどの前兆が確認できないので、数日間の余裕があるかもしれない。

★ 8日夕方、午後4時頃から気温が急降下、不穏な空模様。みぞれ時雨空か? 西の空が異様な茜色に染まっている。日中は、東北東〜西南西の方向性のある幅広い帯雲が出て、鱗状漣状模様がついていた。鱗状からの推定震度は最高4程度で震災級ではない。
 午後3時過ぎ、日本地震雲研鹿嶋名誉会長から緊急レポート。本日、千葉市上空に東西の巨大帯雲。推定震源地は東関東沖、沿岸、規模はM6前後? 12日の満月トリガーまで持たない様相とのこと。
 このレポートは、下記、岡崎市の倉多氏の予測と一致、筆者の東海沖との予測は外れそうで、引退の危機か?
 耳鳴りと地気が激しさを増している。関東方面、これまでより規模が一回り大きいので警戒されたい。なお、台湾留学生氏からも地気のレポートが入っている。極東アジア全域に地気が強まっている模様。

257 :名無しさんダーバード:2000/11/11(土) 19:59
★ 10日朝、朝5時過ぎに就寝、午前8時にアクアリウムの異様な騒音で目覚めた。モーター機器の異音が大きく、アマ無線を聞くと、ハイレベルの不審ノイズ。だが、昨日までの強烈な耳鳴りは軽減。就寝中、何度も微振動を感じた。地震関連HPを見ると、未明に伊勢湾でM3.4があった模様。なぜか気象庁の報告にはない。
 昨日は曇天だったが、東北東〜西南西の多数の筋模様が確認できた。半端ではない。やはり関東沿岸方面と思われる。昨日、南西諸島にM5.7があった模様なので、この震源も宏観に大きく関与しただろう。今朝も10mにフニャラ(台湾〜ベトナムのアマチュアバンド違法局で、会話内容から現地マフィアが関与していると見られている)の入感が強い。
 M6級の前兆なら、夕焼け朝焼けなどに強い異変が確認できるはずだが、今の段階でそうしたレポートはない。一昨日の48h前兆は、南西諸島M5.7の前兆関与と見るべきだろう。満月トリガーが12日頃なので、やはりピークまでに解放を疑うべきだ。未明の伊勢湾の地震などから、東海沖も視野に入れなければならない。アクアリウムではプラティの原因不明の不審死が続いた。正直言って、よく分からない前兆ばかりだ。ノイズの性質から火山活動の関与も疑うが、噴火などの報告は確認できていない。
 巨大地震が接近すれば、大勢の人々が体調を狂わされ、病気になったり死亡したりする。精神状態の不安定な人々は暴走を繰り返し、ますます自分を追い込むことになる。事故や自殺が増える。葬式が増えだしたり、救急車のサイレンが絶え間なく聞こえるようになれば、大型地震が忍び寄っている。カラスは異様に泣き叫び、小動物は凶暴になる。人は情緒不安定になり、歓楽街が賑わうことになる。これらをも宏観と呼ぶならば、人間社会、地球社会は地球の熱対流によるプレート活動に強い影響を受け続けているわけだ。
 学者は、自分のペラペラの権威を守るため、知ったかぶりの難解そうな知識を振りかざし、我々の本能的な直感を侮蔑し、権威主義(エライ様コンプレックス)に憧れる人々を惑わし続ける。筆者は「学者はエライ」などと陳腐な錯覚から抜け出せない人と話したいとも思わない。疲れるだけだからだ。本当に理解できている人は、難解な専門用語を使う必要もなく、権威によって自分の無知を覆い隠す必要もない。学問には、地道な観察と考察、そして実践的検証があるのみだ。自分の足で歩き、自分の目で確かめ、自分の言葉で人に伝えればよい。どんなに素晴らしい成果をあげても、「自分は他人より優れている」と自己満足する必要はまったくない。人は死ぬまで「タダの人」である。「そんなにエラク見られたいかい?」と言いたくなる人が多すぎる。タダの人で十分じゃないか。貧乏も悪くはないぜ。無名なら気楽だぜ。自分を作る必要がまったくないからだ。自分をエラク見せるのに苦労している学者先生方、ボロボロと壁が剥がれ落ちて大変だね。ご苦労さん! たまには、筆者のように気楽にネーチャンとエッチしてみたらいかが。



258 :名無しさんダーバード:2000/11/14(火) 17:51
★ 12日朝、雲が多いながら全方位赤焼け現象が起きている。これは地球規模のM7級か、あるいは東アジアのM6級48h前兆である。三重県方面と思われるM4前後の帯雲も出ている。この数日間、深刻な耳鳴りが絶え間なく聞こえ続けている。雲底高度もやや上がり始めた。本日は満月トリガーピーク。地球規模での大型発生が見込まれる。
 発生状況を見ると、予測した関東方面M6はなく、千葉や栃木などでM3級、また逆方向の伊予灘や四国などでもM3級、6日頃からの東北東〜西南西の大規模な帯雲は、結局のところ、西南西の延長にある南西諸島M5.7の前兆と断定できそうだ。しかし何度も書いているように、帯雲は二つの大きな震源に架橋するものであり、両方の延長に震源がある。結果的に両方の延長に、多数の地震が起きているが、規模の該当はM5.7のみである。しかし今朝の宏観は、関東・東北方面の強い赤焼け現象が見られ、まだ解放が終了していないことを示している。
 富士宮市の溝口氏から、電磁波バーストによるポルターガイスト現象の疑いのある電磁的トラブルのレポートが来ている。内容は深刻なもので、駿河トラフ周辺での大規模異変を予告している。埼玉の本名氏、ロコ氏などからも関東方面の危機を予感させる前兆レポート。あとは雲底高度の上昇に注意されたい。また微細な鱗状雲が出ていないか?
★ 12日夕方、定例の御池岳散歩から帰宅して、アクアリウムに凍結現象が起きているのを確認。オトシンクルスが岩の下に隠れて出てこない。プラティも隅で身動きしなくなっている。プレコの貼り付きや逆立ちは起きていない。10mFMにやや強いノイズあり。
 関東方面は千葉北西にM4.2の解放があったようだが、まだ小さすぎる気がする。14日頃まで満月トリガーの影響による地震が多発すると考えられる。夕方、曇天で、雲底高度の上昇など危機的宏観は確認できていない。耳鳴りは継続。
★ 14日朝、中途半端な曇天ながら、関東方面にやや強い赤焼け現象が見られる。雲底高度は上がっていない。耳鳴りの異様な激しさが続いている。昨日は、東北東〜西南西の非常に強い前兆雲が出ていたので、すでに解放ありかと確認したら、千葉北西M4.3以外に、釧路沖M6が2連発。この規模なら全方位赤焼けや、6日以来のM6前兆に対応する北東方面の該当地震といえよう。また、南西方面も石垣島方面にM4.6などが多発。耳鳴りは南西方面の強い前兆の場合が多い。今朝9時段階で、耳鳴りがますます強まっているので、南西諸島方面には、まだ大型が発生する可能性があるが、10mフニャラ振り切れは確認できていない。台湾フニャラは出ている。これは石垣震源の特徴。
 千葉県付近のM4前後がダラダラと続いて、予測したM6のスカッと解放がない。今朝の段階では、まだ続きそうな宏観だが、M5超の前兆は消えている。これは主に雲底高度から判断するのである。すでに満月トリガー解放のピークは過ぎた。今回は釧路沖のM6連発がピークだったと判断。
 東大の何とかいうギャーコクのセンセイ。「地震予知は不可能だから、予算を建物などの補強に回すべき、電磁波予知はインチキ」だそうだ。どうして、こんなアホが教授になれるのか想像もつかない。元々東大っつのは、この程度の馬鹿学校というのが唯一の正解だろう。恐れ入りました。自分のこれまでの主張を正当化してプライドを守りたいというだけの本質だが、学者というものは、こういうものだという現実を如実に示してくれている。こういうアホばかりなら人々が権威に騙されることはないのだが、池谷氏のように中途半端に良い学者がいるために、人々は権威主義への盲信、権力支配のマインドコントロールから醒めることができない。「池谷さん、アンタは学者にふさわしくない。良い成果をあげたいなら民間にいるべきだ。」 学者と医者は有害無益という筆者の主張を分かりやすく示したいのに困ったものだ。文化勲章や国民栄誉賞などゴミのような石ころにすぎず、名古屋では捨てるのに苦労するぞ。

259 :名無しさんダーバード:2000/11/22(水) 20:40
★ 16日朝、異常宏観の復活。南海トラフ方面の強い赤焼け現象。雲底高度が上がり、高層雲に西南西〜東北東の方向性。筋状の出現位置から、主要震源は関西方面、紀伊半島・近畿・四国方面のM5〜7、非常に強い前兆。14日夜から脳味噌を切り刻む地獄の耳鳴りが絶え間なく続くようになった。アクアリウムでも強い凍結現象が続いている。危険な前兆だ。
 昨夜7時頃、非常に強い圧力性の耳鳴りを感じたので、地震雲研などに電話。関東方面に際だった前兆はないとのことだったが、発生状況を見ると9時頃に地元の愛知県でM3.4が起きていた。またクリスタル氏などのレポート通り、北海道にはM6以下、中規模地震が頻発状態。南西諸島も同様。まだ強い耳鳴りが続いていて、これは、これから発生する関西方面の震源だろう。M5を大きく超えそうな規模なので、内陸なら震度が4を超えるだろう。だが紀伊水道や四国沖の可能性もある。今の段階で、この震源の帯雲や放射状雲、鱗状雲などを確認していないので、規模や震度の推定が困難。タイムラグも72時間以内程度。
★ 16日夕方、午後1時54分、パプアニューギニアでM8.0発生。今朝の異常宏観の結果であろう。今朝の中日新聞の朝刊トップに堀川のオイカワが見事に整列した写真が掲示されているが、実は筆者宅のアクアリウムのメダカたちも、昨夜、頭を南方に向けて全く同じ整列を行い、今朝、大半が死亡した。中日新聞記者は波紋状にエサがあるのではと馬鹿なことを書いているが、池谷氏の本を読んでねーな。オイラのHPも馬鹿にしてやがるな。
 97年のパプア地震ではM7.0で死者8千名の津波震災となった。午後4時現在、まだ津波警報が出ていないが、気象庁よテメーらアホか! はよ、せんか! バカタレが! もの凄い大地震だぞ。
 耳鳴りは、やや軽減したが依然強度継続。宏観異常も続いている。岩国の藤村氏から異様な赤焼けのレポートがあったが、M8とは驚嘆。こちらは曇天で確認できなかった。今朝からTVIが凄かった。今も3ch以外はひどい。
★ 16日追記、パプアM8の後、国内でも予測の東関東、福島沖、M5.3、震度4が発生。8日頃の鹿嶋会長のレポートの該当地震と思われる。タイムラグは8日であり、経験則法則の7日から24時間程度の誤差はやむをえない。これで、やっと終了かと思ったら、午後8時を回って、再び耳鳴りが強烈になった。空も赤っぽい。アクアリウムではプレコが音を立てて暴れている。パプアの大型余震か、はたまた別の震源か? 国内も警戒を緩めるべきでない。
 なお台湾地震M7.7の際も、筆者は関西方面M6前兆と書いた。今回も、パプアM8を関西M6と誤認の可能性が強い。

260 :名無しさんダーバード:2000/11/22(水) 20:41
★ 18日朝、パプアの巨大地震の余震がM7規模で続いているが、今朝の宏観を見る限り、地気は強いものの雲底高度が下がり、ひとまず一段落の印象。ただし、アクアリウムでは魚が怯え続けている。猛烈級耳鳴りが継続。筆者の水質管理のドジもあるが、プラティやメダカ類をほとんど全滅させてしまった。これは前兆電界によってプレコなどが激しく暴れ、底砂を掘り返したことにより、極度に水質が悪化したためである。最近、関西ナマズ予知研でコリドラスが話題になっているので、筆者も白コリを5尾入れたが、一カ所に固まって動こうとしない。一時は優に100尾を超えたプラティを全滅に近い状態に追い込んだ筆者にはアクアリストの資格はない。
 地獄の耳鳴りの二重奏が続いている。脳味噌を切り刻まれているようだ。「誰かオレを殺してくれー!」 (心中につきあってくれるかい?) 発生状況を見ると、房総の他、南西諸島で激発状態。フィリピンプレートが煮えたぎっている状態。南端でM8が起きる直前に、北端の北米プレート北海道が活性化したことに注目。M8クラスだと70年に一度のストレス解放になるが、これが新たなトリガーとなるのか、それともプレート全体のストレスを緩和したのか、注意深く様子を観察したい。
 M8の後、M7.7と今朝M7.5が起きているが、当分M7級余震が続くだろう。耳鳴りは複数の強い震源の存在を示す共鳴状態である。南西諸島の強い地震が続きそうな印象。房総付近の連続地震も、何を意味するのかよくわからない。筆者は、相模トラフストレス大解放の前駆段階で、大クラックがズルズルと動きを加速させているように思える。この付近にM8級ストレスが存在するのは常識。解放のタイミングを待ちかまえているのである。
 パプアの大地震と聞いて、3年前の津波震災を思い出し、かなり慌てた。海岸線を埋め尽くした数千の累々たる死体の山、マングローブの奥にひっかかった白骨の山を思い出してしまった。発生1週間前に、深夜、悪魔が笑うような光り輝く異様な雲が出た。あのときはM7程度だったが、震源が浅かったようだ。今回はデータがよく分からないが30倍以上の規模ながら、あまり被害の報道がないのは不可思議。まだ、これから被害がレポートされるのかもしれない。気象庁はM8級なら、発生直後に津波警戒指令を出すべきだ。何やってんだ! 雲を見たこともない気象予報士さんたちよー!
 余談 今朝も生ゴミを出すことができなかった! 週に3回しか収集せず、朝8時までに出せという。筆者は今朝の5時まで24時間連続の仕事で、フラフラになって帰宅し、9時に起きて慌ててゴミ捨てに行ったが、すでに収集が終わっていた。次回は月曜だが、この日も捨てられるかどうか。おまけに馬鹿げた14種類の分別を強要し、従わなければゴミ放置、罰金1000万円の立看板。もちろん松原市長でさえ、テレビインタビューで分別できない恥をさらした。できるはずのない懲罰的分別施策。若者はアタマから無視。誰も馬鹿な分別などしない。彼らは平気で火のついたタバコをポイ捨てするモラルなのだ。真面目な年寄りがマジメに、できるはずのない分別に悪戦苦闘し、収集を拒否され、プライドをひどく傷つけられ、市政に対する不信感は頂点に達している。
 名古屋市といえば、可燃ゴミと不燃ゴミの2種類しかなく、全国最悪、デタラメ処理の役所という評価が定着していた。情報公開度全国最悪をひた走っていた市政である。藤前干潟埋め立てが否定され、市当局が市民に対して報復に出たのが、このゴミ施策であると断言しよう。お上意識が極端に強く、市民を見下した名古屋市政が保守市長によって完全復活した。松原は元教育委員である。彼の教育理念の中身が、この不可能を強制する姿勢であった。彼は現実を知らず、見ようともしない。彼の指導した教育現場そのままの施策を市政に拡大したのだ。アタマの中身は教育勅語だろう。筆者のタクシーの乗客に、松原に投票するかと問うたところ、ほぼ全員が二度と彼に票を入れないと明言した。後は優れた対立候補の登場を待つばかり。

261 :名無しさんダーバード:2000/11/22(水) 20:42
★ 19日朝、地震雲一つない快晴だが、地気は非常に強く、耳鳴りの激しさも変わらない。パプアにはM7級余震が続いているので耳鳴りも当然だが、10mFMのフニャラが振れ切れで入感するはずなのに確認できないのが不審。M8発生前に、通常なら地球規模の静けさ現象が起きるはずなのに、完全な静寂ではなかった。今回も多くの前兆があったが、台湾地震のときと同じく、関西、南西諸島方面の前兆と見誤った。
 紀伊半島方面や房総方面から放射現象のレポートがある。四国方面からも西の空に放射現象のレポート。再び各地に地殻変動が活発化しているようだ。寝ていて微振動も感じるので、東海地方に大きめの有感地震が近づいているように思える。
 今朝はアクアリウムの凍結、怯えは少ない。10mのノイズも少ない。TVIもやや軽減。筆者は、これから山散歩。明日は仕事なので、休止します。掲示板に関東方面からの強い前兆現象のレポートあり。溝國氏などのHPを参照のこと。今朝も福島沖M4.5など相模トラフ周辺は不穏な連続解放状態。相模トラフM8解放のタイミングは、まだ読み切れない。
★ 19日夕方、今日、筆者は鈴鹿山地、946m岳に散歩中、強烈な地震雲を見た。あいにくカメラを持参し忘れたが、前兆掲示板や溝國氏、本名氏などのレポート通り、東西方位の定規で線を描いたような鋭いシャープネスをもった白帯雲と、関西方面から出る複数の放射状雲などである。両者とも直前型の印象。相模トラフ周辺、関東方面の震源と思われる白帯雲の規模はM5どまりに見受けられるが、その希にみるシャープネスから震度4を超える強い地震になる可能性が強い。関西方面は高松からレポートのあった通り、伊予方面と、兵庫北部方面の2カ所からビーム状放射が出ているが、規模はM3クラスと評価。いずれも48時間前兆の可能性。10mFMのノイズレベルがかなり高くなっているが、アクアリウムに凍結は起きていない。プラティは水質悪化のため全滅した。
 だが、このように各地から放射現象や帯雲がでるときは、さらに強大な別の震源が存在し、その刺激で出る場合が多い。あるとすれば、相模トラフ周辺であろう。半月ほど前から続いていた南海トラフ、東海沖方面の放射現象は、おそらくフィリピンプレート全体を揺り動かしたパプアM8の刺激を受けたものだっただろうが、パプアでの解放が、対極の伊豆半島、南海トラフにどうのように波及するのか極めて重大である。過去の例から、日本列島での巨大地震の前年には、フィリピンプレート南端で巨大地震が連続する傾向がある。だが、すでに台湾でM7.7の解放があったので、国内への波及は近いと見るべきだ。
 南海トラフと相模トラフの両者にM8級未解放エネルギーが浮上しており、その解放ポテンシャルはすでに臨界に達していて、いつ、どのようなタイミングで解放されるのかを見極めるだけの段階である。筆者は、それを昨年と考えていたが、いつまでもズルズルと引き延ばされていて、とうとう仕事に出るハメになった。予測通りなら、今頃、建物の倒壊で、あの世から世間を高笑いしている頃なのだが、今は経済的に生き延びるのに必死。肉体とは、かくも不自由なものか。

262 :名無しさんダーバード:2000/11/22(水) 20:42
★ 21日朝、久々にプレコが縦位置貼り付き、コリドラスなどに怯え現象。アマ無線にバリバリノイズが出始めている。屋上に上がると、雲底高度が相当に高く、強力な地震雲が2種類。北東〜南西の長大で強力な帯雲。19日朝と同位置で、震源地は東関東周辺、規模はM5〜6級と評価。19日の結果が出ていないので、同じ震源だろう。規模は大きくなっている。もうひとつ、北北東〜南南西方位の、これも非常に強い帯雲が複数出ていて、こちらは上信越と紀伊半島をむすぶもので、両者に強い震源があると考える。規模はM4〜5程度。
 昨夜、留守電で新潟から複数の緊急レポート。新潟市の小林氏から海岸線に漂流物多数、日本海側の大型震源の可能性とのこと。また柏崎市の村山氏からは、昨夜24時間で地熱が16度から3度以上も急上昇したとのレポートで、これも大型発生の直前現象。雲底高度や電磁波ノイズから判断すれば、48時間以内に相模トラフ、東関東沿岸を中心にM5超クラス、信越方面にもM5前後が発生する疑いがある。
 発生状況は、紀伊半島周辺や関西に小規模が多発傾向、さらに南西諸島に強い群発傾向がある。耳鳴りが強い状態が続いているので、パプアM8の刺激に伴い、石垣島周辺で巨大な地殻変動が起きている模様。ムーの水中古代遺跡が心配だ。
 アメリカ帰りのナマズ氏から、飛行中に撮影した鮮明な放射現象の写真を送っていただいた。非常に画期的な写真で、震源地からの高エネルギー粒子放射現象を見事に捉えている。もっともUFOかもしれない。
★ 21日夕方、宏観は気象雲もあるが、深刻な高層雲が垣間見える。全般に赤焼けが強く、各地から赤焼け現象のレポートが多い。 また、地獄の耳鳴りが復活しているので、南西諸島かニューギニア、あるいは関東・信越の大型地震が迫っているだろう。アマ無線のノイズは激しいまま継続。発生状況を見ても明瞭な該当がない。関東方面には警戒が必要と考える。パソコンの誤作動や、プロパイダの接続不良、携帯電話の非常に激しい通話ノイズも出ている。やや温暖傾向もあり、地気も強い。
 現段階では、M7、震災級の前兆と断定できる現象はないが、パプアにはM7級余震の疑い。

263 :名無しさんダーバード:2000/11/23(木) 22:41
★ 23日朝、昨日は、地震雲観察者の度肝を抜くような壮絶な断層状雲が出続けた。東西方位で、震源は、東関東沿岸を中心として、静岡〜東北太平洋南部沿岸周辺で、規模はM5〜7程度、恐ろしいほどの直線状シャープネスがあり彩雲型椋平虹を伴っていた。また、震度5を超えると思われる微細な鱗状模様もあり、容易ならぬ深刻な震源であることを示している。直前型に見えながら、なかなか発生せず、新月トリガーまで遅延するならば、震災級大地震を疑うべきだ。
 その他、雲底高度の高さや、全方位赤焼け現象、石垣状鱗状雲なども見られ、これは遠方のM6超級地震の特徴で、激しい耳鳴りからパプアのM7級余震と見たが、今朝確認した限りではM6級が最大で、ほとんど絶え間ないM5級群発になっているようだ。大分や青森などにもM4級が来ている。富士山の大沢に最大級の土石流が発生したようだが、これは10年ほど前に起きた死者8名の大落石と同じで、富士山のマグマ活動に伴う、山体の膨張や微振動の疑いが強くもたれる。富士山周辺では、非常な危険が迫っていると認識すべきだ。
 23日、今朝は雲底高度が下がっているものの、地気が異様なほど強い。また岩沼中津氏や大阪ニチコンさんなどから重大レポートも届いている。ところで、ニチコンさんのレポートは大袈裟と誹謗する人がいるが、筆者は、その実績から確実な前兆把握レポートであって、必ず結果を出す正確なものと信頼している。2チャンネルなどの、他人にケチをつけるだけの浅ましい連中とは人間の格が違うと思っている。学問には、観察、考察、実践的検証の3段階しかないのであって、山本氏は正しく学問を行っている人である。他人を誹謗して喜んでいる連中は、ますます自分を貶め、誰からも軽蔑され、身の置き場を狭くし、やがて社会から追放される運命にあることが分からないのか? この社会は君たちが思っているほど広いものではない。いかなる間違いも、いつか必ず自分で償わねばならない。卑劣な匿名誹謗は、書いた本人の人生を取り返しのつかないほど傷つけるのだ。
 関東方面に危機が迫っている。東海沖からは連日のように激しい放射現象が続いている。大震災の跫音は絶え間なく近づいてくる。浜岡原発は、ただちに運転を廃止せよ! 取り返しがつくつかないのレベルでなく、半径200キロが永久に居住不能になり、500万人の放射能被曝死者を出す日が迫っているのだ! 事態のとてつもない深刻さが認識できないのか!
★ 23日夕方、激しい耳鳴りの継続。地震雲は消えて快晴だったが、夕方、地気が異様に激しく、湘南のIKU氏からもレポートがあったが、全方位赤焼けが続いている。これはパプアの余震に伴うものだろうが、関東方面の前兆の結果が出ないので、事態は非常に深刻と認識している。エネルギー解放の前日には、電磁波ノイズや様々の機器トラブル、強力な赤焼け現象によって把握できると思うので、読者は注意を怠らず観察していただきたい。今度は新月トリガーなのでムーンシェルなどで確認することができない。

