5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夏目房之介さんスレッドver.4

1 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:05
夏目房之介さんスレッドver.4
過去スレはこちら。
ver.1
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=964631820
ver.2
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=968418423
ver.3
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=970588633




2 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:14
淡白に逝きましたなぁ
おもろおかしい文章をちょっと期待していたのに

ま、しょうがないか

3 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:14
シンプルだね。>1

4 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:15
唐突に新スレが立ったな。
ところでマンガ夜話って当日ここで話していいの?
けっこう人来るよ多分。

5 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:16
>2
深い事情があります。

6 :マンガ夜話スレ:2000/10/27(金) 01:16
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=958820889&ls=50

7 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:18
つーか、最初のうちは上げていきましょう。

8 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:20
夏目ちゃん今日も来ないのかね?

9 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:23
>8
以前もスレ移動の時は戸惑っていたみたいだしね。
しばらくは無理でしょ。
っていうか、みんな夏目さんが夜話の準備してるってこと忘れてる・・・。
相手が50歳だってことも・・・。

10 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:24
ここでの禁止事項

1 浮かれすぎない
2 感情垂れ流し長文はなるべく避ける。
3 固定ハンドルをあんまり叩いちゃ嫌
4 こーいう説教もホントは禁止。煽りとみなす。

理由は過去スレを見ればわかるなり

11 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:26
>>9
つうか、もうすぐマンガ夜話始まるし、しばらくご来訪は無理ですな。
誰か夏目の目予想でもしてくれんかな。

12 :どわ:2000/10/27(金) 01:26
確かにここで「裏マンガ夜話」をやると、スレの内容が重複するかも…。
(↑夏目さんがやろうかなって言っただけで、やるか分かんないけど)
でも、マンガ夜話スレに、アンチ夏目スレな方々を連れていくことに
なるんじゃない?

13 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:30
>>10 に追記

文句を垂れたいときは
アンチスレ
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comickey=972533263
へ逝きませう

スレッド批評をしたいときは、
ver.2 ver.3 の過去スレが裏スレになっているのでそっちで行うがよろし

14 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:30
age

15 :夏目房之介:2000/10/27(金) 01:33
ドイツ報告その3
向こうで「ドラゴンボール」「アキラ」などを訳した夫婦に会ったんだけど、
旦那がドイツ人で奥さんが日本人。
このドイツ人が面白い人で、最初学者になるはずで日本に留学し、
英語の授業じゃ面白くないってやめ、
なぜか翻訳などしてるうちに漫画家になっちゃった。
モーニングで栗原さんに仕込まれたりしたらしい。
居合いを習い、今は宝蔵院流槍術を自習中。
すげー楽天的に「これから全部うまくいくさぁ、あははは」
って感じでパワフルに生きてる。
こういう人がいると、物事は前に進むんだよね。

ところで、ドイツの食い物はまずいって人がいるらしいけど、
全然そんなことはない。
うまいもののくい方を知らないだけだと思う。
自分の慣れないものに手を出さない人は、
食い物の好奇心や想像力もないんだよね。

それにしても、ここの過去の文章量凄いだろうなぁ。
もはや読んでからくるってのも、人間技じゃないかもしれない。
ま、楽天的にいきましょうよ、みなさん。

16 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:34
>>13
うむ。それ書いといた方がいいよね。

17 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:38
来訪age

18 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:39
>>15
こりゃ。夏目。
最近つきあい悪いぞ。
たまには構ってくれないと駄々こねるぞ。

19 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:39
フランス以外のヨーロッパ諸国って食い物がまずいって勝手に断定されていますよね
日本だと、洋食=フレンチだし
書き込みをしてるってことは、もう、セイヤは読み終わったんでしょうか^^;

>>10 >>13
いいね、その注意書き

20 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:41
> ver.3/857
既出じゃないです。

> 最近のマンガ、面白くないとは思わないんだけど疲れてる気がしません?
> 世間がそうだからなのか、成熟のせいなのか、自分のせいなのか、とかなんとか。

全部がそうってわけじゃないですけど、確かに増えてる気がします。
高いテーマ性だとか複雑な設定とか重厚なストーリーとかがマンガで表現
できることが証明されてから、単純な軽いマンガが書きにくくなった
っていうのがあるんじゃないかな?


21 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:44
>15
君の文章は文学板の文体模写スレッドの住人だろ?

22 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:45
>>13
アンチスレへのリンクが不完全なのはわざと?

23 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:48
表面だけなぞるところがそれを想起させるよ。

24 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:52
>>857(ver.3)
浮き世にはびこるお堅いマンガに疲れたときこそ、夏目さんの
「学問」なぞいかがでしょうか。
現地調査を元にした、夏目さんのヘナチョコな絵が笑えます。
んで、ヘナチョコな絵なのに、つっこんでるとこは鋭い。

あのころの夏目さん(自画像)は、髪が黒くてふさふさしていた
なあ。文字どおり。


25 :空机小姐:2000/10/27(金) 01:52
先生お帰りなさい。お疲れさまです、ドイツ報告楽しんでいます。
ドイツの食べ物ってザッハトルテとウインナーソーセージ
しか知らないアルけど、先生のお口にあってよかったアル。
>13さん  そこ、行ってみたけど、
「えらー、そんな板orスレッドないです。」って出たアル。
あなた、みなさんだましたアルか?



26 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:52
>>10>>13にさらに補足

・本物・偽者議論はやめよう
・煽りは放置が基本


27 :空机小姐:2000/10/27(金) 01:54
ごめんsage忘れた、、アル

28 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 01:58
>>26
次にスレ立てる人は、最初のおやくそくをまとめてくれるように、
適当に誰かがうながすのが良いかもですね。

雨降って地固まってるなぁ・・・。このスレ。

29 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 02:00
>>13のリンク先完全版。
まあ、アンチスレだから直リンしなくてもいいんだけど・・・
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=972533263&ls=50

30 :どわ:2000/10/27(金) 02:08
「聖闘志 星矢」の聖衣変形図解みたいな試みって、このマンガが初めて?
車田さん以外にやってる作家を知らない。
ガンダムのプラモほどではないにしても、おもちゃをもってる友達が結構いた。
その分、デザインも大変そうだけど…。

31 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 02:09
おつかれさまっす。
立ったときはあせったが、ここまで来るとタイトル見るだけで
ほほえましい。

32 :夏目房之介:2000/10/27(金) 02:17
>>18 こりゃ。夏目。
最近つきあい悪いぞ。
たまには構ってくれないと駄々こねるぞ。

あははは、受けること書かないで。つい書き込みしちゃうから。
あのな、わしゃもう50歳で、夜話の準備しつつ、
単行本や他のゲンコも書かなあかんのじゃ。
頼むから、あんまり面白くしないように。

>>19 もう、セイヤは読み終わったんでしょうか^^;

だぁかぁらぁ、やっと今日(昨日か)4日目を除いて読んで、
資料整理して、付箋のとこコピーして、目のレジュメ書いて、
ほいで一安心したとこなのね。
あっ、これ質問への答えじゃないからね。
愚痴だからね。
ほんとに大変なんすから、毎回。
他のレギュラーのように、とにかく当日までに読めばいいって身分じゃないのよね。
さぁ、寝るぞ。



33 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 02:20
おろ?本物?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/27(金) 02:21
某氏のように、楽屋でまだ読み終わっていないのに「そんなのいいから、エヴァの話しようよ」なんて言い出すやつまでいるしな(笑)。

あ、彼の司会は私好きよ、……って言っちゃ誰か分かってしまうか(笑)

35 :10=13:2000/10/27(金) 02:28
>>29
ありがとさんでした。
ミスったけどコピペでいけるしいいかなと思ってほっておいてましたん。

>>28
「かえって荒らしがぐるだろゴラァ」とか言われるかと思ってたんでほっとしたり。

36 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 02:59
>>32
ああっ・・・珍しく毒吐いてる・・・。
やっぱり本番前は夏目さんでもピリピリするんですねえい・・・。
あのメンバーの中でバランスとるのは大変でしょうけど、体壊さねぇ程度に
がんばって下せぇ。

そういえば、車田さんって、本宮ひろ志の大ファンだったんだってね。
ジャンプ編集部に、本宮マンガから出てきたようなかっこして、下駄カラコロ
鳴らしてやって来たって(笑)、「さらばわが青春の少年ジャンプ」って本で
読んだ。
この本かいた西村さんって、ジャンプの元編集さん、夜話にゲスト出演しない
かな。星矢の連載当時に現場にいた人だし、ジャンプのシステムについても話
できるし、なにしろ、もう集英社は辞めたみたいだから、心おきなくしゃべれる
んじゃないかな。っと、勝手に期待してみたりして。


37 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 03:05
夏目さんごめんなさい!
50歳って書いたのは、始まったばかりだから、
ちょっくら嫌な書き込みよけに、夏目さんの年齢を盾にしただけっす。
悪気はなかったんだぁ〜、怒らないでこれからも書いて〜。

少しふさふさがすさんでいるのであやまっておきます。スマソ。

38 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 03:09
>>30
変形の図解ってのは初めてなのかもしんないが、その前に「ウルトラマンのひみつ」とか言って
(けっこう無理矢理な)図解がすでにあったから、それがルーツなのではなかろか。


39 :あらき:2000/10/27(金) 03:16
テリーマンは見ていた!!

40 :魁!名無しさん:2000/10/27(金) 04:16
>>38
大伴昌司の怪獣大図解ね。
「メフィラス反重力ぶくろ」とか書いてある奴。ありゃイカスな。
無茶なモノに理屈を付けて納得させてしまう、という手法は
似ているかも>聖夜の聖依変形図解

41 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 04:27
あんたたち、ちょっと親しくしてもらってるからって、礼儀を忘れちゃ
駄目だわよ。
また見にくるからね。ちゃんとしてるのよ。

42 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 05:51
星矢って、どうしてもキャラクター先行のハシリ、ってイメージがある。
描き手にそーゆーつもりがなくても、星衣の図解みたいな付録は、それぞれの
キャラクターに対するいれこみかたが、あるとないとでは段違い。
これのアニメがヒットしたおかげさんで、この後
サムライトルーパー → ガンダムW → ヴァイスクロイツっていう
男子集団アイドルアニメ(メインキャラはたいてい5人)の路線が生まれた
ような。
いわば、マンガ界のジャニーズ。とは言い過ぎかもしれんけど。

43 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 06:10
>>41
いやいや、これが2ch流の歓迎よ。

44 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 06:17
>>42
ヴァイスクロイツ・・・ってなにさって感じですが、同感。

リンかけでジャンプシステムの嚆矢となり、星矢でジャニーズとなる
車田正美ってなかなかゴイスーな人ですな
編集者が偉いのかも知れんけど


45 :夏目房之介:2000/10/27(金) 08:02
>>37 悪気はなかったんだぁ〜、怒らないで
あ、あれれ?
別に怒ってないってば。
悪気ないのわかるから笑ったんだってば。
なんか、「毒吐いてる」とか、
そんなにいつもと違うかな。
僕の文よく読んでる人にはわかると思うけど、
こんなもんよ、いつも。
それにふつう話すと「俺ぁ、知らねぇよ、冗談じゃねぇよ」
って感じだからさ。

ところで、今度のホモホモの回には、
ちょっと変な格好で出るけど、
引かないように。
ヒントは東京新聞・中日新聞の
「これから」64回。

46 :メダ絵師α:2000/10/27(金) 08:04
夏目先生おかえりなさい。
私も、さっき読み返しましたが凄い量になってますね。

さっき大体、読み直したんだけど、なんか無理に夏目さんに質問つくってる感じがしますね。
質問しなきゃ勿体ないというか(^^)。
この辺が、なんか日本人ぽい。

47 :メダ絵師α:2000/10/27(金) 08:06
あ、文章がヘンだ。マヌケ。

>ちょっと変な格好で出るけど
コスプレでしょーか?


48 :夏目房之介:2000/10/27(金) 08:14
さっきvol.3で変なのめっけた。
>>858 ザ・テレビジョンにマンガ夜話の各回(ホモホモ7除く)の
紹介文が載っていたけど、これって生放送じゃないの?

夏目氏は「この作品から男が少女漫画を読めるようになった」
(正しい恋愛のススメ)と評し〜

これ知らない。むろん生だし(でなきゃあんな番組NHKでできるか)、
コメントもしてない。
僕が「これで男も云々」と評したのは、
一条の「デザイナー」についてで、
「正しい恋愛」の話ではない。
しかも、ずいぶん前の夜話か、
「あの頃マンガは思春期」の中のはず。
コメントとしてのったとすれば問題だが、
まぁありえない。
チェックしてみよう。

そいからコスプレではない(と思う)。

49 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 10:03
>>48
大変、とか言いつつちゃんと読んでる・・・(爆

コスプレでなければいったいなんなんだろ。
もう漱石ネタは坊っちゃんのコスプレでやったしねぇ。
何にせよサービス精神の旺盛なお人ですなあ。

50 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

51 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

52 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

53 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

54 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

55 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

56 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

57 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

58 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

59 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

60 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

61 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

62 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

63 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

64 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

65 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

66 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 10:42
>30
聖闘士星矢の聖衣変形図解って
アニメ化=おもちゃ化まで考えてやってたんじゃないの?
オレはジャンプの戦略なのかと思ってたんだけど。
それかキャラの描き分けが難しくなるのを見越して
記号として聖衣をデザインしたのかじゃないかな。

「夜話について話したい時は夜話のスレ、
 夜話について夏目氏と話したいときはこのスレ」とかでいいのか?

67 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

68 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

69 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

70 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

71 :名無しさん:2000/10/27(金) 11:03
うざかったら、何?>70

72 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

73 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

74 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

75 :名無しさん:2000/10/27(金) 11:37
お互い暇ですねえ(笑>74他

76 :名無しさん:2000/10/27(金) 11:38
999ってのが謎ですな

77 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 12:20
荒らすのって暇じゃないとできないね。
ごくろうさん。

ところで夜話のゲストが発表されてないけど、
ついに出てくれる物好きな著名人はいなくなったのかなあ。

78 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 12:34
>>32
>他のレギュラーのように、とにかく当日までに読めばいいって身分じゃないのよね。

(笑) 夏目の本音か〜。
「先生」は大変ですね。


次回の夜話のテーマとかはもう決まったのかなあ。
今回ジャンプ系が2つもあるので、次回はサンデー系希望。
うしおととらとかGS美神とか。

79 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 12:37
>ところで夜話のゲストが発表されてないけど、
>ついに出てくれる物好きな著名人はいなくなったのかなあ。

浮く話しかできない有名人は出なくて良し。

ああ、でも『陰陽師』のときの少女マンガの大御所(名前忘れた)が
ただのミーハーなファンと化してたのは面白かったのでそれは良し。

80 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 12:44
>ところで、今度のホモホモの回には、
>ちょっと変な格好で出るけど、
>引かないように。
>ヒントは東京新聞・中日新聞の
>「これから」64回。

夏目氏イロモノ化計画?
私ンとこは中日新聞エリアなので、ヒントも何も放送後なので、
<小声>誰かまたリーク求む。</小声>

それとも64回ってバックナンバーなのかな? 後で確認してみよう。

81 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 12:44
bakahakatarihayamero

82 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

83 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

84 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

85 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

86 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 13:04
またこの手合いか、しょーがないねえ。
「夏目氏の気を引きたいだけ」とアンチスレで痛いところ突かれていただろうに。
私はあれに感心したのと同時に、
「じゃあみーんな、ふさふさラブ(はあと)かい!」
と連想して爆笑もしたよ。恋する乙女だね。
私はフツウに書き込む恋する乙女としてこのスレを見守りたい。
大部分の人はアンチスレの反動で肩の力が抜けているんだから、
柔らかいムードのスレになってくれることを希望。
ちょっと硬かったときは読んでて辛かったです。

87 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 13:06
どうせずれるんだろうなと思いつつ。
>>79 萩尾望都せんせーやね。(私は萩尾さん好きなんで;^_^
岡田さんから「漫研部長のノリだ!」って何度もつっこまれていて
おかしかった。
でも、漫画家のああいう素の部分って、めったなことでは見れないから
貴重なフィルムかも。
作品がけっこう難しいから、あんなにはしゃぐ人とは思わんかった。
まぁ、男性陣の中であれだけがんばれれば、女性ゲストの中では、奮闘した
方ではないかい。

88 :…しつこく:2000/10/27(金) 13:12
夏目の目で聖闘士星矢、このあたりとりあげる? その2

フキダシです、感情の起伏や語感に応じて形態も変化するフキダシですが、
この漫画ではさらに自己主張が激しい。
必殺技の名称が入るフキダシだとスミベタに文字が白、形状も独特です。
これは登場キャラクターがコスモ(気のようなもの)を爆発(極限まで高めて)させて
必殺技をくりだすという設定に対応してるんですが
目に見えないコスモの爆発という変化を、
フキダシで形喩することで読者に表現しているわけです。

89 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

90 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

91 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

92 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

93 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/10/27(金) 15:20
>夏目う5ざい
5ってなに?

94 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

95 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

96 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

97 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

98 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

99 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

100 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

101 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

102 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

103 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

104 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 19:03
手動というのが笑える。ガンバレ!!

105 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

106 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

107 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 19:12
ぽっくんさびしかぶぁい。

コピペでみんなの注目をあびるぶぁい。


108 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

109 :正統派の海賊:2000/10/27(金) 19:14
まぁ、参加人数が増えればこう成り易くなる。
夏目さん、まぁ人気があるスレだから、と受け止めて下さい。

                 〜コブラ〜

110 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 20:00
一日たたずにレスが100越えた、ver.5までいっちゃうじゃないか

111 :>▽<:2000/10/27(金) 20:39
「聖闘士星矢」の回は、「少年ジャンプ」の方法論について語られるのでしょうね。
「幽遊白書」の回でも少しく触れていましたが。

それとアニメ版との関係について、岡田氏にレクチャーしてほしいんですが、
テレビアニメ観てないかもしれないなあ。

112 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 21:13
どーも記憶が定かでないんだが
星矢の表紙でのクロス図解ってアニメより先だっけ?後だっけ?
それによって意味合いが違ってくると思うんだけど

113 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

114 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

115 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

116 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

117 :黒@雀:2000/10/27(金) 22:10
あぼーんって「a bone」でしたっけ?

118 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 22:23
夏目房之介さんスレッドはもうそろそろ閉鎖した方がいいね
これ以上続けても意味ないでしょ

119 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 22:39
>>113
なかなか意味深
他のは消してもこれは残してもいいかも

120 :118:2000/10/27(金) 22:40
荒らし○ 決まり手:コピペ ×夏目スレ

121 :120:2000/10/27(金) 22:42
 118×
>118○

122 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

123 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

124 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

125 :そういえば:2000/10/27(金) 23:32
今日の毎日新聞夕刊の「漫画の居場所」を読めば
夏目が「モンスター」をビッグコミックスペリオール
に連載していると思いこんでいることがわかる。

夏目って実は漫画読んでねーんじゃねえか?

126 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 23:36
馬脚をあらわすアルツハイマー夏目萌え萌え

127 :ああっ名無しさまっ:2000/10/27(金) 23:43
本人は最近単行本でしか読んでないって言ってたような・・。

128 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:03
正確なデータがあっても、それを分析する力がなければ評論はつまんない。
ただ知識を詰め込むだけなら誰にだってできるけど、「夏目の目」は
夏目さんの視点でしかできないことがある。
夏目さんに文句つけてる人らは、それ以上の仕事ができるんだろうね。
はやく世に出てきて、そのすばらしさを見せつけてほしいものだ。


129 :どわ:2000/10/28(土) 00:09
>>112
聖矢の放送はテレビ朝日系列で 1986/10/11〜1989/04/01
聖衣の変形図解はコミックスの巻末おまけなはずだから、発行日を見ればいいんだけど、
放送開始前に、アニメ化の話はあるだろうから、正確なとこはわかんない。

130 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:11
>129
連載の時は扉のページに載ってたよ。クロスの図解。
アニメになる前からやってた筈。

131 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:17
夜話のゲスト、初日セイヤは厨房二人と勘違い黒女の3人だよ・・・
いくら少年漫画とはいえ・・・無慈悲だな・・・

132 :どわ:2000/10/28(土) 00:19
グレートチキンパワーズは…
ドラえもんの回では、噛みまくりだったな。作品紹介で。

133 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:22
>>128
んじゃお前ら取り巻き信者は何が出来るんだよ

134 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:31
寄生虫に寄生して生きてるんだね プッ

135 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:35
あのう、お客様。
よろしかったらこういったスレッドが同じ板にございますので、
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=972533263&ls=50
こちらで存分にお話になってはいかがでしょうか。
お客様のお好みに合う会話ができることをお約束いたします。

見ての通り、こちらには取り巻くのが仕事の信者の集まりに過ぎませんので、
お客様のご期待には添えないものと存じます。

136 :名無しさん:2000/10/28(土) 00:41
夜話スタッフは何を考えてるんだ・・・グレチキ・・・幽遊では邪魔でしょうがなかった

>ドラえもんの回では、噛みまくりだったな。作品紹介で。
そりゃ千原兄弟

137 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:43
>>48
夏目様へ
ver.3に書いた者です。
やはり今回も生放送なのですね。楽しみにしています。

あの文章は週間ザテレビジョンNo.44の77ページに書いてあったものです。
(関西版です)
やはり何かの手違いのようですね。

一瞬、夏目さんは「恋愛のススメ」までの少女漫画は男が読めないと
思ってたんだ・・と思ってしまいました。(そんなはずないけど)
小さいスペースの記事だけど間違ったまま掲載してしまうというのも困りますね。


138 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:45
>>137
そうやって世間からは「えらそうなこと言ってる」って誤解されるん
だろね。
本性は好奇心が強いだけの愉快なオジサマなのに。
イメージってオソロシイ。

139 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:47
どわは相変わらず勘違いが多い能。気をつけんとまた足元すくわれるぞな。

140 :どわ:2000/10/28(土) 00:54
うーん、自己嫌悪。
気をつけます。

141 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:55
>>138
マンガ夜話を見ている限りは全くえらそうには感じられないですよね。
とても丁寧で親切なイメージです。
あの枯れた感じがとても好きです。
それと、いしかわじゅんさんとの会話がいつも楽しみ。

あっ137の週間は週刊です。すみません。

142 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 00:56
書きこむときはsageですね。度々、申し訳ない。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/28(土) 03:36
夏目さんに愚痴ってもしょうがないが、
愚レチキは俺の心の中の歴代最悪ゲスト。

いったいどこのどいつが、コイツらをもう一度呼ぼう!と
決定したのか不思議でしょーがないわ。

144 :朝のHR:2000/10/28(土) 06:20

ここでの禁止事項

1 浮かれすぎない
2 感情垂れ流し長文はなるべく避ける。
3 固定ハンドルをあんまり叩いちゃ嫌
4 こーいう説教もホントは禁止。煽りとみなす。
5 本物・偽者議論はやめよう
6 煽りは放置が基本
あと書きこむときはなるべくsageで。

理由は過去スレ参照

文句を垂れたいときはアンチスレ
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=972533263&ls=50

スレッド批評をしたいときは
ver.2 ver.3 の過去スレが裏スレになっているのでそちらへ

ついでにマンガ夜話スレ
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=958820889&ls=50



145 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 06:51
全然関係ないかもしれないれど、新しいフォルクスワーゲンのデザインってドラえ
もんに似てると思わない? 全体に円のデザインでドラえもんのシッポを連想させ
るアンテナがピョコンと立ってて・・・。ドイツではドラえもんはメジャーじゃな
かったと思うけど・・。ドイツ関連ということで。


146 :魁!名無しさん:2000/10/28(土) 07:16
星矢の聖衣ってマンガとアニメでデザイン違っていたが、
アニメ版の方の聖衣解剖図ってのもあるんすか?
アニメは見てなかったんでわかんないんですが。
あ、おもちゃはアニメ版の方だったっけか?

147 :どわ:2000/10/28(土) 07:28
エキサイトがマンガ情報サービス”エキサイトマンガ”を始めたようです。
新刊情報や発売される人気漫画の紹介をしてる。
これで書棚に長々と居座る、立ち読みな方が減ってくれれば良いけれど…。
そりゃないか。
ttp://www.franken.ne.jp/franken/pickup/excite.asp

148 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 07:29
>>146
つーか玩具にする為にデザインを変えたというべきだろうね

車田先生は商品化を睨んで聖衣解剖図を描いてたんならすごいな
アニメ化前からやっていたようだし
普通、あんなものの商品化はあんまし考えないよね


149 :どわ:2000/10/28(土) 07:33
>>147
追記
作品の一部が立ち読みできます。

150 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 07:35
>>147
エキサイトだったら直リンでもいいような・・・でも、ありがとうさん
結構役に立ちそうですな

漫画の立ち読みはやぱ駄目かねぇ?
書籍なんかだと立ち読みは買い手に与えられた権利に近いものがあると思うんだけど
すぐ読み終わってしまう漫画ではそうもいかんか

151 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

152 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

153 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

154 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

155 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 09:27
>>141
私も夏目氏が偉そうに見えたことはないですねー。
「枯れた」には笑っちゃいましたが、確かに私もそう思いました。
偉そうと言うならいしかわ氏のほうが偉そうだけど、あのキャラも好きです。
ときどきズレた発言して、見ていてつっこみたくなるのも魅力だと思う。
作品によって熱意にムラのある岡田氏も面白いし、あの三人のバランスは
いいですよね。
さすがに夏目氏みたいなタイプの出演者だけだと、番組が落ち着いちゃって
盛り上がらないかも。

それにしても、グレチキのゲストは私も勘弁して欲しいです。
本来なら「夜話」行きのレスですが、141さんに同意したかったのでお許しを。

156 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

157 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

158 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

159 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

160 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

161 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

162 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 09:41
まぁグレチキの起用は・・・
活かしたファックスがバンバン来ることを見越して、それにあわせた人選ということで・・・
案外、幽白の回が一般の視聴者に受けが良かったからとか・・・ないか

163 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

164 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

165 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 12:06
某板からの転載〜

駄スレ上げてる夏休み中の厨房さん7月26日水曜日の深夜から早朝にかけて、
某板で調子こいた岩手在住の厨房がひろゆき@管理人の逆鱗に触れて、
ひと晩中つるし上げ&袋叩きにあったのを知らないようですね。

<以下、管理人の書き込みのコピペ要約>
(1行レスや無駄スレ乱立でサーバが落ちたら)じゅうぶん器物損壊罪になります。
例えサーバが落ちなくても、業務の妨害になりますです。
裁判になった場合、民事の場合は、被害を立証して裁判官が被害だと認定すれば
いいんですよ。
削除屋さんとおいらが、深夜にわたって削除をせざるを得なかったというのを
説明するだけです。
後は、削除スクリプトの制作費と、人件費とか値段をつけるだけですよん。

この厨房みたいに岩手から東京まで裁判の為に召喚されたくなければ、
荒らし同等の個人ネタスレは上げたり関わったりしない方が身の為ですよ。

ただの脅しと思う前に、IP抜かれて後悔する事の方を考えましょう。
ここは無法地帯ではなく、管理人のいる掲示板です。

ちなみに関連リンクはこちら
http://saki.2ch.net/news/dat2/964551624.dat


166 ::2000/10/28(土) 14:02
残念だが効果ないよそのコピペ

夏のラブひな荒らしを知らんの?

167 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 14:35
ラブひな荒らしはfushianasanでIP抜かれるという悲惨な末路をたどったと記憶しているが。

168 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 15:31
IPって言葉が一人歩きしているな。今更だけどな

169 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 15:34
ラブひな荒らしの時もこのコピペは貼られましたが、167氏も言っている
本人のふしあなさん自爆まで荒らしは止みませんでした。
脅しにはなんないよ〜ん

170 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 15:35
夏目氏動画
http://www.magicmoments.cobblers.org/gifs/old/clips/throatcu.mpg

171 :連載と書き下ろし:2000/10/28(土) 16:55
以前、週刊連載と書き下ろしについて議論があったが、夏目さんの「マンガの
力」を読んで触発されるところあったので蒸し返させてくれい。
永井豪の「あばしり一家」についての夏目さん評;
「永井豪は、自分の無意識に起爆装置をしかけ、それを爆発させる名人なのだ
ろう。こういう憑依タイプの作家は、無意識の大きな領域に自らを語らせるこ
とができ、しばしばその無意識は時代と通底していて、時代がその作家を選ん
で描かせたかのような、とんでもない傑作を描いてしまうのだ。」
週刊連載という肉体的精神的に極めて過酷なシステムが、「結果として」こう
いう「無意識をして語らしめる」タイプの作家を輩出させたとは考えられない
か? 徹夜に次ぐ徹夜という肉体の酷使は「憑依=トランス状態」を容易にし
たと考えられるし。
ちなみに「デビルマンレディ」とかが死ぬほどつまらんのは、肝心要の「無意
識」が発動しておらんからだと考えると実によく理解できる。

172 :"削除人"さんありがとう:2000/10/28(土) 17:50
最近、削除人さんの対応が素早いような・・・
すっかり「削除板」の常連と化しているので、当然か?!
見やすくなって助かっとります。
削除人さん、お仕事、ご苦労さんッス。

173 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 18:14
なんにせよ、管理人がその気になればカキコミの足跡は辿られてしまうと
いうことでしょう。
荒らしは民事訴訟を起こされる覚悟なのかと165は問うているのでは?
他の板で荒らしていた連中が無事で済んだから安心と思っているのは
楽観的だと思いますが。趣旨と外れたカキコミで申し訳ない。

174 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 18:33
>>173
ヒロヒトがいなくなったりでもしない限りな〜んの説得力もありゃしません
多分あんたのほうがカンチガイしてるぜ


175 :aho:2000/10/28(土) 19:40
aho

176 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 19:53
g

177 :ああっ名無しさまっ:2000/10/28(土) 20:59
もうすぐ漫画夜話もあることですし、
上げながら気楽に行きましょうや。

178 :ダイエットじゃなくてマンガ夜話は明後日から〜:2000/10/28(土) 21:14
ほんじゃ、今回の日程だよ〜。

10月30日(月) 24:00〜
「聖闘士 星矢」/ 車田正美 (週刊少年ジャンプ 集英社)
10月31日(火) 24:00〜
「正しい恋愛のススメ」/ 一条ゆかり (コーラス 集英社)
11月01日(水) 24:00〜
「ホモホモ7」/ みなもと太郎 (週刊少年マガジン 講談社)
11月02日(木) 24:00〜
「みどりのマキバオー」/ つの丸 (週刊少年ジャンプ 集英社)

とうとう来ましたって感じですね。
しかし、「マキバオー」話題にならないから忘れてた(笑)。

179 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 00:14
星矢って、始めから車田が「アニメ化を目指す作品を作る!」って
宣言したとか、しなかったとか。

車田作品の喧嘩漫画って、ほとんど本宮のパクリのような気がスルが。。

180 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 00:17
>>179
極虎一家だっけ?その辺見てるとそのとおりとしか思えないね

181 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 05:12
☆彡

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/29(日) 09:46
夏目さんのコラム、今週もまた遅れて中日新聞で見た。
モナーがモデルなイラストが載っていたナー。

183 :夏目房之介:2000/10/29(日) 09:54
>>171 名前:連載と書き下ろし
おっしゃるとおり、日本マンガの特徴の一つは過激な週刊連載システムにあると思います。
恐らく欧米ではあれほど過酷な作家酷使(非難しているのではない)ありえないでしょう。
週刊連載はテレビと並ぶ日本人の生活習慣の速度変化に同調・増幅したんでしょうが、
マンガはそこに人気投票と読者とのフィードバック効果を引き込み、
物語の自然発生性・いきあたりばったりのアドリブ効果を極限まで進めたんじゃないでしょうか?
欧米だと、物語を最後まで詰めないで連載を始めることは、
ほとんどないようです。


184 :夏目房之介:2000/10/29(日) 10:02
海外取材して痛感するのは、
日本の編集者という存在の特殊性で、
あれほど作家と深く長く、
創作から生活面にわたるまでかかわる編集システムは見当たりません。
たとえばネームを編集がチェックして直しを要求するという、
日本ではふつうの習慣を欧米や台湾でマンガ関係者に話すと目を丸くする。
作家は「冗談じゃない」というし、出版側は「なんでそんなことまで?」という。
香港は出版社丸抱えシステムの作家=社員だし、
韓国は少し違いますが、それでも、
「最近少し相談するようになった」
とある作家がいっている程度のようです。
週刊で、作家も編集もそこまでやるというのは、
恐らく日本的経営の土壌の上に、
マンガへの情熱がしからしめたものかもしれません。

185 :夏目房之介:2000/10/29(日) 10:09
週刊システムは、編集と作家のほとんど恋愛のような関係(SMも含む?)を、
一種世間から隔離した集中状態に置いて、
憑依状態を生みやすくしたのかもしれません。
そこにマガジンで自然発生しジャンプの受け継いだ
「友情・努力・勝利」という主題が生まれたんでじゃないかな。
これは、作品主題であると同時に、
編集と作家の共同・合議・人気獲得の作業と対応しますよね。

186 :夏目房之介:2000/10/29(日) 10:13
作家の憑依を生む暴走を管理しながら、
ときに出版経営側と闘いながら共犯関係に入ろうとする編集。
今ではやや古典的になったこの関係は、
憑依という比喩でいえば、
巫女と司祭みたいな関係かもしれない。

187 :夏目房之介:2000/10/29(日) 10:20
今回の夜話のジャンプ系を読んで感じるのは、
そうした週刊連載システム的情熱・根性の拡大再生産の凄さです。
このシステムが60年代後半以降の少年・少女・青年マンガの市場拡大を支えたのは、
恐らく間違いないと思えます。
ただ問題は、これだけではじつはマンガは前に進めないってことです。
マンガ市場の半分が成人向けになった80年代後半期以降、
本当はシステムの検討が必要になっていると思うんです。
実際、さまざまなところで無理も生じてますしね。

188 :夏目房之介:2000/10/29(日) 10:31
ほんとはお休みの日曜日、
久々に長々と書き込んでしまいました。
この場所のルールには違反してますがお許しを。
もともと実名での書き込みそのものが、
この場所のこれまでのルールに違反してるのでしょうが。
(もっとも、実名で書き込んではいけないという明文もないように思いますが)
夜話が終わって、少し時間ができたら、
過去の答えられなかった質問に短期間答えて、
このイレギュラーな僕の介入に、
きちんと説明をした上で終息宣言するつもりでおります。
残念がる人もホッとする人もいるでしょうが、
まぁどんなことも時間がくれば終わるもんです。

189 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 10:44
あ、「夏目房之介」だ。
私は漫画評論家としてのこの人よりも、特異なスタンスで参加する2ちゃんねらー
としてのこの人に興味があったのでいなくなるのは残念。
裏スレで勝ち誇ったように浮かれ騒ぐレスがつくのは容易に想像がつくけど、
それさえも本人は楽しみに待っていそうな気がする。
いなくなりたいときにいなくなる、当然か。
2ちゃんの空気に流されずに参加する一例として面白かった。
んじゃ、頑張れ「夏目房之介」
あなたが有名な評論家と同一人物じゃなくても、関係ないや。

190 :夏目房之介:2000/10/29(日) 11:08
>>189 有名な評論家と同一人物じゃなくても、関係ない
むふふ、いいスタンスですね。

さて、少し前毎日のコラムで「モンスター」をスペリオール連載と誤記したのは、
たしかに僕のうかつでした。たくさん雑誌並べて慌てて書いたせいですね。
申し訳ない。浦沢さん、すいません。
たしかに僕はふつう雑誌を読みません。
このことはもうずいぶん前から表明してますが、
じつはいしかわさんや岡田さんみたいにマメに雑誌読んだりしてないんですね。
それは僕が怠惰だってことと、自分の批評の問題が、
必ずしも時事的でアップトゥデイトなとこにないからでもあります。
他に興味のあることが多すぎるし、
40代以降の僕には緊急の問題じゃなくなったんでしょうね。
だから、いしかわさんや岡田さん大月さんは畏敬してるし、
僕にはあそこまでできない。
ただ、僕にもできることで、僕しかできないことがあれば、
それが僕の場所です。
人それぞれ自分の闘う場所ってあるので、
それしかやりようはないんですけどね。
ま、間違いは間違い。
訂正とお詫び。




191 :189:2000/10/29(日) 11:15
うわ。レスつけないで、「夏目房之介」さん。
せっかく今までは傍観していてはじめて書きこんだのに、浮かれ騒いで
調子に乗るファンやアンチの気持ちがよーくわかった。
浮かれるわ、こりゃ。
みんなこういう気持ちだったのか。勉強になった。

192 :189:2000/10/29(日) 12:08
有名2ちゃんねらー「夏目房之介」を名乗る人から反応があっただけで
うろたえる自分はやっぱり2ちゃんに書きこむにはまだまだ未熟だった
と痛感。
今までは「書きこまない」ことで自分を保っていたのに、書きこんで、
それに反応があったとき、いかに自分を保つかの難しさがわかった。
やはり「夏目房之介」のスタンスはなかなか真似できない。
BSマンガ夜話に出ているオジサンともども、注目されるわけだ。
この反省を元に、2ちゃんに書きこむときはもっと慎重になろう。

193 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 12:32
やめたいときにやめる。当然といえば当然。
わざわざ終息宣言をしないといけないのが有名人のつらさなのかな。

たぶん、今までこのスレをいい意味で楽しんできた人は
ver.3途中からの荒れきった雰囲気のせいで
夏目さんが書き込みを止めてしまった。荒らしのせいだ。
なんてこというんだろうけど
多分、違うんでしょうな。つうか、そう思いたいところですな。
まぁ、ご本人の終息宣言でその辺のことも語って欲しいもんですね。


194 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 12:44
>>193
>>190の夏目さんの書き込みが、2ちゃん引退の理由をも説明しているように見える。

>自分の批評の問題が、
>必ずしも時事的でアップトゥデイトなとこにないからでもあります。
>他に興味のあることが多すぎるし

夏目さんのスタンスと2ちゃんのカラーがマッチしていないということだろう。
飽きたわけでも辟易したわけでもなく。

目新しいものに対して、すぐ飽きたり、辟易する人間に批評家は勤まらないだろう。


195 :フィル:2000/10/29(日) 12:49
>190の夏目さんへ
自身の興味がアップトゥデイトな作品に興味が向いていなく、過去の作品や日本のマンガ文化の
海外との係わりにに向いていようとも、それが現在だからこそ見える視点に基づいて行われて
いるものであれば、それは十分にコンテンポラリーな批評作業になりうるものだと思います。
だから、雑誌を読んでいなければ現代的な批評をできない、という考え方は少々短絡的なものですよね。
ただ、若い世代の読者、書き手としては、夏目さんの場合、能力、感性的には問題がないのですから、
新しい作品に対する批評活動もコンスタントに続けていただきたいという思いがあります。
世代間の断絶をうめるという意味においても(夏目さんの「スタア学園」論、読んでみたいです)

ジャンプ方式が生み出すマンガというのは、不思議な魅力がありますよね。
今回マンガ夜話で取り上げる「セイント聖夜」にしても、努力、友情、勝利という主題を、
とても本気で書いてるとは思えませんし(本当のところは判りませんが)、技の名前を叫んで、
集中線がビューっと飛んで敵をやっつけるシーンなど失笑を禁じえないのですが、
なにか豪快で面白くて、途中でやめられず最後まで読んでしまいます。
よくわかりませんが、きっとそこにマンガの根源的な魅力があるのでしょうね。
マンガ夜話ではそこらへんに期待したいです。


196 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 14:29
浮かれポンチ!

