5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★百姓は国家の害虫★★★

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 07:55
国家予算を食い潰す百姓、逝ってよし

2 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 08:13
6年か7年前の米不足のときに、百姓が米を裏ルートに売ったことは忘れないぞ。
ああいう時のために税金つぎこんだうえに高い米を買ってやってるのに
肝心なときに裏切りやがって。

3 :名無しさん :2000/09/01(金) 08:22
まぁ、そういうなや。ちゃんとした人もいるんやから。

4 :また出たか :2000/09/01(金) 09:35
つまらん

5 :名無しだ :2000/09/01(金) 09:41
>3
税金をあれだけ食い散らしてるのに、一向に成果は上がらない上に
有事の際には国民に対して裏切り行為。
彼らに税金を費やす価値なぞ1円もないね。

>4
もう日は上がってるぞ、とっと野良仕事にでも逝け!

6 :>2 :2000/09/01(金) 10:07
今だってそうだよ。米・野菜を問わず闇ルートに流れる。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 11:30
1さん、その通り!
良いことを言ってくれた!

8 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 11:45
農家に出してる補助の100分の1でも林業に回せば国土の荒廃を防げるのに・・・

9 :讃岐うどん :2000/09/01(金) 11:54
ずいぶん勝手なことのたまってるなぁ。
農業と行政の関係や、国家における食料生産の重要性を全く理解していないように見受けられるけど。
日本がいつまでも今のように経済的な優位性を保てるわけないということを踏まえて、考えて下さい。
「肝心な時に裏切りやがって」とはお笑いですな。
散々こきおろしておいて、裏切るもないものだと思いますけど。
国家が第一次産業に予算を組むのには理由があることくらい、少し勉強したことがある人なら分かるはずなんだけどなぁ。
この問題については、色々と議論するだけの意味があると僕も思うけど、感情論じゃなくて、もう少し論理的な批判をしてくれる人はいないのですか。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 12:16
税金を食い散らしているとおっしゃってますけど
農政予算って、しょうもない道路つくったり、
しょうもない空港つくったりするのに使われていて、
農民が悪いと言うより、行政が悪いと思うんだけど。
ちがいます?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 12:21
9,10のどこが論理的?

12 :名無しだ :2000/09/01(金) 12:58
>9
>農業と行政の関係や、国家における食料生産の重要性を全く理解していないように見受けられるけど。
食料生産の重要性を一番理解できていないのは、当の百姓連中じゃないのかい?
だから数年前の大凶作の時に米騒動がおきたんでしょ。あの時百姓連中の倉庫に
あった米は幻というのかい? 「食料生産の重要性」というお言葉を百姓連中が
少しでも理解してれば、利益追求だけを目的とした「米隠し」なんか全くなかっ
た筈だ。

>国家が第一次産業に予算を組むのには理由があることくらい、少し勉強したことがある人なら分かるはずなんだけどなぁ。
今、国が百姓連中に税金を出してるのは政治家の票取りのため。それ以上の
意味もそれ以下の意味もなし。それでも役人の一部は馬鹿政治家を丸め込ん
で本気で食料自給率の向上を目指した様々な方策に取り組み税金を投入した
が大多数の百姓連中にやる気がないからさしたる効果もない。
今の百姓連中が現状維持を望んでる限り、これ以上の税金を投入する意味は
全くなし。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/01(金) 13:19
先祖代々何を食ってきたんや?  霞か雲か・・・

14 :善良農民 :2000/09/01(金) 13:51
現状維持に決まってるんだよ、アホ。
ひっかきまわされるより、現行の方がマシじゃ。

15 :名無し :2000/09/01(金) 13:54
>13
>先祖代々何を食ってきたんや?  霞か雲か・・・
自己改革を進めようとしない馬鹿連中の典型的な
発言だな。

まぁ、それだけ言うのもつまんないから一応この問
いに答えてくれ。
百姓連中が耕してる土地は、先祖代々、百姓自身が
所有する土地だったのかい?


16 :名無しよ :2000/09/01(金) 13:57
>14
そりゃ、現状の方が楽だもんな。
税金は殆ど払わないし、補助金や無償貸付金は山ほどあるしな。


17 :>16 :2000/09/01(金) 14:35
でもなー、それでも苦しい農家も多いんよ。
だからといって、外で働いた事もないから、急に勤め人がつとまるかどうか
わからんしな。とりあえず、はたらかなならんからやってるだけ。
変化は好まん。こわいわ、どうなるか。そんならこのままのほうがな。

18 :名無しだ :2000/09/01(金) 15:32
>17
そういうのは、とっとと百姓辞めて土方でも日雇いでも
なんでもやればいいじゃん。
サラリーマンはくびになったら、6ヶ月の失業保険以外なにも
貰えない。生活が苦しくたって収入があれば補助もないし、税
金は源泉できっちりと取られてる。
17の言ってることは端から見てると「甘え」にしか見えない
んだよね。

19 :>18 :2000/09/01(金) 15:59
百姓やめたら生活できないゆうてるやん。
あんたのゆうようにはできんから現状維持ゆうてんの。


20 :名無しよ :2000/09/04(月) 08:42
>19
じゃあ、土地を売れば?

日雇いはできません。土方もできません。
税金はは払いません。でも補助金は下さい。
国はいつまでもこんな連中の面倒みてんじゃ
ねーよ。もっと金を費やさなければならない
ところが山ほどあるだろ。

21 :>20 :2000/09/04(月) 10:29
よく二日も圏外だったものをサルベージしてきたねえ。
アホか。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 11:12

そんな話していると別スレのように、「農家は補助を必要としていない」とかすべてを
農家にタカる農協や銀行のせいにしたがる方がやってきますよ(笑)



23 :名無しか :2000/09/04(月) 11:39
けど、農協の構成員ってほどんど農家だよね。
いやはや、百姓は人のせいにするしか脳のない
連中なのかねぇ。

24 :     :2000/09/04(月) 12:10
20=1 仕事もなくてよほど暇なんだな

25 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 12:17
23>
農協職員なんて全部農家のコネだよ。
ほんとドキュンばっかり。
監査なんか笑っちゃう。理事のおやじが、息子の担当部署を
監査してるんだから。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 12:46
1>
同じスレッド立てるな。下に同じのがあるだろ。
それから裏事情じゃなくて単に愚痴るだけなら厨房版
にでも行きな。



27 :このスレッドって :2000/09/04(月) 12:50
税金の分配で政府に冷遇されてると思ってる人達の憂さ晴らしなんだろ。
農家は建前は自営だから直接カネが入ってくるが、実はここで百姓批判を
やってる人達の業種にも、まんべんなくムダな税金が投入されてるはず。
途中で搾取されてるかされてないかの違いだ。
少なくとも公務金融土建流通電信軍需の関係者はここにカキコする資格無し。
批判誹謗結構だが、自分の足下も見てからやってくれ。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 12:53
それにしても今の自給率じゃ、貿易が止まったら農民からも餓死者がでる。
もうちょっと生産性を上げることはできんのかね?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 13:01
>少なくとも公務金融土建流通電信軍需の関係者はここにカキコする資格無し。

じゃ大丈夫だな。

30 :名無しだ :2000/09/04(月) 13:01
>27
あんたがあげた業種の連中はほとんどがサラリーマン。
従って源泉でしっかり税金はとられてる。
しかし、百姓連中はどうかね。まともに税金払ってると断言できる
かい? 脱税を1円たりともしてません。無闇やたらに経費を計上
して脱税一歩手前のこともしていませんと断言できるかい?

31 :27 :2000/09/04(月) 13:24
>30
税金はらってるのと国家予算食い潰すのとはまた違う話だろ。
このスレはそういう話じゃなかろ。
論旨をそらしといて揚げ足とってるつもりか?
言いたいことはわかるが、リーマンだから偉いんだぞ批判する資格が
あるんだぞともいいたげな様子は差別意識丸出しでみっともないから
やめとけ。
ついでに言うと今の農家の大半は兼納でほとんどリーマンだ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 13:27
>31
親から農地もなにも受け継いでないリーマンから税金取るのはどう?
ってはなしじゃないの。

33 :27 :2000/09/04(月) 13:28
兼納>兼農 だ。すまん。

>28
今の農政補助の名目はほとんど生産性向上ってことになってる。
もっと補助金増やせってこと?

34 :28 :2000/09/04(月) 13:31
農業人口はいまのままで、穀物の生産量を自給率が高校の進学率と
同じぐらいになるまで増やせないかな、ということだけど。

35 :>31 :2000/09/04(月) 13:32
>税金はらってるのと国家予算食い潰すのとはまた違う話だろ。

じゃ税金すら払わずに国家予算を食いつぶしている職種についての話に限局しようか(笑)

何があったけ?