264 :名無しさんダーバード:2000/11/29(水) 00:17
★ 25日朝、この数日間、全天、地震雲の嵐が続いている。紀伊半島方面からの断続的で異様に激しい放射現象、椋平虹に加えて、東北東〜西南西の強烈な帯雲、断層状雲も出続けている。これらは、この十数年の観測経験から言うなら、熊野灘、紀伊半島付近、及び東関東、茨城・千葉沖付近を中心として福島沖〜伊豆半島の範囲でM5〜7クラスが発生する前兆である。1キロ先の視程を霞んで見えなくさせるほどの猛烈な地気も出ていて、震災級の強烈な有感地震の疑いがある。
 18日頃から各地で観測されている東西方位の帯雲、これは関東方面の震源に対応する非常に強い前兆だが、直前型に見えながら未だに結果が出ていない。こうした場合、結果は予測をはるかに超えて深刻な事態になるケースが多い。新月トリガーピークが迫っていて、このトリガーで解放されるとするなら、48時間以内に結果が出る可能性が強く、関東と紀伊半島方面は最大級の警戒をすべきだ。とりわけ東関東のM6前後の発生結果を見るまで、関東方面の読者は新幹線や航空機の利用は避けるべきだと思う。
 椋平虹、激しい耳鳴り、地鳴り、TVIなど前兆は出揃っていて、あとは解放のタイミングを見定めるばかり。新月トリガーはピークよりやや遅れて地震をもたらす傾向があり、48時間、72時間程度は警戒態勢を緩めるべきでない。しかし、今の段階では推定規模はMAX、M6程度。震度も5程度で未だ予測する南関東内陸M7級の前駆段階の認識。
★ 25日夕方、あまり例のない、もの凄い地気模様。関西全域から放射現象が出ている。しかし極端な赤焼けは確認できない。犬の怯え鳴きが始まったとのレポートあり。筆者のアクアリウムでも活発なコリドラスが死んだように静かだ。オトシンクルスは岩の下に隠れて出てこない。筆者は凍結現象を演出してくれていたプラティやメダガを全滅させてしまった。アマ無線のノイズは出ていない。M8級巨大地震の前には地球規模でこのような現象が起こると考えられる。耳鳴りは減少。昨日まで、タクシー無線に強いブロッキングが入り交信困難。GPSの受信中断も甚だしい回数。まだ主要震源がはっきりしないが、東関東沖を考えるのが妥当だろう。

265 :名無しさんダーバード:2000/11/29(水) 00:18
★ 27日朝、地気がますます激しさを増し、晴れているのに視程500m程度。異常な高温現象があり、雲底高度も上がり、東関東沖震源の帯雲が出続けている。昨日、新月トリガーピークに茨城沖M4.2と青森沖M4.5などの解放があったが、規模が全然見合っていない。したがって本番はこれからである。関東方面の赤焼けも強く、耳鳴りも強烈で、解放は時間の問題と固唾をのんでいる。
 紀伊半島方面からの放射現象は紀伊水道にM3.6があったが、こちらも規模が前兆に見合わない。どうしてスッキリ一発で出ないのか分からない。地気模様などが示すエネルギー規模はM7超の大地震のものである。TVIは11chなどに非常に強く、アマ無線のノイズは、それほど強くない。10mFMには北米が入感。タクシー無線のブロッキングは依然、強い状態が続いていて、正常な交信が阻害されている。今後48時間、東関東方面は厳重な警戒を緩めるべきでない。津波震災の恐れあり。関西、京都方面も同様。
★ 27日夕方、午後から名古屋から南南西方位の熊野灘方面が激しく赤焼けを始めた。この方位にM6前後の震源が解放されようとしている。ただ、関西全域から放射が続いているので、これだけではないかもしれない。房総沖にM4.6無感があったとのレポートもあるが、これまでの東関東震源の前兆該当はM4.2だけで、ひょっとすると、鳥取西部M7級のときのように、8日に出現した東関東大前兆が、半月以上も先に結果を出すかもしれない。この場合は、もちろんM7級となるだろう。
 新月トリガーのピークが過ぎて、雲底高度、耳鳴りなど激しい直前前兆が続いている。これから多数の解放がありそうだ。TVIについては11chに白化現象があり、ほとんど受信不能。最近購入した電波時計の不受信が続き、強力なブロッキングノイズの存在を示している。10mFMはなぜか沈黙しているが、午前中、北米オープンあり、異常温暖現象があり、前兆は出揃っている。

266 :名無しさんダーバード:2000/12/08(金) 06:10
★ 29日朝、昨日から地気が消滅、気温が急降下、今朝は快晴で前兆も消えている。当然、28日朝までに強い前兆をもたらしていた大型の発生があったはずなので気象協会地震情報を見たが、それらしい該当がない。前兆量信号機には27日夜に小笠原東沖でM4.8のレポート。これが下記、熊野灘方面の前兆該当になるが、規模が小さすぎる。本当にM4.8なのか? 前兆からはM5〜7と予測していた。東関東に予測したM5〜7、震度5程度の地震も完全に外れている。M4級が6回ほど起きたが、こちらも前兆に見合う発生とは言い難い。これでは読者の信用を失ってしまい、やや焦っている。
 耳鳴りは、まだ続いているが、地気がないので、すでに国内強震のおそれはなくなっているものの、アマ無線10mFMには南方の異常伝播がありノイズが激しい。したがってフィリピンプレート周辺でM6超級の可能性が続いている。
 問題の東関東方面は、これまでの経験則が通用しない異常な状況。何かあるだろうと思う。
★ 29日夕方、激しい赤焼け現象、南南西方位から強力な放射現象。直前型のレリーフ状赤色帯雲など、小笠原海域、フィリピンプレートで48時間以内にM6〜7前後が発生する前兆が出揃った。M4.8では小さすぎた。やはり、こちらが一連の前兆の真打ちだろう。
 プレコが激しく底砂堀を繰り返し、グッピーを除くすべての熱帯魚に凍結怯え現象が起きている。パプアの大規模余震が発生するかもしれない。関東方位は不明。
★ 12月1日朝、快晴、南の空に東西方位の断層状雲の名残。これは関東方面の震源を意味する。昨日は凄かった。全天に鱗状雲や放射現象など、雲底高度も上がり、確実に国内M5超の直前状況だったが、今朝、発生状況を見てみると、伊予灘M4.5をはじめ、鳥取西部余震や、関東方面、伊豆諸島、南西諸島などに発生があるが、いずれも小さく、フィリピンプレートもM5クラスしか起きていない。とすると、29日夕方の赤焼けや放射は、伊予灘を中心とした各地の震源の合成前兆だったことになるが、規模の点から、こんなものではないはず。経験則が通用しない状況は、過去には巨大地震の前、数十日の傾向である。大地震の前には経験予測が当たらなくなるのだ。
 問題の関東方面は、東京湾、千葉などにM3級が連続して起きている。実は、昨日、昼頃、千葉の日本地震雲研名誉会長、鹿嶋実氏から緊急電話が入り、東西方位の巨大帯雲が出ていて非常に深刻とのレポートを受け取った。近来になく長大で強いものということで、鹿嶋会長の予測震源は、やはり関東地方である。M6前後の解放になるかもしれない。下記、11月初旬から、東関東震源を疑う深刻な前兆が連日観測されているが、予測規模に見合う解放が起きていない。こうした傾向は、予測を大きく上回る大解放になったケースが多いのだ。大型発生前には必ず、今回のように、震源を取り巻くように点々と解放が続き、突如、大解放がある。こうした場合、震源地周辺では、連日、微振動が続き、耳鳴りも耐え難いものになる。動物前兆も非常に多い。
 青松氏からは非常に激しいTVI(テレビインターフェア)のレポート。筆者宅も同じ。アマ無線にも大型解放前特有の激しいノイズ。したがって、関東方面もフィリピンプレートも、まだ本番の解放が起きていないと認識。
★ 1日夕方、快晴で気温低下。宏観的には地気の強さが目立つものの地震雲は明瞭に観測できない。夕方にはノイズも収まっている。しかし青松氏から地震予知犬の怯え鳴きが始まったとのレポート。考えられるのは、関東周辺で点々と起きている地震が、房総沖にM7超級の大解放をもたらす前駆活動ではないかということくらいだ。
 名古屋では極めて火災や事故が多発しており、サイレンの絶え間がないくらいだ。もちろん、これも地震前兆。次の月齢トリガーは半月になるが、数日以内。トリガーピークでの発生を考える。アクアリウムではプレコの異常活動が収まらない。

267 :名無しさんダーバード:2000/12/08(金) 06:11
★ 4日朝、快晴、ほぼ全方位赤焼け、地気が強いが透明度は悪くない。筆者は2,3日と連ちゃん仕事で、2日ぶりの更新。昨日も雲底高度が高く、赤焼け状況も深刻。重大な宏観異変が進行している。発生状況を見ると、伊豆諸島群発の明瞭な再開。この宏観からすれば、相当大きな解放がありそうだ。何が起きるのかは分からない。
 連日、深刻な宏観前兆が続いているが、それに該当する大物が一向に解放されない。経験則が通用しなくなっている。1日に出現した関東地方の東西の帯雲の結果は、4日後の明日か7日後の8日頃解放されると考えるのが妥当。やはり規模はM6前後。このところ、前兆規模と結果が一致しない奇妙な状況が続いている。
★ 6日朝、地気は強いが、雲底高度や高層雲に昨日までの異様さはない。したがって解放があったはずで、地震情報を開けてみると、昨日、東関東にM5.5が発生。下記、1日に鹿嶋会長のレポートした東西の帯雲の結果だが、「長らくお待たせ」という感じ。伊豆諸島でもM4級、震度4クラスの解放があり、宏観異変に見合う結果が出ている。青松氏の予知犬の怯え鳴きの結果としても妥当。
 ところで朝から、異様なほど連続する微振動と10mFMノイズ、TVIなど、相当に強い別の前兆が始まっている。アクアリウムでもプレコやコリドラスなどに怯え現象が見られる。微振動は、経験則から300キロ圏の強い有感前兆で、紀伊半島や熊野灘の前兆が長期に渡っていることから、東南海震源などフィリピンプレート大解放を疑う必要がありそうだ。
 朝11時前、10mFMに台湾フニャラの振り切れ入感が続いている。これは当然、石垣〜台湾方面の大型前兆である。関東方面に続いている深刻な前兆の嵐は、当HPの過去ログを見ていただければわかるように、鳥取西部地震の数ヶ月前の若狭・山陰方面に続いた大前兆と非常に似ている。数カ月以内にM7級解放があるのは確実だろう。前兆頻度が多すぎて、感性が鈍磨してしまった。当HPを開始した一昨年頃なら大騒ぎした前兆でも、今ではありふれた宏観になってしまった。

268 :名無しさんダーバード:2000/12/10(日) 08:31
★ 8日朝、雲一つない快晴だが、地気が異常に強まっている。昨日は早朝から前兆雲の嵐だった。北の空に茜色に染まった東西の長大な断層状雲。これは山陰地方の大型地震直前前兆で、終日、出続けた。規模はM5〜7クラス、4日以内程度だが、昨夜23時過ぎにM4.5、震度4の余震があったようなので、これが該当になるかもしれない。しかし今朝の地気模様から、まだ解放されきっているとは思えない。
 関東方面からも、斜線を並べた縄模様でできた深刻な放射状雲が出ていたが、こちらは出現が短時間だったので、まだ本番とは言い難いと思う。だが、留守電に地震雲研鹿嶋会長と倉多氏のレポートが入っていて、千葉の鹿嶋氏は、東西の非常に強い長大な帯雲とのこと。東関東・相模トラフで再びM6超の可能性、倉多氏は東西の帯雲に加えて、紀伊半島方面からの強い放射現象のレポート。いずれも満月トリガーまでには解放されるだろう。関東の波状的前兆は規模を増し、深刻度を増すばかり。M7超クラスの解放が迫っているのは確実。筆者は数ヶ月のオーダーと見ているが。今回の前兆が本番でないという証拠はない。
 全方位赤焼けが続いていたが、昨日の前兆量信号機を見ると、トルクメニスタンでM7.2やパプアのM6.6余震などが起きている。北海道でオーロラが見られたり、太陽フレアの大爆発があったりと、地球規模で活動が激化している。アクアリウムではプレコ、コリドラスなどが怯えて、底砂を掘り、隠遁状態が続いている。アマ無線ノイズも強い。
 昨日は朝から深夜まで、名古屋市内はサイレンの絶え間がなかった。交通事故や火事が多発し、体調を悪化させる病人が続出しているようだ。葬式も激増している。これも地震活動が与える影響と認識。タクシーの方だが、師走らしい客足が出てきたが、スケールが極端に小さくなっている。筆者は昨日、40回、お客さんを運んだが、その平均運賃は1000円弱に過ぎなかった。介護保険強制徴収のダメージが、そろそろと現れ始め、利用客は極度に減り、遠乗りをしなくなった。また、相乗りが増えた。消費税5%値上げのときの経験から言えば、このような大衆への暴力的収奪の結果は、最初にタクシーなどの水商売に直接的ダメージとして出るが、3ヶ月ほどのタイムラグを経て景気全般に本格的影響を与える。消費の抑制が生産段階に遡及するまでのタイムラグが3ヶ月ということで、先月から始まった強制徴収が3ヶ月後の来年初頭に日本経済を直撃し、日本列島は戦後初の本物の不景気地獄を見ることになるだろう。景気の本質は大衆のあぶく銭である。景気はムード的なもの。小さな購買欲が景気の潤滑油となる。介護保険人頭税は、景気に水を差したどころか、ドライアイスで完全凍結させてしまった。ことしの冬を越せない人が大勢出るだろう。日本社会は真の地獄へと歩みだした。暴走族は凶悪化し、強盗殺人暴徒と化しつつある。手当たり次第に人を襲い始めた。ごく、普通の子供がである。




269 :名無しさんダーバード:2000/12/16(土) 01:03
★ 12日朝、雲が多いが雲底高度は通常範囲。しかしながら、南海トラフの強い赤焼けが続いている。耳鳴りは過去最大級の激しさで、3重にギリギリと聞こえる。雲底高度や気象雲から、48時間以内に国内に震災級地震が発生するおそれは少ないが、フィリピンプレートに大型地震が発生する可能性が残されている。昨夕の赤焼け現象も相当に強いものだった。
 下記、東関東方面の異変については、満月トリガー範囲で解放される可能性は遠のいたが、大解放が近づいているという認識には変わりない。アクアリウムの異変の該当地震がはっきりしない。発生状況を見ると、関東・東北・北海道・兵庫・南西諸島などにまんべんなく小中型がきているようだが、静岡西部M3.8というのが最大のポイントだろう。 東海地震のモロ震源地に起きていて,防災関係者の肝を冷やす前駆地震。
 駿河トラフの奥深く、ユーラシアプレートの下にフィリピンプレートが潜り込み、ズルズルとUプレートを引き下げ、やがて耐えきれずにUプレートが跳ね上がる瞬間、浜岡原発を直撃するM8クラスの大地震が発生する。浜岡が炉心崩壊を起こすなら、その放射線障害急性・晩発性死者は500万人を超え、愛知・静岡・神奈川・山梨は永久に居住不能になるだろう。未だ戦争さえコントロールできないレベルの愚かな人類、調子に乗って日本を経済破綻に追い込んだ経済観念ゼロの幼稚な保守政治家達が、絶対に手をつけることを許されない放射能というパンドラの箱を、思い上がり、自分を大きく見せたがるために開けてしまったのである。つけあがった人類に対し、悪魔が牙を剥くのだ。現存の人類を地球から追放するために、地球ガイアが懲罰を下すのだ。浜岡の炉心崩壊は、全世界の放射能環境放出の予兆である。ダイオキシンと共同して人類を滅亡させた後、100万年もすれば、放射線レベルが下がり、再び生物が新たな健全な進化を遂げるだろう。もっと賢い人類を期待して。
 このトリガーは14日頃まで影響を与えるので、今日明日と各地で小中規模解放が連続する見込み。今のところ、静けさ現象が見られないのでM7超級大解放のおそれは少ない。南西諸島・小笠原などのFプレートには、南海トラフの赤焼けなどから、やや大きめが発生する見込み。問題の東関東方面は、M4前後で推移しているが、すでにM6規模の帯雲が観測されており、当分の間、このクラスの発生に注意が必要である。アクアリウムの異変が示すものは相当深刻であって、まだ該当が確認できていない。


270 :名無しさんダーバード:2000/12/16(土) 01:05
★ 14日朝、昨日は早朝から雲底高度が上がり、漣状雲などの高層雲や椋平虹に覆われ、確実にM6級の発生直前宏観だったが、今朝は曇天で、高層雲は確認しにくい。しかし、雲底高度はまだ低くない。
 昨日の宏観対応は、南海トラフ赤焼けの結果として、早朝の台湾M5.6と夕方の奄美M4.6になった。他は東関東や関西方面にM3クラス。この後、耳鳴りは消失。だが、アクアリウムでのプレコの猛烈な砂掘りに対応するレベルとは言い難く、もう少し様子を見る必要がある。
 青松レポートで、御前崎・遠州灘方面から激しい放射現象が起きているとの情報だったが、結果は静岡西部M3.8、これも当然、東海地震の前駆活動で、御前崎が浜岡原発炉心崩壊をもたらすM8級大解放を目前に控えて、準備運動をしている様子が手に取るように分かる。ズルズルと固着域が剥がれ、御前崎が反転隆起を始めている証である。
 交通事故や火災が多いというレポートが届いているが、確かに筆者がタクシーで街を徘徊するなかで、その頻度を増しているのが明らかである。歓楽街は師走の忘年会シーズンというのに閑散としていて、まるで別世界の見知らぬ都市を流している印象。すでに負債金利を支払える条件を逸脱した日本国経済破綻は、政府やマスコミが必死に隠蔽し続けても、足元から国民生活を徐々に犯し始めている。「来年は地獄」誰もが、そんな予感に身震いしている。愛知万博も、中部国際空港も、徳山ダムも莫大な負債を付け足しただけで、日の目をみることもなく葬られるだろう。保守勢力は、最後の切り札として、石原首相誕生、憲法9条改定、徴兵制復活、北朝鮮との全面戦争を模索するしか延命手段が残されていない。だが、そうした強攻策をリードできる人材も勢力も、もはや存在しない。ただ絶望の闇だけが日本列島を支配するだろう。元気なのはヤマギシ会だけ。
 こうした未来を現実のものとして予測できる人は、筆者らとともに、新たな真のヤマギシズムを模索しよう。ヤマギシズム式集団営農だけが日本人を救済する唯一の手段である。現存のヤマギシ会は、山岸巳代蔵氏の提唱した平飼養鶏有機農法から大きく逸脱し、科学技術信仰の呪いに填っている。だから、まったく独自に再建すべきである。すでにヤマギシ供給卵の多くは、ヤマギシズムを蹂躙する薬品まみれのケージ飼育から生み出されているのだ。ズボラな筆者は、何もしない福岡式自然農法の方が性に合っているが、平飼い養鶏が人類を支える救世主である真実には変わりない。
★ 14日夕方。かなり強烈な赤焼けが起きている。紀伊水道・南西諸島方面は真紅に染まり、M5前後の帯雲が出ている。さらに遠州灘・御前崎方面から激しい放射現象が続いている。まだ満月トリガーの影響下にあり、48時間以内にM5超クラスが近づいている。今回は耳鳴りは少ないが、雲底高度と赤焼けのレベルが高い。アクアリウムにも怯えが見られる。台湾から活発な余震活動のレポートが寄せられているが、もうしばらく注意が必要に思える。
 御前崎は極めて危険な前兆と、固着域を剥がす前駆地震が続いており、M8級発生は必至であって、そのスケジュールをどれほど正確に読み切れるかだけが課題である。もちろん、それに先だって相模トラフ・東関東方面のM7超級解放があるだろう。事態は緊迫している。すでに数ヶ月のオーダーと考えて良いと思う。
 大解放までのタイムスケジュールの読み方だが、至近前兆については、まずは度肝を抜くような強大な帯雲が長時間滞空する現象から始まり、夕焼け・朝焼けの赤化現象、猛烈な地気、ムーンシェル、血の色の月、赤い椋平虹、動物異常行動などが続くはず。これまで当HPや前兆掲示板などにレポートを寄せた読者なら、ほぼ確実に48時間前兆を読み切ることができるだろう。自信をもってほしい。あとは水・食料の準備と、その後の生活設計を考えるが、筆者は関東地震後にトレーラハウスの需要が激増すると見ており、そうした長期キャンプ車両の駐車団地の整備が至急の課題と考えている。こうした駐車設備が安価な条件で整わない限り、需要増は見込めないが、もし先見性のある人の手によって整備されるなら、人々は小さなマンションとトレーラハウスの二重生活を強く望むようになるだろう。設備とは駐車場所と、入浴・トイレ・飲料水・電源などである。月々2万円程度の自然環境に恵まれた施設が望ましい。これは、放射能被曝や災害・戦争からの逃避を続けるために、欠かすことのできない基本アイテムである。