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/29(日) 15:01
アホばっかり

198 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 16:00
批評なりをするときの批評家の立脚点が進行形の現在である必要はない。
自身の立脚点からの発言が「今」なり、違う世代にどう受け止められるか、
離れた若い世代にも通用しうるかどうかが重要。
はたして夏目房之介は現代や、これから読者になるかもしれない若い世代に通用しうるのか。
漫画をというものの認識すら世代によって変わっていく中、
経過は求められず結果しか要求しない若い読者世代がしめる割合が増していく状況を
はたして実感できているのであろうか。
氏の今後のご健闘をおいのりしたい、では。

199 :171:2000/10/29(日) 16:47
夏目さん、本当に終結宣言ですか?
少し、さみしいです。
でも、お仕事忙しいわけだし、2chにはまっちゃったらいくら時間あっても足りな
いわけだし、仕方ないですね・・・
183から187まで、本当に深い洞察のレスをいただき、心より感謝申し上げます。

一マンガ愛好者としては、作家と編集という「巫女と司祭みたいな関係」について、
編集者の個性が具体的にどう関与していたのか、という実証研究を是非読んでみた
いです。それは、必ずや作家と編集者の愛憎うずまくダイナミックな人間模様にな
るに相違なく、ひょっとすると文学またはマンガ作品として語られる方が適当な事
柄なのかもしれません。

事実、過酷な週刊連載システムは「消えた漫画家」に描かれたような多くの犠牲の上
に成り立っています。しかし同時に、この人材の「蕩尽」が、マンガに非日常的な
「祝祭」のテイストを与え、読者に対して「えもいわれぬ」魅力の光彩を輝かせた
という気がしてなりません。
日本型「編集者と作家の関係」は、「日本におけるマンガの生産体制」という大きな
パースペクティブから、その特質と功罪を論じられるべきであると思います。編集と
作家という、これまで対外的に閉じて語られることのなかったディープな世界に、
光を当てていくことが必要です。そして、そのことを通じて、傑作の誕生の産婆役と
なった個々の編集者の功績が客観的に明らかになるはずです。

・・そうでした、青年期の私は、そういう「傑作の産婆役」としてのマンガ編集者に
なることに憧れていたのでした。
すっかり忘れていたことを、今、ありありと思い出しました。

夏目さん、本当にありがとうございました。

200 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 20:00
夏目さん、まあこのへんが潮時ってことですね。
今まで2chへの書き込み、お疲れ様でした。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/29(日) 20:00
実は、今度の聖闘士星矢で「聖衣を分解して組みたてられるようにしよう!」
と主張したのは担当編集者。まあ漫画家が「総監督」なんだからいいんだけど
実はマガジン・ジャンプのテイストや歴史的なインパクトを与えた作品を生んだ
のは編集者で、漫画家は別でも「梶原作品」として語られるようにある編集者の
担当したものに「○○編集担当作品」といった独自のテイストがあったりしてね。
そのとき、それをマンガ史の中で「なかったこと」にしていいのだろうかね?


202 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 20:01
スレの住人が「夏目房之介」という名前とどうつきあうか模索しはじめたところで
終息予告されるのは、いいタイミングだね。
裏スレも相変わらず。スレごと削除依頼した人もいたようだけど、
残っているのは2ちゃんとしてアリだと判断されたということでしょうね。
「夏目」が誰かよくわからないけどとりあえず叩いていた人、本人が本名で
来ているから餌食にしてやれという程度の人は消えて、純粋にアンチの人たちで
あっちは存続されていくのかな。
ファンは堪えられないだろうけど、「夏目房之介」は痛痒を感じていない気が
するのでいいんじゃないかと思う。それなりに面白いレスもたまーにあるし。

どうしても今は「夏目房之介を偲んで」風なレスがつきやすいけど、それも
仕方ないね。188の「夏目房之介」は改めてまた来るって言っているけどね。

203 :ああっ名無しさまっ:2000/10/29(日) 22:22
>>192
おもろい人だから匿名でチョコチョコ書き込んでくれるといいんですがね。
終息宣言とやらが、
あくまで「夏目房之助」というハンドルに対してのものであることをキボーン

204 :192.202:2000/10/29(日) 22:44
>203
ハハハ。作りキャラで潜入してくる「夏目房之介」ですか?
で、「あれって夏目房之介だと思うけど、どうよ?」とか論争になるのかな。
参加するという意味ではお腹いっぱいなのかも知れませんし、それは本人のみ
ぞ知る、なんでしょうね。
不思議の国のアリス気分を満喫して去っていってくれるといいなと思います。
まさにマッドティーパーティーですものね、ここ。

それにしても「書き込む」ボタンクリックするのに緊張するのは私だけ?
最初から猛毒撒き散らしな書きこみしてる人もいるんでしょうけど。

205 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/10/29(日) 23:56
さよならフサフサ〜

206 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 00:17
>それにしても「書き込む」ボタンクリックするのに緊張する
いい事だよそれ

207 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 00:31
夏目さんが名無しになったら結構面白いと思うなあ。
「それはこれこれこういうことで」と書き込みしたら、なんも知らん厨房が
「ハァ?何いってんの?あんた無知だね」とかレス返したりして・・・

208 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/10/30(月) 00:39
>207
後にエッセイで「実はアレは私でした」とか告白手記書いてもらう。
ああ、また夏目さんの一人勝ちか・・・。

209 :>夏目さん:2000/10/30(月) 00:47
中日新聞のコラム見ましたけど、
モナーの目が間違ってる気がします。

210 ::2000/10/30(月) 00:55
fusa先生、消えると寂しいです。
夏目房之介先生でなくて、タネコちゃんとして、
リラックスモードで、来てくれないのかな?
って言っても、既に天の声聞いたのだろふか。
「Back転挙止ぢゃ。2Chより引き返すんぢゃぞ〜。」
・・天は2Chを見放されたの?

211 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 01:00
>>209
のどかなツッコミ、いいねえ。
口あけた顔文字のヤツもいたな。
俺は顔文字できないんで誰か書いてくれい。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/30(月) 01:00
夏目ちゃんへ
マンガ夜話で 2ちゃんねらーみてる〜 と投げキッスしてみて!
あとナッチャンが夏目漱石の親類だって聞いてちょっと驚きです!

213 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 01:03
>212
田中麗奈?


214 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 01:03
>212
君、アンチくん?それともネタ?

215 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 01:12
さっぱりと引き際、見せてくれましたねえ。夏目氏。
現実問題、ネットをやっていると、仕事にさしさわるというのが
あるような気がする。初めのころは、昼夜かかわらず、神出鬼没の
書き込みで周囲を驚かせていたしね。
ほんとうに、夏目氏にとって、ここは楽しい場所だったのでは。
だけど、一方でこの先ずうっとここに参加できる保証はない。
だけど、もう一方で何の言葉もなしに立ち去るのも・・・、という
迷いの末の終結宣言というふうに私には思えましたです。

それにしても、きちんと後始末をどうするかまで書いておくとは、
さすが珍しく礼儀正しい2ちゃんねら〜「夏目房之介」。
あっぱれでやんす。

216 :ver.1から読み直し:2000/10/30(月) 01:17
てると、まさに2chの凝縮図、ってかんじがするよ夏目スレ。
スレッドが立てられて、波に乗ってきて、失速して、荒れて・・・
これからどうなるのか、それはまあ。誰にもわかんないしな。

217 :>211さん:2000/10/30(月) 01:30
ふさ先生?!
もしかして、既に名無しの道に?、、

218 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/10/30(月) 01:37
>>216
そして、誰もが忘れたころに、また書き込み。


219 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 01:41
>217
違うと思うが。

220 :211:2000/10/30(月) 01:46
違います。あーびっくりした。
そういう不毛な論議はやめましょうや。
ところで誰も顔文字書いてくれんのかい。


221 :216:2000/10/30(月) 01:55
なんてぇか、違う。
それに、今ご本人はBSマンガ夜話出演中。または家路についているころ。
見られる人がウラヤマシイよ。ハァ。

盛り上がってるだろうになぁ・・・。


222 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 01:59
そういえば、ずっとモナーの1コママンガみたいなのやってる人が
いるよね、このスレ。
あれ、またやってくれないかなあ。
夏目さんの書き込みと微妙に連動していておもしろいんだよね。
あっ、わたしゃできないので人まかせ。

223 :211:2000/10/30(月) 02:01
>221
違うでしょー!びっくりしてテレビつけちゃったよ。
あ、あと夏目氏をカタるつもりじゃなくて、おもろいなと思ってレスつけただけ。
誤解なきよう。
それにしてもやっぱり匿名は怖いねえ。

224 :>220さん:2000/10/30(月) 02:06
あ、勘違いだったの?ごめんねごめんね。議論する気とかなかったよ
>221さん 私も見損なったよ。明日は絶対見てみるね。ビデオ取ろっと。
初めて見るんだよ。ホモホモセブンって?、、、危険な香りだなー(^_^;)

225 :216:2000/10/30(月) 02:09
>223
ごめん。家にBSがないのに見たくて見たくてしかたなかったから
つい夜話の終了時間を確認せずに書きこんじまった。
ちょいとどーも君の家まで逝ってくる。

226 :211:2000/10/30(月) 02:10
ん?なんだか話がズレているような。
今夜だったか?BSマンガ夜話。
俺まで自信がなくなってきた。

227 :211:2000/10/30(月) 02:12
解決。レスかぶってゴメン。
224さん、気にしなくていいっす。むしろ間違えられて光栄。


228 :やってもうた216:2000/10/30(月) 02:17
すまん!!!
あんまり楽しみにしていたもんだから、日程まちがえましたっ!

正式日程はこちら。

10月30日(月) 24:00〜
「聖闘士 星矢」/ 車田正美 (週刊少年ジャンプ 集英社)
10月31日(火) 24:00〜
「正しい恋愛のススメ」/ 一条ゆかり (コーラス 集英社)
11月01日(水) 24:00〜
「ホモホモ7」/ みなもと太郎 (週刊少年マガジン 講談社)
11月02日(木) 24:00〜
「みどりのマキバオー」/ つの丸 (週刊少年ジャンプ 集英社)

うわあああ。頭の中だけ今夜(っていうか明日?)に突入してました。
もうだめ。撃つ出汁農。
ほんとにごめん。<all


229 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 02:37

  Λ_Λ
 ( ´∀`)<「漫画夜話」の録画予約は日付に注意モナー




230 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 02:42
あ、そうそう。この目だよ夏目さんっ!
って丑三つ時に熱くなる俺…

231 :224:2000/10/30(月) 02:43
>211.216さん >229のモナーくん
おかげで明日は、見損なう心配なくなったもんね、ありがとー。

232 :211:2000/10/30(月) 08:22
ゆうべは興奮していて?言うの忘れてた。229さんモナーありがと。


233 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 08:56
今夜だしあげておくか…

234 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

235 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

236 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

237 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

238 :亀レスですが:2000/10/30(月) 10:19
ふさふさへ。
「毒吐いてる」=「あっなんか気持ちがすさんでる?」なので。
例えば、いつもにこにこ笑って遊んでくれて、たまにはお菓子もくれちゃう
隣のおじさんが、ある日行ってみたら、縁側に黙って座ってて、手元をみたら
昨日のハズレ馬券をじーっと見てた、みたいな。
声をかけられずにいたら、「やるよ」って言われたみたいな気分。

これだけ2ちゃんねら「ふさふさ」を見ていても、いまだに始めに
ヒョーロンカ「夏目房之介」のイメージから離れられないみたいです。
っていうか、今までは本でしか、ふさふさとの接点がなかったもんで。

要するに「人間だからそりゃあ疲れるときだってあるよね・・・」と言い
たかったのですが、ちょっと言葉選びに失敗。逝ってこよ。

239 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 10:27
∧ ∧ 
( ゚∀゚)

>>209
この顔のモナーもたまにいますよ。
230がおかしいので黙ってようかと思ったけど、一応。

240 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 10:32
>>239
なんかかわい〜。耳が立っててコーギーみたい。
モナー萌え萌え〜。

241 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 10:46
これじゃ卒業文集じゃん。
ところで夏目、夜話の放送当日に来るって言ってたっけ、そんな体力あるか?

242 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 13:45
> 夜話が終わって、少し時間ができたら

当日にくるとは明言していないんじゃないでしょうか?
私は今回の「夜話」シリーズが終わって一息ついて、それからと解釈しました。
でもまあ「時間ができたら」の時間がいつできるかは誰にもわからないんで、
私の解釈も意味ないですね。
「いつか来るかもよ」でいいんじゃないでしょうか。

卒業文集ですか…送る側が卒業前にいっぱい書いてる文集ですけど。

243 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 14:44
卒業文集というより、予餞会or離任式なんじゃ(笑)。
それより今晩から明日のはじめにかけて、いよいよ星矢ですねぇ。
リアルタイムでアニメを見ていた身としては意味もなく武者震いが・・・。

どなたか実況中継よろしく〜。無理ならシャドー夜話(終わってから)
だけでも・・・。
なんで地上波ぢゃないんだぁ〜(漢泣)。


244 :げった@末広:2000/10/30(月) 15:05


















245 :230:2000/10/30(月) 18:04
>>239
ありゃー!やってもうたか。ヘコんだ。
今夜のグレチキ見て平常心保てるように、今から座禅でも組むか。

246 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 20:22
>夏目さんが掲載誌を誤記

夏目さんが単行本でしか読まないってのは、たくさんマンガを読まねばならん(読むだけでなく原稿も書かねばならん。ならんっていうのは、生活するためにね)人だから、
ある意味しょうがないよね。

でも、その時代、その雑誌だから生まれてきたマンガみたいなものもあるわけで。
雑誌で読まないと、そういう視点が欠けてしまう。

たしか夜話の柳沢教授の会で、モーニングはいろんなマンガが載ってるという話をやってましたね。
「柳沢教授は人生について考えてる隣りのページで島耕作はセックスしてるし」みたいな話じゃなかったかな?
ああいう視点もなくなっちゃう。

247 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 22:18
ああ。どうか夜話の出演者紹介で、大月氏が
「では、日本最高齢のネットアイドル、夏目房之介さんです」
・・・・・・って、言いませんように。

248 :204:2000/10/30(月) 22:31
>>206さん、感謝。
「そんな奴は2ちゃんにくんな、ゴルァ」とか言われるかと思ってた。
(ゴルァの用法がよくわからない…こんな感じ?)

裏スレもちゃんとわきまえて書いている人がいて、私の想像ハズレ。
でも安心した。
評論家のほうが書いていた、「どこにいてもまともな人はまとも」は
いいことばなので2ちゃんを散歩するときは常に携帯しておこうと思う。

ディープなマンガ読みじゃなくて、評論読んでも全部は理解できない私は、
238さんとは評論家の彼に対する思い入れが違うんでしょうね。
「夏目の目」はそういう意味でちょうどいいです。見るぞ!

247さん、ネットアイドル、ツボに入り過ぎ!

249 :一応リンク@少年漫画板:2000/10/30(月) 22:35
マンガ夜話「聖闘士星矢」実況スレ
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=972909858&ls=100

250 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 23:20
239のはモナーじゃなくてギコ猫では?
なんにせよ、あの2ちゃんねらーに取り囲まれている図は的を得ていて良かった。

251 :ああっ名無しさまっ:2000/10/30(月) 23:59
始まったねっ!夜話!!

252 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/10/31(火) 00:05
夏目さん登場。
独逸の話ですね。
ここの話題はでるのだろうか。


253 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 00:52
い、いやー、ここの話題は「星矢」と何の関係もないですから。
グレチキの厨房ノリは相変わらず。前半うるさ過ぎ。
なんとか岡田氏が誘導してるけど。
オセロの黒はわりとまともか?発言が少ないせい?

254 :教えてフサフサ:2000/10/31(火) 00:59
夏目さんの言ってた外国の編集制度が気になる。
日本って、特殊なのかー。



255 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 00:59
グレチキのチキ(右側の子)は、小学生の時の熱中した気分が
伝わって、「聖矢」見てない私には、それなりに可愛いかったよ。

256 :どわ:2000/10/31(火) 01:07
なんかグレチキの右側とは、友達になれそう(笑)
俺もクロスのパーツ無くして、大騒ぎしたッス。

257 :鵜のめ鷹のめ、夏目の目:2000/10/31(火) 01:42
「年齢のない成長」うんぬんの「夏目の目」は、内容、濃い濃い濃い。
けっこう早口で、す速く終わっちゃった。「ジャンプ」のすごさと週刊!のマンガ力も知った。
初めて見た、夜話は面白かった。岡田っていう人よくしゃべる〜。オセロの人冷静でいい。
先生のパパス。もしかして私服なのかな??ともかく〜、明日も楽しみ。

258 :胤舜@どことなく個性派:2000/10/31(火) 03:24
こんばんは!
最近、大葉みそにハマっている胤舜です。

『マンガ夜話』初めて観ました。
『聖闘士星矢』は、弟が好きで好きで、番組でも紹介されていた
『クロス脱着式玩具』を集めていたっけなぁ、と懐かしくなりました。

明日も観ます。 必ず観ます。(個人的には『マキバオー』が楽しみです)

こう言っちゃあ、何ですけれども
夏目さんは「イメージ通り」の、柔和な表情をしておられました。
やはり、文体に人柄はクッキリと出るものですね。

それでは、おやすみなさいませませ。

259 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 07:33
そうだね。

260 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 07:46
>>257
私服かどうかは不明ですが、マンガ夜話を見る限り夏目氏は
よくパパス着てますね。いしかわ氏や岡田氏の服もなかなか面白い時
ありますよ。

グレチキの話もつまらなくはないけど「夜話」では聞かなくても
いい、です。いしかわ氏の影は特に今回薄かった。
氷河と瞬を間違えてツッコまれたアシスタントさんのぎこちなさ、
気になる〜。やる気ないのかな?

261 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 10:11
グレチキはファンの典型ってことで、あれでいいが、
岡田のはしゃぎっぷりがうぜぇ。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/31(火) 10:29
うざいのはお前だ。

263 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 11:33
ソレしか芸ないんかぃ>コピペ厨房君

264 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 11:38
それよりか最後に書いてある数字の意味を教えてくれ。
謎めきすぎている。気になって気になってしかたがない。

265 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 11:41
削除依頼出してる人がいるようなので煽らずほっておいてください。
いずれ消えます。本当はこれも余計なレスですが。

266 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

267 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 13:11
夏目さん、放送中に183〜188あたりと同じ話をしてたよね。
ネタ使いまわしかよ、と一瞬思ったけど、これは2ちゃんねらーへのサービスと勝手に受け取ることにするよ、俺は。

星矢の技は説明しない魔球だ、って話を予想してた人がここにいたけど、その話も出たね。
いしかわさんや岡田さんが始めて、夏目さんがまとめたって感じだったな。


268 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 13:23
>>254
275の人が言ってる183からの話でフサフサは既にそれについて語ってない?
「もっと詳しく知りたいな」って意味かも知れないが。

269 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 13:47
今回はじめて夜話のホームページに行ったんだが、出演者紹介のとこに
のってる夏目氏の似顔絵が楽しい。
すごく真面目っぽい文豪(油絵?)タッチ。
あれなら父方のおじーちゃんとならべてもイケルかもしれん。

270 :夏目房之介:2000/10/31(火) 14:09
つつっつ疲れた〜。
別の個人的事情があって、
ひっじょうにハードな日々なのねん。
グレチキには気を遣ったけど、
昨夜はよかったね、けっこう。
へろへろだったのに、
帰り際に岡田さんとドイツの話とかして、
つい1時間もすごしてしまった。
眠い。
さて、今回の「マキバオー」には、
競馬民俗学者の大月の目もあるので、
お楽しみに。
体もつかなぁ。


271 :未知との遭遇:2000/10/31(火) 14:13
あっ、夏目さんだぁ!
昨晩はお疲れさまでした。・・・って、家はBSないんで見てないんですが。
夜話実況スレとか見てると、波瀾万丈なかんじだったみたいですね。
こんな寒い時期に4夜連続はたいへんでしょうが、ゆっくり休んで次に
備えてくださいね。

272 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 14:16
いしかわ氏のホームページ見てたら、昨日は夜10時ごろに渋谷を
通ったって書いてあった。

帰りはどうしてるんだろ。
ひとごとながら気になる。
出演者のみなさんがきちんと家に帰れますように。

273 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 14:29
昨日の夜話なかなか楽しかったです。
グレチキもオセロの人が意外と頑張ってたので、
レギュラーの方の映る時間が少なかったかもです。
ところで夏目がHPを立ち上げるという事はありませんか?
凄い見てみたいんだけど、どうなんでしょう。
僕が知らないだけ?、、、じゃないですよね?
と、ともあれ夜話含めて応援してますので頑張ってください。
夜話もいいけど2chもね!

274 :281:2000/10/31(火) 14:31
すいません
夏目>夏目さん
です。
よ、呼び捨て、すいません。

275 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

276 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

277 :gettta@末広:2000/10/31(火) 18:01
荒れてますな

278 :gettta@末広:2000/10/31(火) 18:02
荒れてますな

279 :>280:2000/10/31(火) 18:37
テレビの出演者にはタクシーチケット出るから、
帰りが遅くてもダイジョブよん。
帰りの足がないのに生放送なんかするわけないでしょ。

280 :夏目房之介:2000/10/31(火) 19:25
タクシーチケットは出るんだが、
僕のとこは近いので、
タクシーが嫌がる。
しょうがないから、門前じゃなくて道に出てひろう。
パパスは、少し前、
まだ景気のいい頃よく買った。
最近、金ないので同じ服とっかえひっかえ。
HPは、ない。
そのうちにとは思うが、
今ひとつ乗り切れないものがあるので。
本日の目は、
一条ゆかりの現実感と人間関係の順列組み合わせについて。

281 :名無しさん@腹ぺこりん。:2000/10/31(火) 20:19
夏目さん、一条ゆかりはなんで「正しい恋愛のすすめ」になったんですか?
代表作は「有閑倶楽部」かなと思うんですが・・
その辺は今夜出てくるのかな?
私は「ホモホモセブン」の回を楽しみにしています。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/31(火) 22:45
夏目さんへ
一条さんって舌をペロペロ出す癖があるおばさんですか?


283 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 22:53
あげ

284 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 23:11
一条さんは、「メロディ」のコラムで以前に夜話出演した時の体験を
書いてるからなぁ。今回も、ネタにされるかもね。
いろんな意味で楽しみ。

285 :280:2000/10/31(火) 23:23
>>287@`288
なるほど。その手があった。>タクシーチケット
いや、偏見でもの言ったらいけないんですが、渋谷という街はすごい
雑然としてる、というイメージがあって、夜中に行くのは安全上どうなんかな
と思っただけなのでした。
ちゃんと交通手段があったんならよかったです。

286 :フィル:2000/10/31(火) 23:35
まず文章の訂正をさせて下さい。
>>195の「夏目さんの場合、能力、感性的には問題がないのですから」
という文章は、言いたいことの良く分からないダメな文章ですね。
だから、「夏目さんの場合、批評の方法論は確立されていて、現在、ある程度、
どのような作品にも対応できるのですから」と読み変えて下さい。お願いします。
最近は厳しい方が多いので、私も書き込むボタンを押すときは緊張してしまいます。

昨日の「セイント聖夜」は、かなりほめられていましたね。
作品を構成する要素が少ないので、単純な作品ですが、少年マンガの良さが
ぎゅっと詰まっているので当然のことなんでしょうね。
こういうマンガを読んでみると、つくづく、いくら複雑なものを作っても、
面白くなくてはしょうがない、と思ってしまいます。
あと結局、人間はコスモが最も大切なんだな、とも思ってしまいます(笑)。


287 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 23:52
>>294
数年前、友達と旅行に行ったとき、車中で「しりとりゲーム」をしてかなり
盛り上がった思い出があります。単純なゲームほど、のめりこみやすい、と
いう傾向があることに、その時気が付きました。
例えば「テトリス」や「グンペイ」などのゲームを思い出していただけると
わかりやすいかと。

あと、単純なものでも複雑なものでも、人に見せるという条件がある限り、
「他人が読んで面白みを感じるかどうか」というところは、クリアしなくては
ならない一線なのではないかと、個人的には思いますです。
読む方の嗜好や理解度によって「面白さ」は千差万別なので、これが「面白さ」
だ、ていう定義はできないですけど。

288 :ああっ名無しさまっ:2000/10/31(火) 23:54
夜話5分前だよ〜ん。
昨日は放送時間中ずっと張ってたけど、みんな見るのに一生懸命で、
なかなか書き込みがないんだよねぇ・・・とほほ。

289 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 02:04
夏目の目はそのマンガを読んだ事なくても楽しめるね。


290 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2000/11/01(水) 02:18
今日の評価はどうだった?

291 :夢みてた、、:2000/11/01(水) 02:45
あ〜う゛、、、寝過ごした。終了5分前。ビデオの予約も、、してないぢゃ、、ん。
大江千里さんがTR(トップランナー)での司会ばりの安定したしゃべりしてる印象と
fusa先生の今日は色目も落ち着いたシックな服装だけ、確認した。えふさんの声
も聞かぬまま終わったぢ。全体的に雰囲気が良い感じで落ち着いてるし、また内容良かっ
たんだなと理解。あう゛ぉ〜ぅ!!これって、再放送されるんでしょうか?あ・そいから
先生、260さん、ぱぱす情報ありがとうございました。素敵だと嬉しい=ファン心理。

292 :夏目房之介:2000/11/01(水) 02:55
今日、打ち合わせ中に岡田さんの携帯が鳴った。
「ライディーン」だった。
若木さんが「何で、ライディーン?」
と突っ込んだら、
「アニメのライディーンかと思っていれたら、
わけわからん曲やったん」
と岡田さんがいって、
ばか受けしてしまった。

で、今日は早く帰るぞと思ってたら、
若木さんの話とか面白くて、
またこんな時間になってしまった。

しかし、一条ゆかりはうまい。
岡田さんが「ふつうそこまで分析されたら、
ある意味漫画家負けじゃないですか」
と目についていったとき、
返そうと思ってきっかけがなかったんだけど、
ああした面白い作品には批評が「勝つ」なんてことはないんだよね。
ま、岡田さんも、違うことをいおうとしての発言なんだけど、
案外こういう言葉が誤解されるからなぁ。

それと、若木さんが昔の一条さんの付録ノートをもってきてたのに、
それに触れられなかったのが残念だったな。


293 :夏目房之介:2000/11/01(水) 03:19
じつは夜話の最初の頃、
他の出演者はタクシー帰りで、
僕だけなぜかハイヤーだった。
風評で「夏目は人間大学など出ているので、
基準がそうなっているからだ」
ってのがあって、
そりゃまずいだろうと、
「僕だけハイヤーってのもなぁ」
っていったらタクシーになった。
でも、理由はたんに僕だけ帰り場所が近くて、
タクシーが嫌がるのをおもんばかってのことだった。
なんだ、そんならハイヤーでもよかったのに、
と後でいったら、
「今は厳しくて、ハイヤーは難しいんで」
ってことで、今でもタクシーを道に出て拾っているのだった。
いや、風評ってものは怖い。

294 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 03:25
先生寝ませんね(笑
やっぱシンガポール航空機墜落が気になってるのか?

295 :どわ:2000/11/01(水) 03:58
一条ゆかりさんが劇画を取り入れていたって、知らなかった。
ところで、少女漫画の話になると頻繁に出てくる言葉で、「男でも読める」
ってのがあるけど、どこらへんが条件になってるんだろ。
少女漫画は友人に勧められてたまに読むくらいで、あんまり読まないのですが、
意識したことがない。

296 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 04:15
つーか、2ちゃねらーには、タクシーとハイヤーの区別もつかんと思うが(ワラ

297 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 04:53
>292
そういや岡田氏は宮谷一彦の回に夏目さんが持ってきたはっぴいえんどを知らなかったですな。
天下のオタキングも音楽には疎いんだ、と思ったものです。しかしまあ、ライディーンをアニメ
のアレと間違えるというのは、なんからしくてイイですな。

298 :魁!名無しさん:2000/11/01(水) 05:12
BS見られないから、すげーくやしーな。
いつかまた、地上波でお目にかかれたら・・・。

299 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 05:33
今日のテレビ欄にゲスト大槻ケンジって書いてあるんだけど
急遽出演が決まったのかな?誤植かなぁ。
マンガ夜話のHPにはまだなにも書いてないし。

300 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 05:47
私も、YMOの『ライディーン』知らなかったんで、アニメの方だと思ってた…

301 ::2000/11/01(水) 06:51
>299
確かにオーケンと呉さんです。いや〜、ますます
今夜楽しみだ。

302 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 11:39
「編集王」の回のオーケン、可哀想だけど笑ってしまった。
今回も楽しみ。
あの、ところでマンガ夜話スレッドが見当たらない気がしますが
私の気のせいでしょうか?


303 :夏目房之介:2000/11/01(水) 12:25
どわさん、多分少女マンガが男性にとっても当たり前に読めるものになったのは、
岡田さん世代以降、恐らく70年代後半なんだと思うんですよ。
僕ら世代だと、60年代から70年代初めまでは、
すっごく読みにくかった。
これは絵・コマ・言葉全体の文法の問題ですね。
それと、それを読む読解能力の成熟の問題です。
僕やいしかわさんが一条さんを評価するのは、
そこのとっかかりになってくれたって歴史的評価も大きいんです。
大槻さんは急遽出演できなくなって、
今日はかわりに杉作J太郎さんですね。

304 :名無しさん@腹ぺこりん。:2000/11/01(水) 13:35
夏目さん、今日のマンガ夜話のホモホモ7は、夕べの一条さゆりさんとは逆に
少年マンガからの少女マンガ手法の取入れという話になるのですか。
私は、これとかキングの日大健児のドッキリ仮面あたりがハシリなのかなと
思うんですが。


305 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 14:51
>>304
ゆかりさん、ゆかりさんだって!!
いっしゅん「日本の古きよき映画界」スレッドに迷いこんだのかと思った(笑)。

実際の放送は見られないのですが、一時間におさめるには、いろいろ
忘れられちゃうことも多いんですねえ。ふろくのノートとか。
「りぼん」は低年齢向け少女誌の中でも、毎月欠かさずふろくがついてくる
んで、そのへんのつっこみもあると、おもしろかったかもしれないですねえ。

あれ、夏目さんが仮装(?)するのって今晩でしたっけ?

306 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 14:56
305追加。
でも、マンガ夜話という番組は、そのライブ感が大切というか、売りに
なっているところも大きいのだろうな、と思っています。
単なる評論だったら、それぞれで文章書いて本にしてしまえばいいだけの
話だし。
わざわざ、夜に集まって、話し合うところが肝心かなめなんだろうなぁ。
夜はみょうに頭の回転数やテンションが上がる、ってことは、私も友達の家に
外泊しに行ったりして経験あるし。
大勢でひとつのことをやっていくって、昔の「連歌」のやりかたと、よく
似てますね。

307 :名無しさん@腹ぺこりん。:2000/11/01(水) 16:48
>>305
スマン。
きのうもいしかわさんがよく似た名前のって言ってたのにねぇ・・

308 :花と名無しさん:2000/11/01(水) 17:44
いしかわさんって硬派なイメージだったのに・・・
けっこう、ベタな人だったのね?(笑)

309 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 19:14
>>308
あのね、マンガ家の一条ゆかりとストリッパーの一条さゆり、昔から
よく間違えられたの。でどちらも知り合いだって話したの。(さゆり
の方は2代目)


310 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 22:00
岡田が憎くて憎くて気が狂いそうです。
夏目さんあいつを殺してください。

311 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 22:03
>310
マンガ夜話スレッドの例のキチガイがまた来たよ。
なんでそんなに岡田のことが嫌いなんだろ?