36 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 13:34
同じスレがこの他に2つもあるんだよ。計3つ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 13:36
リンクはってちょ

38 :27 :2000/09/04(月) 13:43
>34
なるほどね。でも農業人口は減る一方だし、生産性を上げるに水田整備と
機械化推進しかないだろうからカネを注ぎ込まなきゃならん。
補助金やるしかないんじゃないかね。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 13:51
>38
農業人口が減ることで一人当たりの生産性は増えてるからそれはいいとして、
個々の農家が農地を増やしても補助金が減らない仕組み作りは必要かもね。


40 :>37 :2000/09/04(月) 13:57
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=965413393&ls=50

http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=963435792&ls=50

41 :名無しよ :2000/09/04(月) 14:21
>38
もうすでにやってる。それでことごとく失敗してる。
だから、もう無駄金を百姓どもに蒔くのやめろという
主張があるんだよ。
大区画農地を整備しても、勝手に畦を造って大型機械が
入れないようにしてしまう。
農耕機具を買うために補助金を出しても、実際は違うも
のを買っていた。
こんな事例が山ほどあるんだよ。
それでも百姓に税金をつぎ込めというのかね?

42 :1じゃないが :2000/09/04(月) 14:26
そんなん言うなら代わってくれ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 14:26
>41
つぎ込まないのは論外だけど、うまくつぎ込む方法を工夫しないといかんということだろう?

44 :42 :2000/09/04(月) 14:30
ハンドルミスった。すまん。ますます鬱になる....

45 :>41 :2000/09/04(月) 14:33
今までべらぼうなカネを注ぎ込んだ農政事業がホントに
「ことごとく失敗」してるならとっくに日本の農業はゼロに
なってるはずなんじゃないかい?
つまり田畑を維持してきた農家の努力の賜だろ。
一部の不正をまるで全体的であるかのように言いくるめて
農業者の全人格を否定するような傲慢な論調がこのスレと
その同調者の意見なんだから、一見まともそうに見える
あんたのような意見が実は一番質が悪い。



46 :善良農民 :2000/09/04(月) 14:48
>45
>農業者の全人格を否定するような傲慢な論調

そりゃ、被害妄想すぎだ。

47 :名無し  :2000/09/04(月) 14:50
農家の人がいて、白いコメが食べられるの。
外米あんた食える?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 14:51
>46
外国の農家と競争する気はないけど、農家同士の競争を煽る政策意図は
あるのだから、被害者意識も出てくるのではないかな>農家

49 :善良農民 :2000/09/04(月) 14:55
>48
それはポーズでしょう。
そんな農家同士の競争を煽る意図は感じられまへん。
農業委員会の役員ともよく話すけど。
それより、農協の経営陣の弱体化の方が不安材料。

50 :>46 :2000/09/04(月) 15:00
妄想かどうかはこのスレ頭から読んでみればわかるよ。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 15:00
一応、住専経由で農協に貸し付けた資金が農家の資金プールになってるはずなので
当面は大丈夫だと思うけど。

結局ロシア並みに食料価格が20倍とか跳ね上がるまでこの手の議論は
まともに議論できんのかね。

52 :名無しね :2000/09/04(月) 15:09
>45
>今までべらぼうなカネを注ぎ込んだ農政事業がホントに
>「ことごとく失敗」してるならとっくに日本の農業はゼロに
>なってるはずなんじゃないかい?

百姓連中が未だに農業にしがみついてるのは、税金は殆ど免除
される一方で、山ほど補助金が貰える手段があるからだろ。
だから年間数兆円もつぎ込んでるのに外国との競争力は一向に
つかない。食糧自給率は一向に向上しない。これで農業政策は
成功してるという連中の気がしれない。

>一部の不正をまるで全体的であるかのように言いくるめて
その不正が百姓連中の積立金とかで行われてるのなら勝手だが
それらは国民の血税で行われてるんだぞ。一種の横領行為に相
当するんだぞ。それを正そうとしないばかりか、不正がまるで
たいしたことのでないような論調で言ってる時点で神経を疑う
ね。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 15:16
>52
全ての生産物が輸出入に向いているという訳ではない。
サービスはGNPの大きな部分を占めるけど、輸出入は原理的に不可。
海外との競争力うんぬんは的外れ。自給率については一貫した保護政策を
取れない政治の問題ではあるけど、これだって都市部で大量の餓死者を
出していいなら、食料価格を自給率上げることを目安に設定して、農家層を
都市部の企業の安定株主層に移行させるのが落としどころだろう。ただ
都市のスラムに海外から食糧援助をされる様な事体は人道的に問題があるので
手をこまねいているんじゃないか。


54 :>45 :2000/09/04(月) 15:47
>「ことごとく失敗」しているならとっくに日本の農業はゼロに
>なっているはずなんじゃないかい?

視点を変えれば、「ことごとく失敗」していないならば、毎年毎年こんなにも巨額の税金を
注ぎこまなくてもいいんじゃないかいという見方もできるわなぁ。


55 :>47 :2000/09/04(月) 15:50
ウゼえ。農家を騙った煽りにしてもレベルが低すぎる。

>外米あんた食える?

食えるよ。
どうやら外米というと以前の米不足の時に国民の嗜好を無視して
政府が輸入した
インディカ米だけを想定しているようだが、アメリカにはうまい米があるし、
オーストラリアでも作っていると聞いたが?

カリフォルニア米なんて下手な日本の米よりうまいらしいぞ。


56 :45 :2000/09/04(月) 16:13
思ったより反発がキツいね。
農政事業が「成功してる」とか「不正がまるでたいしたことない」なんて
一言も書いて無いんだが。被害妄想かい?
単に、苦しい状況でもギリギリの助成で経済的利益を得ることなくまじめ
に事業を行っている農業者が一部に居るにもかかわらず、「害虫」だの
「ことごとく失敗」だの一言の下に切り捨てる幼稚な極論を制しただけなんだが。
その点、54氏の意見は正しいしよく理解できる。
それとも52氏は不正を行った人間と同一職業の人間は全て罪に連座すべしとの
意見の持ち主だろうかね。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 16:17
>45
それより農地の所有権とか石油の発掘権とか温泉の所有権とか
ああいう売り買いに向かなくって父子相続するしか手の無い
資産をこううまく貧富の差が開かないように運用する方法は
なんかないのかね?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 16:34
専業農家は貯金などない。農協から肥料@`機械など借金しつつ買っている。
とかいの地主農家が土地にかんして儲けていてそれを農協に預金
それが住専に融資され焦げ付き農業を守るためとしょうして
税金投入が行われた。
それから農業と自民党の関係とかシステムに関して知りたい人は
ウォレフレン「日本権力構造の謎」早川文庫をよむべし。
こういうことだったのかと目からうろこが落ちる。
他にも警察、やくざ、労組、自民などあらゆるシステムが丸裸にされており
全国民必読の著。


59 :>55 :2000/09/04(月) 17:06
サラリ−マンを騙る者はいるかもしれんが、農家を騙るのはいない・・と思う。

60 :54>56 :2000/09/04(月) 17:07

いや私の立場としては基本的に農業を保護するってのは賛成なのよ。
ただ現在の政策ってのは45さんがいうようにまじめに事業を行っている
農業者の方
の足を引っ張るものになっているように感じるんです。

現在の状況ってのは悪い農家が良い農家の声を封じるような体制になっているように
感じれるわけですね。



61 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 17:09
いるだろ、どこのスレにもベタベタの騙りが。
たまに「米食うな」的な発言するやつが。

62 :名無しだ :2000/09/04(月) 17:16
>56
>単に、苦しい状況でもギリギリの助成で経済的利益を得ることなくまじめ
>に事業を行っている農業者が一部に居るにもかかわらず

逆に一部しかいないことが問題。
では大半の百姓はいったいどうなってると聞いたら41の言うような税金を
ただ浪費するだけの輩ではないのかい? そんな反省もなければ努力もない
集団に税金を投入する必要なないと思うが?

63 :名無しだ :2000/09/04(月) 17:18
>56
>単に、苦しい状況でもギリギリの助成で経済的利益を得ることなくまじめ
>に事業を行っている農業者が一部に居るにもかかわらず

逆に一部しかいないことが問題。
では大半の百姓はいったいどうなってると聞いたら41の言うような税金を
ただ浪費するだけの輩ではないのかい? そんな反省もなければ努力もない
集団に税金を投入する必要なないと思うが?

64 :名無しだ :2000/09/04(月) 17:18
>56
>単に、苦しい状況でもギリギリの助成で経済的利益を得ることなくまじめ
>に事業を行っている農業者が一部に居るにもかかわらず

逆に一部しかいないことが問題。
では大半の百姓はいったいどうなってると聞いたら41の言うような税金を
ただ浪費するだけの輩ではないのかい? そんな反省もなければ努力もない
集団に税金を投入する必要なないと思うが?

65 :名無しだ :2000/09/04(月) 17:19
>56
>単に、苦しい状況でもギリギリの助成で経済的利益を得ることなくまじめ
>に事業を行っている農業者が一部に居るにもかかわらず

逆に一部しかいないことが問題。
では大半の百姓はいったいどうなってると聞いたら41の言うような税金を
ただ浪費するだけの輩ではないのかい? そんな反省もなければ努力もない
集団に税金を投入する必要なないと思うが?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 17:19
>62
別に農民に税金を投入しているのではなくて農地に税金を投入している。
自然の財の一部だから、維持するスキルがある人が少なければ経費は
青天井になるけど止むを得ない。

67 :名無しだ :2000/09/04(月) 17:20
すみません。ミスりました。

68 :>66 :2000/09/04(月) 18:09

>別に農民に税金を投入しているのではなくて農地に税金を投入している。

それはそれで大問題ではないか?