271 :名無しさんダーバード:2001/01/04(木) 20:25
★ 16日朝、地気が異様に激しく、遠方の視界が霞みに閉ざされている。雲底高度はさほどでもなく、気象雲も多い。やや温暖現象が見られる。アクアリウムには怯えが続いているようだ。耳鳴りが強い。14日夕方には中部以北の各地で強い赤焼けが観測され、M5クラス48時間前兆を疑ったが、地震情報を開けてみても該当がはっきりしない。地気、赤焼けや耳鳴りの状況から、東北太平洋岸と南西諸島方面にM5〜7が近づいていると判断する。半月トリガーが18日の明後日なので、この付近で解放と考える。
 問題の東関東方面と御前崎は不気味な沈黙。伊豆諸島の群発再開も不気味。8日頃観測された、関東・相模トラフ方面M6前後の前兆が未解放である。順調なら7日後の14日に解放されるべきだったが、次は11日(8分の3月齢)後の18日頃の解放を疑う。ちょうど半月トリガーに重なる。
 日本地震前兆現象観測ネットワークからは14日夕方、仙台市で異様な赤焼けが観測されたとのレポートがあり、アマ無線ノイズも激しいとのこと。地電流とケヤキ電流が13日に単発パルス50mを出しており、M4.9以上を予想とのこと。仙台の電波時計が狂い続けているとの報告もあるが、実は筆者の電波時計も、14日から受信マークが消失している。福島の標準電波がブロッキングされている。タクシーナビも衛星電波のブロッキングが激しく、1日数十回も切れてしまう。
 昨日は忘年会のピークで、名古屋市内は久々に人出でごった返した。この世から忘れ去られたタクシーが利用できず、客が取り残される状況。普段誰にも相手にされない浮浪タクシーは溜飲を下げたが、大部分が近場ばかりで、売り上げは全然上がらない。普段から乗車拒否、客選びを軽蔑している筆者でさえ、深夜1000円未満の利用ばかりが続き、悲鳴を上げ、ふてくされた。どうも地震前兆とは関係なさそうだ。
★ 17日朝、地気の異様な激しさと温暖現象。関東から南海トラフの広い範囲に赤焼けを起こしている。しかし地震雲は東関東M4前後の穏やかな波状雲しか出ていない。明日が半月トリガーなので、これから雲底高度が上がり、48時間前兆が始まるだろう。
 発生状況は、放射現象の続いた紀伊水道方面にM3級3連発になっているほか、鳥取西部余震や北海道のM3級で、静かな状況。Fプレートと東北太平洋岸は、明日頃に大きめの解放がある見込み。
 ところで、筆者が平飼い養鶏を中心とした集団営農こそ日本人の救世主と書いたことについて誤解があるようだが、簡単に説明すると、人間と科学技術は相互に拮抗する関係にあり、科学技術が発達すれば人間は弱くなり小さくなる。技術がなければ、人間は本来の能力を回復するといった関係である。科学技術を信仰し、それに頼り、甘える人間は、自らの能力を退化させる。現代は科学技術を信仰する結果、人間を著しく小さくしてしまった。そして科学技術が人間を食いつぶし、滅ぼそうとしているのだ。
 やがて破滅がやってくる。地獄の辛い日々を経験した後、人々は技術ではなく、人間そのものが大切なのだと悟る日がやってくる。そのとき人は、はじめて人を頼り、科学技術でなく、心を磨くことが大切だと知るのだ。もっとも理想的な生活スタイルが、自然との融合、エコロジーサイクルの集団営農であることに気づき、そのもっとも合理的な形態として、幸徳秋水の継承者、山岸巳代蔵の提唱した、平飼い養鶏を中心としたライフスタイルを模索するということなのだ。本来のヤマギシズムはアナーキズムの究極的形態であり、人を磨くものであった。だが、参画者は生きた社会との交流を免れることができず、その悪影響を拒否できない。したがって、現在のヤマギシズムには組織主義、科学技術信仰、権威主義が蔓延し、特権階級を生んでしまっており、それはすでにヤマギシズムではない。ヤマギシズム卵がケージ飼育から生まれることなど、あり得ないのだ。

272 :名無しさんダーバード:2001/01/04(木) 20:26
★ 17日夜、今日は久々の休日で、筆者が領有権を主張する(勝手に)御池岳日本庭園に散策に出かけたところ、鞍掛峠道の入口ゲートが施錠されていてドタマに来た。過去、30年間、特別な事情がない限り通行できたのに、建設省管理事務所が暴挙を行った。「てめー、オトシマエをつけさせてやる」と捨てぜりふを吐いて、隣の藤原岳へ。相当な温暖現象で、降雨、先週降った根雪も解け始めている。昼頃、地気の強さが目立ったが、比較的近い京都府にM3.2が起きていた。
 馬鹿役人に対しては長いものに巻かれろと黙ってないで、断固として戦おう。筆者は、まず抗議ファックスを建設省に送る。余談だが、筆者はアマチュア無線局、JP2AVSを開局しているが、4年前、200w固定局ライセンスと50w移動局ライセンスを申請したものの、旧来のJG2コールサインを固定局の新しいコールサインに変えられてしまった。郵政省電波監理局は、ただ一つの局名しか認めないのに、あろうことか2局分の税金を要求してきた。したがって筆者は、当コールに対しては、すでに1局分を支払い済みであり、2局分は二重課税だとして支払いを拒否している。当局は差し押さえ警告を含む滞納催告を何度も通告しているが、筆者は断固として支払わない。そして、これから電波利用税債務不存在の訴えを弁護士抜きで自力で行うつもりである。同士を募る。馬鹿役人ども、てめーら、いつまでもつけあがるなよ! オレが天誅を下してやる!
 さて、帰宅後、アクアリウムに重大異変。プレコの暴れ方が異様に激しく、縦位置貼り付きになっている。コリドラスも隅で怯えている。アマ無線10mFMは北米がオープンしているようだ。サンアンドレアス断層に異変があるかもしれない。TVIノイズも非常に強く、電波時計は14日以来受信マークがついていない。かなり強大な震源からブロッキングを受けているようだが、やはり東関東沿岸だろうか? ただし降雨中なので、解放は晴れ上がってからになりそうだ。
★ 19日午前11時、雨が上がったものの気象雲が多いが、隙間から高層雲が見えている。西日本や南信方面からのスチーム噴出状強い放射現象。強い耳鳴り。東から南の広い範囲が薄赤く染まり。地気が非常に強い。異様なほどの温暖現象。
 昨日も、東西の帯雲や大気の黄色化など驚くほど激しい前兆宏観だったが、なぜか降雨になり、発生状況を見ても島根M4.3以外めだった発生が見られない。青松氏からは予知犬の怯え鳴きレポートが来ていた。電波時計の不受信が続き、タクシー無線はブロッキングのため非常に聞きづらい状況が続いた。総合的判断として、発生が降雨のために抑圧され遅延している印象。関西、西日本方面の活発な活動が気になるところ。経験からはフィリピンプレート超大型活動の前駆活動である場合が多いと思う。ただし、10mFMにフニャラの振り切れ入感が起きていないので直前ではないかもしれない。
 今日明日の内に、関東方面のM5〜6クラスの解放がありそうだ。東北太平洋岸と南西諸島方面にも前兆が続いている。


273 :名無しさんダーバード:2001/01/04(木) 20:26
★ 21日朝、すっきりと晴れ上がり、地気も薄らいでいるが、南の空には東北東〜西南西の鮮烈な断層状雲。M4〜5程度で、震源は東関東方面。北の空には同じ方位で、南西諸島方面M4〜6の帯雲が出ている。関東方面は48時間の疑い。南西諸島方面はかなり先だろう。予想していた南西諸島には昨日、奄美M4.6、関東方面にも無感でM4.5、東北太平洋岸の解放が遅れているようなので危険だ。地球規模ではM6級が多発したが、国内には予測規模が抑制されている。
 19日の西日本方面の放射現象は、和歌山などでM3.4、震度3が起きている。激しい地気をもたらしたのは、この震源だった模様。東関東では8日にM6級帯雲が観測されており、これが未解放である。8日に真鍋式タイムラグ17日を足して25日頃に大解放を警戒すべきだ。もっとも、鳥取西部や阪神大震災のときは、数ヶ月も前から巨大帯雲が繰り返し出ていたので、法則通りにいかないこともある。いずれにせよ、解放が遅いのは規模が大きく、深刻なものである証拠だ。
 今朝は関東方面の断層状雲以外、直前現象と思われる事象は少ない。TVの受信障害が長期間続き、電波時計の受信マークが点灯しない状態なので、国内に強大な震源が潜在しているのは確実。おそらく東関東・東北太平洋だろう。昨日、タクシー無線のブロッキング受信抑圧も甚だしかったが、これは昨日の関西方面の強い地震による影響と見ている。昨夜は何度も圧力性の耳鳴りを感じ続けた。その頃、和歌山などで解放が続いた。紀伊半島周辺の、この活発な活動については、非常に注目すべきだ。なぜなら、東南海地震の前駆活動である疑いが強いからだ。
 筆者は、大袈裟、社会不安を煽るなどと批判されても、現在、三宅島村民に降りかかっている運命が日本全体に拡大するに違いないと確信している。数年前から何度も書いているが、各地で勃発する火山活動や地震、それに放射能汚染の恐怖から逃れて、人々は安全な場所を求めて彷徨わねばならないときがやってくると考えている。トレーラハウスやワゴン車に乗って、移動生活を余儀なくされるのだ。前兆自体はある程度把握でき、被災も予測できるので、問題は避難形態だけだが、震災のテレビ中継で見る体育館生活は不愉快なもので、できるならトレーラハウスで移動したいと考えるだろう。したがって、避難先地方での移動住宅受け入れ体制が問題になると何度も書き続けている。駐車場に加えて、トイレと水とシャワーが必要になるということだ。留意されたい。
★ 21日夕方、アクアリウムが原因不明の異常で、コリドラスが急死。プレコに貼り付き行動が出ている。これは、おそらく空間電界によるものだろう。電波時計は不受信が続く。耳鳴りも強い。宏観観察はサボり。関東方面に中規模が発生との予測、まだ該当がない。まだ半月トリガーの影響渦中。温暖現象も続いている。地球規模ではM6クラス多発。午後7時10分、地鳴り音、数十秒あり。
 若年家族にアウトドア、キャンプブームが拡大しているのは、若者達が無意識に未来を予測し、準備を始めているのだと考えている。固定した「立派な我が家」の幻想は、バブル崩壊とともに莫大な借金による重圧しかもたらさなかった。若者達は、数年後には移動生活を強いられる予感を抱き、無意識に突き動かされるように、移動住宅を模索し、流浪生活の準備にかかっている。安全に子孫を育てられる地を求めて、世界を彷徨うことになるだろう。だが、奢り、思い上がった自分勝手な日本人を受け入れてくれる地は地球上にあるのだろうか? 東海・関東の太平洋岸産業ベルト地帯は潰滅する予感がしているが、日本列島にいくつか残るであろう安住の地を求めて、今から居住地を想定した方がよいだろう。平飼い養鶏と、その堆肥による有機農法で自給自足の共同生活を模索することになるだろう。人は人に頼って生きるのだ。国家や科学技術や物質が自分を救ってくれる思うのは幻想であって、結局、最後に残るのはコンピュータや国家ではなく、人と大地と自然だけである。浪費を諫め、飢えに脅えながら新しい母系氏族社会時代が始まるだろう。部族の柱は母であって、男は種付けと労働力以外の価値はない。見栄も権威も財産もいらない社会だから。


274 :名無しさんダーバード:2001/01/04(木) 20:28
★ 23日午前中、快晴の青空ながら、地気が異様なほど激しい。午前8時過ぎに、日本地震雲研、鹿嶋名誉会長から緊急電話レポート。千葉上空に東西のM6級帯雲、震源地は千葉県東方沖の疑いとのこと。発生期日については触れていない。千葉県の別の読者からも、似た帯雲のレポートあり。筆者が午前10時過ぎに宏観観察したところ、名古屋では確認できず。これは、おそらく8日に出現した帯雲の直前型ではないだろうか? 下記、真鍋式タイムラグでは17日後の25日の解放を疑う。
 昨夕、択捉島にM6.2、広い範囲で震度3になっている。これが国内に潜在し、強い電磁波障害をもたらし続けた強大な震源のひとつであったことは確実。さらに、千葉県東方沖の同規模も解放されようとしている。アクアリウムの異変や、無線ブロッキングについては、近郊の東濃地方にM3.5も起きている。東関東内陸にもM3.6、阪神大震災のM3級余震も起きている。地球規模でM6級多発になっており、相当強力なトリガー力がかかっていたようだ。これは潮汐力ではなく、他の惑星引力に関係したものらしい。
 新月トリガーが26日頃なので、この付近で上記の大解放を警戒する必要がある。千葉沖の前兆は近年になく強力なものと鹿嶋氏が警告している。本名氏や網助氏など、補完レポートも多い。今朝はプレコの張り付きは起きていないが、アマ無線のノイズレベルが上がっている。
 余談、昨夜は今年最高の忘年会ピークで、多量の人出があり、タクシーは大忙し。筆者は44回乗せたが、それほど多回数の乗車があったということは近場ばかりだったから。名古屋で最高の優良タクシーとされる名鉄タクシーが、客を選び、近場の女性客を拒否し、遠距離の男性客ばかり選んで乗せていたため、筆者らのように客を選ばないタクシーは1000円以下のホステス女性客ばかり延々と乗せ続けるハメに。当然、売り上げ効率が極端に悪く、儲からずにグチが出てしまった。当のホステスは、女性を乗せるのが当然だなどと、無神経に言う。「しまった、オレも遠距離客ばかり選んで乗せるべきだった」と、終わってから卑屈な後悔。
 年末になり、風俗営業の女性を乗せる機会が多くなった。数名の女性から、個人営業のお誘いと協力を依頼され、名刺をいただいた。バスト105センチ女性は、風俗店勤務の合間に個人営業をしたいから客を紹介してくれという。「何でもやるわよ、本番も変態もSMもOKよ。2時間3万円でどう」などと食い下がられているうちに、筆者の唇の上がビローンと伸びかけているのに気づいた。なぜかパンツも窮屈に。みんな稼ぎに必死だ。人妻が多い。家のローンや子供の進学費、最近の女性は下半身で稼ぐのに躊躇しない。


275 :名無しさんダーバード:2001/01/04(木) 20:28
★ 25日朝、昨日から東の空に強い赤紫色の焼け現象が続いているが、今朝、雲底高度、地震雲などに強力な前兆は見られない。だが、テレビの受信障害が非常に激しく、すべてのチャンネルで正常な受信ができない。明日の新月トリガーを前に、各地の潜在震源が活性化しているようだが、地震雲研から報告のあった房総沖の大型前兆の解放タイミングを正確に推定するには至っていない。
 日本地震前兆現象観測ネット、岩沼市の中津氏からも23日20時付で以下の報告。
 「本日23日夕方から東の太平洋の沖合いの上空に、南北に延びる地震雲が出現。暗くなっても明るく輝いています。20時15分現在、二本に増えて輝いてます。」 これは、おそらく鹿嶋レポートと同じ帯雲と思われる。数日中の房総沖の大型解放は確実に思われるが、前兆掲示板のノイズや宏観レポートには、まだ緊迫したレポートは少ない。筆者同様、地気の異変、赤焼けのレポートがある程度。このTVIが何を意味するのか、房総沖震源によるものかどうかは不明。
★ 25日夕方、名古屋は降雪気象で、晴れたり曇ったり、ときどき俄雨に襲われる状態。筆者は鈴鹿龍ヶ岳に出かけたが、土砂降りに遭って7合目で引き返した。雲底高度はそれほど上がっていないが、明瞭な全方位赤焼けが出現している。TVIは強いまま継続。アクアリウムではプレコの貼り付き現象。10mには台湾フニャラが47入感。これは南西諸島のM3〜5前兆。
 余談だが、アマ無線では28.95MHzで朝鮮労働党の日本向けAM放送が、波状的なものだが比較的鮮明に聞こえるときもある。これは、北朝鮮工作員がアマバンドを利用して情報送信する際に隠れ蓑に使っているのではないか? 最近、10mバンドでは奇妙な符合送信が聞こえるようになった。ラジオ放送の陰に不審なノイズが混入する場合がある。筆者は、新幹線ボルト抜き転覆未遂事件や高圧線倒壊事件は、北朝鮮工作員か、もしくは自衛隊内部に組織された民族派武闘集団の仕業と考えている。以前、養老山地で起きたニセ遭難事件で、筆者は直接、犯人グループと交信しており、訓練された軍事組織の人間という印象を持っている。
 さて、明日の新月トリガーは、この赤焼けから、地球規模でのM6〜7レベルの発生は確実であろう。まだはっきりしないが房総沖については、明日の解放の可能性が強まっており、警戒を怠りないようにされたい。

276 :名無しさんダーバード:2001/01/04(木) 20:30
★ 27日朝、11時の観察では、明瞭な異変は確認できない。澄み渡った青空で、地気も数日前の激しさはない。したがって大型発生があったものと思い地震情報を見てみたが、それらしい該当が見あたらない。予測している房総沖M6も未発となっている。この数日の強い電磁波前兆は何だったのか? と不審に思い、もう一度見てみると、遠州灘M3.8という世にも恐ろしい地震が目に入った。後は、伊豆諸島と島根余震ばかり。
 遠州灘のM3級は、昨年から頻度を増しているが、それ以前には、ほとんどなかった。遠州灘直下に、南海・駿河トラフから入り込んだフィリピンプレートが潜り込み、その上部に共に引きずり込まれているユーラシアプレートの端末があって、それが弾性限界を超えると、跳ね上がって東海地震となる。これは70年、あるいは140年の周期性があるとされ、前回は1945年だった。これが三河地震で、死者は3500名を超えた。だが、このときは本来のエネルギー規模M8.2の50分の1にも満たないM6.9しかなかったので、残余エネルギーは未解放のまま現在に至っているとされる。この石橋説については批判が多く、アカデミストの多くが今では否定的になっているものの、地殻変動データからは、理論期待通り、御前崎の沈降がストップし、さらに反転上昇に転ずる動きを見せている。それが、昨年から急に活発となった遠州地方や御前崎の固着域(プレート端末同士が貼り付いているとされる場所)直下地震で、貼り付いた糊の部分がメキメキと音を立てて剥がれているときの震動と考えられている。
 宏観観察からも、昨年頃から、遠州灘、熊野灘方面からの激しい放射現象を観測する機会が著しく多くなり、その頻度を増している。ただし、同方位に猛烈な活動を行っている伊豆諸島があるため、因果関係を区別して考えるのは難しい。大ざっぱな発生までのスケジュールとしては、御前崎が反転隆起を始めてから、早ければ7日程度、遅くとも数ヶ月で本震の発生があるとされるが、前駆段階で、周辺部にM6級が数回発生すると考えられている。今回の房総沖M6前兆は、まさしくそうした前駆地震ではないかと疑っているが、8日に観測されたM6帯雲が、今に至っても発生がないので、どうして出渋っているのか困惑している状態。過去の例では、このように前兆雲観測から発生までのタイムラグが長い場合、ほとんど予想を大きく上回る深刻な地震となっている。
 今回の電磁波前兆は、どうやら、遠州灘地域からのもののようだ。現在もまだTVIが続いている。アクアリウムもプレコの砂堀が非常に激しく、水槽内に汚濁が生じている。沈殿した汚泥が巻き上がり、数日前には、一つの水槽で丈夫なコリドラス・アルビノが病気にかかり全滅してしまった。
 余談だが、名古屋市内で火災が頻発している。ほとんど放火によるもので、連続放火事件による死者は、この1年で10名を超えている。大阪の石山氏からのメール。INTUITIONメール便 12/26号 ★「名古屋放火殺人」・・・・2ちゃんねるに犯行予告カキコ。
これが「問題」の書き込みだ!!http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=soc&key=976549932
  2チャンネルは筆者らを誹謗する書き込みが多いと青松氏が怒っていたが、内容を見ると、世にも愚劣なエリート意識の糞尿洪水で読む気にもなれない。「トラックやタクシーの運転手は、大学にも行けない階級の低い馬鹿」とか書いてあったが、筆者の知る限り、名古屋のタクシー運転手には国立大卒などゴロゴロ腐っている。東大出も珍しくない。2チャンネルに書き込みするような連中が、彼らの言う上級社会から鼻つまみにされて追い出され、低級?のタクシーやダンプの運転手になるのだが、その行く末は悲惨なものだ。結局、勤まらずに、公園でのテント暮らしに転じることになる。他人をバカにする人間は、そのバカにした相手からもバカにされる人間にしかなれないのだ。筆者は、貧乏でも食べてさえ行ければ十分。見栄などという重荷を背負っていないから身軽に歩いてるぜ。タクシーやってよかったこと。可愛いネーチャンとすぐに友達になれる。今月だけで4回、エッチのお誘いがあった。もっとも仕事に疲れてその意欲もない。人生は、見栄を張らないホンネでの身軽な人付き合いが一番楽しいことを知っているかい?