312 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 22:13
とりあえず下げますか。
ふう。

313 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 22:23
>>309
むむむ、そうだったのか。
なんかオネーサマコンビってかんじ。
まったく想像だけど、二人ともお酒に強そう。

314 :下げなきゃダメなの?:2000/11/01(水) 22:55
今日のマンガ夜話がホモホモ7だと知って、とり・みきがゲストで出たりしないかと、ネットで調べててここにも来ました。
夏目スレッドはタイトルは見てても中読んでなかったから本人が来ていたとはちょっと驚き。
2ちゃんでスレッドが伸びる=誰かを叩いてる、というのが大抵の場合なんで、
そんなに叩くことある人かな?という疑問はあったんだけど、なるほどね。

でもとり・みきが出ないの残念だなー。コミックキューでホモホモ7を「カバー」するくるい思い入れがあるようだし、
「マンガの文法を破壊することによる笑い=ギャグ」みたいな話するならとりさんをおいていないと思うんだけどなー。
逆に言うと思い入れ強すぎで話のレベルも高くなりすぎるから、ワイワイ話し合うには向かないかも。
でも話し合うには向かないって言えば、そもそもいしかわっていう人、話し合うのに向いてないね。
たまーにマンガ夜話見るけどいつも自分の言いたいことだけ言って他人の言い分はつっぱねてる。
って、こんなことはこの辺のスレッドでは語られ尽くされてるのかな。膨大な過去ログはまだ読んでないんですいません。

315 :>>314:2000/11/01(水) 23:56
おそらくいしかわ氏については、マンガ夜話に関するスレがあるので
そちらへ行った方が詳しいかと。
いちおーここは夏目房之介さんに関して語るとこなので。

316 :ああっ名無しさまっ:2000/11/01(水) 23:59
さぁて、今夜も夜話だよ〜ん。
夏目さんはどんなかっこして出てくるんでしょうか。
見た方のご報告を待ちます。

317 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 00:06
「ひかないで下さいね」って…コレだったのか(笑)
いやいや、とっても素敵ですよ〜マジで。

318 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 00:07
夏目さんのカッコ、60年代です。
しかもアイビーカット。

319 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 00:16
さぞかしスゴイ仮装でくるのか?!と予想していたら、うれしい誤算。
帽子と長いモミアゲ?つきのあの格好かと思っていた。(バカ)


320 :つーか:2000/11/02(木) 00:51
こっちの髪型の方がいいと思うんだがドウヨ(笑)?>ふさふさ

321 :ちと、気になった:2000/11/02(木) 01:05
夏目さんは週刊システム評価してるのかな?
オレなんかジャンプシステムが評判悪いのなんて当たり前だと思うんだけどどうなの?
正しく言うとシステムを活かせない編集者の無能ぶりがサイアク。
ストーリーが完結してるのにムリヤリ連載を続けさせてダメになった、
ドラゴンボール、ジョジョ、こち亀、北斗の拳etc.
新しいおもしろさを生み出す努力もせずに、安易に武闘大会にした、
幽々白書、魁!男塾etc.
悪い例みたいにあげたけど、どの漫画もオレは思い入れのある作品、
「ここで終わってれば傑作なのに!」って漫画が駄作にされたら評価も悪くなる。
(システム自体の欠点もあるけど長くなるのでやめとく)
永井豪とかならなるほどだけど、
ここ10年で憑依状態が生み出した傑作なんて思いつく? <all

322 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 01:17
憑依システムのデメリットとして、精気を吸い取られるのです。
悪意があるわけではありません。

323 :A:2000/11/02(木) 01:45
ホモホモ7、全然知らなかったけど、
宮谷の時と同じで、こういう作品の夜話って、すごく面白いね。
調べてみたらみなもとさん、前回コミケにも出てますね。(美少女系で)
ここには買ってる人もいるんでしょうね。(夜話スレのほうに少し書き込みが…)
夏目さん、岡田さんが「ポップチェイサー」の話した時ウケてましたが、
「ポップチェイサー」、見てるんですか!?

324 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 01:45
>>317
同感。ちょっと萌え(笑)


325 :どわ:2000/11/02(木) 01:48
大槻さんが出演されてなくてショック。でも杉作J太郎さん、面白かった。
夏目さん、レスありがとうございます。
歴史的評価ですか。みなもと太郎さんの「ホモホモ7」でも、その話が聞けて
楽しかった。みなもとさんも番組中にファックスを何通も送られるし(笑)
…みなもとさんの同人誌、読みたくなってきた。

326 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 01:49
>>321
ジャンプのシステムに関しては、「さらばわが青春の少年ジャンプ」なんか
読んでると、こんなこと書いてあります。

ジャンプが週刊化する際に、すでに力のある漫画家を押さえていたマガジン、
サンデーからの引き抜きに失敗して、それで新人(というより漫画家志望の
貧乏な青年たち)を集める、という方向になった。
その中の一人が本宮ひろし。彼は急成長して、ジャンプの看板作家となるが、
マガジンからの勧誘にあう。それを知った当時の編集長が、ジャンプに作品を
掲載する作家は、他の雑誌には書かないという専属制度をつくった。

素直に読んでるだけなのかもしれないですが、当時自分たちでやるより他に
よりどころのなかった雑誌編集部が、業界に生き残っていくには、こうした
体当たり・場当たり的な方法が必要だったのではないか、またこの勢いが
ジャンプを日本一の週刊雑誌に押し上げた勢いのもとなのではないか、とも
思います。
ただし、こういったシステム自体を生き残らせるべきなのかどうかは、
これからの課題だとも思います。実際、ドラゴンボール終了から少しづつ、
漫画家の拘束も、ゆるやかになっているような気がしますし。

327 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 01:52
>321
編集者ってのは商売人だからね。
おいらも昔、編集者が書いた手記を読んで、作家を商品としてしか見てないこと
に落胆したけど、最近は、何かを発行するためには、そうゆう悪役も必要なん
じゃないかって考えるようにしてる。


328 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 01:59
>>321
好きな作品であれば長く読みたいって思う人も多いのでは?
また、人気があるのであればより利益を得る為に長く続けさすのは
当然だろう。ボランティアじゃないんだからさ。
「ここで終わってれば傑作なのに!」って言うけど、それは人それぞれの
捉え方だよ。
ドラゴンボール、ジョジョ、こち亀、北斗の拳、幽々白書、魁!男塾etc...
は、君の為だけに存在する作品じゃーないんだよ。

>>永井豪とかならなるほどだけど@`
>>ここ10年で憑依状態が生み出した傑作なんて思いつく? <all

憑依されることと、君が言うジャンプシステム(?)は一緒ではないと思うのだが。
日本の漫画家が編集者と親密な関係をくみ漫画を作り上げているのは
世界的に見れば珍しいことなんだよんって夏目氏は言われてるだけでは?
下2行の文章は上の文章と関係ないのであれば
俺の勘違いだから、まー気にしないでくれ。


329 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 02:17
>328
「憑依状態」っていう用語は、以前、夏目さんが永井豪氏をとりあげた文章で
使われていたものですね。過去ログのどっかにあったと思う。

321さんは、ジャンプシステムと憑依状態について、言いたいことが
ごっちゃになってる印象を受けます。もう少し考えを練りなおしてみると、
わかりやすくなるんじゃないかな。

んで、実作者が「憑依状態」で描いているかどうかは、個人的にははたから
見ていてわかるものではないと思います。
思うのですが、あえて上げるとしたら、大島弓子かな。
きっちり構成を考えて描いていたら、あんな音楽や詩に近いマンガは描けない
と思う。でも、どの話をみてもきちんと起承転結があって、見事なくらい
すっきりとオチがついてるんだよな〜。不思議。

330 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 02:19
夏目さんは今日もおいでになるんでしょうか?
夕べ遅くに星矢の回の夏目の目を求めてさまよう方がいらっしゃったので、
かいつまんで書き込もうとビデオ見ながら書き起こしにかかったところ、
あんまり言い回しが秀逸だったので、殆ど完全な書き起こしになってしまいました。
で、書き込んでしまってあるのですが、事後ですが、承諾してくださいとはいいませんが、とりあえずすいませんです。

氏ねというなら喜んで氏にます。
でも、他の人も何人か読んで受けてたみたいですヨー!(そんな問題じゃねぇだろが…)

とにかく、軽はずみでごめんなさいです。著作権にひっかかったり、するのでしょうかこういうの。
削除依頼出したほうがいい?
アドレスはここ

マンガ夜話星矢実況スレ
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=972909858&ls=50



331 :どわ:2000/11/02(木) 02:25
>>329
夏目さんの言う「憑依状態」の例に、大月弓子さんを出されると、
オカルトな方面に誤解されるんじゃ(汗)


332 :329:2000/11/02(木) 02:37
だぁ。漫画板だからしかたないのかもしれないけど、人の名前を出すときは
誤字脱字に注意ですよぉ。大島さんですよん。>331

>夏目さんの言う「憑依状態」の例に、大月弓子さんを出されると
ううん・・・個人的に、「綿の国星」のエピソードなんかで、話がもう少し
続きそうなところで、とうとつにちょきん、とはさみで切ったような終わり方
をしたものがあったので、この人はきちんと意識をはっきりさせて描いてる
んじゃなくて、無意識のうちに(漫画家や作家のインタビューで時々見かける
)「物語が勝手に動いてる」人なんだろうなと思ったんですね。
「憑依状態」ってこーんな感じなんじゃないかと、文字を見たときにとっさに
思いついちゃったもんで。でも・・・オカルトって・・・?

333 :>>330:2000/11/02(木) 02:41
後で夏目氏が来たときに何かしらコメントしてくれるだろうけど、
もし気になるようだったら、初心者板などに行ってさりげなく質問してみたら?
具体的に名前ださないで、テレビの談話を文章で再現して書き込みしたん
ですが・・・?って感じで。

334 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 02:46
>>329さん
328です。

憑依状態について夏目氏がどのように言ってたか忘れてしまい
ちょっとぼやけた答えになってしまいました。
私の>>328のレス下4行は必要無かったですね。



335 :329:2000/11/02(木) 02:52
>>334
いえいえ、私もあんまし「憑依状態」についてはわかんないですし、
夏目さんの言う「憑依状態」と同じかどーかはわかんないです。
どうせこんな夜中に書き込むことなど、頭がぱーっとなってる状態
なので(それは自分・・・)、どなたもマターリマターリです。

さすがに今夜は夏目さんも眠ってらっしゃるみたいですね(笑)。
明日が最終日かぁ・・・待ってる間は長かったけど、あっという間だなあ。

336 :どわ:2000/11/02(木) 03:00
>>331
またまた僕の勘違い。忘れてください(涙)

337 :334:2000/11/02(木) 03:01
確かにマターリですな〜。
今日の夜話見て、何故とり・みきさんがcueで
ホモホモ7描いたのかやっと分かったデス。

338 :どわ:2000/11/02(木) 03:02
>>332
その意味で良いかと。
作品の中に完全に入り込んでしまう状態と、僕は理解したつもりになってます。

339 :330:2000/11/02(木) 03:13
>333
アドバイスありがとう!
一つ試しに逝ってきて(この変換が一番に来てしまったよう)みます。初心者板。


340 :岡田斗司夫:2000/11/02(木) 03:48
>292 夏目さん

 次回のラインナップ会議、お疲れさまでした。楽屋で話したとおり、ちょっとだけ書きます。(昨日、書いたけど消えたやつ)
 いや〜、さすがにYMOのライディーンは知ってますよ。CD持ってるし。でもあの場では「そんなサビに必殺技のない曲なんか知らない!」って言った方が面白いじゃないですか。

 「そこまで分析されたら、ある意味漫画家負け」 って言うのは、以下のような流れを期待していました。
夏「いや、分析されたらダメ、という意味にはならない」
岡「この場合の分析できる、というのは作者自身が意識して使っている、いわば「安全パイの手法」だからではないか?」
夏「?????」
 というように、僕としては夏目さんの{???」部分を聞きたかったんですよ。TVで話すときに夏目さん、少し加減してますよね?「まぁこれぐらいが短い時間で伝わる限界か」って。僕があの番組に出るときの「対・夏目仕事」としては、「あんまり普段話してくれない領域まで肉薄して聞き出す」というのがあると思うからです。
 ではまた今夜、NHKで。

 あ、それとついでに>297さん
 「はっぴいえんど」、一応知ってました。でもあそこで誰かが「知らない」と言わなければ、あの部分があまりにサラリと流されてしまうので知らないふりをしました。
 こういうと視聴者を騙してるようで気が引けるんですが、実はマンガ夜話では知ってても知らないフリ、理解できないフリをしてわざと聞き直すことが多いです。でないとちょっと番組としてハードルが高くなりすぎてしまう気がするからです。杞憂かもしれないんですけどね。

341 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 03:52
>>330
どっちにしろこの手の削除依頼は出しても通らないからねえ。
前に夏目さんのコラムをまんま書いた人がいて、注意されて削除依頼出したけど、やっぱ削除されなかった。

342 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 03:52
うわー、実は夜話の後でこういう展開になるんじゃないかって
思ってたんだよね!!いらっしゃい岡田さん!

このスレッドと併せて、「マンガ夜話」もおすすめしておきます(笑)。
あとは、いしかわ氏もご来訪があれば完璧だな。

343 :夏目房之介:2000/11/02(木) 03:54
いやぁもう疲れた。
今日は本番のあとにFAX読んで(これはいつものこと)、
そのあと次回以降のことなど打ち合わせして、
終わったの3時半。
やっぱウェスト70センチで、リハ入れて1時間半はつらい。
ところで、330さんだっけ? 目の書き込み。
僕個人的には、あの程度のダイジェストは問題ないと考えますが。
ちなみに60年代IVYは、じつはほんとのアメリカのIVYではない。
ほとんど、チャビー・チェッカーやマイルス・デイヴィスの細身の格好。
日本でいうと日活アクションの宍戸錠。
ほんとは「アイアンマッスル」の主人公とか、
宮谷の初期作品の中にでてくる、平凡パンチファッションだね。
マンガはその頃からファッション(車、スポーツ、服装)を取り入れ、
青年のものになっていく。
一条さんが、それまでの少女マンガの趣味の悪いGSふりふりファッションから、
当時としてはおしゃれなパンタロンを描いたのと同じ動機。
しかし、今の髪をIVYカットにするのは、
さすがに無理があった。
早く頭洗ってすっきりしよっと。

344 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 03:56
>>340
げげ。岡田さん?マジ?
オタク学入門、この前本屋行ったら文庫になってたから買っちゃいましたよ。

345 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 03:57
岡田さん、夏目さんの連続投稿。なんて贅沢な(笑)
すげー。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 03:58
岡田さんへ
なんでグレチキが出てくると関西弁になるんですか?
グレチキは嘲笑されてる感が画面からにじみ出ててスリルがあります
でも標準語かどっちかにして欲しいです




347 :夏目房之介:2000/11/02(木) 04:12
>>340 名前: 岡田斗司夫
うわっと、髪洗う前に、わざわざすいません岡田さん。

>さすがにYMOのライディーンは知ってますよ。

ごめん。俺素直だからさ。
前から思ってたけど、
岡田さんってテレビとか観衆前にしたとき、
物すごい場を読んで、「受ける」自分のスタンス作るよね。
それはすげー才能だと思うけど、
結構誤解のネタにもなるよなぁ。

>岡「この場合の分析できる、というのは作者自身が意識して使っている、
いわば「安全パイの手法」だからではないか?」
>夏「?????」
 というように、僕としては夏目さんの{???」部分を聞きたかったんですよ

なるほど。たしかに分析と分析された手法に質量的な差がなければ、
使い慣れた類型的手の内ってことになるかもしれない。
けれど、僕としてはそのあと、矛盾感情が盛り上がる場面の分析で、
「ここで類型的手法ながらほんとに気持盛り上がっていってる。
そんな風に自分を管理しながらも盛り上がって読者に共感させるのが、
中間層をつかむ一条さんの凄さだし、
それを再生産できるのが娯楽作家の「熱血」なんじゃない?」
って、そういう意味のことをいってみたかった。
そこでは必ず分析と対象の質量は違ってくるんだよね。
こんなとこで答えになってるでしょうか?

まさか、ここで岡田さんに答えるとは思わなかったなぁ。
とにかくお疲れ様。
明日もよろしく。


348 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 04:17
夏目さん髪洗うの早い(笑)。
15分くらいしかかかってない。ううむ。


349 :夏目房之介:2000/11/02(木) 04:18
あ、そうか。
むしろ、肉薄して引き出す岡田さんのスタンスについてのほうがポイントだったかな?
それは問題ないよね。
だって、基本的に岡田さんのそのスタンスが夜話の支柱の一つだからね。
でも、たしかにゲストもいて、時間もあって、
なかなか肉薄は難しいけどさ。
レギュラーだけだったら、まだできるけども。
さ、風呂はいろ。

350 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 04:19
いよいよシャドー夜話っぽくなってきた。
夏目さんもふだんの落ち着いた書き方でなくて、「今」の話をしてる
っていう感じが伝わってきておもしろい。

351 :夏目房之介:2000/11/02(木) 04:20
おいおい、俺まだ髪洗ってないよ。
これから風呂はいって寝るの。
じゃあね。

352 :魁!名無しさん:2000/11/02(木) 04:21
おもしれー。

353 :348:2000/11/02(木) 04:27
>>351
あっ、よく見たら、髪洗う前にって書いてあるじゃん。がーん。
よく読んでなくてすみません。(;´`)
夏目さん寝ちゃうんなら、わっしも逝っちゃお。
ぐう。

明日のこのスレッドが楽しみだ。


354 :岡田斗司夫:2000/11/02(木) 04:29
>夏目さん

》「ここで類型的手法ながらほんとに気持盛り上がっていってる。
》そんな風に自分を管理しながらも盛り上がって読者に共感させるのが、
》中間層をつかむ一条さんの凄さだし、
》それを再生産できるのが娯楽作家の「熱血」なんじゃない?」
》って、そういう意味のことをいってみたかった。
》そこでは必ず分析と対象の質量は違ってくるんだよね。
》こんなとこで答えになってるでしょうか?

 うん!こういう答え聞けたから本望です。生本番ではなかなかここまでつっこんで話せないですよね。ああ、面白いなぁ。幸せだなぁ。

》前から思ってたけど、
》岡田さんってテレビとか観衆前にしたとき、
》物すごい場を読んで、「受ける」自分のスタンス作るよね。
》それはすげー才能だと思うけど、
》結構誤解のネタにもなるよなぁ。

 あ〜、それは僕が「活字の力」を信じすぎてるからでしょうね。
 僕は自分の書いた本を、より多く売るためにTVに出てるから、「どのように理解されるか」にあんまり力点を置いてないんですよ。それより露出回数と頻度の方が問題で。
 でももうちょっと正直なスタンスでTVに出た方がいいのかもなぁ、と思って今回の会議でも「自分の好きな作品」にこだわって発言してみました。
 ではまた今夜、お休みなさい。


355 :老婆心ながら:2000/11/02(木) 04:42
岡田さんへ。
もうお休みになったかと思いますが、書き込みボタンを押す前に
メール欄に半角で sage と書いておくと便利ですよ。
というか、sageずに書き込むと、スレッドがこの漫画板全体の
一番最初に上がってしまうので、書き込みが目立ってしまうのです。
sageを使えば、板全体の適当に見つけやすい位置で、書き込みを
続けることができます。
いや、変な心配してるとは思うんですが、一応。
目立ちたいとおっしゃるならば、これ以上は止めません(笑)。

356 :名無しさん :2000/11/02(木) 04:59
岡田さん、今度は名無しを装って日頃聞きづらい質問とかしてみたら?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 05:07
知る人ぞ知る、岡田氏独自の理論

☆すべての人間は、王様・軍人・学者・職人の4つのタイプに分類できる。
自分のタイプがわかれば人生を変えられるし、人のタイプがわかれば人を
動かせる☆

(単行本「人生テスト」)
www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/priodical/torisetsu/index.html

だが、この理論に敢えて乗っかってでマンガ夜話レギュラー・ゲストを見ると面白い。
ちなみに岡田氏自身は「典型的な王様タイプ」だとか。

358 :よーこそ岡田さん:2000/11/02(木) 05:11
>岡田さま
>僕は自分の書いた本を、より多く売るためにTVに出てるから、「どのように理解されるか」にあんまり力
点を置いてないんですよ。それより露出回数と頻度の方が問題で。

そんなこと正直に書いていいのか?それと、どのように理解されても良いから、本が売れるように、
露出回数と頻度を、、ってのは、視聴者=未来の読者になるかもしんない人を軽視してるぞ。
誰も、“他者による理解と己を捨ててまで、テレビ出て本を売りたい岡田さま”を知っても、
却って本の購買欲湧かんぜ。ま、だからあなたは嫌われがちな理由の本当の理由を知った気がする。
正直そのままの岡田さんで勝負される方が、好かれるし本も売れるよ。太った人に多いけど、
自己評価低すぎか、自分を作りすぎでないかな?
もしくはもし正直スタンスで直球投げても、余計本が売れなくて、傷ついたりが、怖いとかさ。
せめて夜話でだけは、正直スタンスで出て魅してよ。


359 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 05:13
夏目さんのアイビー、メチャメチャかっこよかったですね。
明日は、岡田さんが、騎手の格好で出演するそうです。
お楽しみに〜(ウソ)お疲れ様でした。明日も頑張って下さい!!



360 :名無しさん:2000/11/02(木) 05:16
>僕は自分の書いた本を、より多く売るためにTVに出てるから

マンガ夜話見てなければオタキングの本買わなかったなぁ>自分


361 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 05:37
あ、岡田さんまで書きこんでるよ
びっくり
このままダイジョブだろうか
と心配してしまう


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 05:56
しかしまあ、司会術(あっ、司会じゃねえか(笑))としては、知ってることを
知らないフリしたり、わざと隙をつくってその隙を埋めてもらう形で相手に喋ら
せるというのはごく一般的であってさ。

俺も多少経験があるけど、しゃべりってそうそう完全な素じゃ、「商品」に
ならないじゃない(清水義範の小説「超時空対談」参照)。ましてやテレビ
でものすごい不特定多数に見せるもんだし、ある程度「こーゆー展開でこう
動こう」と思いつつ喋ってくれないと収拾つかんよ。なあ、グレチキ(怒)。

といいつつ、いちど完全シュート(真剣勝負)の、何もリミッターの無い
オタ話を公共放送でやってほしいとも思うが(笑)。

363 :賛成!>362:2000/11/02(木) 06:11
>といいつつ、いちど完全シュート(真剣勝負)の、何もリミッターの無い
>オタ話を公共放送でやってほしいとも思うが(笑)。
あと初心者向けに、下に解説テロップ流れれば、完璧な公共放送ですー。
検索しちゃったぞ「ariake」。朔太郎の詩まであったぞー(*_*)




364 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 06:26
と来れば次はいしかわさん?

いやー、いしかわさんは服のセンスが良いですね。

…すまん、これ以上言えない。

365 :わー今夜は学園祭みたい!!:2000/11/02(木) 06:31
330さん、私のために申し訳ありません、改めてありがとう。
夏目さん、もしもご覧になっておりましたら、330さんを責めないでくださいね、
悪いのは私です。本当にご迷惑をおかけしました、ごめんなさい。
NHKーだから地上波の放送して、お願い!

366 :( ´∀`)<BSデジタルモナー:2000/11/02(木) 06:53

   ┌───────┐
  (|●       ● |
  /| ┌▽▽▽▽┐ |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ┤ |      | |< BSみてね♪
  \  └△△△△┘ \ \__________
   |\ 受\      |\\
   |  \信\    | (_)
   |    \料\  |
   |      \払\|
   |    /\  \え |
   └──┘ └──┘

367 :はじめて書き込み:2000/11/02(木) 07:20
>>364
そうか?パンクドラゴンもこけし岳も好きだぞ。
それよりsageれ。

ここはジャニオタみたいな、著名人にむちゅうでまわりが見えないやつら(むりに馴れあおうとしたり、情念の長文を垂れ流すやつら)でいっぱいなので最近は見るのもヤだったが、これだけってことで。

368 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 07:55
まーまー、こういうスレもありますって。
一時期よりは落ち着いてますよ。
興味ない人は本当に興味ないだろうから、さげが暗黙の了解ですか、ここ?



369 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 08:30
あ、ごめん。みんなそういってるから暗黙も何もないよな。
俺もかき込み慣れてないんで、失礼しました。368でした。

370 :夏目房之介:2000/11/02(木) 11:19
まぁ誤解は誰でもあることで、
コミュニケーションの一種だし、
誤解がなければ理解しようという動機も生まれない、
というのが最近の僕の考えですが・・・。

この業界では露出度ってやっぱ大切な営業ですよ。
それと、対談や取材では、
知らない振りするのは常套手段です。
ただ、岡田さんの場合、
一種、芸人的なボケのように使う、
ちょっと僕みたいな単純な関東人には
わかりにくい「芸」だったりする。

印象は違うけど、
多分関東的なタイプだと
いとうせいこう氏がそうだった。
彼の場合は僕も関東だからわかるけど。


371 :夏目房之介:2000/11/02(木) 11:35
さて、ようやく最終日だ。
今回は平均的なデキで並んだような気がするな。
ほんとは今日晴れたら「これから」単行本表紙用の撮影が、
近所の公園で10時からってハードスケジュールだったんだけど、
雨で助かったような、そうでないような。

「ホモホモ」は誰がどう出てもイケるって感じで、
みんなもう安心しきってたな。
僕はIVYと元ネタみせるってことしか考えてなかったし。
元ネタも見せる以上はちゃんと許可とるんで、
「駄目」っていわれたら出せなかった。
僕と呉さんは「風雲児」普及委員会だしなぁ。

今夜の「マキバオー」は馬のヌイグルミで・・・
出ないよ。


372 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 11:46
夏目さんの力でなんとかならないですかね〜。
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=cosp&key=972962899&ls=100


373 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 11:51
こっちも見てあげてください。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sfx&key=972961839

374 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 11:55
>327 その話は全部読まないとわかんないかも?http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=cosp&key=972962899


375 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 12:17
誰か協力してあげてください。
あまりにも・・・。
時間がないのがツライとこですね。

376 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 12:21
>>372

厳しい言い方だけど、夏目さんと何の関係もないだろ。
有名人だからって、ボランティアをする義務はないんだよ。

377 :これは脇道おかまいなく:2000/11/02(木) 12:31
>328
たしかに週刊連載システムとジャンプシステムと憑依状態ごっちゃに書いてたなぁ、
週刊連載の発展形のひとつがジャンプかなとつなげて考えてたよ。

「読者の読みたいって意識」と
「ドラゴンボール作者の鳥山明のもう終わりにしたいって意識」だと
作者の方を重視してほしいんだけどどう?
作者の意欲を落としてまでマンガを続けさせても結局、作品のレベルは下がるし
出版社の利益にはならないよ。長い目でみて儲ける考え方が足りない。
人気があっても潮時で終わらせるってのも編集者の仕事じゃないか?
(他にもレスくれた方、ご意見はよく分かりましたありがとう、と思う)

夏目氏の言ってた憑依状態って週刊連載の生み出した産物(長所)って事でしょ、
週刊連載という追いつめられ方が一種のトランスを
生みだして作品に反映される事があるみたいな事だと思うんだけど
そんな凄みを感じる作品って思いつくのか聞いてみたかったんだけど、あるかな?
大島弓子は…週刊に関係なくああいう作風なのでは?ちょっと違うかなぁ

378 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 13:10
岡田さんとかだったら何とかなるんじゃないの?

379 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 13:29
岡田さんがズバットで現れたりして・・・・・。

380 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 14:32
>367
ごもっともですが冷たい方ですね。
人の気持ちも考えてあげたら?

381 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 14:38
>>379
既に現れてたりして。

382 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 14:43
>>370
関東と関西の違いゆうたら、新潮文庫の「東京学」「大阪学」が楽しい。
お互いの違いがどうしてなのか、少しわかるかも。
表紙の絵も爆笑もの。(いしいひさいち氏)

383 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 14:44
まだあの衣装持ってんのかな?っうかあの服はもう、はいんないわな。
ゼネプロ時代だもんね。


384 :フィオリーナ:2000/11/02(木) 14:50
>380
マルコ、マルコ。
ここがけんかになって、書きこみがむずかしくなってたことは
たしかなのよ。
それを不愉快に思ってた人もたくさんいて。
ここでの発言は自由だから、個人の感想を止める手だてはないの。
この雰囲気で以前のことをわざわざ蒸しかえすのもどうかと思う
けど、ここはアメデオでも肩に乗せて、マターリいきましょ。

ほんとはこうゆう横やりも入れたらいけないのよね。ごめんなさい。

385 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/02(木) 15:09
快傑のーてんきっていう手も有るぞ。
岡田さん逝ってやって。

386 :328:2000/11/02(木) 15:29
>>377>>321の人だと思うんだけど。
328のレスでハッキリ言えばよかったかな...

君はただ憑依状態と言う言葉を使ってジャンプシステムとやらを
批判したかっただけなんでしょ?
夏目氏の力を借りて無理矢理自分の感想を述べたものに対して
回答を求めるなんて無理があるよ。

それに君の質問はすでに君が答えをだしているしね。

387 :最近香山さんが出なくて寂しいのだが:2000/11/02(木) 15:33
リカちゃん先生は近ごろプロレス板に入り浸っているらしいよ。

>>340
鶴瓶か!
『ほんまは今間違えたんも全部台本あるんですよ
 アホのふりしとるんです。』
流石だね。

昨夜の夏目さん、サングラスかけたら藤子A…とか思ってしまったよ。
すまんです。

388 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 16:08
いしかわさんも自分の役割をわかっててあの発言だと思うので
正ちゃんとご自宅が無事なことを祈る。
でも、あの人は思ってもいないことはいいそうにないから
本音には違いないか…

>>371
マキバオーの着ぐるみで出演したら、夏目の目のとき
さし棒(正式名称なんていうんだろ?)が持ちにくいと思います。

389 :376:2000/11/02(木) 16:17
>>380
>ごもっともですが冷たい方ですね。
>人の気持ちも考えてあげたら?

380よ、あんたは自分では何もしなくて、ただ夏目さんに面倒かけさせようとしてるのわかってるのかい?
冷たくないなら、自分で東映とかテレビ局に頼みに行けよ。

それに、仮に夏目さんを含め、協力してくださる方々出たとして、その人たちの交通費や宿泊費、
日当なんかを負担する意志はあるのか? ないんだろ。

無責任に他人に頼むもんじゃないよ。
もっと他人の迷惑を考えろよ。それこそ「人の気持ちも考えてあげたら?」だよ。

もっと常識を持て。(あ、2ちゃんでこれは禁句か)
これ以上はこのスレを汚すだけなのでこの話、終了。

390 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 16:30
蛇足の蛇足。
ミスタイプのような気がしますが、380のツッコんでいるのは
あなたではなく「367」です。
「何の関係もない」は同感。以上です。


391 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 16:39
岡田さん。
もう来ないかもしんないけど、一応書いとく。
おれの着メロも「ライディーン」です。

392 :もし、岡田さんが・・・:2000/11/02(木) 18:18
正直ゲージ120パーセントのテンションでしゃべりだしたら。
その手綱を引くのは誰の役目になるんだろう。
TVブ○スでちょっと前にのってた「トイレットペーパー論争」みたいに
なりそうな予感がする。
そうなると、テレビで放映するにはどうなんだろう。

・・・夕日にダッシュして逃げるね。私なら。

でも、岡田さんの書き込みは、ご本人がどういうこと考えて文章を書いて
いるのかが分かっておもしろかったです。
やっぱネットってすごいね。時間も距離も吹っ飛ばしちゃうんだね。

393 :gettta@末広:2000/11/02(木) 18:49







394 :377、321:2000/11/02(木) 19:10
>386さんへご指摘ありがとうございます。オレのカキコミが分かりにくいのだと反省。
ジャンプについては憑依状態云々で批判はしてない、つもりです。

夏目氏の力を借りるつもりもありませんし、
むしろ氏の言う憑依状態は「今の」マンガにはあてはまらないと思っています。
→ので今新しいマンガで何か憑依状態といえるようなマンガがあるのか
 聞いて見たかったのです。

395 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 20:07
>>385
それは武田さんだって(^^;

岡田さんのライブトークのコントロールには何時もうならされてます
容赦ない突っ込みに、変な例えは岡田さんならではですね。

個人的には嬉しいですが、嫌われ者の登場でまた荒れそうですね
くわばら、くわばら。

396 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 20:23
なんにせよ、岡田さんの目論見を知った上で夜話を見ると
楽しさも増しますね。
395さん、別に誰も嫌われていないと思いますが?杞憂ですよ。

397 :gettta@末広:2000/11/02(木) 20:38
あぼーん

398 :gettta@末広:2000/11/02(木) 20:39





399 :gettta@末広:2000/11/02(木) 20:39
あばーい♪

400 :gettta@末広:2000/11/02(木) 20:40
よんひゃっくっ♪

401 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 21:45
2「ん?部屋の中で豚を飼っているようだな。」
岡「ぶひひひひ。君がギコぺを使うという、2ちゃんねらー君かね?」
2「やはり豚か・・・。豚は糞ニフへ逝け!!」
岡「オタ王を豚呼ばわりするとは、いい度胸じゃないですか。」
2「この辺りの豚はよく喋るようだな。」
岡「ぶひひひひ。言っておきますが、君の煽りでわたしを倒すことは出来ませんよ。
  君が思っているほど、2ちゃんは相手にされてないのですから。
  私と戦うことで君は2ちゃん最大の欠点を知ることになるでしょう。」

402 名前:岡田マンセー投稿日:2000/11/02(木) 12:00
   嫉妬もここまでくると岡田さん可哀想だよね(ワラ
   とりあえず何かやってから言ってくんない?(プッ


403 名前:ああ名無しさまっ投稿日:2000/11/02(木) 12:00
   ――――――――――――――
   >>340とかって書いてて恥ずかしくないのか?
   __  __ .r――――――――
       ∨   | 誰か呼んだ?つーか嫌われてんのに来んなよ。
   日 凸 U | ______
   ≡≡≡≡≡| /〃 ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   U ∩ [] ∨% (´∀` ;) <  とりあえず、豚ですから。
   __ ∧ ∧__∧ ∧(___ )_  \_____
     (   @`@`)日(    .)∇
   ― /   | ― (     )―――
   \(__.ノ    ━┳━)
    ━┳━   └ ┃―・゛


2「・・・・・・・・・・・」
岡「・・・・・・・・・・・」
2&岡「・・・・・・人類皆兄弟!!」

402 :花と名無しさん:2000/11/02(木) 22:11
>358
そんなこと正直に書いていいのか?それと、どのように理解されても良いから、本が売れるように、
露出回数と頻度を、、ってのは、視聴者=未来の読者になるかもしんない人を軽視してるぞ。

「あ〜、それは僕が「活字の力」を信じすぎてるからでしょうね。 という、岡田さんの文を読めば、
そういう意味で無いのが分らないのかな?