ようするに個人財産に税金を投入しているということで憲法問題まで引き起こしかねないぞ(笑)



69 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:13
>68
法律での辻褄合わせと、物事が決まる仕組みとをごっちゃにしては困る。

70 :名無しさん :2000/09/04(月) 18:17
>66
>維持するスキルがある人が少なければ経費は青天井になるけど
>止むを得ない

経費が青天井になっても仕方がないという、採算度外視の発想も
理解できない。
こういった発想を農家が持ち続ける以上、これ以上の税金の投入
は無駄としかいいようがない。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:23
>70
別に農家が持ってるんではなくて、農政を担当している役人が
だいたいこういうことを考えているといっている。

農家は土地を売らないが、それは客観的に見ても農地の所有権が
計り知れない価値を持っているからで、経済的観点から見ても合理的。

72 :名無しさん@お腹いっぱいよ。 :2000/09/04(月) 18:27
>69
おいおい、普通、法律の辻褄合わせとの整合性の上に物事が
決まる仕組みがあるのではないか。
こう考えていくと、農家の連中は自分たちの政治力を傘に法
律をも曲げて、自分たちに金が流れてゆくようなシステムを
も作り上げてるのではと邪推したくなるね。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:30
>72
ちがうちがう。農地を持っているという時点で農家の方が優位なの。
都市の労働者層を守るために法律でいろいろ条件を付けているんで、
行政は農民につらい仕打ちを随分しているよ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:40
>71
>別に農家が持ってるんではなくて、農政を担当している役人が
>だいたいこういうことを考えているといっている。
自分たちの立場が悪くなるとすぐ「お役人様が悪い」ですか
農家の頭の中身は未だ江戸時代のままなんじゃないか (藁

>農家は土地を売らないが、それは客観的に見ても農地の所有権が
>計り知れない価値を持っているからで、経済的観点から見ても合理的。
都市近郊で農地を適当に売りまくり乱開発を促進した奴等はいったい
どこのどいつなんでしょうねぇ。
田舎の連中の場合は「土地を売らない」ではなく「土地が売れない」
だろ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:43
だいたい住む土地を持っていない人間が生きてるって方が不思議なんで、
そういう人間が都市に集まって農地を札束で買いたたいて密集して住んでるんだろ。
そこまで住宅地を欲しがる方がおかしい。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:44
>73
>行政は農民につらい仕打ちを随分しているよ。

その具体例を挙げてくれ。
百姓連中は、言うことは言うが、その具体的事例を殆ど
示したことがないからな。
(先に言っておくがここで、市街化調整区域云々とかいう
のはやめてくれよ)

77 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:45
>75
今、農家のもってる土地は「先祖代々の土地」とかほざく輩かな?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:49
>市街化調整区域云々
都会の人間はそろそろ産児制限をした方がいいんじゃないか?

79 :? :2000/09/04(月) 18:57
あり?2つぐらい同じようなスレなかったっけ?
あれから続いてるの?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 18:59
>79
40に親切な人が貼ってくれたリンクがあります。

81 :>71 :2000/09/04(月) 19:02
>農家は土地を売らないが、それは客観的に見ても農地の所有権が
>計り知れない価値を持っているからで、経済的観点から見ても合理的。

まさにそこを問題にしているんだよ(笑)

農地の所有権に価値があるってのが農作物を作るという観点からは懸け離
れた点で価値を持っているということであり、
言葉を変えれば「自給率ウンヌン」を口実にした補助金付けの現状にうまみ
があるってことだ。

ということは、現状のシステムってのは「真の農業をしたい」とか「効率化したい」とか
「自給率を上げたい」とかいう本当の意味で農業を向上させる運動の邪魔にしかならないと
いうことだ。
それもこれもあなたがいう経済的合理性に由来しているわけだ。

我々が問題にしているのは、「自給率の向上」とか「食物供給の安定化」の阻害要因にしか
ならないようなシステムをなぜ維持しなければならないのかというこの点なんだよ。

あなたが言うことを正しいとすれば現在の政策の間違いを農業従事者の立場からも
指摘してくれたという風に理解できるのだが(笑)



82 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 19:09
このレスが農家の本音!?。
こんな輩にこれ以上税金をつぎこむ必要はあるのかな?

14 名前:善良農民 投稿日:2000/09/01(金) 13:51
現状維持に決まってるんだよ、アホ。
ひっかきまわされるより、現行の方がマシじゃ。

17 名前:>16 投稿日:2000/09/01(金) 14:35
でもなー、それでも苦しい農家も多いんよ。
だからといって、外で働いた事もないから、急に勤め人がつとまるかどうか
わからんしな。とりあえず、はたらかなならんからやってるだけ。
変化は好まん。こわいわ、どうなるか。そんならこのままのほうがな。

19 名前:>18 投稿日:2000/09/01(金) 15:59
百姓やめたら生活できないゆうてるやん。
あんたのゆうようにはできんから現状維持ゆうてんの。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 19:10
「革命的嫌煙主義者」
コイツはマジでUzeeeeee。超粘着質ヒッキーは氏ね。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 19:11
農地の再分配というのは一つの社会体制の中で行なうにはあまりに困難な問題で、
江戸時代の軍人階級で大土地所有者である武士、士族から、明治以降の小規模な土地
所有者である現在の農民に一度っきり所有権が移ったんで、次の革命的な事体が起るまで
基本的に所有権は移らないとおもう。それだけの社会的混乱に見合うものはないよ。

もちろん農家でも全員が農村に留まれる訳ではないし、相続争いなども
あるという点では商業地で事業を持っているのと同じ。都市には都市の秩序が
あるが、農村に戻ることは出来ないよ。自然の法則に従って成り立っているので、
政治でどうこうという問題ではないのではないかな。


85 :68>66 :2000/09/04(月) 19:16
>法律での辻褄あわせと、物事の決まる仕組みとをごっちゃにしては困る

すまんがごっちゃにしてはいないというか、あんたの言葉が意味不明だ。

>自然の財の一部だから、維持するスキルがある人が少なければ経費は
>青天井になるけど止むを得ない。

ということを言っているが、農地が国立公園とか国民全体に帰属するものならば、
税金を投入することも止むを得ないが、個人財産に対してその持ち主が維持する能力がない
というだけで税金を投入するというのは「法の下の平等」という原則に反するだろうという
ことを指摘しただけだが?

もっと言えば競争社会では維持するスキルがない人間はそれを手放さなければならない。
会社なら倒産だし、一般人なら自己破産だ。

あと

>都市の労働者層を守るために法律でいろいろ条件を付けているんで、

これも意味が不明だったので具体例であげてくれ。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 19:23
どうにもならんこともあるということをいいたいだけだ。

>もっと言えば競争社会では維持するスキルがない人間はそれを手放さなければならない。
>会社なら倒産だし、一般人なら自己破産だ。

それはそうだけど、当座の食料や現金の再配分はともかく土地を
大規模に所有したらそこからコンスタントに利益が上がるから
実際財を維持するのにスキルなんかいらないんだよ。

>>都市の労働者層を守るために法律でいろいろ条件を付けているんで、
>これも意味が不明だったので具体例であげてくれ。

小作人を雇うのを制限しているよ。小作権(借地借家権)が非常に
高く評価されている。都市開発の妨げになっているのはいやってほど
分かってるけど、ここをゆるめると食いっぱぐれた労働者が小作人に
逆戻り。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 19:49
>86
>ここをゆるめると食いっぱぐれた労働者が小作人に逆戻り。
そうかぁ? 都会の3K労働の方が高い賃金貰えるし、よりごのみしなければ
この種の職は不況下の現在でも山ほどある。再び小作が復活する事はまずない。
もっとも、現在の農家に小作を雇わなければいけない程の広大な農地を持って
る農家が殆どない。

農家は未だ戦前の大地主制度が合理的農業体系と考えてるのなら正直あきれ
果ててしまいます。それとも戦前小作だった方々が「大地主様」の夢を見て
るのでしょうか?


88 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 19:56
>よりごのみしなければ
一人一人にそのつもりがなくても、人は仕事をよりごのみするものです。

>大地主様」の夢を見てるのでしょうか?
小作人に戻るのはまっぴらです。



89 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/04(月) 21:28
>そうかぁ? 都会の3K労働の方が高い賃金貰えるし、よりごのみしなければ
この種の職は不況下の現在でも山ほどある。

 ないよ。山ほどは。
 こういう誤解に立つ限り、何言っても空理空論だね。
 日雇い系の仕事(℃方、道路工事警備員等)をやってみな。
 浮浪者一歩手前みたいな人が大勢いるよ。
 雨降れば仕事ないし、少ない仕事の取り合いだよ。若いうちは何ともないかもしれないけど。
 都会では公共事業が貧民(この言い方はまずいかもしれないけど)対策でもあることがわかる。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 08:17
age

91 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 09:21
>89
実際に日雇いなんてやってるのは農家の出稼ぎと
都市地域で1%にも満たない浮浪者だろ。


92 :毎日新聞地方版 群馬 :2000/09/05(火) 09:58
★新規就農者 最高の136人 (県まとめ)★

県内の新規就農者が増加傾向にあり、今年度は過去最低だった1995年以来の
最低の136人となったことが4日、県のまとめで分った。特に、会社勤めなど
をしていた農家出身者が農かを継ぐ、いわゆる「Uターン」組は87人と昨年度
より3割も増加した。