277 :おいおい、死ぬなよな:2001/01/04(木) 20:31
★ 21世紀、1月1日朝
 ちっとも、おめでたくないわい! 30,31日と連続で仕事したが、売り上げはひどいものだ。とりわけ、昨夜、熱田神宮に貼り付いて営業していたら、例年なら中高年の誠実な初詣客でウハウハになるはずだったのが、驚いたことに、もの凄い車の洪水で営業場所は違法駐車に占拠され、人波の大部分は金髪チーマー系のバカモノ(若者)で占められていた。普通の参詣者など数えるほどしかいない。連中は、いったい何をしに来るのだ?
 当然、タクシーの利用は近在の少額ばかりに加えて、車内はガムのカスやタバコの吸い殻、ゴミで汚され、掃除しても完全に復旧できないほどだった。営業場所ではバカモノがタクシーの脇に強引に割り込み、「てめー、どけ!」と怒鳴り、筆者らを殺気だった目で脅し、自分らの駐車場所を確保する始末。「あー、こいつらが、ひったくりや強盗殺人をやるんだ」と思った。世も末じゃ! 始まったばかりなのに・・・・・・・。交通整理の警官は、横断歩道の真上に駐車するバカモノを見ても、注意さえしなかった。筆者は、とうとう車を壊されるのを恐れて営業を諦め、呆然としながら帰庫した。16歳カップルに殺害されたタクシー運転手の冥福を祈りつつ。
 元旦、今朝の宏観は、晴れ上がった青空で、雲底高度も低く、地震雲もない。なのに、昨夜から続いている強烈な耳鳴りが収まっていない。地気はやや強いが、アクアリウムに異変は確認できない。アマ無線のノイズレベルも上がっていない。
 31日は早朝から凄い前兆の嵐だった。東関東方面のM4前後の帯雲に加えて、北北東〜南南西の強い帯雲も出ていた。信越か反対の熊野灘方面のM4級前兆雲だが詳細不明。南海トラフを中心に非常に強い赤焼けが続いた。耳鳴りがもの凄くて、これは南西諸島などフィリピンプレートのM5〜7前兆に該当するが、発生状況を見ると、紀伊水道や愛知など紀伊半島周辺にM3級が多発しているが、Fプレートは南西諸島にM4.6があったのみ。TVIが非常に強い状態が続いているので、巨大震源の潜在浮上は確実。おそらく熊野灘、東海沖、房総沖などではないかと疑っている。予測している房総沖震源は、タイムラグが長すぎるので、あるいは択捉M6.2前兆の誤認だった可能性も出てきたと思う。
★ 1月3日朝
 もの凄い耳鳴り。これはフィリピンプレートの大型前兆。発生状況は、下記、北北東〜南南西、信越か熊野灘M4級と書いた帯雲の結果が、2日20時頃、M4.5、新潟で震度5となった。フィリピンプレートにも、そのフィリピンにM6.2、これはまだ続きそうだ。
 今朝の宏観は黒雲に覆われて見えない。筆者は今から仕事。2,3,4と連続で、5日に更新となります。掲示板の更新をしているヒマがありません、5日に更新しますので、あしからず。
 余談だが、昨年、タクシー車中で名刺をもらった風俗女性から、客はいないかとの催促。みんなカネがないので、あっちまで回らないのね。巨乳好きの人には紹介しますぜ。筆者は、もうスタンダップしないのね。人生オシマイ。あとは、この世の終わりを楽しみつつ死にたい。
★ 29日朝、晴れ上がり、明瞭な地震雲は確認できない。気温も下がっていて、地気も強いとは言えない。なのに猛烈な圧力性の耳鳴りが繰り返されている。これまでの例では、これはフィリピンプレートの大型地震の前兆である場合が多い。
 昨日は早朝から、東から南にかけての空が異様な赤焼けを起こし、午前中赤っぽい空が続いた。関東から伊豆諸島だが、前兆がありながら未解放が続く房総沖震源の疑いが濃厚。いよいよ解放が迫ったか? 規模はM6を超えるだろう。ただし、伊豆諸島も再び活発化し、震度を増しているので、こちらの可能性も捨てきれない。アクアリウムではプレコの激しい砂掘りが続いたので、震度の強い地震が避けられないだろう。TVIも強い状態が続いている。アマ無線はオープンを確認できない。
 数日前の全方位赤焼けに対応するFプレートの発生がM6どまりになっているが、これも不審。もう少し様子を見たい。

278 :名無しさんダーバード:2001/01/17(水) 08:58
★ 1月5日、ああ、やっと休めた。タクシー会社の新人は、ベテランが売り上げの上がらない正月に休むため、その穴埋めに駆り出される。31日から今朝まで、半日休めたのは元旦だけ。宏観観察もHP更新も疎漏になった。どうせ世間から見放されたHPだからいいけど・・・・グスン。
 その間、新潟で驚くほど大きな地震、M4.5とM5.3でいずれも震度5以上、越後山地や飯豊山地では雪崩が頻発しただろうと冬山登山を心配した。筆者など、越後山地で雪洞を掘りながらスノーラケットで移動するのが楽しみなので、ややビビった。この前兆は、30日に新潟の小林氏から地震雲多数のレポートあり。だが、冬の越後はご承知の通り雪雲に覆われるため、宏観観察は困難。晴れていれば、おそらく赤い椋平虹と超微細な鱗状雲に覆われた宏観が観察できただろう。名古屋では、30日頃からもの凄い地震雲宏観が出現、31日には夕焼けが赤く染まり、太陽光線も終日黄色かった。また名鉄名古屋駅のタクシー乗り場で地下から2匹のネズミがヨロヨロと這い出てきて、タクシーのタイヤに登ろうとする異変を発見、乗客に、「これは大きな地震が来るかもしれない」と語って客をビビらしたが、筆者は年がら年中、同じことを言い続けているので、自分でも信用できなくなっていたのが残念。結局、1日のレポート通り、北北東〜南南西のM4級帯雲、信越か熊野灘方面というのが唯一の予測だった。
 しかし、フィリピンプレートについては3日には気づかなかったが2日にM7.2という大地震がフィリピンに発生していた。また、今朝の発生状況からは伊予灘M4.4や紀伊水道M3クラスなど、やはり西日本方面の多発が気にかかる。これらは、Fプレートの大規模活動に刺激を受けている可能性が強い。また耳鳴りも収まっていないし、アクアリウムではプレコの張り付きなど異常行動が続いている。TVIもやや改善したものの、依然、強い障害が残っている。したがって、余震や南西諸島の大型発生が続く可能性がある。
 4日早朝、東方の空の朝焼けが非常に強い赤化現象を起こしたので、東北・北海道方面の直前前兆と地震雲研に電話したが、鹿嶋会長からは北海道東方沖M6.0が起きたばかりだと言われ、事後報告になってしまったが、こちらは、まだエネルギーが残っているように思えるので、注意が必要だ。新潟も収まったとは言えない。
 なお、日本地震前兆現象観測ネット第196号には、12月28日、仙台の渡辺氏のケヤキ電流が、単発パルス90mVを記録、3日後を中心としてM5以上との予知情報。完全にピタリと合っている。こちらの情報を定期購読したい方は、0222390164までファックスで申し込んでください。年間5千円? 程度の有料情報です。

279 :名無しさんダーバード:2001/01/17(水) 08:59
★ 1月7日、読者の皆様、これは覚悟してもらわねば・・・・・・。
 今朝の宏観は、西の空こそ雲に覆われて観察できないものの、東や南、北東の晴れている部分全部に強烈な赤焼けを起こしている。耳鳴りも激しい。これらは東北・北海道、房総沖方面に巨大震源が浮上した疑い。解放まで7日以内程度か? また東海沖から小規模な放射現象。北の空に波状雲が浮かんでいる。東の雲には南北の方向性あり。これはウラジオ方面の震源対応か?
 昨日、昼頃、地元名古屋で震度3,筆者はタクシー営業中でまったく気づかなかった。青松氏からの緊急電話によれば、マグニチュード4.9と大きく、震源は美濃東部(多治見・中津川・飯田方面?)とのこと。震源では震度4を超しただろう。当HPでは、この前兆にまったく触れていない。分からなかったのか? 実は分かっていた。5日夜、酒を飲んでいてHPの更新がめんどくさかっただけだった。
 5日夕方、岡崎の倉多氏から留守電で、「南西の空が強い赤焼けを起こしている。紀伊方面が危険」との緊急レポートあり。夕方の時点で、TVI(インターフェア)が異常に激しく、電話も正常につながらなくなった。アクアリウムではプレコが久々に逆立ち、耳鳴りも猛烈になった。さらに、夜になって夜空全体が異様に赤く光り輝くようになり、青松氏に電話。 「おい、こいつはヤバイぞ! どこかでスゲーのが起こるぞ、地元ならM5級だぞ」と脅した。ただし、震源は不明。青松氏は房総沖か猿投断層と言ったが、結果は後者。なお携帯電話は3回以上も原因不明で切断した。結局、酒を飲む時間を惜しんでHPを更新しなかったため、予知に失敗した。
 さて、このところ震度5など強い地震が頻発する傾向があるが、このような傾向は必ず連続し、打ち上げに大型地震が発生する。また、関西方面にM3〜5が多発するのは、フィリピンプレートの超大型活動が続いている証拠である。いよいよクライマックスが近づいてきた。鳥取西部地震発生の数ヶ月前から、愛知県から見て若狭・山陰方面に非常に大きな前兆が続いたのは読者ならご承知の通り。過去ログを見ていただきたい。それと、ほぼ同じ前兆が、現在、房総沖、東海沖に発生し続けている。したがって、数カ月以内の房総沖〜東海沖の巨大地震は避けられない。その直前前兆を、どう捉えるかだけの問題である。今朝の前兆から言えば、東北北部に巨大震源が浮上した疑い。これは3日前に前兆観測ネットからケヤキ電流などのレポートが寄せられるだろうと期待している。
 なお、当方、超多忙低賃金労働などの事情により一通の年賀状も出しておりません。返事も書けないので、あしからずご了承ください。さらに、これまで多くの援助をいただいた皆様に、何のお礼も、返事も書いておりません。ただ、忘れてはおりません。どうしたらご恩に報いられるか日夜狂わんばかりに悶々と苦しんでおります。10年ほど待っていただければ、そのうち必ずお礼をすると思いますのでよろしく。
★ 1月9日朝、昨朝に続いて、もの凄い朝焼けになっている。北・東・南の空は筆者の血の色のように美しく???染まっている。冗談を書いている場合でなく、深刻な巨大地震前兆である。タクシー走行中に見たので正確さに欠けるが、昨日、終日出続けた南の空の帯雲から判断して、震源は房総沖〜北海道東方の範囲で、宮城沖が疑わしい。規模はM7〜8の、当HP開設以来、最大級の超弩級前兆である。発生は、次の大トリガーが明日の満月になるので、10日の夜から11日頃と判断する。
 この地震は明らかに震災級である。陸域ならば震度7地点が出る可能性あり。今のところ東北太平洋海域の可能性が強いが、それでも大津波震災の可能性があると考える。また、発生が遅れるほど規模は大きくなる。現段階では、正確な震源を把握できていないが、今日、南の空に出現するはずの東西の帯雲の、東の延長方向に震源がある。放射帯雲は震源どうしに架橋するものであり、その収束点に震源があるとすれば、方位を正確に測り、かつ複数の方位が測定できれば、三角法により震源を定めることができる。
 発生まで、各地の小規模震源は抑圧されるだろう。全国的にTVIが激しくなり、携帯電話の切断が多くなる。震源からの電磁波ブロッキングによって、電波時計は受信できなくなるだろう。タクシーや消防無線は交信できにくくなるだろう。各種モーター機器の騒音が激しくなるだろう。動物が落ち着きをなくし、苛立った行動をとり、カラスがギャーギャー鳴きを起こすだろう。すでに震源地周辺からはカラスの姿が消え、雉たちが大鳴きを繰り返しているはず。震源周辺では微振動が絶え間なく続いているだろう。ネズミや蛇が冬の凍り付いた路端に這いだして轢かれているだろう。下水道の異様な臭いも立ちこめているはず。
 今後、情報収集に努め、夕方再び更新します。掲示板も夕方更新。

280 :名無しさんダーバード:2001/01/17(水) 08:59
★ 9日夕方、名古屋では午後から曇天になり、宏観観察困難。アクアリウムではプレコの貼り付き現象あり。10mFMの直前ノイズやオープンは確認でできないが、7chなどに強力なTVIノイズあり。
 千葉の地震雲研、鹿嶋名誉会長から午前中、緊急レポートあり、千葉市上空などに大規模帯雲、M6以上で、震源は東北太平洋岸を疑うとのこと。同様のレポートが、静岡や埼玉、東京などから地震雲研に到着とのこと。
 今朝到着した日本地震前兆現象観測ネットの第197号情報によれば、4日昼頃、仙台、渡辺氏のケヤキ電流に単発パルス80mVの記録。一週間以内に中部・北日本にM5以上とのレポート。 同ネット、岩沼の中津氏によれば、昨日より雉の鳴き方が激しいとのこと。
 各レポートを総合すれば、東北方面にM6超級が迫っているのは確実に思える。ただし、未だ、規模や震源地について明確な絞り込みができない状態。発生が明日の満月トリガーから48時間以内である点については、赤焼け状況から異論はない。
 追記、明石の大塩氏から 動物異変のレポートがあったが、伊予灘でM4.9、震度4が発生したようだ。耳鳴りのあった南西諸島にもM4.7、とりわけ伊予灘のM4.9は非常に大きく、今朝の赤焼けに関係あるかもしれない。これで東西の帯雲の西の延長には該当地震が起きたが、東の延長は未発。ただし、M7級という規模は縮小すべきかもしれない。

余談、 昨年10月頃、某読者から趣味雑誌やデパートの商品券を戴いたのを完全に忘れていて、今日、机を整理していたら発見。ちょうど買い物の予定があったので、名古屋駅前の大型店で利用しようとしたところ、高島屋東急ハンズや名鉄メルサでは利用を断られた。同じフロアの名鉄セブンで利用可能とのことだったので、実は、生まれて始めてデパートで1万円以上の買い物をした。
 ちょっとしたスポーツ衣類を買ったが、広い店内に客は自分一人、店員が数名いて寄ってきて説明をするのだが、その値段の高いこと、商品の質量の乏しいこと、売場に統一性のないことに驚いた。おまけに、清算は電卓で行い、梱包に3人がかり、さらに店員が10分もかかってお釣りと領収書を持って来る始末。デパートの非生産的、不合理な販売方法にカルチャーショックを受けた。
 いまどき、こんな殿様(お嬢様?)商売が成立していることに新鮮な?驚きを禁じ得なかった。これでは、コンビニやホームセンターなどの合理的販売方法に逆立ちしたって敵うわけがない。管理職や経営者は、何をしているのか?? 世にも奇怪な世界があるものだ。
 筆者のいる某電鉄系タクシー会社もそうだが、名鉄デパートは、古い体質を反省することもなく、時代に取り残されていることさえ気づいていない。これでは高島屋どころか、コンビニにさえ敗北するだろうし、すでに、会社自体、断末魔の痙攣が始まっているように思えた。経営陣や管理職は、実力半人前、プライド100人前で、かつての盛名に奢り、接待に遊び呆け、この会社がどれほど深刻な危機にあるか気づいていないだろうと想像できる。まるで、ゆっくり茹でられて、己の死さえ気づかぬ蛙のようだ。
 かつての一流企業の多くが、こうした非合理なメンツとプライド、接待だけ100人前で、仕事は半人前といった愚かしい事情を抱えているようだ。現代資本主義は、思い上がったプライドによって死滅するのである。ところで、筆者がデパートの経営者ならどうするか? まず、社員で一番カッコイイ若者を投票で5人選び、商品創造委員会を設ける。そして、そのデパートだけの、オリジナルで、本当に若者が欲しいものを作らせ、商品として販売するだろう。50歳以上の管理職は、商品企画には一切関与させない。地位のない、守るものを持たない若者の手によって、若者に必要なものを販売させるのである。読者よ、名鉄デパートの株はただちに売りなさい。

281 :名無しさんダーバード:2001/01/17(水) 09:01
★ 11日朝、昨日から驚くほど強力な宏観現象が続いている。昨日は、高層雲の雲底高度の異常に高い明らかなM7級直前宏観で、筆者がドラクロワの風景と呼んでいた状態。ただし、鮮明な断層状雲を確認できなかったので、外国の遠方に思えた。信号機HPで発生状況を見ると、昨夜から今朝にかけて、バヌアツでM6.9、アラスカでM6.7とM7近いのが連発。この震源の対応だったと考える。数日前から続いていた北東方面の異常に強い赤焼け現象も、この震源が大きく関与していた模様。
 今朝は、アクアリウムではプレコが横立ち? 貼り付き(最近、太りすぎで逆立ちできなくなった)。TVIも非常に強く、鮮明に見えるチャンネルはほとんどない状態。耳鳴りも極めて強烈。宏観現象はといえば、地気が猛烈に強く、景観が霞んで見えている。また、地震雲は、南西方面の、三重・京都方面からM3級放射状雲、同方位の伊予灘、九州南部、南西諸島方面からM4〜6の帯雲、反対方位の、関東方面にM5〜6程度の薄い帯雲が出ている。だが、予測した東北方面の断層状雲は確認できない。したがって、状況を勘案するなら、東北方面に現れていた赤焼けや、地震のストップする「静けさ現象」などは、昨夜のアラスカM6.7などの影響がメインであって、今後、発生するとしても関東〜東北にM5〜M6超級程度と予測を変更したい。東北M7の予測は、恥ずかしながら撤回する。国内、超弩級大地震の発生を示す直前前兆は確認できていない。現段階では、せいぜいM6級程度にすぎない。発生は、この満月トリガーの影響下にある13日頃までと予想。東関東沿岸部は震度の強い地震が発生するおそれがあると考える。
 地震雲研、岡崎市の倉多氏からファックスレポートが来ていて、10日午前中の観測によれば、東関東沖(鹿島灘)、山形、伊予灘・豊後水道方面に非常に強い帯雲、東北方面は、規模がM6を超える可能性とのこと。
 観測ネット、仙台の中津氏からの9日レポートは、8日19時30分頃から20分程、近所で飼っているキジが鳴き続けたが、今日は電波時計が朝から夕方にかけて、受信出来ない状態が続いた。夕方6時半には正常に戻る。10mFMは静かとのこと。なお、続報で福島の電波時計放送が大雪のためトラブったとのことで、これが原因の不受信だったかもしれないとのこと。
  なお、筆者の棲息する団地では、昨夜から断続的にドスンと突き上げるような小規模な揺れが何度も繰り返されている。これは、名古屋市付近で直下型地震が迫っていることを示す現象なのだが、残念ながら地元では地震雲が観測できず、規模等は不明。もしも筆者が築後40年の襤褸アパートの瓦礫に埋まったなら、それをサカナにいっぱいやりたまえや。

282 :名無しさんダーバード:2001/01/17(水) 09:02
★ 13日朝、今朝は曇天、大雪予報。東の空に南北の断層状が見えている。能登・ウラジオ方面の大型前兆か?
TVIやアクアリウムの異変は軽減。耳鳴りは強いまま継続、これはFプレート方面の前兆。
 おそれいりますが、筆者は、今朝から明日夜まで御嶽山に行く予定です。大事なときなのに更新をサボリますので、先にお詫びしておきます。たぶん、濁河温泉に一泊します。掲示板等の更新も遅れますので、あしからず。
 兵庫県北部で、M5.4とM3〜4クラスの群発激発状態。現在の電磁波伝播状況を見るなら、関東・東北と予測していたM5〜6プラスが、逆方向の兵庫県北部地震であった可能性が強くなった。しかし、まだ明日頃まで様子を見る必要があるだろう。
 これは、野島断層の割れ残りが若狭方向に向けて活動した状態で、おそらく鳥取地震の刺激を受けてのものだが、昨年前半、若狭方面の前兆が数ヶ月も連続して続いた結果が1年ぶりに出たと考える。余震活動を見る限り、本震はM7クラスのもののはず。それがM5.4とは不審。まだ警戒する必要があるのでは?
  それよりも、過去に繰り返し指摘したように、若狭原発がタダですむはずがない。震度4ということだが、公表しない危険なトラブルが多発しているだろう。一基でもメルトダウンを起こせば、京阪神と中部地区は永久に居住不能になり、晩発性癌死者が500万人を超えるはず。それが40基も存在している。原発無くして現代文明は存在しないと強弁するなら、現代文明など必要ない。車やテレビなど、人間同士のつきあいの本当の楽しさから見れば小さなたかのしれたものだ。養鶏と野菜栽培を中心とした自給自足、誰もが安心して食べ、生存できる農業共同体の中で助け合って楽しく暮らそうじゃないか。
 連日、歯止め無く激発する殺人、少年犯罪は何がもたらしたものか? かつてアメリカで殺人が爆発的に連続した原因は、ベトナム戦争の敵対感覚を故郷に持ち帰った兵士達がもたらしたものだった。今日本では、受験戦争のもたらした敵対感覚、仲間同士助け合って楽しく暮らそうと志向するのではなく、周りはすべて敵、といった疎外感が人間不信、殺意をもたらしているのである。若者達に戦争を強要すれば、必ず、こうした社会が生まれる。こうした社会の象徴こそが原子力発電なのである。
★ 14日夕方、大雪予報の濁河温泉から必死の生還。ワイパーが凍り付き、前も見えないホワイトアウト寸前を、20万キロ走行の4WDバンで下山。濁河温泉ロッジ、一泊2食9千円也で実に素晴らしい温泉だった。雪の原生林を見ながら数時間もぬるい露天風呂に浸かってストレス解消。だが、登山道の雪は、数日前に季節外れの降雨があり、それが凍ったアイスバーンの上に積もっている。これでは、北アルプスでは恐るべき滑落の危険が存在することになる。林道でも、すべてがアイスバーンである。
 夕方、雲の合間に見えた空模様は、黄色の発光状態で、もの凄い異様さが感じられた。また、ときどきドスンという震動を感じた。名古屋から岐阜県美濃地方は積雪が多く、飛騨の下呂に入れば、当然、雪一色になるはずが、なぜか白川町よりはるかに雪が少なく、例年の景観とまるで違う。これは、下呂・高山方面にマグマ上昇、地熱上昇があるのではないか? 帰宅後、信号機HPを見ると、何と中米でM7.6という超弩級発生。夜空の黄色い発光は、この震源のもたらしたものか?
 夕方、アクアリウムの異変は目立たないが、TVIはかなり強い。耳鳴りは少ない。関東地方には予測の鹿島灘にM4.2、内陸でもM3.7、やはり、この数日間の大型前兆は兵庫県北部地震のものだったようだ。発生スタイルが異常なので、まだ安心できない。東海地震固着域付近での多発は、本震近しのシグナルと捉えるべきだ。

283 :オカルトへの道:2001/01/17(水) 09:04
★ 16日朝、エルサルバドル沖の大地震は、数千名の死者を出す大震災となった。このところ10mFMを継続的に聞く機会が無く、異常オープンを捉えられなくて残念。今朝の宏観は、早朝、全方位に近い強い赤焼け。TVIもかなり強い。アクアリウムにもプレコの張り付きが見られた。しかし、午前10時の宏観は雲底高度も下がり、目立った地震雲も確認できない。
 青松氏から東海沖〜琵琶湖方面に異変があるのでは? とのレポートあり。寝ぼけていたので詳細は忘れ。この赤焼けからすれば、相当な大型が接近している。兵庫県北部も、本震の規模がM5.4と小さい割に、余震規模がM7クラスのものだ。これが若狭方面に向かって、はるかに大型の活動をするのでは? と危惧を抱かせる。我々は若狭周辺の地形を生んだ地球史的経緯を深く考察すべきだ。例えば、リアス式で有名な三陸と志摩半島周辺では、プレート型地殻変動によって大規模な沈降が起こった場所であることを示す。沈降は徐々に起きるのではない。ある日、突如としてカタストロフィーを起こすのだ! この若狭周辺のリアス式地形を見たまえ! 明らかに超巨大な沈降を伴う地殻変動があったことを示しているではないか? その日が近づいたとすれば? 若狭の原発は、どこに設置されているか考えるべきだ。
 筆者の考えでは、すべての人に霊的能力が備わっていて、本当は未来を見通している。未来を知ることができないと固く信じている人だけが見えないのだ。そういう人でも無意識に未来を見ている。無意識に未来の危機に対する備えを行う。あなたは、今、無意識に何をしようとしているのか? 逃げだそうとしているのか? 辛い時間を耐え抜く準備をしているのか? それとも、死を予感し、残された現世を精一杯楽しもうとしているのか?

