5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■THE 新宿戦争ageイン2■■

1 :名無番長:2001/07/15(日) 01:54
高まる緊張・・・
消えることない疑い・・・
誰が敵で、誰が味方か?
あれから4ヶ月、また、あの事件が起こる!

■■THE 新宿戦争ageイン …2ちゃんねる祭り大喧嘩OFF会…■■

欲望渦巻く新宿、そこで繰り広げられる人間ドラマ
アウトローの汚れた夏がはじまる

主演:帝王
助演:アウトロー板ヨゴレ一同
友情出演:新宿加藤連合・青年思想研究会・全国愛国者団体会議
後援:山口組執行部・関東20日会

7月28日まであとわずか。
それが終わると全てが判明。
事実か嘘か・・・
最高で最悪のカキコ、
自作自演の嵐をお待ちしています。

2 :名無番長:2001/07/15(日) 01:56
ふぅ
帝王関連もこれで5つ目か

3 :名無番長:2001/07/15(日) 02:03
もう伸びないと思うよ
つまんない

4 :名無番長:2001/07/15(日) 02:07

『新宿戦争始末録 その1』  触発!! 蜃気楼VS完投

 平成13年3月31日(金)。「蜃気楼」と名乗る人物が喧嘩の果たし合いを申し込む。日時は3月31日(土)PM9:00。場所は新宿リキッドルームだった。
 これに反応したのは「完投」。すぐさま承諾をするが、「リキッドルームってドコだ?」とズッコケル発言をぶちかます。この発言のため「完投」は「名無し番長」から笑い者。しかし、「俺は松戸だ! だからなに」と誤字脱字にもメゲズ「完投」はサラリと逆ギレをする。そのやりとりを発見した「大阪」「島津」がスレに参加。やいやい言い出す。その騒動の中、完投は「場所は調べるから明日な!」と言って姿を消した。
 土地カンのない「完投」に困った「蜃気楼」は場所を新宿コマ劇場に変更。そのあたりから「伸太郎」「追い込み」も姿をあらわし、やいやい言い出す。続いて新キャラ「荻窪」「西葛西」「大久保」も登場。やいやい言い出す。

続く・・・・

5 :名無番長:2001/07/15(日) 02:08
『新宿戦争始末録 その2』  蜃気楼の失敗

 『もし、あなたが新宿コマに、遊びならいざ知らず、喧嘩で集合するならどうする?』
 そんな素朴な疑問に答えたのは完投だった。「俺? 仲間づれ・・・」。完投は姿を消すまえ、あっさりと蜃気楼との待ち合わせに集団で行くことを宣言した。しょせん喧嘩は人数か?。松戸生れの完投にしてみれば、喧嘩は勝つことが美学なのだろうか・・・。
 その卑怯でも完投の勝ちにいく純粋な姿勢に心打たれた島津は、「俺も後輩つれてく・・」とあっさり悪乗り。完投&島津は集団で蜃気楼を襲う気配を匂わす。この、まさかの連合結成にこまった蜃気楼は「俺はスティードの横で一人でいる」と、『俺は一人でくるから、お前等も一人でこいよ!』なる意味ありげな発言をかまして対応。しかし、彼等には通用せず。ちゅうか完投はすでにいないのだ。
 だが、あたふたする蜃気楼を尻目に、このあたりからこのスレが激しく動き出す。蜃気楼VS完投&島津連合軍。その多勢に無勢の闘いをしいられた蜃気楼に、同情する者が出始めたのだ。
 まず最初に「真の悪(しんあく)」が発言。複数で蜃気楼を襲う完投を軽く非難。続いて「荻窪」は『完投は根性ナシ』と、「事と次第によっては蜃気楼の助太刀も辞さない覚悟」で完投をハッキリ非難する。しかし、繰り返すが完投はすでに行方不明。島津は女を買いにいっていた。
 空白の時間。それを破ったのは「蜃気楼」だった。「お前等! うざいんじゃ!」。その「蜃気楼」の怒号は、なんと救世主「荻窪」に向けられたのだ!