403 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 22:21
>>402
いいからさげなよ。
なんかまた荒れてきたなあ。参ったもんだ。

404 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 23:02
>354
>僕は自分の書いた本を、より多く売るためにTVに出てるから、
>「どのように理解されるか」にあんまり力点を置いてないんですよ。
>それより露出回数と頻度の方が問題で。

この発言を「オトナって汚い!!騙されてた!」と怒るか

>340
>こういうと視聴者を騙してるようで気が引けるんですが、実はマンガ夜話では
>知ってても知らないフリ、理解できないフリをしてわざと聞き直すことが多い
>です。でないとちょっと番組としてハードルが高くなりすぎてしまう気がする
>からです。杞憂かもしれないんですけどね。

こっちの発言を「この人芸人やね。プロやね」と感じるか、まあそこが
分かれどころだと思うけど。
個人的にはおいらは後者。

405 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 23:14
ゆうべの展開は面白かったですねー。
夜話ってゲストもFAXも無しにしてもっと突っ込んだ話が聞きたい、
と思っていたので目からウロコ。
視聴者にとっつきやすくする努力もされていたわけですね。
もう何年も続いているからツーカーでやっているかと思いきや
駆け引きしながら生で頑張っているのか。

406 :ああっ名無しさまっ:2000/11/02(木) 23:34
なんてったって天下の国営放送だもんね・・・。
作品選びにも気を使うって、オタキングのエッセイに書いたあったような、
なかったような。

407 :どわ:2000/11/02(木) 23:45
マンガ夜話も面白いけど、放送前後の楽屋での話の方が面白そう。
マンガ夜話本に楽屋裏話みたいにのっけてくれんかな。

408 :どわ:2000/11/02(木) 23:57
>>354 あ〜、それは僕が「活字の力」を信じすぎてるからでしょうね。

読めば分かるって事なんかな。でも岡田さんって、本よりテレビでのしゃべり
の方が面白いッス。いや、本も面白いけどね。

409 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 00:02
夜話だよ〜ん。最終日の展開やいかに。
ここは大月氏とアシスタントさんにマキバオーとマキバコの着ぐるみを
・・・(以下自粛)。

410 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 00:42
どうでもいいことなんだが、いしかわじゅん氏。
未だにCG=Macなんだね……。
どうでもいいことなんだけれど。

411 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:00
4日間、お疲れさまでしたー。
面白かった。

412 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:06
うむ。お疲れさまでしたー。面白かったです。

413 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2000/11/03(金) 01:07
全夜ビデオ化して欲しい…

ああ、漱石の孫がマキバオーを…感動。。。

414 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:07
>410
>未だにCG=Macなんだね……。
>どうでもいいことなんだけれど

DTP関係なんかは未だにMacが主流ですよ。

415 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:11
>DTP関係なんかは未だにMacが主流ですよ。
いや、そういう問題では無くて…うーむ。ここのスレではやめましょう。

416 :どわ:2000/11/03(金) 01:22
大月さんの解説、熱い、ひたすら熱かった。
なんかこれだけでお腹いっぱい。

417 :ぺーぺー・イラストレーター:2000/11/03(金) 01:24
>>410
 印刷媒体に載せるCGに関しては、いまだにCG=MACだと思って、
ほぼ間違いないと思う。僕が関わってるデザイン事務所に
出稿してくるイラストレーターは、僕を除いて全員MAC。
実際、自分がPCなんで困る事がたまにある。

418 :417:2000/11/03(金) 01:26
 ごめん、がいしゅつの上、終了後だったね、この話題。

マキバオー、思いのほか、熱く盛り上がる良い回だったね。


419 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:27
大月さんの解説確かに熱かったけどおもしろかったよ!
今回のは全体すごく良かった。4つともどの漫画も読んだことなかったけど
今夜のマキバオーはすごく読みたくなったので明日早速買って読みます。

420 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:38
 今回のシリーズは、食わず嫌いを直しましょうっていう
コンセプトだったのかな?って気がする。
そうだとしたら、大成功だね。僕も明日マンガ喫茶行って
マキバオー全巻読破して来よう。

421 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:45
明日はマキバオー漫画喫茶では読めないだろうな〜
夜話見た人が結構マキバオー目当てで来てそうだし。
仕方ない・・・買うか。
それ位今夜の夜話は私にとってHITだったよ。

422 :前座:2000/11/03(金) 01:45
( ・_・)<今回の夜話は?      (+_+ )<チューナー故障…(泣)

( ・_・)<たしかこれ、一条ゆかり  (+_+ )<おまけにエラく長くて
     特集用の筈が遅れた。       顰蹙必至!でも、やる。☆「アスキーアート少女漫画風」☆
――――――――――――――――――――――――――
・ ; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥
・ ;                   ・ ;
    いつもあたしに勇気をくれた・ ;;
; 幼なじみのモナー君……。 ;・ ;
; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥

      ∧_∧       ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ( ´∀`)  |  ( ´∀`)< モナッモナッモナ〜ッ!
     (┌┬┳┬┳┤ <>て ̄) /\ \_______
      |└┰┰┰┰◆  ||/ ̄ ̄) /\
     (___||||     ||\__ノ ||

423 :前座:2000/11/03(金) 01:46
でも、ある日……
     Λ_Λ
     ∂/ハ)ヽヽ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |ハ`∀´ノ(´∀`*)  < つきあってるんだ
     (   つ(    )    \________
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    ∧ ∧     / /|
  /_(  @`@`)__/ / ┌──────
 || ̄/  | ̄ ̄||/  < そ…そうなの
 ||@` (___/   ||    └──────

 

                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                /ふたりとも、とってもお似合い
 ―――――        レ―――――――――――
 |  あたしは|             A_A   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  どうして |     ∧ ∧    (´∀` ) < 照れるなあ
 |  ・・・   |     (@` ゚д゚)  ⊂     )  \_____
 |       |    ヽ/   |     | | |
 ――――     (__∪∪)   (_(__)
        

424 :前座:2000/11/03(金) 01:46
ホントの想いを|
 貴方に伝え  |            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 られないの? |   ∧∧   /彼女を泣かせちゃ
 ______|   ( ゚Д゚) <    ダメよ!!
                    \ ____
  
     ; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥ ゚ ,・・` 。∴ 、’.
       、’                        ・゚
       ・  季節は、秋……              ‘.
      。:     サンマの美味しい時期……                ;
          …  ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥ ゚ ,・・` 。∴ 、’.                               `。

      

( ・_・)<…   \(^∀^;)<まあ、内容はともかく肝心なのは3、4コマ目!
                  「独白」と「科白」が分離しているわけだ。
                  少女マンガはこれの多用により、センチメンタル
                  な情感をかもし出しているらしい。しかし、これは
                  慣れないと読み手の時間感覚などが一致しない。


425 :前座:2000/11/03(金) 01:47

( ・_・)<それが少女マンガの    (・_・ )<無論、独自のコマとか他にも色々
「独特さ」「読みにくさ」の正体?        あるけどね。夏目氏「漫画学」で…

( ^∀^)<「少女漫画風ドラえもん」!  (・∀・ )<「講座」でそれ風のムンク(笑)!


(( \(・_・)<というわけで、夏目漫画学は「夜話」以外も >(^∀^)/ ))  
         いろんな広がりがあります。非才を省みず
         要約してみましたが、是非元テキストも
        ご覧下さい。(曲解ご容赦)次回の漫画夜話にも期待!!

426 :前座:2000/11/03(金) 01:50
すいませんな、番組上記の理由で見られないのでマキバオーやホモホモの話についてけないので、鬱憤晴らしに番組期間中ずっとコレかいてた(笑)。

もう、「漫画学」のサワリをアスキーで書くのはネタ的にも終わりなので、以降はイチ名無しさんに戻ります。
夏目さんも一区切りつけるそうですが、それはそれとしてまた本日放送の話にお戻り下さい。

427 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:54
>>420
ああ、俺も読まず嫌いマンガってあるなあ。
「幕張」とか「受験の帝王」なんて連載が終わってから、
コミックスで読んでやっと面白いって気づいた。

428 :どわ:2000/11/03(金) 01:55
>前座さん
チューナー故障ですか。
でも大丈夫。「マキバオー」の回は、きっと再放送されます。
それくらい面白かった。つうか大月さん熱いぜ!

429 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 01:56
>426
いえいえ、何か知らんが和ませていただきましたよ(笑)
いつか再放送見れるといいですね。



430 :サンマの秋に大爆笑:2000/11/03(金) 01:56
>>422-426
おおっ。少女漫画独特の、あのホワホワしたふきだしがきちんと
再現されてる。
すげー(゜_゜;
おつかれさま〜。


431 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 02:05
今回はここにぜひ大月さん来て欲しいものだ・・・。
ここでも語ってくれい!

432 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 02:18
>>431
大月さんは2chでかなり嫌な思いをしたことがあるからねぇ
難しいかもねん

433 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 02:20
大尽はギャロップの件で2CHは懲りてるから、まず来ねえよ。

434 :夏目房之介:2000/11/03(金) 02:20
終わった、終わった、おぉ〜わぁーったぁぁ。
ドイツ出張と、そのあとの雪かき仕事、個人的事情による休日返上、
そいで夜話。
本日は、なんかみんなで呑みにいくみたいだけど、
わしゃ眠いので帰ってきた。
でも、マキバオーはのりのりでよかった。
終わったあと、岡田さんとふたりで、
「大月さん、マキバオーで講談やってよ、
聞きたいよ、文章よりわかりやすいし」
って扇動してきた。
やる気があるんだが、場所がないっていってたけど。
ま、面白く終われてよかった、よかった。
おやすみ〜。

435 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 02:30
>夏目さん
4日間本当に面白かったです。
今世紀最後のマンガ夜話、お疲れさまでした!
新世紀のマンガ夜話も楽しみにしてます。ああ、本当に面白かった…。


436 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 02:37
すげぇよなぁ・・・


437 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 02:41
そうか、今世紀最後なんですね。
個人的にはマンガ夜話はお正月とかにマタ-リ見たいです。
(でもその間レギュラー陣は正月返上になってしまうのね。)

438 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 02:45
今まで岡田さんの事嫌いだったんだけど、
ここにレスされた文章を読んで見方が変わっちゃったよん。
オタキング大人だね〜。

今日の夜話おもしろかったー。最高ッス。

439 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 02:48
いいねえ。お正月夜話。
レギュラー陣はみんな羽織袴で。
オープニングは、漫画を題材にしたカルタで覇を競い、人物紹介では、
一人ひとつづつ「今年の目標」を書きぞめしてくる。
前座の余興がおわったら、20世紀の漫画の総括と、21世紀の漫画
について、とことん語ってもらう。
こーゆーネタに関しては、ディープなとこまで聞きたいので、ゲストは
無しで、レギュラーオンリー。
ただし、オーケンさんは、夏目の目で使ってるビジョンで、特別参加可。

440 :魁!名無しさん:2000/11/03(金) 02:54
録画じゃダメなのかな・・・あ、FAXか。
でもライブの時とは違って、それはそれで濃ゆくできて面白いかも。

441 :魁!名無しさん:2000/11/03(金) 02:55
すみません、あげちゃった・・・。

442 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 03:06
大月さん2ちゃんでヤナ思いって一体何の事?

443 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 03:18
>442
競馬板の「おまえらよろこべ!!グルメフロンティアが復帰するぞ」
というスレを見てください

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 03:28
そういや大学祭とのジョイントで、出張版公開放送・BS夜話を
やりたいという企画もあったそうだ。
今年はもうムリだろうけど、来年も大学にいるという人は今から
検討・企画してみたらいかがだろうか。

そーいや夏目さんはじめ、岡田・いしかわ・呉など各氏は、
今年は大学祭講演ないのか?

445 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 03:41
マキバオー。
第一印象で棄ててたマンガだったので、今度マンガ喫茶で読みます〜。
Drスランプの再々放送きぼーん。・・・じゃないや、希望します(汗)。

446 :マキバオー読もう:2000/11/03(金) 03:46
次の夜話は2月か〜。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 03:46
夏目さんもうここ来ないみたいな事言ってたけど
来年も来て欲しいな ぜひ・・
個人的には ねこぢる関係をやって欲しいな


448 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 03:53
tako鯖相変わらず死亡中

449 :330:2000/11/03(金) 03:56
今日も楽しみにしていたのに、仕事で帰ってきたのが3時前♪
見れっかぁ〜〜!
なんかすげー熱くて楽しかったらしいので、余計くやしいよ…(べつにマンガ自体にはそんなに興味ないんだけど)

>夏目先生
お言葉ありがとうございますです。感激でございます。岡田さんともども、夜だというのに、頭回転しまくってますね。
尊敬です。で、あそこは消えるまで放置していてもいいですか?

>岡田さん
私も個人的には、少なくとも夜話に関しては、もっと素の部分を出したほうがいいと思いますよー。
どーせそういう人が見るものなんだし。しかも大抵時間足りない気味じゃないですか。
ワカンナイ人は放置。ってくらいに突っ走ってもいけると思うんだけどね。
むしろ放置された方がより興味を引かれることもままある(少なくとも私は)
車田の回、男坂まで出していただきちょっと感動。でもやっぱリンかけだよ。パクリまくってても。

>365さん
いいんですよそんなに気になさらなくっても…!私は夏目氏にお声掛けいただいただけでも良かったと思っちゃってますので(ミーハー入っちゃった)

それにしてもいとうせいこうか。みうらじゅんとか出ないかな。

450 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 03:56
>>447
それまでこのスレを持たせるのか。一体verいくつになってんだか。
えらく気の長い話ですなあ。

451 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 04:05
文字通りの「夏目の目」がないこのスレッドは来年までなんてもたねぇて・・・
飽きが来るということ以上に、イヤーンな感じで荒れだすから

それはそれで楽しいのだけどな。夏目さんが来ないと決まったら、やっぱ無理だわな




452 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 06:16
夜話って面白かった。先生の陰で、スーツフェチな自分に気づいた、
なんていうオマケも付いて(ё_ё)大月氏のまきばおーを語る熱い姿に、
別に司会は、この人でなくてもさ、いうイメージがやや消えたし。
どこか媚びてるような感じが苦手だった岡田氏は、実は活字の為に
力をセーブしてただけだったと。この際、ひとまず本を読んでみる
ことに。よろしければ、初心者にお薦めの著作名教えてください。
あんまし濃くなくて、汎用性のあるよな、、スレ違いだったら御免!>all



453 :>452:2000/11/03(金) 08:15
http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/top.html
岡田さんの公式サイト。著作のほとんどが読めます。

454 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 16:18
ここってサイトのデザイン可愛いですよね。ときどき見てる。
日記の更新がゆっくりなので時間差があるけど、今回の夜話について
どう書かれるかが楽しみ。

455 :>454:2000/11/03(金) 17:54
早く日記を読みたければ「モノマガジン」を買うこと。
ひとつき後くらいかな?

456 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 18:39
札幌ライブで生放送なのかな

457 :454:2000/11/03(金) 18:43
>455さん、どうもありがとう。
モノマガジンは全然守備範囲じゃなかったので言われなければ
気付きませんでした。連載チェックしてないのバレバレ?

458 :ああっ名無しさまっ:2000/11/03(金) 23:59
「夏目房之介の講座」にて、前座さんの言ってたムンクを、楳図風、本宮風、
ギャートルズ風、少女マンガ風と各種発見しました!
そうとう笑えますねこれ。
「講座」って、最初はきちんと理屈づけてるのに、夏目さん自身が絵を描いてる
うちに、ノッてきちゃってマンガの話に暴走してるって感じ。
この人、偉くもすごくもないけど、おもしれーわ。

思わずパン屋に行って、あんパンとくりーむパン、カレーパン、あと帰りに
マ○クよって、いっぺんに食べ比べしようかと思った。

459 :ああっ名無しさまっ:2000/11/04(土) 00:15
この間、ひまつぶしに映画を見にいってちょっとびっくり。
ジャン・ルノワールっていう監督の「どん底」って映画に出てる、
ルイ・ジューヴェという役者が、なんか夏目さんに似てるんよ。
おでこが広いのと、横顔のさらっとした感じが。
役どころも、男爵の身でありながら、身分を捨てて、泥棒といっしょに
住んでる、というオイシイところ。
思わず見入ってしまって、映画の内容ほとんど覚えてナイ(苦笑)。

460 :フィル:2000/11/04(土) 01:49
>>287
私はマンガを描いたりしてるのですが、この「面白」さとか「わかりやすさ」
というものは、非常にやっかいなものなんですよね。
だいたい、自分一人で描いていると、自分が描いたものが面白いのか面白くないのか
だんだんと分からなくなってきますし、ストーリーに関係ないシーンを描き過ぎたり、
ベタな演出を嫌うあまり、極端に分かりづらい演出をしてしまうことがあります。
こういった時、優秀な編集者の方が作品を冷静に見ていてくれて、バランスを取る
助言をしてくれたら、どんなにいいだろうと思います。
描いてからほとんど時間が立っていない時は、判断が難しいので、特にそう思います。

一昨日やった「ホモホモ7」という作品は、ずいぶんと面白そうな作品でしたね。
最近は古いヨーロッパ映画やB級のスパイ映画の再評価が著しいですし、
過去の作品を引用して作品にスパイスを利かせることも、ポピュラーな手法に
なりましたので、もしかしたら、今見てもピンとくるセンスの作品なのかもしれませんね。
絵柄や構図もクールでカッコイイと思いましたし、大好きな作品がひとつ増えそうな
予感がします。
マンガ夜話を見るたびに好きな作家が増えていくので、とてもうれしいですね。



461 :マンガ夜話って、結局:2000/11/04(土) 02:05
どのマンガも平等に面白さを持ってる、ってことを証明してる番組なんじゃ
ないかなと思う昨今。
自宅でBSが見られないので、みなさんの感想のみが頼り。
うらやましい限りっす。

462 :287:2000/11/04(土) 02:27
>>460
ある意味、ジャンルにとらわれず自分の興味と好奇心のおもむくままに
文章と絵の両刀を使いこなす夏目さんが、うらやましいところではありますね。
その本人が持つ「軽み」が、作品にもある種の明るさやスピード感を
もたらしていて、読んでいてすごく面白い。
学問的に体系づけできるもんじゃないと思いますけどね。
夏目さんの「学問」は。

あっ、両刀ってアヤシイ意味ではありませんので。一応。

463 :>461:2000/11/04(土) 03:28
いい感性ですね。

464 :452:2000/11/04(土) 06:15
>453
おぉ!ありがとうございます。さっそくオーケンとの対談(「マジメな話」収録)
読んでみました。どうやら、やはり岡田さんのこと誤解してたかも。岡田さんて、
オタク啓蒙運動のためなら、どんなことでもできる、オタ啓運動のプロを自認して
る人かもしんない。政治的ともいえる「駆け引き」がいわば、当然の人なのだった。

465 :ああっ名無しさまっ:2000/11/04(土) 13:17
漫画全肯定。

映画評論家の長谷川さんじゃないけど
やっぱこれですよね。

466 :夏目房之介:2000/11/04(土) 14:52
777 名前:夏目房之介投稿日:2000/11/04(土) 14:47
夜話の大学祭公演は、
以前話があったような記憶が。
立ち消えになったが。
でも、レギュラーの出演料だけで、
多分大学祭の予算では難しい気がする。
僕は、自分が面白ければ、
数万円でもやるし、他の人もそうだと思うが、
依頼するほうとかNHKが、
かえって困るんじゃないかと思う。
こういうのって、案外そうなんだよね。


778 名前:夏目房之介投稿日:2000/11/04(土) 14:50
あっ、し、しまった。
うっかりマンガ夜話のスレッドに書き込んでしまった。
申し訳ない。
いまだに初心者なもので。
ご迷惑かけました。
自分のところに戻ります。

というわけで、「マンガ夜話」スレッドに、
間違えて書き込んでしました。


467 :ああっ名無しさまっ:2000/11/04(土) 19:54
>>466
以前はこのスレッドをブックマークしてるって言ってたのに、
さては、今は他のスレッドも密かにのぞいてますね?

つーか、「自分のとこ」ってご本人が言うとほほえましい(笑)。

468 :ああっ名無しさまっ:2000/11/04(土) 23:20
>>467
でも、最初の頃も最終兵器彼女のスレッドに書き込んじゃったりしてたじゃん、夏目さん。
案外いろいろ見てるんじゃないのかな。

469 :ああっ名無しさまっ:2000/11/05(日) 07:58
さがりすぎアゲ

470 :ああっ名無しさまっ:2000/11/05(日) 10:21
だんだん染まって下品になってったりしてね(笑)>夏目氏

(こんな夏目氏は嫌だ。)
AAでコピペ荒らしをする夏目氏。


471 :ああっ名無しさまっ:2000/11/05(日) 11:19
>470
それはそれで楽しみ(笑)。
意外に凝ったAAで、いちやく有名になっちゃたりして。

AA夜話とか講座とか、どうですか、せんせー。

472 :花と名無しさん:2000/11/05(日) 11:23
>471
ただし、ノーギャラね(笑)。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/05(日) 18:43
夏目さん、2CH撤退宣言は撤回ですか?

474 :ああっ名無しさまっ:2000/11/06(月) 00:56
sagarisugi.ageruyo.

475 :ああっ名無しさまっ:2000/11/06(月) 03:43
あげなくていいの!

476 :あ〜ぁ、アゲちっ:2000/11/06(月) 06:42
次の夜話でも、ぜひあの髪型見たい。似合ってたから。
最低2回位は、スーツでさー。いいと思うな〜(^^)

477 :ああっ名無しさまっ:2000/11/06(月) 10:42
フキダシ中の文字の書体を決めるのって編集者さんの仕事なんですよね?
こわいセリフだとおどろおどろしい書体になってたりするじゃない。
書体によってイメージってすこし変わるし
そんなとこを見ても編集者さんってマンガをつくってる仕事なんだな〜。
疑問なのですが外国のマンガでもセリフによって書体変えたりするの?

478 :花と名無しさん:2000/11/06(月) 16:47
”土曜倶楽部 ”って見てみたかったな。
NHKって昔(10年くらい前)の番組放送してくれないのかな。


479 :名無しさん:2000/11/06(月) 17:21
>477
作家がフォント指定する場合もあるんじゃ?
(というかそっちの方が多いと思う)

480 :477:2000/11/06(月) 17:53
>479
そうなの? なんかいまだに編集者の人が指定してるイメージでした。
ちょっと違う話なんだけど江口寿史がコミックキューの編集長やってて
他の人が書いた漫画の書体決めるのが楽しいけど難しいみたいなことを
言ってたので(不正確でごめん)まだ編集者さんの仕事なのかと思ってた。
そうでもないのかな。

481 :ああっ名無しさまっ:2000/11/06(月) 18:47
>477
アメコミの場合、レタラー(Letterer)という役目の人が吹き出しの中の字を書いておる
ようです。アメコミ独自のお約束の書体で、日本のマンガの写植ほどはバリエーションが
ないみたい。因みに、脚本(writer)、下絵(penciler)、彩色(colorisrt)、総括編集
(editor in chief)といった役割分担があります。


482 :夏目房之介:2000/11/06(月) 20:27
過去の質問及びコメント1
135 10.6 他 夜話で取り上げたい作家などについて:
夜話の初めは、いしかわ氏と当時のディレクターが中心になって決めた。
そんな経緯もあって、いしかわ氏の基準から大きく外れるものは、
けっこう難しい。でも、それでいいと僕は思う。
あんまりあれもこれも目配りした「平等主義」なんかより、
そっちのほうが面白いし、第一、若いファンにこびる必要はない。
現在は、毎回次回の選定について打ち合わせがあるが、
僕はあまり「これをやりたい」とかいわないようにしてる。
僕は、基本的にこれは僕が出る意味はないとか、
読み切れないものは出ない。
それだけなんだけど、やっぱNHK側にすれば困るわけで、
しかたないから「それ何巻?」って聞くようにしてる。
分析の時間とか入れると、僕には限界がある。
自他ともに認める遅読の人なので。

483 :夏目房之介:2000/11/06(月) 20:46
過去の質問及びコメント2
231まそがさん他 10.9 書き下ろしと完成度及び商業主義などについて:
まず、僕の見地からいうと、日本のマンガの規模は、
明らかに週刊連載の大量出版、
薄利多売、一誌多連載という商業的方法に支えられてきました。
そこにTVに始まるメディアミックス、商品化権が重なり、大きな市場を構築した。
完成度の高い「優れた」作品は、逆にいえば、
そうした経済的基盤の余裕によって可能になった。
日本マンガのいいところは、優れた先端的な作品も、大衆的な作品も、
同じ商品市場の中で、
純文学・大衆文学のような隔離をされずに発展できた、という点です。
フランスやアメリカの例をみるにつけ、
この両極分解、「いい作品」だけを認めようとする基準が、
むしろ大衆文化としての衰弱をまねくように思えます。
とはいえ、これらの方法論もそろそろ金属疲労状態になりつつあるようで、
「書き下ろし」という欧州型も本当は長期戦略として考えてきてよかったろうと思います。
商業的な面での成功といっても、
せいぜい短期から中期までの戦略でしかないように僕には思えます。
書店・流通まで含めた売り方で考えるとね。
「完成度の高いものを」「いい作品を」という要求は、
読者の成熟とともに必然的に出てくるけれど、
多くの類型的・大衆的な作品が全体を支えていることを忘れると、
マンガの純粋芸術化を求める狭い意見になりがちだというのが、
僕の考えです。

484 :夏目房之介:2000/11/06(月) 21:05
250 10.9いち漫画書きさん 他 この前後のどわさん
設定、舞台、世界観、キャラ立てなどについて:
これらの用語について、かなり混乱があったように思えます。
混乱を整理するためには、
それぞれの言葉の出自や、
どういう文脈で使われているかの検討が必要です。
が、ここで「漫画書きさん」が「どわさん」の整理した文について、
「理性的な意見という気がする。漫画を書く動機って単純だと思うんですよ。」
と書いてるのは、どわさんが「理性的」に整理したものについて、
「理性的」だといってるだけで、あまり意味をもちません。
「漫画書きさん」は、マンガを描く実際の作業についていっていて、
そのことを整理して考えることと、描くことそのものは別のことですね。
一人の作家の中でも、実際の作業はかなり無意識な混沌としたもので、
それを言葉で整理するときは別の抽象的なレベルの問題になります。
なぜ、僕がここにこだわるかというと、
こういう違うレベルの問題を混乱させると、
「ロクなマンガも描かないくせに偉そうなこといいやがって」とか、
「マンガも描けない癖に偉そうに批評なんかするな」
という見当違いの反発と同じ論理的混乱になっちゃうからです。
現場と技術的整理や批評・論理のレベルは違うし、
僕の書いてきた「表現論」と現場的技法論も、
相互に利用は可能ですが、
理論的なレベル、場は違うと思います。
ここを押さえるのと、そうでないのとでは、
議論がうまくかみあって生産的になるかどうかのキワなので、
とても大事な問題だと思っています。

485 :夏目房之介:2000/11/06(月) 21:08
484は、過去の質問及びコメント3でした。
以後、時間のあるときに、
今までの中で書いておきたかったことを、
いくつか書き込んでいきます。

486 :ああっ名無しさまっ:2000/11/06(月) 21:15
>>372-374
その後見苦しい経過をたどっております
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=973488320

487 :ああっ名無しさまっ:2000/11/06(月) 22:18
>481
アメリカでは、はっきり役割分担して漫画を作ってるって聞いた。
あっちは、出版物もなんらかの審査を通らないと、出版できないから、
そうとうしっかりした物作るんだって。
最初から、世に出る物と出ない物がぎっちり区分けされるんだと。
これは、483で夏目さんが
>この両極分解、「いい作品」だけを認めようとする基準が、
>むしろ大衆文化としての衰弱をまねくように思えます。
もうこのようにコメントしてるけど。
とりあえず、その話を聞いて、日本に生まれて良かったと思った(笑)。

488 :ああっ名無しさまっ:2000/11/06(月) 22:21
>477
神保町の古本屋街をぶらぶらしてると、たまに海外のコミックスを見かける
ことがあるよ。
興味があるなら、自分でゲットするのもよいかと。
ほんとは手に入れる機会が毎年春にあるんだけど、企業秘密なので今日は
このへんで。

489 :fusa:2000/11/06(月) 23:49
>この両極分解、「いい作品」だけを認めようとする基準が、
>むしろ大衆文化としての衰弱をまねくように思えます。
ネットの中もよく似てる感じがする。お下劣サイトや2ちゃんがあるから
インターネットも底力が出るってもんよ。

ともかく誠実な姿勢の先生に、感心するのだった。この贅沢な空間の
ことは、忘れないです。



490 :fusa先生 机下:2000/11/06(月) 23:52
今日の潮出版の雑誌に先生のお名前を発見!


491 :谷岡ヤスジ:2000/11/07(火) 00:32
マンガ議論、面白いマンガを産む役に立ってなかったりしチ

492 :谷岡ヤスジ:2000/11/07(火) 00:33
なんちて

493 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 00:37
夏目さん、ぜひ今度少女漫画板の「盗作しちゃダメじゃないか」スレを覗いて
ひとつご意見お願いします。

494 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 00:41
2ちゃんねる・・・。
時に荒れるスレッドを横目に嘲笑し。
時に鋭いレスに涙を流し。
時に向きになって長文カキコをしてみたり。
時に調子に乗って叩かれたり。

確かに、色々な要素があって、ここは面白い場所ですよね。
変幻自在、というか。ここ来たら他の掲示板はぬるいこと、ぬるいこと(藁
物事に表裏があるってことを、ここに来るだけで体感できるちゅーのが良い。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 04:38
>夏目さん
マンガ夜話の作品選びはレギュラーがしゃべりたい作品を
選ぶべきだと僕も思います。
僕は取り上げる漫画のファンじゃなくて漫画夜話のファンなんで。
そういう意味で「ドラえもん」や「聖矢」はいまいちでした。
たぶん「ドラえもん」や「聖矢」のファンはマンガ夜話で
レギュラーが話すようなことなんて聞いても嬉しくないと思うんですよ。
でレギュラー陣も思い入れがないから冷めた客観的な分析だけで
盛り上がらずに終わってしまう。(例外でアストロは客観的な分析だったけど
面白かった)
夏目さんもマニアックな作品でもガンガン自分のやりたい作品を
会議で言ってくださいね。


496 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 06:49
先日テレビで京都精華大のマンガ学部が出てました。教授の肩書きで
竹宮恵子さんが、授業で実技指導をされてました。あの学校の図書館て、
漫画だらけでした。いやぁ、漫画を描ける人が羨ましかったです。
いつか、漫画学部夏目教授、が誕生するのも、いいな〜
週1くらいで、京都で講義。。。なかなか良いではありませんか?!
fusa先生、ドンドンいい本を書いて、きっと上洛して下さい。
ヨロピク。

497 :どわ:2000/11/07(火) 07:01
>>484
あのときに自分が書いた事を思い出すと、恥ずかしさに身もだえしてしまう。
自分の力不足だけならまだしも、たびたび指摘された議論のレベル…。
誰に、どのような流れでのカキコかってことに、注意を払っていなかった。

498 :どわ:2000/11/07(火) 07:36
「聖矢」は連載で読んだ方が面白い、比較的新しいマンガ。
グレチキの話は、作品のファンとして共感できたし、面白かった。
ゲストに、若手のマンガ評論家を迎えれば、さらに興味深く面白い回になったんじゃ
ないかな。

499 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 07:48
やっぱ、この人、根っからの漫画好きだわ。
すんげー。

500 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 07:55
499に激しく同意だね。

501 :477:2000/11/07(火) 10:44
>481、487
すごいねアメコミも。どうやって造ってるかなんて考えて
見たことなかったので今度はそんな視点でも読んでみようっと。
>488
企業秘密!素敵な響き…。(教えてって事じゃないよ言葉に反応しただけ)
ありがとう、ぶらぶらしてみます。

502 :夏目房之介:2000/11/07(火) 12:05
>>491 谷岡ヤスジ マンガ議論、面白いマンガを産む役に立ってなかったりしチ
直接役に立たんでもヨカッタりしチ。それはそれで面白けれバよかったりしチ。

>>495 マンガ夜話の作品選びはレギュラーがしゃべりたい作品を選ぶべきだ
たしかにそうだし、そうなっちゃうんだけど、
自分達がしゃべれるものばっかりやるワケにもいかないのよね。
星矢があって、一条さんがきて、ホモホモがあって、マキバオー。
これで、やってるほうもリズムができる。
見るほうも、星矢が面白い人もいれば、他のが面白い人もいる。
これが連日誰かが入れ込んでるものばっかりだったら、
あの番組はこんなに続かない。
ここにはスタッフ達の見えない努力があるんですな。
これって日本のマンガ雑誌と同じで、
あれもあれば、これもある。
だから面白いし、いろんな人が読める。
ってのと同じ。
つまり大衆性、娯楽性の保証ってことだと思います。
僕は、プロとしてはどんな球でも、
それなりに打てないといけない、
と思ってるけど、たまに僕が打つと失礼にあたるものがある。
そういう時は休むのね。

503 :夏目房之介:2000/11/07(火) 12:17
>>501 477すごいねアメコミも。どうやって造ってるかなんて考えて
見たことなかったので今度はそんな視点でも読んでみようっと。

いいですね。僕も昔は、話は知ってても興味はなかった。
でも、香港にいって、じつはアメコミと同じシステムで作ってるって知り、
なおかつ彼らが目指してるのが日本マンガだって知って、
マンガとそれを支える制作システムの問題を考えてたら、
編集のこと、流通のこと、社会構成のこと、文化背景のことが、
すっごく面白い課題になった。
結局、マンガ一つで各国の人口・市場・産業構造・文化(観)・・・・、
いろんなことがわかるんですよ。
ちなみにフランスはアート志向の作家重視型で書き下ろし的。
台湾や韓国は日本に近いが、それでも編集はただのお使いさん。
今、僕は自分の表現論を、そうした知見の中でどう位置づけるか、
それを考えてるところです。

504 :夏目房之介:2000/11/07(火) 12:25
あ、503の続き。
アメコミ、香港型分業は、会社が著作権を所有管理する。
日本のように出版社と作家が独立してると、
著作権は作家が所有する。
また、欧米では原画をコンベンションで売るのがふつう。
それで作家(画家)は生計を立ててるところがある。
再版はフィルムでやるらしい。
でも、日本では原画を著作権者たる作家が所有管理して再版するので、
売れない。貸本時代には読者プレゼントされてたけどね。
ドイツでは「なんで日本の作家の原画は売ってないのか」
って質問があって、そういうシステム上の違いを説明しました。

505 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 12:34
sageru

506 :>▽<:2000/11/07(火) 12:38
『ホモホモ7』の復刻版を買ったら、いしかわさんの解説がついていました。夜話メンバーの影響力の大きさを感じました。
NHKも夏目&いしかわ監修で宮谷選集を出すとかすればいいのに。

アメコミの環境って、日本のアニメと似ているように思えます。
徹底的な分業制である事、作者がさほど優遇されていないこと。などなど

507 :名無しさん:2000/11/07(火) 12:45
夏目さんが休んだ回ってけっこうあるっけ?