284 :名無しさんダーバード:2001/01/19(金) 04:35
★ 18日朝、阪神大震災から早くも6年。当HPを開設したきっかけも、当然大震災だった。
 筆者がアマチュア無線によって地震予知が可能であることに気づいたのは10年も前のことだが、阪神大震災当時、筆者は飛び出した子供を轢いて死なせた交通死亡事故加害者としての後悔に責めさいなまれ、精神分裂に近い猛烈な鬱病のどん底にあって、すべての希望が閉ざされた地獄の暗闇を歩いていた。結婚などもダメになり、死んだ方がはるかに楽な精神状態だったが、生きていれば、まだ何かあるかもしれないという、微かな希望を支えに苦しみの時間に耐えていた。そんなおり、大震災の惨禍は、この世に、まだ自分の果たす役割があるかもしれないというささやかな希望を示唆するものだった。
 それまで積み上げてきた地震雲観測や電磁波前兆の経験則を利用して、ニフティサーブなどに啓蒙的投稿を行っていたが、インターネットの普及と共に当HPを開設した。途中、痛風、腎不全や微小脳梗塞、まだら痴呆などの深刻な症状から、何度も挫折しかけたが、そのたびに天白区のIさんや、大阪のSさん、Iさんなど多くの方から資金援助やその他援助を戴き、やめるにやめられなくなって、ズルズルと続いている状態。援助していただいた皆様には、未だにお礼すらしていない。筆者は手紙の返事を書くのが極端に苦手な人間で、本当に申し訳なく思っているが、年賀状さえ、事故鬱病発症以来、ただの1枚も書いていない。ここで非礼を深くお詫びし、これまでご援助を戴いた皆様に対し、改めて御礼申し上げます。

 今日の宏観は地気が非常に強く、昨夕の赤焼けも強かった。かなり危険な状態が続いている。午前2時頃、タクシー徘徊中、恐ろしいほど激しい圧力性の耳鳴りを感じた。今日は半月トリガーピークで、今のところ該当地震が起きていないので、強い警戒が必要である。プレコも貼り付き状態である。電波時計は不受信が続いている。紀伊半島方面からは連日、放射現象が続いていて、フィリピンプレートの非常に活発な活動を示すものである。信号機にはスマトラでのM7近い活動が記載されている。
 国内については、若狭方面に深刻な危機が迫っていると考えざるをえないが、宏観観測手抜きのため明瞭な前兆を把握していない。房総沖、東海沖方面に長期間続いている前兆のクライマックスも近づいているようだが、こちらも明確なタイムテーブルを把握するに至っていない。
 景気の方も絶望的に深刻な状態で、今年中の円価値大下落、株価大暴落、大恐慌は避けられないだろう。すべての虚飾が引き剥がされる時代がやってきた。生活水準を落とせず、学歴や社会的優越感の虚構世界から抜け出せない人には、死という結末以外ありえない。妻は夫を責め、夫はストレスに耐えかねて線路へと身投げを続けるだろう。
 更新中、午前10時半頃、凄まじい耳鳴りを感じている。強い地震の直前前兆で、若狭方面や房総方面、警戒されたい。



285 :名無しさんダーバード:2001/01/24(水) 03:33
★ 20日朝、曇天のため宏観観察困難だが、この数日間続いている耳鳴りの激しさが尋常でない。このレベルだとフィリピンプレートの巨大地震前兆の疑いがあるが、アマ無線にはそれらしい前兆を確認できていない。地震発生情報を見ると、兵庫県北部で強い地震が続いている。ひょっとすると、若狭方面に巨大地震が迫っているかもしれない。この群発は、本震がM5.4どまりのものではありえず、必ずM7級活動に発展すると考えざるをえない。野島断層の割れ残りと、鳥取西部震源の割れ残りが、両者とも若狭方面に向いて進行活動をしているのではないか? もう一度、若狭海岸がリアス式であることの意味を深く考える必要がある。ここは千年に一度、数分で一気に数mも沈降する地殻変動を繰り返してきたのではないか? そのタイミングが今、迫っているのでは?
 プレコに貼り付き(横立ち)が見られる。アマ無線は静か。タクシー無線のブロックが非常に強くなっている。TVIも非常に強く、やはり巨大震源が浮上している。今の段階では南西諸島、Fプレート方面のM7級と考える。

★ 22日朝、耳鳴りが、ますます激しさを増している。これは非常事態だ! 発生情報を見ると、今朝5時に駿河湾でM3.5、これにはゾッーとした。東海地震の前駆地震か? いよいよ反転隆起か? 兵庫県北部も衰えを見せず、むしろ規模を大きくしている。関東・東北・北海道は沈黙状態。
 今朝、TVIもかなり強く、赤焼けも強くなっている。雲底高度はやや高いが、国内M6超のレベルではない。南北の断層状が見えるが、これはエルサルバドルM7.6の大型余震の前兆か? 10mFMは、朝の段階では異常なし。最近、タクシー無線のブロックが強くなり、無線配車に支障が出るケースが多くなっている。兵庫県群発や御前崎活動の影響だろうと思う。
 プレコちゃんが死んだ。3センチの稚魚から2年間かかって30数センチまで育った。二昨日朝、いつもは90センチ水槽の奥にいるのに、なぜか手前の見やすい位置に這い出てきて横たわっていた。そのときは、まだ口をぱくぱくさせていた。どうしたのか?と思ったが、異変に気づかず、一昨朝見ると明らかに様子がおかしく、死んでいるように見えた。何事かと注意深く見ると、なんと水温が5度まで下がり、凍死したのだと分かった。
 ヒーターが切れていたのだ。プレコちゃんは、筆者に救いを求めて、見やすい位置まで出てきていたのだが、筆者は気づかず、みすみす死なせてしまった。丈夫なプレコのことだから、仮死状態になっているだけで、水温を上げれば蘇生するかもしれないと思いヒータを取り替えたが、死んだ命は戻らなかった。水面には多量の油と悪臭。プレコは同時期に購入したもう一尾が別の水槽にいるが、多くの魚の命を奪った筆者は忸怩。その逆立ち芸で、地震の接近を確実に教えてくれたプレコちゃん。その予知能力は正確無比だった。地震予知の世界は、とても悲しい。

286 :名無しさんダーバード:2001/01/29(月) 03:20
★ 24日朝、耳鳴りは、やや軽減。しかし依然、強い状態が続く。アマ無線、10mFMには異変確認できず。TVIも強い状態が続いている。(受信ブースターをつけず、室内ポータブルアンテナ利用)アクアリウムでは、死んだのとは別のプレコが激しく底砂堀をしたため、水草が浮いてしまっている。
 宏観は快晴、目立った地震雲は確認できないが、こういうときが危ない。朝夕の赤焼けはかなり強い。
 発生状況を見ると、耳鳴りに該当した地震は、今朝未明に続いた兵庫県北部M4.4、震度4、および伊豆諸島南方のM5.4、4.9である。おそらくFプレートの後者だっただろう。書き忘れていたが、22日に青松氏から予知犬の怯え鳴きレポートがあり、これは500キロ圏の震度4以上の地震前兆ということなので、兵庫県北部M4.・4が該当しそうだ。とくに伊豆沖(東海沖)の2連発は、東海地震の前駆活動としてかなり危険だ。ゼニス海嶺にM6が発生することが御前崎反転隆起の合図と言われている。
 このところ中高年主婦のボケミス被害に遭い続けている。さきほどは不注意な主婦の自転車にぶつけられ打撲傷。一昨日は、タクシー営業中、中年女性が助手席のドアを勝手に開け、通行中の自転車にぶつかりボディを傷つけられた。こうした被害は賠償請求できず、ゴメンナサイの一言でおしまいだが、責任はきっちりと、こちらが取らされるので参っている。ありふれた女性のボケも、原因を地球活動に求める必要があるかもしれない。打撲で腫れた膝をさすりながら、「バカオンナにつける薬はない!」とわめくよりマシ。
 総合的に勘案すれば、中部関東周辺の前駆活動はますます活性化し、本番に向けてカウントダウンを着実に歩み始めている。房総沖・東海・若狭の超弩級は近い。(3年前から同じこと言い続けているので、かなり色あせたが)明瞭な地震雲を把握できるか否か、とにかく本番が近づけば、阪神大震災前と同様の電磁気ポルターガイスト現象の嵐が始まると思っている。また、耳鳴りで死んでしまうかもしれない。

287 :名無しさんダーバード:2001/01/29(月) 03:21
★ 26日朝、起床時間が遅いために地震雲の観測がうまくいかない。今朝は午前9時過ぎ、非常に強い耳鳴りとゴーという航空機のような地鳴り音で目覚めた。これは数時間も繰り返し続いているので、大型地震前兆と考えてよいだろう。曇天だが、連日、高層雲に南北の方向性が見られ、これは石川県、ウラジオ方面の前兆と考えられる。
 昨日は新月トリガーで、下記、プレコの底砂堀から、近郊で強い地震を予測したが、昨夕、徳島でM4.9、今朝、京都でM4.4と震度3を超える強い地震が続いた。この前兆は、数日前から関西方面から激しく放射現象があったことを記憶している程度。長期間、強い放射が続いているので、面倒で書く気もしなくなっていたが、これは阪神大震災前と同じ現象で、非常に危険な兆候である。
 アマ無線には特に異変は確認できないが、TVIが非常に強い。プレコの底砂堀は治まっているが、ときどき暴れている。したがって、一連の関西方面の変動は、当分の間、続きそうだ。ニチコンさんからも、今朝のM4.4の前兆と思われるレポートが届いている。熊本からも、危険な前兆レポートが届いている。今朝の地鳴りは、まだ震度4を超える強い地震が接近している可能性を示すもので、前駆微振動に注意されたい。ポルターガイスト現象のあった岐阜県美濃山間部と若狭方面に危険が迫っているかもしれない。関西方面の異常活動は、経験則からフィリピンプレートの活性化に対応していると考える。前兆観測ネットからも、仙台に大型断層状雲が出ている内容のレポートあり。再び、超大型が接近した可能性が強まった。
 現時点で、若狭湾だけが空白で、その周辺で非常に強い活動が続いていることに注目すべきだ。当然、空白域で巨大地震を疑わねばならない。ちょうど老朽化した40基の原発の真下である。リアス式地形から、数百年、数千年に一度、巨大活動をして沈降する地域であろうことは疑いなく、過去の地殻変動履歴は、原発のアセスメントのため、故意に隠蔽された疑いがある。

★ 26日夜、インド西部でM7.9が発生し、エルサルバドルに次いで再び死者数千名規模の大震災になった模様。地球規模で、このようなM8近い大変動が起きるのは、惑星引力のバランスが偏っているかもしれない。今回は新月トリガーの影響だろう。
 名古屋でも、夜になって耳鳴りが深刻になっている。空も赤く発光気味。水槽ではコリドラスが激しく乱舞している。どうも国内でも大型が迫っているようだ。地震雲の観測がうまくゆかないので震源ははっきりしないが厳重に警戒されたい。
 富士宮の溝口氏からファックスで、東海地震の想定震源域が、これまでの御前崎〜富士川河口から西よりの天竜川〜清水市間、つまり遠州灘沿岸部ズバリに変更になったとのこと。もちろん浜岡原子炉の直下である。また富士山の低周波地震が異常に増大していること、および静岡沿岸部では明白な第二次空白状況が確認されていて、東海地震の発生はカウントダウンといってよい状態。
 筆者は携帯用のオールバンド、オールモード、FT817を購入したが生憎、初期故障で返品。勤務中に常時ワッチし、異常伝播を捉えたいと考えた。今回のインド大地震も、HF帯の異常伝播を捉えていれば、ある程度予測できただろう。国内もVUにバリバリノイズが入感するので注意すれば予測できる。アマ無線はダンプ・トラック違法局に乗っ取られている状況だが、地震予知に関心をもつアマチュア局がチャンネルを奪い返し、毎日、伝播状況を把握すべきである。
 東北太平洋岸、房総沖、遠州灘沿岸、若狭における巨大地震が迫っていると危機意識をもって取り組もう。日本政府など潰れてしまうだろうが、一人一人の命は、それぞれに全うしよう。放射能被災から逃れて、集団営農で楽しく暮らそうじゃないか。

288 :名無しさんダーバード:2001/02/23(金) 08:15
★ 29日朝、2日連続の仕事だったので更新が遅れ。「どうせ、アテにしてない」って?
 さて、インド南部のM7.9は、その規模通り、トルコ地震に次いで死者、数万人の超巨大災害になった模様。現地は地震の頻発地帯で、耐震基準も最も厳しいとの報道あり。震度7の揺れではどうなるか、我々は1995年の経験で知っている。原発の耐震基準は、若狭周辺で震度5、浜岡で震度6にすぎない。老朽化した炉心は中性子劣化を起こし、鋼鉄がスポンジに変わっている事実は我々、非破壊検査従事者の常識。福島原発は震度4で炉心配管を破断させた! 神戸では、新築高層ビルの基幹鋼柱が水平に破断した。震度6耐震設計のビルで、深刻な被害に遭わずにすんだビルは存在しない。東海地震の予測震源地が、これまでの駿河湾〜御前崎から、衛星測量の結果、西にズレ、清水市〜浜松市ということになった。一番確度の高いのが遠州沿岸であり、そこに中部電力浜岡原子力発電所が5基稼働している。初期の炉心は耐用年数に近い25年であり、老朽化していると断言できる。予測される地震の規模はインド地震よりも大きく、M8.0〜8.4程度である。内陸直下型になる可能性が強く、豊橋〜清水市間は震度7で潰滅する恐れが強い。
 その東海沿岸〜御前崎沖方面から、昨日、再び非常に激しい放射現象が発生した。走行中なので正確な位置は不明だが、収束点は遠州沖合と思われ、経験則からの推定規模はM5以上、そして角張った規則正しい鱗状雲が発生した。これは阪神大震災など震災級地震の7日ほど前に出現するタイプである。
 今朝も全方位に薄い赤焼けが見られ、耳鳴りも非常に強力。国内のほとんどすべての地域で、強い前兆が観測され始めている。震源を特定できないほどで、地殻変動が異常に活性化していることを示す。トルコやインドでは数万人の死者だけですんだ。だが、日本では震源地真上に原発が存在し、震災メルトダウンを伴うなら、その死者は500万人に達するだろう。そして放射能汚染国土は50万年以上、人類の生存不適地帯となるのだ。日本中に奇形児が溢れ、ロシアと同じく、人類の遺伝子劣化に寄与するだろう。
★ 31日朝、日本列島の歴史的な超弩級地殻変動が迫ったことをを予感させる異常に活性化した発生状況。もはや地球全体が巨大地震の洪水に見舞われようとしているのか。ノアの洪水以来の人類淘汰の時代がやってきたのかもしれない。某キリスト系団体が叫ぶ、「裁きは近い!」という言葉が真実味を帯びてきた。
 今朝、激しい耳鳴りと共に、関西全域から強い放射現象が起きている。中心は京都府・琵琶湖方面であり、いよいよ山崎・花折断層系の巨大活動を覚悟すべきだろう。今朝の放射状雲には、まだ鋭さがなく、規模もM4〜5程度だが、その範囲があまりにも広く、京都府全域・若狭地方を震源とする大型地震の前駆活動と捉えるべきだ。
 逆方向の遠州沖〜伊豆諸島にもM5級、震度5クラスが迫っていると判断する。神津島付近は、とりわけ警戒されたい。だが、ここには原発はない。関東・東北・北海道に続いた静けさ現象は破れていて、とりあえず巨大地震は遠のいた。南西諸島もM3〜5の頻発。明日頃の半月トリガーに、京都府や遠州沖・伊豆諸島では確実に強い解放があるだろうが、今の段階で、東海地震など超弩級が迫っている宏観ではない。アクアリウムの異変や、電磁波受信状況も、軽いブロッキングノイズは出ているが、とくに強烈なものは確認できない。巨大解放が迫っているが、今すぐとはいえない。東海地震も、まだ数ヶ月内の明瞭な兆候を確信できない。
 筆者はHF機を修理に出していてアマ無線は受信できない。購入したFT817も、初期故障で返品したまま戻ってこない。10mFMの常連交信者であるJL2KJKから、29日、非常に強いノイズが出ているとのレポートあり。10mノイズは電離層スキップ1000キロ程度の北海道や南西諸島、フィリピン海域の異変を受信するのである。Fプレート巨大地震の場合は、通常フニャラと称される違法局の振り切れ(60DBオーバー)受信を伴う。北米プレートの場合は、北海道方面の振り切れ受信を伴う。

289 :名無しさんダーバード:2001/02/23(金) 08:16
★ 2001年2月2日朝、昨日は黄色みを帯びた光や強い地気など異常宏観があったが、今朝は耳鳴りが強いまま続いているものの、雲底高度上昇など明瞭な異変は確認できない。発生状況を見ると、関東方面に、千葉M3.5と、今朝の8時過ぎに神奈川西部M4.4。震度3が起きている。これは予測されている小田原地震の前駆活動である疑いが強く、数日前から出ている遠州灘方面の非常に強い前兆の結果といえなくもないが、方位がやや異なるので、まだ、これから駿河湾〜遠州灘に発生があると考えるべきだ。
 京都方面も、延長である兵庫県北部群発地震が活性化していて、M4、震度3クラスが続いており、この前兆だったかもしれない。
 昨日は、タクシー無線のブロッキングレベルが一段と高く、まともに配車指示、交信ができない状態が続いた。これは、今朝の神奈川西部M4.4のノイズ抑圧の可能性だが、まだ終了していない。関西方面も全体に湯気の立つような宏観が続いている。
 半月トリガーピークなので、今日明日いっぱい中小規模の解放が続くと思われるが、今の段階で巨大解放の兆候は存在しない。
 現在続いている宏観異常は、数年前には考えられないほどレベルの高い深刻な状態が、ほとんど連日連夜続いていて、アレルギー・アトピー体質の過敏症諸氏は激しい耳鳴りにノイローゼになりかかっているのではないか? 心配ない、あなたのせいではなく、地殻活動による異常事態である。だが、一連の異変は、日本列島の歴史的超巨大変動が終了するまで、20年近くにわたって繰り返され、ますます激しさを増すだろう。今回の歴史的解放は安政時代、あるいは白鳳時代以来のもので、理科年表を開いて、安政連続地震の規模や年月を確認されたい。これが、もし白鳳巨大地震レベルだと、中央構造線やフォッサマグナの超弩級大変動を引き起こすだろう。それがあったのは1000年前で、この両者は1000ごとに大変動を起こしているのだ。フォッサマグナの場合は、松本市周辺が変動の中心となり、M8クラスの大解放となるはずだ。中央構造線だと吉野川・紀ノ川断層だろう。
 地球という生き物は、それに寄生する人間などの生物に対し、思い上がった意識の象徴である超高層ビルや新幹線などに不変の存在を保証していない。それらが一時的に形や機能を保てるのは、地球の呼吸のごく小さなサイクル、それも、わずか数十年程度に過ぎないのだ。地球にアイソトープ崩壊熱による熱対流があり、熱力学第三法則がある限り、表層の冷えたプレートは地下深くへ、内部の熱いマントルは地表へと脱出を繰り返す。人類はその呼吸に翻弄され続け、その恩恵を受けて命脈を保ってきた。人類が生存できるとすれば、地球の神様のご機嫌を損ねないように、謙虚に小さく、倹約節約してエコロジーサイクルを大切にし、助け合って、辛うじて生きて行けるだけのことである。地球は、「人間よ、思い上がるな!」と言っている。文明など地球活動に比べれば、小さなオモチャにすぎない。見栄の虚構にすがりついて、自分を大きく見せたがる人々は、地球に淘汰されるのである。
★ 1年2月4日朝、黄色みを帯びた曇天。ただ事でない猛烈な耳鳴りの継続。全方位赤焼け現象。地震雲を観測できていないので震源、規模等を推定できないが、現在見られる宏観は、明らかに巨大震源の浮上を示している。これが国内なのか外国なのか、まだ不明だが、エルサルバドル、インドに次いで今年3回目の巨大震災が迫っていると考えるべきだ。今度は国内かもしれない。
 今のところ、国内に震災級が発生するとするなら、可能性の高い地点は@京都市〜若狭 A神奈川〜房総沖 B宮城沖 C遠州灘 D山形沖 E豊後水道 というところだろう。 昨朝、関東全域に赤焼けが見られた。また京都の読者から電話で、昨日、京都テレビ(KBS)とラジオ放送が電源トラブルで数時間、放送が中断したとのレポート。また、京都市内で自動ドアが勝手に開いたり、開かなかったりの異常が頻発しているとのこと。これは阪神大震災前に報告された現象と同じである。
 岡崎の地震雲研、倉多氏から1日に琵琶湖〜京都方面からM5クラスの帯雲を観測したとのレポートがあった。この方位からは連日、強力な放射現象が出ているが、兵庫県北部群発震源が活動を続けているので、その影響かもしれない。だが、阪神大震災前に、よく似た猪名川群発地震があったことを思い出すなら、はるかに規模の大きなこの群発を前駆活動と見れば、その本震のスケールに背筋が寒くなりそうだ。
 次のトリガーは8日頃の満月で、今度はタダではすみそうにない。再度、水タンクなど非常装備の点検を。

290 :名無しさんダーバード:2001/02/23(金) 08:17
★ 2月6日朝、もの凄い耳鳴りで死にそうだ!
 昨日は、タクシーナビシステムが終日誤作動を繰り返した。鳥取西部地震の直前に似ているが、今回ははるかに深刻。GPS受信のブロックにとどまらず、内蔵プログラムが暴走した。こんなことは過去に例がない。交信ブロッキングもひどく、通信に支障をきたす機会が増えている。アマ無線はバリバリノイズがひどく、東海地内のダクト性?異常伝播が頻発している。
 昨日、雲底高度が異常に上がり、南海トラフや関東全域の強い赤焼けがあった。耳鳴りと併せて、経験則から南西諸島〜台湾・フィリピンのフィリピンプレート巨大地震を疑うが、忘れていたフィリピンM8の大余震が未発という青松氏の指摘があり、なるほど非常に疑わしい。だが、遠州灘、関西全域からの強い放射現象が続いていて、国内震災級の疑いも強い。あまりに前兆が多方向で、どこが震源なのか判断に迷う。東海地震本震の疑念も捨てきれない。
 発生状況を見ると、関西南部で強い地震が頻発していて、さらに東北太平洋岸でもM5に近い地震。これらは雲底高度や赤焼け宏観に関与したと思われるが、更新中も激しい耳鳴りが続いていることから、大本命は未発である。8日の満月トリガーまで待たされそうだ。
西の空に、小笠原方面からの黒い帯雲も多数出ていたが、これは今朝、小笠原でM4.8。鱗状雲は非常に乱雑。高層雲に若狭と遠州灘を結ぶ方向性あり。 アクアリウムではプレコの底砂堀が再開。ときどき激しく暴れる傾向。肝心の地震雲が不明瞭で、はっきりした震源の推定が見極めにくい。読者は緊急に非常装備の再点検を。覚悟を決めるべきだ。
 神奈川の吉川氏から富士山低周波地震についての記事コピーをいただいたが、内容は中日版などと同じで、すでに新聞でご覧になっていると思う。大噴火の予兆となるもので、マグマの上昇を示すもの。昨年、富士登山の折り、8合目の沢筋に雪がまったくついていないのが不審で、やはりマグマの上昇、地熱を疑った。前回の噴火が300年前で、この程度の時間は、火山にとっては昨日今日のレベル。大落石事故や大沢崩れの激化もマグマ上昇と関係がある。
★ 6日夜、連日の凄い耳鳴りの正体震源を示す地震雲が出た。残念ながら、デジカメの充電器を紛失し撮影できない。
 それは西の空の低い位置に南西から北東方位の長大な帯雲として本日、午後に出現した。規模はM5プラス〜M7超クラスである。おそらくM6弱で、震源は豊後水道・南西諸島〜台湾・フィリピンである。発生はカッチリとピントのあったレリーフ状雲から72時間以内、やはり明後日の満月トリガー付近と考える。台湾やフィリピンで続く巨大余震の疑いが強く、当地では警戒が必要と思う。
 逆方向の東関東方面震源のM4〜5プラスの断層状雲も出ており、こちらも満月トリガーでの解放になるだろう。規模的には震災級ではない。せいぜい震度4止まり。問題の琵琶湖方面と遠州灘方面については明瞭な前兆を確認できない。数日前から南海トラフの赤焼けが始まっているが、明日の朝夕の赤焼けは強烈なものになり、ムーンシェルも観測できると思う。