続く

6 :名無番長:2001/07/15(日) 02:08
『新宿戦争始末録 その3』 荻窪怒りの叛逆、大久保乱入扁

 「お前等! ウザイんじゃ!」。その蜃気楼の心無い言葉は荻窪の正義の心を傷つけた。すぐさま正義の勇者荻窪は反論。蜃気楼にたいして容赦ない罵詈雑言を浴びせ、反目に回る。孤立する蜃気楼。それを見ていた追い込みも参戦。しかも、たまにしか姿を見せない伸太郎もここぞとばかりに参加。蜃気楼をケチョンケチョンにする。ボロボロになった蜃気楼。「もう許さん! 完投をやる前に荻窪! お前をやる!」と負け惜しみを吐いてトンズラをかます。
 空白の時間。すると、どっからともなく「なんじゃコラ! 大阪のクズが!」と酒乱オヤジのような言動をはく大久保なる人物が乱入。なぜか追い込みを目の仇にし食いつく。怒る追い込み。追い込みはパーフェクトな関西弁で防戦。大久保はそれに対抗。「大久保VS追い込み」関東・関西の地方都市どうしの熾烈な『おらがマチ自慢』を繰り返す。
 だが、そこに不敵な影があった。そう、西葛西である。

続く

7 :名無番長:2001/07/15(日) 02:09
『新宿戦争始末録 その4』 西葛西の誤算

 追い込みと大久保の「おらが町自慢」合戦が続く中、そのやりとりを傍観していた不敵な影の主・西葛西。彼は何を思ったか触れてはいけない一言を吐いた。「お前らのコト、怒羅権にチクッとくよ・・・」。
 怒羅権。それは関東地区の悪童達を震え上がらせる最凶の悪名。中国残留孤児で構成された愚連隊の名称である。その行動に倫理はなく、とにかく凶暴の一言。対立する暴走族はさらってリンチを施し、あげくの果てに殺してしまうのはザラ。終いにはヤクザ組織や警察にも喧嘩をしかける、戦後の混乱期さながらの破天荒な集団である。この怒羅権のことを西葛西は触れてしまう。西葛西にしてみれば『俺が怒羅権のコトを言ったら大久保も追い込みも尻込みするぞ!』との思惑があったのだろう。しかし、西葛西は忘れていた。追い込みは関西人なのだ。
 「怒羅権? なんじゃいソリャ?」。当然、関西人の追い込みは食い付いた。その意外な一言に驚く西葛西。やいやい言う追い込み。尻込みする西葛西。困った西葛西は、『関西人・追い込み』のため、怒羅権教育講座を開設した。

 東京都江東区で七月上旬に起きた暴走族同士の抗争事件で、警視庁少年二課と城東署は二十日までに、暴走族「怒羅権(ドラゴン)」の五十人(うち少年四十二人)を取り調べ、十六人(同十二人)を傷害の疑いで逮捕した。 調べによると、少年らは七月八日午前一時半ごろ、「七夕集会」として乗用車四台、オートバイ十台に分乗して、江東区大島七の都道を走行していた。そこへ、他の暴走族から車を奪う目的で、都営新宿線東大島駅付近で待ち伏せしていた暴走族「一寸法師」の十数人に、ビール瓶や木刀で襲撃され、乱闘になり、逃げ遅れた江戸川区内の無職少年(18)に四カ月の重傷を負わせた疑い。 同署は、「一寸法師」のメンバーからも凶器準備集合罪などの疑いで引き続き調べる。 「怒羅権」は一九八六年ごろ結成。約百人のうちほとんどが中国残留孤児の子供や親せきで、二〜五年前に帰国した。同署によると、日本語がうまくしゃべれず、学校などでバカにされた者も多く、「怒羅権」は「日本人のいじめに対する怒り、団結、権利」という意味だという。

↑『ひたすら怒羅権スレ』からわざわざコピペしてきた西葛西。しかし、追い込みの反応はなし。平和主義者・真の悪は彼等怒羅権に同情をしめす有り様。西葛西の脅し作戦は失敗した。そしてスレから姿を消す。