508 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 16:38
>>459
私は ピーター・バラカンさんが夏目さんに似ていると思う。
バラカンさんは 最近、エジソン生命のCMで 英語ペラペラしゃべってるよ。

509 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 18:14
>>507
出ようとしたけど出られなかったのは「ガラスの仮面」だったね。
真澄様の格好で謝ってるFAXがきていた。
そのせいかあの回は荻野目慶子の電波(演技?)全開だった。

510 :夏目房之介:2000/11/07(火) 21:21
>>vol.3の490 ナレーション+セリフをワクにいれて絵物語に入れるのは
そう難しい発想じゃないと思うんだ。
でもフキダシに言葉を収めるというのは新しい起源の
新しい発想だったんじゃないだろうか。

これ、重要な指摘です。絵物語的な言葉の囲い込みは、
中国の連環画、日本の黄表紙、西洋の絵本など、
近世〜近代の例はいくらもある。フキダシにセリフを入れるのは、
ナレーションとセリフの分離が前提になります。
むろんフキダシの前段階と思われる記号表現もないわけじゃない。
でも、そこには明らかに新しい段階があったはずです。
その時期が映画と同時期の初期大衆社会だとすれば、
大衆的な時間のとらえかた、感じ方、
言葉の文と会話の分離などの共有感覚が、
映画やコミックの成立と相互的にあったんじゃないか。
これが、荒っぽい今の僕の仮説。


511 :夏目房之介:2000/11/07(火) 21:52
519=過去の答えとコメントその4でした。
以下、その5
上で触れた490以後、498どわさんを介して524Yさん、538ヒロさんなど、
コマの話になってますね。
僕のコマ論については著作を参照してもらうとして、
コマという枠組み自体は、すでに19世紀の風刺画でも
成立してます。事実、19世紀ドイツの絵物語形式のマンガにもありました。
日本でも西洋風刺画の影響下にできた明治新聞漫画の中にあります。
江戸中期の手品解説本なんか、一見ほとんど近代のコマみたいです。
けれど肝心なのは、ただ箱型の線がいくつか時間を区切っていることじゃなくて、
その機能と効果が生む「物語」性だろうと、僕は思っています。
つまり、コマの利用による自在な時間の画像分節の緩急と、
ナレーション及びセリフの分離による言葉の時間の広がり。
これが重なって、初めて今世紀のコミックス表現になっただろう、と。
この仮説には、絵→写真→連続写真→映画という画像→映像の変化、
近代における文と絵=小説と絵画の分離(宮本大人氏仮説)、
という前提があります。
というわけで、こういう論議をきちんとするには、
あまりにもこの場所は狭すぎる、ということもありますね。



512 :夏目房之介:2000/11/07(火) 22:11
過去の答えとコメントその6
>>vol.3 562ああっ名無しさまっ
夏目氏のスタンスって手塚と同時代性に立脚してる{略}
そこが夏目氏の限界なんじゃないかい?

これは同556フィルさんの「手塚の冒険」への感想を受けて書かれ、
その後フィルさんらの適切なフォローがありました。
(厳密にいうと僕は初期赤本手塚には「同時代」じゃないけど)
僕が「冒険」の前「手塚どこ」を書いたとき、
いちばん考えたのが、そのことでした。
「どこ」の中に、手塚の初期アトムの線を「重い」と感じる
年下の編集者の話がでてきます。
そこで提出したかったのが、世代の感性の問題でした。
でも、とにかくも最初に何かを、できるだけ遠く(普遍化)に投げておく。
それが世代的感性を基礎にしてもできるのかどうか。
つまり、だいぶ前にここで語った世代と普遍性の問題ですね。
結果からいえば、できたと思います。
本当いうと、若い世代からの反発、批判がすぐにでもくるかと思ってました。
でも、それは少なくとも僕の知る限りでは、
理論的な検討に値する言葉として届いてこなかった。
それが「届いた」と思ったのは、
じつに数年前に若手研究者の批判に遭ったときでした。
虚勢でも嘘でもなく、涙が出るほど嬉しかった。
6年ほど待ったことになります。
孤独であるより、まっとうな批判のあるほうが、
何かを知ろうとしている人間にとっては嬉しいんです。

513 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 22:45
夏目さ〜ん、2ch撤退する前に質問解禁になるんですよね〜。
楽しみだな〜。その時は教えてくださいね〜。
また寝かしませんよ〜。

514 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 23:04
>孤独であるより、まっとうな批判のあるほうが、
 何かを知ろうとしている人間にとっては嬉しいんです。

をを、重みのある言葉。本当にここは2ちゃんねる?

515 :ああっ名無しさまっ:2000/11/07(火) 23:13
ただ今書店で発売中の「ダ・ヴィンチ」で、夏目さん・呉さん・夢枕さんの
鼎談を発見。なんでも、夢枕さんのお知り合いが、貸本マンガを大量に持って
らしたのを、夢枕さんに譲られたとか。
マンガの山を目の前にした、3人のお顔はまるで少年のようです。
おまけに、あのさいとう・たかを先生の近影もあり。
けっこうお得かも。

516 :夏目房之介:2000/11/08(水) 00:17
>>515 発売中の「ダ・ヴィンチ」で、夏目さん・呉さん・夢枕さんの
鼎談を発見。{略}マンガの山を目の前にした、3人のお顔はまるで少年のようです。

あれ、獏さんから僕にFAXがあって、
相談受けて実現したんだけど、
貸本の山みたてらほんとに嬉しくてさ。
だって僕が借りてた南波健二の「タックル猛牛」シリーズとか、
もう懐かしいやら楽しいやらの宝の山だったんだもん。
僕らにとっては古本としていくらになるかなんて、
どうでもいいんだよね。
僕は収集家でもマニアでもないので、
ただただ読めれば嬉しい。
でも、十何冊かはほんとに僕が買いたかったなぁ。

517 :515:2000/11/08(水) 00:51
>>516
わはは。本をめくっている夏目さんの目は、白く煙った前髪に反比例して、
もうほんとに「マンガ読めて嬉しいっ!」ってキラキラしてましたからね〜。

「鼎談」だなんて堅苦しいこと言わないで、「マンガ好きオヤジーズ集合!」
とでもして欲しかったくらいですわ。
どうせなら、往年の名バンド・ビージーズにあやかって、ジージーズとか。
ちょい悪ノリ。

518 :ああっ名無しさまっ:2000/11/08(水) 01:31
原稿を著作者が管理…の話で思い出したけど、最近本宮ひろしが
75年連載当時の「俺の空」の生原稿1000枚を読者プレゼントに出してたね。
なんつーか、なんつーか、いやはや…

519 :ああっ名無しさまっ:2000/11/08(水) 01:37
>518
さすが、ジャンプの巻頭を自らのグラビアで飾った伝説の男。
やはり、サラリーマン金太郎はやることが違う!!

・・・って言ってる俺自身がもうだめ・・・。
もともとバンカラな人だから、自分の原稿にあんまり執着しないんだろな。

520 :495:2000/11/08(水) 01:54
>>502の夏目さん
なるほど作品の並びにもリズムがあって僕が面白くないと思った回も
面白いと思った回に影響を与えてるってことですね?
それは考えなかった。「今日ダメ、あっ今日面白い」って一回のタームで
考えてました。
それって夏目さんが著書や483で言ってる「良いものばかりを優遇して
それ以外のものを冷遇してると全体の基盤が貧弱になる」って考えに通じますよね。
この考えって僕はすごい面白いと思います。
(以下蛇足)
これからの夜話ってどうなるんでしょう?
ジャンルごとや雑誌ごとってのもアリかもって大月さんがムックで
言ってましたが。
「エロマンガ夜話」とかあったら面白いですよね。
あと「COM夜話」や「ガロ夜話」とか。

521 :夏目房之介:2000/11/08(水) 03:12
>>520 495それって夏目さんが著書や483で言ってる「良いものばかりを優遇して
それ以外のものを冷遇してると全体の基盤が貧弱になる」って考えに通じますよね。

その通り。それが大衆文化のいいとこ。
大衆社会って、いろんなものが重層して物事が成り立つ社会だしね。

>>「エロマンガ夜話」とかあったら面白いですよね。
あと「COM夜話」や「ガロ夜話」とか。

そういう話は次回の打ち合わせでそろそろ出るんだけど、
どうなるかな。僕個人は目先変える試みはいいと思うけどね。
岡田さんと二人でアメコミやらないっていってみたけど、
いしかわさんは興味ないみたいだから、まぁ無理か。

夜話の「ホモホモ」で思い出したこと。
いしかわさんが、劇画のパロディは絵が当時でもちょっと・・・・
といってたよね。それはそうだったんだけど、
「何をやりたいか」がわかるだけで、当時の僕らは楽しかったし支持した。
僕にとってスパイダースがたとえば「サマーガール」で、
自分達じゃできもしないビーチボーイズの「サーファーガール」をやろうとしてた、
その意気やよし!って感じで喜んでたんだよね。
うん、これを本番中にいってみたかった。
いしかわさんや呉さんには受けたかもしれない。




522 :魁!名無しさん:2000/11/08(水) 04:43
夏目さん、こんばんわー。
過去スレ拝見しましたー。で、ちょっと一言。
万引きを甘く見るのはちょっとご勘弁を・・・うち小売業で(汗)。
高校生集団がサンプルを丸ごと盗んでいったり・・・結構笑い事じゃないんで
まあ世の中にはこういう立場の人間もいるということで。強制はできませんが。

523 :ああっ名無しさまっ:2000/11/08(水) 09:52
>322
ありゃあ、万引きをしてしまって、収集がつかなくなっていた人の
心理状態に一言フォローしてあげたコメントと読んでおりましたがなあ。
別に、夏目さんは万引き行為自体について、甘いことを言おうとしたん
じゃない気がする。

524 :夏目房之介:2000/11/08(水) 11:10
>>522 名前:魁!名無しさん
万引きを甘く見るのはちょっとご勘弁を・・・うち小売業で(汗)。

あはは、あたしゃビニ本止めてくれ論についてかと思った。
失礼、いや、小売業の方はほんとに冗談じゃすまないでしょう。

あの「人生相談」はあとにも書いてあるように、
フェイクである可能性も高いけど、
逆に本物だった場合のことを考えて、
ああいう真正面からの物言いになりました。
それに他の人は「万引きは犯罪だ」
って怒ってましたしね。

まぁ刑事ドラマでよくあるじゃないすか。
僕は「カツ丼食べっか?」の、おいしい役をやっただけです。

しかし、
>>まあ世の中にはこういう立場の人間もいるということで。強制はできませんが。
って、魁さんて強持てのお名前にしては、気の弱い。
万引きは、そりゃいかんです。
正直にいえば、僕が万引きしたのは小学生のときね。
それも1回か、そこら。
僕も気が弱いもんで。



525 :ああっ名無しさまっ:2000/11/08(水) 11:56
夏目さん、すごい書き込み量だけど、立つ鳥跡を濁さずなんだろうか。

エロ漫画夜話は難しいとしても、そろそろ山本直樹をとりあげて欲しい。
あと、ギャグ漫画夜話とか。

526 :ああっ名無しさまっ:2000/11/08(水) 15:46
夏目さん、前言ってた12月に出るとかいう新刊の正確な発売日とかタイトルとか教えてくださいな。
と宣伝の手伝いをしてみる。


527 :夏目房之介:2000/11/09(木) 00:17
>>526さん。ありがっとぉぉおお!(涙)。
東京新聞連載のコラム「これから」の夏までの分
(2ちゃんについての記事含む)
を倍ぐらい加筆して講談社から12月初旬
(まだ講談社が教えてくんない)
1200円で、版型小B6(新書より少し大きい)
で発売予定。もうすぐ再校がでる。
よろしく!

528 :夏目房之介:2000/11/09(木) 00:41
あ、タイトルは「これから」だからね。
それから、ドイツから帰ったとき、
ギルドの奴らを掃除しといたっていってくれた
海賊さん。けっこう、受けました。
昔、大好きだったもんで。

529 :ああっ名無しさまっ:2000/11/09(木) 00:50
2ちゃんねるにおける夏目さんの出没条件

1 仕事がなくてヒマなとき
2 気が向いたとき
3 書き込みが適度にされているとき
  (なるべく、少ないほうが好ましい)
4 おもしろそうな話題があったとき
5 自分に対して痛烈または名指しのレスがあったとき
  (なるべく対応したほうが良さそうだと判断された場合に限る)

という風に見ましたが、どうでござんしょね。

530 :夏目房之介:2000/11/09(木) 00:55
気になってたのは、以前四方田さんをひきあいに出して、
記号論的なマンガ研究をどう思うか、という質問が研究者の方からありました。
そのとき、僕はどうもうまく答えられてない気がしてました。
むろん、今は記号論であれ、何であれ、様々な側面からの研究が必要です。
いろんな人がいろんなところから研究をしてくれれば、
それだけみんな勉強になるはずです。

ただ、僕がいいたかったのは、
たとえば「構造分析」と称してマンガの話の構造を解こうとする場合、
マンガの構造においてコマの構成を抜きにしては
構造分析にならんだろうって視点を強調したかったんです。
もともと言語論からきた構造分析は
マンガに当てはめればマンガの言語・文法、
つまり絵とコマと言葉の関連構造を考えないと
できなはずなんだと思います。
このへんが欧米思潮受け売りアカデミズムの限界だろうと、
僕は思っているので。

531 :夏目房之介:2000/11/09(木) 01:05
>>529 そのとおりでござんすね。
予測してみますか?
それはともかく、
今週中はとりあえず質問解禁にしておきます。
ただ、全部答えられるとは限りません。
例によって君もしくは君の質問が
無視され、あるいは重複しても、
当方は一切関与しないので、
そのつもりで。
なお、この書き込みは
今月中に自主的に消滅する。
(タ・ン、タンタンタッ、タンッタンタッタ=音楽)

532 :ああっ名無しさまっ:2000/11/09(木) 01:15
>>530
乱入失礼します。手厳しい見解ですね。
最近ようやく、「手塚治虫はどこにいる」を拝読しました。
前書きに書かれた「蛮勇を奮う」という言葉。
夏目さんが手塚さんに持っている愛情と敬意と、自分がそう思っている人の作品
を解体することに対しての畏れと、それでもやらねばならんというぎりぎりの
感情とが、ごちゃまぜになって吹きつけてきたような気がしました。

この本では、漫画批評という分野において初めて、あらゆる作品に共通する
ものさし(コマとフキダシ)の定義付けがされている、と思いました。
夏目さんの言葉でいえば、手術用の「メス」です。
それはまた、漫画という表現に共通する定義でもあると思います。

上手く言えないけど、これでようやくどんなジャンルやどんなテーマを持った
漫画でも、同じ土俵で闘わせることができるような気がしました。
あんまり、夏目さんのあとを追いかける人はいないようで、相変わらず漫画に
関しては、感想文のようなものが多く、ある方法論を提示しようとしている
人は少ないようにも感じますが。勉強が足りないだけかもしれません。

533 :ああっ名無しさまっ:2000/11/09(木) 01:18
>>531
そんなノリノリだと、こっちも本気で削除依頼出しちゃいますよ?(笑)
いや、実際には出しませんけど。。。

「講座」で野放しにされた時の夏目さんを思い出すなぁ。

534 :ハーイ、先生質問でーす:2000/11/09(木) 02:05
もしもー、マンガ学部で講義するならばー、何ていう講座を
担当しちゃいたいですか?
ちなみに、竹宮恵子先生は、というと「脚本論」でした。
マンガの歴史?マンガの力?比較文化論的マンガ学?
それともマンガ概論?・・←んなことだけは、ない気がしますが?

535 :ああっ名無しさまっ:2000/11/09(木) 02:22
夜話の延長戦あるいは番外編として、「マンガ大学」やらないかなあ。
校長(と書いて何かあった時の後始末役)に夏目さん。
講師はコワモテのいしかわ教授に、やたらしゃべりまくる岡田教授。
あと、なぜか競馬専攻の大月教授。
事務のおねーさんとしてアシスタントさん。
後は、ノリのよい現役漫画家のみなさんを2・3人と、教授陣と仲のよい
講師(呉さんとか)の方々をお呼びして、3時間くらいの限定開講。

金八先生の課外授業の回みたいになって、おもしろそうだ〜。


536 :あ”:2000/11/09(木) 02:36
>>534

「マンガ的男根論」とか「マンガ女体論」だったりしたら、
おいら、テンプラして聴きに行くぞ!(笑い

537 :ああっ名無しさまっ:2000/11/09(木) 02:51
>535
いいねーそれ。んじゃ名物院生として、みうらじゅんさんで!
万年学生として、みなもとたろう先生に一番後で居眠りしてもらお。


538 :ああっ名無しさまっ:2000/11/09(木) 03:07
>>511 絵→写真→連続写真→映画という画像→映像の変化、
近代における文と絵=小説と絵画の分離(宮本大人氏仮説)

確かに、映画の始まりは、連続する画像の面白さにあったみたいですね。
1890年代の映像作家で、フランスのジョルジュ・メリエスという人が
いるのですが、この人は破天荒なフィルムを得意としていました。
元手品師という経歴を持つメリエスは、ある日、公園で撮影をしていたのですが
撮影中、急にカメラが故障しちゃったんです。
そこで、撮影を中断し、修理して、もう一回カメラをまわしたんです。
そしたら、中断前の映像が、再開した時の映像とくっついちゃって、馬車が
霊柩車に、男が女に、とまるで突然変異を起こしたような、不思議なフィルム
ができたんです。
これは、記録の正確さを求めるならば、失敗作です。
だけど、メリエスはこの魔可不思議な映像にはまっちゃったんですね。
もともとそういう素質があったんだろうけど、その後この経験を生かした
「トリック撮影」(止めては撮る、ということを繰り返して、最終的に1本の
フィルムに仕上げる)を駆使して、幻想的な作品を作っています。
ある男の頭が伸び縮みする「ゴム頭の男」や、魔術師の魔法で、小さいびんに
女の子が閉じこめられる「悪魔のトリック」(フィルムに直接着色しているの
で画面が赤っぽい)など、変化の面白さを追求し続けています。
単純明快で、わかりやすく、映画の初期にすでにこのようなフィルムがあった
のか、と驚かされます。テレビの特集で見た、手塚さんのアニメ「ジャンピン
グ」に通じるような、動かすことの楽しさがストレートに表現されています。

そういえば、映画の初期って、音楽やセリフを収録・再現する技術が映像に
追いついていなかったから、映像とセリフが、別々の画面に、交互に映される
んですよね。このへんが、フキダシとセリフの関係性に、何か関係があるのか
なあ。つか、長くてごめん>all

539 :夏目房之介:2000/11/09(木) 11:00
532さん、ありがとうございます。

>>534 名前:ハーイ、先生質問でーす
たぶん、適当になんでもできる題を考えて、
直前に考えるんじゃないかな。
講演はいつもそうだから。
締め切りが遠いと考えない。

>>535
俺、銅像になって水かけられるの?
(ハナ肇)

>>538
>>映像とセリフが、別々の画面に、交互に映されるんですよね。
このへんが、フキダシとセリフの関係性に、何か関係があるのか

それは絵物語など、ナレーションと絵が交互にくる印刷物のほうが先じゃないかな。
セリフの分離は舞台脚本であったろうし・・・・
ところで、メリエスの段階からモンタージュ論で映画を飛躍させた
エイゼンシュタインは俳句からインスパイアされて考えたって知ってた?
竹熊さんから教わったんだけど。


540 :ああっ名無しさまっ:2000/11/09(木) 15:57
思いつきですまん。
漫画の評論などをされる方も増えてきている気がするんだけど
各々の活動をまとめて知ることができるような“場”を創っては
もらえんでしょうかねぇ。(まだないよね?)
一読者としてはバラバラにみなさんの活動までは追いかけづらいんだけど。
「オレこんなの書いたのでよろしく」みたいな情報が列記されてるだけの
ホームページでもいいんだけれどなぁ。
(あとそこに漫画評論用語辞典でもあれば完璧なんだけど)
漫画夜話のサイトあたりを拡張してはもらえんのでしょうか?

541 :うそ:2000/11/09(木) 17:10
>541
あと、漫画技術用語辞典的なものも欲しいです。

それともどなたかすでに体系的網羅的なものは出していらっしゃるのでしょうか。

542 :優馬:2000/11/09(木) 17:26
>>541@`540

>漫画評論用語辞典でもあれば完璧

同感。ただ、「マンガ評論」の用語そのものがまだ開発途上にあるというのが現状
では?
夏目さんのお仕事あたりがそのへんを切り開いていると思うのですが、ほんと、誰
か学問的な頭の方が体系的に整理してくださらないかしらん。
夏目さんの本は、どんなに堅くてもエンターテインメントの要素(というか「マンガ
好き」の香り、みたいなモノ)が入っていて、すごく好きなんですが、まだ体系化は
されていない。
「マンガ学部」が真っ先に取り組むべき仕事は、そのあたりだと思うのですが。
マンガ評論の分析と体系化。間違いなく正真正銘の「学問」です。


543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 18:31
>メリエスの段階からモンタージュ論で映画を飛躍させた
>エイゼンシュタインは俳句からインスパイアされて考えたって

へー、実は自然科学者にして俳人(つーか、夏目さんのご祖父のまな弟子
ですな)の寺田寅彦は、その事実を知らなかったんでしょうがやはり当時
の映画を見て、モンタージュと俳句(連歌)の共通性に気付いて指摘して
いるんdねすよ。
私は中野翠さん(名エッセイストにして呉智英の同級生(笑))の文章で
知ったんですが。

http://www.aozora.gr.jp/cards/htmlban/Eigajidai.html

有益なヒントはたとえば俳諧連句の研究によっても得られる。連句における天然と人事との複雑に入り乱れたシーンからシーンへの推移の間に、われわれはそれらのシーンの底に流れるある力強い運動を感じる。たとえば「猿蓑《さるみの》」[*注8]の一巻をとって読んでみても……(続く)



544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 18:33
鳶の羽も刷《かいつくろ》いぬはつしぐれ
  一ふき風の木の葉しずまる
 股引の朝からぬるる川こえて
  たぬきをおどす篠張の弓

のような各場面から始まって

 うき人を枳殻籬《きこくがき》よりくぐらせん
  今や別れの刀さし出す
 せわしげに櫛で頭《かしら》をかきちらし
  おもい切ったる死にぐるい見よ

の次に去来の傑作

 青天に有明月の朝ぼらけ

が来る。ここに来ると自分はどういうものかきっと、ドストエフスキーの「イディオット」[*注9]の死刑場へ引かれる途上の光景を思い出すのである。こ

(中略)
しかし、話の筋が通らなくては物足りないという観客が多数にあるかもしれない。それならばかつて漱石虚子によって試みられた「俳体詩」のようなものを作れば作れなくはない。
 ほんとうを言えば映画では筋は少しも重要なものでない。人々が見ているものは実は筋ではなくしてシーンであり、あるいはむしろシーンからシーンへの推移の呼吸である。この事を多くの観客は自覚しないで、そうしてただつまらない話のつながりをたどることの興味に浸っているように思っているのではあるまいか。アメリカ喜劇のナンセンスが大衆に受ける一つの理由は、つまりここにあるのではないか、有名な小説や劇を仕組んだものが案外に失敗しがちな理由も一つはここにあるのではないかという気がする。
 連句には普通の言葉で言い現わせるような筋は通っていないが、音楽的にちゃんと筋道が通っており、三十六句は渾然たる楽章を成している。そういう意味での筋の通った連句的な映画を見せてくれる人はないものかと思うのである。
 パラマウント・ニュースのようなものの組み合わせは場合によっては、偶然ではあるが、前述の連句的の効果を持ちうる。近ごろ朝日グラフで、街頭のスケッチを組み合わせたページが出るが、ああいうものを巧みに取り合わせて「連句」にすることもできる。


545 :夏目房之介:2000/11/09(木) 19:04
>>540 「オレこんなの書いたのでよろしく」みたいな情報が列記されてるだけの
ホームページでもいいんだけれどなぁ

そりゃ、僕だってほしいわな。マンガ情報のサイトはできつつあるが、
マンガ論のはなさそうだなぁ。ほしいよねえ。

>>542 優馬さん。
>漫画評論用語辞典でもあれば完璧
同感。ただ、「マンガ評論」の用語そのものがまだ開発途上にあるというのが現状
では?

同感の同感。固有の用語は僕と仲間がつくった「マンガの読み方」の
間白、形喩、漫符くらいで、あとは業界現場の技術用語。
「キャラ立ち」や「ネーム」の類。ガリとかおあいそなどの隠語に近い。
あと慣習的な用語として「24年組」「ニューウェーブ」とか。
批評用語はそれなりに概念規定が必要だけど、
業界用語や慣習的用語は曖昧なので、
区別が必要ですね。
「24年組」については、

ヤマダトモコさんが使い方に注意したいとの趣旨の
論文「まんが用語<24年組>は誰を指すのか?」
(C・M-BOX 98年8月号)
で詳細に書いてます。


546 :夏目房之介:2000/11/09(木) 19:17
再び>>542 優馬さん。
「体系化」については、批評史というよりマンガについての言説史として
瓜生吉則氏がやりつつある(データ既出)。
マンガ論全体の体系化は、表現論、歴史、商品・市場流通論、
読者論まで含めると、まだ途にもついていないが、
いずれは試みられるでしょうね。
ただ、僕自身表現論の「体系化」を試みようと思ったとき、
たとえばヘーゲルみたいに完全に閉じてつくりたくなかったし、
それは駄目なんじゃないかって直感的に思った。
そうすると、今現在進んでいるマンガの変容に追いつかない。
文法って概念も、じつは日々変容する言葉に
一応の網をかけるだけで、フィードバックや
パラダイム変換が必要になる。
いい加減なとこで隙きだらけでやったほうが、
あとあと利用価値があるような気がする。
って、それしかできなかったんだけどさ。

547 :夏目房之介:2000/11/09(木) 21:13
古い話とお思いでしょうが、
>>Vol.2 16 htさんへ。
どうも気になって溯って読んでみました。
「動線を中心に「運動の線表現」というテーマに絞って{略}
(1コマで)運動する対象をいかに表現しるのか、という論文を制作中です。」
というhtさんの、質問の中心課題について、
「マンガの読み方」参照という以外、僕はまるで答えてませんね。
しかし、「読み方」では運動と動線そのものについて、
ちゃんと書いてあるわけではなかったですね。
申し訳ありませんでした。
なんか、その頃気になっていたことがあって、
ついヘンなほうに筆が走っちゃったんだと思います。
少し長めになりますし、htさんがまだおられるかどうか
わかりませんが、次の書き込みで少し書かせていただきます。

548 :湯宿:2000/11/09(木) 21:14
「私のヰタ・セクスアリス」という本に夏目さんの初オナニー&初Hの体験談が・・・
嘘じゃないすよ、ねえ夏目さん。その・・・ビンに・・・(自主規制)
ちなみに漫画家では、赤塚不二夫、杉作J太郎、佐藤まさあき、バロン吉元、さかもと未明
も答えてた。あと唐澤俊一も。

549 :湯宿:2000/11/09(木) 21:16
・・・て、あげちゃいかんかった?ゴメソ

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 21:19
たしかにここ数年で多少市場が大きくなった漫画評論本。
(紀伊国屋に行くと毎月のように新刊でてるもんね)

どこの本でどんなテーマが取り上げられているか、どんな
人がどう論じているか−−−こういうのをインデックス化
する作業が必要だな。
だれかHPでやらないか(他力本願)

551 :夏目房之介:2000/11/09(木) 21:26
過去の答えとコメント その7−1

動線表現は、おそらく直接起源を溯れば、
19世紀のカリカチュアにもあるでしょうし、
どこかで触れたと記憶しますが、
日本の12世紀の絵巻物にすでにあります。
ただ、絵画、一枚絵の成熟とともに
動きの記号表現はプロポーションや
他の対象の描写(風にゆれる樹木とか)に
いわば喩えられていくように思います。

逆にいうと、これがナゼだったかを推測できれば、
動きの動線表現のレベルが考えられるのではないでしょうか。
レベルというのは、形喩(定義は「読み方」参照)の
他の記号表現と比較した記号の特性のようなものですが。

552 :夏目房之介:2000/11/09(木) 21:34
過去の答えとコメント その7−2

個人的見解ですが、
ここには一枚絵や文章というジャンルの確立に伴う
絵と言葉の意味性の分離という歴史的前提があったんじゃないかと。
つまり動きそのものを直接表現する記号表現は、
絵としてはあまりに言葉の意味性が強くありすぎた。
いわば画像の純化された鑑賞性を損なうから。
ここまでが、前近代史的な、動線記号の概念についてです。




553 :夏目房之介:2000/11/09(木) 21:57
過去の答えとコメント その7−3

とはいえ、以上は相当乱暴で実証性のないたんなる当て推量です。
けれど、理論的にのみいえば、動線表現が汗、光、煙など
物理的対象の画像化を抽象的な比喩にする形喩、記号表現とは異なり、
純粋に抽象的な「動き」の表象である、ということはいえるはずです。
それは、たとえていえば抽象動詞「いる」が
落ちて「いる」、話して「いる」というように、
具体的な動詞について状態をあらわす働きみたいなものかもしれません。
(参考 三浦つとむ「日本語はどういう言語か」講談社学術文庫154p〜)


554 :夏目房之介:2000/11/09(木) 22:11
過去の答えとコメント その7−4

ところで、戦前の米国アニメなんかには、
たとえば気づきの線分がアタマから発して消えていくような
「運動?の線表現」がありましたし、
足を猛烈に回して走るとプロペラのように線分の重複で表現されました。
これらはディズニーの3D的リアル化の中で消えていきますが、
じつは手塚はこれを盛んに使って戦後マンガの表現域を広げていきます。
赤本3部作の頃の手塚は、異常なほど使っている気がします。
大枠でいえば、物語の構成(並列的ではない、構築的時間の導入)
に必要な「時間」の要素を絵の中にできるだけブチこんだ、
そういう事態ではないでしょうか。
むろん、それ以前から動線は漫画に使われていて、
理論的には絵物語の文の「時間性」を絵に組み入れる工夫と考えられる、
というのが私の雑な仮説でした(「読み方」「仮説・コマの発達史」参照)。
手塚はコマをさらに複雑に構成して、重層した時間をつくろうとしたので、
いきおい動線を多用したわけです。
同じことが60年代から70年代にかけて「劇画」によって、
さらに過剰になされました。

555 :母を訪ねて529:2000/11/09(木) 22:27
>>531
じゃあ、夏目さん出没トトカルチョでもやりますか。

今までの書き込みのようすから、その際の夏目さんの心理状況にさかのぼって
みた結果にすぎないんですが。あんがい、図星だったようですね。(ニヤリ)


556 :538です。:2000/11/09(木) 22:52
>>539
エイゼンシュタインは俳句からインスパイアされて考えたって知ってた?

知らなかったです!!(\゜ε゜/)ビックリ
つまり、小林一茶が、乳母車や石のライオンに化けたってわけですか?
日本の文化もなかなか捨てたモンじゃあないですねえ。
字幕(セリフ)と画像(ストーリー)の関係については、「手塚どこ」で
夏目さんが指摘されていた、コマを一種の単位と見なすことで生まれる遊び
(コマとコマの間を柱に見立てたり、変形させたりする)と同じ経過があった
のではないかと思ったんです。
コマの間に生じるすき間をコマと同格の存在として扱うことで、コマが単なる
枠という役目を越えて、生き物のように変化を起こしたように、初めは映画の
セリフとストーリーは、音声再生の手だてがない、という物理的な理由で分離
させられていたはずだったのが、それが方法として定着したことで、セリフと
ストーリーを個別の物として認識することにつながったのではないか。
字幕の背後が映像と違うことを観客に知らせるために、字幕の背後はたいてい
黒い画面になっています。これを紙の上で表現するには、絵とセリフを一つの
画面上で、それぞれ個別のものとして、分離して描かなくてはならない。
つまり、字幕用の黒い背景と、フキダシは、画像や絵と違う次元のものを伝え
るための手段なのではないか、と。

たびたび長くてごめんなさい。
前のコメントで覚えたての映画論が嬉しくて長々書いてしまいましたが、やは
り夏目さんはちゃんと映画の歴史も追っかけてらしたんですね。
エイゼンシュタインの情報、おもしろかったです。ありがとうございました。

557 :古谷一行が出てきそうな雰囲気が・・・:2000/11/09(木) 22:56
>548
いや〜ん、せきらら〜☆
んな正直に答えなくてもいいのに〜
でもそこが夏目さんのよいところ〜

558 :夏目房之介:2000/11/09(木) 23:43
アハハハ。
みんな僕の出没状況なんか把握しないでよ。
ますます、2chに来づらくなるじゃないか。

さて、手塚氏のコマ割についてだけど、
日本独特の「マンガ」という文化を生成させたのは、
手塚氏のコマ割、すなわち一つ一つの独立の空間を結合させた、
一つの集合体としての世界を生み出したことが大きな起因となっているんだね。
コマの一つ一つがある宇宙であると捕らえるのも、また見方もひろがるね。

559 :ああっ名無しさまっ:2000/11/10(金) 00:14
>>546 ただ、僕自身表現論の「体系化」を試みようと思ったとき、
   たとえばヘーゲルみたいに完全に閉じてつくりたくなかったし、
   それは駄目なんじゃないかって直感的に思った。

うん。そこが、夏目流漫画学のみそなんですよねえ。
夏目さんの評論のよさっていうのは、評論家夏目房之介の冷静な理性と、
漫画好き夏目房之介の感性が同居しているとこだと思うんです。
だから、もし夏目さんの後に、夏目さんの使った言葉を分析用語として使う人
がいたとしても、その言葉は彼ないし彼女の理解の上で使用されてしまうので、
もともとの漫画好きの感性が読みとったものからははずれてしまうおそれが出
てくる。また、夏目さんの言語を辞書みたいに収集し、解説してしまうと、
独特の直感によって読みとられた、感覚に訴える微妙なニュアンスが消えて
しまう可能性がある。標本箱に入れられたちょうちょみたいに。

感性と理性の同居については、音楽の世界にもピアニストでありながら、同時
にピアノ音楽の批評を行っていた人物が実在する(名前が出てこないんですが)
ので、夏目さんのやり方はそう変わったもんでもないし、対象にアプローチ
する回線が多いだけ、ただ批評活動を目的にしている人よりも、より広いもの
が書ける可能性がありますね。って、著作を見れば一目瞭然なんですが(笑)。


560 :夏目房之介:2000/11/10(金) 00:18
過去の答えとコメント その7−5

ただ、劇画の場合必ずしも物語高度化の要求だけで動線を多用したのではない。
むしろ意匠的、装飾的な側面も強くあって、これは時代的なもの、
付加価値的な要求だったような気がします。
のちに70年代以降の少女マンガなどが、この傾向を加速したように見えます。

というわけで、運動の記号表現については、
歴史的な問題、理論的な問題、マンガの実際の用法、
ざっとこんな観点がありうるのではないか、というところです。
長長と申し訳ない。
他の方、すいません。

561 :夏目房之介:2000/11/10(金) 00:32
>>556 名前:538です。
音声再生の手だてがない、という物理的な理由で分離
させられていたはずだったのが、それが方法として定着したことで、セリフと
ストーリーを個別の物として認識することにつながったのではないか。

この映画字幕→吹き出し成立論は、実証的には反証が多くて難しいかもしれません。
が、今世紀の大衆社会の映像・画像の受容感覚の変容というレベルで考えれば、
似たような相互影響はありうるんじゃないでしょうか。


562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 01:05
あげあ

563 :質問解禁ということで:2000/11/10(金) 01:08
ではでは。
夏目さんの誕生日っていつなんですか?
知人友人親戚関係に「夏目デー」として広めますので、
ちょこっと書いていただけるとうれしいかも。

564 :フィル:2000/11/10(金) 01:26
質問解禁になったようなので、夏目さんに質問です。
夏目さんはマンガ夜話「ベルセルク」の回の次の日に、「ベルセルク」という
作品は、馳星周さんの仰っていた『救いのない世界観』というものが、キーに
なる作品だった、反省している、というようなことを仰っていたのですが、
もし、その後に言葉を付け加えることが出来たとしたら、どのようなことが
仰りたかったのでしょうか。

あと、夏目さんは古谷実さんの「稲中卓球部」の回には、
出演なさっていなかったのですが、「稲中」とはいわず古谷実作品に対して
どのような印象を持っておられますか。個人的に古谷実作品に対しては、
夏目さんにとっての山上たつひこほどではないとしても、
非常に強い世代的な(といっていいと思えます)共感を覚えているので、
ぜひ、聞いてみたいです。

「ベルセルク」は私の趣味からいくと、ぱっと見はあまり面白くなさそうな作品
なのですが、読んでみたらコスモの燃え盛る非常に熱い良い作品でした。
マンガ夜話を見るたびに好きな作品が増えていくので、マンガ夜話はこれからも
ヴァラエティーにとんだラインナップを期待したいです。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 01:31
そういえば「手塚治虫は…」で夏目さんが指摘してたのに、手塚以前は

【1】
  (・_・ )     ●三  \(・∀・ )エーイ

【2】
 ギャッ!(*ロ* )☆●三         (^∀^ )キヒヒ

----------------------------------------
というよーに、コマの展開がかならず「時間の移動」だったのが、手塚以後

【1】
     \(・ロ・;)<ああっ、『殺し屋ジョー』だ! (・。・;)<エッ?