291 :名無しさんダーバード:2001/02/23(金) 08:19
★ 8日、今朝5時に帰宅したとき、まだ暗い夜空に煌々と輝く満月を見た。オレンジ色に染まっていた。ムーンシェルもくっきりと確認できた。9時半に、再び猛烈な耳鳴りで寝ていられなくなった。屋上へ出て宏観観察したが、明瞭な地震雲は確認できず、スッキリと晴れ渡り地気も出ていない。アクアリウムではプレコが元気をなくしている。
 耳鳴りの規模から、フィリピンプレートM5〜7という予測を、もうワンランク上げてM6〜8に変更すべきだと思う。昨朝、宮古島でM4.7が起きているが、その程度の規模ではない。今朝も凄い。台湾〜フィリピンはM7級余震に警戒すべきだ。
 昨朝、放射現象の続いた遠州灘でM2.8。東海地震の前駆地震に違いないのだが、もし一連の耳鳴りが、この震源のものなら、東海地震の発生が差し迫っていることになるが、まだ前駆微振動や電球タマ切れなどは確認できていない。それに10日ほど前から高温現象と霞むような地気が続き、救急車のサイレンの音が絶え間なく続くことになるだろう。まだ、その段階ではない。
 前兆掲示板に耳鳴りや「待望の地震雲」と書いたら、ブーイングが書き込まれているが、暇な人もいるものだ。筆者は、常に地震雲を待望している。これだけが、地球の恒常的生理である地殻活動の、震源地と規模を正確に示すからだ。あれこれ他人にケチをつけることだけに執念を燃やすのは不幸な人生だ。鵜の目鷹の目で他人のあら探しをして過ごすヒマがあったら、自分で宏観観測の経験則を蓄積した方が有意義だと思うがいかが? この人、よほど小言のなかで育ったんだね。
★ 8日夜、本日、昼過ぎに南西諸島、宮古島でM4.7に次いでM5.9とM4.5が発生した模様。これは下記、予測の該当規模だが、午後7時現在、耳鳴りは終息せず、10mFMにフニャラの入感、ノイズ増大、UHFにパルス性ノイズなど確認。まだ続きそうだ。台湾、フィリピンに予測した大型余震は起きていない。満月トリガーの影響は今夜から11日くらいまで続く。要警戒。
★ 10日午後、耳鳴りの本命震源は、宮古島のMAX、M5.9の連続地震と、昨日書き忘れた徳島M4.7、震度4だった模様だが、10日午後現在、ピークよりも幾分弱まったものの、激しい耳鳴りが続いている。今日は名古屋地方は肌寒い曇天で、夜には雪模様になりそうだ。地震雲は観測できず、電磁波なども特に強烈な前兆があるとは言い難い。しかしTVIと地気は非常に強く、まだ大型地震が迫っている印象。昨日、救急車の出動が非常に多い印象だった。
 午後、鹿嶋地震雲研名誉会長から電話レポートで、千葉に北北東〜南南西の明瞭な帯雲、規模はM6以上、震源は三陸沖〜北海道東方、10日以内の可能性とのこと。
 青松氏からも、昨日、強烈な電磁波前兆が続いているので大型発生を疑うとのレポート。ただし、犬の怯え鳴きは、まだ確認できていないとのこと。
 満月トリガーの影響は明日頃まで続くと思われ、国内小中規模多発型となっている。台湾・フィリピン方面に大型余震を想定したが、これは外れているが、まだ予断を許さない。M7級なら東アジア全体が晴れ上がり、雲底高度も6000mまで上昇すると思われる。
★ 11日朝、今日は休みだったことを忘れ、会社へ行って「今日はアンタはいらねー」と言われてガックリ帰宅。更新後は鈴鹿山地へ行く予定。
 今朝の前兆は凄いぞ! 昨夕も関西全域から強力な放射現象。京都府方面に危機が迫っている! クリアに晴れているが関西は地気のため霞んでいる。地震雲は確認できない。朝陽に真珠色の照り映えが出ている。10mFMにガーガーノイズあり。
 全般に関西の異変が激しく、これは台湾地震M7.7の直前の雰囲気に似ている。昨夕は久しぶりに台湾のBV2NTも出ていた。この人が29MHzで聞こえると台湾に地震が起きるのだ。しかし、電界強度としては弱いものだった。
 耳鳴りが激しく復活している。各地で小中規模が激発状態。地殻活動が極度に活発化しており、やはりFプレートの巨大地震が続きそうな予感。前兆に目が離せない。 京都方面と南西諸島方面は非常に深刻な状態と認識。

292 :名無しさんダーバード:2001/02/23(金) 08:19
★ 11日夕方、鈴鹿山地、筆者が私的所有権を主張する(だけだが)御池岳、日本庭園に向かったが、かなり地気が強い。ゲートは施錠されておらず、コグルミ谷から鞍掛峠に向かおうとすると、工事現場の作業員が重機を並べて交通遮断。抗議すると、作業の若者が「ワレ!なめとんのか、ぶっ殺すぞ!」と怒鳴った。国定公園の山岳は、休日に市民が登山ハイキングで入山して楽しむ権利がある。それを、建設省や工事業者が私的理由で阻止することは許されない。国道管理事務所に抗議しようと104に電話番号を問い合わせたが、そんな名前のセクションはないとのこと。どうやら省庁再編で名称が変わったらしい。それらしいセクションに電話しても通じなかった。諦めて下に駐車して、とぼとぼと鈴北岳へ。
 帰路、凍結した国道を歩いていると、今度はスズキジムニーを連ねた連中(仙駆会とか書いてあった)がもの凄い勢いで登ってきた。左右にブレているので危険を感じたが、やはり筆者に向けて突っ込んできた。轢き殺される危機を感じ、ガードレール外に退避。「バカヤロー、気を付けろ!」と怒鳴ると、若者が一人降りてきて、「テメー文句があるんか! オレラがどこで事故を起こした。殴られたいんか」と詰め寄ってきた。筆者も本気になりそうだったが、バカとケンカする歳でもないので無言で下山。
 なんなんだ! 今の若者は? 他人に怒られると、ケンカを売られたと感じ、謝るどころか、敵愾心を剥き出しにする。ほとんど暴走族の世界だ。彼らは他人を大切にせず、他人から学ぶこともできない。自分のやりたいようにやる。他人の迷惑などどこ吹く風。こうした発想は、今の学校教育、選別主義がもたらした最大の成果だ。まちがいなく、彼等の世代には心豊かな日本社会は存在しない。それは暴力に支配された暗黒の地獄に変わるだろう。彼等は地獄のなかで、何が大切なのか思い知るしかない。
 午後5時頃から震度4を超える、泡の弾けた鱗状雲と無数の筋状雲。いずれも関西に向かっている。耳鳴りも猛烈。久々にプレコの張り付きがみられる。心の地獄と、天変地異の地獄が同時に近づいている。
★ 13日朝、凄い前兆! 北の空の低い位置に、東西の強大な断層状雲。推定震源地は中国地方西部、規模はM6〜7プラス。さらに高層雲の流れが熊野灘、紀伊半島方面にも向かっている。こちらも相当規模が大きい。激しい耳鳴りの継続。アマ無線UHF(筆者JP2AVSは、FT817を購入し、最近、名古屋のタクシー運転手が集う434.06にいることが多いが、今、このチャンネルは岐阜県のダンプ無免許グループの乗っ取りに遭っている。夜はOK)には、まるで火山性ノイズのようなグオーグオーという波状的なノイズが強力に入感している。伊豆諸島の大群発地震、火山活動発生前の状況に酷似したノイズである。TVIも強力な状態が継続。
 どうやら国内震災級の接近は確実に思える。高層雲の乱れた模様は、三宅島噴火時に酷似している。やはり富士山が噴火するのか? 山陰地方には最大級の余震か、別のM7級が迫っている。東南海地震の震源地である熊野灘や東海沖が異様に活性化している。これも、ほぼ東海地震の前駆活動と見て間違いなかろう。いよいよだ、いよいよだぞ!
 余談、昨日朝、筆者がタクシー営業中、中村区の準繁華街、太閤通りで対向車線に客を見つけ、後方の安全を確認し、右折車線に入らずに追い越し車線からUターンしようとした。(切り返しを省くため)、その右折車線に車影が見えたのでストップしたら、乗用車が筆者を追い越し、対向車線に突入して急ブレーキをかけながら約70m蛇行走行して止まった。幸い事故にはならなかったが、この車はもの凄い勢いで筆者の車を追いかけてきて前に割り込み、25歳くらいの若者が車から降りてきて、筆者にバカヤローと詰め寄った。「てめー、なんちゅう違反運転をするんだ!」と怒り狂っている。なるほど、Uターンは一番右よりの車線から行うのが常識。みなさーん! 私が悪いと思いますか?
 さて、ここで問題です。70mで止まるスピードは? 推定時速120キロ。彼は、追い越し車線の筆者を右折車線から追い抜くつもりだったようだ。彼は筆者の営業所に悪たれをつき「今から行くから」と電話をかけて、会社は無線で筆者を呼びだした。だが結局来なかった。そりゃそうだろう。来たら、対向車線に残る彼の暴走痕を証拠として警察に突き出すつもりだった。彼は、筆者を違反運転と決めつけ、自分は正しいと主張しているのだ。おそれいりました。これが今の若者なのか? 若者禍の3連発。日本は潰れた方がいい。この若者は同じ行為を何度も繰り返すだろう。今度は助かるまい。筆者のように、常時後方を注意している運転手は少ない。

293 :名無しさんダーバード:2001/02/23(金) 08:21
★ 13日午後、2時頃からユラユラと前駆微振動を感じている。10mFMにはフニャラの60DB入感、JK7BPF(仙台)に電話したところ、10mでJD1(小笠原)、JS6(南西諸島)の入感を確認とのこと。青松氏からは南海トラフなどの非常に強い赤焼けレポート。
 これらの状況を判断し、数日以内にフィリピンプレートにM6〜7プラスが発生する疑いが強まった。震源地は小笠原・南西諸島・台湾の範囲である可能性が強いが、フィリピン列島やニューギニア・カリマンタンの疑いも残る。
 放射現象や地気から、紀伊半島方面にもM5級が発生する疑い。こちらは震度4を超えるだろう。伊豆諸島のマグマ活動も復活している。火山性と思われる激しいノイズも出ている。非常に深刻な宏観が続いていて、曇天のため雲底や高層雲を確認できないが、最大級の警戒を必要とする状況に至っている。高層に関東方面に向かう流れも見え、関東も安全ではない。読者は震災装備の再点検を!
★ 15日朝、今朝の宏観は比較的穏やか。快晴で雲底高度も上がっていない。だが、相変わらず耳鳴りが激しく、アマ無線のノイズもHF帯、VUともに強い状態。昨日が半月トリガーで、予測したFプレートには、昨朝スマトラでM7.3が発生した。その前にエルサルバドルにもM6.6の余震。これらはトリガー励起地震である。まだ10mにフニャラの入感が強く、関西や中国地方西部の予測震源が未発なので、当分、警戒を続ける必要がある。前兆掲示板を見たら、KS氏のナマズが大暴れしたとのこと。これは、およそ3〜7日程度のタイムラグがあるので、1週間以内に西日本方面に大型が発生する前兆ということになる。
 午前10時40分現在、29.22MHzで沖縄局が振り切れ入感した。発信地域を確認するために交信したが、JR6UAM中頭郡のコウチさんとのこと。これは、かなり珍しい入感で、これまで、あまり例がない。この伝播は、震源性縦型Eスポによるもので、後方散乱の可能性。すなわち沖縄〜石垣海域に巨大震源が存在し、そこから放射された電離カーテンに反射し、さらに途上の平行電離層に反射して到達したと考える。今日の10mの伝播状況は、台湾以南のフニャラが強く抑圧されて信号が歪んでいて、やはり南西諸島に巨大震源の浮上を疑うべきである。波状ノイズも相当に激しい。
★ 17日朝、本当に、これが金曜か?と思うほど閑な、人出の少ない金曜営業だったが、かの青松氏の協力を得て(オカネモチ青松様、おありがとうごぜーますだ)辛うじてノルマをクリアして、朝6時に就寝。ところが午前10時前に、再び強烈な耳鳴りで目覚めた。空は快晴、雲一つない・・・・と、確認すべく屋上に上がると。南の空の、やや高い位置にそれはあった。
 でーーたーぞーーーーー!!  ナイフで切り裂いたような東西(正確には東東南東〜西西南西)の鋭い白帯雲。規模は推定M5〜6プラス。震源は御前崎、駿河湾〜房総沖付近と思われる。その帯の鋭さはただ事ではない! 発生がいつになるか、予測が難しいが、7日以内であろう。デジカメの充電器を紛失しているので写真を撮れず、あわてて地震雲研、倉多氏に電話、とにかく写真を撮ってくれと頼む。倉多氏の見立てでもM5以上とのこと。こうした裂帛の帯雲は、最も危険な地震を意味する。しかも震源地は東海の疑い。これが東海地震の最初の帯雲になる可能性は少なくない。覚悟を決められよ。
 さて、発生状況を見ると、今朝8時過ぎにヨナクニ島付近でM4.9、これは下記、JR6URMとの交信をもたらした縦型Eスポ震源に違いないのだが、M5程度では信号が振り切れることはない。したがって、当地に、さらに大きな震源が解放寸前であることは確実。
 それを裏付けるように、10mFMに台湾フニャラが60DBで入感している。JK7BPF中津氏からノイズレポートもある。
 なお、筆者が下記、中国地方西部M6〜7プラスとした帯雲の解放時期については、まだはっきりしない。半月程度は警戒が必要である。M7クラスの場合は、1ヶ月以上前から繰り返し出現するのが普通である。鳥取西部地震の前兆の出方を、当HPでご覧ください。数ヶ月も前から若狭・山陰方面の巨大前兆と書き続けている。

294 :名無しさんダーバード:2001/02/23(金) 08:23
★ 17日午後、本日の東西の強烈な帯雲は、終日出続けた。倉多氏の見立てではM5〜6、御前崎方面震源、筆者はM5〜7、やはり御前崎・駿河湾・伊豆半島付近、発生は7日後の2月24日頃と推測。ちなみに新月トリガーが22日になる。
 ニチコンの山本氏は、西日本震源、震災級の可能性とレポート。青松氏も御前崎、相当大規模と評価。倉多氏は西日本方面にも大きな震源があると指摘。放射現象の規模が大きいとのこと。これはタダではすまんぞー! 装備の再点検を!
 前兆量の信号機が3月20日で解雇のため閉鎖と予告。ショック! グスン、ここが閉鎖されたらギャーコクゴに弱い筆者は、どこに頼ればいいんだ! お願げーだから継続してくだせー!
 さーて、プライド1000人前、実力100分の1人前のアカデミズム、地震学研究者たちは、この前兆をどう捉えているか。だぶん、前兆がでていることさえ気づいていないだろう。ワシラをコケにし、小馬鹿にし、ウイルスを送りつけて嫌がらせするしかノウのない地震研究者の皆様方よ、いよいよ我々民間研究者に嗤われるときがきたぞ! 覚悟しやがれ!
 実は昨日タクシーに乗せた客が、筆者の姓が珍しいと言うもんで、この氏姓は足利氏にまつわる姓で北条ともゆかりが深いんだと講釈をはじめたら、いたくお気に召さず、「私は淑徳高校の世界史の教師だ、君のいいかげんな知識など聞きたくもない」などとコキやがって、逆に筆者に講釈をたれたが、その無内容、聞きかじり、知ったかぶりにあきれかえってものも言えなかったが、とりあえず運賃が欲しかったので黙って聞いていた。
 嗚呼、アカデミストはここまで、思い上がったプライドだけの無能なバカが揃っているのだと感心した次第。タクシーの運転手風情に講義されたので、面白くなくてケチをつけたようだが、淑徳高校の生徒が実に気の毒だ。この程度のゴミ教師に知ったかぶりの知識を強要されるなら、君たちは永遠に歴史学が嫌いになるだろう。教師やってるだけでタクシーの運転手よりエライと思ってるみたい。バカにつける薬はない。他人の知識だけを頼り、知ったかぶりでいる三無猿の愚か者どもめ、てめーらこそ無知の恥だ。たまにゃー自分の目と頭を使って見ろてんだ。ついでに足も使え! たまには筆者に運賃をカンパするのは許すぞ。
★ 18日夜、今日はタクシー営業を早めに切り上げ、明日、登山の予定なので今の内に更新します。
 今日の前兆も凄かった。明白な温暖現象、16日には名古屋で春一番が吹いたが、今日は小春日和で地気強く、明らかな地震性の温暖現象だ。地震雲も凄い。午前中は北の空の低い位置に、中国地方震源と思われる大型帯雲、13日に観測した帯雲と同じ震源だろう。規模も同じでM5〜7プラス。鳥取・島根の最大級の余震か、別のM7級の前兆である。解放のタイミングについては、次の新月が危険日になるが、この地気模様から意外に早いかもしれない。
 午後からは異様なほどの高層雲、雲底高度も高く、強い前兆だが、本日の茨城M4.1のものかもしれない。18時頃、千葉の地震雲研、鹿嶋名誉会長から緊急電話。たった今、千葉市の真上を巨大な帯雲が走っているとのこと。方位は西南西〜東北東で、震源は西方面、規模はM5〜6とのことなので、昨日レポートの御前崎・駿河湾付近震源と予測した帯雲と同じ震源の可能性が強い。これは東海地震の開始を告げるファンファーレの地震になるだろう。ゼニス海嶺の崩壊をもたらし、御前崎反転隆起に結びつくと予測する。とうとう本番が始まったという印象。
 耳鳴りも異様に深刻。なお、10mの沖縄交信から予測した、石垣海域の予測地震はヨナクニ島のM4.9だけしか起きていないが、信号機世界版によればM5.4であり、この規模なら振り切れ受信もあり得るかなという感じ。だが、深刻な耳鳴りの継続は、やはり南西諸島方面の巨大震源を疑わざるをえない。
 前兆掲示板に、KS氏のナマズか過去最大級の大暴れと記載! 読者よ! 誰よりもKS氏のナマズが信用できる。関西ナマズ氏のナマズはどうなっているのだ? 両方同時なら100%、大震災を予測すべきだ!

295 :名無しさんダーバード:2001/02/23(金) 08:24
★ 19日朝、早朝の宏観に地震雲は確認できないが、猛烈な地気、激しい耳鳴り、ナマズの大暴れ情報など、新月トリガーを中心に数日中に日本列島に震災級が発生する恐れが強まったと判断し、警戒警報を発令したい。
 震源地と疑うのは、西日本、中国地方西部と、駿河湾周辺だが、後者については海洋性で、今の段階で東海地震本震を示す情報はない。その前駆的なゼニス海嶺を崩壊させるM6前後と予想している。あと、可能性のあるのは京都〜若狭、兵庫県北部方面だが、こちらについても明瞭な前兆でなく、放射現象などから推定する程度である。
 次のトリガーは、3日後の新月になり、この前後2日間、24日頃までには発生があると考える。読者は十分な準備をされたい。
★ 21日朝、猛烈な地気、温暖現象。明瞭な地震雲は確認できないが、遠州灘方面からの放射現象が見える。10mFMにはガー、ガーという数秒単位の異様に激しいノイズが入感している。フニャラも入感しているが信号が歪んでいる。極めて危険な前兆だ。
 今朝、久しぶりに耳鳴りが軽減しているのに気づき、「おやっ?南西諸島にM6級が発生したのか?」 と発生情報を見ると、予測している石垣海域、ヨナクニ島にM5.4が起きていた。深刻な耳鳴りは南西諸島の大型地震前兆であるケースが多いが、非常に強く長時間続いた割に、M5.4では寂しい気もする。だが、相当多数続いたので、まあよしとしよう。
 10mの強烈なノイズや、周辺の霞む激しい地気などは、予測通り、数日中に日本列島周辺で大型地震が発生することを示しているが、今の段階で、列島各地から深刻な前兆情報が寄せられており、主要震源地を特定するのは困難。中国地方西部と予想したM5〜7プラスは、方位的にヨナクニ島と重なるので、M5.4の前兆であった可能性もある。だが、KS氏、それに関西ナマズ氏のナマズが同時に大暴れした現象は、過去にほとんど例のない深刻なもので、中国や東海を含む周辺地域に震災級が発生する恐れが非常に強いと認識すべきである。
 今朝の段階で、TVIはやや強い程度。前駆的微振動は確認できない。水槽でプレコが底砂を掘った形跡も確認できないが、この10日ほど明らかに元気をなくしている。なお、鳥取西部地震の際は、7日ほど前、曇天の空から無数のオッパイが垂れ下がっているような異様な宏観が見られた。赤焼けも極めて強烈だった。昨朝、筆者は全方位赤焼けを確認したが、今朝は見過ごした。
★ 21日夕方、午後に千葉の地震雲研、鹿嶋名誉会長から緊急電話。南の空に強大な帯雲が出ているとのこと。規模はM5〜6。震源は房総南東沖の可能性。これは、おそらく17日に出ていた遠州灘方面の筆者レポートと同じ震源ではないだろうか。方位と規模が一致している。順調なら4日後の今夜か明日、駿河湾〜房総南東沖でM5.5程度の解放となるはずだ。
 午後6時現在、10mFMに朝と同じ強烈な間歇姓ノイズが入感している。もし駿河湾・房総沖方面にレジャーや仕事に出かける方が、このHPを読んでいるなら、48時間以内に相当に強い海域地震が発生する恐れがあり、十分な注意をお願いしたい。