「長時間通勤して会社の指示命令に従うサラリーマン生活より、自然の中で
より自分が納得できる仕事をしたい」という新たな価値観が、若い世代を中心
に育ちつつあることをうかがわせた。

県農業技術課の「今年度新規就農者調査」によると、昨年8月から今年8月まで
に県内で新たに農業に取り組み始めた人(39歳以下)は136人。内訳では、6割強
に当たる87人が「他の仕事からのUターン就農した農家出身者」で、

・学校を卒業してすぐに就農(26人)
・卒業後に海外などで研修を受けてから就農(16人)
 と続く。

「Uターン」は1977年から調査項目に加えられて以来、最多となった。
殆どが元は会社員などのサラリーマンだった。
不況によるリストラや会社倒産といった要因も考えられるが、環境問題への関心
の高まりなどを受け、「会社勤めよりも、自然の中で人間らしく暮らしたい」
「もっと成果が納得できる仕事をしたい」という就農者が大半。自然志向や人間性
を重視する考え方が強くなっている。

県内の新規就農者数の全体を見ても、95年(79人)に底を打って以来、70年代
のように千人台とはいかないまでも、今でも増加傾向にある。

農家育ちでない人からいわゆる「Iターン」び就農相談も除々に増えており、
同課は「若い人の価値観が変わってきたのを感じる。高齢化などで農家数が
減る中、新たな農業への希望につながる」と話す。

今年から実家で野菜作りに本格的に取り組んでいる赤堀町香林、高林和明
さん(26)は「農家は生活の保障がないので一度は迷ったが、自由で人間関係
に左右されない点を魅力に感じた。将来は自力で花き類を栽培してみたい」
と夢を語っている。   【松尾 良】

93 :>91 :2000/09/05(火) 10:01
根拠は?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 11:36
百姓を批判する奴は、アメ公やドキュン中国人の作る農産物でも食ってるんだな。
もっとも、いざとなったら重要な戦略物資を日本に輸出する人の良さなんて、奴ら
にはないだろうがね.
あんたらリ-マンが百姓優遇を憎むなら、ちゃんと選挙に投票しに行ってリ-マンの主張
が聞いてもらえるようにするんだな。
察しのとうり、俺の実家は百姓で俺は長男。ちなみに今東京で、リ-マンをやっている。(笑)
しかし都会の奴らのなかには、百姓に変な幻想抱く奴が多くて笑えるよ。
「自然の中で自由に暮らしたい。自由で人間関係に左右されない点に魅力...」オ.ワ.ラ.イ!
だいたい、ここの連中は政府の減反政策や農作物を勝手に売ってはいけない、と言う事実を知って
いるのか?この無知な低能どもが。せいぜいこの掲示板でほざいて、日頃のウップンをはらすんだな。
ドキュン落ちこぼれな俺にも、実家に帰ればまだ仕事があるぜ、ク.ク.ク.。お高くとまった、都会の
奴らはせいぜい、タイ米でも食ってな。あっ、そうか米不足の時おまえらはタイ米を、まずいとか言って
食わなかったもんな。

95 :>94 :2000/09/05(火) 11:43
>農作物を勝手に売ってはいけない

しかし、これをやらなきゃ儲からんでしょう。
綺麗事では農家はもたないよ。

都市部の低所得者層にとっては、国産米が食いたくても背に腹はかえられん
から外米がどんなにまずくても、買うと思うよ。金がないんだから。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 11:49
全員が94みたいならリストラももっと楽にできるのだけど。

97 :>94 :2000/09/05(火) 13:04

君は農家出身ということを公言しない方が農家のためになると思う(笑)

まあ農家の人も君がいうところのリーマンも芸のない煽りだと思っているので
それほど影響はないと思うが。

にしても「俺って面白い」と思っているところが想像されて寒いっス。
今後は発言しようなんて大それたことは考えずに黙って見ていて下さい。


98 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 13:34
>94
煽りとしては3流。

もし、本気で書いてるなら、あんたの持ってる疑問に対するの答えは
上の方に全部書いてあるからこのスレを1からよく読んで、それから
書いてくれ。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 13:46
>94
今いるリーマンの先祖も殆どが農村から叩き出されて来た人間だという自覚が足りないな。


100 :時機を逸したが :2000/09/05(火) 13:46
>もっとも、現在の農家に小作を雇わなければいけない程の広大な農地を持って
る農家が殆どない。

田舎のそこそこ家柄のいい農家なら大概広大な農地を持ってるよ。
(まぁ、広大といっても、あちこちに分散した形であることが多いから、大規模農業ができない)

ただ、雇うと大赤字だから、忙しい時期には、家族+父母の兄弟の家族+嫁の家族+その他親戚というかき集められるだけの人間に声をかけて、農作業をするのだよ。
たとえば、私の姉の嫁ぎ先だ(笑)
しょっちゅう駆り出されるよ。
ちなみに京都府ね。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 13:53
>99
今いる百姓は税金の無駄飯食いという自覚が足らないな。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 13:57
いっそリーマンが農民に直接税を納める仕組みを作ったらどうだ?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 14:19
>102
どうもいまいち。
あと、「リーマン」という書き方がうざい。

104 :>98 :2000/09/05(火) 14:20
>煽りとしては3流。

でもこれだけレスがついているから本人としては満足なのでは(笑)
もっとも本人が意図していた(と思われる)怒りレスではなくて、ほとんど
が哀れみのレスで
あるところが、94の計算外だったかも知れないが。
(バカにされるならまだしも哀れまれているもんなぁ。合掌)



105 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 14:38
94=97

106 :98 :2000/09/05(火) 14:44
>104
>でもこれだけレスがついているから本人としては満足なのでは(笑)

いや、ごもっともです。
似たスレで同じような煽りレスも山ほどあったので、
「また、同じようなネタか」
というところが正直な感想でした。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 14:50
じゃあまとめてくれた人もいたのでsageということで

108 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 14:54
輸入が止まったら百姓の天下だな。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 14:58
東京に戒厳令が敷かれ、都市部の食料は配給制度になるでしょう。

110 :>105 :2000/09/05(火) 15:22
>94=97

 ん?97は俺だがもしかしたら自作自演といいたいのかな?
 ちなみに104も俺だ(笑)

 もちろん94は俺じゃないっていうか何故俺が94だと思ったのかな?


111 :>110 :2000/09/05(火) 15:56
気にするなよ。疑心暗鬼になってるヤツが多いんだよ。

112 :サンちゃん馬鹿農家 :2000/09/05(火) 16:14
親が百姓だから百姓しかできないバカに税金くれてやりながら百姓を
させるバカ国家。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/05(火) 16:16
税金 払え!

114 :名無しさん :2000/09/05(火) 16:17
94=102


115 :名無し :2000/09/05(火) 16:20
>108
輸入が止まるってどういう状況をいってるの
具体例出してね。
(戦争が起きたら・・・とかの小学生でもできる
漠然とした回答はやめてね。)

116 :110>111 :2000/09/05(火) 17:17
>気にするなよ。疑心暗鬼になってるヤツが多いんだよ。

了解。


117 :>86 :2000/09/05(火) 18:56
>>都市の労働者層を守るために法律でいろいろ条件を付けているんで、
>これも意味が不明だったので具体例であげてくれ。

>小作人を雇うのを制限しているよ。小作権(借地借家権)が非常に
>高く評価されている。都市開発の妨げになっているのはいやってほど
>分かってるけど、ここをゆるめると食いっぱぐれた労働者が小作人に
>逆戻り。

おいおい自分で言っていることを理解しているのか?あんたが言っていることをどう読んでも
保護されているのは都市の労働者層じゃなくて農家の方だぞ。

小作を雇うことが制限されているってのは裏を返せば自分で耕せる以上の農地
を所有することが制限されるってことだろう?
それで誰が利益を得るかというと就労の機会が奪われる労働者層ではなくて、
大規模組織(言い変えれば会社組織)が農業に乗り込んでくるのを制限して
もらっている農家じゃないの?



118 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 00:11
お百姓さんて、やっぱ自民党支持スか?

119 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 00:20
そしてもちろん巨人ファンでしょ?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 00:58
こっちのスレはなかなかおもろいですね。ヴァカっぽい1行レスも多いけど。

つーか、なんか論点がズレてきてるなぁ。これはこれでおもろいが>117

ちなみにウチの裏の畑を耕している農家のオッチャンは
共産党支持者(藁)で近鉄ファン。>118・119
「鈴木啓示は現役時代、いかに凄かったか」と「不破さんは偉い」というネタを
延々と語ってくれた(興味ねぇつーに。共産党ネタは好きだけど)




121 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 01:16
農民をけなすやつはメシ食うなー

122 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 09:46
age

123 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 09:48
名古屋から岐阜に懸けては中日ファンしかいないそうだ。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 10:37
マクロな視点が少々欠けてるようだ。
原因と経過はどうあれ、最終的に就農者が減少すれば、
確実にその一部は都市労働者になる。
つまり逆説的な「囲い込み」だ。
今の日本にそれがどのくらいの負担になるか計り知れない。
怖いぞ。


125 :名無し :2000/09/06(水) 11:27
>124
そうかなぁ?
ちょっと古いデータだが平成7年現在の第2種兼業農家の
割合は全体の約7割を占めてるからねぇ。
彼らにとっては農業なぞ助成金を貰うため、税制優遇を受
けるためにやってるようなもんでしょ。
補助や助成、税制優遇を辞めても、失業者の極端な上昇や
税収の減収に繋がるとは思えないけど。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 11:32
>125
食料の自給率が下がるし長期的に見た農地の生産性も下がるでしょう。

まあ一消費者が日本の将来を心配しても仕方がないということでsage。

127 :>126 :2000/09/06(水) 11:58
参加しなくても宜しい。

128 :名無し :2000/09/06(水) 12:10
>126
日本の国土では今の生産方式をとっている限りどれだけ頑
張っても4000万人を養うのが限度。
食糧自給率の向上なんてお題目で農村に金をどれだけばら
蒔いても結局、無駄ということです。

小手先だけ改革に年間、数兆の金をつぎこむより、革新的
な生産体制を開発に金を投入するなり、諸外国からの安定
的な輸入をするために金を投入した方が有効ではないのか?