続く

8 :名無番長:2001/07/15(日) 02:10
『新宿戦争始末録 その5』 祭りのあと

 “新宿コマ劇場喧嘩OFF会”参加メンバーとして、東軍、北九州の平和主義者:真の悪を筆頭にアゴ髭キャップ:伸太郎、悪のり:島津、ダイナマイト関西人:追い込み、卑怯な松戸っ子:完投、荻窪グループ代表:荻窪。対する西軍は、孤高の挑戦者:蜃気楼、ドラゴン:西葛西、追い込み大キライ:大久保在住。以上のそうそうたるメンバーが名をつらねた。そして、このメンバーが結集した辺りから、スレは異様な盛り上がりをみせ初める。

(東軍)      (西軍)
真の悪       蜃気楼
伸太郎       西葛西
島津   VS   大久保在住
追い込み
完投
荻窪

 スレが下がれば誰かが上げて、悪口を言われりゃ倍で言い返す。カウントはうなぎ上り。乱入、珍入者は続々現れ、類似のスレも相乗効果で上がる始末。謎の分析マニアCRIPSは嬉々として喧嘩OFF会参加メンバーの戦力分析に奔走。まるで遊戯王のような分析表を作成してスレに貢献。深夜3:00を回っても偽物・本物入り乱れての混戦状態が続いた。すでに皆は、このスレの主催者である『やす』のことなど忘れ去っていた。

 だが、さすがにAM4:00を回ると良い子も悪い子も眠くなる。一人抜け、二人抜けと消えていき、真の悪だけ何故か元気にカキコをしている時、完投・島津・伸太郎・追い込み・荻窪・蜃気楼 ・西葛西・大久保在住等の喧嘩自慢達はそれぞれの夢を見ていた。真の悪だけ何故か元気にカキコしている。

続く

9 :名無番長:2001/07/15(日) 02:10
『新宿戦争始末録 最終回』 そして伝説に

 決戦の日。関東地方は雨雲に見舞われた。風は冷たく、春らしい気配はない。同スレも嵐の前の静けさか、人陰もまばらで、淡々と今夜の喧嘩OFF会を待ち望む連中の短いメッセージがスレを飾る。完投・島津・伸太郎・追い込み・荻窪・蜃気楼 ・西葛西・大久保在住等、今夜の主人公達はほとんど姿を見せない。そのまま時間は過ぎていった。高まる緊張。自然と目が時計にいく。“新宿コマ劇場喧嘩OFF会”は始まろうとしていた。

 21:00の時報がついに鳴った。だが、それは喧嘩のゴングにはならなかった。誰も新宿コマ劇場に現れなかったのだ・・・。

そして時はながれ。

 3月31日(土)。新宿コマ劇場喧嘩OFF会。いつしかそれは新宿戦争と呼ばれていた。喧嘩は確かに無かった。しかし、2ちゃんねるもついに裁判ざたになり、近々閉鎖との噂が流れる中、このスレが残した形跡、新宿コマ劇場喧嘩OFF会はその歴史の1ページとして刻まれた。
 凶悪な少年犯罪が蔓延る狂った時代。小さなスレで起こった、大きな事件として。

 この物語を主催者やすに捧げる

10 :名無番長:2001/07/15(日) 02:11
========大感動!愛と涙と友情の最終レス========

     〜未だかつてこれほどまでに感動的な
             最終レスがあっただろうか?〜

 ★このスレッドを読んだ人達の声★
「何気なく開いたこのスレッドとの出会いから、
 新しい自分の可能性を信じようと思った。」(27歳、フリーター、女)
「感動した!勇気が湧いてきた!人生観が変わった!
 自分にも何かやれそうな気がした!」(24歳、会社員、男)
「落ち込んでる時にこのスレッドを見つけ、
 期待しないで読んだが、読んで涙が出た。」(21歳、学生、女)

これほどまでにみなさんに愛されてきたこのスレッドですが、
残念ながら、このレスで終了となってしまいました。
でも悲しまないでください。
このスレッドはいつまでも
あなたの心の中で生き続けているのですから…

11 :名無番長:2001/07/15(日) 02:12
懐かしいね

12 :名無番長:2001/07/16(月) 09:28
 

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)