296 :名無しさんダーバード:2001/02/24(土) 15:32
★ 23日午前中、朝5時まで仕事で、6時過ぎまで酒を飲んでいて、ウツラウツラとしていたらガガーと大きな音がして激しく揺れた。速報では名古屋市内は震度3だが、当ボロアパートの9階は明らかな震度4であった。7時23分、予測通りの遠州沿岸、浜岡原発直下の震源でM5.3、これが東海地震の始まりを告げるファンファーレの一発である。
 結局、起きてみれば、17日予測がほぼピタリ。新月トリガーのピークで発生した。来るべき本震M8級も、今回とほぼ同じ分布の震域となるだろう。豊橋〜静岡市、伊那谷、中津川市などは震度7、名古屋は震度6で、筆者は瓦礫の下敷きでクタバル予定。でも酔っぱらっているから安らかに逝けるかな?
 さて、11時に起床して屋上に上がると、地気が全然衰えていない。湘南のIKU氏も同じ内容のメール。青松氏からは予知犬の怯え鳴きが、まだ続いているとのこと。筆者のプレコちゃんは? と水槽を見ると、「あれっ? どこに消えたんだ」 姿がない。よくよく見ると、水槽の上部の水草の陰に隠れて、横に貼り付いていた。すでに30センチを超え、肥満体なので最近は貼り付きもサボっていたのが、かつて見たこともないほど上部によじ登っている。ということは、前兆は消えていない! まだ解放されきっていない。したがって、本番は、これから来る可能性がある。17日の前兆は8分の2月齢後なら実は24日になる。御前崎の反転隆起に注意されたい。このまま、ズルズルと本震に突き進む可能性もあるのだ!
 TVIやアマ無線ノイズもハイレベルが続いている。読者は震災への警戒を緩めてはならない。



297 :名無しさんダーバード:2001/02/28(水) 04:14
(読者の皆様へ、東海アマ筆者からの余計な忠告。地震雲研究HPが増えましたが、今日、前兆掲示板などからじっくり見た限り、当HPへのリンクのない地震雲HPについては、見当はずれの誤った内容が多く、信用しない方がよさそうです。別に、私を無理に評価して欲しいとは思いませんが、当HPに対して否定的意志をもったHPは、他人を自分に都合の良い色眼鏡で選別するタイプの独善的HPであって、世間的価値観や科学技術信仰に犯された、自分をエラク見せたい主義の無内容HPといわざるをえません。いかなる世俗的価値観からも自由で、大地に足をつけた自分自身の耳目と足と頭を使った本当の認識ができるなら、当HPを無視することはできません。それは、はっきりと申し上げておきます。誰がホンモノなのか? 自分のアタマで考えてください。)

298 :名無しさんダーバード:2001/02/28(水) 04:15
★ 26日朝、土日が連続で仕事だったので、3日ぶりの更新となったが、重大な地震が多発している。
今朝の宏観は、全方位赤焼けに加えて、南の空に東西の強烈な帯雲。端から端までつながる強大なもので推定M6〜7プラス。方位から房総半島東方沖〜三陸はるか沖の範囲で、おそらく福島沖あたりに48時間以内に発生すると判断した。プレコも水槽の壁に貼り付いていて、連日の猛烈な耳鳴り、HF〜VUに至るまで、すべてのアマ無線バンドでバリバリノイズ。TVIもひどい。したがってM6超の震災級が48時間以内に発生するのは確実。
 ところが! 3日ぶりに発生状況を確認すると、25日朝、すでに予測の福島沖でM5.8が起きている。モルッカにM7も起きている。中国内陸にもM6超が起きている。これには困惑したが、今朝の前兆は決して後兆ではなく、48時間以内に、これから発生する前兆であって、福島沖か宮城はるか沖に、これからM6〜7プラスが起きると考えていただきたい。
 また、猛烈な耳鳴りが消えないので、南西諸島〜フィリピンプレート方面にもM7クラスが発生する疑いがある。ただし帯雲は確認できていない。どうも地球規模のトリガー力(おそらく惑星配置による)が存在するようで、連日連夜の深刻な前兆から超弩級地殻変動の接近を感じる。
 伊豆諸島の活性化や浜松(M5.3は当初、浜岡に近い小笠という情報だったが、結局浜松市付近が震源だったようだ)の強い地震は、ユーラシアPとフィリピンPが貼り付いている遠州固着域をバリバリと引き剥がす震動であって、一連の発生経過から、おそらく最後の糊面だったと考えている。後は大トリガーによって、東海地震本震が発生するのみであろう。御前崎が反転隆起を始めて24時間〜7日以内に発生するだろうが、我々の血税を6000億円も使ったアカデミズムは、それに見合った成果を出してくれるんかい?
 筆者の試算では、浜岡の5基の稼働原子炉のうち、1基がメルトダウンで放射能全量放出を起こし、豊橋や清水市のLNG・LPGガスタンクの3分の1が火災を起こし、走行中新幹線の半分が脱線したと仮定すると、死者(主に被曝・焼死)の推定は短期100万人程度。長期1000万人程度。東海三県、長野、山梨は50万年ほど居住不能となるだろう。もちろん日本政府など成立できるはずがない。人類はカオスの地獄へ。ただし混乱するのは金や権威や権力に騙され、人間の本質を見失った見栄っ張りたちだけであって、守るものを持たない筆者らは、仲間を連れて山奥に逃げ、世俗のコンプレックスから解放された桃源郷で鶏を飼い、自然肥料で無農薬の野菜を育て、みんなで助け合って楽しく暮らすのだ。当HPは、そうした計画をもった人々のために作ったものである。
★ 26日夕方、これはもう、地震雲の洪水どころか嵐そのものだ! 凄い前兆の連続。全方位から放射現象、夕方の空は金属たわしのようだ。エッジのシャープな帯雲が西日本方面に収束している。収束点は京都市方面か? 規模はM5を大きく超えるだろう。震度も4以上ありそうだ。発生は4日以内だろう。
 発生状況を見ると驚き! 予測した福島沖には予測通りM5.6が連発で来ているが、その先のオホーツク海域でM6.7まで発生している。両者の合成前兆だったとすれば、今朝の予測はこれで解放終了だが、まだアマ無線にはノイズがひどく、TVIも強いままだ。まだまだ警戒を緩めることができない。このまま国内震災級発生まで突っ走る可能性もあるが、関西方面の前兆は、ときにフィリピンプレートの巨大地震と重なることもある。両者の混同誤認が度々あったことを書き添えておく。

299 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:06
★ 28日朝、曇天で宏観観察困難だが、アクアリウムやアマ無線には強烈な前兆。朝からおとなしいプレコが暴れている。アマ無線のノイズも激しくTVIも強い。加えて、もの凄い強烈な耳鳴り。金属音が脳に食い込む。
 昨日、地震雲研、鹿嶋名誉会長から、九州方面会員のレポートとして、中国西部〜日向灘の範囲にM6超の前兆雲が出ているとのこと。また、下記、関西方面の前兆に関連してニチコン山本氏からも100%有感地震前兆とのこと。
 10mFMに、余り聞き慣れない中国語フニャラが間欠的に振り切れ入感している。耳鳴りと併せて、予測震源地は中国西部〜九州、南西諸島、それに台湾海峡周辺と判断。規模はM6を大きく超える疑い。M7超の疑いも強い。
 当HP発足以来、有数の深刻な前兆なので、読者には警戒を通り越して覚悟をお願いしたい。東海地震の疑いもあるからだ。
★ 28日17時半頃、10mFMメインにER4のコールサイン局が振り切れフルスケで日本局とQSOしていた。これは最近買った無線機のオマケ地図で見ると、ルーマニア局になっている。もし事実なら、縦型Eスポの3ステップ反射伝播であって、後方散乱ならイタリア半島付近、あるいは黒海周辺のトルコ付近に再び巨大地震が発生するかもしれない。
 10mFMは終日、激しいノイズとともにフニャラが振り切れで入感した。台湾付近の中国語を使用していることから、下記予測を補強する沖縄〜台湾海峡にM6超級震源が浮上していると断定してよいと思う。印象としてはM7クラスである。その解放は48時間以内であろう。しかし明瞭なトリガー下でないので、遅れる可能性もある。
 名古屋は午後から降雨になり、温暖現象が起きている。プレコの張り付きは治まっている。臼杵市の城間氏のレポートなどから、やはり九州周辺にも大型震源を疑うべきだろう。京都付近も危険だ。だが、過去の例から、関西方面の前兆とFプレートの巨大地震は実に似ているので混同するケースが多い。青松氏から南海トラフ赤焼けのレポートも来ている。予知犬の怯え泣きもあったとのこと。青松氏は東海沖震源も疑っているが、十分にありうる。ただし降雨が止んで、移動性高気圧が張り出して急速に気圧が上昇し、温暖化する過程で発生するだろう。あるとすれば、やはり御前崎、伊豆諸島である。
 事態は非常に深刻と認識すべきだ。ただし、まだ猶予時間はある。この数ヶ月が勝負所と考える。

300 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:07
★ 3月2日朝、午前10時に起きて宏観観察を行った範囲では、地震雲、雲底高度、赤焼けなどの前兆は確認できない。アクアリウムも正常範囲。すでに相当の解放があったものと思い、前兆量の信号機で確認すると、世界中で驚異的な多発になっているが、予測していたM7超クラスはまだなく、沖縄にM4.9、台湾にM5.1、ニューカレドニアにM6.6、そしてアメリカ西海岸ワシントン州にM6.8震災発生となっていた。近郊では今朝7時半頃、紀伊水道付近にM4.1である。
 さて、このワシントン州M6.8だが、実は下記、28日夕方の29.30MHzオープンは、知人から、ER4は交信相手であってCQステーション当局は流暢な米語のアメリカ局である、との指摘を受けた。つまり震源地オープンだったのが、筆者の聴取力不足で聞き落としたのである。まことに残念。10mFMに普段聞き慣れない局が振り切れで出ていたら、ほとんどの場合、震源地オープンだと思っていただきたい。現地では相当な被害を伴っているようで、正確に予知できなかったのは残念至極。
(震源地付近の局は、あたかもリニア増幅したように鮮明に浮き上がり、振り切れで入感するのが特徴。48時間以内に発生)
 フィリピンプレートにM6.6以下、相当な多発が見られるが、予測したM7級が来ておらず、10時現在、激しい耳鳴りは継続し、またKS氏のHPに写真が掲示されているように、昨夕の宏観は、非常に強大な断層状雲や放射など、この世の終わりを暗示するよな異常宏観だった。断層状の方位は南北だったと思うが、タクシー営業中につき、正確には把握していない。もしKS氏断層状雲も南北方位なら、震源は小笠原海域と見るのが妥当だと思う。規模は明らかにM7超クラスである。発生は、次のトリガーが半月で、明日の3日頃だと思う。まだ直前宏観は出ていない。西日本方面については、日向灘〜中国地方と思われるM6超地震雲が日本地震雲研からレポートされているが、まだ未発で、様相がはっきりしない。
 10時43分、更新中、強力な圧力性の耳鳴りを感じた。大型の発生が近づいている。10mFMに猛烈なノイズが混入し、交信困難。バリバリ音はなく、深発地震か外国の印象。JL2KJKから昨夜19時頃、港区から西方面に赤い鮮明な発光現象を確認したとのレポート。
 前兆掲示板に筆者のレポートが年中、凄い前兆の連続だとの記載があったが、まさしく、その通り。これほど激しい耳鳴りの長期間連続は、過去に台湾地震M7.7の前に経験したのみである。当然、筆者は巨大地震の接近を確信しているのである。それどころか、この世の終わり級が来るのではと疑っている。それも、日本の人口の3割ほどが死滅するほどの。

301 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:08
★ 4日朝、昨夜、夜半から強雨になった。今朝も濃い雨雲に覆われた不気味な空模様で、視程300mほど、地気が強い。
 一般的に強雨、強い低気圧下では大型地震は発生しにくい傾向がある。これは当然のことで、大気圧が数%も下がるのだから、歪みのかかっている地盤を吸い上げ、圧力を緩和する作用があるからである。だが、次に気圧が上がれば、地盤を圧縮しトリガー効果をもたらすのも当然のことだ。また、地震雲教の開祖、鍵田忠三郎氏は「雨が地震を抑圧する」と何度も語っている。雨は地盤の歪みを修復する作用があるらしいと、彼は直感的に洞察しているのだ。そのメカニズムは不明だが、経験的にそれは正しいと筆者も思う。その鍵田氏の業績が始めてテレビで取り上げられるらしい。
 アカデミズム地震学者から陳腐な妄想家、ペテン師呼ばわりされ続けた椋平氏や鍵田氏の業績をいつまでも隠蔽することはできない。真理は鍵田氏の薫陶を受けた大勢の人々の手によって検証され続け、その素晴らしい成果は世界中の人々の間に永遠に受け継がれてゆくだろう。一方で鍵田、椋平両氏を誹謗し、「必ず地震を予知してみせる」と大言壮語を吐き、数千億の血税を浪費し、膨大な人力と科学機械を駆使し、挙げ句の果てに「地震予知は不可能」と宣ったアカデミズム地震学者の無責任、無内容、救いのないほどの人間的程度の低さ、愚かさ、犯罪性は、末の世まで人々から糾弾され、権威主義がどれほど愚かしいものかを明らかにする絶好の教材となり語り継がれることだろう。真理は必ず勝利する! 誰も真理を隠し続けることはできない!
 さて、富士宮の溝口氏から、富士山周辺の無感地震の増加や電磁波ノイズなど、どうやら富士山の噴火が迫ってきた情報が寄せられている。300年前に噴火した富士山にとって、300年などは、つい昨日のことであって、決して珍しいことではない。富士山は、筆者が見ていた、わずか数十年の間にさえ、大きく形を変えている。大沢崩れをはじめ、無数の崩落があって、再び大きく変化することも不自然ではない。どこかの週刊誌に、予測噴火量は三宅島の雄山の数倍程度と書かれていた。300年前には江戸で8センチの降灰、近郊で1m程度と記録されている。だとすれば、噴火よりも後の泥流災害が問題になりそうだ。そして、300年前は、歴史的、東海地震とほぼ同時期に起きている。もちろん、今回もそういうことになりそうだ。どちらが早いか? そのメカニズムは伊豆半島を乗せたフィリピンプレートが静岡・山梨でユーラシアプレートにぶつかり、潜り込んで行くことであって、その過程でM8クラスのエネルギー放出と富士山噴火を続けてきたのである。
 東海地震も明らかに臨界に達しており、Fプレート、ユーラシアプレートの遠州貼り付き部分をバリバリと引き剥がす最後の直前前駆地震と予測されている川根地方M6級も、とりあえず浜名湖M5.3だった可能性があり、だとすれば、後は本震の発生を待つばかりとなった。浜岡原子力発電所の存在は、この震災が死者数百万人級の、人類誕生以来、未曾有の巨大災害をもたらす可能性を約束している。時速250キロで疾走する新幹線も、数年前の西独高速鉄道の事故が、どのような結果をもたらすか示唆してくれた。多くのガスタンク群が発火すれば、その燃焼ガスが高度1キロ以上に上昇し、直径1キロ、2000度のファイヤボールを数十時間出現させ、数十キロの範囲を数百度の輻射熱で焼き尽くすであろう。これらの災害は、人類が未だかつて経験したことのないものであって、地震が起きてから逃げることなど不可能である。とりあえず、筆者らは7日前に、ほぼ予知することができる。これは過去ログを見れば一目瞭然。はっきりいって筆者自身は逃げる価値などないが、人類の未来のために逃がさねばならない子供達もいる。筆者は、彼等を生き延びさせるために当HPを開設した。筆者を信ずる者だけが救われると申し上げておきたい。(結構いいかげん、は百も承知。ま、だいたい当たってればいいんじゃない)

302 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:09
 さて、半月トリガー下の発生状況だが、予測レポートのあった日向灘方面はM3級が4回ほど起きたが、全体に規模が分散、抑圧されている印象。こちらは、もう少し様子を見るべき。M6超クラスの前兆は通常半月以上前から繰り返し表れるものだ。
 昨日朝、朝陽の周囲に白い横縞の雲と、真珠色の照り映え(ムーンシェルの太陽版)があり、関東方面にM5級の直前宏観と感じ、地震雲研に連絡した。結果は山梨M4.0で、規模を見誤ったのは、震源地が近かったせいである。これも富士山噴火前兆前駆活動と考えられる、。小笠原にもM4.4があったが、こちらはM7級と考えていたので、まだ未解放だと思う。今朝の段階で、アマ無線やアクアリウムに目立った異変は確認できていない。とりあえず、降雨下では大地震はないが、次の高気圧トリガーに注意。Fプレートの危険な前兆は消えていない。
★ 6日朝、全天、鉛色の空に覆われているが、地気の異常な強さと、強烈な耳鳴りの継続が日本列島を揺るがす大型地震の接近を告げている。今朝の段階で、アマ無線、アクアリウムなどに目立った異変は出ていない。次のトリガーは満月で、10日頃か? ならば4日前の今日、その前兆雲が出現するはずだが、あいにく、この空模様では観察困難。
 昨夕、タクシー営業中、かなり強烈な圧力性の耳鳴りを感じた。何度も書いているが、なぜか激しい耳鳴りはフィリピンプレートの大型地震につながるケースが多い。今朝、発生情報を見ると、昨夜8時過ぎに南西諸島でM5.0が起きている。まだ強い耳鳴りが続いているので、南西諸島に中型が続く可能性がある。名古屋のJL2KJKから、3日頃、10mFMに台湾付近の振り切れオープンがあったとのレポートがあったので、震源地の奄美よりも、台湾に寄った石垣海域に強い地震が発生する可能性があると思う。もちろん台湾の震源地オープンであった可能性を含む。また、昨日午後、南西に向かう断層状雲が出ているのを見た。KS氏などのレポートにある3日頃の断層状雲の結果が、昨夕の奄美M5では、ちょっと寂しい気がするので、南西諸島・台湾・小笠原方面、M6超を予想すべきだと思う。今朝の段階で、フニャラ(フィリピン海域、違法漁業局)異常伝播は確認できていない。
 問題の富士山噴火の直接前兆は、まだ確認できていない。これは、おそらく、アマ無線にマグマの流動する際に出る「グオーグオー」といいうノイズや、もの凄い電磁波障害が数日前から発生する見込み。すでに雄山噴火で確認しているので、予測できるだろうと思う。なお、噴火の直前には、マグマレベルの上昇を伴うため、近郊の箱根などの温泉の泉温が上昇する見込み。

303 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:09
★ 8日朝、10mFMなどアマ無線のノイズに顕著な異常が見られる。宏観は地気と黄砂の多い春霞。どんよりと曇り、雲が多いが、雲底高度はまだ上がっていない。仙台付近で雉が大鳴きしたとのレポートが到着している。 日本地震前兆現象観測ネットワーク(会長JA7HOQ)、岩沼市の中津氏(JK7BPF)より。
 6日20時、今日、6日は一日中エアロゾルが酷く、視界が悪かったです。10mFMは6エリアが入っていただけですが、先ほど20時頃からキジが激しく鳴き続けています。3月6日、岩沼市 中津。
 7日7時、今朝4時頃、南東方向でのゴーという海鳴りとキジの鳴き声で目が覚めました。それから、当ネットワーク小林会長のレポートによると5日、6日と2mバンドのノイズレベルが上がっていたとのことです。3月7日、岩沼市 中津。
 この結果は、6日14時、茨城沖M4.9と、22時、北海道M4.6(信号機)が出ているが、今朝の10mノイズを見る限り、はるかに規模の大きな震源が浮上している。まだオープン地域が確認できないので震源地は不明だが、名物のJF8UBX島野氏が登場すれば、東北北部〜北海道南部ということになる。沖縄本島オープンなら石垣海域、フニャラ振り切れなら南西諸島南部、台湾フニャラなら、台湾本島であろう。関東1エリア局が振り切れで来るなら、東海・関東方面の大地震前兆である。
 朝10時段階で、アクアリウムに異変はないが、TVIが強まっている。耳鳴りも相変わらず強い。
茨城沖M4.9の後、前兆のあった日向灘に多発、M4.6も起きているが、まだ解放終了とは言い難いので、M6級に警戒が必要。
湘南のIKU氏から、富士山噴火の前兆雲の疑いのあるレポート写真あり。
★ 10日朝、どんよりとした曇天、地気は強いが、黄砂の濃い春霞の印象。黄砂が例年より早く、大規模である。これは中国内陸部の自然破壊の深刻さを示す指標である。本日は満月トリガーなので警戒が必要だが、今の段階で雲底高度やアクアリウムに強力な異変は確認できない。ただし、金属音の耳鳴りが異様に強い状態が長期間続いている。これは阪神大震災や台湾大震災、鳥取地震などの前に共通した現象。何か背筋にゾクゾクするものを感じる。まるで死霊が近づいているような。
 朝10時半に起床、10mFMにあまり例のない非常に激しい空電ノイズ。どこかに激しく泡立つような電磁波放出震源が存在するが、オープン(直接波の届かない遠方の地域と無線交信できること)が確認できていないので震源地推定困難。TVIについては、やや強い程度。
 発生状況を見ると、やや抑圧気味ながら、下記レポートの宮城・会津などでM4級、紀伊水道や日向灘などでもM4級が起きている。しかし予測のM6解放はない。世界的にもフィリピンプレートにM5級どまりである。しかし、明瞭な「静けさ現象」も確認できないので、このトリガーではFプレートもM6〜7程度で治まりそうだ。
 全般に、地震活動というよりは火山活動前兆を思わせる現象の方が多い。アマ無線の強力なノイズは富士山のマグマ上昇を疑う。この数日間のタクシー無線はブロッキングが強く、聞き取りにくい状況が続いている。筆者は名古屋消防第4Ch、149.73MHz(中村・中川・港区)を、仕事の実益情報を兼ねて傍受しているが、昨日、この無線システムがダウンしていた。ただ交信不可能なほどのブロッキングがあったとは確認できない。これが交信困難になると地元で強い地震が発生することになる。
 このChでは市内の火災・事故情報が確認できるが、出動回数が異常に多いときは、人々の精神が安定を欠いていることを意味し、大きな震源からの影響を疑うのである。金属音の耳鳴りが震源からの電磁波によるものだということを知らない人はイライラしているだろう。これも事故増加の原因になっているはずだ。
 岡崎市の地震雲研、倉多氏からの情報によれば、磐田市付近のTVIが非常に強まっているとのこと。これは東海地震震源地のズバリ真上なので、本震解放が順調に進んでいることを窺わせるが、富士市の溝口氏からも富士山周辺のノイズが活発化しているとの報告があり、東海地震・富士山噴火の両面で監視を続ける必要があろう。発生前には顕著な「静けさ現象」が表れ、7日以上にわたって本州の地震発生がストップすると思われる。静岡県では各地に電磁気ポルターガイスト現象が発生するだろう。それよりも、朝夕の赤焼けが、この世のものとも思われぬ異様な景観を示すであろう。
 追記、前兆観測ネットより緊急情報 宮城県方面の直前前兆!
度々お騒がせします。こちらでは地震の前兆が続いています。今朝も4時頃から、まだ真っ暗だというのにキジが激しく鳴き続けていましたし、10mFMのノイズは今日も激しい状態が続いてます。3月10日、岩沼市 中津。