(【1】と【2】の時間は同じ、視点が切り替わっただけで)

【2】
  バーン(▼_▼メ)y-~~~

-------------------------------------------
となるという、この指摘が一番知的に興奮した。

566 :夏目房之介:2000/11/10(金) 01:33
さて、運動記号について長〜〜〜〜い書き込みをしましたが、
thさんに申し訳なかったという動機だけでなく、
自分の領分に近いものは、ある程度きちんと誤解なく書こうとすれば、
どうしてもこのくらい書いてしまう。
でも、それは僕が「有名人」で「実名」だから、
イレギュラーでもたまたま(一応表面は)許されてるってこってす。
他の人がやったら撃たれるだろうしね。
(むろん、僕は文章でお金もらってる芸くらいはある、ってのもあるけど)
実際は、ここでのやり取りの中で、
同様のことは沢山あったはずです。
でも、いくらナンデモ毎度それは無理なわけで、
そこがこの場所の議論の場としての限界なのだろうと思います。
ま、それも含めて試行錯誤、色々文体をこなしたり、
面白かったんですけどもね。
ありがたい、ありがたい、南無。

で、僕の誕生日なんか、どうすんだ?
ま、別に発表してないことじゃないからいいけどさ。
昭和25年、朝鮮戦争勃発の年の8月18日、獅子座のA型。

567 :夏目房之介:2000/11/10(金) 01:44
>>564 フィルさん。
すいません「ベルセルク」については、
今は何を考えてそういったかまではおぼえてないな。
ただ、あの回で僕は多分「ベルセルク」のかなり重要な部分を
取り逃がしてるって感じがしてたんですね。
そこへのキィワードだったなって思ったんだと思います。
「稲中」は、たしかに「世代的共感」をもちやすい作品です。
僕も面白かったけど、ああ、結構難しいとこだなぁ、
これからうまく切り抜けてくれればなぁ、と思ったようにおぼえてます。
僕の中では「マカロニ」などと共通する「青春物」の要素、
それも作者が作品とシンクロして同時進行してしまうようなそれが、
面白さで、アブなっかしくて、気を許すと困りもんの暗さが出てくる。
そんな感じを受けました。
最近は読んでないけど、大月さんは「面白い」っていってたな。


568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 01:44
寺田寅彦は「映画のモンタージュを、実際に俳句(連句)にできるか」
という実験として、パールバックの『大地』を連句化してたよね。

569 :夏目房之介:2000/11/10(金) 01:48
>>565 さん。
あははははは。
いい息抜きだなぁ。
ありがとう。

570 :夏目房之介:2000/11/10(金) 02:05
フル〜い質問の答え。
Vol.2 40 桜庭和志について。
あれは面白い。強いんだけど、
今までのコスモ燃やすタイプじゃなくて、
まるで普段同様に出てきて、
柔軟な頭で勝っちゃう。
ふつう、初手のにらみ合い見てて、大体睨み負けしてるほうが負けるんだけど、
彼だけはあさって見てて、勝つ。
あのヘンさは、注目に値する。

マンガに関係ない話題にふったとこで、
本日は寝る。
では、おやすみ。

571 :どわ:2000/11/10(金) 02:06
夏目さんへ質問です。
今後の執筆予定を教えてください。
その内書きたいなってのも、聞きたいです。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 02:24
>>478
多チャンネル化でそういう可能性もあるけど 、NHKは今、昔の番組を
大幅に閲覧可能にするセンターを構想中らしいっすよ。
(さいたま新都心だったか?)もっとも数年後の話ですが。

573 :フィル:2000/11/10(金) 02:27
夏目さん、ありがとうございました。
「稲中」のことを書いたのは、あの回のマンガ夜話は、いしかわさんでさえ「稲中」を
もてあましているようで、作品の確信にまったく迫れず、見ていてとてもストレスを
感じてしまったためです。
やはり、あの作品はマンガ表現としては、革新的なところはないし、
洗練されたものでもないので、感性が共有できなければ評価は難しいのかもしれませんね。
ただ、古谷実さんは「僕と一緒」、「グリーンヒル」と作品を重ねるごとに、
マンガ表現も手馴れてきて、「稲中」ではかいま見ることしかできなかった作者の
胸の内にうずまくものを、ずいぶんと洗練された形で提出することができるようになりました。

表現方法や線に対する表現に対する感性だけでなく、物語やギャグに対する感性も
世代によってギャップがあるのでしょうね。個人的に世代で人間を分けるのは
嫌いなのですけれども。どうしようもないものもあるのかもしれません。

574 :夏目房之介:2000/11/10(金) 03:00
寝そびれた。
>>571 どわさん。
今後の執筆予定

昨日書いたのがマガジンハウスの「東海林さだお不条理傑作選?」解説。
今日書いたのが二玄社PR誌「かく!」の「書の宇宙」叢書完結後エッセイ。
あ、「書の宇宙」最終巻「副島種臣」のもあったな。
あとBK1に1万円で新書文庫買ってエッセイ書くのと、あれこれあって、
立命館大国際言語文化研究所紀要「言語文化研究」2000年4月発売の
「特集・まんが研究」に長い論文を書くのが今月締め切り。
来年夏あたりに週刊朝日百科・世界の文学「マンガと文学」にも書く。監修も僕。
タイトル未定のマンガと世界のことを体験的に書く書き下ろしもやんなくちゃ。
講談社の「本」に単行本「これから」のことも書くんだった。
毎日新聞「シリーズ20世紀の記録」の89年の入る号で、
手塚さんのことを真崎守さんと対談してる。
あと12月の芸新別冊のエッセイと取材に、
NHKの「ガラスの地球を救え」ってラジオ番組の取り・・・・・

ああああああ、何だかわかんなくなっちゃった。

駄目だ、寝よう。


575 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 04:51
お休みフサフサ♪

576 :534:2000/11/10(金) 05:01
ハーイ、先生おやすみなさいです。レスありがとうございまーす。
お仕事色々。立命の言語文化って、面白そうな紀要出すんだー興味深いー。
ところで、近々バンコック、インド等に行くんですが、お薦め漫画ってありますか?
(かなりオバカな質問だと自分でも思いつつ、恥をしのんでカキコする)
どちらも漫画事情知らないので、漫画の存在すら「?」です。多分、インドは多言語だから、
どうしても漫画より、唄ダンスと表現豊かな映画が大衆に浸透してるんだろうなーてなこと
位しか、思いも付きません。インドって神様の絵は画一的だけど、あれをパロディにして
漫画にしてるヒトは、、、多分いないですよね。
(すみません、とりとめなくて、まだ、頭ぁ寝てますー)


577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 05:20
唐沢俊一がそのへんのマンガを紹介いてますが、まだ非常にレベルが低く、
そのぶん「味」というかヘンな面白さがあるとか。唐沢氏はそういう原初的な
魅力が必要だということで高く評価してるが、たしか夏目氏は「それは都会の
便利さを満喫してる文明人が、未開人を見て『本物の生活がここにある』と
感激するようなものでは」と疑問を呈した、という記憶が。

それからタイは、ドラえもん人気が完全に定着しているので、お好きなら
タイ語版のいろいろなドラ商品があるはず。

578 :ああっ名無しさまっ:2000/11/10(金) 10:24
こ〜ゆ〜事を夏目センセに聞くのもアレなんですが・・・、

「し〜う〜のあらまんちゅ」の元ネタってなんなんでしょ?

手塚氏の造語なんでしょうか???
2ch手塚スレでずっと話題にのぼりつつイマイチ真実が見えてきません。
う〜ん、気になる・・・。



579 :ああっ名無しさまっ:2000/11/10(金) 10:49
おもいつきふたたび。
漫画評論本のインデックス化、ネットの本屋に要望だしてみようかな?
情報を扱ってるっていうネットの特性が活かせるんじゃなかろうか。
と思ったのも実際の本屋だとこの手の本、探しにくい時がある。
(夏目さんの本も含めて。ごめんね)
本屋によってどの棚に分類してるかが定まってないからだと思うけど、
売り場の広さの限界もあって専用のコーナーも設けにくいだろうしなぁ。

580 :夏目房之介:2000/11/10(金) 10:52
>>576 534さん。
577さんのいう通り唐沢俊一「アジアン・コミック・パラダイス」
(KKベスト97年)でタイ中心に東アジアのマンガが紹介されたますが、
キッチュ好みで集めたか、ネタが古いか、だと思われる節があり、
僕が最近見たのではタイのマンガは、意外なことにおしゃれ系。
絵は格段にうまくなってるみたいです。
それを見た限りでは少女マンガ的手法を使ってました。
特徴は足の指が長いこと。サンダルで土踏んでる足ですね、あれ。
手元にDOJO CITY という会社の少年向けマンガ雑誌がありますが、
恐らく翻訳物中心ながら(クレジットが意味不明)
結構レベルは高く、可愛い女の子モデルを使った
おしゃれ情報満載の雑誌(暑さ1センチ)です。
アジアの状況は3年もたつとガラリと変わってしまうので、
タイはなかなか面白いかもしれません。

581 :夏目房之介:2000/11/10(金) 11:43
>>579漫画評論本のインデックス化、ネットの本屋に要望だしてみようかな?

それはいいアイデアかもしれない。
でも、僕の知り合いもやってるけど、
彼らは彼らで膨大な情報処理に手一杯だからなぁ。
それと雑誌、紀要、サイトにのる論文などまで入れると、
これは研究者のネットワークで知るしかない。
学会は興味ないけど、そういう情報センターのサイトは
あると便利だなぁ。


582 :579:2000/11/10(金) 19:33
要望出すぐらいは簡単なので出してみました、5社ぐらい。
間違ってだまされてくれんかなぁ(笑)
ISIZE、bk-1、くろねこなんか。どこがでかいのか分からない
あそこが抜けてるじゃないか、なんてあったら指摘してくれないでしょうか?<all

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 22:41
すまんが、下がり過ぎなので一旦上げるぞ

昔は「少女マンガの文法はやはり特殊過ぎて、外国の人が理解しにくい
ところがある。というか、”少年マンガ・少女マンガ”という区分が
日本だけ」といわれてましたが、やはり浸透してきましたか。

まあ、日本でもいかにも少女マンガ!(呉智英いうところの「ド少女漫画」)
というのは減ってきましたが。

584 :夏目房之介:2000/11/10(金) 23:56
>>583さん 昔は「少女マンガの文法はやはり特殊過ぎて、外国の人が理解しにくい
僕も昔そう思っていました。実際、昔の欧米コミックに、
ああした効果やコマ構成はなかったように思います。
個人的感想ではここ5年以内に欧米でも似たコマ構成を見る気がします。
ただ、それが本当に少女マンガの影響なのかどうかは不明です。
また、国内でも少女マンガ手法は80年代に普遍化してますから、
直接の影響が商業的に出るのは、韓国と台湾ぐらいかもしれません。
この2国ではむしろ少女マンガのほうが市場としても強いようです。
ただ少女マンガ系には特殊な影響力があって、
オタクレベルのマニア層でやおい的な波及をする、
いわばコアな影響は欧米、東アジアともに見られます。



585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 00:36
私は、とんがった(?)連中が、情報のないところで
もがいたり試行錯誤しながら文化ジャンルをつくってく、って話がなんか
すきなんですよね。SF黎明期の星新一や野田昌弘の回想録とか、
「モスクワ愚連隊」的東欧のロックバンドの話とか、辞書と首っ引きで
RPG「ウィザードリー」をやりこんだ初期ゲーマーとか、岡田斗司夫の
ゼネプロ話とか……タイや台湾のやおい少女も、ひょっとしたらそういう
黎明期の開拓者として悪戦苦闘しているのかも。

586 :夏目房之介:2000/11/11(土) 01:46
>>585さん。
いいね、いいね、そういうのね。
60年代末の劇画もそうだったし、
今、多分うざったく思う人もいるだろう
マンガ批評ってぇと出てくる団塊や僕らの世代の人も、
初期SFみたいな時期あったような気がする。
だから主張が違っても、けっこう仲いいんだよね。
今、外国でマンガ好きな人と会ってて楽しいのは、
そういう雰囲気もってるせいもあるのかもなぁ。

587 :夏目房之介:2000/11/11(土) 03:32
まぁ、そうは言いつつもなかなか劇画チックナマンガもいいらしいね。
ただし、あくまでマンガ批評は批評でしかない。
それが正しいとは思っては居ないし、そこから何か生み出すとも思わないな。

588 :夏目房之介:2000/11/11(土) 04:09
ところで、マンガ夜話のことだけど、今年一杯で私は降板することに決定しました。
別にお役御免とかそういうのではなく、私のやりたいことを追求するために自ら願いでたのです。
というわけで、皆さんありがとう。

589 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 04:50
なんか夏目さんって本人なのか疑問に思ってきた・・・

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 04:53
>588
ええウソでしょ?だって次回のうち合わせもしたって言ってたのに。
588がニセ夏目さんであることを願う。

591 :花と名無しさん:2000/11/11(土) 04:54
夏目さんが出なくなると寂しい。
ごくろうさま。

592 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 05:00
>589
そういうことは問わないお約束よ。
夏目さんはいちいちどれが本物でどれが騙りかなんて自分で指摘しないと思うし。

593 :576:2000/11/11(土) 06:35
先生、577さん、ほんとうにレスありがとうございます。
向こうの本屋さんに駆け込んで、ドラっちの漫画やら、
タイ版ジャンプとかりぼんとか 探すのって、メチャ楽しそうです。


594 ::2000/11/11(土) 10:03
588、、、信じれない。なんで?やりたいことって何?
大学教授の優雅な生活目指すのか?
女子大生に囲まれた生活も悪くないが。

595 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 10:17
少女漫画の文法って何? そんなに特殊? って思っていたら、なあんだ、
一条ゆかりから入ったから最初から違和感なく読めたのね。なんか、考えすぎて
損した気分。

596 :谷岡ヤスジ:2000/11/11(土) 11:09
>594 週刊朝日で「学問」復活させるんだったりしチ

597 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 11:16
またそうやって騒いでると本人が
「面白いから黙ってみてよう」
ってなっちゃうよ、ははは。

598 :>▽<:2000/11/11(土) 11:43
夏目さんは、「批評もまた独立した一つの創作である」(パラフレーズ)という立場を取っていますが、
「漫画を書くための教科書物」を書いてみようと思ったことはありませんか。
いや実際、夏目さんの著作をそういう風に活用している人もいると思うんですけど、
「読む楽しみ」から「書くコツ」への変化って、結構大変じゃないだろうか。
まあ、自分でその溝を埋められるくらいじゃないと、創作者として大成できそうにないですが。

599 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 12:01
>>598
お前いっぺん眼科逝ってこい
文章理解度も落ちてるから精神科にもな
夏目に漫画の教科書が作れるんなら安西にだって
いや326やキユにだって可能だ

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 12:18
>>586
唐沢俊一も志水一夫との対談「トンデモ創世記」で「いろいろ批判はあるかも
しれないが(90年代オタク文化は)僕たちが歩いた、その後に道ができた」と
自負していましたね。
夏目さんも、はじめおもしろエッセイに忍びこませるようにしてきた
漫画文法論や時代性の考察を、段々ねりあげて独立した内容にしていった
経緯を目にしていますからわかります。

しかし、ほんとに夏目さんが降板したら、ただの数じゃなくてキャラクター
のバランス(笑)が崩れるなあ。誰を代わりに入れろってのよ。



601 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 12:44
>>587
>>586
ただのアルビジョワだろ

602 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 12:49
588って偽物だと思ってますが。

いかに夏目さんがここに愛着とか親しみとか感じてたとしても
こういうことをこっそり明かすっていうのは
これまで、このスレの他の参加者との距離をうまい具合にコントロール
してきた2ちゃねらー夏目氏のキャラクターとは合わない行動に思えます。

まあ、真偽はどっちでもいいんですけどね。

603 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 12:53
間違い。アルビジョワは>>588だった

604 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 13:03
>>602
ていうか、こんなインサイダー情報を勝手に公開するのは
情報発信元である放送局に対する守秘義務違反だよ。
夏目さんがNHKに愛想尽かしてもう手を切りたいんなら
別だけど…

605 :>601:2000/11/11(土) 15:46
ワシも>>587はダウト!だってマンガ批評が「何も生み出さない」なんでフサフサが
言うはずないじゃん。
>>586の書き込み(本物)にうまくシンクロさせたガセと見た。ふむ、タイミング
といい、文体といい、なかなか研究しておるではないか。
しかし>>588で馬脚が丸見え。だって「今年いっぱいで降板」と言ったら次回はもう出ない
ってことじゃん。それは、ない。
>>521
>そういう話は次回の打ち合わせでそろそろ出るんだけど、
とご本人が言っている。
それに604が言うように、この業界で長く食ってきたフサフサが、放送局を無意味に
怒らせるようなことするはずがない。
しかし、なかなか文体模写うまいぞ。でもイタズラはやめれ。
どうせならフサフサより面白いこと言って、大先生に「参った」と言わせてみれ。
そしたら尊敬したるぞ。

606 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 15:51
制止しても本物・偽者は盛り上がっちゃうねえ。
夏目氏が2ちゃんと完全に決別するかは知らないが、去るときには
こういうのが起きないよう何らかの形で釘をさしといて欲しいなあ。

騒いでる我々がダメダメなだけなんだけど、ね。

607 :夏目房之介:2000/11/11(土) 17:37
いやぁ、この件については最後の最後に書くのを楽しみにしてたのになぁ。
ついに現れたね〜。今まで僕本人以外の偽者って、
たしかこの場所では2〜3件しかなくって、
歴然と僕が書きそうにない罵倒が入ってたんだけど、
なんで文体模写がでないのかなぁと思ってたんだよね。
でも、やっぱりここの方々は凄いわ。
感心します。
とくに、
>>605>601さん。
お見事です。分析も推理も、ほぼ間違いない。

>>この業界で長く食ってきたフサフサが、放送局を無意味に
怒らせるようなことするはずがない

このへんの読みが泣かせる。
ただ、586は僕自身なんだよなぁ。
惜しかった。
つまり偽ふさふさも、なかなかうまいタイミングだったってことですね。
これがなければホームズ君だったんだけどな。
でも、信頼度は百%ですよ、ワトスン君。

というわけで僕は夜話今止められるほど儲かっていないので、
やめることは当分ありません。

という僕自身の証明はっていうと、これが難しい。
来週火曜日、11月14日東京新聞「これから」は
「ドイツ料理と異文化」の話。
一部の人しか確認できんなぁ。



608 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 17:39
たいていのひとは「ほかっとけ」って思ってるのだろうけども。
589や594みたいに純真なあわてんぼちゃんがいるとね、
ついついなんか言いたくなってしまうのでしょう。

ちなみに私は602。我ながら言わずもがなのこと書いてると思います。

609 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 17:44
あらら、書いてたらなんとご本人…。
変な発言はさんじゃってすいません
(と、またイランこと言ってみる)

610 :夏目房之介:2000/11/11(土) 17:54
>>598>▽<さん。
>「漫画を書くための教科書物」を書いてみようと思ったことはありませんか。

そういう話はありました。
僕なりのものができるかな、とは思いましたが、
実践的にいうといしかわさんとか山本貴士さんなんかのほうが、と思います。
でも、基本的にはあまり積極的にやりたいとは思いません。なぜかっつうと、
おっしゃる通り大変だから。でも、

>「読む楽しみ」から「書くコツ」への変化

が大変なんじゃなくて、僕の分析は基本的にしくみを理解するためのもので、
技法論、実践理論じゃないからです。これを組み替えるのは、けっこう大変です。
でも、ハリウッドの基礎理論みたいなものをやってくれって大金積まれたら、
喜んでやりますけどね。

>その溝を埋められるくらいじゃないと、創作者として大成できそうにない

これは違うと思うな。狭義の「創作者」がいい教師、理論家であることは非常に少ないです。
むしろ、人に教えるのがうまいのは、相撲やスポーツでそうなように、
天才的な資質に恵まれなかった、どっちかってえと「大成」しなかった人、
っていうのが僕の意見です。
僕は昔から「落ちこぼれ」だったので、秀才が見逃すようなとこはわかる、
少なくともそういう視点をもってるのが強みだと思ってます。



611 :夏目房之介:2000/11/11(土) 17:59
>>608 609 の602さん。
あなたの書き込みも見事でした。
全然「いわずもがな」じゃありませんよ、感謝します。
夜話降板なんて噂がネットにとびかったら、
迷惑する人は出るでしょうからね。

612 :あわてんぼ594さん:2000/11/11(土) 22:12
好きだわーこのスレ。ちゃんとご本人のフォロー入るし
常連さんは落ち着いてるし。あわててごめんにょ

613 :ガセで良かったね降板宣言:2000/11/11(土) 22:20
実は、ショックでレスできずにいたのが半分と。
夏目さんがやめたら、いしかわさんと岡田さんのどつき漫才に
なっちゃうじゃないか!!と、つっこみそこねたのが残念なのが半分。


614 :割り込み失礼:2000/11/11(土) 22:40
文学板の文体模写スレッドです。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=book&key=963421916
漱石にスッゴク笑ったので紹介しておきます。


615 :割り込み失礼:2000/11/11(土) 22:43
文学板の文体模写スレッドです。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=book&key=963421916
漱石にスッゴク笑ったので紹介しておきます。


616 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 22:49
>>710
個人的に、教師は大学行って人より多く学問をしたから、すばらしい教師に
なれるはずだって理念のもとにある今の状況は嫌いなんで、

>狭義の「創作者」がいい教師、理論家であることは非常に少ないです。

ってところには諸手をあげて賛成です。
批評家への殺し文句は「そこまで言うならお前がやってみろ」だそうですが、
言って見れば、批評家はその視点や理論の鋭さで評価されるべきで、そうじゃ
なかったら勝負になりっこないんですよね。
だいたい、描くことに優れている人は、自分の方法を言語化して、他人に
分かるように説明するのが不得手な人が多い。
どうしてかって言うと、彼らは描くことにエネルギーを燃やすことに一生懸命
で、それを客観的に整理するのには、時間も手間もぜんぜん足りない。
これは、漫画家というよりは、音楽家を見ていて気が付いたことなんですが、
実作者の持っている性質、という点では、共通することも多いかと思います。

描くのが好きなやつは描けばいいし、読むのが好きなやつも、分析するのが
好きなやつも、みな平等に好きなことをやればいいんじゃないかと、思うん
ですが。

617 :夏目房之介:2000/11/11(土) 23:16
>>616 名前:ああっ名無しさまっ さん。

>>描くのが好きなやつは描けばいいし、読むのが好きなやつも、分析するのが
好きなやつも、みな平等に好きなことをやればいい

おっしゃる通りですね。ただ、かつてそのへんが混乱したのは文芸批評でも
そうだったようです。批評や理論のほうも、そのへん「こうすればいいだろ」
とか「こうすべきなのに」という言い方をしがちなんですね。
分野としては市場論、社会学などには、そういう役割もあるんでしょうが。

>>彼らは描くことにエネルギーを燃やすことに一生懸命
で、それを客観的に整理するのには、時間も手間もぜんぜん足りない。

これは多分そういう物理時間的な問題じゃなくて、資質的な脳の使い方の
問題じゃないかと思います。言語脳の勝ってる人、
しくみや働き(構造と機能)を実践として動かす脳の働きと、
それを俯瞰的に理解する働きがかなり違うんです。
当たってる比喩かどうかはともかく、右脳左脳論のいうところに
近い違いじゃないかと思います。


618 :ああっ名無しさまっ:2000/11/11(土) 23:19
>>610 僕の分析は基本的にしくみを理解するためのもので

んにゃ(川原泉風)。これだけで、教科書一冊できますよ。
文学の世界における、「注釈本」をお忘れではないですか。本文とは別の
スペースがあって、用語の解説とか、現代語訳とかが書いてあるという。
すでに「手塚治虫はどこにいる」などで、夏目さんは途中に模写やコミックス
の絵を挟む、ということをしてらっしゃいますが、主と従を、逆にするんです。
あくまで主役を漫画にして、夏目さんの視点を従卒にする。
そうすると、読者としては、実際と理論が両方、同時に目にできるわけで、
こういう本がもしできたなら、なんらかのテキストとしては、じゅうぶん耐え
うると思います。
教科書なんて、たたき台なんだから、どんなもんだっていいんですよ。

上に書いた形式のテキストの例としては、立原道造っていう詩人の、詩集と
用語解説の本が、「立原道造詩集」という題で、明治書院から出てます。
これは、もともと、研究書の一つなんですけど、解説がいいんです。
立原の詩は、抽象的な言葉の羅列と独特の様式美で、わかりにくいんですが、
作者の創作時の心理状態や、用語の意味を精密に追っかけた解説のおかげで、
詩をより読み込むことができるようになってます。

畑違いもはなはだしいんですが、個人的には読み物としても面白かったので、
一応、オススメしておきますです。

619 :どわ:2000/11/12(日) 00:33
偽夏目さんのカキコには、すっかりだまされた。でもよく見てる人は見てるんだなぁ。

>>618
夏目の目を本にした感じになるんだろうか?
だったら面白そうですね。マンガ家さんの許可を取るのが難しそうですが。

620 :魁!名無しさん:2000/11/12(日) 03:07
>>619のどわさん

>マンガ家さんの許可を取るのが難しそうですが。
引用には、著作者の許可はいりません。
出所さえ(著者名、タイトル、出版社名、等々)正確に表記すれば、無許可で使ってイイ。
っていうか、引用はそもそも無許可でやるものだし。

ただ、書評とか批評でも、「単行本の表紙」は無許可で使っちゃダメなんだって。
最近知って驚いた。まぁ、どこでもやってるから黙認、ってのが当たり前になってるけどね。
ダヴィンチとか大変だよな、禁止されたら(笑)
なんでも、批評する作品と、その単行本の表紙には因果関係が無いからだって。
たしかに、表紙ひっぺがしても本は読めるけどねぇ。
著作権は難しい。うん。

621 :605です:2000/11/12(日) 03:49
ふさセンセ〜、わし、ちゃんと「586(本物)」って書いてますってば。
でも、見事に片づけてくださり、ありがとうございます。
いらんこと言ったかな、と思いつつ「風評被害」が出たら、マジ、イヤだったので・・。
それに今回のニセモノ君、結構頭ぁ使ってくれてるんで、あまりみっともないことに
はならないんじゃないかと思いまして。

>11月14日東京新聞「これから」は 「ドイツ料理と異文化」の話。

おっ「秘密の暴露」でヤスな。これで供述調書に証拠能力あり!と認定。

622 :優馬:2000/11/12(日) 03:53
実作・創作指導・批評
ひとつの創作活動について、これら三つが全部成り立ちますよね。
野球を例にすれば、
[実作]実際のプレイ
[創作指導]コーチング、実技指導書
[批評]野球評論
ということになる。
打者として天才のイチローがコーチをして上手かと言えば、大いに「?」
ですし、評論を書いて面白いものができるとはとても思えない。もっとも、
我がプロ野球界には「選手として一流でないと指導者として認められない」という
伝統がまだあって、斯界の前近代的香りの源泉となっておるようですが(笑)。
米国では「プレイヤー」と「コーチングスタッフ」ははっきり別の才能と理解
されています。ゴルフのツアープロを教えるレッスンプロがいて、グレッグ・
ノーマン級のプロ達が自分のスイングをチェックしてもらったりしています。
コーチングのための実技指導書は、もちろん理論的に書かれていますが、具体
的なプレイについて論評をすることは普通、ない。
評論というのは、「江夏豊の18球(だったっけ?何球だったか正確に覚えて
ない・・)」みたいに、ただ普通に見ていては気づくことのない構造(<この
場合は投手−打者−ベンチの心理の綾)を明らかにし、知的な興奮を喚起して
「より野球を面白くする」ものだと思います。
 そういう意味で、夏目さんのマンガ評論は「よりマンガを面白く読む」という
点で優れているので好きです。「評論」という分野の創作物としてナイス!
しかし評論を読んでもマンガは上手にならない。「江夏豊の18球」を見て興奮
した私が、さっぱり野球は上手にならないように。「評論」って「見巧者」を育
てるものですよね。そういう意味で、あくまで「読者」というカテゴリの中の創
作活動ということになるんじゃないでしょうか。

623 :ああっ名無しさまっ:2000/11/12(日) 04:48
覚えてる中からいうと(つってもうろ覚えだが)、夜話の『タッチ』の『夏目の目』で、
「それまでのコマ運びでだんだん狭くしていってバッと告白するコマを大きく描くことで
 ある種のダイナミズムが得られるので達也が南に告白するシーンで感動する」
みたいなことを言っていて(相当いい加減な記憶だけどね)、
これは構造でありそれと同時に技法でもあると思うのですが。
『江夏の21球』も「構造を指摘する評論」かもしれませんが、野球の教科書には
なり得ない。それには「どうすればホームランが打てるか」は書いてないから。
でも『夏目房之助の漫画学』は>>618さんが言うように教科書になりうるのでは?
「こういう構造こそが読者のこういった感情を引き出す」ってことで。

いや、漫画描いたことないからわからんけどね・・・
でも夜話でよく言う「構成力がある」ってのはそういうことでないの?
ところでver.1と3dat行き?どっちも保存してないんだけど・・・

624 :黒雀:2000/11/12(日) 11:22
絵を描くのが好きな人が始めて漫画を描こうとすると。
無意識的に今まで読んできた漫画の手法を使うんですよね。

夏目の目にあるようなフサフサの漫画分析は
その無意識の部分を意識化して言葉に起こすととだから。
その意味で充分漫画の入門テキストになり得るんじゃないかな。

多くの漫画描きがキャラの模写から初めて
徐々に自分の絵柄を確立するようにね。

だから、アメコミ作家がフサフサの著作を読む事で
日本風漫画を描いたりとか出来るかもかも(^^;



625 :ver.3のdat行き:2000/11/12(日) 17:25
確認済みです。ブックマークから行ってみたら、そうなってました。
datの状態って初めてみたけど、すごいわかりにくい・・・。

626 :ああっ名無しさまっ:2000/11/13(月) 01:33
>>625
http://members.tripod.co.jp/tatsu01/
↑ここにあるソフトでdat状態のログをHTMLに戻せるよ。

627 :さまよえるオランダ人:2000/11/13(月) 14:31
>>626
逝ってみたのですが、ネット関係の知識にうといので
なにをどうすればよいのか全くわからず。
ちょっと初心者板でも逝ってまいりやす。
情報、ありがとう。

628 :夏目房之介:2000/11/13(月) 15:34
621 名前:605です さんへ。
え〜と、ちょっと紛らわしかったですかね?
605さんは、

>> >>586の書き込み(本物)にうまくシンクロさせたガセと見た。

って書いてあったから。
勘違いならごめんよ。
ま、いずれにせよ、586は僕(つまり本人)。
587 588 は、どっか違うとこのふさふさ君です。
なんか、この場所じゃなくて、
僕の過去の書き込みをコピーして、
最後に何行かフェイクするっていう
芸コマの戦術まで使うのがいて、
そこでも見破られてたけど(これも凄い)
人のいい人は本気にするもんなぁ。
ま、そういう点でも、
そろそろ潮時ではありますね。

629 :ふさふさのフェイクについて:2000/11/13(月) 21:56
初期型1:2ちゃんねらーに対する、どぎつい言葉での嘲笑、悪罵。
     どう見てもパチモン。わかりやすい。
     また、ふさふさを名乗ることに、恥じらいもほの見える。いやん。

初期型2:本人の書き込みプラス、フェイクの書き込み。
     ふとだまされそうであるが、スレッドをずっと見ている2ちゃん     
     ねらーにとっては、えい、このくせ者め、出あえ出あえ!であった。
     対策は、過去ログの熟読と、本物とニセモンの継ぎ目を探すこと。
     「夏目房之介」の名乗り方も、堂々としてくる。

発展型:最近のタイプ。本人のレスの直後に挿入する形。
    このフェイクの成功は、タイミングの妙にある。ドイツ帰国後の混乱
    から、ごく安定した状態になった時点での書き込みであったこと、
    夜話の降板が宣言されていたことで、混乱を招いた。
    惜しむらくは、指摘があった通り、内容自体を見てみると、ことに
    慎重なふさふさらしからぬ、切って捨てるような言い方である。
    また、ふさふさ独特の、ウィットやユーモアにも欠けている。

いろいろ言ってはみたが、これからも、フェイクのみなさんも鑑定士(?)
のみなさんも、それぞれの道に精進されたし。    

630 :ああっ名無しさまっ:2000/11/13(月) 22:44
え、そんなにフェイクってあったのか?
嘲笑系のパチモンとここ最近のアレぐらいしかわからんかった。
あんまり穿って見るのもどうかと思って大体本物と考えてたけど・・・

631 :629:2000/11/14(火) 00:00
>630
いや、別次元に存在する関連スレッドでの書き込みとか。あるしね。
あんまし神経質になんのもどうかと思うし。
たいてい、ほんとのフェイク(なんじゃそりゃ)の場合は、本人及び
2ちゃんねらー探偵団のつっこみやフォローが入ってるから、そのへんで
自己判断されたし。

自分、「2ちゃんねるにおける夏目房之介の生態」を見るのが好きなんで
前にも書き込みの傾向と対策とかやったんだけど、かえって場を混乱されてる   
みたいで、すんません。
まあ、匿名掲示板で、その背後のことまでつっこむのは野暮天、というもの
でしょう。レスじゃ煮ても焼いてもおいしくないし。ねえ。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 01:03
夏目さんの書くマンガ論は「文法論」であると同時に、その文法が時代の
中でどのように代わって行くかを見る、すぐれて歴史的なものだと思います。
そのなかで、個人的には昔のマンガの代表である「のらくろ」が、今の
マンガと文法的にどう共通し、またどう違っているのかについてとても
興味があります。ほんとは「マンガ夜話」でやってほしいくらい(笑)。
つーわけで唐突ですがリンク。

『「のらくろ」って知ってる?』
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=973950855



633 :夏目房之介:2000/11/14(火) 01:13
>>629 名前:ふさふさのフェイクについて さん。
なるほど、うまい整理ですね。
けど、初期型2はここではなく、他の場所でしたし、
この場所では、ほんとに数件しかなかったですね。
ちょっと、最近の人は誤解するかもしれない。

つまり、過去の書き込み量が増えすぎて、
新規参入では、もはや追いつけないところまできてしまった。
これでは、話が積み重なることもできないし、
過去の書き込みを知っている人と
知らない人で混乱もおきる。

これも、そろそろ僕が撤収しようと思う
大きな理由の一つです。

というわけで、撤収へのカウントダウン10。

634 :どわ:2000/11/14(火) 01:24
ああぁぁ!カウントダウンが始まってしまった!!
今の内になにか質問すること、うーん…。

夏目さんはご自分のHPを持つ予定はないんですか?
簡単な近況や掲示板があれば、客はくるでしょうし著作の宣伝にもなるかと。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 01:33
もうすぐだし、100レス以内にはあったほうがいいと思うので、
ちょっと迷ったが敢えて上げるスマン。

636 :夏目房之介:2000/11/14(火) 01:37
>>634 名前:どわ さん。
ん〜、どわさんでも、そうかぁ。
これ、以前も答えましたが、やりたい気持もあるし、
必要もあるんですが、まだ、今一つ乗れないものがあるんです。
ま、ともあれ、どわさん、今までありがとう。

