5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2001 玉置浩二 スペード

1 :非通知さん:2001/03/09(金) 09:44
シングル&アルバム同時リリース!

27th Mar.2001 IN STORE!
28th Mar.2001 ON SALE!!

†MAXI Single† 『このリズムで』
c/w 『願い(Live ver.)』 <いつ収録されたものでしょ?
:FHCF-5027 /\1@`050(tax included)

†Album† 『(スペード)』
:FHCF-2506 /\3@`059(tax included)
収録曲:
1.このリズムで
2.甘んじて受け入れよう
3.△(三角)の月
4.太陽になる時が来たんだ
5.夢見る人
6.アンクルオニオンのテーマ
7.スペード
8.ブナ
9.君だけを
10.美味しいジュース
11.気分がいいんだ
12.メージャーマン
13.どうなってもいい

2 :非通知さん:2001/03/09(金) 10:56
 3月8日の日経新聞夕刊に、玉置さんの新作アルバムに関する記事が写真付きで載ってました。内容は以下の通りです。

―森の生活が「歌」を生む―
 長野県の軽井沢に移り住んで三年。一昨年末に結婚したキーボード奏者の安藤さと子と一緒に、森の中のスタジオで製作してきたCDアルバム「スペード」が完成した。「このリズムで」「気分がいいんだ」など、生きる喜びがジワリとにじみ出た明るい自作曲が並んでいる。
 「軽井沢に来て、やっと分かってきたんですよ。自分は歌いたいことがあるから歌っているんだとか、そんな単純なことがね」。毎日、一人で森の中を延々と散歩する。「今までの人生の反省を歩きながらやるんです。二度離婚しましたしね。歩いているうちに、さっき作った曲が頭を駆け巡って……」。帰宅すると詞が浮かんでくるという。
 メロディー作りには以前から定評があったが、森の生活は詩人としての才能も開花させたようだ。「木漏れ日の中で起きて外のにおいをかぎ、今日は何を食べようかと妻と話してといった生活のリズムの中から、今の僕の音楽は生まれてくる。ささやかだけど明日も今日と同じように幸せだったらいいねと、そんなそんな内容の歌ができるんです」
 こうした健全な音楽は、以前は考えられなかったと笑う。「音楽は欲望の渦巻く都会の中で作られるものだと思っていた。実際、安全地帯時代の僕は、売れるパターンに沿って曲を作らされた面があったし、まさにバブルの象徴でした」。都会で刺激を受けなくてはポップスは作れないという言説も根強いが、「僕はそれをやりすぎて、がっかりしてしまった人間。もう刺激は要らない」。東京を離れたのも、そんな理由からだ。
 来年は「安全地帯」でデビューして二十年。音楽界を離れたメンバーもいるが「できれば再び集まってアルバムを作り、コンサートもやりたいと思っている」と明かした。森の生活が前向きなパワーの原動力になっているようだ。


3 :非通知さん:2001/03/09(金) 10:58
■02.16
--------------------------------------------------------------------------------

 玉置浩二が出す新曲「このリズムで」の宣伝用ビデオへの出演者を募集している。応募の条件は今年34歳になる男女であること。

 新曲は競争社会で生き抜いている人々への”応援歌”で、特に出生率の高かった昭和42年生まれの人をひとつの象徴とする狙い。

 出演する人には、今もっとも大切にしているものを持参してもらい、その「もの」と自分とり関係を語ってもらう。

 応募要項などは次のとおり。

【応募条件】今年34歳になる昭和42年生まれの男女
【応募先】〒153−0061 東京都目黒区中目黒1−1−71 ニールセンビル7階 株式会社 祭
TEL 03−3794−2631
FAX 03−3794−2632
yanaka@mazri.comまたはishijima@mazri.com
【応募書類の内容】住所、氏名、電話番号、生年月日(年齢)、職業、大切なもの、大切である理由
【撮影日・場所】3月3,4日のいずれか。東京都内、または都内近郊のスタジオで
【締め切り】2月21日必着
【その他】年齢確認などのため、今月24,25日のいずれかに祭まで来社できること。応募者多数の場合は書類選考のうえ連絡する。

4 :非通知さん:2001/03/09(金) 10:59
■02.28
--------------------------------------------------------------------------------
 玉置浩二の新曲「このリズムで」の宣伝用ビデオの出演者が27日、決まった。
 10人の募集に対し、約400の応募があり、書類選考、さらに2回の面接で15人にしぼり、最終的に14人を決めた。

 選ばれたのは引退した元ボクサー、ソフト開発会社を設立した女性などさまざまに、しかし、しっかりと生きている、今年34歳になる人たち。それぞれ今大切にしているものをもっての出演となる。

 新曲は、社会の中核で働く、今年34歳の人たちに送る応援歌であることから、34歳に限って募った。

 すでに、玉置が歌う場面の撮影は終了。撮影終了後に玉置は「That’s music!」とひとこと。

 今回選ばれ14人の撮影は3日に行われる。


5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)