304 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:10
★ 11日夕方、朝から奥美濃山地の片知山に登山。日中は宏観的に大きな異変はなかったが、午後から夕方にかけて、希にみるほどの激しい地震雲の嵐となった。帰宅後、18時30分、10mFMにはフニャラが強烈に入感している。ノイズも激しい。
 夕方近く、濃尾平野の全天にわたって東西の帯雲が出ている。密度の濃い鱗状雲や泡の弾けたような雲も出ている。関西方面から強い放射ビームも見える。推定震源地は、関西が京都方面M4前後、南西諸島〜台湾方面M6クラス。遠州灘〜房総沖、M5クラス。福島沖〜三陸沖、M6クラスといった印象。いずれも本日の満月トリガーに刺激を受けて浮上した震源と思われるが、解放時期については推定が困難。放射現象の強い関西方面には明日にでも発生しそうだが、関東方面はやや時間がかるかもしれない。
 全般に、このように多発傾向が見えるときは、大震災級については起こりにくいと考えられる。なんらかの強力な惑星位置トリガーが加わり刺激を受けていると思われるが、東海地震の予測震源地からも放射現象が見え始め、不気味な印象。
 アクアリウムにプレコの張り付きなど至急の現象は確認できない。
★ 13日朝、午前5時まで仕事で、ぐっすりお休み中、8時過ぎにチャイムを何度も鳴らされ、ドアを開けると、若い純朴そうな娘が立っていて、「菜の花会の大平でーす」とかこきやがって、何かのセールスらしい。「このバカタレがー!」と怒鳴りたかったが、少しだけ可愛いので「そんなもん、いらん!」と怒ったが、デリケートな筆者は、もう寝ることができない。まったくセールスというのは実に不愉快な仕事だ。「コンチクショー、あの娘、裸に剥いてオシオキしてやるぞ!」 と、とりあえず妄想して自ら怒りをなだめ、眠い目をこすりながら屋上に上がって宏観観察。もう春が近いのに冷風が吹きすさび、寒々とした景観が広がっているものの、地気、雲底高度、赤焼けなど、諸々の前兆について、明瞭な異変は確認できない。
 10mFMのノイズレベルがやや高い印象。アクアリウムに目立った異変は確認できない。テレビの受信が極めて悪い。TVIレベル5段階評価の4程度。しかし朝陽に黄色味が見えないので、直前宏観はない。
 発生状況は、今朝の6時過ぎに、飛騨地方に珍しい深発地震M4.3、東北で震度1、雉鳴きレポートの宮城県にM3.7、房総にM4.2、深刻なレポートのあった反対の日向灘にM3.5とM4.4など、一昨日夕方の帯雲の結果と思われる発生があるが、全般に規模が抑圧気味。京都方面も兵庫県北部などにM3級があるが、少し小さすぎるような気がする。どうも解放がスムーズでない。M6以上と予測した南西諸島には発生がないので、まだこれから起きそうだ。東北から北海道もM3級の前兆ではなく、M5以上の解放がないと前兆規模に見合わない。遠州灘周辺にも前兆に対応した結果が出ていない。
 本格的な解放は、温暖現象が始まってからだと思われれる。こんな寒くては地震の神様も縮まってらー。

305 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:11
★ 15日朝、とうとう世紀の大暴落、割におとなしい新聞でさえ「世界大恐慌前夜の様相」と書き立てるほどの日本経済没落のXデイがやってきた。タクシーの乗客、とりわけ歓楽街の接待客は、いつも株式の上下に敏感に反応しながら増減する。当然、筆者の仕事は閑古鳥。空を見上げて、「お星様、どうやって食っていったらよかんべなー」とつぶやけば、そこに啓示、流れ星の光輝あり。今、まさに落ちんとする20トンの金属塊ミールである。プルトニウム・ストロンチウム電池を積んで、日本上空に悪魔の放射能を撒き散らさんとする。人類終末の啓示である。
 プルトニウムこそは人類の生んだ最大の悪魔。その数百グラムが微粒子となって地球全体に飛散し、わずか1分子が人間の肺に吸着されただけで、そのアルファ線放射によって確実に肺ガンのイニシエータとなる。成人病による免疫力低下やホルモン分泌異常などをプロモータとして人を死の淵に追いやるのである。その効力は50万年間持続する。アメリカとロシアの権力欲亡者の愚か者どもが人類の未来を救いのない地獄に塗り固めた。
 日本でも、筆者が何度も書いてきたように、石原首相登場、北朝鮮との戦争、徴兵制復活路線が着々と進行している。中曽根康弘が画策した、日本自前核武装、原発、自前再処理によるプルトニウム蓄積の長期計画が、今結実しようとしている。慎太郎が首相になれば、ただちに北朝鮮対策として核ミサイル配備に着手するはずだ。当然、北朝鮮をスケープゴートにするための謀略が実行される。日本における北鮮の魔手が宣伝されるだろう。名古屋テレビ塔界隈でイラン人が売っているシャブは北朝鮮謹製である。
 だが、物質文明の終焉を啓示する、「最後の大恐慌」が迫っている。この期に及んで醜悪な見栄の呪縛から解き放たれない金欲餓鬼どもに最後の鉄槌がうち下ろされようとしている。癌に罹患し病院に救いを求めれば、できそこない医師・看護婦による医療ミス地獄。今や、信心し続けた学歴差別と科学技術信仰全体が人類に桎梏として重くのしかかり、人の息の根を止めんと襲いかかってくるのだ。科学救済を標榜する悪鬼どもに囲まれて、無数のウソで塗り固められた詐欺情報に騙されず、真の価値を見失わないですむ人がいるとするなら、それは、人の価値が、財産でなく、権力でなく、能力でもなく、容姿でもなく、ただ「この人と一緒に生きていたい」と思わせる「親近感」、すなわち相手を保存しようとする意志だけであることに気づいている人々である。高級車を乗り回し、高級住宅に住んで人々を睥睨して愚劣な自己満足に浸っている愚か者こそ、今、地球ガイアによって淘汰される人々である。これは筆者がマルビだから言うのではない。(少しはあるかな?)
 さて、今朝は雨。未明から降り始めている。昨日はもの凄い地気と温暖現象、猛烈な耳鳴り。雲底高度の上昇、赤紫の夕焼け、これは確実にM7級前兆であると青松氏に電話したが、今朝、信号機で確認したところ、根室沖M4.8以外、FプレートにまだM6しか起きていない。昨日は遠州灘方面から放射現象があり、TVIや強い電磁波ノイズが続いた。国内に非常に大きな震源が解放寸前であることは間違いない。
 明日頃、半月トリガーとなるので、南西諸島、遠州灘、関西方面はM6級に警戒が必要。地震雲研、倉多氏からは上越方面にM6クラスの前兆雲が出ているとのこと。厳重に警戒されたい。とにかく半端な前兆ではない。筆者は得体の知れない不安感に脅えている。今回は震源を明瞭に把握していない。

306 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:11
★ 15日夕方、静岡県視察旅行中の青松氏から、遠州灘、東海沖方面の広大な赤焼けとのレポート。午後6時頃、筆者は10mFMでBV9O(台湾南方の香港や海南島?)と交信。信号は59+60DBを完全に振り切っている。これは台湾付近の大型震源の疑い。
 夕方、目立った赤焼けや雲底高度の上昇、アクアリウムの異変は確認できない。だが南方に薄い赤焼けはある。
 読者諸氏! 大恐慌、大震災と日本列島にヘビー級パンチが襲いかかろうとしている今、モノを信ぜず、金を愛さず、地位も愛さず、無能を愛し、人を愛するあなたは何をなすべきか?(そんな人いるわけないって?) 西郷隆盛の座右銘は「敬天愛人」、彼は若い人が好きでしかたがなかった。若者に自分の名誉も人生も呉れてやったのだ。(筆者は若者でもピチピチ娘だけが好きだが)
 筆者からの助言、科学技術に頼らない、合理主義に傾倒しない農業を学びなさい。3000年前の生活を学びなさい。そこには人類の無限の知恵が隠されている。数年後には、仲間と助け合って古代農業を復活させなければ生き抜けない時代がやってくる。筆者は何度も書いている。平飼養鶏を中心とした農業エコロジーライフだと。今のヤマギシ会は、もはや山岸巳代蔵と乖離しているが、我々は本当のヤマギシズムを学ぶべきだ。今の内に地方の過疎離村地を調査し、終焉の地を見いだしておこう。金や名誉の価値観から解放されて、みんなで助け合いながら生きて行くのは、きっと、とても楽しく充実した生活だと思うぜ。
★ 17日朝、昨日の前兆は凄かった。地気、温暖現象、もの凄い圧力性の耳鳴り、多数の飛行機雲、紀伊半島方面や伊勢湾方面、遠州内陸や伊豆方面からの強烈な放射現象。東西の帯雲など、まさに前兆のオンパレード。それも48時間前兆ばかり。
 一番強く疑われたのは、三遠南信方面からの放射状雲で、これが主要震源だとすれば、まさしく東海地震の直前前駆地震に他ならない。だが、全般に前兆の出方は、経験則から、大地震というより伊豆諸島の噴火活動直前の様相に似ている。
 発生状況を見ると、該当の長野県や前兆レポートのあった新潟方面に起きているが、いずれも規模が小さい。耳鳴りの激しさからは、最低M5以上と確信しているので、半月トリガーピークの今から発生があると考えるべきだ。
 それから、かもしれない掲示板に「ゲーゲーウーウー加藤」と自称する、昨年春、筆者に数千回の嫌がらせ電話を、のべつまくなしにかけ続け、4月のストーカ法施行後は卑劣にも沈黙してしまった悪質な嫌がらせマニアが、今朝10時に筆者宅に来るという脅迫ともとれる内容を書き込んでいる。その10時まで、あと10分、当時の激怒が蘇ってしまい、「ブチ殺してくれるわ!」と興奮してしまうが、筆者は、このまま殺人犯になったり、今死ぬことについて恐れはないが、相手があの程度のバカモノでは、うっとおしいだけだ。
 あの男は右翼のメンバーなので、トカレフくらいは持っているだろうが、筆者あたりを襲っても、仲間内で本当に自慢できるんかね? どちらかというと、バカにされるだけではないのかね?
 本当に来たら、冷水でも浴びせてあげようと、今バケツに水をためたところだ。カゼをひかないようにね。さて・・・・・・。

307 :名無しさんダーバード:2001/03/18(日) 06:12
★ 17日昼、 嗚呼・・・・・・・ とうとうやってしまった。
 激怒のあまり、無謀にも筆者宅を訪れたゲーゲーウーウーの頭部を、怒りにまかせて3キロのハンマーで思いっきり殴りつけてしまった。室内に散らばる脳漿、一面の血の海に猫の糞臭のような悪臭を漂わせてゲーゲーの醜い残骸が横たわっている。かくなる上は、すでに腐乱しかけた、(元々腐っているので、えらく腐敗が早いこと)この死骸をバラバラに切断し、名古屋港に捨てに行かねばならない。読者よ、誰か手伝ってくれ。くれぐれも、このことは極秘にしておいてくれ。まだ大門のソープに全軒行っていないのだ。
 10時10分頃、本人でない30代の知人と思われる男が訪ねてきたが、東海某はこちらか? と問われて、「そんなもん知らん」と答えたら、片っ端からチャイムを押して回っていたが、相当なバカと見た。なにか嫌がらせの品を、配達を装って置いて行くつもりだったのだろう。爆弾か、毒物劇物か、さもなくばネコの死骸か、嫌がらせ電話の賠償金、金300万円か。いずれにしても、掲示板に書き込んだ内容を見て、相当に甘ったれたアホタレと見た。やはり、一発殴りつけて目を覚まさせるしかないようだ。永遠に寝ても構わないよ。 すでに相手の氏名住所、背後関係等は調査済み。向こうがその気なら、とことん遊んでやってもよいが。筆者は元々戦闘的な人間で、(あの柘植大尉は遠いご親戚だわな)本気で怒ると、とことん行き着くところまで行ってしまうので、上記のような結末は覚悟すべし。覚悟が決まったなら、もう一度、今度は本人が遊びにおいで。心を尽くして接待してあげよう。

 ところで、昨夜の耳鳴りは過去最大級の激しさだった。今日は地気も強い。湘南のIKU氏からは火山性前兆と思われるレポートあり。今朝、5時20分頃、数分も続く微振動を感じた。伊豆方面、富士山に要警戒。これから半月トリガーの結果が出る。紀伊半島周辺と、遠州付近、伊豆付近と判断。半端なモノではなさそうだ。


308 :名無しさんダーバード:2001/03/19(月) 08:55
★ 19日朝、もの凄い地気で、視程が春霞に包まれている。光線に強い赤味がある。午前6時半に屋上に上がったら、東西の帯雲、震源は推定、相模湾〜遠州灘、規模はM4強〜5クラス。発生は今日だと思うが、遅れても数日以内。
 昨日は、午前中、北東〜南西の幅広い鱗状模様を伴った帯雲が数時間出た。M4〜6、震源は北関東〜東関東、鱗状模様から震度2程度の中深度地震と推定。椋平虹も強かった。発生は7日以内。
 今朝の段階で、アマ無線の直前ノイズ、アクアリウムのプレコの貼り付きなどは出ていない。したがって、現在の宏観前兆は72時間程度。だが地気の強さは巨大地震級。TVIはかなり強い状態で電界強度の強いNHK3chに障害が出ている。
 この1ヶ月ほど、異常な耳鳴り、電磁波障害が続いているが、それらしい結果が出ない。結果の伴わない前兆ほど危険なものはない。この数ヶ月の地震傾向と、この数日のフォッサマグナ大深度地震と駿河湾周辺での大深度地震から、一連の前兆は東海地震本震の前駆活動と確信した。その規模はM8.0〜8.4程度。発生は数ヶ月以内と判断する。あるいは、もっと早い可能性もある。
 今後、遠州灘付近から連日、地震雲が出るだろう。明らかな火山性前兆も出ており、富士山の噴火とどちらが早いか? 富士噴火が先なら、マグマ放出によってストレスが一時的に解放される可能性もある。その直接の前兆としては、箱根周辺の泉温上昇がありうるだろう。なお、台湾M7.7地震の前、数ヶ月にわたって、10mFMがフィリピン海域の超異常伝播を続けたように、遠州周辺に出現する巨大な縦型電離カーテンによって、例えば、名古屋や東京で10mや6mに半径数百キロの不感地帯交信が可能になり、半径数千キロの過去に例のない異常交信が続くと考える。これらはフルスケールの強感度受信が可能になる点が特徴である。

 余談、ゲーゲーの脅迫に対して、心配していただいた皆様、ありがとうございます。彼の数万回にのぼる嫌がらせ電話は、その変態執念、精神障害のの恐るべき深刻さを物語るものですが、掲示板への書き込み内容を見る限り、同情をひこうとする甘えや、人間的弱点が多数見受けられ、ストーカ法施行時に脅迫が中断したことは、警察権力への強い脅えを示すものです。したがって、守るモノが存在し、卑劣で気の小さい彼が、守るモノを持たない私と戦争するには少々根性が不足しています。彼のできることといえば、トカレフで狙撃したり硫酸をかけたりという程度で、十分に決定的反撃が可能と判断しています。それよりも、敵の正体が分かっていることで、私自身、怒りのあまり暴走しないか自分のコントロールの方が心配です。とりあえずは襲撃された段階で、正当防衛を口実にやってしまうつもりです。こんなクズよりも、私にとっては凍傷に苦しんだ厳冬期中央アルプス単独全山縦走や、滝で転落して骨折しながら逃げ帰った中アの単独沢登りの方がよほど怖かった。彼は、ひどい世間知らず、他人をなめすぎていることを思い知るだろう。

309 :名無しさんダーバード:2001/03/24(土) 20:54
★ 19日夜、午後7時過ぎから非常に強い至近前兆あり。アクアリウムのプレコが暴れている。NHK3Chに音声のダブリノイズ。画面も強いノイズ。強烈な金属音の耳鳴り。アマ無線にもバリバリノイズ。前回、同様の前兆が下記16日〜17日に出て記録しているが、このときは三遠南信(三河・遠州・南信州)の愛知県東部でM3.6が起きている。今回は、はるかに強い。
 推定震源は、今朝の帯雲、やはり遠州・遠州灘〜駿河湾付近の東海地震震源地を疑う。明日までには結果が出るだろう。M4を超え、震度3を超える強い有感地震になりそうだ。
 今日は、鈴鹿の入道ヶ岳、池ヶ谷に散歩。すでに大部分、雪が消えている。ここは初級沢登りのパラダイスだが、最近、夏場はヤマヒルのメッカとなった。したがって入山適期は雪の消える4月〜6月、10月〜12月である。もう大丈夫。水は冷たいが遡行OK。F1以外のすべての滝が直登可能。帰りは二本松尾根〜滝ヶ谷ルートへ。行ってみたい人はご案内します。
★ 21日朝、異常温暖現象、猛烈な地気、春霞。ワーンワーンと繰り返す凄みのある耳鳴りで、朝帰りの筆者も寝ていられない。あまりの強烈さに、気が滅入るほどだ。ところが発生状況を見ても、下記19日朝予測に該当するのは、茨城M4.4とM4.5の連発と北海道、南西諸島のM4級、および京都市のM2.7のみ。TVIは強いが、アクアリウムの強い異変が今のところ見られないので、まだ緊急とは言い難い。
 予測の東海地震震源域には明瞭な発生がないが、何度も書いているとおり、この地域に火山性の前兆が続いており、富士山の噴火前兆を疑っていたが、19日朝7時頃、2ヶ月ぶりに三宅島で高度800mに達するマグマ性噴煙が上がったとのこと。(この情報は一部混乱して伝わり、ご迷惑をおかけしました)。新潟の村山氏からも、地温が考えられないほど激しく上下しており、マグマ活動の激変を疑うとのこと。氏は浅間山の噴火前兆を疑っている。
 昨日は彼岸の中日、休日ながら通常出勤で、異常な暖かさとなり、コブシの花も咲いた。暖かさに釣られて人出も非常に多かったが、昨年までと比較してタクシーの客は激減している。筆者は400キロ近い空しい空車走行を積み重ね、売り上げは25000円、このうち45%が運転手に還元される。トータル売り上げに対して、50万円前後の月間ノルマが課せられており、これをクリアできないと還付率が33%に下がる。これを「足切り」といい、タクシーが良かった時代、働きの悪い運転手を辞めさせるために設けられたシステムだが、この乗客の激減によって、真面目な人も含めて、およそ3分の1の運転手が足切りに遭い、給与が手取り7〜10万円程度の絶望的水準に落ち込んでいる。このように、タクシー業界は売り上げ不良を運転手に転嫁するシステムである。
 なお、昨日、営業中に10件近い追突事故を見た。暖かいので居眠り運転によるものと思うが、大型地震の前に交通事故や事件が多発する傾向を確認している。新月トリガーが25日頃となるので注意が必要。
 昨日は午後から、非常に強い直前前兆が出た。西の京都方面から弓なりの帯雲が出て、蛸足状放射状雲も確認。結果は京都M2.7になっているが、どうも解せないほど規模が小さい。とにかく温暖現象と地気の強さが半端でないので、何が起こるのか不気味。倉多氏、村山氏、筆者など数十年も宏観観測を続けている研究者は、火山性前兆と声をそろえている。
 追記、メールの受信が遅れている。まとめて数日分が到着するようになった。原因不明。

310 :名無しさんダーバード:2001/03/24(土) 20:56
★ 21日夕方、各地から激しく放射現象が続いている。午前中は多治見方面からM3前後の明瞭な放射状雲、伊勢湾方面からもM2クラスの放射、午後からは紀伊半島方面からM4クラスの放射現象、いずれも新月トリガーまでに発生と思われるが、規模は小さい。だが、これらが、いずれかの超大型震源から刺激を受けているとするなら話は別。今の段階でははっきりしない。アマ無線、アクアリウムなどに明瞭な前兆は確認できていない。19日のノイズは茨城M4.5のものだった可能性もあり、マグマ活動だった可能性もある。
 今日は眠い目をこすって、岐阜県関市に行って包丁を仕入れてきた。筆者は、ときどき、タクシーの非番時に非常に安い料金で刃物研ぎの行商アルバイトしている。そのときに売るのだが、売る刃物は、関刀匠末裔の打ったハイス鋼と安来鋼青紙2号製品に限っている。これを京都鳴滝正本山、超仕上げ天然砥石で磨き上げて渡すのだ。めちゃくちゃに切れる世界最高の刃物だ。
 筆者宅に多くの御支援をいただいた皆様に、少しずつ無償でお送りして恩返しを図っている。送っていただいた皆様は、筆者から何の返礼もなく、送ったこと自体を忘れていると思うが、筆者は忘れた頃を見計らって返礼に包丁を送るのだ。こいつは自殺するときに痛みをあまり感じずに死ねるのがいい。もちろん他殺もOK。研ぎ上がるまでに、さらに1週間かかります、よろしく。
★ 21日夜、午後8時18分頃、1分を超えるユラユラ型の前駆微振動を確認した。耳鳴りもハウリングを起こしている。TVIやアクアリウムに強い異変は出ていないが、この震動が突き上げドーン型の場合は震源が50キロ以内だが、今回の揺れ方は100キロ程度と推定。夕方の放射現象から、48時間以内に紀伊半島方面か、遠州方面でM4〜6、震源震度4を超える地震または噴火を予想する。8時半段階で、噴火前兆としての3chノイズは確認できていない。
★ 23日、まだ凄い前兆が続いている。午前10時段階で、アクアリウムのプレコが暴れている。TVとアマ無線に空電ノイズが強い。耳鳴りが深刻。ただ、前駆微振動は止まっている。相変わらずの温暖現象と非常に強い地気、春霞。曇天で宏観観察困難。震源については、未発は遠州方面の前兆のみ。火山性前兆についても進展はない模様。
 下記の前駆微振動予測は、今朝7時44分、紀伊水道M4.1、震度4の結果が出ている。ほぼ予測通りの該当。また6時には宮古島でM4.9。(10mにフニャラの強力伝播が続く前兆あり) 耳鳴りハウリングは、この2つの震源からの干渉だった模様。21日夕方、強い赤焼けがあったと福島のデル氏からレポートがあったが、同日22時、茨城沖M4.5が再び発生。宮城沖の巨大地震に向けて着々と解放が進んでいる印象。
 25日の大トリガーには国内で非常に強い解放がありそうだが、今回は明瞭な地震雲を見逃しており、震源の確定が困難。世界的にもM6超の解放がストップしている。これから静けさ現象が起こるなら、事態は深刻。

311 :名無しさんダーバード:2001/06/13(水) 20:22
PISCO緊急情報発令

329 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)