129 :ちくり :2000/09/06(水) 12:22
昔、家の畑の空いてるところを使って芥子の花を楽しんでいたら、
おまわりさんに怒られちった。キレイだったのに、バカ野郎。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 12:36
>129
もっとちくって!

131 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 12:47
お百姓さんをばかにするな

132 :124 :2000/09/06(水) 13:14
>125
第2種兼業ははじめから計算に入れてないよ。
専業就農者のうち基幹稼得者だけでも全国70万人。
関連する製造流通部門の一部を加えれば100万人は下らないだろう。
現在完全失業者数307万人に対して無視できる数ではあるまい。
規制補助等カットしても生き残る専業農家はあるだろうが、
構造的に死んでしまえば結局は同じ事。
農政費の大幅削減分は膨大化する荒廃農地から生じる災害対策費用
に吸い取られ、財政上の利点もかなり少ないように思われる。

第2種兼業農家の経済的実態についてもかなり誤解が見受けられる
みたいだけど、ここでは関係ないのでまあいい。



133 :>132 :2000/09/06(水) 13:51
>基幹稼得者だけでも全国70万人。
専業農業で税金払っているのは、2万人もいない。
税金払わず、補助金もらって、豪邸に住み、観光バスで国会陳情

これが農家の実態じゃ。

134 :名無し :2000/09/06(水) 14:00
>132
>関連する製造流通部門の一部を加えれば100万人は下らないだろう。
国内農家のみを相手とする製造流通部門とやらがどのような業種が
具体的に示してくれ。あとこれに関わる人間が30万人になるよう
に見えるがそのソースも併せて示してくれ。

>規制補助等カットしても生き残る専業農家はあるだろうが、
>構造的に死んでしまえば結局は同じ事。
規制補助等をカットして生き残らないような専業農家を、はなから残す
必要性があると思えない。このような農家を残してるが故にいつまでも
国際的競争力はつかないし、消費者利益にも繋がらない。このような農
家を無理して残すことは、そごうに税金を投入する意義とさして変わら
ない。

>農政費の大幅削減分は膨大化する荒廃農地から生じる災害対策費用
>に吸い取られ、財政上の利点もかなり少ないように思われる
この算出根拠を示してくれ。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 14:01
>133
きみも国会に陳情したまえ。

136 :132 :2000/09/06(水) 14:42
134>
反論したければ自分で調べること。自分でデータを示さず相手にのみ説明責任を求めるのは
幼稚な議論態度だよ。もっとも2chでこれ言っても仕方ないけど。
ちなみにソースはすべて公的統計資料によるもの。自分で探せ。
数値の端数は全て切り捨てで処理してる。


137 :>136 :2000/09/06(水) 15:07
134は132の論拠を問うているだけ。要するに「ソースはぁ?」って聞いてんだよ。
あ、おれは134ではないよ。

138 :>136 :2000/09/06(水) 15:20
インチキ統計資料ではないなら書けるだろう。
136の出してくる数字は雑なんだよ。誰でも書ける程度の数、
差し支えない、尚且つ突っ込まれない程度の数字なんだよ。
しっかり書きな。


139 :132 :2000/09/06(水) 15:21
>137
違うね。134は反論の態を示してる。
第三者的な論証要求の範疇外だ。
相手にしたところで、本筋を外れた引用合戦になるのは明白。
別に逃げてると言われても結構。


140 :>139 :2000/09/06(水) 15:24
それにしても、ここは言い逃げが多いな。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 15:25
まあみんな補助金が欲しいんでしょ。

142 :134 :2000/09/06(水) 15:49
>137.138
ありがとう。

>139
134のレスに関して誤解があるようなんで注釈をつける。
第1、第3段落は、質問だ。ソースをきちっと示してくれ。
138さんのいうとおり、適当な数字はいくらでもかけますから。
あと君がいう公的統計資料なんて星の数ほどあるんだよ。この手の
調査は総務庁統計局をはじめ、農水・労働の本省さらに本省の各部
局、地方局、さらに各都道府県が独自に調査してるからね。
「調べろ」なんて言うのは正直逃げにしか見えないよ。


143 :137.138 :2000/09/06(水) 15:59
>142
いんや、女の子がお茶も入れてくれないから、思ったことを書いただけだ。
外資の女は寒いな・・・。それとも俺だけか。
139には何を言っても無理だ。逃げでいいと言ってるんだから、深追いするな。

144 :139 :2000/09/06(水) 16:09
自分の側の論拠を数値で出そうとしない相手にそこまで言われる道理は
無いと思うが。
第2段落は無視しろってか?甘えるのはよしてくれ。
消費者利益と国際競争力にに関する比較評価が可能な数値はあるのか?
そちらも雑でもインチキでもいいから具体的な数値を出してみな。




145 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 16:17
しったかぶりをいじめるな。

146 :名無し :2000/09/06(水) 18:55
>139
ごめんなさい。つい追ってしまいました。

>144
消費者利益という面では、ちょっとした天候不順とか大きく変動する
生鮮野菜食料品の価格。ほとんど下落することのない食糧庁の米の買
い取り価格。この辺は経企庁や農水省のHPに書いてある。
さらに言えば、諸外国の都市と比較した食料品の物価比較を見れば、
どれだけ高い食料品を日本の消費者が買わされてるかは一目瞭然だ
ろ。
国際競争力は、米の完全自由化が何故できないか少し考えればわか
るだろ。比較評価とか、数値とかの以前の問題だな。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 20:54
日本以外の先進国って農業がもっと保護されているんでしょ。
食糧自給率を下げない為に。
高校のとき、日本の食糧自給率の低さに驚いたけどさー。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 21:57
だからなに?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/06(水) 22:13
だからお百姓さんにもっと補助金よこせってんだよ

150 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 12:00
>149
これ以上出せるか!!!

151 :>146 :2000/09/07(木) 12:38
食糧物価の高騰を全て、生産性の低い農業とその保護政策のせいにする
のは一面的でマスコミ教条主義の臭いすらするな。
工業偏重がもたらす産業構造の不均衡による観点を故意に無視しているのか
知らないのかどっちだろう。
評価の方法が幼稚極まりない。
経済学を多少かじった人間なら分かることだ。
食糧安全保障の問題が排除出来る仮定しても、その論拠は薄いぞ。
それを自覚せず「一目瞭然」などと宣えるキミは幸せな人だ。


152 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 13:15
>151
>食糧物価の高騰を全て、生産性の低い農業とその保護政策のせいにする
>工業偏重がもたらす産業構造の不均衡による観点を故意に無視しているのか
では産業構造の不均衡が、どれだけ農業に影響を与え食料物価があれほど高い
か一つ具体的に述べてくれないか。ご託だけならなんとでも言えるからね。

>食糧安全保障の問題が排除出来る仮定しても、その論拠は薄いぞ。
安全保障というものがどういうものか、キチンと理解してのかな?
石油や合成化学肥料の原料が入ってこなければ農業生産がままなら
ない現状を考えれば、食糧自給率云々なんてことは、机上の空論に
しか過ぎない。
本当の意味で食料安全保障を考えるのなら、地球全体で食料生産
拠点をおいた方がリスク分散という意味で優れてるのではないかい?
日本全体が冷害等で食料生産が極端に低下する例は山ほどあるけど、
世界全体規模で起きることはまずないからね。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 13:17
>経済学を多少かじった人間なら分かることだ。

経済学をかじったことのない人間に説明できないならそれは本当に
かじっただけだよ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 13:28

だから自分で知識を得ようとせずに他人に説明責任を求めるなっちゅーに。
幼稚だなあ。


155 :>152 :2000/09/07(木) 13:40
>前段
ご託はお互いさま。
キミも自分が思いこみで書きすぎてる部分が有るとは認めるつもり無いんだろ。
自分だけが正しいと思ってる手合いとまともな議論をするつもりはないよ。

>後段
国境とか民族とかの重みや非合理さを知らない青臭い考えだな。
歴史に詳しいかどうかはしらんが近代の理性とやらを過信してるらいしね。
リスクを量るならもっと卑近な現実にも目を向ける必要があるだろ。
机上の空論はどっちかな?


