5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

須永たつおってどうよ?

1 :名無番長:2001/07/05(木) 00:05
究極の極道、須永たつお氏についてのカキコお待ち致してます!!

2 :名無番長:2001/07/05(木) 00:09
どういう経歴の極道ですか?
勉強不足でごめん!
おしえてちょ

3 :名無番長:2001/07/05(木) 00:10
山口の五代目と兄弟分らしいよ、、、、、、、

4 :名無番長:2001/07/05(木) 00:13
極心カラテの達人と言ううわさは?
っと言うか、謎のあの素振りは?

5 :くーさん:2001/07/05(木) 00:15
奥さんが某有名AV女優らしいぜ!!

6 :名無番長:2001/07/05(木) 00:22
最も内ゲバが流行したのは1975年前後の時期だ。この年だけで20人が死亡し、500人以上の負傷者がでて
いる。現在までに100人近い死者が出ているのだ。

 過激派の殺人技術は、もはや職人芸ともいうべき「高み」に達している。80年には中核派テロ部隊が路上を通行
中の革マル派5人を白昼襲撃し、わずか10分の間に全員を撲殺し、襲撃部隊は全員逃げおおせている。

 中核派と革マル派は共に組織内にNTT職員や自衛官を擁し、盗聴や尾行の専門技術を有した百人を越えるテロ組
織を持っている。敵組織や警察にスパイを潜入させるなど情報戦も熾烈だ。テロ技術の訓練も凄まじいもので、新右
翼の書いた本によると犬の死体がある真っ暗な小屋の中に閉じ込め血の匂いを嗅ぎつけてバールで一瞬で死体をズタ
ズタにできるようになるまで繰り返されるのだそうだ。また、革マル派の機関紙によると中核派の求察隊は屠場労働
者が豚や牛の首を持ち出し、それで頭を叩き割る訓練をしているという話もある。

 70年安保闘争の際、革マル派は徹底した組織温存政策をとった。他党派がゲバルトで消耗したすきに、自治会な
どを乗っ取る戦術に出たのだ。このため革マル派には他セクトの憎悪が集中した。そのうえ、中核派と革マル派はも
ともとひとつの組織が分裂して誕生したという経緯があるため、さらに激しく憎しみあうこととなった。

 最初に中核派下部組織が、革マル派メンバー2人をさらってリンチにかけ、殺してしまった。革マル派は報復を宣
言。テロ部隊を組織し、中核派メンバー3人を連続的に殺害する…といったことから殺し合いの内ゲバがはじまっ
た。最初はやはり組織を温存していた革マル派が優勢で、中核派が千人規模の集会を開いていると鉄パイプを持った
百人程度の革マル派部隊が殴り込み、叩きのめして集会をぶっ壊すというパターンで連戦連勝だった。これに対し中
核派は、小部隊で革マル派メンバーの下宿などを襲撃するという個人テロで反撃した。最初は鉄パイプで頭を殴る
「スイカ割り行為」程度だったのが、マサカリや硫酸、工事用のバールを持ち出しての殺し合いになる。屠殺銃が使
用された例すらあったといわれる。脳天を叩き割られて殺された者の中には、脳内に指を突っ込まれた跡があるもの
すらいた。

 内ゲバ戦争がはじまって3年もたつと、もともと組織の大きな中核派は体勢を立て直し反撃に転ずる。苦境に立た
された革マル派は、一発逆転の大作戦を決行した。中核派最高指導者本多書記長の暗殺である。最高指導者ともなる
と完全に地下に潜り、補足は極めて困難である。そこで革マル派は警察を装い、妻に本多書記長が交通事故に遭った
と告げた。あわてて潜伏場所に駆け付けた妻を尾行し、わずか10分後にはナタと手オノで武装したテロ部隊をアジ
トに突入させ、暗殺を成功させたのだ。だが、これは完全に逆効果となった。復讐の鬼と化した中核派は、「(革マ
ル派メンバーに)死の処刑攻撃を加えることをがっちりと確認し、内外に宣言するものである。われわれは、彼ら
が、どんなに逃げまわろうと、地のはてまでもおいかけ、それこそ草の根をかきわけ川の底をさらってもみつけだし
必ず完全にせん滅するであろう」と宣言し、その言葉通り革マル派に対する無差別テロルを爆発させたのだ。中核派
によると、革マル派はもはや左翼ではなく、内ゲバと呼ばれている行為は革命と反革命の戦争なのだそうだ。

 中核派の殺人テロルにタジタジとなった革マル派は、怪文書を大量に発行して対抗した。大学自治会や労働組合な
ど多方面にバラ撒かれ、一部では中核派非難決議を引き出すのに成功している。捏造文が混じったムチャなシロモノ
だ。「今や七面倒くさい調査など無用であり、手あたり次第せん滅しつくし、皆殺しにすることこそが重要だ」など
という文を、仮にも革命をめざす政治党派がビラにしてまくはずがない。どうやら革マル派が自作して宣伝に使った
らしい。軍事力によって党派闘争の雌雄を決しようとする中核派に対し、革マル派は宣伝など多彩な戦術で打撃を加
えようとした。敵に人糞や牛の目玉など気味の悪いものを送りつける『ナーバス作戦』も革マル派が始めたものだ。
敵が猫の首を送りつけてきたので犬の首を送り返したところ、今度は牛の首を送ってきたなどという話も伝わってい
る。

現在は、死人が出るような内ゲバは沈静化した。革マル派は主にJR労働運動を行い、中核派もテロやゲリラは控え
て、大衆運動路線に転換したようだ。内ゲバ戦争は、公安当局が煽り立てたフシもある。警察が消したい者の居所を
敵対党派に教え、襲撃させるという事もあったのである。

7 :名無番長:2001/07/05(木) 08:07
>>1
ばーかお前なんて氏ね(プ〜w
0586-73-7349

8 :名無番長:2001/07/05(木) 08:27
須永さんって方は結局どういう方なんですか?
1の方が知りえる情報だけでも教えていただけないと盛り上がりにかけるのでは?
正直僕も全く知らないんですけど、知りたい派です。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1 /test/read.cgi/4649/994259140/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)