カウントダウン9
最初、ここにきたときは、ほんとに軽い冗談でした。
でも、すぐにこれはすごく面白い経験だなと思いました。
匿名のネット書き込みの世界で、自分だけが実名で、
そのことの波及やフィードバックは、僕が講演のあとなどに
来てくれた人と話すようなものじゃえられないものが沢山ありました。

そういうわけで、ある時点から僕はここでフィールドワークをしようと思ったんです。
誰かの書き込みで「百人組み手」って名言がありましたが、
当初の質問返しは、ほんとにそんな感じでしたね。

その時点で、ここで経験できること、体得できることをやって、
こんな場合にはこうして、多分ドイツでクールダウン、
夜話で少し盛り上がって、単行本刊行の少し前に、
きちんと説明して出て行こうと、じつは一応読んでいたんです。

撤収するとなれば、カウントダウン0になった時点以降、
僕は一切ここに来ないことになります。
でないと、多分フェイクなどで混乱するはずですから。

637 :夏目房之介:2000/11/14(火) 01:51
カウントダウン8
これも、以前書いたように思いますが、
僕は決して匿名で書き込むことはありません。
一応もの書きとして名前を出してやっている以上、
匿名で書くのはできないですね。
実名で書いてはじめてここでの面白い経験もできたわけですから、
そのスタンスを捨てることにもなりますし。

それにしても、皆さんほんとに面白かった。
悪口もイタズラも含めて、僕はたっぷり楽しみました。
こういう媒体の面白さを、何とか活かした自分なりのネット媒体が
できないものかと考えましたが、これもなかなか難しいです。
考え付いたらやるでしょうが、今はまだ消化中というところでしょうか。

繰り返しますが、カウント0以降、
僕は書き込みをしませんし、匿名でも書きません。
当然、他の2ちゃんねるの場所に出没することも、
ない、と考えていただいていいと思います。

638 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 02:06
わ、カウントダウンしてる・・・
これって今日中に0になっちゃうのかな。
とにかくお礼は言いたいです。
いままで、とても有意義な時間を提供していただいて、ありがとうございました。

639 :夏目房之介:2000/11/14(火) 02:09
カウントダウン7
人の質問に答えるのは、自分の考え、思いの確認だし、整理になるので、
前半戦はじつに勉強になりました。
僕自身「勉強になる」と書いていたはずです。
僕の実名書き込みの初期インパクトが減じ、
他の人たちの応酬が前面に出るようになって、
いくつかアップダウンがあり、話題が盛り上がり、
それが繰り返されるうちに、この場所の面白さも限界も
感じたように思います。
僕自身のスタンスも、質問凍結以後、横から話に割り込む感じになって、
なんか横町のご隠居が人の将棋に口出してるような感じで、
自分でも変化が面白かった。
文体も変化していったし、何よりもナゼか、
ここでは「僕」という人称が自分にぴったりしてきたんですね。
ここは、一種自分のスタンスを常にチェックしていくことが
場と自分の距離を測定し、保つ秘訣なんだろうと思いました。

けれども、過去の書き込みが膨大になり、
新規の人が増え、人が入れ替わるにつれ、
これ以上いくと、かえって混乱するばかりだろうな、
という時点にやってきました。
まぁ、ほぼ予想通りというと偉そうですが、
僕も同じことを何度も書くわけにもいかないし、
やるべきこと、今の自分が知りうることの、
大体は尽きたかな、という思いもあるんです。

640 :戸定>ふさふさ:2000/11/14(火) 02:18
そうすか・・・短いおつきあいでしたけど、楽しかったっす。
こちらこそいろいろ学ばせてもらってありがとうございます。
いつかまた遠く時の輪の接する所でお会いましょう・・・

641 :夏目房之介:2000/11/14(火) 02:23
>>638 今日中に0になっちゃうのかな。
とにかくお礼は言いたいです。

いえいえ、こちらこそお礼申し上げます。ここで遊んでくれたすべての方々に。
そうなんですよね。個人的感情としては、かつて遊んでくれたなじみの人が
今見てない可能性のほうが大きいわけだし、そこで勝手にカウントダウンして
出ていっちゃうのは忍びない。失礼な気がするしね。

カウントダウン6
前に書いたように、過去の書き込みの中で気になったものを
全部答えて「百人組手」の有終の美にしたかったんだけども、
やってみたらきりがないし、その上、その人が見てるかどうかの保証もない。
このへんも、こういう場所の奇妙さですよね。
ほんとに、直接お礼いいたい人も、謝りたい人も、もう一度笑かしてほしい人も、
たっくさんいるんだけどもねぇ。
では、少し間を置きますか。
今日のところは、これでカウントダウン一時中断。

次はいつって?
さあ、数時間後まもしれないし、
明日かもしれない。
「そんな先のことはわからないな」(カサブランカより)



642 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 02:26
チョビに似てるといわれて慌てる夏目さんが好き(マンガ夜話より)

643 :夏目房之介:2000/11/14(火) 02:30
>>640 名前:戸定>ふさふさ
いつかまた遠く時の輪の接する所でお会いましょう・・・

少し感傷的になってるとこへ、いいこと書くなぁ。
松本零二?(違ってたらごめん)
そうですね、いつ、いかなる場所で袖すりあうかもしれないからね。
あ、これでカウントダウン5になってしまった!
・・・・・
って嘘、これはおまけの書き込み。
では。




644 :638:2000/11/14(火) 02:41
あらら、逆に夏目さんにお礼言われてしまった。嬉しいなあ。
僕はちなみにずうっと名無しで通してますけど、夏目さんにレスを貰った数では地味ながら1、2を争うのではないかと思います。
単行本の宣伝手伝ってみたり、夏目さんとのやりとりに触発されてこむずかしくゲームについて議論するスレッド作ったり、いろいろ
やったなあ・・・
少しだけコテハンも使いました。「ひつじ」っていうんですけど、覚えてますか?
僕にとっては、ほんとに有意義なスレッドだったんです。こっちもちと感傷的になりますね。
ほんと、ありがとうございました。

645 :どわ:2000/11/14(火) 03:18
なんか僕も感傷的な気分を味わってます。
このスレは、夏目さんはもちろん、他の方々のカキコも面白かったなぁ。

いち漫画書きさん、門前の小僧さん、長文御免太郎さん、裏スレでは旧1さん。僕も含め、評判悪いですね。
ですが僕個人としては、とても楽しませてもらいました。
心からお礼を言わせてもらいます。ありがとね!

646 :640:2000/11/14(火) 04:47
>少し感傷的になってるとこへ、いいこと書くなぁ。
>松本零二?(違ってたらごめん)

松本「零士」です(笑)
メーテル及び、藤子F先生が亡くなった時の松本先生の手向けの言葉。
別に夏目先生が亡くなったって意味じゃないすけど(笑)、いいセリフ。
いや、こんな土壇場にカウントダウン外単独直レスありがとうございます!
単独が嬉しい、単独が(笑)
こちらこそ感傷的になってますよお、僕も百人組み手時代から、夏目先生に
稽古(笑)つけてもらってた一人すから、押忍!
押忍!それでは!さよならはさっき言ったからもう言わないっす!押忍!

647 :640:2000/11/14(火) 04:52
って、さげるの忘れちまった〜、反省・・・押忍・・・

648 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 05:38
うわ、何かもう卒業式みたいな雰囲気・・・。
僕は名無しとして2〜3回書き込んだだけだが、9月から覗いているので感慨深くてしんみりしてしまう。
このままだと2chらしからぬ湿っぽいことを書いてしまいそうだ・・・。
学生やら漫画家やら本屋やら、いろんな立場の人が漫画についていろいろ語りあってて面白かったな〜。
堅苦しくなく、単純に知的好奇心を刺激してくれる愉快なクラスでした。(締めっぽい)


649 :(旧)1:2000/11/14(火) 05:44
カウントダウンが始まってしまったので、出てきました。
ここでは感情出すのは嫌われるらしいけど、最後なのでかんべんしてください。
夏目先生、今まで本当にありがとうございました。いつも感動しながら読んでました。
もし、私がver.3の立て方を下手してなかったら、もしかしたら、もっとずっと
いい感じのままいったんじゃないかと思うと、本当に申し訳ないです。
夏目先生にも不快な思いをさせてしまったのではないかと思います。
他の方々も含め、申し訳ありませんでした。
おかげで私は、いい思いとやな思いを山のようにさせてもらいました。
しかし両方共、大変勉強になりました。
裏スレでは、誰も見てないと思って、いらん事、書きすぎました。
そんな中で好意的に接してくれたみなさんもありがとうございました。
たいそう勇気づけられました。
それでは、これからの先生の御活躍にも期待しております。
(こりゃまた2ちゃんねらーに嫌われそうな文章だなぁ〜)

650 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 06:08
なんかしんみりしちゃったじゃないか
くそっ、俺は2ちゃんねらーだぞっ

651 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 07:35
フサフサ、本当にネットおよび、2ちゃん初心者なのだろうか?(^^;
余りにも、あしらい方が上手すぎる。

少なくとも、ネット歴が何年あろうがイタい人間はイタい、ということでしょうか。

652 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 08:01
こんな時に水差すようで悪いが、
ジョークでも何でも無いただただ不快で目的の見えない、不気味で
対象不明の悪意に満ちた騙りってのをこの板の某スレで見てしまい、
わりと今日は本気で2chに対する嫌悪感が強まったんだけど、
そんなサイコパス野郎とここの夏目騙りを一緒にするなって意見も
あるかも知れないけど根は同じだと思うんだよ。昨日の裏事情板の
冨樫偽者と同じく。(あそこは漫画経験値の低い客層なので食い付き
が良いのが騙りとしても面白かったんだろう、とは思うが…)
良い面だけを見て、「それすら2chの面白味だ」として楽しむのも一興
とは思うけど、夏目氏はこんな匿名ボードで何かを語るべきじゃ無かった
と私は思っている。

653 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 10:38
>636夏目さんへ
だ〜かぁら〜そんなに立派なHPでなくていいんすよ〜
半年に一度ぐらい更新して著作リストだけのせてくれれば〜
…公認のファンクラブができるほうが便利?

654 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 10:48
>夏目氏はこんな匿名ボードで何かを語るべきじゃ無かった
だから、夏目さんとしてはフィールドワークだってことだろう。
彼自身は匿名でモノを言うことはしないが、匿名掲示板が
どのような場所かを知るためには有意義だったとしたら、
それでいいんじゃないか。
そういった一歩引いた視線は、実は2ちゃんねらーすべてに
必要なものだと思う。そうでないヤツが厨房と呼ばれる。

655 :名無し@漫画書き:2000/11/14(火) 11:18
前スレッドでは 一人よがりなレスをして 申し訳ありませんでした。
あの時、自分の中で 複雑に絡み合った糸が ほぐれるような感覚を味わいました。
本当にありがとうございました。

656 :>▽<:2000/11/14(火) 11:29
>>610
>僕の分析は基本的にしくみを理解するためのもので、
>技法論、実践理論じゃないからです。これを組み替えるのは、けっこう大変です。

>狭義の「創作者」がいい教師、理論家であることは非常に少ないです。
>むしろ、人に教えるのがうまいのは、相撲やスポーツでそうなように、
>天才的な資質に恵まれなかった、どっちかってえと「大成」しなかった人、
>っていうのが僕の意見です。

スポーツの例えで言えば、スイングを分析するのと、実際にバットを振るのとは違う、ていうことですか。
大友さんみたいな絵を誰でも書けるわけじゃないし、当たり前と言えば当たり前なんですが。
(ところで今度のマンガ夜話では、上条さんが「絵の上手い漫画家」の代名詞になってましたね)

それでも夏目さんの著作は、創作を志す人にとっても、アイディアやヒントの宝庫だと思います。
(教科書となると、もっとシステムを体系化して記述する必要があるのかな)

短い間のはかない繋がリではありましたが、大変刺激を受け、勉強になりました。
講演会などありましたら、是非とも駆け付けます。札幌は遠いですが...。
「もしかすると、これは友情のはじまりかな」(カサブランカ)

追伸、「とんでるバカ本2」古書店で手に入れました。

657 :夏目房之介:2000/11/14(火) 11:40
>>644 名前:638さん。
そうかぁ、「ひつじ」さんだったのか。村上春樹でしたね。懐かしい。
とかいってしんみりしてると、
>>652 さん。「夏目氏はこんな匿名ボードで何かを語るべきじゃ無かった
と私は思っている。」
2ちゃんらしい揺り戻しっていうか、こういう雰囲気の変化が面白かったんです。
たしかに「良い面」ばかり(とは思いませんが)みるのはよくないですし、
だから僕には面白かったんですが、まぁ最後は偽善的に金八先生しても
罰はあたりません。後味がいいってのは、なかなかこれで人生やってると
いいもんですよ。裏もアンチも楽しませてもらったし。

>>653 さん。そうかぁ、そうも思うのだけど、どうしても
HPをつくるとなると、つまんないもの作りたくないのと、
やはり遊びというより「仕事」の一環と考えちゃうのでね。
できれば英語版も少し作りたい、とかね。
ファンクラブはないからなぁ。

>>650 なんかしんみりしちゃったじゃないか
くそっ、俺は2ちゃんねらーだぞっ

ど〜お、すいあせん んとに(三平)。
いや、こういう感じが、何となくはわかるんだけど、
最後まで謎でした。つまり「2ちゃん的自意識」みたいのがね。
でも、気持はありがたいですね。

→続く



658 :夏目房之介:2000/11/14(火) 11:50
>>655 名前:名無し@漫画書き さんかぁ。
ほんとに金八になってきたぞ、「くれ〜なずむ町にぃ」。

>>656 名前:>▽< さん。あ、この顔よくあったね。
ま、極端な話長嶋は教えれらない。大友さんもそうだと思う。
それと、つまんない本見つけないようにね。

カウントダウン5
657に現れているように、僕は少なくとも既成の2ちゃんねる的規範からは
違法な存在だったはずです。実名で書くのが違法ってとこも面白かった。
実名も長い文も書き込みの仕方も、いわば特権的なよそ者だったでしょう。
その点でもフィールドワークだったわけですが、
僕はできるだけ、特権的よそ者として礼儀正しくしようと思いました。
とはいえ、ずいぶん迷惑をかけたのではないかと思うし、
逆に支えてくれた方々(別にファンということではなく、
652さんみたいな方も含めて)にはあらためてお礼申し上げます。
周囲からも「危ないから止めろ」と一度ならず諌められました。
でも、この場所に限って、人に見せれば「案外まともだ」って
いうんですよね。何か誇らしい気がしたもんです。
なんていうか、こういうネット上での規範のあり方と、
その自浄作用を観察させていただきました。
そして、こうした場所でも、僕の日常で通じるまともな判断は
ちゃんと機能するのだと確信しました。貴重な体験でした。
さて、カウントダウン4以降は、また今夜。

659 ::2000/11/14(火) 12:16

札幌イベント、また行きますよ〜、絶対に‥‥。
(某国営放送さん、早く日程を発表してくれ〜)


660 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 12:32
┌───────────────────┐
│     \从/                    カ  │
│      ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'   ウ │
│●    (;TДT)< まぢっすか!?   ン │
│       ( つ  つ  \______  ダ ト │
│10    〈 〈\ \             ウ   │
│点    (__)(__)                ン   │
└───────────────────┘


661 :優馬:2000/11/14(火) 12:58
 夏目さんと相対的な同世代(40代)として、少しオジサンくさい謝辞とエールを。
 マンガは、戦後世代が築き上げた膨大なコンテンツ資産です。私たちの後の世代も
この文化遺産を楽しんでくれるに違いありません。しかし現状ではマンガは日本国内
でしか通用しない文化です。つまり、優れたコンテンツ資産があるのに外貨を稼ぐ役
に立っていない。
 政府の借金をゴマンと残されてしまう次世代の子どもたちに「銭になる」文化遺産を
残したい、と切実に思います。そのためには、外国人に「マンガの読み方」を教えて
やらなければいけない。ここにおいて夏目さんのお仕事の意義は大きいと思うのです。
「マンガの面白さ」を世界中に広める。
「マンガの読み方」を世界に普及させる。
 将来の世代のために。
 マンガそのもののために。
 今までありがとうございました。
 どうかお身体を大切に、今後のますますのご活躍を祈っております!

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 13:35
100以内はキープしようねage

663 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 14:29
>>661
ええ話や・・不覚にも泣きそうになったよ・・・
文部省にも読ましてやりたいよ。
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=974172014&ls=50
マンガは日本文化「現代の表現」と位置付け

664 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 15:49
>貴重な体験でした

だって。なんか嬉しいな。
どっかのイタリア人が「一番好きなのは日本のたらこスパゲッティだ」って
言ったのを聞いた時と同じ感じ。


665 :惚れてから10年:2000/11/14(火) 16:02
ずっと読ませて頂いてました。
水のあるところに人は集まる、のだなあと思って観てました。
これからもご活躍を心から応援してます。
「なまじスタジオに野放しにしちゃったもんだから好き放題
 やってくれた」
っていうやつ、実は今だにわくわくしながら期待してますもので。

666 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 16:21
>>657
>裏もアンチも楽しませてもらったし。
わはははは。やっぱり見てたんですね。人が悪い。


667 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 20:34
どっかのイラストレーターが言ってた、
外国で言葉が通じなかったけど洋楽を歌うと相手も歌い返してくれる
日本ではできない形のコミュニケーションを経験した、って。
願わくば漫画がそんな言葉のひとつになりますように。

668 :sage:2000/11/14(火) 21:50
漫画の評論は、まさに出るべくして出るようになったのだと思います。

漫画の表現、文法を言語化することで、漫画の現時点での表現の
ルールや限界が見えてくれば表現方法としての漫画(コンテンツ
としての漫画ではなく)の世界の広がりが加速していくのではな
いか、などと期待してるんですが……どうなんでしょう?

夏目さん、お疲れさま、また寄って下さいねー。




669 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 21:57
さがってないですよ、いいけど。
660の点取り占いがカワイイ。
私もそんな気持ち。

670 :「2ちゃんねらー意識」への道しるべ:2000/11/14(火) 22:37
木を隠すには森の中、のたとえのように、答えは2ちゃんねるという場所
そのものの特徴の中にあると思います。
1:「インターネット上の場所」(仮想現実)であること。
2:「掲示板」(複数の人間が同じ条件の下で自由な書き込みができる場所、
  また、その書き込みはインターネットに接続できる環境にある人ならば、
  自由に閲覧することができ、自由に同意、反論ができる)であること。
3:そして、「匿名」であること。
  多くの利用者は、この特性を生かして、「放言する楽しみ」を主に満喫
  しているように見受けられます。

私自身は、ここを知ってから3ヶ月ほどにしかならないので、2ちゃんねる
のこれまでのいきさつを知りません。この場所がいつからこういう風に存在
するようになったのか、またどのような出来事があったのか、見ていた方に
まとめていただけると、わかりやすいと思うんだけど。
「2ちゃんねるのほん」とかには、載ってるのかな?

671 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 22:52
>繰り返しますが、カウント0以降、
>僕は書き込みをしませんし、匿名でも書きません。
>当然、他の2ちゃんねるの場所に出没することも、
>ない、と考えていただいていいと思います。

こんなこと言われたら、余計にふさふさとコミュニケーションとれる空間が
ここ意外に欲しい、と思うのが人情、とゆうものでせう旦那。
もし、将来ネットを使ってなにやら立ち上げるなら、よほど歓迎されるのを
覚悟しなければなりませんよ?
もち、歓迎には、違いないんですけど。

その日を楽しみに。
カウントダウンをしぶっているということは、けっこう愛着が出てきてる
証拠かなあ。嬉しいような、悲しいような。

672 :夏目房之介:2000/11/14(火) 22:59
>>661 優馬さん。マンガは、戦後世代が築き上げた膨大なコンテンツ資産です。
私たちの後の世代もこの文化遺産を楽しんでくれるに違いありません。
{略}優れたコンテンツ資産があるのに外貨を稼ぐ役 に立っていない。

いいマニフェストだなぁ。いつか使わせてもらおっと。
たしかに、現時点ではまだ外貨獲得というところまでいきませんね。
でも、これからでしょう。「読み方」は僕が教えるまでもなく、
世界の若者が勝手におぼえてます。僕は、その現場に立ち会って、
そばのつなぎみたいになれたら本望ですけど。

文部省の教育白書が「情報通信産業の進展にとってマンガ、アニメは重要なメディア文化だ」
って数行書いたってニュースになりましたが、まさに、コンテンツの勝負っていう時代に、
官僚もようやく産業的な富として認識し始めたってことでしょう。でも、この動きが
現場とうまくつながって、契約とか基礎条件整備とかの実質的な動きになるのは、
まだ年数がかかると思います。
これは、カウントダウンの書き込みにあらず。



673 :夏目房之介:2000/11/14(火) 23:15
>>665 名前:惚れてから10年 「なまじスタジオに野放しにしちゃったもんだから
好き放題やってくれた」

土曜倶楽部「講座」についての、いとうせいこうの言葉ですね。
ほんとによく知ってらっしゃいますね。あまりお応えしなかった気がしますが、
何か僕の仕事をよく知ってる方だなぁと、感謝して読んでおりました。
ありがとう。

>>666 やっぱり見てたんですね。人が悪い。

そうです。僕は人が悪いんです。

>>667 日本ではできない形のコミュニケーションを経験した、って。
願わくば漫画がそんな言葉のひとつになりますように。

いや、僕の海外体験は特殊ですが、すでにそうなってますよ。

>>668 sage漫画の表現、文法を言語化することで、(略)
表現方法としての漫画(コンテンツとしての漫画ではなく)の世界の広がりが加速

どうなでしょうね。それは結果論なのかな。
でも、僕などの目指す言語化は、まずは異なる人々(世界も世代も)のあいだの
コミュニケーションを形成することだと思ってます。それが基礎じゃないでしょうか。

これもカウントダウンにあらず。小規模な百人組手なり(それは百人組手とはいわん)。




674 :アキコ:2000/11/14(火) 23:24
あ、いよいよカウントダウンなんですね。
ずっと木の影から見守っておりました。
夏目さん、ありがとう!

675 :ああっ名無しさまっ:2000/11/14(火) 23:25
>673
んじゃ、稽古前の乱取り。
なるほど、撤退に関するレスはカウントダウンで、他の2ちゃんねらーに
対するレスは、カウントダウンには含まないわけですな。

676 :夏目房之介:2000/11/14(火) 23:36
撤収カウンドダウン4
このへんでお知らせ。
今日米沢さんとコミケと著作権について対談。
共信印刷「AIDE新聞」というのに載ります。
近いうちに東海大で講演するんで、今はその資料と原稿制作。
しかし、本格研究や海外ははっきりいって経済効率が悪いので、
ここらで何かきちんと商売になるものを考えないとつらい。
これが来年21世紀の課題かもしれないなぁ。
てなわけで、今日再校を返した12月初旬刊の講談社
「これから 50代の居場所」をよろしく。
多分これが、最初で最後の露骨な宣伝です。
重版すれば2冊目も出せるので。

これは、恐らくこの場所で最もやってはいけない手のひとつでしょう。
聞かれたことに答えるのはよくても、自分からというのは禁じ手にしてきました。
そういう意味では、この場所には営利、営業を撥ね付ける磁場があるんでしょうね。
マーケティング、広告関係の人などは、恐らくこんな場所の効果にすごく興味があるはず。
博報堂の「広告」で特集したようにね。
でも、コミケ同様、なかなかそこは一筋縄でいかない。
それを醸し出しているのは、やはり2ちゃん的自意識じゃないかと思う。
これも、ひじょうに興味深かったけど、今一つわかりきらなかった部分でした。


677 :夏目房之介:2000/11/14(火) 23:41
撤収カウンドダウン4
このへんでお知らせ。
今日米沢さんとコミケと著作権について対談。
共信印刷「AIDE新聞」というのに載ります。
近いうちに東海大で講演するんで、今はその資料と原稿制作。
しかし、本格研究や海外ははっきりいって経済効率が悪いので、
ここらで何かきちんと商売になるものを考えないとつらい。
これが来年21世紀の課題かもしれないなぁ。
てなわけで、今日再校を返した12月初旬刊の講談社
「これから 50代の居場所」をよろしく。
多分これが、最初で最後の露骨な宣伝です。
重版すれば2冊目も出せるので。

これは、恐らくこの場所で最もやってはいけない手のひとつでしょう。
聞かれたことに答えるのはよくても、自分からというのは禁じ手にしてきました。
そういう意味では、この場所には営利、営業を撥ね付ける磁場があるんでしょうね。
マーケティング、広告関係の人などは、恐らくこんな場所の効果にすごく興味があるはず。
博報堂の「広告」で特集したようにね。
でも、コミケ同様、なかなかそこは一筋縄でいかない。
それを醸し出しているのは、やはり2ちゃん的自意識じゃないかと思う。
これも、ひじょうに興味深かったけど、今一つわかりきらなかった部分でした。


678 :夏目房之介:2000/11/14(火) 23:44
うわ〜ごめん、すいません。
最後にまた初心者的ぽか。
出直し。


679 :フィル:2000/11/14(火) 23:46
夏目さん、ありがとうございました。
アドバイスはすべてためになるものばかりでした。
それを胸に、これからもコツコツと描いて行きたいと思います。

私はわざときわどいレスをつけて反応を伺うようなところがありましたが、
付き合って下さった方々、どうもありがとうございました。
もしかしたら、私のせいで雰囲気が固くなってしまったところがあるの
かもしれませんね。反省してます。

私は聞きたいことはすべて聞くことが出来て、すごくスッキリした気分
なのですが、唯一の心残りがあるとすれば、「冒険」の感想を書いた後の
やりとりを、もし、夏目さんのおられる時にやれれば面白かっただろうなあ、
ということですね。

あと、このスレッドを作られた旧1さんに感謝を。
2ちゃんねる初体験、とても面白かったです。

680 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 00:02
感想言い捨て。『あの頃マンガは思春期だった』おもしろかったッス。
若き夏目房之助に自己投影。後半はそうでもなかったけど。まだハタチだからかな?
ご多分にもれず「自分は遅れてきた青年である」と思ってしまった。
いや〜、ほとんどカキコなんぞしなかったが最後に意味無いことを書き込んでしまった。
有名人の魔力ですな。レス不要です。

あと最後にお願い。これからのカウントダウン0.0001刻みにすることキボンヌ。

681 :「2ちゃんねらーの自意識」への道しるべ・追記:2000/11/15(水) 00:15
ver.4のどこかで、夏目さんは「長く書き込むと撃たれる」というレスをされ
ましたよね。しかし、夏目さんを撃てる人はなかなかいないし、少なくとも、
ご本人が来ている最中に、しとめられる人はいないと思います。

>ここは、一種自分のスタンスを常にチェックしていくことが
>場と自分の距離を測定し、保つ秘訣なんだろうと思いました。

この、「撃たれない距離」を夏目さんがとりつづける限り、夏目さんは
2ちゃんねらーに(決定的に)撃たれることはないし、2ちゃんねらーの
自意識について、ピンとくることも、ないかもしれません。
あんがい、そのほうが、幸せかもしれません(笑)。

ヒントとして、もう一つ。
私は元コテハンですが、ある時期から、名無しで書き込みしております。
あちこちで茶々入れているんですが、名無しになると、みなさんの矛先も
鈍るようですね。個人的には、これも楽しかった。

夏目さんとのやりとりは、とても勉強になりました。また、どこかでお会い
することを、楽しみにしております。美味しい酒を片手に、石狩鍋でも、
とくれば最高なんですがねえ。
では、長々と、失礼いたしました。
提供は、門前の小僧@現在名無しライフでした。

682 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 00:55
このスレッドでいろいろ考えさせられました。
匿名掲示板の意味や意義、書き込む為のスタンス...
そして匿名での人格の存在。
夏目さんが自分の名前を使い、この匿名掲示板に書き込みなされた事は
非常に価値ある行為だったと思います。

久しぶりに脳が刺激されました(笑
有り難うございました。

683 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 01:00
>>681
どっちかっつーと、そういう人を小ばかにする態度が反感を招いたのではないかと・・・

684 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 01:04
ファイナル質問。

若き日の夏目さん(ハタチぐらい)の写真が見たいんですが、どこかに掲載されて
ないでしょうか・・・(興味しんしん)

近年の夏目さんのマンガ評論は、活字媒体が多く、以前のような模写を中心とした、
「絵&解説」の批評からは遠ざかってしまわれるのでしょうか?

685 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 01:07
>>684
「夏目房之介の講座」なんかどう?
 若いうえに、漱石のコスプレもしてるぞ。
 原点、って感じ。

686 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 01:10
僕の中では夏目さんはマンガ評論家やマンガコラムニストだけではなく、
あくまで「漫画家」です(個人的感情)。

687 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 01:11
『TITLE』の今月号に、2ちゃんねる関連の記事が出てる
んですが‥個人名を出して集中的に叩く、うんぬんというネガティブな
書き方になってますな。…まあ、否定はしきれないとは思うんですが、
「夏目房之介も集中的に叩かれていた」という一文があって、ちょっと
引っかかりました。
…ちゃんと読んでないやね、ライターの人。

688 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 01:11
まちがえた。
やってたのは、「坊っちゃん」の主人公。
国営放送のスタッフ引き連れて、松山にまで出張しちゃった。
本人も満足そうであった。
いいなあ、道後温泉。

689 :名無しさん:2000/11/15(水) 01:12
(原文)アドバイスはすべてためになるものばかりでした。
(訳) 自分の頭では一切考えません。

・・・・夏目さん大変だったね(w

690 :前座:2000/11/15(水) 01:14
( ・_・)<いよいよお祭りも終わりだね (;_; )<なんかホロリ。

( ・_・)<これ、始めレスがあんまり  (^_^ )<でもやっぱり、2ch
      つかなかったんだけどね。    ならではの市場原理が働いて  
  俺、一桁目のレスとか2番目の      今の隆盛があるんだね。
  質問とか(別名で)したから早いほうか。

( ・_・)<この後、このスレも変質  (・_・ )<なに、観客は観客なりの
    するだろうけど…          仕事が続く。夜話もあるしね。

(・∀・)/)) <あらためて夏目さんにお礼を申し上げたいと> ((\(^∀^)
       思います。ありがとうございました。              

691 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 01:14
既出意見ですが、まさに卒業式ですな。

692 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 01:20
>687
書き手の良心しだいだよね。
悪いとこを広角レンズで見せたほうが、強いインパクトを与えることができる
ってこれ、マスコミの手口の一種だからね。
実際、よく読まなくたって、記事は書けるし。
そこを、裏も表も両方おもしろい、と言ってくれた夏目さんがどれだけ
良心的か・・・よよよ。

693 :夏目房之介:2000/11/15(水) 02:05
>>684 若き日の夏目さん(ハタチぐらい)の写真

なんか20代の写真を取材で貸したような覚えがあるが、どこだったかなぁ。
婦人画報2000年3月号「わが父を語る」って取材には多分10歳以下の写真をのせたけど。
「夏目房之介の講座」(ちくま文庫)は30代だね。

>以前のような模写を中心とした、 「絵&解説」の批評からは遠ざかってしまわれるのでしょうか?

遠ざかってしまわれてますね。段階としては終わったのかもしれない。
あの方法は直観的すぎる部分と、場合によっては著作権上きわどい部分もあるので。

>>690 前座さん。いやぁ師匠、楽しませてもらいやした。
不肖の弟子で、全然上達しませんでしたが、ありがとうございました。




694 :夏目房之介:2000/11/15(水) 02:20
カウントダウン3
いよいよ、あと少し。
フィルさん、頑張ってください。いや、あんまり頑張らなくても、
自分が面白いと感じることを信じてやってってください。
真面目そうだし、分析型だから、下手すると自縄自縛に陥るかもしれないけど、
案外いい加減にやったことに無意識のヒントってあるかもしれないしね。
門前の小僧さん、旧1さん、他の皆さんも、
どこで何やってる人か知らないけども、人生楽しんでください。
まぁ若い頃は難しいかもしれんが、今、僕は基本的には楽しくて、面白いので。
金が¥¥¥¥ついてこないが・・・・。
20歳の人に「あの頃マンガは」を面白いといってもらったのは、
僕にとってはすっごく嬉しい。
カウントダウン終了後、僕は実名はもちろん、
匿名でも、ここにも、また他のスレッドにもきませんが、
見るだけにはきてみますからね。
笑かしてくれると嬉しい。

695 :忍者サイトウ:2000/11/15(水) 02:32
どろろん。こんばんは。
忍者なのにまたも名乗るサイトウです。Ver.2の冒頭部以来。

グループワークであっても、評論やマンガの世界からは
孤独な営為と映っていた(であろう)『マンガの読み方』、
作業開始が1993年、出版が1995年。

個人研究の成果を存分に投入した、
マンガの仕組みをマンガで解き明かそうとする異色のアメコミ
『Understanding Comics』by Scott McCloud
(後に邦訳『マンガ学』美術出版社98年)に接し、
夏目さんが「うぃーあーなっとあろーん」と
平仮名で叫んだのだがその年の終わり。

そして奇しくも
Scott McCloud がさらなる営為を積み重ねて
『Reinventing Comics』を発表した今年2000年、
マンガを語る言葉は、ここで、こんな風に広がりをみせた。
いろんな人に伝えたい、という気がする。
でも、個人の楽しみにもとっておきたい。
そんな経験でした。
ヘイ、スコット! 見てるかい? (見てない見てない)

夏目さんの百人組手ならぬ
「千人組手」は終わりを迎えるかもしれないけど、
MANGA GOES ON! マンガは続いてゆく。マンガを語る言葉もね。

ま、華やかにいきましょう。
夏目さんはクレイジー・キャッツっぽく締める、に一票。
それでは。どろろん。


696 :夏目房之介:2000/11/15(水) 02:35
カウントダウン2
僕の仕事は今ある種境目にきてる気がしてます。
マンガも、マンガがらみの海外も面白いし、楽しいけど、
何かもう一つ違うステージが必要な気がし始めています。
ここでの経験は、まだ消化して考えるには時間が必要でしょうが、
僕自身色々考えさせられるものがありました。
僕の世代は60年代の若者文化=世界的対抗文化の時代に、
旧来の「大人」を否定し、解体することで、
70年代以降を準備した世代(少なくとも、その支持層世代)でした。
そこから日本の大衆社会にマンガや音楽、ファッションなどの自己表現を、
大衆文化として消費し創造する時代が始まり、
比喩的にいうと「青年期の長い高度消費社会」に入っていきます。
30代以降、ことに40代の僕の課題は、かつて解体された「大人」を、
もう一度自分なりに構築することでした。
むろん人間には幼少から思春期、青年前期、後期すべての要素・
性格が重奏して玉ねぎ状に存在しているという前提での話です。
これは「成熟」と「堕落」がイコールであるような課題だと思います。
僕の中では、ここでのふるまいも、その課題(距離感の取り方)として、
実践的なものだったことを付け加えたいと思います。


697 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 02:37
sage

698 :ああっ卒業お疲れさまっ:2000/11/15(水) 02:48
ほた〜るのひか〜り まどのゆき〜

699 :夏目房之介:2000/11/15(水) 02:51
カウントダウン2
忍者の奴、あいかわらず文章長いな。
(自分は棚に上げる。校長の挨拶は長いのが相場)
そういえば、一条さんのマンガに「後悔は死ぬときまとめてするわ」
ってのがあった気がする。僕は「死ぬときの後悔は少ないほどいい」
といった。でも、これ同じ意味。
勝海舟は死ぬとき「これでおしまい」といったそうで、
これがいえたら最高だね。
ダディ・グースのマンガ「神様の代理人」で
「恥ずかしがってみせて世の中を安心させておく義理なんてありゃあしない」
ってのも好きだった。
「お前はただの現在にすぎない」ってのも名言。
マークトウェインは、こういいました。
「神様は人間を6日目につくられた・・・・神様がもっとも疲れておいでのときに」
僕は、そこにこう続けました。
「たしかに人間は不完全である。
だから、すべての人をでなく、特定の誰かを愛するのだ」
2ちゃんねるらしからぬアフォリズムのあと、いよいよ最後のカウントダウン。

700 :夏目房之介:2000/11/15(水) 02:59
あ〜あ。
かっこよく決めたかったのに、
カウントダウンの数間違えちゃった。
さっきの>>699 が、カウントダウン1だった。

じゃ、せっかくだから、しつこく書くが、
この書き込み以降、僕は実名でも、匿名でも、書き込むことはない。
いたらフェイク。
でも見にくる(多分)。

ま、いっかぁ。
一つ山こしゃほんだらった、ほ〜い、ほい。
そ〜のうち、何とかなぁるだぁろぉぉおおお、っと。
よし、近いうちにカラオケでパァッといこかぁ。

では諸君、おあとがよろしいようで。

カウントダウン0
So long evrybody! Good luck!