156 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 13:49
>155
>キミも自分が思いこみで書きすぎてる部分が有るとは認めるつもり無いんだろ。
まぁ、そのままの言葉をお返しします。評価の方法が幼稚極まりないと言われよ
うと、とりあえず根拠データや、ソースはある程度示してるつもりですけどね。

>国境とか民族とかの重みや非合理さを知らない青臭い考えだな。
これも、そのままの言葉をお返ししましょう。
食料が入ってこない状況をどのように考えてるか知りませんがね。
卑近な現実とやらに目を向けるなら国内農家はさらにあてになりませんな。
彼らは戦後直後の食糧不足時から平成米騒動まで何度、消費者を裏切りま
したかな?



157 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 13:52
>156
家族の誰かが餓死したのか?

158 :初めて書きます :2000/09/07(木) 13:57
−−農業は第一次産業として、重要な役割を担っていることは十分承知しています−−

「農業従事者」っていうのかな、「農家」のことを・・・。
この言葉が何かを物語っているような気がします。

補助金・助成金・税控除等々は、明確な目的があるはず。
その目的を達成しているか又は達成努力をしているか否かは大きな問題です > 農業従事者様

農業従事者の方々に、是非「個人事業主または企業」としての意識を持って欲しいと思います。
国家や地方自治体等々からの規制や各種制約があるのでしょうが、自らの生活基盤は自らが
築くべきであり、いわゆる「おんぶにだっこ」状態では批判が生じて然るべきだと思う。

一般企業は目前の売上をあげ利益を確保する一方、経営改善努力(新商品開発・事業効率化等)
にしのぎを削っており、そうすることで繁栄・存続している。

大自然を相手にした経営改善(生産性向上等)は、私の思いよらぬ大変さがあると思うが、是非
真剣に取り組んでほしいと思います。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 14:00
>158
まともな意見が出てきたな

160 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 14:03
私のうちは兼業農家っすけど。農業の収入なんか実質ほとんど¥0っすよ
去年の場合,農協に出荷した米の総額が¥13万円くらい(ウチで食べる分は除く)
で,トラックターやら田植機やらコンバインやらの整備費で¥10万は確実に飛ぶ
あと,農薬代やら肥料代やら苗代やらが¥3〜4万
重油(農機の燃料)やら軽トラのガソリン代やらの維持費が¥5〜6万
これでトータル一年分の米代がタダと考えても…収入無いでしょ?
これに車検がくわわりゃ完全に赤字ですわね。
しかも兼業やから,フツーのサラリーマンの方々が久々の休日を取ってるときに
農作業をしなくちゃならない。一日ごろ寝もリフレッシュもあったもんじゃぁ無い
しかも,別に好きで百姓を兼業でやってるわけじゃぁ無い
先祖代代続いてきたから長男が継がなきゃしかたがない。
しかも継がなかったら近所で「バカ息子」の噂が広まり,
その地では近所付き合いもすべてパァになる。
だから,辞められず兼業農家を続けるしかない。
でも,兼業だから出きることには限界があるし,作業効率が悪いので
コストがかさむ→また赤字
この繰り返しですね。

まぁ,専業の農家の方々の事情はよく解りませんが
国の自給率向上どうこう以前に国民人口に対しての農地面積が狭すぎるから
どうあがいても焼け石に水のような気がします。

それと,都会の方々の嗜好にはついて行けませんナァ
「無農薬」…どこが良いンすか?あんなモン
無農薬ジャガイモなんか,人糞&鶏糞Or牛糞Or馬糞をた〜っぷりまぜた
土で養分吸って育てる。
無農薬の米なんぞ,かなりの大部分がウンカに虫食いされてふるいにかけても
ウンカの死骸とか糞とかが混じってる
キャベツにレタスもネェ…青虫がいるからこそ農薬かけてるンすよ。
かけなきゃ青虫が2〜3匹くっついてて当然。
それを異物混入て言われてもネェ…どうしょうもありません

161 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 14:21
>160
そんなに文句があるならやめてしまえと言いたいところですが、

>先祖代代続いてきたから長男が継がなきゃしかたがない。
>しかも継がなかったら近所で「バカ息子」の噂が広まり,
>その地では近所付き合いもすべてパァになる。

こういう話を聞くとそうも言えないですねぇ。
よくマスコミは簡単に地域コミュニティ賞賛してますが
このようなネガティブな面は全く無視してますね。

>それと,都会の方々の嗜好にはついて行けませんナァ
消費者は常に我が儘です。
しかしそれに答えるのが生産者の役目です。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 14:22
お百姓さんをばかにするな

163 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 14:33
お百姓さんじゃないばかをなんとかしろ。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 14:56
>その地では近所付き合いもすべてパァになる
私も田舎生まれ、18才までそこで育ちましたから、気持ちは分かります。

>よくマスコミは簡単に地域コミュニティ賞賛してますが
>このようなネガティブな面は全く無視してますね。
#マスコミは、「嘘は言わない(でもないか)が、すべても言わない」
#程度に受け止めておくのがクレバーでしょうね。

>しかしそれに答えるのが生産者の役目です
そのとおりですね。
「その前に自分の生活がある」という主張だと思いますが・・・。
そこに留まっていると、進歩がなくなってしまいます。

私は脱サラ起業組なんですが、食べることだけを考えると、将来
を見越した事業展開ができなくなります。
そうすると、尻つぼみ経営になってしまうのです。

市場(ユーザー嗜好)は動いていますから、固定的思考では生き残
れません。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 15:33
151の156への答えは157で終わり??
つまんなーい

166 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 15:38
ツマラナイとおもったら独身男性板へでもどうぞ。
あ、女?

167 :151 :2000/09/07(木) 15:44
157は俺じゃないぞ。
この流れにはまるで続ける価値を見いだせないしな。
久しぶりに本物の農業従事者が出てきたので引っ込もうと思う。
一言もいわなかったけど自分は農家じゃないから。




168 :158ですが :2000/09/07(木) 15:54
もしかして、この板はマジレス禁止だったのですか?
(ヨソからきたので分かりませんでした)
雰囲気壊してスミマセンでした。

>167さん
>久しぶりに本物の農業従事者が出てきたので引っ込もうと思う
と言わないでください。
私が引っ込みます。

みなさん失礼しました。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 16:12
もうここも終わりだな。
ちょっと残念だけど。



170 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 16:18
農業板か経済板がひきとってくれないかな。

171 :名無しさん@お腹いっぱい :2000/09/07(木) 16:24
農業版でやってくれ


172 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 16:51
普通の人間は、たとえ同業者だとしても、おかしなことをすれば叩く。
しかし、百姓は、悪いことをしてる百姓がいても、その百姓を叩かず、
苦情を言った人間に攻撃を加えるか、問題を無視する。
変な人達だよな。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 16:53
>172
いやいや、畦を壊した百姓は村八分じゃ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 17:17
>173
上の方か他のスレか忘れましたが、せっかく国が
大型機械も使えるよう畦とかを取っ払ったのに、
農家がまた、わざわざ畦を造って国のやった事業
を無意味にしてしまう例が出てました。
ここで質問なんですが、何故、農家は、あそこま
で「畦」に拘るんですか?

175 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 17:24
>172
まともにやってる同業者も一緒にして叩こうとするから反論される。
これはどの業種だって同じだろう。
あんた何業だい。
さぞや立派な職業なんだろうね。


176 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 17:26
>175
いや、同業者叩きが得意な業者もいる。みないきるために必死なんじゃ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 17:57
>176
なるほど。
そういえば同業者叩きってのは競争原理の産物の一種だよな。
農業集落というものが同一性を要求される社会単位であった歴史的経緯と、
同業者叩きをしない農民=競争を嫌う農民 の仮定が成り立つとすれば、
日本の農政が非競争主義なのは農本主義からの自然な流れかも知れんな。
少なくともこれくらいの視点は持たないと他国の状況との評価比較は出来そうにない。


178 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 18:05
>175
「たとえ同業者だとしても、おかしなことをすれば叩く」
この「おかしなことをすれば」というのが読めないのか?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 18:09
害虫は百姓ではなく土建屋ではないのか?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 18:12
>177
だからと言って諸外国の2倍以上もする米を
消費者が買わされる筋合いはない。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 18:52
>179
ある意味そうかもしれない。というより、予算消化の無駄な工事やめてほしいね。
予算の持ち越しはなぜ出来ない?完全にその年に消化してしまわなければならない
のか・・・?それが疑問だ。

>180
もっと色んな選択があってもいいと思うんだけどなぁ。
米にしたって様々な種類があるわけだし、それを消費者の趣味趣向に合わせて
選択していけたらいいと思うんだがな・・・。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 19:05
ほとんどの米が新潟産や秋田産と称して売られていることも問題だな。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 19:28
>179
「あいつがやってるから俺も・・・」ってか

184 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 19:43
だから何度もいってるけど頼むからお百姓さんをばかにするなよ
ご飯食べれなくなったらどうすんの

185 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 19:52
買ってもらってる、食べてもらってる
という発想が百姓には欠けてる。
おまえらのために農作物を作ってやってるんだ、
みたいな意見を言ってるようじゃバカにされるって。

186 :ななはち :2000/09/07(木) 20:27
>185
>買ってもらってる、食べてもらってる
>という発想が百姓には欠けてる。
>おまえらのために農作物を作ってやってるんだ
家が百姓である俺から言わしてもらうと、
こう言う考え方してる人は意外と少ない。
今は会社組織にしたりしないと農業を続けるのはかなり厳しいのが
現状です。そんな訳でこんな考え方してるとまずいのです。
普通の会社勤めや社会に出た事のある人が経営に関わってる事が
多いです。少なくとも俺の知ってる範囲では。
農業をビジネスと割り切っている人も居ます。
客をバカにしたような態度を取る人は生き残れないのが現状です。

187 :ななはち :2000/09/07(木) 20:53
あと、上の方でカキコあったけど税金がかなり免除されてると
勘違いされてる人が居るけど兼業農家の人がほとんどだから
税金は普通のサラリーマンと変わらん。
土地の税金も田舎だと家を建ててなければ
空き地も農地もそれほど変わらん。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 21:03
>ななはち
では、184みたいのはバカにしてもいいんだね。
あと、税金はサラリーマンと変わらないってのは、
サラリーマンをやって得た収入にたいしてだろう。

189 :ななはち :2000/09/07(木) 21:29
>188
184を何でバカにするの?関係無いじゃん。
農家をバカにしても食い物は沢山あります。
自分の好きなものを食べれば良い。別に外国産でも構わない。
>あと、税金はサラリーマンと変わらないってのは、
>サラリーマンをやって得た収入にたいしてだろう。
当たり前じゃん。
畑や田圃で儲けが出るのは186に書いたようなごく一部。
ほとんどの兼業農家はサラリーで食ってます。
最近は減反政策によってある程度減反をしないと逆にお金払います。
ウチは金払って、自分宅で食う分だけ米作ってます。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 22:12
>ななはち
おまえ大丈夫か?
184は百姓をバカにするとご飯が食えなくなる、といってるんだぞ。
そんなことを言ってるヤツはバカだろう。自分でそう言ってんじゃねーか。
あと、百姓が税制面で優遇されているのは事実だよ。
サラリーマンやって得た収入以外はどうなんだよ。
農地を駐車場として稼働させているヤツとか。

191 :百姓 :2000/09/07(木) 22:20
俺は百姓だ。
聞きたいことあるなら聞いてね。


192 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 22:29
むかつくなー
物を作る、生産する人たちを馬鹿にするような事はするな
1は自給自足しろ
貧乏なのか・・・お前は・・・
ひがみか・・・ったく


193 :百姓 :2000/09/07(木) 22:36
農家に勘違いな意見している●●ども、俺はお前らに
コメを食べていただこうと思って作ってはいない。
こっちは商売と思ってやっていないんだよ。
自分で食べるコメを自分で作った結果、余るから供出するだけ。
農地だと税金が思いっきり安いから片手間にコメ作るだけ。
コメ作りなんて実際は相当楽な仕事です。
だって兼業でやっていけるんだからね。
で、いつか農業を辞めるときに農地を売れば大金持ちです。


194 :ななはち :2000/09/07(木) 22:45
>190
184は百姓をバカにするとご飯が食えなくなる、といってるんだぞ。
そんなことを言ってるヤツはバカだろう。自分でそう言ってんじゃねーか。

184をバカにしていいですか?うん。とは答えられなかったもんで。

あと、農業収入なんて有ってもすずめの涙程度だよ。(兼業だと)
税金なんて掛け様が無いよ。。。ウチの場合は収入なし、逆に金払ってます。
また、専業の場合は法人化してるものもあり、税金は払ってます。
昔ながらの優遇税制で食ってる農家は今ほとんど居ない。
農地を駐車場として貸してる場合は普通に税金がかかると思うけど。。。

195 :>194 :2000/09/07(木) 22:49
ねえ、あなたも農家なの?
農地どのくらいある?
小作ってのは無しね。

196 :160 :2000/09/07(木) 22:55
>195
194さんじゃないけど
私も農家(兼業)です
田んぼは3反のが3枚と山が2つあります
兼業の収入の実態は160で書いたとおりね

197 :195 :2000/09/07(木) 23:02
>196
160読んだよ。
うちは6反だけど、ほんと金にならないよね(笑)。
税金が安いはずだ。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 23:12
>昔ながらの優遇税制で食ってる農家は今ほとんど居ない。
でもいるんだ。
百姓はそごうで買い物しろ。
間接的に公金を投入すれば、あそこまで叩かれなかっただろうな。

199 :ななはち :2000/09/07(木) 23:23
>195
兼業と書いてある通り農家です。あと小作なんて今のご時世居るのか?
農家で働いてる人は、社員形式になってると思うけど。。。
田圃は2反しかありません。でも家族で食う分だけですのでこれで十分です。
山も有りますが資産価値なんて日本の山には殆ど有りません。今のところ。
2反しかない田圃をどうやって減反すれば良いんだ。。。
ちゃんと減反政策してくれ。

200 :ななはち :2000/09/07(木) 23:24
書き忘れたけど、畑がちょっとある。
ばあちゃんが家庭菜園やってる程度。

201 :ななはち :2000/09/07(木) 23:31
>198
優遇税制で食ってる農家全員でそごうで買い物しても
一店舗も救えないと思うぞ。。。そんぐらい少ない。


202 :ななはち :2000/09/07(木) 23:32
>198
優遇税制で食ってる農家全員でそごうで買い物しても
一店舗も救えないと思うぞ。。。そんぐらい少ない。


203 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/07(木) 23:59
確定申告の時に税務署でちょっとバイトしたけど、すんごい赤字だね。農家って・・・。
まさかマイナス経営している農家があるとは気付かなかったよ。

がんばってくれぃ。。。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 00:22
最初のほうでは、サラリーマンより収入がある、と威勢がよかったのに、
急に貧乏人を気取り始めたな。
江戸時代だって、白い米食ってたくせに、全部役人にとられてあわやヒエを食べてた
などというところから進歩なし!
でも、ななはちはいいヤツだな。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 00:47
農民をけなすやつはメシ食うなー

206 :160 :2000/09/08(金) 00:51
>204
へ?
どういうこと??
それは専業の農業の方々の話でしょ?
私らは兼業っす

まぁ@`聞いた話によると「みかん農家」は儲かるらしいね
年収¥1000万は軽いらしいっす

207 :どん百姓 :2000/09/08(金) 01:02
>199
あなたの耕作している土地は本当にあなたor家族の持ち物ですか?
実は他人名義だなんてこともあるんだけどね。
『小作』の実態を知らないようでは・・・。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 02:19
あげ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 07:48
age

210 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 08:26
田んぼ貸してるんだけど、どこの田をやってくれてる人なのかわからない。
いつも米が出来ると持ってきてくれるんだけどね。
家の貸し地ってどこなんだろう。よくわかんねー。自営業やってるから
気にしてる暇ないんだよね。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 09:29
>181
>もっと色んな選択があってもいいと思うんだけどなぁ。
>米にしたって様々な種類があるわけだし、それを消費者の趣味趣向に合わせて
>選択していけたらいいと思うんだがな・・・。

その筈なんです。一部の消費者は安くて旨いと言われてるカルフォルニア米や
オーストラリア米を是非食べて見たいと思ってます。しかし、この国にではそ
れができません。国会へ行って
「明日から俺達はどうやって食っていけばいいんだ」
「食料自給率が低下する」
など、自助努力もなにもしない馬鹿が感情論を札束片手に訴えたり、書生論を
まことしやかに言う法螺吹きが多いからです。



212 :地方税務職 :2000/09/08(金) 11:57
所得課税に関して言えば農業への優遇税制なんてもうほとんど無いといって良いね。
所得税住民税で一見優遇に見える部分でも別の税目で締め上げてる例もあるし。
実際に今まで農業者の決算書作成の指導を延べ数百件やってるけど、経費がかかり
過ぎで4,5反もってる程度じゃ借金が増えてるばっかりでひどいありまさだよ。
巧く経営して利益を上げてる専業農家もいるが、兼業は自分で喰う分を作ってるって感じ。
どちらにせよ補助金無しでやっていけるような状態じゃ無いようだ。
ただ、利益を上げてるところは補助を有効に活用してるし、そういう初期資本投下がキチン
と回収できるところには収入補填はあまり必要じゃないらしい。
結局、税金がムダに使われたかどうかは、それが資本として生きてるかどうかで判断するもんだ。
同じ私有財産に対する税金注入なら、実態の怪しい不良債権の償却に使うよりは土地という
形あるものに使うってのも一つの考え方だろうと思うが。



213 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 12:07
>211
米も個人輸入ならOKという風になるといいですね。

214 :a sore point :2000/09/08(金) 12:13

★米豊作・悩ましく★

今年産米は3年ぶりの豊作が見込まれ、農水省や生産者団体はコメ過剰時代に
また大きな「難問」を抱え込むことになった。来年の生産調整(減反)緊急
拡大や、青刈り対策も浮上し、農業者は「今でも適正量を大幅に越える在庫
なのに、価格低下をさらに加速させる」と不安を募らせる。

苦境打破のために生産者団体は7日、需給改善を求める要請書を谷洋一農相に
提出した。しかし、「市場原理と需給関係から価格低落は自然の流れ」との
見方もある。悩み深き「実りの秋」を迎えた。
                          【塚本 弘毅】
             