701 :花と名無しさん:2000/11/15(水) 02:59
さびしいです……。

702 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 03:01
>700
なにげにキリ番とって去る夏目さんなのだった。

703 :>夏目先生:2000/11/15(水) 03:02
また気が向かれましたら、いらしてください。
お待ちしてます………。

あう。寂しいよう…。

704 :知ってるつもり!?:2000/11/15(水) 03:14
こうして、
夏目房之介の短くも波乱万丈であった2ch談義は幕を閉じたのである…

2000年11月15日.2ch漫画板にて..

705 :ピンチヒッター:2000/11/15(水) 03:16
FAREWELL MY TEACHER 、どうもありがとう。

706 :名無しさん:2000/11/15(水) 05:06
あ、終わってた。夏目さんがいなくなってもこのスレは続けるの?

707 :スマ姐さん:2000/11/15(水) 07:01
あの、すいません、これのVer.1が読めなくなっているんですけど…。
どうすれば良いんでしょうか?
(このスレッドの存在を知ったのが最近なもので…。)


708 :スマ姐さん:2000/11/15(水) 07:18
あ、Ver.3もだ…。2は表示できるのに…。

709 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 08:58
ご苦労様でした>夏目様

なんかドラえもんが帰ったあと(一時的にだったが)の、
のび太クンの心境。


710 :579:2000/11/15(水) 10:31
言い忘れてました、いくつかちゃんと返答があったのだけど
ネットの本屋さんもいろいろ考えているみたいでしたよ。
ま、要望をそのまま実現することはないとしても
真剣に漫画に取り組んでる方もいて個人的にはおもしろくなりそうだと思いました。

711 :我孫子餅夫A:2000/11/15(水) 13:58
それが夏目房之介の声を聞いた最後であった…

712 :秋本 治:2000/11/15(水) 14:11
では、彼の後は私が継ごう

こち亀読んでる?最近つまらないと言われるのだけど
自分でももう潮時かな?と思ってる
年内にはなんとかしたいのだけど
アニメが予想外に長続きしており終わるに終わらせられない
困ったもんだ

713 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 14:53
>>707
前にも書いたんだけど・・・
http://members.tripod.co.jp/tatsu01/
↑にあるソフトを使えば見ることができます。
「夏目房之介さんについて」ver1、3のリンクを見ると「えらー、そんな板orスレッドないです」と表示されると思いますが、
その下に“「えらー、そんな板orスレッドないです」の場合はここにあるかも??”とあって
http://piza.2ch.net/comic/dat2/964631820.dat (ver1)
http://piza.2ch.net/comic/dat2/970588633.dat (ver3)
とdat状態になったログが置かれてると思います。
これを保存し(僕の場合、開いてから保存するとうまくいきませんでした。リンクのところにポインタを当て
右クリック→対象をファイルに保存、のほうがいいようです)、最初に書いたHPからダウンロードしたソフト
を使えば、dat状態だったログがもとのHTML形式に変換してくれます。

前書いたら使い方がわかんないと言われたのでちょっと詳しく書き込んでみました。
僕も初心者なんであんまりいい説明の仕方でないような気もしますが。

714 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 15:17
過去ログのミラー作ってるからしばらくお待ちあれ

715 :714:2000/11/15(水) 16:29
http://freepage.kakiko.com/natumelog/
↑過去ログ。

716 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 17:10
>>714
ありがたや・・・
でもすごい場所に作ってますね。関係者?

717 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 17:19
713さん、ありがとう!
ここのdat行きになったスレ、読んでて目が痛かったんでこれは
他のスレに関しても利用させていただきます。
715さん、あなたは偉い!
とりあえずお礼しか言えないなー、ありがとう。

718 :>714:2000/11/15(水) 17:39
>714 サンキュー!
ver.1とか保存し損ねていたので、うれしいッス。
夏目さんが初めて来たころの、お互いに緊張しているヤリトリが頬笑ましいです。
(2ちゃんねらーが敬語使ってるというのは、なかなかの見物と言える。)

719 :714:2000/11/15(水) 19:24
せっかく場所借りたからもったいないので
他にもおいとくログある?
基本的には終了しているやつで。

スレ立てたらシャレにならなくなりそうなのでここでこっそり。
他の板でもいいです。それから自分でアドレス探す気ないんで、
アドレスは明記してね。

確実に他のスレでやれって怒られそうだな。
そのほうがいいと思われる方はスレ立ててください。

720 :ああっ名無しさまっ:2000/11/15(水) 22:27
夏目スレと対極を為す本人降臨スレの餅月あんこスレと平野耕太スレを、
悪い見本としてアプきぼーん。

721 :夏目房之介:2000/11/16(木) 02:29
私の書き込みが結構主な原因になってたりするの?
だったら、すごいなぁ。

722 :>721:2000/11/16(木) 02:35
ははは。やめときなよ。せっかく夏目さんがカッコよく去っていったのにさ。
ダウト!と目くじらたてるのもアホらしいが。一応指摘ね。

723 :Nana:2000/11/16(木) 02:37
>721
>>700読んで

724 :おおっ新刊:2000/11/16(木) 02:42
前回、夏目先生の新刊を手に入れるのにすっごく苦労したので、
今回は本屋に予約しておきます。
でも、「これから 50代の居場所」って漫画に関する本?

725 :ああっ名無しさまっ:2000/11/16(木) 09:12
>>720
あんこスレって本人来てるのか?


726 :>▽<:2000/11/16(木) 11:23
御買い物
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-3991083-2761160

727 :同窓会:2000/11/16(木) 18:01
卒業式が終わったら同窓会。

初回のスレを読み直して「じーん」としている。たった三ヶ月前なのにな〜。
ver1スレで一番良かったのは、「夏目・フィル」対談。
二人とも、創作者としての真摯な姿勢が、すごく良かったよ。

フィルさん、ここまだ見てる?
良かったら近況など知らせてくれると嬉しい。(ほんとに同窓会だなこりゃ・・・)

728 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 02:24
本日、東海大学での夏目先生の講演会行ってきました。
ココで出た話も多かったけど、良かったっす。
声かけるときに「房々〜」って声かけたかったけど、無理でした(^^;

講演の後に希望者のみで、立食式の「飲んで、食いながら交流しましょう」
みたいなのがあったんだけど、みんなサインとか写真撮ってくれとかで
夏目先生、大変そうでした。飯もほとんど食ってなかったし。

以上、簡単な報告でした。

729 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 05:54
>>728
そ、そんなものがあったのか!>東海大学での夏目先生の講演会
まあ関西在住だから関係ないっつーか知ってても行けなかったけど、羨ましいなあ。

730 :思い出のために:2000/11/17(金) 06:35
夏目スレッドの「名言集」を勝手に作りました。

1.ファースト・コンタクト
スレ創設は2000/07/27(木) 02:17、
夏目さんのファンがぽつり・ぽつりと集まってきて、
それなりに またーり としたスレだったのですが…

58 名前:夏目房之介 投稿日:2000/08/30(水) 01:35
みなさん、ありがとうございます。
マンガへたで批評家になった本人です。
自分でいうのもなんですが、文章のほうが好きみたいです。
こういう場所にきたことはないのですが、もし、御質問などありましたら、
あと数回、のぞきにくるつもりですので、どうぞ。
っていうのは、マナー違反なんでしょうか?
本人である証拠・マイナーな連載。
東京新聞「これから」、毎日新聞「マンガの居場所」(共同執筆)
世界「日々の気楽」、日経マネーの連載は終わり。



スレ創設一ヶ月後、突然の「ご本人」来臨!
「マンガへたで批評家になった」という自己紹介が夏目さんらしい。
このときは文末に「房」という署名がありますな。
「あと数回」というつもりだったのが可愛い。
2ちゃんを甘く見てましたね、夏目さん(笑)


731 :思い出のために:2000/11/17(金) 06:38
名言集つづき。

2.評論家・夏目
 初期のQ&A期。
中でも「79」はマンガ評論家としての夏目さんの面目躍如たるものがあります。
79 名前:夏目房之介 投稿日:2000/08/30(水) 04:15
> 61 でも、この人が日本の漫画を堕落させたような気もする。
>マンガ評論ってジャンルを作った結果、
>質の悪い模倣者を大量に生み出した。
>マンガそのものよりも、マンガネタを楽しむ気風を作った戦犯。

これはきちんと反論すると長いでの、
結論だけ申し上げますと、理解の仕方が間違っていると思います。
マンガは評論で堕落するような柔なものではないと思いますし、
本質的に批評とマンガは独立した表現です。
また、マンガネタを楽しむこと自体は別に悪いことではなく、
その仕方に問題があったりなかたりするだけです。

 「マンガ評論」はマンガの付属物ではなくて独立した表現である、と言い切り、
その点については一切の妥協のない鮮烈なスタンスがお見事。
あぁこの人は本物のマンガ評論家なのだ…と思わず納得。
この時期はオンラインで直接書き込みをしておられたらしく、タイプミスが散見される。
「これはきちんと反論すると長いでの」というのは意図的な「爺さま口調」かと思ってい
たが「長いので」の単純なタイプミスと思われる。ミスも芸にしてしまう達人・夏目?


732 :思い出のために:2000/11/17(金) 06:40
名言集その3
3.2ちゃんねらー・夏目
夏目さんがどんどん2ちゃんねるにはまっていくのは見ていて面白かった。
88 名前:夏目房之介 投稿日:2000/08/30(水) 05:30
いやはや、こういう場所は睡眠障害者には危険な、不眠の友ですね。
もう寝ますので、おやすみなさい。ありがとうございました。
106 名前:夏目房之介 投稿日:2000/08/31(木) 01:49
>2ちゃんねる・漫画板)で興味のあるスレッドはなんですか?
ごめんなさい。
まだ、他に回っている余裕がありません。
112 名前:夏目房之介 投稿日:2000/08/31(木) 02:06
いや、しかし、すごいですね。
僕が書き込んでるうちに、同時に書かれてるんですね。
なるほど、こういうリアルな感じなんですね。

…こんなに初々しかった夏目さんが、しまいには「アンチスレ・裏スレも
楽しませていただきました。」という煮ても焼いても食えないベテランに
なっちまうんだものなー。ま、これだけ書き込みすれば、経験値が貯まる
のもそりゃ早いんだけどさ…。


733 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 09:45
「反論すると長いでの」はひそかに好き(笑)
なんか心にひっかかる台詞だったなー
名言というと、万引きしちゃってどうのこうのっていう明らかにネタな書き込みのときに
諭したときの言葉が好きだったな。

734 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 11:42
名言集にひきかえ…
自分の過去の書き込み見て死にそうに恥ずかしくなってきた。
数週間前の自分にツッコミ入れたいよ。

735 :728:2000/11/17(金) 12:11
>>729
夏目先生に話しかけることできましたよ。
「オレ、2ch見ました」
夏目「え、え〜〜!!」

もっと2chについてとか、比較文化論的なことを
聞きたかったけど、そのへんは聞けなかったなあ。

つーか、夏目先生は人が良すぎるって。
サインもそんなに書かなくても。
もっと大物ぶってもいいと思ったし。
ま、あのフランクさが良さなんだけどもね。

736 :>▽<:2000/11/17(金) 14:20
過去ログ残っていることだし、名言集はほどほどにしてね。
夏目さんの「名言」拾ってたらきりないものね。

737 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 14:42
>>724
私、中日新聞(東京新聞)で、連載中のソレ、読んでますが、
まんがに関する話はあんまり(と言うよりほとんど)ないですよん。
だいたい、それ載せてるの、介護とか老後とかそういう話題のページですもん(笑)
まんがネタ期待するとハズレますが、ココ2cnで「ふさふさの人柄の魅力」
にまいっちゃった人には楽しく読めるんでは、と思います。

738 :名言集:2000/11/17(金) 16:59
>>736
おっしゃるとおりなので自主規制。引用最小限,コメントはもっと最小限。

4.創作者・夏目房之介
「表現者にとって比喩や象徴は現実だったりしますからね。」
(ver.1 NO.682 2000/09/07(木) 05:07)

「夏目・フィル対談」のクライマックス。ウソでなく「創作の秘密」を垣間見た
思いがあった。創作者に代わってこういう言葉を紡ぐのが批評家の本質と痛感。


739 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 17:10
こういうのヤだね
age

740 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 17:24
>>738
ヤメロ スレ ヨゴレル ウザイ

741 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 17:42
>>738
そういう事をされるとコテハンが迷惑する。君は楽しいかもしれんが。
人のレスを批評するのはやめてくれ。頼む。

742 :738:2000/11/17(金) 17:43
うわっ、書き込んでから見たら、とんでもない。
全然、元発言の魅力を伝えてない!

ごめんなさい。
やはり、スレの流れの中で見てこそ?
いや単にオノレの文章が下手。いらんこと止めます。


743 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 18:33
>>738
批評の批評は なにも生まない。
アンチスレでやってる事と同じだよ。誉めるか貶すかの違いだけ。
君の感じたことは みんな分かってる。文章の上手い下手じゃない。
言わぬが花という事もある。
大事なのは、感じた事を 自分にどう生かすかだろ。

744 :夏目房之介:2000/11/17(金) 18:58
>>722>>723
いや、その撤退についてのことさ。

745 :>735:2000/11/17(金) 18:59
夏目さんって江戸っ子だよね?
江戸っ子って、威張ってるヤツが嫌いで、自分も威張るのが下手。
年とってくると偉そうにしてくれた方が周りが落ち着くというのもあるんだけど・・。
自分でも言っておられたよね。

746 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 19:09
ん?もしや死んでる?あがらない?

747 :あほの738:2000/11/17(金) 19:35
阿呆の738です。
743さん、お言葉身に沁みました。
顔から、火が出る思いです。
私は、夏目スレの「思いで語り」をしたかっただけなのですが、
やり方をとことん間違えました。
申し訳ありませんでした。
ご覧になってご不快になられた皆さんにも深くお詫び申し上げます。

748 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 21:00
>>747
いーんです!!それで
僕にとってこのスレの楽しさは、夏目さんのレスではなく
門前の小僧さんとか君みたいな、僕みたいな粕よりもさらにお馬鹿な人を
観察することでした。
自分が馬鹿だと気が付かない真面目な馬鹿はみててほっとします。


749 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 22:17
ご本人が見るだけは見る、って言ってるので。
14日の東京新聞、見ましたよー。
でも、正直に言って、2ちゃんのレスのほうが、生き生きしていて
おもしろかったです。
東京新聞の文章が良くなかった、と言っているのではなく、
ああいう小さくまとまっちゃうスペースで書くよりも、
こういう場所で自由連想っぽく書くほうが、
夏目さんには水が合っているんじゃないかって気がしました。

>738
自分でやりたいことがあるんだったら、ホームページみたいな
きちんと自分で仕切れる場所でやるほうがいいんじゃ?
ほら、ここ、掲示板だし。色々な人がいますから。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 22:42
もっと色々と自分のやりたい事やれよ。
2chに常駐してるような人間なんかに遠慮すんなって。

751 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 22:42
>>749
自分の掲示板、掲示板とお題目がそれしかないんかい
人のこない掲示板なんぞ鯖の無駄じゃ

752 :名無しさん:2000/11/17(金) 22:43
つーか、要約、名言集は実際面白いし役に立つよ、少なくとも俺にとっては。

753 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 23:04
>>752
理由もなく擁護するだけじゃあ自作自演を疑われるぞ

754 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 23:11
748=750=752

755 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 23:14
>>754
それは違いそう・・・

756 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 23:37
う〜ん、よくわからん微妙な荒れよう。

>>744
なるほど、つまりあなたが「ニセ夏目」で、自分のフェイクの書き込みが夏目さんの原因になったのか?
>>721でいっとるわけですか。

違うでしょ。

757 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 00:07
確かにギスギスしてるね。怖い雰囲気。

758 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 00:52
なるほどね。夏目氏がいなくなって、このスレで何していいのかわかんないんだ。

いろいろやってみたらいいと思う。
面白いと思ったら続くだろうし、気に入らなかったらつぶされるだろうし。


759 :松本人志:2000/11/18(土) 00:55
ワシではあかんのか?

760 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 00:56
哀しいほどにつまんないです。なごみません。

761 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 01:04
>>750の言うとおり、自分の書きたいこと書きなよ。
それが受け入れられなかったらレスがつかないだけだよ。

762 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 01:08
レイジアゲインストザマシーン聞いてる人いる?

763 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 01:32
ばかだねぇ

764 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 10:41
記念カキ

765 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 11:09
師去りて 宴の後の さみしさよ スレッド開きて 白々としている

訪れる 人も乏しき スレッドに 書き込みしても レスも返らず

766 :夏目さん居ないじゃん:2000/11/18(土) 15:25
漫画の登場人物(警官)が発砲する事、等は規制の対象になるんでしょうか?
こち亀の質の低下が「作者のアイディア不足」なのか「何らかの規制」
(発砲等が出来ない=行動パターンの減少→作者の才能の枯渇以外の
問題で作品の質が落ちる)によるのかで読み手の受け取り方も変わると思うんで。

両さんがしなくなった事、発砲、競馬、パチンコ、麻雀、喫煙、建築物の破壊、
車、バイクでの暴走なんかが有ります。

個人的には発想のマンネリ化に規制が拍車を駆けたと思う(というか思いたい)。


767 :>239:2000/11/18(土) 15:26
モナーじゃなくてギコ猫じゃない?

768 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 16:50
>767
250で既につっこまれてますよん。

769 :夏目房之介:2000/11/18(土) 18:12
ふむふむ。
私が居なくなるともう収拾つかなくなって「ダメだこりゃ」状態に陥るようだね。

770 :夏目房之介:2000/11/18(土) 18:38
まぁ、スレッドの趣旨がそうであるから
私の2ch撤退と共に終了するのもやむを得ないことかな。

771 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 18:50
騙るなら、もう少し本物らしくどーぞ

772 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 19:09
>771
アハハ。
そんな必要はないよ。


773 :ああっ名無しさまっ:2000/11/18(土) 19:40
騙りはバレるのをわかってて今の雰囲気を皮肉ってるんでしょうね。
思い入れが強い分、みんな自爆気味。
のんびりいきましょうよー。


774 :這い寄る混沌:2000/11/19(日) 00:48

http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=famicom&key=967836422

こういうのもありました。夏目さんも何回か書き込んでいます。



775 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 00:54
やっぱり、このスレの目だまは夏目氏だったからね。
夏目だからして。

>>774
確か、ver@`1から派生して作られたスレッドでしたよね?
他にもあるのかなあ、夏目カキコ。
「最終兵器彼女」と、「マンガ夜話」は確認済みなんだけど。
ここに比べて冷静なので、なるほど、と思いましたが・・・>マンガ夜話スレ   

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 02:54
アホあげ

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 02:56
はじめは地味ーなスレッドだったんだけどね。
私と1氏で著作情報とか交換しつつ「またすぐ下がったね〜」とか
言ってたのに(笑)。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 03:04
>777
本人が来ると皆騒ぐんだよ。
やっぱ誰でもミーハ−なんだな。

779 :>778:2000/11/19(日) 03:11
そして必ず煽りたがる中学生もいると(笑

780 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 03:18
そりゃ、こういう垣根が低いのが、ネットの魅力の一つですから

781 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 03:26
地味なスレに戻って落ち着くのもいいでしょうね。
「また下がったよ〜」ってね。
今までが激しかったので、ぼちぼち行きましょう。



782 :724:2000/11/19(日) 04:01
>>737
遅くなりましたが、ありがとうございました。
私は何年か前に夏目先生にお会いした事があるのですが、
「へー、こんな人いるんだなぁ」と思うほどいい方だった
という印象がずっと残っています。
この掲示板を見て改めてその人柄に惹かれました。
もともと漫画にあまり詳しくないので、今度の新刊が漫画ネタ
じゃなくても全然OKです。

783 :(旧)1:2000/11/19(日) 04:28
>777
なつかしいですなぁ。あんな沈みまくってたスレが、こんな注目される事になろうとは、
(まして自分が2chで叩かれる事になるとは、)予想も出来ませんでした。
>778
そら君、うれしいよ。
アンチスレとかにも「もっと普通に接すべきだ」とかいうような事、書いてあったけど、
私にゃあそんな事、できないし、やりたくもない。
(もちろんver.3の立て方は本当にマズかったですが)

784 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 06:30
俺はver.3のスレの立て方は面白いと思ったけどな。

785 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 06:52
>784
そうそう。
あれは結構隠れファンもいるぞ。

786 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 09:08
房の介は目がいやらしいから好きではない。
いしかわじゅんのマンガは絵がきもちわるーい。とりみき、みたいに。

787 :>▽<:2000/11/19(日) 10:31
僕は「名言集」好きなので、続けて欲しいなあ。
これからの議論の足掛かりになると思うし。
>>738とか含蓄あるよね。

788 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 12:27
>>787
名言集をやると 多分 荒れるよ。誉める人がいれば 絶対けなす人も出る。
これは 君も経験しているはずだが?
議論したいなら 議題を出せばいい。

789 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 14:14
つらつら思うに夏目さんって都会人だよね。いや良い意味でさ。
いつまでも2chの相手はしていられないのは明らか。でも情において去りがたいものもある。
こういうしがらみっぽい状況で、さっくりと関係を絶つ所作が鮮やか。
一見冷淡に見られかねないが、引きずれば引きずるだけお互いが辛くなるばかり、と先を見
越した上で、あえて身を引く。情に溺れず、余韻を残して去るというのはなかなか出来ること
ではない。
子曰く「君子の交わりは淡きこと水の如し」とは、かくのごときか。

790 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 14:58
アホアゲ

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 15:35


792 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 20:52
786はどんなマンガが好きなんだろ。

793 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 21:16
>792
諸星、根本敬、畑中、逆柱、天久などが好きです。

794 :魁!名無しさん:2000/11/19(日) 22:49
>>774
このスレッド良かったな〜。学校のテストで覗かなくなってから一度も見てねえや。
こういうの、もう一度したいねえ。これから読んできます。

795 :(旧)1:2000/11/20(月) 00:26
>784、785
うぅ、ありがとう。
でもこのスレの特殊性を考えれば、荒らしの対象になる書き方をしたのは
やっぱり失敗でした。
それから今頃ですがフィルさんも最後にわざわざ触れてくれてありがとうございました。
叩かれた私にゃあ、こういうのは本当に救われます。

796 :ああっ名無しさまっ:2000/11/20(月) 00:26
夏目さんの自画像の隣で、いつもツッコミ入れてるタヌキみたいな
キャラ、なんて名前なんだろー。

本人がいる時に聞いときゃよかったな。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/20(月) 02:11
>796
ポンスケですよ。

798 :ああっ名無しさまっ:2000/11/20(月) 02:16
>>796
最初の方に質問あったよ。まんま転載する。

>68 マスコットのタヌキ?は何時ごろから使っているのですか?
>で、なんでタヌキなのでしょうか?
>
>30年前、大学時代に生まれました。
>タネコといって、タヌキと猫のハーフです。
>なんでか、よくわかりませんが、なんとなくでしょうね。


799 :ああっ名無しさまっ:2000/11/20(月) 02:48
はあー、ボンスケかあ。なんかまぬけな。
でも、夏目さんっぽくていいのかな。ありがとう。


・・・って、ぜんぜん違うがな!!797はん!
796さんありがとう。ハーフだったとわ。
どことなく、性別不肖だもんなー。あのキャラ。
だから、スケベな話題のときは、夏目さんと一緒に目尻下げてんだね。

800 :796:2000/11/20(月) 02:50
ってぇ、自分にレスしてどーすんだぁ・・・。

あらためてありがとう、798さん。
ここ意外に過去ログ長いから、すっかり忘れてたよ。

801 :ああっ名無しさまっ:2000/11/21(火) 03:28
ネタ振り。お国が「漫画は文化」と正式に発表したみたいですが、みんなどうよ?

802 :ああっ名無しさまっ:2000/11/21(火) 13:12
今さらお上に言われても、って感じ。

803 :ああっ名無しさまっ:2000/11/22(水) 01:57
権力者が何かを認める時は、それが自分たちの利益になる、と
ふんだ時だけだからね。
それは最近の政権ゴタゴタ劇でもよくわかったし(藁

自分が面白いモンが読めれば、誰が認めようと認めまいと、それだけで
ええんじゃワレ〜(超自己中)。

804 :(旧)1:2000/11/22(水) 04:20
でも日本だけじゃないかね。こういうの。
前にアメリカかどっかで、まんがのキャラクターの切手出したら
結構反対もあったとか聞いた。
日本じゃあ、こないだガンダムまで切手にしちゃったし。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 14:45
次の漫画夜話はいつですか?

806 :ああっ名無しさまっ:2000/11/22(水) 14:47
来年2月と前回の夜話で言ってたんでは?
詳しい日程は夜話サイトで調べたら?

807 :ああっ名無しさまっ:2000/11/22(水) 14:48
ありゃ、マジレスしたけどあげ荒らしか?

808 :ああっ名無しさまっ:2000/11/22(水) 20:19
あげあらしって・・・あーたそれは独善でしょ

809 :ああっ名無しさまっ:2000/11/22(水) 20:34
すまぬ。
ほぼ同時刻にVer.2とアンチスレと夜話スレがいっぺんに
あがってきたのでドキッとしただけ。
夜話はともかく残りふたつはただあげてるだけだったんで。


810 :魁!名無しさん:2000/11/22(水) 20:49
なるほど>>809

>>805
でも、過去スレをあげた阿呆がいるからこっちを上げたのかもね
混乱を防ぐために

もう夏目さんも来ないから荒らしもこないだろうし、長文レスでもないのだから
下げ進行止めてもいいと思うのだけれど、どうか?

811 :ああっ名無しさまっ:2000/11/22(水) 21:33
>810
探すのが大変なのと、dat行きを防ぐために、定期的に上げておくのも
いいかもしれないですね。
ただ、荒らしが来るか来ないかは、保証の限りではないとは思いますが。
なんか、専門の嵐さんがいそうな気配もするし。。。

812 :ああっ名無しさまっ:2000/11/22(水) 21:42
>>804 日本じゃあ、こないだガンダムまで切手にしちゃったし。

ベルバラも忘れずにね。
東京駅の目の前の郵便局に逝くと、全部見られるよ。
あと、確かに、文化として認可されてるっていうのは、現在、日本だけかも
しれないけど、認められようが認められまいが、実際の作品に活気があれば
個人的にはそれでよいと思うのね。
だって、認可されちゃったら、規制、税金、かけほうだいじゃない。
あと、事件との関連性とか、教育機関からの干渉とか、しがらみが強くなる
可能性もあるし。何らかの道具として使われるかもしれないし。
他のスレでも出ていたけれど、認められることによるメリットよりも、
小さくまとまっちゃうデメリットのほうが、目につくんだよね。
認可されることによって、マンガを描く・読むことについて、偏見が減る
っていう方面に影響が出る可能性もあるから、そうなったらいいなとは思う
けど。
長レスが話題になってるところ、長々とすみませんです>ALL

813 :(* ゚Д゚)さん:2000/11/22(水) 23:17
うわっ!こんな良いスレッドがあったなんて・・・。
私は今は無きコミック・トムの連載時からの夏目さんのファンです。
母とも「この人の文章面白いね〜」っていつも言ってます。

あー、もっと夏目さんがいらっしゃった時に参加できていればな・・・。残念!
もうVer.1は消えてしまったんですね・・・。

>>810 このスレ、下げるのが勿体ないくらいだからageてみるよ。

814 :ああっ名無しさまっ:2000/11/22(水) 23:35
>>813
親切な人が、ログ置き場を作ってくれたので、1から読めるよ。
このスレッドのちょい前のほうにあるはずだから、探してみよう。

815 :714:2000/11/23(木) 13:42
過去ログ置き場(http://freepage.kakiko.com/natumelog/)に
「ゲームの行く先を議論する」を追加しときました。

また
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/6664/
にも過去ログが保存されています。

816 :>▽<:2000/11/23(木) 14:27
竹熊健太郎のマンガ千夜一夜
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/3a1ca614e33c801065e8?aid=&tpl=dir/01/01100000_0012_bn.tpl

817 :ああっ名無しさまっ:2000/11/23(木) 19:08
>815
すばらしい。
漫画板って、作品と漫画全般と、両方の話題があるので、
こういう議論・評論関係のログ保存はいいかもですね〜。
おつかれさまっす。

818 :(* ゚Д゚)さんas813:2000/11/23(木) 21:13
>>814 >>815
をぉぉ、ありがとうです! 昨日はVer.3途中で果てたので、今日は2ちぇんねる的
夏目房之介&夏目房之介論を楽しんでみます!
やはりこのスレは基本的にはsageなのですね。勿体ないけど、仕方ないかな・・・。
漫画論ではないですが"新編 學問"(潮出版社)が私的には一番楽しめた本です。

800超えたみたいですので、そろそろ新スレでしょうか?(さりげなく藁>1様

819 :ああっ名無しさまっ:2000/11/23(木) 22:09
そか・・・夏目さんがいなくなってもレスは800を越えたんだぁ。
なんかしんみり。

この前、本屋でマンガ文庫のコーナーに行った時、
もしかしたら、と思って、「あしたのジョー」の帯をチェックしてみた。
そしたら、案の定、夏目さんが解説書いてた。2巻だったと思う。
こういう細かい仕事も追っかけようとすろと、ほんときりない。
この前の「ダヴィンチ」も、表紙になかったから、もう少しで見逃す
とこだったもん。

ふさふさ、あんまし(目立たないところで)仕事するなーーー!!!(ヤケ)  

820 :(旧)1:2000/11/24(金) 01:51
私が見に来た時に850超えてたら、立てます。(他の人が立ててなかったらね。)
過去スレは消えてるんで、ver.4のみでいいですね。
もしかして過去ログ置き場というのを、貼ったほうがいいのかな?

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 06:25
バカスレあげ

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 08:05
agh

823 :ああっ名無しさまっ:2000/11/24(金) 10:54
元いち漫画書き、今は名無しです。
そろそろ新スレに移るみたいなので一言謝りに来ました。
前スレでは 場の空気も読まず 好き勝手な事を書いて申し訳ありませんでした。
でも 僕にとっては自分を整理して考える いいきっかけになりました。
皆さん、どわさん、旧1さん本当にありがとうございました。

824 :ああっ名無しさまっ:2000/11/24(金) 17:05
ファック

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 17:08
夏目氏の解説といえば、唐沢なをきの「カスミ伝」もあるでよ

826 :ああっ名無しさまっ:2000/11/24(金) 20:16
そろそろ新スレ立てたほうがいいんじゃないか?

827 :ああっ名無しさまっ:2000/11/24(金) 20:41
>826
Ver.2で「あたしい」スレって言ってる人かね?

828 :魁!名無しさん:2000/11/24(金) 21:18
Ver.2かぁ。。。過去スレの中でも異色の一品だからなのか
厨房どもがようけ上げてくれるな。
Dat送りを避けるため、なんつう考えはねーんだろうな。

829 :(* ゚Д゚)さんas813:2000/11/25(土) 04:46
皆さんのおかげで、今までのスレ・発言を全て見させていただけました。
どうもありがとうございました。
・・・ほんと、夏目先生がカウントダウンで発言されてるところは、ライヴ
で見ていなかった私も感動(?)に似た感覚を覚えてしまいました。

あー、今更言っちゃうのも何だけど、夏目先生を囲んでオフ会なんかもして
みたかったですね〜。 兎に角、楽しめるスレですね!
夏目先生も見てらっしゃることには変わりはないでしょうから・・・。
発言したくてしたくて、ウズウズしているとみた(w

830 :ああっ名無しさまっ:2000/11/25(土) 05:27
また今度くるってさ。
>なつめ

831 :ああっ名無しさまっ:2000/11/25(土) 09:40
>>829
夏目オフかあ。たしかにやったら面白かったろうね。
夏目さんがそんなもんに来てくれるかどうかは知らんが。

832 :ああっ名無しさまっ:2000/11/25(土) 10:42
つーか、そんなヒマねえと思うが。
まあ、今後、夏目さんが何かイベント(「〜と話そう」みたいな)
に多く出没するようになったら、見てたな(ニヤリ)ってことで。
あんまし、大勢の人に囲まれるとか、好きじゃないような気がするん
だけどね。少人数でじっくりやるほうが、性にあってないか、夏目氏の場合。

ただし、どの場合でもみんな硬直しちゃって、ろくに発言できないに
7万ガバス賭けておく。

833 :ああっ名無しさまっ:2000/11/26(日) 00:16
深夜2:31からNHK教育で「土曜倶楽部」やるよん。
ってわけで、あげ〜。

834 :ああっ名無しさまっ:2000/11/26(日) 00:20
夏目氏が出ていたという例の番組ですか。
明日バイトだけど、夏目氏出るなら見ようかな。

・・・出るの?

835 :どわ:2000/11/26(日) 02:12
検索して調べてみた。

深夜アンコール 11/20(月)〜25(土) 深夜(教育)
 NHK教育フェア2000に合わせて、11月20日〜25日の深夜、教育テレビで「教育」
にまつわる新旧さまざまな番組を6夜連続でアンコール放送します。

26:27〜 土曜倶楽部「その瞬間ボクは風になる」いとうせいこう・神山雄一郎・
熊沢正子 1988.7.23

836 :ああっ名無しさまっ:2000/11/26(日) 03:31
>>833
見た。
夏目さん、若かった・・・

837 :どわ:2000/11/26(日) 03:59
番組の最後、夏目房之介の講座ってコーナーがあった。
テーマは冷蔵庫の変遷
昔の木製冷蔵庫は、おっちゃんが売りにくる氷で冷やしていたので、親の許可が
ないと子供は開けることが出来ず、親父のように威厳があった。
電気冷蔵庫は、それに比べはるかに便利で、子供でもバッカンバッカン開けられる
けど、便利さが当然と思われ、パパのようである。
今の方が豊かであるけれど、昔の親父の方が偉かった。冷蔵庫の変遷から現代が見えてくる。
…とまあ、こんな話だったよ。

838 :  :2000/11/26(日) 19:34
ちくまの文庫「講座」には入ってなかった気がするの。>冷蔵庫
こりゃいいものを拝ませてもらったわい。

839 :ああっ名無しさまっ:2000/11/27(月) 01:35
「これから」夜話のホモホモ7の回のスーツの裏話、
これだったんだ。でも60年代には生まれていない私には
さすがにわからない…みゆき族???
「みゆき」はあだちマンガのほうを連想するんですが…
どういう意味です?つーか、どういう人たちですか?

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/27(月) 03:33
みゆき通りをぶらぶらする人種。

285 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)