                ----毎日新聞 総合ニュースの焦点---

215 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 12:15

★米価低落に危機感★

〓生産者・需給改善、農水省に要請〓

東京大手町にあるJAビル。4階会議室にコメ産地を中心とした県農協中央会長
らが5日に集まった。コメ余りと価格問題などを話し合う全国農業対策本部
委員会(全中)の水田農業対策本部委員会。

「中途半端な生産調整拡大なら、価格に響かない。一気にやった方がいい」

「違う。現状でも生産調整は限界に来ている。」

来年産について、生産者には禁句と言える生産調整拡大をめぐり激論が交わ
された。米価下落に追い詰められた姿が映し出された。
全国農業対策本部委員会(全中)には、

「過去最大の96万3000ヘクタールの生産調整を3年も続けたのに価格は上向か
 ない。在庫量増は政府の責任だ」

 との不満の一方で、

「生産調整拡大論は背に腹は代えられぬという気持ちだ」

 との声もある。

北海道の主力品種は、「きらら397」。自主流通米価格形成センターで行われ
た今年2回目の入札で60kg当たり、14@`513円だった。92年産の20@`000円台に比
べて大幅な落ち込みだ。道農業協同組合中央会は「北海道の60kg当たり生産
費は14@`300円だから大変だ」と嘆く。大規模専業農家が集中する秋田県大潟
村でもショックは大きい。大潟村農業協同組合の児玉政治組合長は「流通経
費を取られると今がギリギリの価格。コメ作りを下支えする制度が必要だ」
と話す。
              ------毎日新聞 ニュースキー2000-----

216 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 12:16
★自己責任強調の声も★

同じ農業者には、こんな意見もある。

「市場の流れに任せているのだから、ブレーキはかけられない。農協や行政
 に頼るだけではだめだ」 (新潟県の農家)

 農業生産法人を設立し、個人や卸業者などに直接販売している農家は、
『自己責任』を強調する。

卸売り団体の全糧連協同組合は、コメ価格の低下について計画外流通米の存在
を挙げる。農家消費分を除いた計画外流通米は1999年産推計で、生産量の3割
を占める。農家がじかに販売するため、2@`000円以上も安く、この値段にディ
スカウント店やスーパーが追随する。自主流通米価格形成センターの入札価格
がそれに引っ張られるという。

下げ基調なので卸売、小売業者は手持ちのコメを吐き出す。これも市場にコメ
があふれる要因だ。

「構造的な問題だから、小手先の対策では効き目がない」という。
農家と生産者団体には「経営体としての自覚を持つことが迫られている」と
注文をつける。

農水省の需給見通しでは、今年10月末での国産米在庫は2@`190@`000tの見通し
だった。適正在庫の上限2@`000@`000tに近づく計画だったが、政府米の売れ行
き不振や豊作基調で2@`800@`000tと試算を修正。政府買い入れゼロの可能性も
高い。

全国農業対策本部委員会(全中)が7日、農相に提出した要請書には「適正在
庫水準に向けた総合的な対策の確立」などを盛り込んだ。計画在庫より増えた
政府米570@`000tは海外援助などに回して市場に出さず、在庫や本年産の生産
オーバーの自主流通米分は一定量を飼料に転用することも検討している。

昨年も価格対策として、在庫調整と生産オーバー分処理で一部を飼料用に処理
するなどの市場隔離作戦を取った。今後、同省と自民党を交えて協議し、今月
末に対策をまとめる。

              -------毎日新聞 ニュースキー2000-----

217 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 12:19
予算をつけて、北朝鮮に輸出するといいかも。

218 :>217 :2000/09/08(金) 12:22
ただでやっても文句を言うような連中が金出して買うわけないでしょ。


219 :>212 :2000/09/08(金) 12:28
オマエのような馬鹿正直者が担当してくれると助かるよ。
有難う。 百姓より。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 13:17
>212
その経費とやらは本当に「経費」だったのか??


221 :>220 :2000/09/08(金) 14:02
ハハハ・・・良い質問だよ!
回答しろよ、212。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 16:21
>212
まぁ、税務署に「うちは黒字です。税金をお納めいたします」
なんて自分からいう馬鹿はいないよな。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 16:24
>222
株主に配当を出さないと逝けない場合は黒字を出しますね。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 16:37
>223
でも農家で株式会社制度とってるところは
すくねぇだろう。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 16:40
農民にも税金を払わせようとしてこういう制度が検討されたことがあったかあるか
みたいなんだけど、農業板に書いてあったんで詳しいことはわからんなぁ。

226 :212 :2000/09/08(金) 18:56
自分の主張に都合の悪い事実に目を背けたいのは分かるが、あいにく事実だよ。
もっとも、経費の意味もよくわからん連中に収支決算の中身までいっても
しょうがないから詳しくは書けんね。
ただ、決算書を作成する以上は、領収書はもとより各種法定調書や販売関係
の明細書、購買仕入納品明細書、営農口座通帳等まで精査して、事前調査に
より把握した資料や過年度決算資料と照合してやってる。
昔と違って今時所得隠しなんてなかなかできるもんじゃない。
むろん全く無いとはいわんが、他業種に比べて特に多いとも言えなくなってる。
坊や達が思うほど世の中甘くないよ。



227 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 19:00
>226
それはいいから平日の朝からパチンコの開店を待ってる都会の
ドキュンどもを早くなんとかしろ。

228 :>226 :2000/09/08(金) 19:12
馬鹿者。俺は田舎の税理士事務所の人間なんだよ、このタコ。
経費の意味がわかってねーのはおまえだろうが。
>昔と違って今時所得隠しなんてなかなかできるもんじゃない。
アホかお前?俺はなあ、農家も担当してんだよ、クソ馬鹿野郎。
中元、歳暮の度につけとどけしてんだよ、農家に。
お前は何やってるんだ?あー?ふざけんなよ!?

229 :名無しさん :2000/09/08(金) 19:22
馬脚。

>227
三宅島に連行して災害復興の強制労働って言うのはどうか?


230 :>226 :2000/09/09(土) 13:37
>領収書はもとより各種法定調書や販売関係の明細書、
>購買仕入納品明細書、営農口座通帳等まで精査して

全ての領収書を本物と信じてるとは・・・・・
これほどまでに断言してるとなると、もちろん発行元に
行って突合ぐらいはやってますよね(藁

まだ田舎に行くと税務署職員が来ると、「お昼は特上の
お寿司を」なんていうのをやってるとの話もありますけ
ど、そこら辺どうなのかなぁ(藁

231 :>227 :2000/09/09(土) 13:39
都会の人間は土日だけ休みだと思ってるのだろうか?

232 :226 :2000/09/10(日) 09:47
>228
そりゃあんたらが顧客にだまされただけだろうが。
それとも知ってて顧客の脱税に荷担したのか?だとしたら犯罪だな。
告発されないように気をつけな。
第一税理士に依頼するような農家は全体のごくごく一部。
それをもって全農家の情況を総括して語れると思ってるなんて馬鹿らしい。
そちらが税理士事務所の人間ならこちらは税理士資格持ち(臨時じゃなくて)の職員だ。
調査職権も判定能力もこちらが上だ。あんたの出る幕じゃない。

>230
やってるよ(藁
まあ実務上100%とは言わないが、農家の購買なんて相手は限られてるから架空経費はすぐ足がつく。
償却資産を水増ししても固定資産税と軽自動車税の台帳からわかってしまう。
自家用経費との仕分けだって経験を積んだ職員にはすぐに見分けがつくし、
毎年の事前調査で購買先の決算書にも目を通して、区域内での統計で裏付けもとってる。
一番手ごわいのはむしろ経費よりも共販出荷外でヤミ販売した収入金のほうだが、
こちらもうちの町ではほぼ補足できる体制にある。密告って意外に多いし。
相手から出された帳簿や証票を鵜呑みにするのは、手数料で商売してる税経理士事務所
の連中だけってこと。
それと下段の昼飯については7年くらい前までは結構やってた。
申告終わったあとの官官接待とかもやってて、そこでこっちもいろいろ裏ネタを仕入れた。
今じゃ管内税務署員も応援の国税局職員も自分で昼飯代を出すようになった。
コーヒー代まで出すって言った年もあったっけ。あれは笑えた。



233 :松坂ノックアウト :2000/09/10(日) 16:33
農家に対する非難って妬みも多いんじゃないの?
5反持ってるとして坪10万で一億五千万。



234 :>233 :2000/09/11(月) 13:36
そうだな。
それに対して農家は自分がそんな財産を持っているって意識が無いのも
この種の感情的論争の不毛さの一因だろう。
実際、農地を農地として使ってるうちは、宅地売買のような経済利益は
生じないし、後継者なら生前贈与でも税猶予ってのも、生産用資産を
法人化できる他の生産業とくらべた場合、農業者自身としての受益意識
は少ないだろう。




235 :>233 :2000/10/10(火) 15:17
妬みだけじゃないだろう。
専業従事している人間がたった60万人の産業に数兆円の税金投資していながら
なんら成果を出さない苛立ちもあるだろ。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 13:53
>>234
確かにウチも農地を持ってるが、資産があるという意識はまるでないな。
計算すると、優に一億を超えるのだが。

>>235
税金を投入して成果を生み出さないのは、
農業予算というのはあくまで名目で、
実際は全然違うことに使われているから。
成果を上げようとして、農家が改革しようとすると、
補助金まわってこないんよ。

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)